筋トレにおすすめのトレーニングベンチ人気ランキング!【腹筋や背筋に】

トレーニングベンチは筋トレをする際に必要なアイテムです。トレーニングジムでは必ず見かけるのではないでしょうか。トレーニングベンチにはさまざまな種類があり、多くの筋トレメニューをこなせるようになります。しかし、いざ選ぶとなるとたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。そこで今回は筋トレにおすすめのトレーニングベンチを紹介します。これから自宅で筋トレを始める人や筋トレのクオリティを上げたい人はぜひ参考にしてみてください。



トレーニングベンチの特徴

筋肉トレーニング時の効率を上げる

トレーニングベンチは筋トレの効率を上げることができるマストアイテムと言えます。自宅でできる筋肉トレーニングと言えば、腕立て伏せ・腹筋・スクワットぐらいでしょう。ですが、トレーニングベンチがあるとしたらダンベルを使ったプレス、カール、ダウンや道具を使わなくても角度を効かせたレッグレイズ、ヒップレイズ、ブルガリアンスクワットなどトレーニングの幅が広がります。

筋トレ初心者にもおすすめしたいアイテム

トレーニングベンチは筋トレの効果に大きく影響するので筋トレ初心者の人は購入するべきアイテムと言っても過言ではないでしょう。己の体のみでトレーニングするような腕立て伏せなどの自重筋トレは、フォームが崩れたり、負荷がかかりすぎて筋肉をうまく鍛えることができません。トレーニングベンチがあると体を安定させて鍛えたい部分をしっかり鍛えることができます。

トレーニングベンチの種類

コスパの良いフラットベンチ

フラットベンチは水平タイプのトレーニングベンチです。シンプルな構造で折りたたみ式などもあり、狭い部屋でもコンパクトに収納できるのも魅力です。使いたい時に出して使用できるので邪魔にもなりません。低価格なものでは5,000円ほどで購入できます。

フラットベンチがあるだけで、体全体の筋肉を鍛えることができます。ベンチの耐久重量も200kg前後と高く、ダンベルなどを使ったウェイトトレーニングも可能です。フラットベンチは非常にコスパの良いトレーニングベンチなので初心者の人にピッタリと言えます。

角度のあるトレーニングができるインクライン・デクラインベンチ

インクライン・デクラインベンチは、上や下に角度のついたトレーニングベンチです。インクラインは頭側が高くなったベンチ。デクラインは逆に頭側が低くなっているベンチとなっています。角度があるので筋肉への負荷がさらに上がり、トレーニング効果を上げることができます。

しかし、これらは角度を変えることができないトレーニングベンチもあります。自分がトレーニングしたい種目が決まっていて、その筋トレ法がインクライン・デクラインのどちらかに当てはまっているのであれば購入しても良いでしょう。自由に角度を変えて、いろんな筋トレを行い人には向いていません。

トレーニングの幅が広がるアジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチは、インクライン・デクラインベンチの角度を自由に変更できるマルチタイプのトレーニングベンチです。角度を自由自在に変えることができるので筋トレ方法や筋肉への負荷など自分好みに変更して行うことができます。

本格的にトレーニングを始める人やもっとトレーニングの効率や効果を上げたいという人はアジャスタブルベンチがおすすめです。トレーニングベンチの中でもトレーニングの幅を最大限に広げることができるので、成果を出したい人はぜひ持っておきましょう。

収納機能に優れているフォールディングベンチ

フォールディングベンチは、フラットベンチとよく似ていまが一回り小さく耐久重量も低いです。ストレッチや軽いフィットネス目的ならフォールディングベンチで十分でしょう。ガッツリ筋トレをしたい人には持て余してしまうかも知れません。

折りたたみ可能なものが多く、収納性にも優れています。軽量なのでベンチの移動も手軽というのが最大のメリットでもあります。まずはトレーニングベンチをどんなものか試したいという人はフォールディングベンチから始めてみても良いでしょう。

