おしゃれでおすすめの折りたたみ自転車人気ランキング!【軽量タイプも】

自宅から出掛ける時の移動手段として、出掛けた先で、自然や風景を自分のペースでサイクリングを楽しむ時など、普段使いから休日の趣味として幅広く活躍する折りたたみ自転車。自転車は車で入れない小道や路地などにも入ることができ、駐車場の心配もないので便利なだけでなく、健康維持の為にも使われる人気のアイテム。ここでは折りたたみ自転車の選び方、種類などを詳しくご紹介します。購入を検討している方もぜひ参考にしてくださいね。




折り畳み自転車の特徴

サイクリングだけでなく途中で移動手段を変更できる

一般的な自転車と折りたたみ自転車の大きな違いは折りたためてサイズをコンパクトにできる点です。行きは調子良く遠くまで出かけ、帰りは疲れてしまったという時にも電車やバスに乗せることができるので移動手段をその時の様子で変更でき便利です。

自宅に持ち運べるので盗難や気候の影響による劣化を防げる

折りたためることで場所を取らず、室内や玄関に気軽に持ち運ぶことができます。高価な折りたたみ自転車の場合、駐輪場に置いていると盗難の危険性も。また、屋根のない駐輪場に置いていると、雨風にさらされるのでさびの原因にもなります。安心して長期間快適に使用できるメリットがあります。

折りたたみ自転車の種類

ショッピングに便利なかご付きタイプ

折りたたみ自転車にはコンパクトさを重視する人も多いですよね。かごが付いていないものはその分小さく折りたためるので選びがちですが、買い物の際に使う場合は荷物を載せるかごが付いていると安全性が高まり便利です。ショッピングや荷物が普段から多い人におすすめです。

自転車のハンドルに大きな荷物などをかけて、左右に15㎝はみ出て走行すると東京都では交通ルール違反になります。荷物がある場合にはかごを利用しましょう。時々かごを利用する程度なら取り外しできたり、かごも折りたたみ可能なものもあるのでそのような形状のものを利用すると良いですね。

頻繫に折りたたんで持ち運ぶ方におすすめしたい軽量タイプ

折りたたみ自転車の重量は大体10kgから20kgのものが多いようです。車で持ち運びすることが多い人や、マンション、アパートに住んでいる人は、乗るたびに持ち運ばなくてはいけないのでなるべく軽量なものが負担にならずに便利です。

一般的なスチール製は15kgから18kg。それに比べカーボン製やチタン製のフレームは10kg以下の軽量のものが多くなります。10kg以下なら女性でも持ち運びやすく負担が軽減されますが、チタンやカーボン素材は加工のしにくさから価格が高くなる傾向にあります。カーボン性は衝撃に弱く割れてしまうことも。軽量折りたたみ自転車を検討する場合は、低価格なものを避け、有名メーカーのものやパーツのしっかりした自転車を選ぶと良いでしょう。

坂道を走るのに最適な変速ギア付きタイプ

折りたたみ自転車の中には変速ギアが付いているものも多く、3速から20速まで切り替えられるものも。普段使いで使用するなら6速もあれば十分です。ちょっとした上り坂、砂利道など、変速を利用することで足への負担が少なくなり快適に走行できます。

ロードバイクとして利用する場合には、8速程度のギアが付いているものがおすすめ。ギアの変速数が多いとペダルが重いと感じた時に細かくギアをチェンジすることができるので、ギアの変速数が少ないものに比べ、疲労を軽減できることになります。

折りたたみ自転車の選び方

重要視するポイントによってタイヤのサイズを選ぼう

コンパクトさを重視するなら8インチなどの小さいサイズ

折りたたみ自転車のタイヤのサイズはキックボードで使用される8インチのサイズから一般的な自転車と同様の26インチまで幅広いサイズが展開されています。タイヤ部分は折りたためないため、なるべく省スペースにまとめたい場合は小さなタイヤがおすすめ。小さいタイヤだとスピードが出ないと思われがちですが、ギア比によってスピードは変わるのであまり気にすることはありません。

乗り心地で選ぶなら16インチから26インチがおすすめ

小さいタイヤで影響が出てしまうのが乗り心地。段差などの衝撃は伝わりやすいので、悪路などで使用するなら16インチ以降のタイヤサイズを選ぶのがおすすめ。収納スペースが限られている場合は、タイヤのサイズを確認しながら選ぶといいですよ。

