おすすめのフローリングモップ・フローリングワイパー人気ランキング!【水拭き・乾拭きも】

お家のフローリングのお掃除は、定期的にやらなければならないので中々大変ですよね。少し掃除しないだけで、くすみやホコリが溜まってしまうフローリングに苦労している方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ホウキやぞうきんを使うよりも楽に床掃除が出来るフローリングモップがおすすめです。既に取り入れているご家庭もあるかもしれませんが、ものによってはもっと便利な使い方がありますので、今回は使い方や選び方も合わせてご紹介していきます。もっとお掃除を楽にしたい方、フローリングモップの選び方で迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。



フローリングモップの特徴

騒音の心配がなく気付いた時にサッと使える

フローリングモップは手軽に拭き掃除が出来る利便性に優れたお掃除アイテム。専用シートやぞうきんなどをヘッドに取り付け、ホコリや汚れを拭き取ります。掃除機などのように騒音の心配や充電をしておく必要がないので、気になった時に好きなだけ使えるのが便利です。

掃き掃除から拭き掃除まで1つで簡単に出来る

フローリングモップはホコリやチリを掃きとるホウキの役割、水拭きや空拭きをするぞうきんの役割をそれぞれ兼ね備えています。掃除方法に適した掃除用具を用意すると使い分けや収納が大変ですが、フローリングモップなら1つでOK。お掃除の際の悩みがぐっと減りますね。

フローリングモップの種類

使い捨てタイプ(シートを別購入して併用)

使い捨てのシートを別購入して使うタイプのフローリングモップです。別売りのシートは除菌効果のあるものから、ワックス効果もあるものまで種類が様々。用途に合わせて最適なシートを手軽に取り換えることが出来るのが人気の理由です。最近では100均などでもシートの購入が可能になっていますよ。

汚れた部分を洗ったり乾かしたりする必要がなく、後処理が楽なのが使い捨てタイプの1番の魅力。面倒な作業を省けるのはもちろんですが、使いまわしだと雑菌の繁殖などが気になる方にもおすすめです。トイレやキッチンなど汚れが特に気になる場所では使い捨てタイプの方が安心ですね。

布クロス装着タイプ(洗濯出来るクロスを使用)

使い捨てのシートではなく、布のクロスを使うタイプのフローリングモップです。部屋数が多かったりお部屋が大きかったりすると、使い捨てのシートは何枚も必要になってしまいコストがかかってしまいます。その点、布製は洗って何度も使えるためとても経済的。コストを抑えたい方に人気の商品です。

頻繁に床掃除をする必要があるというご家庭におすすめなのが布クロスタイプです。例えばペットがいるお家や、小さなお子様がいるお家。食べこぼしや抜け毛などで床が汚れがちですよね。気が付いたときに必要な分だけお掃除が出来るのが布クロスタイプの魅力です。

一体型タイプ(モップと柄が外れず使いやすい)

一体型タイプは柄からモップ部分までが繋がっており、最も耐久性の高いフローリングモップです。ヘッドに汚れを絡めとる毛糸のような繊維がついており、洗って繰り返し使うことも可能。モップを洗って脱水まで出来るバケツがセットで付いているものが人気ですよ。

シートやクロスを取り付けるタイプだと、シートが外れたりずれたりするのが面倒ですよね。それに比べて一体型タイプは全て繋がっているので、凹凸の多いタイルのような床でもストレスなく使えます。キッチンや玄関など、凹凸のある床に使用したい場合にとてもおすすめです。

フローリングモップの選び方

床掃除はモップの重さによって力加減が変わる

重量感のある一体型タイプはしっかり大掃除に最適

軽い方がお掃除しやすそうなイメージもありますが、1kg程度の重みがあると床にモップをしっかり密着させて拭き掃除をすることが出来ます。一体型タイプは頑丈なので、力を入れても大丈夫。力を込めてしっかりと床を拭き上げたいという方は、比較的重みのある一体型タイプのものがおすすめですよ。

毎日のお掃除には軽めの使い捨てタイプがおすすめ

毎日の日課として軽くお掃除をするという場合は、軽量の使い捨てタイプがおすすめ。重たいものだと持ち運びも大変ですし、余計な力が入って疲れやすくなってしまいます。せっかく手軽なフローリングモップを使っていても、お掃除がおっくうに感じてしまいますよね。業界内での最軽量クラスは350g前後なので、目安にしてみて下さいね。

