おしゃれでおすすめの間仕切り・パーテーション人気ランキング!【お部屋の間仕切りに】

ワンルームのマンションや家族と部屋を共有している場合、中々プライベートな空間が確保できませんよね。部屋の数は増やせないけど、どうしてもプライベートな空間を確保したい方におすすめしたいのが間仕切りです。プライベートな空間を確保する事もでき、尚且つインテリアとしても活躍する事ができますよ。間仕切りと一言で言っても種類があり、簡単に移動できるボードタイプの物や、使わない時は収納しやすいようにカーテンタイプの物もあります。今回は間仕切りの種類や選び方、人気のタイプについて説明していきます。




間仕切りの特徴

1つの空間を分けて使える

広い空間を目隠し等の効果も兼ねてスペースを確保するのが間仕切りです。間仕切りと一言で言ってもパーティションタイプやカーテンタイプ等、それぞれの使用用途に合わせて使える種類が豊富です。素材についても鉄製や木製のものがあり、部屋のレイアウトに合わせやすいのが特徴です。

インテリアとしても楽しめる

ただ空間を仕切るだけでなく、インテリアとしても活躍できます。例えばカーテンタイプならカーテンを付け替えるだけで簡単に模様替えができますよね。木製や鉄製の格子タイプなら、お気に入りの小物などを飾ることによってオリジナリティのあるデザインに早変わりします。

間仕切りの種類

スペースをしっかり区切れるパーティションタイプ

パーティションタイプは手軽に導入でき、しっかりと空間を仕切れることができます。主に突っ張り棒で固定する突っ張りタイプと衝立タイプの2種類があり、どちらも不要になった場合は簡単に取り外すことができます。突っ張りタイプは天井と床でしっかりと固定できるため、実際の壁のように使用できます。衝立タイプは来客時等の必要な時にだけ設置することができるので、取り回しがしやすいのがポイントです。

他の間仕切りのタイプに比べ目隠し効果は十分にありますが、壁部分が布製の物だと防音性や断熱性が低くなる傾向にあります。目隠し効果のみでよいなら布製で十分ですが、防音、防熱性も確保したい方は壁部分が木製、または鉄製になっている物がおすすめです。

インテリアとしても活躍するカーテンタイプ

カーテンタイプは取り付けに少々手間がかかりますが、普段は解放したままで、使いたい時だけカーテンを閉める事により簡単に空間を仕切れるようになります。季節に合わせて部屋のレイアウトを変えたい人は、カーテンを付け替えるだけで模様替えができるのでおすすめです。汚れが気になるときは洗濯可能な記事を選ぶと簡単に掃除できますよ。

カーテンタイプにする場合はカーテンレールを設置するか、天井部分に突っ張り棒を設置する2タイプがあります。カーテンレールを設置する際はDIYで設置するか業者に頼まなければいけませんが、突っ張り棒タイプなら手軽に取り付けることができます。また天井に穴を開けなくてよいので、賃貸住宅でも設置することができますよ。

収納たっぷり家具タイプ

家具タイプは間仕切りをしつつ、収納スペースも増やせることができます。カウンタータイプから1mを超すタイプと様々なサイズがあります。防音性や防熱性は家具のサイズによって変わる為、目的に応じてサイズを選んで設置するのがいいですね。

家具タイプのデメリットとしては収納スペースが増える分、どうしても空間が狭くなってしまいがちです。しかし家具タイプはカウンタータイプや棚タイプ等種類が豊富なため、部屋のインテリアとして生かしやすいのがメリットです。実際に家具タイプを使用する際は広い空間で使用するのがお勧めです。

間仕切りの選び方

目的に合わせて材質を決める

明るさを取り入れたい

明るさを取り入れたいなら板面に隙間があるデザインを選ぶのがお勧めです。明るさだけでなく風の通り道も確保できるため、区切ったスペースだけ湿気が溜まるという事が少なくなりますよ。材質は木材の物を選ぶと採光のバランスがよく、色合いが自然になじむためおすすめです。

防音、防熱性を高めたい

防音、防熱性を高めたいなら板面が鉄製のデザインを選びましょう。木材の物に比べると風通しが悪くなりやすいという欠点がありますが、プライベートな空間を確保したい方にはお勧めです。鉄製のデザインならマグネット付きのフックで小物等を整理する事もできますよ。

