おしゃれでおすすめのノンフライヤー人気ランキング!【一人暮らしにも】

2013年にフィリップスのノンフライヤーが発売され、大ブレイクしたのは記憶に新しいところです。ダイエットの敵であるとんかつや唐揚げ、コロッケなどのレシピが油を使わずにできるのですから、魅力を感じるのは当然ですよね。健康やダイエットに対する意識の高まりとともにカラーラ、ティファールなどの新しいタイプのものが続々と発売されています。ノンフライヤーの人気は相変わらずですが、機能もデザインも豊富になって、どれを選べば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事ではノンフライヤーの特徴や選び方、おすすめのブランドやメーカーを詳しく紹介します。ランキングもあるのでぜひ参考にしてくださいね。




ノンフライヤーの特徴

油を使わず簡単に揚げ物ができるヘルシー家電

ノンフライヤーとは油を使わずに揚げ物ができる、ヘルシーな調理器具です。基本的な使い方は、本体を予熱したら食材をバスケットに入れてセットし、温度と時間を設定してあとは待つだけ。まるで油で揚げたかのようなカリッとした食感に出来上がります。

揚げ物以外にもいろんな料理ができる

ノンフライヤーは揚げ物以外の料理も美味しく簡単にできますよ。例えばピザや焼き鳥、焼き魚などは得意とするところです。また、ホームベーカリーで生地をこねればパンも焼けますし、卵を20分ほど加熱すれば温泉卵も。ノンフライヤーを使ったレシピはネットや本でもたくさん紹介されています。

ノンフライヤーのメリット

油を使わずに揚げ物ができる

ノンフライヤーは高速空気循環技術とエアーサーキュレーション技術によって、食品の表面を200度以上にまで加熱し、油で揚げたようなカリッとした食感に仕上げます。ノンフライヤーは食品中の脂分と水分だけで調理しているので、カロリーダウンに。ノンフライヤーを使うことで脂肪分は最大80%程度までカットされます。

揚げ物をするとどうしてもキッチンに油が飛び散りますね。コンロ周り、換気扇のお掃除のことを考えると揚げ物が億劫になるという方も多いのでは。揚げ物特有の匂いも気になります。また、小さな子供がいると危なかったり、火事の心配もありますね。その点、油を使わないノンフライヤーなら安心して揚げ物料理ができます。

揚げ物の調理や後片付けが簡単にできる

揚げ物をするには、油の温度管理が結構大変です。少しの温度差でカラッと揚がらなかったり、焦げてしまうことも。ノンフライヤーは最初に温度と時間の設定さえすればそういう心配がないのがいいですね。そして何よりずっとついている必要がないので、揚げ物をしながら他の作業もできます。

普通に揚げ物をした後は、油の処理という大仕事が待っています。油を放置していると危ないし、熱い油をポットに移すのも危険な作業。さらに、油でベタベタになったフライヤーなどを洗うのも大変です。ノンフライヤーももちろん使用後には洗いますが、付属のバスケットやネットを取り外して洗うだけ。とても簡単ですね。

ノンフライヤーのデメリット

大きいのでスペースを確保する必要がある

ノンフライヤーの大きさは、例えばフィリップスのもので、幅28.7×奥行き38.4×高さ31.5cm 重さ5.7kg 。イメージとしては一升炊きの炊飯ジャーに近い大きさです。また、周囲には10cm以上のスペースを空ける必要があります。購入前には必要なスペースを確保しておくようにしましょう。

十分なスペースが確保できない場合には、コンベクションオーブンという選択肢もあります。コンベクションオーブンとはオーブンレンジとオーブントースターの中間的なもので、油を使わない揚げ物ができます。トーストも焼くことができるので、オーブントースターのスペースにコンベクションオーブンを置くといいですね。

一度に調理できる量が少ない

例えばフィリップスのノンフライヤーで一度に作れる量は、鶏もも肉を300g位で唐揚げ7~8個程度です。だいたい2人分ですね。しかしノンフライヤーは普通の揚げ物と違って、コンロの前にずっといる必要がありません。他の作業をしながら2回調理すれば、たくさん作ることも可能ですね。