トレーニングベンチの選び方

耐荷重量は200kgを基準にして選ぶ

フリーウェイト目的ならば200kgでもOK

トレーニングベンチは耐荷重量をしっかりと考慮する必要があります。トレーニングベンチにはそれぞれ耐荷重量があり、耐荷重量をオーバーするとベンチが安定しなくなったり、バランスが崩れたりとケガをする恐れがあります。ダンベルなどを使わないフリーウェイトであれば耐荷重量200kgほどで安心して使うことができるでしょう。

重たいダンベルやバーベルを使う場合は自分の体重も考慮する

ダンベルやバーベルを使用するのであれば、自分の体重+ダンベルの重さで耐荷重量を超過しないかチェックしてください。そのためウェイトトレーニング目的で購入する際は余裕を持った耐荷重量とチェックは必要です。ダンベルなどの重さにも寄りますが、鍛えて重量が上がることも考慮して300kgは欲しいところです。

トレーニング効果が得られる適切なサイズを選ぶ

ベンチに寝転がってシート幅をチェック

トレーニングベンチに寝そべって行うようなトレーニングをする場合、シートの幅は24~26cm幅を選ぶといいでしょう。一般的な体型でしたらこのくらいの幅で多くのトレーニングに対応できます。シートの幅が狭いと体が安定しないのでトレーニングの効果が半減したり、ケガをする恐れもあります。

体を安定させるために座面の高さも意識して

座面の高さも非常に重要なチェック項目です。目安としては座面50cm未満のトレーニングベンチを選ぶといいでしょう。脚の長さにもよりますが、シートに座った時や寝そべった時に座面が50cm以上あると足の裏が床にペタッとつけることができない場合もあります。そうなるとうまく踏ん張れないので体が安定しません。特にウェイトトレーニングをする人は必ずチェックしてください。

トレーニングベンチのおすすめブランド・メーカー

ユーテン

コスパの良い器具が揃っている

ユーテンは10,000円以下の商品が多く、折りたたみのフラットベンチやマルチシフトアップベンチなど主に取り扱っています。コスパが良いのであまりお金をかけずに質のいい物を探している人におすすめです。

リーディングエッジ

筋トレ初心者の登竜門

フラットベンチからアジャスタブルベンチまで豊富な種類を取り揃えているのがリーディングエッジです。安全性やトレーニング効率をしっかりと考えられて作られています。初心者からの支持率がとても高いです。

アイテロック

不動の人気を誇るトレーニング器具ブランド

トレーニング器具全般を扱うアイテロックはとても人気のあるブランドです。豊富な種類のトレーニングベンチの他にもダンベルやバーベル、トレーニングマシンなども多く取り扱っています。筋トレ上級者におすすめです。

ワサイ

コンパクトに収納できるトレーニングベンチが豊富

自宅でできる健康器具を扱うブランドでコスパが良く、収納性に優れているトレーニングベンチを扱っています。狭い日本の住宅で使用することを前提に作られているのでコンパクト設計でとても使いやすいという特徴があります。

おすすめ&人気のトレーニングベンチランキング

軽い筋トレにおすすめのフラット型トレーニングベンチ

STJ-フラットベンチ プラス(7,344円)

安定性を重視したフラットベンチ

安定性を重視した設計が特徴的なSTJのフラットベンチです。Y字型の脚が左右のバランスをしっかりとってくれています。足元はダブルネジでしっかりと固定することで安定感をアップ。さらに70cm×50cmの太いフレームを採用しており、安定性と耐久性を向上させています。

シートには厚さ75mmの品質が高い人口皮革を採用しています。こちらは10000回以上の運動テストをクリアしており、ハードなトレーニングにも耐えることが可能です。筋トレ初心者におすすめの非常にコスパが良いトレーニングベンチです。

アイロテック-フラットベンチ(9,828円)

おしゃれなデザインがトレーニング意欲を高めてくれる

赤と黒のスタイリッシュなデザインが筋トレ意欲を掻き立ててくれるアイロテックのフラットベンチです。本体重量が10kgと軽量設計なので移動もラクラクです。組み立ても簡単で約10分ほどで組み立てられます。使わないときは分解しておいても良いですね。