倒したときの高さやヘッドのサイズを考えて選ぶ

動かしにくい大型家具のデッドスペースにはヘッドの薄さと伸縮性をチェック

ソファやテレビ台の下の隙間は大体5cm程だと思いますので、柄を倒した時のヘッドの厚みが3cm以下になる商品を選ぶと、細かいところまでしっかりお掃除が可能です。また、ジョイントタイプで長さを調節出来るものもデッドスペースの掃除にぴったり。最大で1m以上になるロングタイプは、ベッド下など奥行きのある所にも最適です。

掃除するスペースに合わせてヘッドの大きさを選ぶ

掃除したい場所が開けたスペースなのか、狭いスペースなのかによって適切なヘッドサイズが変わってきます。リビングや廊下などの広いスペースならば、25cm程度の大きめのもので一気に拭き上げるのがおすすめ。家具の隙間やトイレなど細かいスペースならば、小回りの利く15cmの小さいヘッドを選ぶとお掃除の効率が上がりますよ。

フローリングモップのおすすめブランド・メーカー

スコッチブライト

家庭のお掃除用品ならおまかせ

スコッチブライトは、キッチン用品やバストイレ用品など様々なクリーニング製品を扱うメーカーです。清掃用品に特化したメーカーなので、フローリングモップの清掃性は抜群。ヘッドの回転の仕方や長さ調節の仕方など、床掃除がより快適になるような工夫がたくさんされています。

山崎産業

使いやすさを追求した機能性

山崎産業は家庭用の生活用品から、業務用の施設用品まで幅広い製品を開発しているメーカーです。清掃用品についても家庭用から業務用まで様々。業務用を扱っているだけあって、デザインよりも機能面に力を入れた商品が多いのが特徴です。

花王

カラフルさと華やかな香りが女子に人気

花王は化粧品や石鹸、清掃用品などの生活用品を多く取り扱う有名メーカーです。トップレベルの知名度を誇るクイックルワイパーは、花王から販売しています。専用シートやハンディタイプのクイックルワイパーなど、様々な利用シーンを想定した商品が目白押しです。

無印良品

インテリアにも馴染むナチュラルデザイン

雑貨から家具まで、シンプルで使いやすいデザインのアイテムを取りそろえているメーカーです。フローリングモップもインテリアの邪魔をしない非常にシンプルなデザイン。フローリングモップ専用ケースも取り扱っているので、セットで購入すれば魅せる収納が出来ますよ。

おすすめ&人気のフローリングモップランキング

使い捨てタイプでおすすめのフローリングモップ

花王ークイックルワイパー フィット&キャッチ 本体 (1,320円)

専用シートが豊富で使い分けもしやすい

使い捨てタイプのフローリングモップではトップクラスのシェアを誇っている人気商品です。クルクル柔らかヘッドという設計が特徴的。力がかかり辛いヘッドの真ん中まで渦模様の凹凸が施されており、シート全体を使って汚れをキャッチ出来るようになっています。

花王のフローリングモップは専用の使い捨てシートの種類がとても多いので、様々な利用シーンに合わせて最適な使い方が出来ます。中でも、華やかな香りの付いたシートが特に人気。お掃除ついでにお部屋の香り付けもしたいという方は、お気に入りの香りを探してみてはいかがでしょうか。

スコッチブライトーフロアワイパー ジョイントタイプ (1,287円)

長さを自由に変えられるジョイントタイプでお掃除を楽に

ヘッド部分と柄が5つのパーツに分解できるようになっており、柄の長さは4段階で調節が可能です。ヘッドは360度回転と抜群の可動性。ヘッドが自由に動くことで、いちいちハンドルを持ち変えたりすることもなくスイスイお掃除出来るようになります。

自分の伸長や掃除したい場所に合わせて、いつでも長さを調節出来るのが嬉しいですね。ジョイントタイプは伸縮タイプと違い、パーツが緩んで勝手に長さが変わってしまうようなことも少ないのが魅力。頻繁に長さの調節をしたいという方は、スコッチブライトの頑丈なジョイントタイプがおすすめです。

tidy(ティディ)ーフロアワイプ (6,804円)

木製のシックな風合いがおしゃれ

グリップ部分とヘッド部分に天然木を使用しているのが特徴的です。一般的なフローリングモップはほとんどがプラスチック製。それに比べてこちらは天然木を使用している分、とても上品で高級感のあるデザインとなっています。インテリア性を重視したおしゃれなフローリングモップです。

定期的に使うフローリングモップは、出来ればサッと取り出せる場所に置いておきたいもの。木目調のスタイリッシュなデザインは、お部屋に置きっぱなしにしていても自然とインテリアの一部になりそうですよね。生活感の出ないおしゃれなものを探している方にぜひおすすめしたい商品です。

ザウバーーフローリングワイパー (1,188円)

