おしゃれでおすすめのルーペ人気ランキング!【読書用や携帯用に】

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな文字を読むときや、細かい作業をする際にあると便利なルーペ。新聞などの文字を拡大できるものから、1mm以下の小さな物も拡大して見ることができるものまで、倍率によって見え方もさまざま。ルーペがあると便利だと思っても、自分にはどんなルーペがあっているのか疑問に感じたことはありませんか?今回は、ルーペについて、特徴や種類をはじめ、選び方やタイプ別におすすめのアイテムを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。




ルーペの特徴

物を拡大して見ることができる

ルーペは、いわゆる虫眼鏡と呼ばれることもある、レンズで小さな物を拡大して見たり観察するための道具です。家庭では新聞や本を読む時に使用したり、子供の学習などで使用したりします。業務用としては、宝石の鑑定や時計の修理、印刷物の検査など幅広く使用されています。

倍率によって見える大きさが変わる

ルーペには、2倍や3倍など、倍率が表示されています。数字が増えるほど物の見え方も大きくなります。例えば2倍のルーペで見た物は2倍の大きさになりますが、25cm離れて見たときが基準になるため、目とレンズやレンズと物の距離によって実際に見える大きさが変わってきます。

ルーペの種類

幅広い用途で使える手持ちタイプ

ルーペの中でも定番といえる手持ちタイプ。片手でもって使用するこのタイプは、虫眼鏡としてもおなじみではないでしょうか。レンズの大きさや持ち手の素材など、さまざまな種類があり、文字に限らず、幅広い用途で使えるのがこのタイプです。

手持ちルーペはレンズのサイズが比較的大きいものが多く、新聞や雑誌など細かい文字が見やすい形状になっています。最近ではLEDライトが搭載されているタイプも登場しています。紙面を全体的に拡大した状態で読みたい場合は、置き型タイプのルーペもおすすめです。

作業用に最適なスタンドタイプやメガネタイプ

スタンドタイプのルーペは、両手をフリーで使うことができるため作業用として最適。レンズの下に物を入れながら作業ができます。レンズを動かすのではなく、手の位置を動かすことで見え方を調整できるため、クラフトワークや手芸など細かい作業をする時に最適です。

レンズのサイズは4~10cm程度が多く、作業内容によって適切な物を選ぶと良いでしょう。また、両手がフリーになるルーペとしてメガネタイプもおすすめ。普通のメガネと同じように使用するため、スタンドタイプよりも視野が広くなります。作業だけでなく、両手で新聞や雑誌を広げて読む時などに便利です。

持ち歩きに便利なコンパクトタイプ

コンパクトタイプは、レンズを折り畳んだり、ケースで保護したりして、コンパクトに収納できるルーペです。携帯することを前提に設計されていることから、外で昆虫や植物を観察する趣味がある方や、岩石や絵画を細部まで観察したい方に最適です。

手のひらに収まるような小さなサイズが主流となっているため、レンズが小さく、視野が狭くなってしまうのが特徴。そのため、読書には不向きとなっています。日常的に読書のためにルーペを持ち歩く場合には、コンパクトタイプだけでなく、手持ちタイプなどと併用すると良いでしょう。

ルーペの選び方

新聞や雑誌など比較的大きいものを長時間みるとき

見る物の大きさや対象によって倍率を選ぶ

ルーペを選ぶ際に倍率は重要なポイントになります。ルーペを使って行う作業によって適した倍率があるためです。雑誌や新聞の文字を読んだり、手芸をしたりする場合は2倍程度が最適とされています。小さな傷や、散歩の途中で見つけた昆虫や植物を観察する場合は3~4倍、宝石鑑定など、1mm以下のものを拡大する場合は10倍以上のルーペがおすすめです。

倍率が高いほどレンズが小さくなる

大きいルーペ=物が大きく見えるという訳ではありません。倍率が高くなるほどルーペのレンズは小さくなっていきます。そのため時計の修理や宝石の鑑定のように、小さなものを見る際にはレンズが小さいルーペを使用します。大きいルーペは倍率が低いですが、広い範囲を拡大できるため、文字を読むの使用されることが多くなっています。

