おしゃれでおすすめのリラックスチェア人気ランキング!【オットマン付きも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

リラックスチェアというと、アームレストが付いた背もたれの大きいタイプを連想する方も多いのではないでしょうか。最近では、多段階にリクライニングしたり、オットマンが付いていたりする商品もあります。自宅でゆっくり癒されたいという方には、リラックスチェアがおすすめですよ。そこで今回は、リビングや自分の部屋でゆっくりとくつろげるリラックスチェアや、商品の選び方をご紹介します。日々の疲れがなかなか取れない方は参考にしてくださいね。




リラックスチェアの特徴

ゆったりくつろぐことを目的とした椅子

リクライニング機能やフカフカの素材が使われているのが特徴です。ポリウレタン樹脂性レザーを使用したり、S字バネ構造を採用したりしているので、ほかの椅子にはない癒しと安らぎの時間を体験できます。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

パーソナルチェアとも呼ばれる

ひとり掛けの椅子としては贅沢な構造になっているのがリラックスチェアのメリット。誰にも邪魔されずに、ひとりだけのリラックスタイムが過ごせます。立ち仕事などで足にも疲労が溜まっている方に適した、オットマン付きの商品もありますよ。

リラックスチェアの種類

折り畳み式(持ち運びに便利なタイプ)

手軽に折り畳めるタイプのリラックスチェアです。フットレストが付いているタイプや、多段階リクライニング機能が搭載されている商品でも折り畳み可能なものがあります。移動が簡単なうえコンパクトに収納できるため、人気を集めています。

リビングや自分の部屋だけではなく、ベランダや庭などでリラックスチェアを使いたいという方におすすめ。折り畳める商品は軽量タイプが多いので、女性でも手軽に持ち運び可能です。家具の間など、わずかな隙間に収納できるリラックスチェアもあります。

ロッキングチェア(座ると揺れるタイプの椅子)

カーブをした形状の板が両方の脚部の付いているタイプです。ロッキングチェアといえば、昔ながらの大きな椅子を連想する方も多いのではないでしょうか。最近では、コンパクトで多機能な商品も散見されます。ゆったりした時の流れを感じられる人気のチェアです。

自宅でユラユラと椅子に揺られながら、贅沢な癒しの時間を過ごしたい方におすすめ。一般的な椅子に比べて安定感がないというデメリットはありますが、転倒防止用のストッパーが脚に付いているなど、快適に利用できる工夫がされた商品も多くなっています。

オットマン付き(足先まで休めるタイプ)

足先までくつろげるリラックスチェアです。オットマン付きのリラックスチェアというと電動タイプを思い浮かべる方も多いと思いますが、電動でなくても、快適な座り心地を実現しています。多機能な商品が多いので、贅沢な気分になれますよ。

ほとんど水平にまで椅子をリクライニングさせれば、ウトウトと眠れてしまうのがオットマン付きリラックスチェアのメリットです。比較的サイズが大きいので置き場所をとるというデメリットはありますが、限られたスペースで使えるように工夫されているタイプもあります。

リラックスチェアの選び方

使いやすいサイズの商品を選ぶ

体格に合わせる

使い勝手の良さばかりに気を取られていると、いざ、使おうとしたときに想像していたよりも窮屈だったということがあります。大柄な方は座面幅50cm以上、奥行45cm以上のゆったりサイズがおすすめ。小柄な方は座面高40cm前後の商品選択を。

収納やデザインも意識する

頻繁に収納する場合には折りたたみタイプの選択を。折り畳み幅が20cm以下になるものもあります。常に部屋に置いておきたい方は、インテリアに合ったカラーを選んでみましょう。リラックスチェアそのものが、部屋を演出するアイテムになりますよ。

毎日使うことを意識して選ぶ

普段使う場所を考慮する

室内のほかにベランダや庭で使う機会が多くなる方は、持ち運びに便利な軽量タイプを選びましょう。最初から移動するときのことを考慮した商品も数多く発売されています。重量は3kg前後のリラックスチェアもあるので、女性でも簡単に持ち運びができますよ。

長時間座るならオットマン付きを

日々の疲れが酷く、少しでも長い時間リラックスチェアに座っていたい方は、少し大きめのオットマン付きを選んでも問題はありません。リラックスチェアは大きなインテリアとしても役に立ちますので、色を重視した商品を選ぶことも大事です。

リラックスチェアのおすすめブランド&メーカー

ニトリ

価格以上の満足を提供

全国展開している家具やインテリア用品の量販店ながら、独自ブランドの商品も開発しています。低価格でも長く使えるアイテムには多くの固定ファンも。お値段以上の満足感を得られるメーカーとしても、幅広い年代に知られています。

不二貿易

手頃な価格で上質な商品を

質の高い家具やインテリア用品、雑貨などを適正な価格で提供している企業です。オリジナルの商品は、消費者のニーズを反映するために徹底した市場調査を実施したうえで販売しています。気軽に手が届く上質さが人気です。

