2018年おすすめのロボット掃除機人気ランキング!【一人暮らしにも】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボット掃除機おすすめ比較ランキング

毎日十数分ほど部屋に掃除機をかけたいと思っている人は多いでしょう。しかし、忙しい現代人にはそれがなかなかできませんよね。そのような方におすすめなのがロボット掃除機です。ロボット掃除機は日々の仕事に追われる私たちの代わりに部屋をきれいにキープしてくれますよ。今回は、ロボット掃除機の特徴や機能、選び方を徹底解説。更に、人気ブランドとおすすめの機種をご紹介します。掃除という家事を1つでも減らしたいという方は、是非ご一読ください。




ロボット掃除機の特徴

ボタン1つで部屋の隅々まで掃除してくれる

通常の掃除機は人が常に手に持って操作していなければ掃除できません。しかし、ロボット掃除機はボタンをポチッと押してあげれば部屋中をあちこち動き回ってきれいにお掃除してくれます。掃除をしている間に別の家事や仕事をすることができますね。また、中にはリモコンやスマホアプリで操作できるものもありますよ。

拭き掃除をしてくれるロボット掃除機も

掃除機といえば埃を吸い取るのが仕事であると思われがちですが、ロボット掃除機には拭き掃除まで行ってくれるものがあります。タンクに水を入れて専用のパッドを付ければ、隅々まで丁寧に水拭きをしてくれますよ。当然、乾拭きだってお手の物。腰に負担がかかりがちな拭き掃除を代わってもらえるのは嬉しいですね。

ロボット掃除機の便利な機能

ナビゲーション機能(部屋中を隈なくお掃除してくれる)

ロボット掃除機は適当に動き回っているだけで、部屋中を隈なく掃除できていないのではないかという疑念を抱いている人もいるのではないでしょうか。実はロボット掃除機のあのランダムな動きは、部屋中を隅々まで掃除できるように計算されたものなのですよ。

通常のロボット掃除機は、部屋中を何度も行き来して掃除するランダムナビゲーション機能を採用しています。しかし、より高度なロボット掃除機はカメラやセンサーによって無駄なく掃除するシステムナビゲーション機能を備えていますよ。短時間で掃除を済ませてほしいなら、システムナビゲーション機能のものを選びましょう。

Wi-Fi連携機能(外出中でもスマホで遠隔操作可能)

ロボット掃除機のボタンを押したりリモコンを操作したりといったことは家にいなければできませんよね。そのため、通常の掃除機と同様に留守中の掃除はできないのが当たり前と思われていたロボット掃除機。しかし、最近ではWi-Fiでスマホと連携できるものが増えてきています。

外出中でもスマートフォンのアプリを開いてボタン1つ押すだけで、ロボット掃除機がお掃除を開始してくれます。また、ロボット掃除機が掃除を始める時間もアプリによって設定できますし、ロボット掃除機のエラーなどのステータスも確認できますよ。ロボット掃除機をスマホ1つで管理できるのはとても便利ですね。

段差乗り越え機能(分厚いカーペットの上の掃除もお手の物)

ラグやカーペットを敷いていたり、ドア枠の段差があるお部屋に住んでいたりすると、ロボット掃除機がうまく動かないのではないかと不安になる方もいるでしょう。たしかに、カーペットなどの段差は苦手というロボット掃除機もありますが、段差乗り越え機能を持つロボット掃除機もたくさんありますよ。

1~2cmほどの段差なら楽々乗り越えて部屋を行き来することができますし、厚手のラグやカーペットの上にも進んでしっかりお掃除してくれます。段差乗り越え機能を持つものはカーペット掃除に長けた機能を併せ持つことが多いので、カーペットを愛用する方は是非検討してみてくださいね。

衝突防止機能(大切な家具を傷つけない)

ロボット掃除機は壁や家具にぶつかって進路を変えるものが多いです。しかし、毎日のようにガンガンガンガンぶつかられると、家具や壁に傷がついてしまいそうで不安ですよね。そのような方におすすめしたいのが、衝突防止機能付きのロボット掃除機です。

衝突防止機能があるロボット掃除機は、センサーによって家具などの障害物を察知し、衝突直前に速度を落として衝撃を和らげるというものが多いです。しかし、中にはカメラが付いているために家具や壁などに全くぶつからずに掃除をしてくれる高度なロボット掃除機もありますよ。

ロボット掃除機の選び方

部屋の環境に合わせて選ぶ

家具の下の隙間が多いならスリムタイプを

通常のロボット掃除機は高さが10cmほどですが、スリムなものは5~7cmほど、中には3cm未満のものまであります。数cmの脚が付いたチェストやテレビ台などの家具を部屋にたくさん置いているという方には、本体の高さがそれほど無いスリムなロボット掃除機がおすすめです。

