おしゃれでおすすめの間接照明人気ランキング!【配置テクニックも】

間接照明と聞くと、おしゃれなインテリアに取り入れられているイメージが強いですよね。ただ、間接照明にも大きさや形が様々で、どういったものをどう置けばおしゃれになるのかよく分からないという方も多いと思います。間接照明は、一つ取り入れるだけでお部屋がの雰囲気がグッと良くなる優秀なアイテム。今回は、部屋をおしゃれに見せてくれる間接照明の選び方や置き方、人気ブランドのおすすめアイテムをご紹介していきます。間接照明選びで悩んでいる方、間接照明の配置の仕方で困っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。



間接照明の特徴

置き方一つでお部屋の雰囲気が一変

お部屋に間接照明があるかないかで雰囲気がガラッと変わるのが、間接照明の特徴であり魅力。更に、配置の仕方でも様々な魅せ方がある奥深いアイテムです。同じ和室に同じ照明を置いても、天井を照らせば広々とした空間を楽しむインテリアに。和室ならではの背の低い家具に照明を当てれば、家具を主役とした凛とした雰囲気になります。

おしゃれなお部屋にする配置のテクニック

より一層部屋をおしゃれに見せるためには、間接照明で照らす範囲を考え配置を工夫すると良いでしょう。観葉植物や絵画、素敵なデザインの家具などのおしゃれなアイテムを目立たせるように照らしてあげると、それが良いアクセントとなっておしゃれ度が増しますよ。逆に、コード類などのインテリアに不要なものは照らしてしまわないよう注意が必要です。

間接照明の種類

スポットライト(壁や天井に光を反射させる)

スポットライトとは、壁や天井を照らして明るく見せる間接照明です。ライトヘッドが動くタイプが多いので、光を当てたい場所に向きを変えたり、光の当たり具合を調整したりすることが出来ます。クリップ式になっていたりするので、工事いらずで設置が簡単なのも人気の理由です。

どこか特定の場所を照らす目的で取り入れられるスポットライトは、使い方次第で様々なインテリアが楽しめます。テレビやソファなどの隙間を照らしたり、壁や天井に反射させて明るさをプラスするのが定番の使い方。他にも、お気に入りのアイテムを壁に向かって照らして、壁に移ったシルエットを楽しむ使い方なども素敵です。

テーブルライト(卓上に置いてワンポイントを照らす)

テーブルライトは、卓上型のコンパクトな間接照明。お勉強やお仕事などの作業用の机の上に置いたり、ベッド脇のサイドテーブルに置いたりして使われることが多いです。作業時の明かりとしての実用性もあり、インテリアの一部としても見栄えが良い人気の照明です。

コンパクトで場所を選ばず、手軽に飾れるテーブルランプはちょっとしたスペースにポンと置くだけでもインテリアのアクセントになります。ベッド脇に置いておけば、ホテルのような高級感のあるインテリアを楽しみながら、読書などをしてお休み前のリラックスタイムを堪能することが出来ますよ。

フロアライト(周囲全体を優しく照らす)

床置き型であり、間接照明の中では1番存在感の大きいタイプ。ライト周辺をまんべんなく照らし、周囲を優しい光で包みます。デザインや色調も種類が多く選択の幅が広いので、お部屋のインテリアに合わせたデザインのものが選びやすいです。

周囲をやんわりと照らしてくれるフロアライトは、リビングなどの広い空間との相性が抜群です。メインの照明で光が当たりにくい部屋の隅などに置くことで、サブの照明として明るさをプラスすることが可能。持ち運びも自由なので、模様替えをしても柔軟に対応出来ます。

間接照明の選び方

インテリアに取り入れてお部屋をおしゃれに見せる

置くだけで雰囲気が良くなるフロアライトは初心者におすすめ

デザインも機能も多種多様なフロアライトは、好みのデザインを選びやすく比較的インテリアに取り入れやすいです。フロアライト自体が持つポテンシャルが高いので、ただ置くだけでもお部屋の雰囲気がワンランクアップしたように感じます。どんな間接照明を選んだらいいか分からないという方は、まずはお気に入りのフロアライトを見つけてみてはいかがでしょうか?