レイアウトに合わせてデザインを選ぶ

洋室に合わせたいならカーテンタイプ

洋室で手軽に間仕切りをしたいならカーテンタイプを採用しましょう。カーテンの柄を選ぶだけで手軽に部屋のレイアウトを合わせられる他、模様替えをする際もカーテンを変更するだけで簡単にレイアウトを合わせることができます。カーテンレールも木製の物や流木デザインの物を使用することで、よりインテリアとして輝かせることができますよ。

和室に合わせたいならパーティションタイプ

間仕切りを和室で使いたい場合はパーティションタイプを使用すると便利です。洋室に会うデザイン以外にも、畳に会うデザインが出回っています。またパーティションタイプ以外にも、屏風などを使って簡易的な間仕切りを行えますよ。もし和風のデザインのパーティションタイプが見つからない場合、木製の間仕切りを使用することで、レイアウトをあまり崩すことなく間仕切りを行う事が出来ます。

間仕切りのおすすめブランド・メーカー

AKAYA(赤や)

和風デザインを多く取り揃えている

和風デザインの種類が豊富な赤や。和室にレイアウトが合いやすい障子風のデザインや、すだれ風のデザインが多いのが特徴です。広い和室をレイアウトを崩すことなく間仕切りを行いたい方におすすめのブランドです。

BONBON

オリジナルデザイン多い品揃え

BONBONは様々なオリジナルデザインを取り揃えているのが特徴です。間仕切りと一言で言ってもスクリーンタイプやひも暖簾タイプ、ブラインドタイプ等様々な特徴的なデザインを取り揃えています。時計など他の家具も揃えられている為、オリジナリティがあふれるコーディネートをしたい方にはおすすめですよ。

ニトリ

一定の品質を保ち、豊富な種類

「お、値段以上」のCMでおなじみの家具メーカーのニトリ。どの部屋にも合うインテリアとして使えるデザインが豊富なのが特徴です。家具の種類が豊富なため、部屋のレイアウトをトータルコーディネイトがしやすく、まとめて部屋のレイアウトを一新したい人におすすめです。

山善

実用性を備えたおしゃれなデザイン

山善はインテリアとして実用性のある家具が豊富で比較的値段が安いのが特徴です。組み立てることで間仕切りとして活用できつつ、収納スペースとしても活用できる収納棚や、耐震性を高めるために突っ張り棒を兼ね備えたパーティションタイプもあります。屋外でも使用できるデザインが多いので、インテリア以外にエクステリアもお洒落にコーディネイトしたい方におすすめです。

おすすめ&人気の間仕切りランキング

洋室、和室の両方に合うおすすめの間仕切り

ゲキカグ-パーテーション プライブ〔3連〕(7,880円)

落ち着いたデザインで使いやすい

派手過ぎず、地味すぎずの落ち着きのあるデザインです。カラーバリエーションが4種類もあるため、壁紙の色や周りの家具の色合いに合わせやすいため、コーディネイトのバランスがとりやすいのが特徴です。

板面は光を透けさせない作りになっている為、外からの目隠し効果や直射日光を遮るのに役立ちます。またこよりを編んだデザインとなっている為、木製の色合いと合わさって和室にも使えるデザインとなっています。

オルディ-朝霧(11,880円)

風と光を自由に扱えるブラインド機能

全体が木製で出来ており、板面がブラインド機構になっています。間仕切りをしつつ、風通しや採光を調整したい人にはおすすめの商品です。脚部分の奥行きが40センチもある為、しっかりとした安定感を持ちつつフローリングや畳両方に設置してもコーディネイトしやすいですよ。

1連タイプ以外にも4連タイプまである為、使いたい空間に応じてサイズを選ぶ事が可能です。1連タイプは高さが120センチ程のため、空間の圧迫感を少なく使用する事ができます。上の空間までしっかり間仕切りしたい場合は2連タイプ以降のサイズを使用する事をおすすめします。

HAYATON-バンブースクリーン ニュアンス(7,974円)

天井にも取り付け可能なすだれ

すだれと言えば窓際に設置するイメージがありますが、こちらは天井に設置することができるため間仕切りとして使用できます。ブラインドの為防音性は低いですがパーティションタイプと違い、手軽に目隠しとして使用できますよ。