障害物が多いなら小回りの利く小さなものを

部屋に狭しと家具や装飾品を置いているなら、体の小さなロボット掃除機を選びましょう。ロボット掃除機というと直径35cm前後のものが多いですが、中には直径25cmほどの小さなものもあります。狭くて複雑な形の床でもスイスイお掃除してくれますよ。

外出の頻度によって選ぶ

外出の頻度が高いならタイマー機能があるものを

家にいる時間がほとんど無いという方には、タイマー機能があるロボット掃除機がおすすめです。時間を設定すれば、毎日決まった時間に掃除をしてくれます。特にアプリで操作できるものは、曜日によって時間を設定できるものもあるので、生活リズムに合わせて掃除をしてもらうことができます。

家にいることが多いならリモコンがあるものを

家にいる時間が多いという方でも、毎日しゃがんでロボット掃除機のボタンを押すのは手間だと感じることでしょう。そのため、リモコンなどが付いていて遠隔操作が可能なロボット掃除機を選ぶことをおすすめします。中には音声操作ができるロボット掃除機もありますから、是非検討してみてください。

ロボット掃除機のおすすめブランド・メーカー

iRobot(アイロボット)

ルンバはもはやロボット掃除機の代名詞

ロボット掃除機といえば「ルンバ」の名を思い浮かべるという人がほとんどでしょう。ルンバを手掛けるiRobotは、センサーやカメラ、Wi-Fi連携機能を持つものなど最先端のロボット掃除機を生み出しています。拭き掃除ロボット掃除機「ブラーバ」も人気急上昇中。床掃除は全てiRobotにお任せですね。

SHARP(シャープ)

関西弁にも対応できる音声操作機能搭載

iRobotのルンバにも引けを取らない機能を持つということでシェアを拡大しているのがSHARP「COCOROBO(ココロボ)」です。今話題のAIを搭載しているため、会話によって操作をすることができます。ちなみに、関西弁にも対応しているということで、関西圏の方もストレス無く使うことができますよ。

東芝

充電基地でゴミを回収してくれるのが魅力

ロボット掃除機の多くはダストボックスがゴミでいっぱいになるとその場で停止してしまいます。そのため、ロボット掃除機を探し回ることになるのですが、これが意外とストレス。しかし、東芝「トルネオ」は本体にゴミが溜まれば充電ステーションにゴミ出しをしてくれるので、ゴミ回収のストレスを感じることはありません。

ニトリ

家具だけではなくロボット掃除機もニトリにおまかせ

コストパフォーマンスに優れた家具を取り扱っていることで有名なニトリですが、最近では家電にも力を入れています。その中でも人気があるのがロボット掃除機「ルノン」。お手頃価格でありながら、タイマー機能や複数のお掃除モードを備える優れものですよ。

おすすめ&人気のロボット掃除機ランキング

一人暮らしにおすすめのロボット掃除機

iRobot-ルンバ690(45,000円)

本体ボタンだけではなくアプリでも操作可能

ルンバといえば高価なものが多く、一人暮らしには向かないと思う方もいるかもしれません。しかし、こちらのルンバ680は他のルンバより比較的安価に手に入れることができますよ。その上、他の機種に劣らない機能を備えているので要チェック。

Wi-Fiを使ってiRobotが提供するスマホアプリ「iRobot HOMEアプリ」に接続すれば、外出先からルンバを操作することもできますよ。こちらのアプリには1週間の掃除スケジューリング機能もありますから、日中部屋を空けることが多い多忙な若者の強い味方となってくれるでしょう。

東芝-トルネオロボVC-RVS2(60,696円)

ゴミ捨ての手間が掛からないのが魅力

ロボット掃除機は他の掃除機に比べて小型である分、ダストボックスがすぐにいっぱいになってしまいます。そのため、忙しい社会人の皆さんにとってはこれがストレスになってしまうかもしれません。しかし、トルネオロボVC-RVS2なら1か月近くゴミ捨てをせずに放っておくことができます。

充電台がダストステーションの役割を果たしているため、通常のロボット掃除機の倍以上の700mlのゴミを溜めておくことができるのです。また、タイマー予約機能も搭載しているため、曜日ごとに掃除を始める時間を設定することもできるのでとても便利ですよ。

ECOVACS(エコバックス)-DEEBOT(ディーボット)DM82(29,800円)

静かな音で近隣住民にも気兼ねなくお掃除

実は、ロボット掃除機も普通の掃除機と同じように独特のモーター音がします。そのため、朝早い時間や夜遅い時間にロボット掃除機を作動させると近所迷惑になってしまうことが多いです。しかし、DEEBOT DM82ならそのような心配は無用。静音モードにすればいつ掃除しても隣近所に迷惑をかけることはありません。