スポットライトは部屋を広く見せる効果も

壁や天井に光を反射させると、反射した面が強調されて奥行きが広がったように見せてくれます。天井を強調すると、目線が上に行くため広々とした空間に。壁を強調すると横への広がりが出ます。空間コントロールもお部屋づくりの一部です。空間と家具のバランスを整えて、おしゃれな部屋に仕上げましょう。

照明の色調も重要なポイント

リラックスできる空間にするなら黄色がかった電球色

温かみのある黄色い電球は、気分を穏やかにさせるリラックス効果や料理をおいしく見せる効果があります。そんな電球色は、料理を食べながら家族だんらんをするリビングにぴったり。寿命の長いLEDライトのものなら、電気を良く使うリビングでも頻繁に電球を変える必要もありません。

自然光に近い昼白色は勉強などの作業用に最適

昼白色はハッキリとした明るさが特徴の白い光。黄色い光よりも細かい文字などが見えやすいのが特徴です。この利点が活かせる場所は、お勉強やお仕事などをする作業部屋ですね。作業中の補助照明をお探しの方は、昼白色の間接照明がおすすめです。

間接照明のおすすめブランド・メーカー

ニトリ

リーズナブルで多種多様な品揃え

日本ではトップクラスの知名度を誇る家具メーカー。良心的な価格設定でありながら、十分な品質を兼ね備えるニトリは、ぜひチェックしておきたいメーカーです。ニトリの間接照明は種類も様々。大きさやデザインも豊富なので、選ぶのも楽しいですね。

IKEA(イケア)

北欧モチーフのシンプルなデザインがおしゃれ

イケアは、シンプルで温かみのある北欧風アイテムが揃った人気メーカーです。イケアの店舗では家具の種類ごとにブースが分かれていますが、その中でもひと際目立つのがきらびやかな照明コーナー。イケアらしいシンプルなものから、スタイリッシュなものまで幅広く販売されています。

イサム・ノグチ

一つ一つ職人の手で作られたこだわりの照明

イサムノグチというブランド名は、世界的に活躍する日米ハーフのデザイナーのお名前から来ています。イサムノグチが手掛ける間接照明は、提灯から感銘を受けたノスタルジックなデザイン。和紙と竹ひごを使用し、一つ一つ職人の手によって作られたこだわりの作品となっています。

ルイスポールセン

計算された光のコントロールが魅力

1984年に創立された、デンマークの高級照明メーカー。高級感のある洗練されたデザインが魅力的ですが、その上には機能性も兼ね備えた数々のこだわりが見受けられます。視覚的に美しいだけでなく、良質な光を生み出すルイスポールセンの間接照明は世界中から絶大な評価を受けています。

おすすめ&人気の間接照明ランキング

スポットライトでおすすめの間接照明

IKEA(イケア)ーRANARP ウォール (4,380円)

どんなインテリアにも合うシンプルさ

クランプ式ランプとウォールランプ、2つの使い方が出来るスポットライトです。クランプ式とは、机などにクリップを挟み込んで固定する手軽な取り付け方法。ウォールランプはネジなどで壁に固定して取り付けるタイプのランプです。ヘッドライトが動くので好きな位置にライトを当てられます。

シンプルながらも少しアンティークな雰囲気のあるこちらのランプは、ナチュラルテイストのお部屋でも、装飾の多いレトロ調のお部屋でも馴染みます。どんなインテリアにもマッチする万能なデザインと、好きな位置にライトの向きを変えられる柔軟さで、インテリアの幅が広がります。

LUMOS(ルーモス)-ポップカラークリップライト (14,040円)

豊富なカラーバリエーションから選べるのが嬉しい

8色展開とかなり豊富なカラーバリエーション。カラーがこんなに選べるのは、間接照明の中ではとても珍しいです。カラーは赤や黄色といったポップな色から、黒やグレーなど無難な色まで取り揃えられています。アルミ素材で少し光沢があり、上質感を感じられます。

なんといっても好きなカラーを存分に選べるのが嬉しいポイント。ポップな明るいカラーは子供部屋などカラフルなお部屋に良く似合いそうですし、シンプルにまとめられたリビングに指し色で一つ取り入れるのも素敵です。作りたいお部屋の雰囲気に合わせてカラーを選ぶのが楽しいですね。

LUMOS(ルーモス)ーシーリングライト 電球付きタイプ (27,000円)

4つのライトでショップのような空間を演出

2連になったウッドセードの間と、セードの背面に空いた穴から光が漏れ出し、特徴的な光の差し込み方に。セードとは光の照射具合を調整するために覆われた傘の部分を指します。ウッド調のセードなので、モダンでありながら和の雰囲気も感じさせるデザインになっています。

ライトヘッドは全部で4つ。それぞれから幻想的差し込む光と、おしゃれなショップにあるような特別感のあるデザインで、お部屋の雰囲気を一気にレベルアップさせます。ライトがたくさん付いているので、狭いお部屋よりもリビングなどの広くて天井の高いお部屋に向いています。

ユーワーUpperLight-A (3,996円)