用途に合わせた折りたたみ方で選ぶ

スピーディーに折りたたみたい場合は2つ折りタイプ

折りたたみ自転車でスタンダードなタイプはフレームとハンドルを半分に折りたたむタイプです。前輪と後輪が重なり合い、折りたたむ前の約半分のサイズになります。折りたたむ箇所が少なく簡単に素早く折りたたむことができます。時間をあまりかけたくない人におすすめです。

電車やバスに乗せるならスリムな縦長折りタイプ

電車やバスなどの公共交通機関に折りたたみ自転車を持ち込みたい場合には縦長に折りたたむタイプが幅を取らないので邪魔になりにくくおすすめ。ただし、折りたたみ自転車をキャリングケースなどにいれ、完全に覆っていることが条件になります。電車に持ち込む場合はカバーも用意して出かけましょう。

折りたたみ自転車のおすすめブランド・メーカー

ルノー

フレーム素材が豊富で好みのものをチョイス

ルノーと言えばフランスの自動車メーカーですが、自転車も公式ライセンス受けたメーカーが企画、販売しています。自動車同様に高品質洗練されたデザインが特徴です。フレーム素材には軽量なアルミ、カーボンなどが使われているものも多く、10kg以下の折りたたみ自転車のラインナップが豊富。軽量タイプをお探しの方にもおすすめのメーカーです。

ダホン

35年以上世界中から選ばれ続ける老舗折りたたみ自転車メーカー

ダホンはアメリカの折りたたみ自転車を専門に取り扱っているメーカーです。35年の歴史を持ち、現在でも多くの折りたたみ自転車で採用されている折りたたみシステムはダホンが発明したシステムです。今でも日々最先端技術を取り入れ、進化をし続けています。

キャプテンスタッグ

リーズナブルな価格で豊富な種類から選べる

日本のパール金属株式会社が運営しているアウトドアメーカー。購入しやすいリーズナブルな価格と、使いやすいアイテムが特徴。折りたたみ自転車は荷物を運ぶのに便利なコンテナが付いているモデルや厳しい基準をクリアした自転車のみが認められるBAA認定モデルなど機能性や安全性を重視した自転車が揃っています。

ドッペルギャンガー

スタイリッシュで個性を出したい人におすすめ

自転車やバイクを専門に扱う日本のメーカーです。折りたたみ自転車のタイヤは14インチから20インチを展開しています。コンパクトさ、乗り心地など優先したい要素を選ぶことができます。折りたたみ時にコンパクトサイズになる商品には専用収納ケースが付いていたりと使う人のニーズを考えられています。

おすすめ&人気の折りたたみ自転車ランキング

かご付きでおすすめの折りたたみ自転車

AIJYUCYCLE-20インチ折りたたみ自転車(8,880円)

折りたたみは2重ロックで安心

低価格な折りたたみ自転車ながら、あると便利な機能が最初から付いています。かごはフロントに、夜間の走行に安心な反射板やLEDライト、盗難防止用のワイヤーロック錠も付いているので購入したら夜間でもすぐに使用できます。

走行時、ペダルの重さを6段階で調整できるので、坂道でも走行しやすくなっています。ハンドルとサドルが同色に配色されているのでセンスの良さもポイントです。手軽に折りたたみ自転車を購入したい人におすすめ。

LUCK store-カゴ・リアサスペンション付き折りたたみ自転車(14,800円)

ビビットカラーが個性的

タイヤやケーブル、サドル、グリップが鮮やかなカラーで統一されており、フレームとの色合いがとてもおしゃれ。ほかの人とは違うものが欲しい人におすすめ。5色展開されているので好みの色を選んだり、色違いで家族や友人と購入するのも楽しみのひとつ。

見た目だけでなく20インチタイヤやリアサスペンション搭載で、乗り心地が良いのも特徴です。ギアは6段変速で、グリップシフトなので握りながらギアを変えられます。見た目にもすっきりです。前後に泥除けが付いており、悪天候でも安心です。

フォルクスワーゲン-折りたたみ自転車(26,556円)

上品で優しいフォルム

Volkswagenのロゴが特別感を醸し出しているこちらの折りたたみ自転車。前にはしっかりとしたフレームのかごが付いています。フロントフォークがカーブしているので曲がるときにもタイヤの動きが穏やか。

