おすすめのiPhone用ヘッドホン人気比較ランキング!【マイク付きも】

iPhoneの音楽も高音質で聴きたいと思う時はありませんか。そんな時におすすめなのがiPhone用ヘッドホンです。本記事ではおすすめのiPhone用ヘッドホンをランキング形式で紹介します。また様々な特徴があるiPhone用ヘッドホンの選び方も合わせて解説します。iPhoneでヘッドホンを使ってみたい方は参考にしてみてください。

iPhone用ヘッドホンの特徴

iPhoneの音楽を高音質で楽しめる

iPhone用ヘッドホンを使えば、iPhoneの音楽をより高音質で楽しむことができます。ヘッドホンは、ドライバーと言われる音を鳴らす部分がイヤホンに比べて大きいため、音の幅がより広くなる傾向にあります。iPhoneでも音楽を最大限に楽しみたい方におすすめです。

イヤホンジャックが廃止されたiPhone7以降でもヘッドホンは使える

iPhone7以降のモデルでは、本体の薄型化に伴ってイヤホンジャックが廃止されています。ですがLightningコネクターのヘッドホンや、イヤホンジャックとLightningコネクターの変換ケーブルを使えば従来のヘッドホンを使うことは可能です。もちろんBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンも使えますよ。

iPhone用ヘッドホンの種類

有線接続タイプ

iPhoneとヘッドホンを直接繋ぐ

有線接続のiPhone用ヘッドホンは、文字通りiPhoneとヘッドホンを直接接続します。直接ケーブルでつなぐため接続の安定性は抜群で、途中で音楽が止まったりすることはありません。また音質も良く、集中して音楽を楽しみたい方におすすめです。

有線接続の安定性は優れていますが、やはりケーブルが邪魔に感じることがあります。そのため、外出先で使うのにはあまり向いていないですね。またケーブルがあると断線の可能性もあり、少しの衝撃で壊れてしまいかねないのも気になる点です。

無線接続タイプ

iPhoneとヘッドホンをBluetoothで接続する

無線接続のiPhone用ヘッドホンは、ケーブルを必要としないBluetoothヘッドホンです。ケーブルがない分手軽さは圧倒的で、外出先でもケーブルを気にせず使えます。手軽さを重視する人におすすめですね。

ワイヤレスヘッドホンは音質や接続の安定性があまり良くないと言われることもありますが、実際はそんなことありません。最近のBluetoothヘッドホンは有線接続にも負けない音質と安定性を兼ね備えています。その辺りのことは心配せずに使うことができますよ。

iPhone用ヘッドホンの選び方

ハウジングの形状で選ぶ

クリアなサウンドが特徴的なオープンエア型

オープン型は開放型とも言われ、ヘッドホンのハウジング部分がメッシュになっているものが多いです。音質はクリアで臨場感や音の広がりが感じられるのが特徴です。しかし密閉性はそこまで高くなく、多少の音漏れの心配があります。そのため、外出先での使用にはあまり向いていないです。家の中で使おうと考えている人におすすめですね。

密閉性重視ならクローズド型

クローズド型は密閉型とも言われ、ヘッドホンのハウジング部分と外側が完全に遮断されています。そのため密閉性はかなり高く、同時に遮音性も高いです。音漏れの心配もありませんし、外部の音も遮断してくれる優れもの。音質はオープンエア型に劣る部分もありますが、最近では音質にもこだわって作られたクローズド型ヘッドホンも登場しています。

音質で選ぶ

音質重視なら口径40mm程度のドライバーがおすすめ

ヘッドホンを選ぶ際には、ドライバーの口径をチェックしましょう。ドライバーとは音を鳴らす部分のことで、その口径が大きくなるほど迫力や音質も良くなる傾向にあります。ですが、口径が大きくなるとヘッドホン本体も大きくなるというデメリットもあります。40mm程度のドライバーだと本体もそこまで大きくなく、十分高音質なサウンドのヘッドホンになりますよ。