耐荷重が120kgと低めなので、そこだけ注意してください。フリーウェイトや軽めのダンベルなどを使用する分には十分です。本体には組み立て工具が付属されていません。組み立てには14mmレンチと17mmレンチ1本ずつ必要です。

ダンベルトレーニング-フラットベンチ(4,940円)

極太フレームと厚みのあるクッションで体を保護

耐荷重250kgとしっかりとした構造が特徴的なフラットベンチです。しなって折れやすい先端部はしっかりと補強が施されています。極太のフレームは安定性を確かなものにして耐荷重250kgを実現。7.5cmの厚みのあるクッションが背中や腰をしっかりと保護してくれるのでまだ体ができていない初心者におすすめです。

脚の部分にフックが付いているのでダンベルなどを引っ掛けておくことができます。直径26cmまで引っ掛けて置けるほどでダンベルが多い人にも最適です。また座面の高さは42cmとしっかりと両足で踏ん張りが効きます。

折りたたみやキャスター付きでおすすめのトレーニングベンチ

ワサイ-インクラインベンチ(6,980円)

90°まで4段階調整できるインクラインベンチ

コスパの良いインクラインベンチをお探しの人はワサイのトレーニングベンチはどうでしょうか。フラットベンチやインクラインベンチとして使うことができます。ワンタッチ折りたたみ式で使わないときは押入れや物置にしまっておくことも可能です。

耐荷重は180kgと基本的な筋トレメニューはこなせます。インクラインベンチは頭が上がっているタイプのトレーニングベンチで角度は30°60°90°と3段階調整できます。シート幅も27cmとしっかりと体を支えてくれるのが特徴です。

ユーテン-インクラインベンチ(10,800円)

40段階の角度調整でトレーニングのレベルアップに最適

こちらのトレーニングベンチは座部5段階と背部8段階の合計40パターンの角度調整が可能です。初心者の人でも大胸筋を全体的に鍛えることができます。角度調整が豊富なので無理なく筋肉に負荷をかけられます。耐荷重300kgあるのでトレーニングのレベルアップに最適です。

もう1つの特徴が移動用のキャスターとハンドルが付いているということです。移動や収納時にとても便利な機能となっています。また幅80mm土台に40mmの支柱でしっかりと支えられているので安定感もバッチリです。

ユーテン-3WAYトレーニングベンチ(12,800円)

3WAYのマルチタイプでトレーニングの幅が広がる

フラット・インクライン・デクラインの3WAY仕様でトレーニングの幅がグンと広がるのがこちらのベンチです。耐荷重300kgまで対応しており、フリーウェイトはもちろん、ダンベルを使ったトレーニングからバーベルトレーニングまで幅広く活用できるのが魅力です。

シートは-20°から88°まで角度調整が可能です。インクラインとデクラインに対応しているということで安定性に不安を感じるかも知れませんが、5本の強いパイプでしっかりと固定できるので安定性も抜群です。他にもベンチにかかる重心を分散させることで強度と安定性を生んでいます。

腹筋でおすすめのトレーニングベンチ

バッグレイ-ドラゴンフラッグ対応ベンチ(11,800円)

上級者向け腹筋トレーニングに必要なドラゴンフラッグバー搭載

こちらもフラット・インクライン・デクラインと3通りの使い道ができるトレーニングベンチです。特徴は上級者向けトレーニングの上半身を固定して下半身だけ動かすドラゴンフラッグができます。ベンチには「ドラゴンフラッグバー」が付いており、しっかりと上半身を固定できるので腹筋をしっかりと鍛えることができます。

背面シートが-30°から90°までの7段階調整が可能です。座椅子面シートが3段階調整の35°と細かく設定できるのも魅力となっています。他にも調整はダイヤル式となっており簡単に角度調整ができます。クッション性に優れているシートはラインが施されていて滑り防止の役割も果たしています。

ワサイ-4in1マルチベンチ(12,980円)