フレームのメインチューブが低めに設計されているのでまたぎやすく、背の低い女性でも難なく乗りやすくなっています。サドルのクッションは固すぎず、座り心地も優しい印象。女性の街乗りにもおすすめです。

グラフィス-折りたたみ自転車(9,999円)

必要に応じたかごの使い方ができる

この自転車のかごは折りたたみ式で本体ハンドルに引っ掛けて底部分をはめるだけで簡単に着脱できます。さらにほかの折りたたみ自転車に比べると上の方に付けるタイプなので、腰を曲げずに荷物を入れやすくなっています。

普段はあまり荷物がない、でもかごは時々使いたいという人におすすめ。折りたためるかごは収納時もスマートに収納できます。ワイヤーロックやLEDライトも付いています。買い足さずに夜間走行が可能で盗難の心配もありません。

THEREE STONE-かご付き20インチ折りたたみ自転車(14,800円)

グリップシフトギアが操作性抜群

清潔感のある白のフレームに4種類のポップなカラータイヤから選べます。タイヤと同色のサドル、ハンドルは統一感があり、センスの良さが一目でわかります。駐輪場で探し出しやすいのもメリットのひとつ。人と同じではなく個性を出したい人にもおすすめ。

フロントには横31㎝、縦26㎝、高さ16㎝、のかご、リアにはデザインキャリアも付いているので荷物を載せたい場合には前後に乗せることができます。折りたためて、尚且つ荷物も載せて運びたい時に重宝する折りたたみ自転車です。

軽量でおすすめの折りたたみ自転車

ルノーULTRA LIGHT(47,559円)

自動車メーカ―の信頼と確かな技術

ペダルとスタンドを除いた重量が7.4kgと大幅に10kgを切る軽量折りたたみ自転車です。女性でも簡単に持ち運ぶことができ、車や電車での旅行でも現地まで持っていき、サイクリングを楽しむことも可能です。車輪が小さいので悪路には向いていませんが、軽量なので上り坂も比較的軽快に登れます。

タイヤサイズが小さい分、折りたたんだサイズも長さ69cm×厚さ33cm×高さ59cmと折りたたみ自転車の中でもコンパクト。駅の大きなロッカーにも形状によっては入れておくことができるので出先で荷物になると感じた際にはロッカーに預けることもできます。

キャプテンスタッグ-アルミフレーム折りたたみ自転車(21,050円)

シンプルなデザインで性別関係なく好まれる

軽量のアルミをフレームとパーツに使用し、10.2kgの軽量化が実現しました。16インチのタイヤには大きめのギアが付いており、一般的な折りたたみ自転車のギアより30%大型になります。そのおかげで小さなタイヤでもしっかり走行できます。

よく効くVブレーキにパワーモジュレーターを搭載。自転車に不慣れな人が急ブレーキをかけても効きすぎず、マイルドなブレーキの効きでコントロールしやすくなるのがポイントです。スプリング付きのサドルが乗り心地も良くしています。

ターン-LinkA7(46,656円)

オールブラックの高級感

シックな印象の大人な印象の折りたたみ自転車です。重さ11.8kg 。サドルの高さが26㎝、ハンドルの長さが12㎝稼働するので体格に合わせて最適な高さに調節できます。タイヤは20インチでダブルウォールリムを搭載。一般的なシングルウォールに比べ頑丈にできています。

ギアはハンドルグリップシフト仕様。握ったままギアの変速をおこなうことができます。ギアは7段変速と細かく切り替えられるので大きめのタイヤも相まって坂道、砂利などの悪路でも快適に走行できます。乗り心地と丈夫さで選びたい人におすすめ。

ダホン-VybeD7(40,423円)

35か国で選ばれる確かな品質

折りたたみ自転車専門メーカー、ダホンの折りたたみの中でアルミフレームの軽量シリーズがVybe D7です。泥や石はねを防ぐマッドガードが前後に付属。ギアは7段変速と街乗りであると嬉しい機能はしっかり備えられています。

カラーは4色から選べます。色によって印象がそれぞれ異なるので好みの色で選ぶことで愛着がわきそうです。11.9kgなので折りたたんで移動するのも負担になりにくく、マンションやアパートにお住まいでも手軽に部屋まで持ち運ぶことができます。

ドッペルギャンガー-HakoVelo(40,408円)

