おしゃれでおすすめの着る毛布人気ランキング!【かわいいポンチョタイプも】

着る毛布

肌寒い冬にはどんな防寒対策が最適なのか悩む方も多いのではないでしょうか。手軽に暖かさを感じられて、あまりお金もかけたくないというのが理想ですよね。そんな方には、まるで毛布に包まれた暖かさを感じられ、アウターとしてもルームウェアとしても活躍でき、コストパフォーマンスがよい着る毛布がおすすめです。今回は、そんな着る毛布の種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。寒い冬を快適に過ごしたい方、着る毛布選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。




着る毛布の特徴

寒いときにはいつでも羽織れて動いてもはだけない

すぐに羽織って暖をとることができるので、温度管理がしやすいです。マイクロファイバーやブランド独自の発熱素材が使用されているものが多く保温性が高いので、暖房器具を使う頻度が減りますよ。ボタンや腰紐がついているので、はだける心配もなく、家事をするにも最適です。

汚れたり汗をかいたりしてもすぐに洗えるので使いやすい

洗濯可能なものが多く、毎日安心して使うことができます。着る毛布の素材は断熱性に優れたマイクロファイバーが多いのですが、この素材は速乾性があるので冬の洗濯も問題ありません。洗濯方法としては、長持ちをさせるために洗濯機のソフトモードで洗い、乾燥機の使用は避けましょう。

着る毛布の種類

ガウンタイプ(丈の長さが調整でき着脱しやすい)

ガウンタイプは腰紐がついているので、着丈の調整がしやすくなっています。丈が長めのものが多いので、全身を温めてくれ室内でリラックスをするときなどに最適です。最近では、バスローブ兼用と書かれているものもあり、バリエーションが豊富です。

ガウンタイプの最大の魅力は着脱しやすいというところです。ボタンやファスナーではなく、腰紐だけで固定されているので外しやすく、急な来客の際にも慌てずに対応できます。また、ゆったりとしたデザインが多いことから、毛布としても活躍するでしょう。

ポンチョタイプ(ゆったりとしていて見た目もかわいい)

たっぷりと余裕があるのがこのポンチョタイプです。首元までしっかり温めるデザインのものが多く、1度着てしまえば簡単にはだけてしまうことはありません。ただ、袖がなく、広がるタイプのものが多いため家事をする際には向いていません。よく動くという方にはルームウェアタイプがおすすめです。

ポンチョタイプの魅力はなんといってもデザイン性です。ガウンタイプやルームウェアタイプと比べると、女性的で可愛らしいものが多いため部屋着としても最適です。また、ふわりと広がることから、床暖房と併用すると熱を逃さず快適に過ごすことができます。

ルームウェアタイプ(長すぎずアウターとしても使える)

丈が長過ぎず、動きやすいのがルームウェアタイプです。3タイプの中で1番人気のある商品と言えるでしょう。家事をする人にも最適の着る毛布となっています。シンプルなデザインのものも多いので、女性だけではなく男性も着られる商品です。

ルームウェアタイプの魅力は、ちょっとしたお出かけにも最適という点です。お家でゆっくりしていたけど、急にアイスが食べたくなったなんて時にもすぐに外出することができます。着る毛布独特のモコモコ感がとてもおしゃれですよ。

着る毛布の選び方

肌触りや保温性など着る毛布の素材で選ぶ

とにかく寒さをしのぎたいならマイクロファイバー

とにかく暖かいものがいいという方には、マイクロファイバー素材のものがおすすめです。マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルが素材の化学繊維です。細ければ細いほど吸水性が高くなるのですが、マイクロファイバーはなんと髪の毛の100分の1しかない細さです。最近では更に加工をされていて、軽くて保温性が高く速乾性もプラスされています。

手触りがいいものを選ぶならフランネル生地

肌触り重視の方にはフランネル生地がおすすめです。フランネル生地とは軽くて柔らかい毛織物のことを指します。弾力性、保温性に優れていて手触りもいいことから、赤ちゃんのパジャマにも使われています。ただ、熱に弱いので乾燥機の使用は避け、自然乾燥を心がけましょう。

着た時のサイズ感などデザイン性で選ぶ

家の中で動き回る方は丈が長すぎるものは避ける

例えば家事などで忙しなく動いている、なんて方には丈が長過ぎないものがおすすめです。購入する際には必ずサイズをチェックしましょう。活発的に行動したい方は着丈が150cmより短いものを選ぶと、足がもつれることなく快適に過ごせます。着る毛布はゆったりしたデザインが多いので、少し小さいかなと思うぐらいのサイズがちょうどいいですよ。

