便利でおすすめの携帯ウォシュレット人気ランキング!【水圧強めも】

海外旅行をした時に、ウォシュレットがなくて不便だと思うことはないでしょうか。日本のトイレはウォシュレット付きのところが多いのであまり気にする必要はありませんが、海外はまだまだウォシュレット付のトイレは少ないです。そんな時は、携帯ウォシュレットを持っていくのがおすすめ。携帯ウォシュレットは旅行の時だけでなく、介護や災害用のウォシュレットとしても使うことができます。ペットや赤ちゃんに携帯ウォシュレットを使う人も。今回の記事では携帯ウォシュレットの種類や選び方、人気の携帯ウォシュレットをご紹介します。旅行時や非常用に携帯ウォシュレットが必要となる人は、参考にしてみてくださいね。




携帯ウォシュレットの特徴

旅先で手軽にウォシュレットが使える

海外にはウォシュレットのないトイレが多くあります。日本のウォシュレットに慣れてしまい、旅行時でもウォシュレットで洗浄したいという人は多いでしょう。カバンに収まるサイズの携帯ウォシュレットは旅行用にぴったり。ウォシュレットが浸透していない海外でも、手軽にウォシュレットを使うことができます。

介護や災害用のウォシュレットとしても

立ち上がることができない要介護者や、災害時に利用できるのも携帯ウォシュレットの魅力です。携帯ウォシュレットは介護者の肌に直接触れる必要なくお尻を洗浄することができるので、衛生面を気にせずにを使うことができます。携帯ウォシュレットは災害時にも大活躍。手軽にお尻を清潔に保つことができます。

携帯ウォシュレットの種類

操作が簡単な電動式の携帯ウォシュレット

電池式の携帯ウォシュレットは、ボタン一つの操作なので簡単です。電池があるのでその分少し重たくなりますが、十分携帯できるサイズで人気があります。商品の種類が多いのは電池式で、大手メーカーのものもあるので安心して使うことができます。

電池式の携帯ウォシュレットは、小さいながらも本格的なウォシュレットの効果を期待できます。家のトイレにウォシュレットがついていない場合は、携帯するためだけでなく日常的に利用すると携帯ウォシュレットのメリットを十分に享受できますね。

コンパクトで値段も安い手動式の携帯ウォシュレット

手動式ウォシュレットは、使いながら自分で水圧の調整ができるのが魅力です。軽くてコンパクトなものが多いので、旅行や災害時などで持ち運びをする場合は、手動式ウォシュレットが向いています。手動式ウォシュレットは、リーズナブルな商品が多いのもポイントです。

手動式ウォシュレットの中には、市販のペットボトルにノズルを取り付けるだけで利用できるものもあります。手動式ウォシュレットであればモーターの音を気にする必要がないので、携帯ウォシュレットを使っていることを知られたくない人におすすめです。

圧力やバネの力を利用する加圧式とバネ式

手動式では水圧が足りないという人は、圧力やバネの力を利用する加圧式やバネ式の携帯ウォシュットを利用すると良いでしょう。電池式携帯ウォシュレットに近い水圧が期待できますが、電池式よりもリーズナブルなのでバランスの取れた商品です。

加圧式やバネ式の携帯ウォシュレットは、ポンプで圧力をかけたりポンプのダイヤルを回したりと、利用前に準備が必要となります。手動式の携帯ウォシュレットよりは少し手間がかかりますが慣れれば使いやすいので、日常的に使う場合は手動式より加圧式やバネ式がおすすめです。

携帯ウォシュレットの選び方

水圧の強さによって選ぶ

強めなら電動式か加圧式・バネ式

携帯ウォシュレットを選ぶ際に重要な要素となるのが、水圧の強さです。一番強い水圧で使えるのは電池式で、加圧式やバネ式も電池式に近い水圧で利用できます。電池式携帯ウォシュレットの場合は、二段階で調整できる製品もあるのがポイントです。

使いながら調整したいなら手動式

使いながら手軽に水圧を調整したい場合は、手動式の携帯ウォシュレットがおすすめです。指で押す力で水圧が調整できるので、慣れない人でも簡単です。水圧は強ければいいというわけではないので、体に負担なく自分の好みの水圧を調節できる商品が良いでしょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

旅行用なら手動式の携帯ウォシュレット

旅行中は荷物が多いですし、いつもとは異なる環境で携帯ウォシュレットを使わなければいけないので、軽くて扱いが簡単なものが良いです。電池式は重たいですし、加圧式やバネ式は手軽さに欠けるので、旅行の際は手動式の携帯ウォシュレットが良いでしょう。

