おすすめのスマートスピーカー・AIスピーカー人気ランキング!【できることから選び方まで】

2017年から新製品が次々と発売され注目を集めている「スマートスピーカー」。興味を持っていても、一体何ができるのか、製品や機能の違いは何か、そもそもいらないのでは?と検討に悩まれている方も多いのではないでしょうか。最新のスマートスピーカーがあれば日常生活が便利になるだけでなく、ちょっと未来を感じる「ワクワク」したものになりますよ。インターネットと繋がって利用できるIoT家電との連携も魅力です。今回はスマートスピーカーの機能や選び方をご紹介していきます。スマートスピーカー選びで悩まれている方はぜひ参考にしてくださいね。



スマートスピーカーの特徴

AIアシスタント(人工知能)を搭載したスピーカー

スマートスピーカーは、AIアシスタントと呼ばれる人工知能を搭載したスピーカーです。Wi-Fi環境などでインターネットに接続して使用すると、スピーカーに向かって話しかけるだけでで、ネット検索や音楽の再生、家電の操作などができます。

音声だけで操作できる

声で操作ができるので、忙しい時や家事で手が離せない時に便利です。また、文字入力が難しいお子さんや、PCやスマホを使うのが難しい高齢者の方も使いやすいというメリットもあります。これからのIoT社会では、ますますスマートスピーカーに対応した家電が増え、その活用が期待されています。

スマートスピーカーの種類

AmazonのAIアシスタント「Alexa」搭載スピーカー

「Alexa」が搭載されているスピーカーはAmazonのサービスを使いやすいように設計されているといところが特徴です。プライム会員であれば、Amazonで音声によるショッピングも可能です。また「スキル」と呼ばれる拡張機能が豊富でスマホアプリの様に自分好みの機能を追加することができます。「スキル」には、ニュースやラジオ、天気予報、交通の運行状況確認など生活に役立つものから、ゲーム、カラオケなど1000個以上が揃っています。

「Alexa」搭載のEchoなら、4000万の曲が聞き放題の「Amazon Music Unlimited」や、Amazon Prime Musicと連携して音楽を聴くことができます。またラジオや最新のニュースやスポーツの情報などをチェックすることもできます。

Google「Google アシスタント」搭載のスマートスピーカー

「Google アシスタント」はAndroid のスマートフォンにも搭載されています。日本語をちゃんと認識してくれるのでストレスなく使いやすいと評判です。Google検索、Googleマップなど検索に強みがあるのも特徴です。また、カレンダーなどGoogleのサービスとの連携も便利です。

「Google アシスタント」は動画再生にも強いです。同じくGoogle製のChromecastをテレビに差し込むことで、Google Homeから「YouTube」「Netflix」などの動画を再生することもできます。動画を良く見る方には、Chromecastとの連携での使用がおすすめです。

LINE「Clova」搭載のスマートスピーカー

「Clova」は、皆さんにお馴染みのLINEが開発した音声認識AIアシスタントです。LINEメッセージの送信が音声ででき、受信メッセージを読み上げる機能もあります。スピーカーのデザインがLINEのキャラクターであったり、子ども向けの機能豊富なのでより家庭向きのスピーカーといえます。

「Clova」が使える音楽サービスは、4000万曲が聴き放題のLINE Musicになります。国内ユーザーが多いので邦楽が充実しています。「Clova」で天気予報も聞くことができ、日本向けに台風や花粉情報も教えてくれます。こういった日本向けのユーザーに嬉しい機能があるのも「Clova」の特徴です。

スマートスピーカーの選び方

音楽の楽しみ方で選ぶ

音質にこだわるならオーディオメーカーのスピーカーがおすすめ

いい音で音楽を楽しみたいのなら、高音質なオーディオメーカーのスマートスピーカーがおすすめです。その分価格は高くなりますが、音質にこだわったスピーカーの音にきっと満足するはずです。各社「Alexa」、「Google アシスタント」搭載のモデルを出しています。Bluetooth接続でワイヤレススピーカーとして使えるものもあります。

音楽配信サービスからスマートスピーカーを決める

音楽の楽しむ幅が広がる音楽再生サービスとの連携で選ぶのも良いでしょう。「Alexa」は「Amazon Music Unlimited」や「Prime Music」など。「Google アシスタント」は「Google Play Music」や「Spotify」、「Clova」は「LINE Music」との連携が可能です。自分が使っている配信サービスや料金、楽曲数で検討してみましょう。