デスクワーク時に着るならつま先まで暖かいものを

何か座ったまま作業したい、くつろぎたいという形には着丈の長いものを選びましょう。足下までチャックやボタンがついていると冷気が入りにくいのでおすすめです。着る毛布と温かいスリッパがセットで販売されていることもあるので、チェックしてみて下さい。

着る毛布のおすすめブランド・メーカー

Groony(グルーニー)

着る毛布ブーム火付け役のブランド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

着る毛布といえばGroony(グルーニー)といっても過言ではないほど人気のブランドです。こちらの商品はホルムアルデヒドの肌質調査が行われています。ホルムアルデヒドは衣類の縮みを防ぐためになくてはならないものですが、その値が高いと発疹などの皮膚障害が起きることがあります。一般的な洋服にふくまれている基準値が20に対して、Groony(グルーニー)の商品は5以下という数値がでており、信頼性の高い商品であると言えるでしょう。今年は着る毛布の素材を使った寝袋も発売されています。

MODERN DECO(モダンデコ)

楽天ランキングで4冠を達成したブランド

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

楽天ランキングで、デイリーランキング、リアルタイムランキングにおいてのインテリア総合部門、寝具/毛布部門においての4部門で第1位に輝いています。それだけではなく、2017年までの着る毛布の累計販売枚数が40,000枚以上と輝かしい実績をもっています。これらは独自の厳しい人材採用試験をパスした人だけが商品作りに関わることができるという非常にストイックな企業方針によるものでしょう。

IRISPLAZA(アイリスプラザ)

いいものをお手軽価格でゲットできるCMでもお馴染みのブランド

インテリア用品、園芸用品、ペット用品など15,000点以上の豊富な品揃えを実現しています。また、アイリスプラザで対象商品を購入するとメーカー保証期間+1年の保証期間が無償でつきます。お得なキャンペーンをしていることも多いので、購入を検討される際には1度公式ホームページをチェックしてみて下さい。

mofua(モフア)

「心地よい暮らしを実現」を合言葉に多種多様なラインナップを揃えている

mofua(モフア)は寝具商品を扱っている株式会社ナイスデイのオリジナルブランドです。卸問屋を介さないため、高品質にもかかわらず低価格で販売が実現されています。Groony(グルーニー)同様、厚生労働省の定めるホルムアルデヒドの肌質検査を生地に行っています。検品専門スタッフによる厳しいチェックが実施されているのです。

おすすめ&人気の着る毛布ランキング

ガウンタイプでおすすめの着る毛布

IRISPLAZA(アイリスプラザ)-fondan 着る毛布 (3,010円)

さらりとした感触が特徴の着る毛布

乾燥しやすい肌を保護するために生地に保湿力の高い椿オイルとシルクプロテインが練り込まれています。このため、光沢感のあるさわり心地だけではなく、肌に潤いを与え、肌を保護するつくりになっているのです。また、フランネルファイバー(超極細繊維)と蓄熱繊維で作られているため、暖かい空気を逃がしません。

ガウンの丈を調整できるガウンベルトがついているので、プレゼントにも最適です。内側にはポケットが2カ所ついており、首元にはボタンが2個ついているので、環境に応じて体温調節をすることができます。静電気防止処理剤を生地に使用しているため、ストレスなく羽織れるでしょう。

ナイスデイ-HeatWarm 吸湿発熱着る毛布(2,980円)

+2度が叶う発熱素材HeatWarmを使用した着る毛布

この商品に使用されているHeatWarmは汗を吸収し熱に変える画期的な素材です。品質試験では+2.6℃もの発熱効果が証明されました。衣類のしわを防ぐために使用されているホルムアルデヒドの基準値が低いため、肌に優しく安心して着ることができます。

襟元までボタンがあり、裏地にはシープ調の生地が使用されているため、肌寒い日でもばっちりです。外側にはポケットがついており、袖丈は調整できるようにループがついているので音楽を聴きながら家事をするときにも邪魔になりません。

mofua(モフア)-着る毛布 ガウンタイプ(2,149円)

シルクを上回る超極細繊維がふわりと包み込む

カシミアやシルクより細い繊維でできているので、空気の層ができ暖かい体温を逃しません。そして暖かいのはもちろんなめらかな肌触りも実現されています。長めの着丈なので、足元が冷えるなんて心配も必要ありません。これが1枚あるだけで、寒い冬でもリラックスして過ごせることができますよ。

冬特有のぴりっと感じる静電気を防ぐために静電気防止加工がされています。静電気防止効果のある洗剤や柔軟剤を使うと、長持ちさせることができるのでおすすめです。自宅の洗濯機で洗うことができるので、衛生面でも安心して使うことができます。

QUEENHEAD(クイーンヘッド)-nukku-ヌック 着る毛布 ルームシューズ付き(2,980円)