BluetoothヘッドホンはAAC以上のコーデックがおすすめ

Bluetoothヘッドホンの場合はコーデックをチェックしましょう。コーデックとは、iPhoneからヘッドホンに音データを送る際の圧縮規格のことで、SBC、AAC、aptX、LDACの順に音質が良くなっていきます。AACはApple製品と接続するのがメインのコーデックなので、AACに対応しているかどうかチェックしましょう。

付加機能で選ぶ

通話をするならマイク付きを

最近ではマイクが搭載されていて、ヘッドホンを付けたまま通話ができるモデルも多く発売されています。マイク付きのヘッドホンを使えば、電話がかかってきてもいちいちヘッドホンを外す必要がなくなるので、手間が圧倒的に省けます。通話する機会が多い人はマイク付きのiPhone用ヘッドホンを選ぶようにしてみましょう。

外出先で使うなら折りたたみ可能なモデルを

ヘッドホンは本体が大きいためどうしても持ち運ぶのが大変です。ですが、中にはヘッドホンのフレームの部分が折りたためるようになっているモデルがあります。折りたたみ可能なモデルなら、外出先にも気軽に持っていけますよ。折りたためるだけでなく、専用のケースが付いているモデルもあります。iPhone用ヘッドホンを使う場面を想定して、折りたたみ可能なモデルが必要かどうか検討してみましょう。

iPhone用ヘッドホンのおすすめブランド・メーカー

Beats(ビーツ)

iPhoneとの相性抜群

Beatsはヘッドホンやイヤホンなどのオーディオ機器を製造しているメーカーです。大きなbのマークがトレードマークで、街中で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。実は2014年にApple社がこのBeatsを買収しており、現在はApple製品との接続がかなりスムーズなヘッドホンやイヤホンになっています。

SONY(ソニー)

高音質で付加機能も充実

日本が世界に誇るオーディオメーカーのSONY。その性能は誰もが認める高性能ぶりです。音質はもちろんのこと、使いやすい付加機能も充実しています。その分価格は高くなりがちですが、性能重視の方にはおすすめです。

BOSE(ボーズ)

重厚な低音が人気

鳴り響く重低音が人気のBOSE。低音の重厚さは他のメーカーにはない特徴で、迫力や臨場感は桁違いです。もちろん高音も疎かになっているわけではなく、低音から高音までバランスの良い音質になっています。重低音の音質を重視する方におすすめのメーカーです。

Anker(アンカー)

コスパ重視の方におすすめ

圧倒的コスパの良さで人気のAnker。低価格ながら高性能なガジェットで有名なメーカーで、オーディオ機器のラインナップもあります。やはり魅力はコスパの良さで、初めてヘッドホンを使う方にはとっかかりやすいでしょう。

おすすめ&人気のiPhone用ヘッドホンランキング

有線接続でおすすめのiPhone用ヘッドホン

LINKS INTERNATIONAL-IC-HP-LT-9 GO (7,487円)

低価格で高品質なヘッドホン

Lightningコネクタータイプで、変換ケーブルなしでiPhoneに接続できるヘッドホンです。見た目はシンプルながらシックな印象があり、外出先でもお洒落に使いこなせるでしょう。折りたたみ可能で持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。

ドライバーの口径は40mmで臨場感があるサウンドが楽しめます。またハウジングの側面には多機能ボリュームコントローラーが搭載されていて、ヘッドホン側で音量調節や曲送りの操作が可能。使いやすくてコスパの高いヘッドホンになっています。

AUDEZE-SINE On-Ear Headphone Lightning Cable (58,880円)

BMWとコラボした洗練されたデザインが魅力

世界的自動車メーカーのBMWのデザイン部門であるBMW Group DesignWorks USAとコラボしたオシャレなデザインが特徴のヘッドホン。見た目的なデザインだけではなく、コンパクトで軽量な設計になっているのも魅力です。オシャレなヘッドホンを探している人にぴったりのヘッドホンです。