ノンフライヤーに付属していたりオプションとして販売されているものに、スチール製の小さな2段式ラックがあります。これをノンフライヤーのバスケットに入れると中を2段にして使うことができるので、作れる料理の量が2倍に。1度にたくさん作りたいといった方におすすめです。

ノンフライヤーの選び方

用途に合わせて大きさを選ぶ

家族の食事を作るなら2L以上のノンフライヤーを

一般的なノンフライヤーの容量は2~3L程度。ポテトフライやチキンナゲットなどは1度に調理できそうですが、とんかつは1度に2枚しかできません。3、4人家族の場合は2回使用するか、先述の2段式ラックを使うのが良いでしょう。また、 3.5L の大容量タイプも販売されているので、おすすめです。

一人暮らしやお弁当用にはコンパクトタイプ

一人暮らしのお部屋には一般的なノンフライヤーは大きすぎるかも知れません。そんな方にはコンパクトなミニタイプも販売されていますよ。また、ノンフライヤーと同じように油なしで揚げ物ができるコンベクションオーブンにもコンパクトタイプはいろいろと出ています。一人分の調理やお弁当にもおすすめです。

付属や別売りのオプションにあるもので選ぶ

レパートリーが増える丸型ナベ

ケーキや蒸し料理が作れるナベがオプションで付いていたり、本体とセットで購入できるものもあります。使い方は、例えばケーキを作るなら、専用のナベにケーキシートを敷き、ケーキのタネを入れたら予熱した本体に入れて温度と時間を設定してスタート。あとは焼きあがるのを待つだけです。

綺麗に仕上がって美味しくなるオイルスプレー

ノンフライヤーを使うと、フライ物のパン粉が白っぽくなる場合があります。あらかじめ油を少しかけて調理するといいのですが、そんな時に重宝するのがオイルスプレーです。油のかけ過ぎを防止するとともに見栄え良く美味しく仕上がりますよ。ノンフライヤーのオプションで販売されているものがあるのでおすすめです。

ノンフライヤーのおすすめブランド・メーカー

フィリップス

ヘルステック分野のリーディングカンパニー

ロイヤルフィリップスはオランダを本拠地とし、最新のテクノロジーで人々の健康な生活に貢献する企業です。油を使わないノンフライヤーは2010年にフィリップスが発表したエアフライヤーが最初の製品で世界的に売れました。日本では2013年にノンフライヤーという名前で販売され、大ヒットしています。

ショップジャパン

商品やサービスを通してハッピーなライフスタイルをプロデュース

ショップジャパンは通販事業を行う株式会社オークローンマーケティングのブランド。ビリーズブートキャンプやワンダーコアなどの大ヒット商品で有名です。調理器具でもジューサーや圧力鍋などが人気ですが、中でもノンフライヤーのカラーラは、その使い勝手の良さから楽天やAmazonでも売上を伸ばしています。

アイリスオーヤマ

生活者視点で商品を開発し続ける

宮城県に本社をおくアイリスオーヤマは家庭用プラスチック製品の製造販売を主業務としていましたが、2000年代からは家電に力を入れています。掃除機、炊飯ジャー、照明器具などあらゆる家電を販売していますが、ノンフライヤーにおいてはコンベクションオーブンを多く取り扱っており、非常に人気があります。

VERSOS(ベルソス)

日々の暮らしをより便利でより楽しく快適に

広島に本社をおくベルソスは、生活家電、生活雑貨などの企画、開発、輸入卸業を行う企業です。ユーザーの視点から製品に便利さと楽しさをプラス。季節家電から生活家電まで幅広い商品を展開しています。ノンフライヤーでは、オイルカットフライヤーがネットを中心にヒットし、楽天ランキング受賞アイテムとなっています。

おすすめ&人気のノンフライヤーランキング

家族用におすすめのノンフライヤー

ショップジャパン-カラーラノンフライヤー 串付き2段ラックセット (21,384円)