また、ダストボックスを水タンクに入れ替えてクリーニングパッドを取り付ければ拭き掃除をすることもできます。モニターがあるリモコンも付いているので、離れた場所からロボット掃除機を起動させることはもちろん、お掃除タイマーも簡単に設定できますよ。

日立-minimaru RV-DX1(50,980円)

コンパクトボディで丁寧にお掃除

家具や家電を置いたら、狭い部屋がもっと狭くなってしまったという人もいるでしょう。中には、ロボット掃除機が通るようなスペースすら無いからと諦めかけている方もいるかもしれません。しかし、こちらのminimaru RV-DX1であれば狭い隙間にもスルスル入り込んでお掃除してくれますよ。

その気になる大きさは直径約25cmと非常にコンパクト。高さも9.2cmですから、10cmほどの高さがある家具の下ならぐんぐん入ってお掃除してくれますよ。ちなみに、コンパクトボディのためにおろそかになりがちな角の掃除も得意です。細かい場所まで掃除をしてほしいという方には特におすすめのアイテムですよ。

ILIFE(アイライフ)-ILIFE A4s(21,900円)

ミニルームモードにすれば効率よく掃除できる

他のロボット掃除機と比べて安価なだけではなく、多くの機能を備えていることで最近話題になっているのがILIFE A4sです。今どこを掃除しているかがわかる程度の静かなモーター音やタイマー予約機能、省エネできるミニルームモードなど一人暮らしに嬉しい機能が満載。

本体の厚さが7.6cmほどと、他のロボット掃除機と比べてスリムな部類に入りますから、ベッドやソファなどの家具の下のお掃除もお手の物です。また、1cmほどの段差なら乗り越えられるので、ラグやカーペットの上もしっかりお掃除することができますよ。

カーペットなど段差の多い部屋におすすめのロボット掃除機

iRobot-ルンバ980(109,800円)

カメラとセンサーで床に合ったお掃除モードに

現行のルンバの中でも最高級モデルであるルンバ980は、他のロボット掃除機とは一線を画す存在といえるでしょう。まず、掃除できる最大面積が112畳という一般家庭には有り余るほどのスペックを誇るのがこの機種の特徴として挙げられます。

そして、カメラやフロアトラッキングセンサーなどによってフローリングやラグ、畳などの床の素材を瞬時に判断。床に合った掃除モードに自動で切り替わり、独自の強力な吸引技術であるAeroForce(エアロフォース)クリーニングシステムによってどんな細かいゴミもしっかり吸い上げてくれますよ。

iRobot-ルンバ890(64,250円)

カーペットの埃も自慢の吸引力でしっかりお掃除

ルンバ980のワンランク下のモデルであるルンバ890は、これくらいのスペックがあれば十分だということでルンバシリーズの中で最も高い人気を誇っている機種です。ルンバ980と異なるのは、カメラが搭載されておらず、センサーによって部屋の状況を探りながら掃除をするという点くらいでしょう。

お手入れ要らずの毛が絡みにくい特殊なローラーが、カーペットの上の毛や埃もしっかり巻き取ってくれます。ちなみに、こちらもルンバ980と同様、特許取得済みのAeroForceクリーニングシステムを採用。ルンバ980と比べてお手頃価格でありながら、同じ吸引力でお部屋を掃除してくれますよ。

ILIFE-ILIFE A6(26,010円)

独自のブラシでカーペットのゴミをかき取る

毛足の長いカーペットやラグだと、埃や髪の毛などが絡みついてしまってお掃除が大変ですよね。特にペットを飼っている方はお手入れが大変だと感じているのではないでしょうか。そのような方におすすめしたいのがカーペット掃除の達人とも言えるILIFE A6です。

ILIFE A6はGen 2 CyclonePowerという独自の清掃システムを搭載。吸引だけではなく、「かきだし」「かきとり」という機能を使うことによってカーペット掃除の能率を高めているのです。また、カーペット掃除に適したシリコンブラシと剛毛ブラシを採用。まさにカーペット掃除の申し子と言えますね。

Neato Botvac(ネイトロボティクス)-D8500(48,068円)

細い毛もしっかり吸収してくれる

ペットの腰の負担に配慮してカーペットを敷いているというご家庭は多いでしょう。しかし、犬や猫の細い毛はカーペットに張り付いて普通の掃除機ではなかなか吸い取れませんよね。そのような悩みを抱えている方におすすめなのがNeato BotvacのD8500です。

ペットがいる家庭用のロボット掃除機という謳い文句で世に送り出されたD8500は、独自の二重らせんコンボブラシによってどんなに細い毛も取り逃しません。また、特許を取得したレーザー誘導テクノロジーによって部屋の形を把握して効率良く掃除してくれるので、節電したい方にもおすすめのアイテムです。

iRobot-ブラーバジェット240(29,799円)