天井をほのかに照らす明かりが心地良い

まっすぐ一本に伸びたライトスタンドとアクリル樹脂で出来たライトカバー、余計なものが一切ないシンプルイズベストなデザインです。アクリル樹脂とは柔軟性のあるシリコンのような素材なので、誤って倒してしまったりしても割れる心配がないので安心です。

こちらのランプは天井を照らすタイプ。天井で反射した光は、ほのかながらも十分な明るさを持っているので、常夜灯の代わりにもなってくれます。常夜灯よりも柔らかな光が降り注ぐので、リラックスしたい寝室などに置くのもおすすめです。

快適ホームズーシスベックアッパー (13,880円)

3か所のライトで広々としたお部屋に見せる

3か所にライトが付いたアッパーライト。アッパーライトとは、それぞれのライトが壁や天井を別々に照らし、部屋を広く見せる効果もある間接照明の一種です。スタイリッシュなデザインを損なわないよう、スイッチは回転式のロータリースイッチになっています。

白と基調としたスリムなデザインに、ベージュのウッド調スイッチ。同じく白やベージュを基調とした北欧スタイルのインテリアにベストマッチです。シンプルでスッキリとしたお部屋に、更に3か所ライトがついた照明を置くことでお部屋をより広々とした空間に仕上げてくれます。

テーブルライトでおすすめの間接照明

エア・リゾームースタンドライト Fasla (3,380円)

天然木を使った北欧調のテーブルライト

3本脚の天然木を使ったライトスタンドと、ファブリックのライトカバーが特徴的。ファブリックとはインテリアによく用いられる布のことで、強い光源を優しい光に変換してくれる効果があります。ファブリックに包まれた穏やかな光は、お部屋を落ち着いた印象にしてくれます。

穏やかで温かみのある光は、見ているだけでなんだかほっとした気分にさせてくれますよね。そんなリラックス効果のあるライトは寝室やソファ横などにおすすめ。サイズも14cmとかなりコンパクトなので持ち運びも簡単です。リラックスタイムになったら傍に持ってきて、明かりを付けてあげると良いですよ。

IKEA(イケア)ーテーブルランプ (6,800円)

近未来的なデザインがクール

照明器具にはあまりない形の、テキスタイルシェードを取り入れたスタイリッシュなデザインです。テキスタイルとは、糸を組み合わせて織った生地のこと。テキスタイルシェードから溢れる光はクールな見た目とは裏腹に、ちかちかしない柔らかい光となっています。

最近では、2種類のインテリアを掛け合わせたミックススタイルも注目されていますよね。現代的なデザインながらも温もりを感じさせるIKEAの間接照明は、スッキリとした印象を残しつつ、ナチュラル素材を活かした北欧モダンスタイルにぴったりです。

louis poulsen(ルイスポールセン)ー テーブルスタンド照明 「PH3/2 TABLE」 (126,000円)

機能性とデザイン性の両方を叶えたい方に

3枚のガラスシェードでライトを覆い、グレアをなくしたテーブルランプ。グレアとは不快に感じる強いまぶしさのこと。3枚のガラスで光を効率的に反射させることでグレアを最小限に抑えています。ガラスは全てハンドメイドの吹きガラスというこだわりの一品です。

デザイン性の高い見た目に加え、しっかり明るくグレアも抑えられた十分な機能性を兼ね備えています。価格はさすがの高級ブランド品といったところですが、値段に見合った品質の高さ。一生もののテーブルライトをお探しの方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

louis poulsen(ルイスポールセン )-VL38 Table ラジオハウス テーブルランプ (62,000円)

シンプルながらも高級感のある洗練されたデザイン

約80年程前、デンマーク放送局のためにデザインされた歴史的なランプの復刻版です。純白のライトカバーに、高級感のあるゴールドのライトスタンド。至ってシンプルですが、1つ置くだけでお部屋全体に高級感が増す美しいデザインになっています。

当時の洗練されたデザインはそのままに、ライトは現代技術の代表LEDライトを採用しています。この高級感あふれるデザインにLEDの力が加われば、文句なしの一級品。近代的なモダンスタイルのお部屋よりも、アンティークな雰囲気のお部屋に置いた方が、この間接照明の魅力が引き立ちそうですね。

JILL STUART(ジル スチュアート)ーサイドランプ (11,550円)

まるで小さなシャンデリアのような華やかさ

ジルスチュアートは、コスメを中心とした小物や洋服など幅広いアイテムを展開するブランド。どれもプリンセスのようにキラキラした華やかなものばかりで、若い女性から絶大な人気を誇っています。そのジルスチュアートから販売している間接照明も、キラキラと輝く実に華やかなデザインです。