揚げ物の脂肪分を最大83%カット

油無しでもカラッとジューシーに揚げ物ができるカラーラは、揚げ物の脂肪分を最大83%もカットできます。本体内部では、ターボウエアウェーブ機能により、最高200度の熱風が循環。さらに、カラーラのバスケットにあるウインドキャッチャーが理想的な対流を作り出し、食材をむらなく加熱してうまみを閉じ込めます。

使い方は食材をバスケットにセットして温度と時間を合わせるだけ。バスケットは丸洗い可能で、食洗器にも対応。付属の串付き2段ラックを使えば2倍の量のお料理ができます。別売りで丸型ナベ、オイルスプレーなどのオプションも豊富なので、いろんなお料理に多機能に使いたい方におすすめです。

フィリップス-フィリップス ノンフライヤープラス ダブルレイヤーセット (35,980円)

進化したノンフライヤープラスにダブルレイヤーが付属

油を使うことなく揚げ物が調理できるノンフライヤープラスにダブルレイヤーが付属しました。ダブルレイヤーを使えば2倍の量が調理が可能。独自の高速空気循環技術により脂肪分をカットしながら美味しい揚げ物が作れます。専用のバスケット、クッキングネット、バスケットカバーは丸洗い可能で、食洗機にも使えます。

タイマーと温度の調節はデジタルタッチパネルになり、より簡単になりました。タイマーは最長60分で、設定温度に達すると音でお知らせ。温度は200度まで自由に調節可能。最適なタイミングと温度でお料理を楽しみたい方にぴったりです。

ベルソス-オイルカットフライヤー (10,584円)

余分なカロリーを抑えてヘルシーライフを

空気と熱で調理するオイルカットフライヤーは油を使わずにヘルシーに揚げ物ができます。使い方はバスケットに食材を入れたら本体にセット。温度と時間をダイヤルで設定したら調理スタート。出来上がると、チンという音でお知らせします。使い終わったらバスケットをはずして丸洗いできるので掃除も楽々です。

テーブルなどが熱くなり過ぎないよう、耐熱シートが付属しています。オイルカットフライヤーは、税別価格が1万円を切り、非常にリーズナブルです。他メーカーのものと比べると多少インテリア性には劣りますが、揚げ物はもちろんのこと、ピザなども焼くことができて機能的には十分。休日の子供さんとの調理や、ノンフライヤーの入門機としていかがでしょうか。

ティファール-アクティフライ (30,450円)

揚げ物だけじゃなく炒め物や煮込み料理もこれ一台でヘルシーに美味しく調理

揚げ物はもちろんのこと、様々な料理をヘルシーに作り上げることができるティファールのアクティフライです。特許取得の熱風循環調理と、フライパンを振ったり鍋をかき混ぜる自動かく伴調理が食材をむらなく効率的に加熱。フライパンはセラミックコーティングでこびりつきにくくなっており、汁物調理もできる優れものです。

一見して、さすがティファールと唸らせる他とは一線を画したデザイン。そしてその機能にもティファールの技術力が生かされています。操作パネルは液晶で見やすく、透明の蓋からは調理の様子が一目でわかります。フライパンも取り出しやすく、食洗器対応。やはりティファールブランドは安心できる。という方におすすめです。

ellesye-ELLESYE電気フライヤー (11,443円)

ホームパーティーにもおすすめ 3.5Lの大容量

LCDディスプレイとタッチボタンが搭載された操作パネルはとてもわかりやすくて簡単です。温度調節は180~200度まで、時間調整は0~60分。いずれも指一本で手軽に操作可能。内部は熱風循環技術の採用で油を使わず均等に加熱できるので、ヘルシー志向の方におすすめです。バスケットは着脱可能で、使用後のお手入れも簡単です。

ノンフライヤーでは最も容量が大きい3.5L。チキンナゲットなら400gを6~8分で、フライドポテトなら300~1200gを9分~19分で作ることができます。これならうまく使えばホームパーティーでも活躍できそうですね。ただしサイズは、幅34×奥行き34×高さ38.5cm とそれなりに大きいので、置き場所の確保をお忘れなく。

家族用におすすめのコンベクションオーブン型ノンフライヤー

アイリスオーヤマ-コンベクションオーブン ピザプレート付き (9,590円)