山善

低価格で多彩なアイテムが人気

家具インテリア用品、家電まで幅広く手掛けているブランドです。シンプルで使いやすい商品が多いので、予算が限られているときには助けになるメーカーといえるでしょう。価格も機能も抑えたいという方にはおすすめ。

イケア

コスパの高いおしゃれ家具

手頃な価格でおしゃれなデザインの商品を提供しているイケア。北欧発祥の企業なので、個性的なデザインのアイテムが多いのも特徴です。基本的に家具は自分で組み立てますが、それほど難しくはありません。家具は安く済ませたいという方にはおすすめです。

おすすめ&人気のリラックスチェアランキング

北欧風でおすすめのリラックスチェア

不二貿易-リラックスチェア(4,104円)

おしゃれなチェアを探している方にもおすすめ

深く座れば木の弾力によってゆっくりと揺れる癒しのリラックスチェアです。フレームには樺材を使用、強度だけではなく粘りもある素材なので、フィット感は良好です。幅約59cm、奥行約77cmで収納場所も取りません。

ハイバックにはクッションが付いているので、頭までしっかりサポートしてくれます。インテリアに合わせた6色展開なので、おしゃれなリラックスチェアを探している方にもおすすめ。シートカバーは取り外せるため、お手入れも簡単。

山善-リラックスチェア (10,990円)

コスパの高さが魅力

自然な木目と美しい曲線のシンプルなデザイン。ソファとほぼ同じ座面高約37cm、背もたれは約72cmで、しっかりと首までサポートしてくれます。座面幅約52cm、奥行約47cmのゆったりサイズです。

前面の脚部には、立ち上がり時などの点灯を防止するパーツが付いています。曲げ木の優しさも含めて、全体的に細かい気配りがされているリラックスチェアです。贅沢なくつろぎの時間を過ごしたい方におすすめ。

IKEA-ロッキングチェア(26,800円)

心地良い揺れが眠りを誘う

ビーチ積層材を使ったシンプルなデザインが特徴。ビーチ積層材とはブナの木のことです。堅いという特徴がありますが、曲げ加工にも耐える強さも備えています。身体にフィットするように曲げられたフレームで、座り心地も良好です。

シートのカバーは知り外して丸洗いできるので、日々のお手入れも簡単。静かな揺れも楽しめるので、ゆったり座ってそのままウトウトと寝てしまいたいという方におすすめ。レッドやグレーなどの色違いもありますよ。

アイリスオーヤマ-椅子ウッドアーム(5,380円)

お手頃価格のコンパクト

厚み14cmのモコモコとしたクッションが、長時間でも快適な座り心地をサポートします。座面までの高さは約26cm、程良い高さは立ち座りの負担を軽減します。アームは木製で掴みやすく、手触りも良好です。

ダイニングやリビングはもちろん、和室に置いても違和感のないシンプルなデザインです。幅約53cm、奥行約57cmで重さ約5.3kgと軽量コンパクト、女性でも持ち運びが簡単です。場所を変えてリラックスしたいという方におすすめです。

天童木工-ブルーノマットソンチェア(118,800円)

本物の家具職人が造る高級品

スウェーデンの家具職人ブルーノ・マットソンが作る至高のリラックスチェア。床が傷つかない床摺りの採用など、日本を知り尽くした氏だからこそできる個性的なデザインを楽しめます。和洋を問わず違和感のないデザイン。

素材にはホワイトビーチを使用。細いフレームと、それを包むキャンパス地がしっかりと体をサポートするため、快適な座り心地を実現しています。カラー展開は30種類以上、自分好みのリラックスチェアが欲しい方におすすめです。

オットマン付きやフットレスト付きでおすすめのリラックスチェア

ロウヤ-リクライニングチェア(22,990円)

豪華なフル装備タイプ

素材には柔らかくて上質なソフトレザーPUを使用。PUはポリウレタン樹脂性レザーのことで、疑似本革の中では最高級の仕上がりです。撥水性にも優れているため、日々のお手入れも乾拭きだけで済んでしまいます。

厚さが13cmもあるウレタンを座面とヘッドレストにたっぷりと使用、弾力のある心地良い座り心地を体験できます。リクライニングは片手で簡単に操作可能。足の先までしっかりとリラックスしたい方におすすめです。

HUGHAPPY-ハグラウンジチェア(135,000円)

人間工学に基づいた高級チェア

ハグアームが包み込むように内側に動くため、抱きしめられているような安心感の中でリラックスできます。座面に使っているクッションは、ウレタンフォームやSバネをの5層構造、いつでも快適な座り心地を実現してくれます。

無段階調整のリクライニングと4段階に調節できるヘッドレストで、自分好みの体制をキープできます。3色のカラー展開とウッドレッグのおしゃれなデザインなので、インテリアに合わせたい方にもおすすめです。