カラーバリエーションが豊富で男女兼用なのが嬉しい

カラーバリエーションが驚きの20色なので、必ずお気に入りのデザインが見つかります。着る毛布だけではなく、もこもこのルームシューズもセットになっているのでとてもコスパのいい商品です。男女兼用なので、恋人同士や、家族内でも兼用して使うことができます。

従来の着る毛布に比べて薄手の素材となっているので、秋から春先までと長く使うことができます。またそのままパジャマとしても使うことができ、コスパの高い商品と言えます。保湿性に優れた素材と柔らかい手触りから、1度着てしまえば手放せなくなりますよ。

CozyAge(コージーエージー)-メンズレディース着る毛布(1,578~2,464円)

バスローブとしても羽織れるふわふわの着る毛布

着る毛布には珍しく、お風呂上りの濡れた体に羽織ることができるので湯冷めの心配なく快適に過ごすことができます。フランネル素材を使用しているのでチクチクした肌触りはなく、肌が弱い方にもおすすめです。男女兼用なので、結婚祝いのプレゼントにもいいかもしれません。

こちらの商品の特徴はなんといっても美しいシルエットです。タイト過ぎず、着ぶくれもしないという計算しつくされたデザインとなっており、女性らしさ、男性らしさが際立ちます。ポケットや腰紐もついているので機能性もばっちりですね。

ポンチョタイプでおすすめの着る毛布

モダンデコ-着る毛布 MOCOA 2017 モデル(3,990円)

新開発の暖かい素材がふんだんに使われた着る毛布

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

こちらの商品は新開発された吸湿発熱素材から作られています。体から出た汗を吸収してさらりとした肌触りを与えながら、温かい空気も作るというまさに一石二鳥な着る毛布なのです。プレゼントの際には特製のボックスで梱包されるので、喜ばれること請け合いですね。

丸洗いしても形が崩れないので、気軽に羽織ることができます。冬にぴったりのノルディック柄が発売されており、この冬をかわいく彩ってくれますよ。静電気防止加工がされているので、ノーストレスで快適に過ごせるでしょう。

mofua(モフア)-着る毛布 ポンチョタイプ(3,980円)

静電気防止効果で安心の着る毛布

冬のストレスの1つ、静電気が起きないような加工がされているので快適に過ごすことができます。プレミアムマイクロファイバーから作られているこの商品は、暖かい空気を含み、軽い手触りを実現しているので、この冬大活躍しますよ。外からの冷気も遮断されるので、ちょっとした外出もおっくうにならないでしょう。

男女兼用のこの商品は、かわいらしいものからシンプルなものまで様々なデザインがあるので、ペアルックが苦手な方も挑戦しやすくなっています。動きやすいのですが、座った時には足元まで隠れる着丈も魅力の1つです。そっと包み込む感覚に思わず夢中になってしまうでしょう。

徳綿寝装店-あったかポンチョ(3,499円)

動きやすいデザインなのにちゃんと暖かい

ポンチョタイプの概念を覆すデザインです。袖部分がカットされたことにより、家事など動き回る方にぴったりの商品となっています。ミンクタッチの柔らかい手触りと吸湿発熱化工がされているこのポンチョは、機能性が非常に優れています。抗菌、防臭加工もされているので衛生面でも安心の商品です。

そのままルームウェアとしても使えるようなかわいいデザインが特徴です。袖が短いので、下に着るインナーによってガラッと違う雰囲気を味わうことができます。首元まである長い襟、ポケット付き、お尻まで隠せるなどデザインだけではなく使い勝手もいい商品です。

ギギliving(ギギリビング)-ボアショールブランケット(3,780円)

ポンチョからひざ掛けまで幅広く使える着る毛布

ポンチョタイプが気になるけれど、手を出しにくいという方におすすめの商品です。普段着としても使えるようなデザインで、ポンチョとしてだけではなく、前をあけてストールのように着こなすこともできます。こちらが1着あるだけで、防寒はもちろんコーディネートの幅も広がるでしょう。

ふわふわなボア生地は寒い日にもってこいです。かさばらないデザインになっているので持ち運びにも困らず、旅行先での防寒具としても大活躍しそうです。前についてるボタンをはずすとブランケットにもなるので、車内においておいてもいいかもしれませんね。

エムール-ミンクファー(3,990円)

ふわふわのミンクファー生地が気持ちいい

普段着としても使えそうな着る毛布です。ふわふわのミンクファー生地を使用しているので、いつまでも触っていたいような質感になっています。ヒートスター素材によって、吸湿や発熱が実現され、見た目よし、質よしと文句のない商品です。袖がないので、肩に負担がかからないのも嬉しいですよね。