よく使いたい機能・サービスで選ぶ

スマートホームを実現したいならGoogle Homeがおすすめ

スマートスピーカーを検討する際に、スマート家電との連携についても見逃せません。スマートホームという音声だけで家電を操作することは、一番未来を感じますね。Google Homeにはスピーカー自体にネットワーク対応家電を束ねるスマートハブの機能があります。スマートリモコンもあわせて使えば赤外線家電の操作も可能です。

子どものいる家庭にはLINE「Clova」がおすすめ

「Clova」では、スピーカー本体専用のLINEアカウントを作って利用します。この「Clova」アカウントと友達になることで、LINEメッセージのやりとりや通話が可能になります。スマホを持っていないお子さんとも「Clova」でLINEができるので、家族間の連絡手段になりますね。

スマートスピーカーのおすすめブランド・メーカー

ソニー

日本を代表する家電ブランドは音にこだわるユーザーにおすすめ

ソニーは言わずと知れた、日本のトップブランド家電メーカーです。日本初のステレオ機器を開発したのもソニーです。ウォークマンに代表されるオーディオ機器に関しても、その音質の良さからファンが多いブランドです。ソニーからは「Google アシスタント」を搭載したスピーカーが販売されています。

オンキヨー

日本の老舗音響機器メーカーでコスパのいい製品作り

日本のメーカーであるオンキヨーはスピーカーの自社生産にこだわっています。プロ向けのハイエンド製品から家庭用のエントリーモデルまで幅広く製品展開しています。「Alexa」、「Google アシスタント」それぞれ搭載したモデルを発売しています。

JBL

世界最高峰のスピーカー老舗メーカーでオーディオファンの憧れ

アメリカの音響機器メーカーで、現在はサムソンの子会社ハーマンのブランドです。低音を得意とするスピーカーが特徴です。コンサートホールでも多くJBLブランドが使われています。音にこだわるクラシックやジャズファンから人気の高いスピーカーブランドです。

アップル

「Siri」を搭載したスピーカーHomePodは日本発売に期待

iPhone ユーザーなら「Siri」を搭載したアップル製のスピーカー、HomePodの日本発売に期待を寄せていることでしょう。世界では販売開始になりましたが日本では発売未定です。iPhoneユーザーは日本での発売が待ち遠しいですね。

おすすめ&人気のスマートスピーカーランキング

Alexa(アレクサ)搭載スピーカーでおすすめのスマートスピーカー

Amazon-Echo Dot(エコードット) ( 5,980円)

小さなスペースに置けるコンパクトサイズのスマートスピーカー

Amazonが発売している「Alexa」搭載Echoシリーズなかでも一番安価で、コンパクトなモデルです。音質はそれほど求めないので、まずは「Alexa」をお試しで使ってみたい方、ベッドサイドなど置き場所が狭い方にはおすすめです。

Echo Dotは、オーディオ出力端子やBluetooth出力ができるので手持ちの高音質のスピーカーにつなげることで、音質の低さをカバーすることができます。また、モバイルバッテリーや車から電源をとって野外で使うことも可能です。持ち運びができると使い方が広がりますね。

Amazon-Echo (エコー) (11,980円)

Echoシリーズの高機能スタンダードモデル

Echoは高機能、そして高音質を兼ね備えたスマートスピーカーです。Echo Dotより6000円高くなります。ただし他社の同性能モデルと比較すると2~3000円程安い価格なのでコストパフォーマンスがいいといえます。Amazonのプライム会員ならさらにキャンペーン価格で買える機会もあります。

Echo Dotに比べてスピーカーが機能が格段にアップするので、良質な音楽を聴くスピーカーとしての役割も立派に果たします。Echoシリーズにはマイクが7つ付いているので部屋のどこからでも音声を拾って認識することができます。

Amazon-Echo Plus (エコープラス) (17,980円)

スマートホームハブ機能が付いた上位モデル

基本的には、Echoと機能は同じです。Echo Plus スピーカーの性能が良くなり、スマートホームハブ機能が搭載されています。これは、Echo Plus対応製品であれば、ハブと呼ばれる機器購入せずに、スマートデバイスを集中コントールできる画期的な機能です。

スマートデバイスとは、照明機器や家電の電源のオンオフ、ドアの施錠・開錠が音声で可能な機能を搭載した機器です。「ただいま」の声でドアのカギが開けられ、さらに電気がつく、テレビがつくということが同時にできるということです。今後のIoT社会ではスマートデバイスがますます普及していくと思われます。

