2018年おすすめの除湿機人気ランキング!【衣類乾燥に】

除湿機は梅雨時だけ使用するものと思っていませんか。しかしオールシーズン除湿機を使う人が増えています。最近では洗濯物を部屋干ししている人も多いですよね。除湿機は洗濯物を乾かすためにもかなり有効で、衣類乾燥除湿機とも呼ばれています。こちらでは 自分に合った除湿機の選び方や人気のブランド、使いやすくておすすめの除湿機をご紹介していきます。部屋干しの洗濯物が乾かなくて困っている人はぜひ参考にしてくださいね。



除湿機の特徴

洗濯物もカラッと乾して湿気の多い日も快適に過ごせる

湿度が高くてジメジメするのは空気の中に入っている水の量が多いから。除湿機はお部屋の中の湿った空気を吸い、その中から水分を取り出すことで快適な空気に変えます。さらに洗濯物も除湿機を使うとさっぱりと乾かすことができるので、いやな部屋干し臭も防止することができますよ。

排水タンクが大き目で外しやすいものが使いやすい

湿った空気から取り出した水が溜まるのが排水タンクです。1日に溜まる水の量は、鉄筋12畳、木造6畳程度の広さを除湿できる中型の除湿機で6Lくらいが一般的。こまめに捨てる方なら1.5Lくらいでも十分ですが、留守の間に使うなら3Lあると安心です。水を捨てる頻度も多いので、持ちやすくこぼれにくいタンクが便利ですね。また除湿機には吸い込んだ空気から埃をとるためのフィルターが付いています。それを定期的に交換したり掃除機で吸ってあげる必要があるので、購入の際にはお手入れのしやすさもチェックしましょう。

除湿機の種類

コンプレッサー式(ランニングコストが安い)

エアコンの室外機の中に入っているのと同じようなコンプレッサーを使い、空気を冷やすことで除湿します。コンプレッサーは動作音が大きいので、除湿機を使用する時に音がするのがデメリット。最近では静音タイプのものも多く販売されています。その場合の騒音は45dB程度と図書館にいるくらいの音なので、使っていて気になることは少ないでしょう。

電気代がデシカント式の3分の1程度と、ランニングコストが安いのが大きなメリット。梅雨時や夏場のジメジメした時期を快適に過ごしたいという人におすすめです。空気を冷やして除湿するという特性上温度が低くなると除湿の効率が悪くなってきますが、中には冬モードなどの機能を持っているものもあります。

デシカント式(1年を通して使える)

お菓子の中に入っている除湿剤ってありますよね。その除湿剤に湿気を吸い取らせて除湿させる方法です。湿気を吸い込んだ除湿剤はヒーターで乾燥させて、水だけを取り出すので繰り返し使えます。コンプレッサーがないので音は静かで、重さも軽量なのがメリット。音は大体35dBくらいのものが多く、深夜の住宅街くらいの音ですからつけっぱなしでも寝られますね。

ヒーターを使うので電気代が高く熱で室温が上がってしまうのがデメリットですが、冬場にも使えるので一年中使いたい人におすすめ。普段から夜洗濯物を家の中に干している方や、風呂場の換気が悪くジメジメしやすいといった人はデシカント式を選ぶと良いでしょう。

ハイブリッド式(オールマイティに使える)

コンプレッサー式とデシカント式、両方の機能が1つになった良いとこ取りの除湿機です。湿度が高い夏は電気代が安いコンプレッサー式で動作、冬は温度の低くなっても効率の良いデシカント式を使います。ランニングコストはデシカント式よりかなり安くなります。

構造上本体が大きくて値段も高く、ラインナップも少ないのがデメリットです。しかしコンプレッサー式とデシカント式をそれぞれ買うよりは省スペースで低価格。お部屋が大きくて洗濯は部屋干しが多いなど、電気代も気になるヘビーユーザーにおすすめです。

除湿機の選び方

部屋の広さに合わせたサイズの除湿機を選ぼう

広いお部屋なら除湿面積が広くてタンクが大きいものを

カタログを見ると除湿可能面積というものが書いてあるので、使いたいお部屋の広さに合ったものを選びましょう。また鉄筋20畳、木造8畳などの大型の除湿機では、1日に10L以上の水分を除湿できるものが多く排水タンクに水が溜まるのも早くなります。排水タンの容量は大きめのものが便利ですね。