充実の付属品で持ち運びに最適

14インチのタイヤでコンパクトさを重視した折りたたみ自転車です。専用のキャリーケースが付いており、ケースに完全に収納することが可能。電車や飛行機などにも持ち運ぶことができます。組み立て時には工具不要でさっと広げて乗ることができますよ。

専用のキャリーケースは大きなロッカーにも入るサイズ。外出時、自宅でも収納場所を大きく確保する必要がなく収納しやすくなっています。小さなタイヤでもサドルの高さ900mmまで調整可能なので大人でも快適に走行できます。

変速ギア付きでおすすめの折りたたみ自転車

ARCHNESS-折りたたみ自転車(11,980円)

コスパが良いスタンダードタイプ

低価格ながら、シマノ製の6段変速ギアが搭載している折りたたみ自転車です。20インチの大きめタイヤなので段差や砂利道でも振動が伝わりにくく、坂道もギアを変えながら使用することで快適に走行できます。

LEDライトやワイヤー錠も最初からセットになっているので後から買い足すことなく夜間走行や駐輪場を安心して利用できます。平坦で整備された道だけでなく坂道、段差のある環境で折りたたみ自転車を使用したい人におすすめです。

ACE BUDDY-アルミ折りたたみ自転車(17,800円)

ハンドルシフトに物足りない人に

アルミ製の折りたたみ自転車です。ギアは6段変速で、指でレバーシフトするサムシフトタイプ。グリップシフトにありがちな悪路での誤作動がなく、壊れにくい特徴があります。サムシフトギアの折りたたみ自転車をお探しならおすすめです。

16インチタイヤはコンパクトでありながら乗り心地に影響しにくいほど良いサイズ。ハンドルを折り曲げて折りたたむので、横750×高さ510×幅380と小さく折りたためます。室内の省スペースで保管が可能です。

ドッペルギャンガー-ASSAULTPACK (35,199円)

使いやすさと見た目の良さを考えたフレームデザイン

ドッペルギャンガーのアルミフレーム折りたたみ自転車です。スチール製に比べて軽量でペダルなどを含めず12.4kg。成人男性ならもちろん、女性でも難なく持ち運べる重さです。フレーム中央部分には3つのホールがあり、デザイン性が良いだけでなく、持ち運ぶ際、取っ手のように持ちやすいのも特徴です。

ギアはシマノのレバー式7段変速ラピッドファイヤ―を搭載。グリップタイプで物足りない人、クリック感を得たい人におすすめ。7段階で変速できるので街乗りはもちろん、砂利道や坂道も快適に走行できます。

スウィツスポートテック-AIGLE(28,186円)

スポーティーなフォルムで悪路でも安心

マウンテンバイクのようなフォルムで、26インチの大きめタイヤが特徴的な折りたたみ自転車です。ギアはリア6段フロント3段の18段変速です。細かな変速が可能でロードバイクとして使用するのもおすすめ。

前後にあるサスペンションシステムにより、衝撃を吸収し、走行中の負担を軽減します。コンパクトさよりも乗り心地や安定感が充実した折りたたみ自転車です。長く多くの人に愛されるロングセラー商品です。

シボレー-カマロ(20,607円)

アグレッシブな走行が可能

シボレーカマロは、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで生産、販売している車の名。ブランドイメージをそのまま受け継いだデザイン性の高い折りたたみ自転車です。ヘッドにはシボレー、フレームにはカマロのロゴがそれぞれ付属。シボレー好きにはたまらないこだわりのデザインです。

ギアは、フロントギア3枚、リアギア7枚、21段変速を搭載。長時間のサイクリングにも負担をかけにくい細かな変速が可能です。ギアは安心のシマノ製で操作がしやすいサムシフトとなっています。変速ギアにこだわりたい人にもおすすめです。

まとめ

折りたたみ自転車ではダホンの「VybeD7」がおすすめ

折りたたみ自転車は折りたたみやすさ、持ち運ぶ時に負担にならない重量がポイントになります。ダホンのVybeD7はハンドルとフレームを半分に折りたたむ簡単操作で折りたたむことができます。フレームはアルミフレームなので11.9kgと比較的軽量なのも魅力的です。ここでは折りたたみ自転車の選びかた、おすすめのメーカーや商品を詳しくご紹介しました。折りたたみ自転車を購入の際は参考にしてみてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加