ノンフライの揚げ物やオーブントースターもこれ一台にお任せ

油を使わずに揚げ物やフライ料理が簡単に楽しめるコンベクションオーブンです。温度、ヒーター切換え、タイマーの3つのダイヤルが前面についていて、操作も簡単。上下のヒーターは切換え可能で60~250度に温度調節できます。タイマーは最長60分。オーブン、グリルなどに幅広く使えます。

大きさは幅417×奥行き329×高さ285cm で一般的なオーブントースターより一回り大きなイメージです。素焼きのピザプレートが付いているので本格ピザが美味しく焼けます。庫内は広く、食パン4枚が一度に焼け、ローストビーフも調理可能です。

シロカ-siroka(シロカ)ノンフライオーブン (9,660円)

小さめサイズでも中は広々した調理スペースで使いやすい

油を使わないから、ヘルシーに出来上がる、ダイエットしたい人にはおすすめのコンベクションオーブン。例えばエビフライなら脂分を85%カットでき、唐揚げはうまみ成分であるグルタミン酸が22%アップします。ノンフライだけじゃなく、トーストは4枚焼け、グラタンやローストビーフも調理可能です。

幅39.8×奥行き34.6×高さ23.5cmと小さめのサイズで、置き場所が確保しやすいですね。扉を開けると、網がせり出してくるので食材が取り出しやすい構造。扉を開けることなく底部のパンくずトレーを引き出せて、お手入れも簡単。小さめでも使いやすいコンベクションオーブンをお探しの方におすすめです。

ツインバード工業-ツインバード コンベクションオーブン (7,884円)

肉料理も均一にムラなく焼きあがるコンベクションオーブン

ファンで熱風を起こして食材を包み込み、むらなく焼き上げるコンベクション方式。ほどよい焼き色をつけながら中まで火を通します。温度調節機能とヒーター切り替え機能が付いているので、幅広い料理に対応。加熱により付着した汚れを分解する庫内クリーニングコートを採用し、お手入れは簡単です。

温度調節とヒーター切り替え機能付き。ヒーターの切り替えは、上下、上、下の三段階。温度調節は100~250度の範囲で設定することができます。調理に便利な60分タイマー付き。庫内は高さ20cmの広々設計。ケーキや食パンもまるごと入る大きさなので、お菓子やパン作りが趣味の方におすすめです。

はぴねすくらぶ-こんがりエアクッカー (8,980円)

油を使わず上下ヒーターと熱風対流でフライができるヘルシーオーブン

揚げる調理も温めなおしも、外はカリッと中はジューシーに仕上がります。その秘密は熱風滞留方式で旨味を逃がさないから。最大230度の熱風が食材を素早く焼き上げ、中に旨味と水分を封じ込めます。余分な脂はトレーに落ちるから、食材に戻ってくることが無いので安心ですね。

トーストなら2枚焼くことができ、コンパクトなのに中は広々としています。ピザプレートがついているので余分な水分や油分はプレートが吸収し、ピザもパリッと焼きあがりますよ。お餅やドーナッツ、焼き魚などあらゆる料理が美味しくできて、お料理好きな方にぜひおすすめしたいコンベクションオーブンです。

HITACHI-日立コンベクションオーブン (12,657円)

熱風でムラを抑えてふっくら仕上げ

焼き皿の下にオーブン皿を入れることで余分な脂をカット。油を使わずに外はカリッと中はジューシーな揚げ物ができあがります。オーブン皿はホーロー加工なので保温性に優れ、じっくり温めて料理をふっくらと仕上げます。40度の低温調理も可能なので、パンは発酵から焼き上げまでOK。

前面には6種のオートメニューパネルがあり、調理モード、温度、時間を自動でコントロールできます。ノンフライ調理やオーブン料理は下のヒーターにファンを組み合わせる、トーストや焼き餅は上下ヒーター、最後の仕上げには上ヒータや下ヒーター。自在に選べる調理モードで、手軽に本格料理を楽しみたい方におすすめです。

一人暮らしにおすすめのノンフライヤー

ROOMMATE-ゼロフライヤーミニ (9,106円)