ルーペの種類で選ぶ

定番は手持ちタイプ

手持ちタイプのルーペは一般的に5倍程度のものが多くなっています。ルーペと物の距離を調節することで見え方を調整できたり、持ち運びしやすかったりすることから、さまざまな種類があるルーペの中でも最も汎用性が高い種類とされています。

ライト付きだと薄暗い場所で便利

手持ちルーペの中にはLEDライトが付いているものも販売されています。手元が明るくなるため、薄暗い場所でもしっかりと物を見ることができます。ただし、ライトが搭載されている分、重量が重くなるため、持ち歩きを想定する場合は必要に応じて選ぶようにしましょう。

ルーペのおすすめブランド&メーカー

ピークルーペ

世界に通用する日本の老舗メーカー

日常生活に使用するようなルーペではなく、測量や検査用の工具としての業務用のルーペを主力として販売しているメーカーです。メモリ付のスケールルーペやペン型のマイクロスコープ、25~100倍といった高倍率マイクロスコープなど幅広い商品を取り扱っています。

ニコン

暮らしに寄り添うルーペが豊富

カメラやデジタルカメラが有名な日本の光学機器メーカーです。ルーペも生産しており、解像度が高く、見えやすく明るいレンズとして愛用者も多くなっています。読書用のルーペや携帯に便利なコンパクトタイプのルーペなど、日常生活で使いやすい商品を多く取り扱っています。

エッシェンバッハ

ドイツ屈指の光学機器メーカー

エッシェンバッハのルーペは高い透明度と純度、硬度、そして解像度を備えた光学樹脂による独自開発のコーティング剤を使用しています。実用的なだけでなくスタイリッシュな見た目もおしゃれ。手持ちや置き型、携帯用といった一般向けのルーペだけでなく、技術者用のルーペも取り扱っています。

コイル

イギリスの老舗ルーペメーカー

弱視の方向けの製品を展開。LED付きの高倍率ルーペや筆記対応デスクルーペなど、選び抜かれた素材と独特のデザインで丈夫で軽く、アイデア性のあるルーペを販売しています。シンプルで高倍率かつ大きなレンズ径が特徴で多くの愛用者がいます。

おすすめ&人気のルーペランキング

読書用におすすめのルーペ

BearMoo-手持ちルーペ (1,099円)

3つのLEDライトでさらに見やすく

レンズのサイズが140mmと大きめの手持ちルーペです。2倍のメインレンズの他に5倍のサブレンズがあるため、対象物の大きさによってレンズを少しずらせばしっかりと物を見ることができます。レンズの素材は軽量なアクリルを使用しています。

3つのLEDライトを搭載しているため、薄暗い場所でも手元を明るく照らすことができます。ただし、乾電池を入れるとその分重量が重くなるため、持ち歩き用として使う場合には電池を抜くなど、用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。

KRAVAS-拡大鏡 LEDライト付き 手持ちルーペ(1,200円)

広範囲を拡大できる140mmサイズのレンズ

140mmと大判サイズのレンズは広範囲を拡大できるため、新聞や地図などを拡大して見たい場合におすすめ。焦点距離が近いため、両目でしっかりと見ることができるのも魅力的です。プラスチック製のレンズを採用しているため手入れも簡単。

ルーペには3つのLEDライトを搭載しています。手元を明るく照らすことができるため、しっかりと対象物を見ることができます。また、2倍のメインレンズだけでなく、5倍の拡大レンズも搭載しているため、対象物によって拡大率を変えることができます。

ATPWONZ-3LEDライト手持ちルーペ (1,080円)

子供の学習からお年寄りの読書まで汎用性の高いルーペ

140mmと大きめのレンズには、2倍と5倍のレンズを搭載。読書や新聞を読むときには2倍、さらに小さな文字を読みたいときは5倍のレンズを使用するなど、対象物によって倍率を変えて見ることができます。保護ポーチ付きなので持ち歩きや収納にも便利。

ルーペにはLEDライトを3つ搭載。単四電池4本で連続約10時間ライトを点灯できます。手元を照らして新聞や雑誌などの対象物が見えやすくなるだけでなく、停電などの緊急時には、懐中電灯として使用することもできるため便利に使えます。

IDEAPRO-手持ちルーペ(2,098円)