Amazon-Echo Spot (エコースポット)  (14,980円)

カラー液晶画面付きスマートスピーカーでさらに使いやすく

Echoのスマートスピーカーの機能に、タッチスクリーンがついたモデルです。天気予報やスケジュールの表示、動画の再生、時計の表示など、さらに便利に使うことができます。ディプレイ付きは他のスマートスピーカーにはない機能です。よりスマホに近い感覚で使用することができます。

Echoの機能はすべてできますが、若干スピーカー・マイクの性能は落ちます。今後提供予定の機能としては、Echo Spot同士でのビデオ通話があります。外出先からEcho Spotのカメラを通して部屋の様子を見ることができる見守り機能なども追加される予定です。

Anker-Eufy Genie (4,980円)

コンパクトサイズとリーズナブルな価格が魅力のスマートスピーカー

Ankerから「Alexa」搭載のEufy Genieが販売されています。現在発売されているスマートスピーカーのなかでは唯一、5000円を切る価格で販売されています。手のひらに乗るほどコンパクトなサイズも設置場所を選ばないので嬉しいですね。電源はACアダプターのみとなっています。

スピーカーに搭載するドライバーの素材に、アルミニウム合金を使用しています。小さいながらも歪みの少ない高音質を実現していてスピーカーの性能は高くなっています。Eufy独自技術であるAudioSmartで、ノイズのある騒がしい環境でも広範囲で音声認識をしてくれます。

ハーマンカードン-Harman Kardon ALLURE(アルーア)(24,427円)

スケルトンボディが美しい迫力の音質スマートスピーカー

ハーマンカードンを代表するスピーカー、AURAシリーズの美しいスケルトンボディを踏襲したデザインです。テーブルに置いても邪魔にならないコンパクトサイズながらサブウーファーも付いており、迫力のある低音が聴ける高音質も備えています。

使用時にはLEDライトが点灯し、インテリア性も高くなっています。Bluetooth接続ができるのでワイヤレススピーカーとしても使用可能。高性能なマイクを搭載しており、離れた場所からでも音声を認識して操作することができます。音質とデザインにこだわりたい方におすすめです。

Googleアシスタント搭載おすすめスマートスピーカー

Google-Google Home (15,120円)

Googleスマートスピーカーのスタンダードモデル

Android 搭載のスマートフォン同様、「OK Google」と話しかけるとGoogle Homeが様々な機能が使用できます。コンパクトで白を基調としたデザインはどの部屋のインテリアにもなじみやすいです。スピーカーの下半分を覆うベース部分(カバー)は3色あり、着せ替えることが可能です。

「Alexa」のスキル同様、Google Homeでも「Actions on Google」という企業が開発した拡張機能を利用することができます。これによってGoogle Homeの機能を追加することが可能となります。例えばレシピの提案や飲食店の検索などです。これからも拡張機能は増えていく予定です。

Google-Google Home Mini (6,480円)

コンパクトで使い勝手がいいスマートスピーカー

Google Home MiniはGoogle Homeより音質がおとるものの、価格も安く軽量コンパクトで使い勝手がいいモデルといえます。外部出力にも対応していているので、手元にあるスピーカーとつなげて使うことも可能です。Echo Dotがライバル機種になります。

カラーバリエーションは、インテリアに溶け込む優しい3色展開です。Google Homeとスピーカー性能を除いては機能は共通しています。そのコンパクトな形状から壁掛けでも使え設置場所を選ばないので、Google Homeと家の中で複数台連携させて同時に音楽を再生する使い方もできます。

ソニー-スマートスピーカー LF-S50G (29,980円)

ソニー製品ならではの高音質が楽しめるスマートスピーカー

「Google アシスタント」が搭載されたソニーのスマートスピーカーです。360度音が広がる設計となっていて部屋のどこにいても快適に音楽が楽しめます。スマートスピーカーの機能だけでなく音質についてもこだわりたい人向けの製品となっています。

また特徴的な機能として、防滴機能がついているのでキッチン周りなど水はねが気になる場所にも置くことができます。また手をかざすジェスチャーで再生や停止ができるので、調理や家事をしていて手が濡れている、手が離せない時には助かる機能ですね。

オンキヨー-G3 VC-GX30 (19,800円 )