白を基調とした清潔感のあるベッドルームに置けば、一気にプリンセスルームのような特別間のある空間に早変わり。白とピンクのクリスタルがきらりと輝き、存在感を放ちます。品の良い可愛らしさにこだわったお部屋づくりをしたい方は、シャンデリア風のライトがとてもおすすめです。

フロアライトでおすすめの間接照明

BeauBelleーフロアライト ヴェレ (9,241円)

スタイリッシュなのにどんなインテリアにも合う万能さ

波打ったようなフォルムが特徴的なフロアライト。リモコンが付いており、オンオフはもちろん、調光も調色もリモコン一つで出来るようになっています。調光機能では、明るさを無段階で自由に調整可能。調色機能では、温かみのある電球色から爽やかな昼白色まで、利用シーンに合わせて変更が可能です。

一風変わったデザインですが、主張しすぎないシンプルさが良いですね。シンプルだからこそ、北欧風のインテリア、ミッドセンチュリースタイルやポップなスタイル、どんなインテリアにも馴染みやすいという利点があります。リビングや寝室、様々な場所で活躍してくれそうです。

イサムノグチーAKARI 「UF1-C」 スタンドランプ (23,000円)

イタリアの国旗のような斬新なカラー

上質な和紙を使って作られた間接照明。世界的に名のあるデザイナーであり製作者のイサムノグチは、照明器具のことを安易に照明とは呼ばず、一つ一つを作品と呼んで大切に作り上げているそうです。こちらはイタリアカラーがとても印象的な作品となっています。

スパイダーレッグと呼ばれる細いライトスタンドと、イタリアンなカラーリングがとてもスタイリッシュ。一つ置くだけでお部屋の主役にもなるような個性的なデザインです。このデザインが気に入った方は、この作品を中心にインテリアづくりをしてみるのも良いかもしれませんね。

イサムノグチーAKARI 「45A」 ランプシェード (10,000円)

和紙と竹ひごから作られる温かみのある作品

竹ひごの枠組みに和紙をまとった間接照明。イサムノグチの全シリーズよりも竹ひごの数が多く組み込まれており、より繊細な印象を与えます。提灯のような和風テイストを感じさせながらも、真ん丸にまとめられたフォルムはモダンな雰囲気も兼ね備える不思議なデザインです。

和紙と竹ひごという組み合わせに最も似合うのは、やはり和室ですね。和室にマッチするのはもちろんのこと、真ん丸のフォルムも可愛らしくおしゃれですので、和室をスタイリッシュに仕上げる最近人気のインテリア、和モダンテイストのお部屋にもぴったりです。

IKEA(イケア)ーSODER ガラス ペンダントランプ (9,780円)

お嬢様のお部屋にあるような可憐なデザイン

天井から吊るすタイプの間接照明で、ペンダントランプとも呼ばれます。ライトの上に付いた小さなお花のモチーフや、ライトカバーのキルティング模様が可愛らしい印象に。取り付け方は天井プラグに差し込むだけなので、女性でも簡単に取り付け可能ですよ。

キュートなのにどこか大人っぽいデザインが魅力的。一人暮らしの女性のお部屋など、可愛らしくエレガントな雰囲気のお部屋にぴったりですね。間接照明を天井から一つぶら下げるだけでも、お部屋の雰囲気がグッと良くなります。ペンダントランプもぜひチェックしてみて下さいね。

IKEA(イケア)ームーンライトランプ モンド (4,280円)

お月さまのような真ん丸デザインが可愛い

まるで満月を見ているような気持ちにさせてくれるフロアライト。夜道を照らしてくれる月明かりのように、しっかりと明るく柔らかい光が間接照明としての役割を十分に果たしてくれます。見ているだけで落ち着くムーンライトは、お部屋に幻想的な雰囲気をプラスしてくれます。

シンプルな丸という形は、卓上でも床置きでも見栄えが良く取り入れやすいデザインです。リビングや寝室の卓上といったベーシックな置き方はもちろん、廊下や玄関などの床に直置きしてもおしゃれな印象になって良いですね。ムーンライトで落ち着いたムード作りをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

電球色を使用したフロアライトタイプの間接照明がおすすめ

今回は、お部屋に一つ置くだけでおしゃれな雰囲気になる間接照明についてご紹介しました。用途に合わせて形や置き場所、色調を工夫することで、間接照明の持つ力をより一層引き出すことが出来ます。置くだけで雰囲気が良くなるフロアライトと、落ち着いた空間に仕上げる電球色は、誰でもインテリアに取り入れやすいおすすめの組み合わせでした。インテリアをもっと楽しみたい方におすすめの間接照明。気になるものがあった方はぜひチェックしてみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加