AUDEZEは独自技術が豊富で、縦横が80mm70mmの大型平面磁気ドライバーを採用しており、ダイナミックかつ繊細なサウンドを実現しています。また空気の流れを調整して帯域のバランスを整えるFazor Technologyによって、どんな状況でもバランスの良い音を楽しめます。

フィリップスFidelio M2L (16,390円)

ハイレゾ音源に対応した高音質ヘッドホン

ハイレゾ音源に対応したフィリップスの高音質ヘッドホンです。さらにノイズキャンセリングにも対応しているという優れもの。Lightningコネクタータイプでハイレゾにもノイズキャンセリングにも対応しているヘッドホンは少ないので、まさにiPhoneユーザーにぴったりですね。

イヤーパッドには低反発フォームが使われていて、長時間つけていても疲れにくい設計になっています。また右側のハウジング部分はリモコンになっており、音量調整も可能。使いやすさはかなり高いヘッドホンですね。

RCF-ICONICA PEPPER (25,171円)

イタリアメーカーによるスタイリッシュなデザイン

イタリアの大手オーディオメーカーであるRCFのヘッドホンです。そのデザインはスタイリッシュそのもの。ケーブルは着脱可能で、左右のハウジングどちらでもケーブルを挿すことができるので、どんなシーンでも邪魔になりません。

ケーブルにはマイク内蔵式のボリュームコントローラーが付いています。iPhoneを取り出すことなく、音量調節も通話もできちゃいます。コネクターはLightningケーブルではないので、変換ケーブルも合わせて用意しましょう。

Bluetooth接続でおすすめのiPhone用ヘッドホン

Beats-Solo Pro (28,100円)

Beatsの真骨頂

オシャレなデザインと確かな品質で人気のBeatsのハイエンドモデルのヘッドホン。ノイズキャンセリング搭載なので外出先でも気軽に使えます。さらに外音取り込み機能も搭載しているので、ヘッドホンを外すことなく人と会話することもできます。

持ち運びやすいように折りたたみが可能です。さらに便利なのが、折り畳まれている状態から開くだけで電源がON、同様に折りたたむだけで電源がOFFになる優れもの。使いやすさがとことん追求されたモデルで、誰にでもおすすめできるヘッドホンです。

Beats-Solo3 Wireless (17,839円)

初めてのBeatsにぴったり

Solo3 Wirelessは、機能性は少ないもののSolo Proに比べて価格が抑えられているモデル。初めてBeatsのワイヤレスヘッドホンを使ってみたいという人にぴったりです。カラーバリエーションが豊富で、あらゆるファッションにマッチするのも人気のひとつです。

最大40時間の再生可能時間は魅力です。充電なしでも2,3日は余裕で持ちますよ。もしバッテリーがなくなっても、5分の充電で3時間の再生が可能な急速充電にも対応いています。また、低音から高音までバランスの良いサウンドになっていて万人受けするヘッドホンですね。

SONY-WH-1000XM4 (37,111円)

SONYの最高傑作

多くの人が最高のワイヤレスヘッドホンと認めるSONYのヘッドホン。独自のノイズキャンセリングプロセッサーであるQN1によって、様々な環境下でのノイズの消去が可能に。髪型やメガネの有無などによるヘッドホンの微妙な装着ズレを検知し、その状態での最適なノイズキャンセリングを実現します。

もちろん音質も最高レベルです。40mm口径のドライバーが搭載されていて、迫力や臨場感は申し分ありません。さらにハイレゾにも対応しているので、音質で不満になることはないでしょう。どこをとっても最高レベルのワイヤレスヘッドホンです。

BOSE-Noise Cancelling Headphones 700 (38,800円)

11段階のノイズキャンセリング

11段階のノイズキャンセリングに対応したBOSEのワイヤレスヘッドホン。周囲の状況に合わせてノイズキャンセリングのレベルを変えられるので、どんな状況でも使えますね。加えて、外音取り込み機能もあるので、ヘッドホンをつけたまま人と会話することもできます。