日常的に使うなら電池式の携帯ウォシュレット

介護や日常的に携帯ウォシュレットを使う場合は、電池式がおすすめです。ノズルの種類や水圧の調整ができる機能がついているので、かゆいところに手が届く商品です。災害時は電池不要で水圧も期待できる加圧式やバネ式の携帯ウォシュレットが活躍するでしょう。

携帯ウォシュレットのおすすめブランド・メーカー

TOTO

ウォシュレットを世に送り出した老舗メーカー

TOTOは、トイレのことなら右に出るものはいないと言われるほどの老舗メーカーです。ウォシュレットという名称はTOTOの登録商標で、初のウォシュレットはTOTOから生まれました。長年の実績に裏付けされたウォシュレット商品は、安心して使えるという声が多数です。

パナソニック

家電の大手メーカーが作るおしり洗浄器

電池式のウォシュレット商品の人気をTOTOと二分しているのは、パナソニックです。パナソニックは、おしり洗浄器という名称で商品を展開しています。生活に根ざした家電製品を多く持つパナソニックは、おしり洗浄器の分野でもユーザー目線に立っているのが特徴です。

シュピューラージャパン

医師の指導をもとに開発されたおしり洗浄器

シュピューラージャパンのおしり洗浄器は、医学会に所属する医学博士の指導のもと開発されました。医療用にも使えるようにと、医師と患者さんに何度も試してもらいながら出来上がったのがシュピューラージャパンのおしり洗浄器。20年以上愛されているメーカーです。

Viaes(ビアエス)

便利グッズを製造するメーカー

Viaes(ビアエス)は、生活に役立ちそうなアイテムを製造しているメーカーです。おしり洗浄器はコスパが良いのが特徴。きめ細やかなサポートでユーザーからの支持が厚く、楽天では10週連続で1位を取ったこともある人気メーカーです。

おすすめ&人気の携帯ウォシュレットランキング

機能が豊富でおすすめな電池式の携帯ウォシュレット

パナソニック-ハンディ・トワレ(6,546円)

かわいいデザインの多機能携帯ウォシュレット

パナソニックの携帯ウォシュレットは、キュートなカラーと洗練されたデザインが特に女性に人気です。本体はタンクの中にすっぽり収まるので、コンパクトで持ち運びには最適。ノズルに触ることなく出し入れができるので、衛生面も安心できる商品です。

水圧の強弱は手元のボタンで変えられ、ノズルは2種類を使い分けられると多機能なのもポイントです。国内及び海外の市販のペットボトルを取り付けて利用することもできるので、トイレでタンクに水を貯めるところを見られたくない人におすすめの電池式携帯ウォシュレットです。

Viaes(ビアエス)-おしり洗浄器(2,680円)

コスパの良い携帯ウォシュレット

Viaesのおしり洗浄器は、楽天のランキングで10週連続1位を獲得したことがある人気商品です。3,000円以下で買える電池式の携帯ウォシュレットはコストパフォーマンス抜群。スタイリッシュな形に生まれ変わって、本体とタンクを取り付けしやすく改良もされています。

全て国内で検品して商品を発送しているので、安心できるのもViaesのおしり洗浄器の特徴です。日本語の説明書や電話でのサポートなど、カスタマーサービスも充実していて他と差別化を図っています。防水機能のついた本体は全身水洗いが可能です。

TOTO-携帯ウォシュレット(6,100円)

カバンに納めやすい携帯ウォシュレット

TOTOの携帯ウォシュレットは、高さ13cmのカバンにすっぽりと収まるコンパクトなサイズが特徴です。無地の携帯用のポーチが付属されているので、携帯ウォシュレットを使っていることを周囲に知られることなく持ち歩くことができます。

洗浄ノズルは標準の3穴とソフトな5穴の2種類で、ワンタッチで簡単に切り替えるが可能。いずれも約20秒の連続吐水があるので、しっかりと洗浄することができます。単三のアルカリ乾電池一つで約50回使用できるという電池寿命の良さも魅力です。

Timin-携帯ウォシュレット(2,260円)

リーズナブルな携帯ウォシュレット

Timinの携帯ウォシュレットは、リーズナブルな電池式の携帯ウォシュレットです。電池式でありながら低騒音で、周囲に気を遣わずに携帯ウォシュレットを使うことができます。3,000円以下で電池式の携帯ウォシュレットが使えるという価格も魅力です。