インテリアに合わせた本体カラーが選べる

フローリングモップ本体と、フローリングモップ専用ケースがついたお得なセット。本体は全4色、ケースには2色のカラーバリエーションが用意されています。ケースがあると収納の際に倒れたりせず、整頓された印象になるのですごく便利ですよ。

リーズナブルな価格ながら、カラーが選べるのが嬉しいですね。ピンクやブルーのPOPなカラーは、お掃除の気分を上げてくれそうな可愛らしいデザイン。クリーム色やブラウンならどんなインテリアにも合わせやすく、ケースに入れてお部屋に置いておいても、お部屋の雰囲気を壊すこともありませんよ。

だいた商会ーsmartミニフローリングワイパー (1,001円)

ミニサイズで細かいお掃除に最適

ヘッドは約18cm、柄は約40cmから64cmというかなりミニサイズのフローリングモップ。伸縮タイプの柄にはアルミ素材を採用しています。アルミは軽量でありながら丈夫なのが大きな特徴。ミニサイズのメリットをとことん活かせる軽い使い心地になっています。

コンパクトで軽いミニモップはちょっとした家具の隙間や部屋の隅など、狭いスペースの掃除にぴったり。ヘッド部分はソフトタッチのスポンジ素材になっているので、短い柄で力が入りすぎても床を傷つける心配がありません。細かいところまでしっかりお掃除したい方におすすめです。

布クロスタイプでおすすめのフローリングモップ

Bona(ボーナ)ーエクスプレスモップ (7,290円)

スプレークリーナー付きでべとついた汚れもおまかせ

柄についたスプレーボトルからクリーナーを吹きだす、画期的な仕組みになっています。クリーナーは100%生物分解性のものなので、残留成分もなくペットや小さなお子様がいるご家庭でも安心して使えます。クリーナーのカートリッジは詰め替え可能で経済的ですよ。

水拭きは使っているうちに水分がなくなったり、拭きムラが生じるのが悩みどころですよね。スプレータイプなら、必要な時に必要なだけ水分を噴射出来るのでそんな悩みも解決。効率的な水拭きで、床を徹底的にぴかぴかにしたい方はぜひチェックしてみて下さいね。

セトクラフトーアニマルフロアモップ (1,393円)

ぬいぐるみのようなヘッドで可愛く拭き掃除

ヘッド部分がくまやウサギといった動物のぬいぐるみになっている個性的なデザインです。ぬいぐるみの素材はマイクロファイバー。マイクロファイバーとは極細繊維からなる、吸着性や吸水性に優れたお掃除にぴったりの素材です。マイクロファイバーのぬいぐるみが、お腹を使ってしっかりと汚れを絡め取ってくれます。

キュートなぬいぐるみがお掃除を手伝ってくれるので、お子様なども喜んでお掃除してくれそうです。子供部屋などに置いておいても、お掃除用品に見えない可愛らしいデザインです。高さも約30cmほどと小さめなので、お子様のお掃除道具にぴったりですよ。

山崎産業ータフモッピー (5,480円)

機能性抜群の優秀なフローリングモップ

ヘッド裏には大小様々のゴムヘラが130個取り付けられています。その目的は、手拭きのぞうきん掛けのような力のかかり方を再現するため。ヘッド全体に力が分散され圧をかけることが出来るので、こびりついた頑固な汚れなどもしっかり落としてくれますよ。

拭き掃除の際の力のかかり方をはじめ、クロスのズレにくさやジョイント部分の安定感など、機能面においてトップクラスの性能を持っています。デザインや価格よりも機能性を重視したいという方には、山崎産業のフローリングモップがとてもおすすめです。

livease(リヴィーズ)ーコードレス電動モップ (19,440円)

電動でしっかり汚れを落としてくれる

充電式のコードレスフローリングモップです。電源を入れるとモップパッドが毎分約1000回振動し、汚れを浮き上がらせて効率的に汚れを落とします。LEDライトを搭載しているのも電化製品ならでは。暗い場所もライトで照らして楽にお掃除することが出来ます。

電源をつけなくても、普通のフローリングモップのように拭き掃除をすることも可能なので、状況に合わせて使い分けをすることが出来ます。汚れが特に気になる時には、振動するパッドとお水の力でしっかり汚れを落としてあげると良いですね。

SOFAGRAND(ソファーグランド)ーフレキシブルモップ (1,000円)

細かいところまでしっかり届く曲がる柄

フレキシブルモップという名前の通り、柄がクネクネと自由に曲がるようになっているのが最大の特徴です。曲がらない柄も付いているので、利用シーンに合わせて取り換え可能。モップのヘッドにはライトが付いており、隅々まで汚れをチェックすることが出来ます。