カーペットをしっかり避けて床拭きしてくれる

カーペットやラグの上ではなく、その周りだけを掃除してくれるロボット掃除機をお探しの方もいるでしょう。そのような方にはブラーバジェット240をおすすめします。ブラーバジェット240は拭き掃除専門のロボット掃除機。乾拭きも水拭きもできる優れものです。

本体サイズは幅17.8cm、奥行17cmと非常にコンパクト。高さも8.4cmほどですから、ソファなどの家具の下もお掃除できますね。専用のパッドは3種類あり、それぞれ使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがあります。水拭き用の使い捨てタイプには洗剤が付いているのでよりきれいに掃除することができますよ。

狭い隙間も楽々お掃除できるおすすめのロボット掃除機

S-cubism(エスキュービズム)-SCC-R05(14,820円)

高さ3cmほどのスリムボディが魅力

家具の下の隙間というのは埃が溜まりがちですよね。そのような場所を重点的にお掃除してくれるのがS-cubismのSCC-R05です。厚さわずか3.2cmという驚異のスリムボディであらゆる家具の下に潜り込んでいくのがこのロボット掃除機の何よりの特徴と言えます。

実はこちらのロボット掃除機はスリムなだけではありません。「家具下重点モード」なる機能が搭載されており、家具の下に入ったことを感知すると徹底的に家具の下をお掃除してくれます。そのフォルムもロボット掃除機にしては珍しく四角いので、埃が溜まりがちな角のお掃除も得意です。

ECOVACS(エコバックス)-DEEBOT SLIM 2(24,800円)

スリムボディで拭き掃除も可能

厚さわずか5.7cmという魅力のスリムボディによって家具の下をも隈なくお掃除してくれるDEEBOT SLIM 2は、最近話題のロボット掃除機。なぜ話題になるかというと、掃き掃除だけではなく拭き掃除もすることができるからです。

ゴミをかき集めて吸い取った後、後部に付けられた清掃モップによって仕上げお掃除をしてくれるのです。ちなみに、こちらはWi-Fi機能が付いており、スマホアプリと連携させて進路を自由自在に操ることもできますよ。もちろん、起動させたり停止させたりすることもできるので、外出が多いという方にもおすすめです。

Xrobot(エックスロボット)-SLIMINI(スリミニ)(11,715円)

狭い空間を探し出して重点的にお掃除

家具の下の隙間を掃除するために生み出されたロボット掃除機であるSLIMINIは、驚きの低価格でありながら業界最薄の厚さ2.95mmのスリムボディを誇ります。スリムなボディだけではなく、ライトブルーとピンクのカラー展開も魅力的です。

しかし、ただただかわいいだけのロボット掃除機ではありません。家具下重点モードにすれば、家具の下に入って行って集中的にお掃除します。また、電池が消耗してきたら、超音波センサーを使って家具の下から出てきて止まってくれるので、家具の下で迷子になることはありません。とても賢いロボット掃除機です。

ECOVACS-DEEBOT SLIM DA60(19,800円)

キュートな見た目で隙間に入り込む

ホワイト×グリーンの色合いがキュートで魅力的なDEEBOT SLIM DA60。その魅力はインテリア性に富むという点だけではありません。厚さ5.7cmのスリムボディで家具の下の隙間にぐんぐん潜り込んで行ってお掃除してくれます。

家具の下に潜り込む際、家具の脚にぶつかって傷をつけてしまわないかとハラハラする人もいるかもしれませんが、DEEBOT SLIM DA60なら大丈夫。高精度の衝突防止センサーによって衝突を回避し、絶対に家具を傷つけません。また、リモコン操作も可能なので、離れた場所から手軽に操作することができますよ。

DOMO(デモ)-AUTO WIPER(オートワイパー)(5,980円)

家具の下の気になる埃もしっかり吸着

わずか5,980円という価格設定に驚いた方も多いでしょう。こちらのAUTO WIPERは吸引機能が無い分他のロボット掃除機とりもお値打ち価格になっています。では、どのように掃除をするのかというと、本体にくくりつけられたやわらかいモップでゴミを吸着するのです。

厚さが6.4cmとスリムであるため、脚のついたソファやベッドの下にも入り込み、そういった隙間に溜まりがちな細かい埃や毛をキャッチしてくれます。モップに付いた目立つ埃をコロコロなどで取ってあげるだけでOKですが、黒ずんできたら水洗いしましょう。モップは何度も洗って使えるのでとても経済的ですよ。

まとめ

ロボット掃除機では「ルンバ890」がおすすめ

Wi-Fi機能でスマホと連動し、どんな床のゴミでも協力に吸引してくれるルンバ890は、コストパフォーマンス面でも優れたロボット掃除機と言えるでしょう。今回はロボット掃除機の特徴や機能、おすすめのブランドやアイテムをご紹介しました。皆さんも是非、自分に合うロボット掃除機を選んでくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加