ワンルームには移動が楽でコンパクトなタイプがおすすめ

ワンルームのお部屋のなら除湿能力も大事ですが、省スペースで軽量なことも選択のポイントです。1つのお部屋をいろいろな目的で使うので、テレビを見ている時にはこの場所に置いて、寝る時には少し動かしたいなど移動することも多いでしょう。ハンドルやキャスターがついているなど、移動のしやすいものが便利ですね。

どのシーズンに使いたいかで種類を決める

冬場も部屋干しという人にはデシカント式がおすすめ

コンプレッサー式の除湿機の使用可能温度は5度から40度くらいのものが一般的で、10度を下回ると効率が落ちてきてしまいます。ですから冬に使いたい方はデシカント式を選ぶと良いでしょう。また仕事で忙しくて洗濯が夜になってしまうという人も多いと思います。夜に使いたい場合にもデシカント式の除湿機はおすすめ。コンプレッサー式の静音タイプよりもさらに静かな場合もありますよ。

梅雨と夏の時期だけ使うなら電気代の安いコンプレッサー式

湿気の多い梅雨の時期と夏場だけ使う場合には、ランニングコストの安いコンプレッサー式がおすすめ。例えば1日6L程度除湿する中型機を1日8時間使った場合、コンプレッサー式では1ヵ月1,000円前後、デシカント式では3,000円前後になります。使用する時間も長い電気製品なので、その差は大きいですよね。

除湿機のおすすめブランド・メーカー

コロナ

実用性が高い除湿機を多数ラインナップ新機能にも注目

エコキュートやストーブなどで名前を聞くことの多いコロナ。80年の歴史を持つ暖房や空調機のメーカーで、除湿機では3L以上の大きな排水タンクを備えた、実用的な製品を多く販売しています。ホームセンターなどでもおなじみのCD-P631は、正面に透明の排水タンクがついた除湿機。最新の CMD1418は除湿するときに使う冷たい空気をそのまま吐き出すことで、ミニクーラーにもなるという他の除湿機にはない注目の新機能が付いています。

三菱電機

洗濯物も一気にカラッと乾かすパワフルな大型機を販売

家庭用の電気製品から宇宙産業まで、幅広い分野で活躍する日本の大手企業です。 空調機器も人気が高く、コンプレッサー式でハイグレードな大型の除湿機を販売しています。全体的にハイグレードなタイプで機能も多め、洗濯物を一気にからっと乾かしてしてしまう大きな除湿力が魅力的です。MJ-100MXなどに搭載されている人気の機能ムーブアイは、洗濯物の量や乾き具合まで見分けて効率よく乾かすことが可能です。

アイリスオーヤマ

見た目も個性的なサーキュレーター付きが人気機種

アイリスオーヤマは主にペット用品やエクステリアなどを扱う企業で、最近では電気製品の人気も高まっています。除湿機では使い勝手がよくリーズナブルな商品を、数多くラインナップしています。中でも注目の除湿機は大きなサーキュレーターがついて、見た目も個性的なDDD-50E。このサーキュレーターが洗濯物に風を当てて、効率よく乾かすことができます。

シャープ

プラズマクラスター搭載で部屋干しの嫌な臭いもカット

プラズマクラスターはシャープだけ、というTVのCMを聞いたことはありませんか。プラズマクラスターは除菌消臭効果があり、空気清浄機や冷蔵庫などにも使われているイオン発生器です。除湿機にも搭載されていて、CV-H71やCV-G120が人気機種。部屋干しの嫌な臭いを抑え、ペットやタバコの臭いが服に付くのを防いでくれます。

おすすめ&人気の除湿機ランキング

コンプレッサー式でおすすめの除湿機

コロナ-衣類乾燥除湿機CD-S6318 (19,230円)

ワンルームにもおすすめ実力派のスリムボディ

生活家電は見た目も重要、こちらのCD-S6318は一人暮らしの女子にぴったりのおしゃれな除湿機です。幅は17cmとかなりスリム。ハンドルもついていて移動させやすいから、少し狭いワンルームでも便利ですね。