柄が柔軟に曲がるというのは、ありそうでなかった発想ですよね。家具の下や入り組んだ場所でも、辛い体制をせずに柄の力のみでヘッドを届かせることが出来ます。お掃除が面倒で、とことん楽をしたいという方はフレキシブルモップを使ってみてはいかがでしょうか。

一体型タイプでおすすめのフローリングモップ

日本クリンテックーカチカチモップ (1,480円)

バケツいらずでコンパクトに収納

カチカチモップという名前の由来は、グリップ部分をカチカチと回すことで水分を絞れるという仕組みから来ています。モップの糸は高い吸水性と吸着力のあるマイクロファイバー。また、一体型タイプの中では比較的軽量な460gという点も魅力的です。

一体型タイプだと、バケツの収納場所が確保できないという方にとてもおすすめです。通常の一体型フローリングモップは、専用バケツを使って水分を絞るのが一般的ですが、こちらはバケツがなくても大丈夫。手を汚さずにモップが絞れるのはカチカチモップならではですよ。

アイリスオーヤマー洗濯機能付き 360°回転モップ (3,821円)

面倒な後片付けも手を使わず簡単に

二槽式のバケツが付いており、モップを洗うことも絞ることも1台で出来るようになっています。それぞれに内部を回転させるペダルが付いていますので、水が溜まっている方で回転させれば洗濯に。脱水ザルにモップを入れて回転させれば、あっという間に脱水が可能です。

マイクロファイバーのモップでしっかり汚れを落とした後は、モップの洗浄も忘れてはいけない大事な作業ですよね。手を汚すこともなく、簡単に洗濯と脱水が出来るのはとても嬉しいポイント。お掃除の手間を少しでも省きたいという方は、二槽式のバケツが付いたものがおすすめです。

むろの屋-デザインモップ (3,542円)

モップとは思えないデザインの豊富さ

最高級マイクロファイバーを使用した高性能と、モップ部分の柄が選べる高いデザイン性を掛け合わせた魅力的な商品です。デザイン生地はデニム素材やアニマル柄、定番の花柄などとにかく種類が豊富。綿100パーセントの生地ですが、ラミネート補強がされているので必要に応じて洗濯が可能です。

なんといっても一番の魅力は豊富なデザインです。柄生地に合わせてマイクロファイバーの糸の色も変えられているのがおしゃれなポイントですね。ウッド調の柄とデニム生地の組み合わせなら、根強い人気の西海岸風インテリアにベストマッチですよ。

アズマ工業-トルネードスピンモップ (3,880円)

高速回転の水切り機能でバッチリ脱水

洗濯と脱水が出来るバケツが一槽にまとまったコンパクトな設計。一槽式のバケツは日本初上陸の画期的なアイテムです。トルネード回転と呼ばれる高速回転で、抜群の脱水力を発揮します。バケツの周りにはフチが付いており、回転時に気になる水ハネを防いでくれますよ。

一槽式バケツは二槽式のバケツに比べ、縦横約20cm程ずつコンパクトになっています。収納がしやすいのは嬉しいポイントですよね。更にこちらの商品は、バケツの中にモップを分解して収納出来るようになっていますので、コンパクトに収納できる一体型タイプを探している方におすすめです。

山崎産業-フイトルモップ (1,429円)

空拭きに最適な綿100%の糸を使用

オーソドックスな空拭き用フローリングモップです。しっかり密集した無数の糸は、綿100パーセント。綿はホコリやチリなどの細かい汚れの吸着性に長けています。糸の数が他の商品に比べてかなり多いので、汚れの取り逃がしが少なく済みますよ。

ヘッドの横幅が約4cmとかなりコンパクトなので、小回りが利き、狭い部分の汚れも逃さずしっかりキャッチします。糸が多い分、水拭きに使うと脱水が大変になるデメリットがありますが、空拭き用としての機能性は抜群です。細かい場所の掃き掃除、空拭きに特化したものを探している方におすすめしたい商品です。

まとめ

マイクロファイバー付きの布クロスタイプがおすすめ

今回は、床掃除にとても便利なフローリングモップについてご紹介しました。フローリングモップは、1つで掃き掃除から水拭き、空拭きまで出来る手軽さが魅力的でした。その中でも汚れの吸着率が高いマイクロファイバーを使うタイプは、便利なだけでなく掃除の効率も上がる画期的な商品。洗って繰り返し使えるという点も、経済的に嬉しいポイントでした。最近のフローリングモップは、もっとお掃除を楽にする様々な工夫が施されています。気になる商品があった方はぜひチェックしてみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加