ノズルは180度の可動式なので、好きな角度に固定して使うことができます。洗浄する水圧は強と弱の2段階で、弱は赤ちゃんのお尻洗浄にもおすすめです。吐水は60秒で自動的に止まるようになっているので、使いすぎることなく安心して使えます。

TRIPLE TREE-ウォシュレット小型(2,090円)

軽くて持ち運びに便利な携帯ウォシュレット

TRIPLE TREEのウォシュレット小型は、わずか300g以下という軽さが魅力の携帯ウォシュレットです。IPX6全身防水なので、全身を水洗いすることができます。携帯ウォシュレットに慣れていなく、汚してしまう恐れがある人にもおすすめです。

水圧の強さは強と弱の2段階で、手元で簡単に調節することができます。連続吐水は60秒で自動的に止まる仕組みとなっており、ウォシュレットの使いすぎを防いでくれます。180度に回転するノズルを使って、角度はお好みに調節して使いましょう。

取り扱いが簡単でおすすめの手動式や加圧式の携帯ウォシュレット

シュピューラージャパン-携帯おしり洗浄器 常備用(1,700円)

日米の特許を持つ元祖携帯ウォシュレット

シュピューラージャパンの携帯おしり洗浄器は、20年以上の歴史を持つ手動式の携帯ウォシュレットです。もともと医療用として使うことを目的に作られた携帯おしり洗浄器は、現在では400を超える医療機関で利用されており、日本大腸肛門病学会理事のお墨付きでもあります。

シュピューラージャパンの携帯おしり洗浄器の特徴は、独自に開発されたダブル噴射口からきりもみ状の水流により、少ない水でもきれいに洗浄することができる点です。日米で特許を取得しているという携帯おしり洗浄器は、長く愛されている元祖携帯ウォシュレットです。

TONELIFE-携帯用ウォシュレット(1,199円)

たっぷり大容量の手動式携帯ウォシュレット

TONELIFEの携帯用ウォシュレットは、450mlのたっぷりと使える容量と30gという軽さが特徴の携帯ウォシュレットです。十分な水量で洗浄できるので、水を追加する必要はありません。ボトルは柔らく、そのおかげで水量の調整がしやすい携帯ウォシュレットです。

使用するときは、ボトル部分とノズル部分を取り付けるだけなのでシンプルで簡単。TONELIFEのノズルはフラットな設計なので、水の飛び散りもなく安心して使用できます。本体はまるごと水洗いできるのでメンテナンスも楽々の製品です。

miyoshi-携帯用トラベルトイレシャワー(1,980円)

洗浄力十分の加圧式携帯ウォシュレット

miyoshiの携帯用トラベルトイレシャワーは、加圧式の携帯ウォシュレットです。日本語の説明書がついているので、加圧式とは言え取り扱いは簡単。30秒連続で使用することができ水圧も十分なので、洗浄力の期待できる製品です。

水圧と洗浄力のある製品でありながら、2,000円以下で購入できる価格も魅力です。小さいポーチが付属されているので、旅行に持って行くのにも便利な加圧式の携帯ウォシュレット。150gで持ち運びに便利な軽さなのもポイントです。

カシムラ-ポータブルウォッシュ(2,571円)

透明なタンクで水量を確認できる携帯ウォシュレット

カシムラのポータブルウォッシュは、ポンプ式の携帯ウォシュレットです。ポンプを押して空気を圧縮し、その力を使って水を噴射するタイプの携帯ウォシュレット。ポンプを押すのはワンタッチ操作なので、手動式のように使い方は簡単です。

タンクの容量は90mlで、タンクが透明なので水の減り具合を見ながら使うことができます。電池式と異なりモーター音は気になりませんが、圧縮する時に多少音が出るので音姫のようなトイレ用擬音装置を用いると良いでしょう。専用ポーチがついているので携帯用ぴったりです。

富士商-加圧式シャワーウォッシュ(1,382円)

リーズナブルな加圧式携帯ウォシュレット

富士商の加圧式シャワーウォッシュは、手動加圧式の携帯ウォシュレットです。ポンプを20回上下に動かして圧力をかけ、その圧力で洗浄する製品。容量は100ml程度で、透明のタンクから確認しながら使えます。洗浄時間は約10秒程度ですが、十分な水圧が期待できる携帯ウォシュレットです。