除湿力も十分あって、1日に除湿できるのはたっぷり6.3L。こんなスリムなボディなのにタンクは3.0Lと大きめ、ハンドルと蓋がついていて排水のしやすさも抜群です。衣類乾燥が終わると自動で運転を止めてくれる嬉しい機能も付いています。

コロナ-衣類乾燥除湿機 CD-P6318 (16,800 円)

取り出しやすいビックタンクが魅力の定番商品

ホームセンターなどでも見かける人気商品で、特徴は3.5Lのビッグタンク。正面に透明な排水タンクが付いているので、水がどのぐらい溜まっているのかわかりやすくなっています。 1日に除湿できるのは6.3Lでと除湿能力もしっかりあって、価格も16,800円とコストパフォーマンスの高い製品です。

普段使う時に除湿機は正面を向けて置きますよね。その場合排水タンクを正面から取り出す方が、取り出しやすいと思いませんか。されにCD-P6318はタンクがいっぱいになるとメロディが流れて教えてくれるので、溢れさせてしまう心配もない使い勝手のいい製品です。

boltz-コンプレッサー式 除湿機 (13,990円)

調度良いサイズ感でおしゃれなデザインの人気モデル

ネット通販で絶大な人気を誇るboltzのコンプレッサー式除湿機。インテリア通販のLOWYAから販売されている製品ということもありデザイン性が抜群です。側面にはパネルなどはなくてすっきりとシンプル、お部屋に溶け込むようなデザイン。 幅が29cm、奥行き19cmとA4より少し小さいコンパクトサイズと、いい意味で存在感のない除湿機です。

除湿力は1日に6.5リットルと十分な実力。その割には排水タンクが1.8Lとちょっと小さめの気がしますが、タンクを持って行って水を捨てることまで考えるとちょうどいい大きさともいえます。お出かけの時も6時間タイマーをかけていけば大丈夫ですね。湿度はお好みで40%から60%に設定することができて、自動で快適な湿度を保ってくれる機能も付いています。

アイリスオーヤマ-衣類乾燥除湿機DCE-6515 (12,800円)

シンプルでリーズナブルだからネット通販でも大人気

楽天やアマゾンなどのネット通販で大人気の除湿機、シンプルでコンパクトなのが魅力です。タンクは1.8Lと少なめですが、本体はA4サイズのコンパクト設計。しっかりした除湿力とタイマーなど必要最低限の機能が付いて、12,800円というリーズナブルな価格も人気の秘密です。

空気清浄機や加湿器は普段から使っていても、除湿機は初めて購入するという方も多いのではないでしょうか。こういった快適性を重視した生活家電は、使い心地や洗濯物の乾き具合、静音性など実際に生活の中で使ってみないと実感できない部分もありますよね。そんな時に気になるのがお値段、こちらの DCE-6515なら手軽に試してみられる価格です。

シャープ-衣類乾燥除湿機CV-H71 (23,100円)

空気清浄機としての性能にも注目のコンパクトな除湿機

タバコを吸う方や飼っているペットの臭いが気になるという方におすすめなのが、プラズマクラスターで消臭や除菌もしてくれるシャープのCV-H71です。洗濯物を干すときには部屋干し臭を抑制、湿気の溜まりやすい洗面所やクローゼットなどの抗菌消臭にも良いですね。

1日に除湿できるのは7.1LとA4サイズのコンパクトな除湿機の中ではかなりパワフル。音も弱にすると36dBと非常に静かなので、蒸し暑い夜はつけっぱなしで寝ることもできます。タンクは8時間以上使える2.5L、ハンドル付きで持ちやすいので排水もしやすいですよ。

CADO-コンプレサー式除湿機DH-C7000 (53,460円)

スタイリッシュなデザインとパワフルな除湿力が魅力

なんといっても魅力的なのが、このスタイリッシュなデザイン。高級感漂うスーツケースのような形が素敵です。大きめのキャスターは360度自由に動かすことができ、デザインのポイントにもなっているシルバーのハンドルは伸長することができます。重さは12kgありますがこれなら移動が楽にできますね。