用途に応じて3つのレンズに付け替えられる

2.5倍のメインレンズは、レンズ径が100mmと大きめサイズ。幅広い範囲を拡大できるため読書や新聞を読むときに便利です。さらに5倍と16倍のレンズも付属しているため、対象物にあわせて好みのレンズに付け替えて使用できます。

このルーペは、手持ち部分が広く持ちやすいの特徴。さらに、レンズにはアクリル素材を使用しているため、軽量で手に負担がかかりにくくなっています。2個のLEDライトが付いているため、薄暗い場所でも手元を明るく保つことができます。

FISTE-手持ちルーペ(1,752円)

2種類のレンズ付きで使い分けが可能

メインレンズは3倍の拡大率でレンズ径85mm。使いやすいサイズ感で読書や新聞を読む際に便利。サブレンズは拡大率が20倍でレンズ径が22mm。拡大率が異なる2つのレンズは対象物によって使い分けできるため、幅広い用途で使えるルーペです。

持ち手にはLEDライトを搭載。レンズはクリアなアクリル素材を使用しているため、見えやすいのはもちろん、ガラスレンズより軽量なのも魅力。長い時間使用しても腕が疲れにくく、万が一落としてしまった場合もレンズが割れる心配がありません。

卓上でおすすめのルーペ

L-ZOOM-ルーペ付きLEDアームライト(6,300円)

LEDライト付きで細かい作業に便利

机などに挟み込んでホールドできるクランプタイプ式は、場所を取らずに設置できます。ルーペの倍率は1.8倍と手元を拡大するのには十分な倍率。レンズの上部にはカバーを閉じることで、ルーペを使用しない時はホコリの付着を防ぐことができます。

明るく長寿命のLEDライトは、30cm直下で1400ルクスの明るさ。一般的なデスクライトにも匹敵する明るさによって、手元をしっかりと照らしてくれます。ルーペを見ながら細かい作業をする際に便利。アームは上下それぞれ47cmの長さがあるため、幅広く動かすことができます。

Sutekus-スタンドルーペ(3,290円)

2.5倍と8倍の2種類のレンズを搭載

自立式のスタンドルーペは、両手が自由に使えるため作業用としてはもちろん、手持ちでは疲れてしまう読書用としてもおすすめ。スタンドだけでなくクリップも搭載されています。机に挟んで使用することで、場所を取らずに設置できるのも魅力です。

拡大率が2.5倍のメインレンズに加え、拡大率が8倍の小型レンズも搭載。対象物によって2種類の拡大率を使い分けることができ便利です。2個のLEDライトも搭載されているため、手元を明るく照らしながら作業ができます。

クロスワーク-大型ルーペと固定クリップ付きハンダごてスタンド (2,080円)

はんだ付けに最適なスタンドルーペ

レンズ径が90mmの大型ルーペの他、はんだゴテホルダーや固定クリップを搭載しています。ルーペは角度を自在に変えることが可能。基板などのはんだ付けやプラモデルや模型の接合など、細かい作業をするときに便利なスタンドルーペです。

ルーペと固定クリップは高さが無段階で調節可能なので、作業によって最適な高さで使用できます。本体の横幅が120mmとコンパクトサイズなので、狭いスペースでも場所を取らず問題なく作業ができます。

サンワダイレクト-スタンドルーペ(3,480円)

取り外し可能なアームを搭載

自立可能なスタンドルーペは、プラモデル製作やネイルなど両手を使った細かい作業に最適です。メインレンズの倍率は2.5倍。さらに5倍の小型レンズもついているため、用途に合わせて使い分けできます。クリップもついているため、机に挟んで固定することも可能です。

取り外しができる2本のアームが付いているため、はんだ付けや模型の組み立てなど、被写体を支えたい場面で手が足りない時に便利に使えます。単四電池3つで点灯するLEDライトを2つ搭載しているので、手元を明るく照らし見えやすくすることができます。

Phoenix-手持ち スタンドルーペ(1,498円)

手持ちにもスタンドできる2wayルーペ

手持ちルーペとして使えるだけでなく、自立するスタンドルーペとして使用することが可能。3倍のメインレンズに10倍の拡大レンズが付いているため、本を読んだり地図を見たり、細かい作業の際など幅広い用途に合わせて使い分けできます。