シンプルながら高級感のある見た目も魅力です。コンパクトで軽量なモデルなので、付け心地も良く、長時間つけていても疲れにくいです。最大20時間の再生が可能なロングバッテリーで、1日中充電を気にせず使えるのも嬉しいポイントです。

Anker-Soundcore Life Q20 (6,999円)

高コスパのノイズキャンセリング対応ヘッドホン

ノイズキャンセリング対応ながら7,000円を切る価格でコスパが魅力のAnkerのワイヤレスヘッドホン。40mm口径のドライバーを搭載していて、高音質でクリアなサウンドを実現しています。コスパ重視の方にはぴったりのワイヤレスヘッドホンです。

Ankerの独自技術であるBassUpテクノロジーによって、低音を増幅させることも可能。重厚な低音が好みの人にもおすすめです。さらに有線接続の場合はハイレゾ音源にも対応している優れもの。様々な機能が低価格で提供されているヘッドホンになっています。

マイク付きでおすすめのiPhone用ヘッドホン

SONY-WH-H810 (15,890円)

SONYの高音質を手頃な価格で

価格の高いイメージのあるSONYですが、WH-H810は1万円代に抑えられたワイヤレスヘッドホンです。低価格ですが音質はかなり良く、ハイレゾにも対応しています。SONYの高音質なサウンドを手軽に試してみたい人におすすめのヘッドホンです。

マイクが搭載されていて通話も可能です。電話がかかってきた時に、iPhoneを取り出すことなくヘッドホン側で応答することができるのでかなり便利です。ハウジング部分のコントロールパネルでは、他にもSiriを呼び出したり、音量調整ができたりします。

Anker-Soundcore Life Q10 (6,450円)

長時間バッテリーのアンカーのワイヤレスヘッドホン

バッテリーが超大容量なアンカーのワイヤレスヘッドホンです。最大60時間の連続再生が可能で、充電する頻度はかなり少なくて済みます。もしバッテリーがなくなっていても、たった5分の充電で最大5時間再生できる急速充電にも対応しています。

マイクも内蔵されていて通話も可能になっています。また、コンパクトな設計によって軽量化にも成功していて、長時間使っていても疲れにくいようになっています。音楽も通話もこれひとつで1日中対応できますね。

Panasonic-RP-HTX80B-C (6,670円)

カジュアルデザインで見た目重視の人にもおすすめ

なかなか見ないオシャレなデザインが目を引くPanasonicのワイヤレスヘッドホン。ハウジング内部の空気の流れを最適化する技術によって、ノイズの少ない豊かなサウンドを実現。音質にもしっかりとこだわって作られたヘッドホンです。

ハウジング下部には各種ボタンが配置されていて、耳元で様々な操作ができます。iPhoneを取り出さなくても耳元のボタンで通話に応答できます。オシャレで上品なデザインながら、実用性も高いヘッドホンを探している人にはぴったりですね。

audio-tecnica-ATH-AR3BT (12,340円)

標準機能は一通り揃った便利なヘッドホン

ワイヤレスヘッドホンとしての標準機能が一通り揃っているaudio-tecnicaのヘッドホン。30時間の連続再生時間や、耳元の操作ボタン、折りたたみ式など、最低限の機能は揃っています。どこをとっても不満のない便利なヘッドホンになっています。

耳元のボタンによってハンズフリーでの通話も可能。また、万一外出中に充電が切れてしまっても、付属の有線ケーブルでiPhoneと接続すれば使えるようになります。価格の割に高級感のあるデザインも魅力的ですね。

まとめ

使用用途に合わせたiPhone用ヘッドホンがおすすめ

今回はおすすめのiPhone用ヘッドホンをランキング形式で紹介しました。有線接続かBluetooth接続かが大きな違いですが、他にも様々な特徴に違いがあります。今回紹介したおすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりのiPhone用ヘッドホンを選んでみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*