見た目だけでなく実力も十分なのがこのCADOの除湿機。1日に7.5Lとパワフルに除湿、タンクも大き目の3.5Lです。さらにこちらの除湿機の特徴はピースガードと言う、 除菌消臭剤を入れることができること。ピースガードは細菌やウイルスに接触すると、99.9%分解するというものでカビや花粉にも効果があります。

デシカント式でおすすめの除湿機

boltz-デシカント式除湿機 (18,990円)

コンパクトで静かだから一人暮らしの方にもおすすめ

サイドにあるブラックのラインがデザインのポイントになっている、おしゃれなデシカント式の除湿機。タンクは2Lと少し少なめですが、その分サイズがコンパクトになっています。幅35cm、奥行18cm、重さも6.3kgと軽量で女性でも片手で持てるくらいの重さです。

こんなにコンパクトなのに、1日に7.0Lも除湿してしまう力強さが良いですね。デシカント式の除湿機はコンプレッサーが内蔵されていないので音が静か、夜に洗濯を干しても朝までにこっそりと乾かしてくれます。忙しい一人暮らしの女子におすすめの除湿機です。

パナソニック-デシカント式除湿機 F-YZRX60 (26,784円)

乾いたら自動停止衣類ケアまでしてくれる除湿機

F-YZRX60は洗濯物の温度や湿度を見張っていて、乾いたら自動で終了してくれるカラッとセンサーを搭載。外出している間に洗濯を乾かしたいという、普段から忙しいあなたにおすすめの除湿機です。さらにルーパーは自動でスイング角度の広い160度だから、洗濯物の真下に置くこともできて省スペース。

寒い季節には洗濯物がなかなか乾かないことも多くなりますよね。仕上げモードを使えば生乾きの洗濯物を大風量でカラッと乾燥、ナノイーを搭載しているので生乾き臭も抑制します。ナノイーなら衣類の抗菌消臭もお任せ、タバコやペットの消臭はもちろん服についた花粉も無効化してくれるので花粉症の人にも嬉しい機能ですね。

アイリスオーヤマ-衣類乾燥除湿機DDA-20 (12,700円)

洗面所やお風呂場にもおすすめのコンパクトな除湿機

重さはなんと4kgほどとお茶のペットボトル2本と同じくらい、お風呂場にお部屋にと持ち運ぶのも苦にならない重さですね。大きさも幅28cm、奥行16cmととてもコンパクトなので、クローゼットや洗面所に置くのにもぴったりの除湿機です。

1日に除湿できるのが2.0Lと少なめですが、その分ランニングコストが安くなっています。デシカント式の除湿機では1時間あたりの電気代が15円程度のものが多いのですが、省エネタイプのDDA-20は9.45円。毎日8時間使っても1ヵ月の電気代は2,268円、これなら1年中使うことができますね。

アイリスオーヤマ-サーキュレーター衣類乾燥除湿機DDD-50E (17,800 円)

洗濯物を効率よく乾かす大きなサーキュレーターが特徴

サーキュレーターが上部についたユニークなデザインが目を引くDDD-50Eは、衣類乾燥に特化した除湿機です。サーキュレーターの風向きや角度は自在にコントロールでき、首振り機能を使うとワイドに340cmの広さで風を送ります。

風がある日は洗濯ものが良く乾くと聞いたことはありませんか。塗れた衣類の周りにある湿気の多い空気が風で動くからなのですが、それはサーキュレーターを使っても同じこと。DDD-50Eの大きなサーキュレーターは、空気の流れを作ってしっかりと洗濯ものを乾かします。

パワフルな大型でおすすめの除湿機

パナソニック-衣類乾燥除湿機 F-YC120HRX (60,264円)

オールシーズン使える多機能なハイブリッド式除湿機

F-YC120HRXは珍しいハイブリッド式の除湿機。冬も部屋干し用に使うし、夏は1日中使うからランニングコストは安い除湿機が欲しいという方におすすめです。イオン発生器のナノイーを搭載していて、服に付いた花粉を無効化し衣類に染み付いた臭いも消臭してくれます。