裏地はニット素材となっており、なめらかな肌触りです。折りたたむとひざ掛けにもなるので、1着持っていると便利です。また速乾性に優れた生地を使用しており、冬の洗濯も気兼ねなく行えます。フリーサイズなので、ゆったりと着ることができ、リラックスしたい日にぴったりです。

ルームウェアタイプのおすすめの着る毛布

mofua(モフア)-着る毛布 ルームウェアタイプ(3,229円)

冷えやすい首回りまで完全防備のパーフェクトな着る毛布

Amazonの着る毛布・かい巻きカテゴリでベストセラー1位の商品です。首元までボタンがあるので、冷気が入ってくる心配はありません。繊維がとても細かいプレミアムマイクロファイバーから作られたこの着る毛布は、冷気を防ぎ、暖かい空気を逃さないのでアウターとしても重宝するでしょう。

洗濯をしすぎて、せっかくの洋服が傷んでしまったなんて経験はありませんか?こちらの商品は毛足が程よい長さなので、繊維自体が絡みにくく、外的要因からの劣化を予防してくれています。また、軽量化も実現されているので、アウターだと重くて肩がこるなんて方にもおすすめです。

Life-f(ライフエフ)-毛布屋さんのつくった着る毛布(2,138円)

「寒くて毛布から出られない」という声から開発されたふわふわの着る毛布

もこもこのシルエットとフードが女性らしいこちらの商品は、「1枚のあたたかいブランケットを、そのままルームウェアに」をコンセプトに開発されました。主に寝具用品を取り扱っているブランドから販売された着る毛布なので、その暖かさはピカイチです。大きめのフリーサイズなのでゆったりと着ることができます。

マイクロファイバーが素材のこちらの着る毛布は、まさに毛布を羽織ってるといっても過言ではないほどの保温力があります。左右にポケットがついているので、ちょっとしたお出かけの際にも手ぶらで出かけることができます。洗濯ネットを使うと、自宅でも洗うことができますよ。

mofua(モフア)うっとりなめらかパフ ルームウェアタイプ(4,481円)

パフの優しい香りと高級感のある質感がポイント

思わずうっとりしてしまうような質感の秘密は、生地にローズヒップオイルが配合されているからです。なめらかな手触りと心地よい香りはこの商品ならではです。マイクロファイバーを使用したこの着る毛布は、裏面に起毛加工がされているので、ほっこり暖かくこの冬を過ごせるでしょう。

着る毛布には珍しく、伸縮性の高い生地を使用しているので、動きやすくリラックスした状態で過ごすことができます。かさばらないことから、このままパジャマとしても活躍するでしょう。男女兼用なので大切なあの人と過ごす時間のお供にいかがでしょうか。

システムK-マイクロファイバー着る毛布(2,480円)

羊の毛に包まれているような感覚になる

シープボアを生地に使用しているので、羊の毛に包まれているようなふわふわとした優しい安心感を感じるでしょう。裏生地や首元、襟までシープボアを使っているので、パーフェクトな暖かさに包まれます。1着あるだけで、寒い冬の朝にも圧勝してしまいますよ。

デザインが凝っているところも魅力の一つです。前についているボタンは洋服と同じ色なので、変に目立たず、どんなインナーとも合うようになっています。サイドには大きなポケットがついているので、外出先でも活躍しそうですね。静電気防止加工がされているのでストレスなく過ごせるでしょう。

エムール-エムールヒート 着る毛布(3,990円)

軽くて暖かい夢のような着る毛布

特殊素材EMOOR HEATを使用することで、着心地がよく、暖かい空気を持続させる効果が期待されます。+2℃の体温上昇が実証されていることから、この冬の強い味方になりそうですね。軽くて暖かいこの着る毛布は、シンプルながら大きなフードがついているので小顔効果が狙えたりと細やかな気配りがされています。

冬の洋服での1番の悩みは毛玉ができるということではないでしょうか。しかし、こちらの商品は8mmの長毛にもかかわらず、毛玉ができづらく、ほこりも出にくい作りになっています。静電気防止処理もされているのも嬉しいですね。ふわふわとした手触りにやみつきになりますよ。

まとめ

着る毛布ではmofua(モフア)の「着る毛布 ルームウェアタイプ」がおすすめ

着る毛布において最も重要な点は、なんといっても発熱性、そして保温性でしょう。一般的なマイクロファイバーが約16~20μmに対して、こちらの商品に使われているプレミアムマイクロファイバーは約8~10μmです。繊維は細ければ細いほど発熱性が高く、暖かい空気を逃さず、手触りもなめらかになります。この1着があれば非常に暖かく素敵な冬を過ごせそうですよね。今回は着る毛布についてブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。着る毛布をお探しの際はぜひ参考にしてみてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加