素材には珍しく竹を使用しており、独特のデザインがインテリアとして目を引きます。また太さを変えたひごを編んで作成している為、目隠し効果が高くなっています。部屋の入口に設置すると冷暖房の空気が廊下へ漏れる量が少なくなるため、省エネにもつながりますよ。

大川家具-ラタンスクリーン(16,300円)

大きめの網目で風通し抜群

ラタンで編みこまれている為網目が比較的大きく、風通しを邪魔しないのが特徴です。窓辺において直射日光を遮りながら、風だけを取り入れて過ごしやすい空間を実現することができますよ。また色合いもナチュラルな明るい色が多いため、部屋を自然調でコーディネイトしている方におすすめです。

畳の色合いとスクリーンの色合いが近いものが多いため、洋室だけでなく和室との相性が良いのも特徴です。またラタン性の家具は木材などで作られている家具に比べ、重量が軽い傾向にあります。あまり力がない女性の方でも手軽に取り出して設置することができます。

Velle-ヴェレ スクリーン3連(20.980円)

お洒落なデザインで空間を圧迫しない

縦に隙間が空いている為、他のスクリーンとは異なる独特のデザインを持つこちらの商品。珍しいデザインは部屋のインテリアとしても存在を主張しつつ、隙間の幅が大きいため圧迫感を感じにくい設計になっています。

また隙間が縦に空いているので、風が通り抜ける際に左右に優しく広がる事により自然に近い風を感じ取れます。隙間の位置も両隣で上下の位置がずれている為、光を取り入れた際もまるで自然に近い木漏れ日のような採光ができるのが特徴です。

収納機能を持つおすすめの間仕切り

かぐ日和-ディスプレイシェルフ(12,800円)

間仕切りをしつつお洒落な収納ができる

S字型のデザインが特徴的な収納棚です。背面も化粧仕上げが施されている為、置く場所を選ばず使いやすいですよ。棚のスペースも広く取られている為、大判の本やお気に入りの小物も飾りやすいため、自分でインテリアを完成させたい人におすすめです。

縦置きではなく横置きにすることで棚の形がS時からM時になり、また一風変わったインテリアとして使用できます。収納のスペースが減ってしまうのがデメリットですが、縦における幅が格段と増えるため花瓶や観葉植物を配置する事も出来ますよ。

arne-R+R60-4(28,080円)

伸縮もでき角度も自在

一見普通のラックに見えるこちらの商品。両端をスライドさせることにより伸縮させることができ、角度も変えれるためインテリアとして一際目立つ存在になります。こちらも背面は化粧仕上げになっている為、間仕切りとしても最適な家具です。

最大までスライドさせて広い間仕切りとして使うパターンや、直角に曲げてコーナーのある間仕切りとしても使用できます。棚の幅はA4サイズの本が入る程のスペースがある為、小物や少し大きめの家具も配置しやすいのが特徴です。

快適収納の社-つっぱり間仕切りパーテーション(マガジン収納)(25,380円)

お気に入りの雑誌を収納してお洒落なインテリアに

こちらは突っ張り棒で固定するタイプのパーテーションです。天井と床で固定するため、地震などで倒れにくく安全に使用することができますよ。幅が120センチもある他、雑誌等を収納できるためお気に入りの雑誌をさっと取り出したい方におすすめです。

背板は白、ナチュラル、ダークブラウンの3種類がある為、壁紙などの色に合わせてコーディネイトをする事ができます。またマガジンラックとありますが、雑誌以外にもお気に入りのCDや写真なども飾ることができます。少し色合いが欲しい時はツタ状のフェイクグリーンを絡ませるとインテリアとして一段と映えますよ。

arne-BlackPearl 3Rack(39,960円)

シックな黒が特徴の大人のインテリア

A4サイズの書類や小物も楽における広さが特徴です。ラックは背板がないため、両方から取り出すことが可能なので間仕切りとしても使いやすいですよ。背板がないという事はコード類を通しやすいため、ベッドの近くに置いた場合は照明なども置くことができます。

同じ商品を複数買う事により、パズルのように組み合わせて使う事も可能です。また同ブランドから同じ色調のキャビネットやテレビ台等も数種類販売されている為、1つの色でトータルコーディネイトしたい方にはおすすめです。

ネット家具banban-連結間仕切りパーテーション パンチングボード(24,990円)