1日に12.5Lをパワフルに除湿、排水タンクも大き目の3.2Lで満タンになったら自動停止します。タンクにはハンドルが付いて持ちやすいのもポイント。送風の仕方や風向きなどの機能も充実していて、洗濯物の量に合わせて効率よく乾かしてくれます。温度や湿度の変化を見て自動で停止する機能も嬉しいですね。

三菱電機-衣類乾燥除湿機MJ-P180NX (43,632円)

使い勝手も抜群1日に18Lも除湿できるハイパワータイプ

スイッチを押したらすぐに快適な湿度にしてくれるものが一番良い、という人におすすめのハイパワーな除湿機です。1日に除湿できるのは18 L、鉄筋なら39畳、木造でも19畳の部屋に対応します。排水タンクの中がしずく型の窓から見えるようになっているのも、おしゃれで便利ですね。タンクは4.7Lの大容量、引き出すのは正面からなので外すのも簡単です。

これだけのパワーがあるので衣類乾燥も得意、一気にカラッと乾かします。また冬モードを搭載しているので、室温1度から使用することができるのも良いですね。除湿のモードは38dBという低騒音で衣類乾燥できる夜干しモードや、浴室のカビの発生を抑える浴室モードなど8種類が選択できます。

コロナ-衣類乾燥除湿機CD-H1017 (37,800 円)

おしゃれでパワフル寒さに負けない冬モードも搭載

片側のサイドと上下がカラーになっている、本を閉じたみたいな形がおしゃれな除湿機。1日に10Lをしっかりと除湿、タンクは4.5Lの大容量です。気温が10度を下回るとヒーターを使ってパワフルに除湿する、冬モードを搭載しています。

洗濯物を2段に干したら上下にスイング、幅広腰を押したら左右にスイングなど風の方向を変えることで効率的に洗濯物を乾かすことができます。また少量の洗濯物ならスポットで早く乾かすことも出来ますし、スウェットやジーパンなどもヒーターを使った厚手モードでしっかり乾かしてくれます。

三菱電機-衣類乾燥除湿機MJ-100MX (31,752円)

ムーブアイで洗濯を効率よく乾かす多機能な除湿機

ムーブアイは高性能な赤外線で濡れている洗濯物を自動で見つけ、 風向きや風量など全部自動で効率よく洗濯を乾かしてくれる機能です。洗濯物の量や干し方なども自動で見分け、ワキや袖などの残りやすい場所もしっかり乾燥させてくれます。

排水タンクは3.0Lとたっぷり入りますが、引き出すのは正面から見て右側なので左利きの人にとってはちょっと使いづらいかもしれません。フィルターは銀イオン抗アレルフィルターとプラチナ抗菌フィルターの2枚使い。8畳のお部屋なら30分で90%の花粉を捕獲、花粉症の人には嬉しいですね。

シャープ-衣類乾燥除湿機CV-G120 (34,560円)

部屋干しの臭いもカット安心してたくさん干せる除湿機

家族が多くて洗濯の量も多め、部屋干しすると臭いが心配という人におすすめなのがシャープのCV-G12。除湿力も高く鉄筋なら30畳、木造でも15畳のお部屋に対応するので広いお部屋でも大丈夫。風向きを自動で上下にスウィングさせることができるので、2段干しの洗濯物も簡単に乾きますよ。

洗濯物を部屋で干すと臭くなるのは乾くまでに時間がかかるから、ハイパワーな除湿機で一気に乾燥させれば安心。さらにプラズマクラスターで生乾き臭はもちろん、お部屋についたタバコやペットの臭いも消臭します。3.1Lと大容量かつハンドル付きで持ちやすい排水タンクもポイントが高いです。

まとめ

持ち運びがしやすい除湿機がおすすめ

今回は特徴や選び方をはじめ、たくさんの便利な除湿機を見てきましたがいかがだったでしょうか。除湿機はお風呂場を乾かす時、洗濯物を干す時など移動させることも多い家電。お部屋の広さや使い方にもよりますが、なるべく軽量でコンパクトなものを選ぶのもポイントです。洗濯物の部屋干しが多い方にもおすすめの除湿機、気になった方はぜひチェックしてみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加