日本老舗音響メーカーならではの高音質スマートスピーカー

「Google アシスタント」の機能が使えるスピーカーで、独自設計のドライバーで低音から高音まで深みのある音を再現してくれます。音楽ファンを満足させる高音質を楽しむことができるスマートスピーカーとなっています。四角いキューブ型のボディで、黒と白の2色展開です。

マイクの設置場所にこだわってあり、マイク性能がいいので音楽の再生中も正確に音声を聞き取って応答することが出来ます。「Google アシスタント」の機能を使えるスピーカーの中では、オーディオメーカーらしく音にこだわっているので、音楽好きの方におすすめできます。

Harman-JBL LINK 10 (18,360円)

完全防水お風呂で使えるスマートスピーカー

筒状のスピーカーなので360度から音楽を楽しむことができます。リチウム充電池搭載なので野外での使用も可能。完全防水なので、お風呂に持ち込んで音楽を楽しむという使い方もできるのが他のスマートスピーカーとの大きな違いとなっています。

音に関してはJBLならではの迫力のある低音サウンドが楽しめます。音質はGoogle Homeより上と言えるでしょう。JBL LINK 10の上位機種には、JBL LINK 20があります。バッテリーの持ち時間と音質が向上します。価格が上がるので、予算が合えば検討しみてもいいでしょう。

Panasonic-SC-GA10 (29,800円)

Panasonic製品と連携可能な低音を力強く再生する高音質のスピーカー

「Google アシスタント」を搭載したPanasonicのスマートスピーカーです。黒と白の2色が用意されています。高音質にこだわったスピーカー設計で迫力ある低音が楽しむことができます。他のスピーカーにあまりないAUX 入力があるので、ヘッドフォンやイヤフォンを繋ぐこともできます。

Panasonic製品のとの連携もできるので「ディーガ」に保存した音源を離れた場所でも楽しむことができます。またスマホや「ディーガ」に取り込んだ音楽ファイルを無線LAN経由で再生することも可能です。今後発売されるPanasonicのスマート家電との連携も楽しみです。

Clova(クローバ)搭載のおすすめスマートスピーカー

LINE-Clova WAVE (13,996円)

LINE Musicを楽しめる高音質スマートスピーカー

Clova WAVEは日本語に初めて対応したスマートスピーカーです。Clova WAVEは赤外線通信機能があるので、対応機器ならばテレビや照明の操作が音声で可能になります。スピーカー1台で、音声のリモコンのよう役目を果たしてくれます。

Clova WAVEは、いい音質でLINE Musicを楽しみたいという方にもおすすめのスピーカーです。LINE Musicは4000万曲を配信する音楽サービスで邦楽も充実しているのが特徴です。音質のいいスピーカーとしてBluetooth接続して利用することもできます。

LINE-Clova Friends (8,640 円)

見た目も可愛い上に高機能LINEで通話できるスマートスピーカー

Clova FriendsではLINEの無料通話がハンズフリーで可能です。電話をかける、電話を切る、電話に出るなどのアクションができるのでLINE電話を良く使う方は、Clova Friendsを選択するといいでしょう。この機能を使えば小さなお子さんでも通話が可能になります。

デザインは、LINEキャラクターの「ブラウン」と「サリー」になっており見た目の可愛さが売りになっています。子どもに喜ばれそうな機能として、ももたろう」「シンデレラ」など有名な童話・昔話50種の読み上げ機能がついています。大人向けには落語が聴けるようになっているのも面白いですね。

Clova Friends mini (5,400円)

Clova Friendsのミニサイズ版

LINEから新しく発売された、Clova Friends miniは、Clova Friendsと機能や性能は同じです。ミニサイズになり、価格も手ごろになりました。重量は258グラムとまさに手乗りサイズです。バッテリー搭載なので、どこにでも連れて行ってスマートスピーカーの機能を楽しむことができます。

LINEキャラクターの「ブラウン」と「サリー」に加えて、「ドラえもん」がラインナップに加わりました。この「ドラえもん」モデルのみ、ドラえもんと楽しくおしゃべりすることが可能です。ドラえもん好きの方、小さなお子さんへのプレゼントに喜ばれそうなスピーカーですね。

まとめ

初めてのスマートスピーカーには、Amazon「Echo Dot」がおすすめ

今回は様々な機能を持ったスマートスピーカーをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。なかでもAmazon「Echo Dot」はお手頃価格でスマートスピーカーを試せますし、外部端子がありスキルの拡張機能も豊富でおすすめです。あなたもスマートスピーカーのある生活を始めてみませんか。




このエントリーをはてなブックマークに追加