専用フックで壁掛け収納

こちらも突っ張り棒で固定するタイプのパーティションです。片面は雑誌などが収納できるラックになっており、もう片面はパンチングボードになっている為、専用フックを使用すれば鞄や小物等をひっかけて収納できるのが特徴です。間仕切りをした際のプライベートな空間側はお気に入りの小物を飾り、オープンスペース側は普段見る雑誌を収納するという使い方がおすすめです。

連結タイプという事もあり、同ブランドのパーティションを使用することで、部屋の中にもう一つの部屋を作ることも可能です。書斎を作ったり、服をたくさん持っている人はウォークインクローゼットにするなど、アレンジの幅が広いためオリジナルの空間を作りた人には必見です。

簡単に設置できるカーテンタイプでおすすめの間仕切り

Like Ai-麻ロールスクリーン やよい(5,920円)

適度な光量を取り入れられる

こちらの商品は生地に麻を使用しています。朝は日本人になじみが深い為、どこかほっとできる印象を持ちつつ、適度な薄さで光量や風通しを確保でき、間仕切りの向こう側は薄っすらと透けて見えるので圧迫感を感じにくい作りになっています。

カラーバリエーションが6種類もあり、和室以外にも洋室でも使いやすい色合いをそろえています。カーテンレールに差し込んで取り付けられる仕組みになっている為、DIY等が苦手な方でも気軽に設置することができますよ。

LE-Ciel-ひもスクリーン 100×200cm ストリングカーテン(490円)

上品な空間を作れる

こちらはストリングカーテンになっている為、間仕切りとしての防音性や防熱性は低いですがやわらかい印象で空間を区切れます。風になびいてゆらゆら揺れる姿は圧迫感を感じさないため、間仕切りをしつつ部屋全体を広く見せたい方におすすめです。

主な使用用途としては部屋の入り口などに設置するのが定石ですが、ベッドの周りを囲むことによりインテリアとして一段と映えさせることができます。普段では入りする場所は束ねる事により、出入りの邪魔にならない他、また違った印象を生み出すことができます。

Nextyle-アコーディオンカーテン(3,480円)

長さが調節できる

この商品は突っ張り棒にフックをひっかけることで、誰でも簡単に設置することができます。カーテンタイプの為使わないときはたたむ事により、普段は空間を広く使用できます。間仕切りが必要なくなった場合も、突っ張り棒を片付けるだけで簡単に取り外しができますよ。

必要な長さに応じでハサミでカットすることができるため、丁度いい丈のカーテンがなくて困っている方はぜひこの商品を選んでみて下さい。生地も丸型以外の所はメッシュになっている為、空気がこもりにくいのも特徴です。

LivinGUT-すだれカーテン 燻製竹(8,380円)

カーテンには珍しいすだれタイプ

生地が布ではなく、竹ですだれ状に作られているのがこの商品の特徴です。設置方法も通常のカーテンと同じでカーテンレールに設置するだけでとても簡単ですよね。布に比べ重量がある為、天井にカーテンレールを取り付けて設置する場合は耐久面に気を付けてくださいね。

竹製で気になるのはカビや虫ですが、竹を一度燻製して生地に使用しているので湿気や虫に強い特性を持っています。木製やラタンタイプの家具との相性も良いため、部屋をアジアン風にコーディネイトしたい方にはおすすめの一品です。

ゲキカグ-NATURAL NOREN HAZUKI1500(5,640円)

ナチュラルテイストで優しい風合い

よくあるカーテンタイプのように1つにまとまっている生地とは違い、この商品は4つに分かれています。下側は一つ一つ束ねている為インテリアとしても映えやすく、落ち着いた色合いにより色んな部屋のコーディネートに合わせることができます。

網目の一つ一つが大きく記事が4つに分かれている為、風通しを完全に遮る事が無い他、向こう側が透けて見えるため解放感を感じられるのも特徴の一つです。モダンテイストが好きな方や、落ち着いた色合いでレイアウトを統一したい方におすすめです。

まとめ

間仕切りではオルディの「朝霧」がおすすめ

多くの間仕切りに使える商品を紹介しましたが、オルディの朝霧がお勧めです。和室、洋室の両方にレイアウトを合わせやすく、板面がブラインド状で開閉自由なため防音性や防熱性、風通しを自分好みに実現できます。サイズも多めに展開されている他、色も二種類ある為、使用用途や部屋のレイアウトによって選びやすいので、間仕切りをしてみたい方は是非一度購入してみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加