エムール-リラックスチェア(21,204円)

カラバリ豊富な多段階チェア

背もたれ7段階、膝14段階、頭14段階のリクライニング機能搭載、自分好みのポジションを簡単に探せます。座面は34、37、40cmの3段階に調節可能。楽な高さに合わせることで、立ち座り時の足腰への負担も軽減されますよ。

首と肩、腰の隙間をサポートするクッション付き。クッションが体圧を分散させるので、長時間でも快適に過ごせます。手持ちの家具にも合わせやすい3種類のカラーバリエーション。インテリアに統一感を出したい方におすすめです。

フットレスト付リラックスチェア(10,176円)

インテリアのアクセントとしても使える

肘掛を動かすだけの簡単リクライニング。背もたれは6段階、フットレストは14段階に角度が変えられます。体を支えてくれるふんわりクッションの厚みは約13cm。本体はS字バネ構造で、長時間の使用でも苦痛にはなりません。

折り畳めば厚さはわずか19cmに。家具の隙間にも収納できるので、使わないときでも邪魔になりません。定番のブラウンから、明るいオレンジまで、6色のカラー展開で、おしゃれなインテリアの演出にもおすすめ。

リラックスチェアひとり掛け(14,630円)

ノーブランドでも高コスパ

ゆったりと体を委ねられる約67cmの背もたれが特徴。表地にはソフトレザーを使用しているので、しっとりとした高級感とやわらかさを存分に体感したい方におすすめ。撥水性にもすぐれているため、お手入れも簡単。

ダイヤルで簡単に調節できる無段階リクライニング機能搭載。オットマンに足を乗せれば、エステサロンでリラックスしているような雰囲気に。高級感のあるエレガントアイボリーとアンティークブラウンの2色展開です。

アウトドアにおすすめのリラックスチェア

シラー-リラックスチェア(13,840円)

外でも使えるシンプルなチェア

リビングだけではなく、ベランダでも快適にリラックスできる折り畳み式です。持ち運びが簡単で、わずかな隙間にも収納することができます。ストッパー付きの無段階リクライニングが、快適な姿勢をしっかりキープ。

生地には、耐久性に優れ弾力もあるポリエステルを採用。ハンモックでくつろいでいるかのような、安心感を得たい方におすすめです。サイドには、スマートフォンやペットボトルが置けるホルダーが付いていますよ。

ニーチェア-エックスロッキングチェア(37,800円)

日本の環境を考えたデザイン

日本人デザイナーが日本の環境を考えてデザインしているため、使いやすさは良好です。幅約61cm、奥行約76.5cmというゆったりサイズ。折り畳めば幅が約15cmになるので、収納スペースに困ることもありません。

おしゃれなデザインも特徴。ダークブラウンとナチュラルの2種類の木部と、4色のカラーで8パターンを選べます。6.4kgと軽量なので持ち運びが簡単、室内外を問わず好きな場所で使いたい方におすすめ。

ニトリ-リラックスチェア(11,945円)

お値段以上の快適さ

ふんわりとして厚みがあるクッションに癒されるラタンのチェアです。ラタンは藤のことで、植物の中でも特に軽く、耐久性もあるしなやかな素材です。奥に傾いている座面がしっかりと体を支えるので、座り心地は快適。

あえて小さく低くデザインすることで、フィット感を高めています。座面の高さは38cm、重量は約6kgとコンパクトなので持ち運んで使うことも可能。ラタンは和の空間だけではなく、洋室にも合うため、おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

キャプテンスタッグ-アルミリラックスチェア(11,945円)

全身ゆっくりリラックス

幅約61cm、奥行約65cmから125cmのワイドタイプなので、ゆったりとくつろぐことができます。アルミニウムとポリエステルの組み合わせで耐久性は抜群。折り畳めば簡単に収納できるのも魅力です。

リクライニングは5段階に調節が可能。ヘッドレストにはクッションが入っているため、箱や足だけではなく、首や頭もしっかりと癒してくれます。オットマンが付いているので、足先までリラックスできますよ。

コールマン-ハイバックリラックスチェア(3,470円)

ひとり暮らしにも最適

背もたれの大きさはもちろん、角度にもこだわっているリラックスチェアです。フレームにはスチール、シートにはポリエステルを使っているため耐久性は良好、長時間座っていても座面が沈むことはありません。

小物やペットボトルが入るポケットが、両側のアームレストに付いています。重量は約3.7kg、折り畳めば幅が約14cmになるので、女性でも楽に持ち運べます。収納も簡単なので、ひとり暮らしの女性におすすめです。

まとめ

リラックスチェアでは「山善-リラックスチェア」がおすすめ

今回は、自宅でひとりゆっくりとくつろげるリラックスチェアをご紹介しました。多彩なデザインや機能で日頃の疲れを癒せるのは、リラックスチェアのメリットですね。気に入った商品があったら、ぜひ、ネットでチェックしてみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加