熱と空気でカラッとあがるおしゃれなノンフライヤー

本体上部の加熱ヒーターとファンで熱風を循環させて食材を包み込み、外はカラッと中はジューシーな揚げ物が簡単に調理できます。コンパクトサイズなので、庫内は温度がすぐに上昇。バスケット容量は1Lと一般的なノンフライヤーの半分以下なので、早く調理することができます。

専用の台座付きで安全に調理。フライバスケットとバスケットパンは取り外し可能なので洗浄も簡単です。シンプルでおしゃれなデザインで、サイズは幅28×奥行き28×高さ30cm とコンパクト。一人暮らしの方やお弁当作りにぴったりなノンフライヤーです。

ドウシシャ-Pieria コンパクトノンオイルフライオーブン (10,778円)

ノンフライ調理もできる1台2役のオーブントースター

従来のオーブン機能に加えて油を使わずに揚げ物が作れるノンフライヤー機能を兼ね備えた1台2役のノンフライオーブンに、コンパクトサイズが登場しました。サイズは幅23×奥行き39.5×高さ24.5cm。正面から見た感じはA4より少し低い程度の大きさです。一人暮らしのお部屋にも可愛くおさまりそうですね。

トーストやオーブン料理から揚げ物までこれ1台でできるので、料理の幅が広がりますよ。操作ボタンはデジタルのディスプレイで、設定時間、メニュー、残り時間、温度を切り替えて表示。メニュー設定ボタンでは、10種類の調理がワンタッチで可能。料理のレパートリーを広げたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ-ノンフライ熱風オーブン (9,801円)

脂質を最大89%カットするノンフライ熱風オーブン

油で揚げずに高速熱風調理でサクッと美味しい揚げ物ができあがります。気になる脂質は最大約89%カットすることができます。買ってきたお惣菜の温めなおしももちろんOK 。温めなおすと脂質を19.3%、カロリーは15%オフすることができます。

使い方はメニューに合わせて温度とタイマーをセットするだけ。串カツや竜田揚げ、ピザも15分あれば作ることができます。また、トースターとして毎日のトーストをこんがり焼くこともできますよ。お手入れはフライ用の受け皿と網を洗うだけ。手早く美味しい料理を楽しみたい方にぴったりなオーブンです。

ROOMMATE-ミニコンベクションオーブン (6,220円)

調理時間が短く使い方も簡単

ミニコンベクションオーブンは庫内容量9Lの業界最小クラスの熱風オーブンです。小さくても機能は抜群。これ一台でオーブンとしてもトースターとしても手軽に毎日使えます。油を使わないヘルシーな揚げ物が熱風循環で簡単に調理できます。

横幅22cmととてもコンパクトなので置き場所に困りません。庫内温度の上昇も早く、一般的なオーブンよりも早い調理が可能です。調理時間は最大60分まで設定可能。調理モードの切り替えは4つのパターンがあるので調理方法によって使い分けることができます。小さくても本格的なオーブンをお探しの方におすすめです。

デロンギ-デロンギ ミニコンベクションオーブン (20,366円)

熱を対流させてじっくり火を通すデロンギのコンベクションオーブン

デロンギが開発した世界最小クラスのコンベクションオーブン。外はサックリ、中はしっとりとしたパン屋さんの美味しさを実現しました。8.5Lという小ささながら、1400Wの高火力を実現。予熱時間も短いので、使いたいときにすぐ使えます。

熱を対流させ、食材を包み込むように高温で焼き上げるコンベクション機能を搭載。トーストから本格的なオーブン料理まで万能に対応して、毎日の調理を助けます。操作はダイヤルで温度と時間を設定するだけ。デザインもスタイリッシュなデロンギのコンベクションオーブンはキッチンのインテリアにこだわりたい方にぴったりです。

まとめ

ノンフライヤーでは「カラーラノンフライヤー」がおすすめ

油無しでもカラッとジューシーに揚げ物ができて脂肪分を83%もカットできるカラーラは豊富な機能に加えて便利なオプションも揃っていて、ユーザーの高評価を得ています。単に油をカットできるだけではなく、手軽に様々な料理が楽しめるノンフライヤー。気になる商品があった方はぜひチェックしてみてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加