本体の重さは159gでコンパクトなので、携帯用として持ち運ぶのにも便利な加圧式携帯ウォシュレット。手動式よりもきちんと水圧があるのに、1,000円ちょっととリーズナブルな価格で購入することができるのは、富士商の加圧式シャワーウォッシュの優れた点です。

旅行や出張に便利でおすすめのコンパクト携帯ウォシュレット

シュピューラージャパン-携帯おしり洗浄器(1,600円)

発売されて10年以上のロングセラー手動式携帯ウォシュレット

日米で特許を取得しているシュピューラージャパンの、持ち運べるタイプが携帯おしり洗浄器です。コンパクトながら頑丈な製品で、構造が簡単なので長く使うことができます。中には5年以上使い続けている人もいるという、コストパフォーマンスの良い製品です。

シュピューラージャパンの携帯おしり洗浄器は、水濡れの心配がなく水を入れたまま持ち運ぶことができるので、旅行の際は重宝しそうです。回転する水流で少ない量でもまんべんなく洗浄することができます。お湯にも対応しているので、冬の旅行には大活躍です。

レック-携帯用おしりウォッシュ ソフト(2,200円)

ノズルの手軽に切り替えできる手動式携帯ウォシュレット

レックの携帯用おしりウォッシュは、女性でも扱いやすい柔らかいボトルが特徴の携帯ウォシュレット。高さ15cm、重さ30gのコンパクトな携帯ウォシュレットですが、手動で調節しながらたっぷり洗うことができるので旅行の際も安心です。

レックの携帯用おしりウォッシュは、ノズルは2種類使うことができます。ノズルを回すだけで1穴式かシャワー式かを選択できるので、手軽で便利な機能です。本体は水で丸洗いできるので、いつでも清潔に使えることができる携帯ウォシュレットですよ。

ライフテースト-トイレシャワー(852円)

価格と機能のバランスが取れた携帯ウォシュレット

旅行用にリーズナブルな携帯ウォシュレットを求める人には、ライフテーストのトイレシャワーがおすすめです。1,000円以下と安い価格で購入することができるので、電池式の電池がなくなった時のサブの携帯ウォシュレットとしてもおすすめです。

容量は150mlで手動式の携帯ウォシュレットとしては十分な水量です。30gなので軽量なので、登山をする人にも人気の携帯ウォシュレット。ノズルはカチッとはめるタイプなので、水漏れの心配もなく初心者でも安心して使うことができます。

小久保工業所-BotlLet(180円)

ノズルだけ買いたい人のための携帯ウォシュレット

旅行の際はとにかく荷物を軽くしたいという人には、小久保工業所のBotlLetがおすすめです。小久保工業所のBotlLetは市販されているペットボトルにノズルを取り付けるだけの簡単設計。ノズルはペットボトルの中に収納できるので、持ち運びもとてもコンパクトです。

清潔さの面で同じボトルを使い続けることに不安がある人も、小久保工業所のBotlLetだと安心。気になったタイミングでペットボトルを取り替えれば良いので、いつでも清潔な状態で使えます。ペットボトルの水の量で水量を自由に調節できるのも評価のポイントです。

ゴーウェル-トイレシャワー(1,058円)

かわいいカラーの手動式携帯ウォシュレット

ゴーウェルのトイレシャワーは、水筒のようなカラフルなカラーが人気の携帯ウォシュレットです。コロンとしたフォルムは携帯ウォシュレットさがないので、携帯ウォシュレットの持ち運びに抵抗がある女性にもおすすめ。カラーはホワイト、ブラックの他にネイビーやピンクが選べます。

ゴーウェルのトイレシャワーは高さが15cmで、持ち運びに便利なサイズ。専用のポーチは付属品です。水漏れ防止のキャップがついているので、水漏れで手や服を汚さずに使い切ることができます。1,000円前後というリーズナブルな価格も旅グッズとしてぴったりです。

まとめ

携帯ウォシュレットではパナソニックのハンディ・トワレがおすすめ

今回の記事では携帯ウォシュレットをタイプ別にご紹介しました。携帯用とは言え、ウォシュレットに水圧は欠かせません。携帯ウォシュレットにおいても水圧は重要な選定ポイントとなります。パナソニックのハンディ・トワレは電池式で十分な水圧があり、市販のペットボトルを取り付けて利用ができる点が優れている点。パナソニックのハンディ・トワレなら備え付けのウォシュレットに近い使用感を得ることができるでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加