レンズにはプラスチックのアクリル素材を使用しているため、壊れにくいのが特徴。また、ガラスレンズよりも軽量なので携帯用としてもおすすめです。LEDライト搭載で薄暗い場所や手元が暗くて見えにくい時にも明るく照らしてくれますよ。

携帯できるおすすめのルーペ

Vixen-ルーペ メタルホルダー(1,692円)

回転収納式でコンパクトに収まるルーペ

レンズ径が20mm、拡大率が10倍と1mm以下の小さな対象物を見る際にも便利なルーペです。真鍮とガラスの二枚レンズでしっかりと拡大してくれます。高倍率なルーペなので、専門的な用途にも使うルーペを探している方にもおすすめです。

シャープなフォルムのメタルケースはシンプルでおしゃれ。手になじむコンパクトサイズは、カバンにしまっておくと必要な時にすぐ使えます。印刷物のチェックや宝石の鑑定はもちろん、携帯用としてアウトドアシーンにもぴったりです。

Phoenix-クレジットカードサイズ 携帯用 ポケットルーペ(899円)

持ち運びしやすいスリムなデザイン

クレジットカードサイズとスリムでコンパクトな携帯ルーペ。胸ポケットに入るサイズなので手軽に持ち運びできます。コンパクトながらも、3倍と6倍の2つの倍率で使い分けることができるため、用途に合わせて使い分けすることが可能です。

ルーペにはLEDライトも搭載。薄暗い場所でルーペを使うのはもちろん、手元を照らしたい時にも便利です。コイン電池2つで点灯するため、電池込みの重量でもわずか35gと超軽量なのも魅力の一つ。45日間の保証書が付属されているため安心して使えます。

Vixen-ポケットルーペ(667円)

合皮のケースでスタイリッシュに持ち歩ける

レンズ径が45mm、合皮ケースに収納しても手のひらに収まるコンパクトサイズになっているため、持ち運びにも負担にならず、携帯用として最適なポケットルーペです。拡大率は3.5倍となっているため、雑誌や地図を見たいときに活躍してくれます。

コンパクトルーペとしては珍しくガラス製のレンズを採用。ケースにくるりと回転させて収納することができるため、傷や破損から守ることが可能です。落ち着いた印象の合皮ケースは、見た目にもスタイリッシュでおしゃれなのもうれしいポイントですよ。

Phoenix-折りたたみ式 携帯用ルーペ(998円)

業務用としても最適な高倍率の携帯用ルーペ

全長が90mm、レンズを収納したときには52mmと手になじむサイズ感が特徴。スマートに持ち歩きができる折りたたみ式の携帯用ルーペです。コンパクトサイズながらも、10倍と20倍の異なる拡大率のレンズが2枚搭載されています。

高倍率のレンズによって細かい作業にもぴったり。宝石やコイン、切手などの鑑定や印刷物の校閲など業務用としてはもちろん、幅広い用途で活躍する本格的なルーペです。45日間の保証書も付属されるため、安心して使用できます。

J&T-30倍60倍携帯ルーペ(998円)

30倍と60倍の高倍率のルーペ

搭載されているレンズは30倍と60倍と高倍率。光学ガラスレンズを採用することにより、透過率が高く、細かい対象物でもはっきりと見ることができます。読書や新聞を読む際はもちろん、電子基板や宝石、印刷物など業務用としても使用できるルーペです。

レンズはスライドしてケースに収納することが可能。手のひらに収まるコンパクトサイズに収納できるため、持ち歩きにも便利。LEDライトとUVライトがそれぞれ1つずつ搭載されているため、程良い光量で手元を明るく照らしてくれます。

まとめ

ルーペでは「Phoenix 手持ち スタンドルーペ」がおすすめ

使いやすい手持ちルーペとしてだけでなく、自立するスタンドルーペとしても使用できるため幅広い用途で使用できます。3倍と10倍の2種類の拡大率を使い分けできるのもうれしいポイント。LEDライトも搭載されているため、薄暗い場所でもルーペを使用できるだけでなく、いざという時には懐中電灯として使用できます。幅広い用途で使用できるため、一家に一つあると便利に使うことができますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加