バックエクスステーション・インクラインなどさまざまなベンチに対応

こちらはワサイの高機能アジャスタブルベンチです。フラット・インクライン・デクラインはもちろん、バックエクスステーションベンチとしても使用可能です。バックエクスステーションベンチとして使用することで、体のほとんどの部分を鍛えることができます。シートは通気性の良い高品質のカバーを採用。長く使えるのも魅力の1つです。

耐荷重が150kgなので重たいダンベルなどを使用した本格的なトレーニングは避けた方が良いでしょう。筋肉に少し負荷をかける程度の重さくらいが丁度いいのではないでしょう。各シートの角度を細かく設定するだけでさまざまなトレーニングに対応してくれます。上級者にも初心者にもおすすめできるトレーニングベンチです。

ボウフレックス-アジャスタブルベンチ(39,990円)

機能性を重視たアジャスタブルベンチ

背部と座部合わせて6段階の角度調整が可能です。フラットベンチはもちろんインクラインとデクラインにも対応しているアジャスタブルベンチとなっています。角度は90°・60°・45°・30°・0°・-17°と細かく設定ができて自分好みのトレーニングができます。

レッグホールドが備え付けてありますが、好みで取り外しができます。トレーニングに合わせてカスタマイズしてみてください。機能性が充実しているのでトレーニング方法にこだわりがある人に向いているベンチでしょう。

アイロテック-マルチポジションベンチ(46,980円)

さまざまな部分を角度調整可能で本格的なトレーニング

激しいトレーニングにも耐えられるように頑丈に作り込まれているマルチポジショントレーニングベンチです。ダンベルやバーベルでのトレーニングには欠かせない角度を細かく調整できます。またショルダープレスまでのポジションも設定可能です。踏ん張り力をヘルプしてくれるハンドルも各部分に取り付けてあります。

高級感漂うシートはしっかりとした厚みがあり、ほど良い弾力性もあるので体を保護してくれます。重たいダンベルやバーベルを持ち上げても背中や腰にかかる負担を最小限まで軽減してくれるでしょう。商品本体が少し大きめですが、移動用キャスターが付いているので楽に動かせます。

背筋におすすめのダンベルがセットになったトレーニングベンチ

リーディングエッジ-スタート 5点セット(13,400円)

トレーニング入門キットとして初心者にもおすすめ

リーディングエッジの筋トレスターターキットです。フラットベンチとジョイントマット、10kgのダンベルを2個がセットになっています。これから本格的に筋トレを始める初心者の人に非常におすすめできるトレーニングベンチです。またチョコレート味のプロテインも付属されています。

フラットベンチとダンベルがあるだけで自宅で本格的なトレーニングが可能です。ダンベルプレスやダンベルフライ、ダンベルプルオーバーなどトレーニングの幅が広がります。ジョイントマットがあるので床に傷をつけることなく使用できるのもポイントです。

ダンベルトレーニング-フラットベンチ ラバーダンベル 15kg(16,463円)

フロアマット付きで床に傷が付きにくい

フラットベンチも良いですがもう少し凝ったトレーニングをしておきたいという人はこちらのトレーニングベンチがおすすめです。フラットベンチに補助ハンドルが付いており、シットアップベンチに切り替え可能なので効率よくトレーニングができます。

付属のエクササイズマットは準備運動時に使用できる他にも床への傷つき防止として役に立ちます。フリーウェイトでもウェイトトレーニングなど幅広く活躍してくれるトレーニングベンチセットです。フラットベンチでは物足りないと感じる人はインクラインやデクラインに切り替えられるベンチシートが良いでしょう。

アイロテック-トライアルセット(20,844円)

おしゃれデザインの20kgのダンベル2個セット

おしゃれなデザインが特徴的なフラットベンチとダンベルがセットになっているシンプルなスターターキットです。赤のラインがクールに決まっているので部屋のインテリアにもなりますね。ダンベルも赤と黒がメインのデザインで筋トレ意欲も向上するでしょう。

ダンベルは20kg×2個セットで初心者には重たいかも知れませんが、これから体を作っていく意味でもこのくらいの重さは必要です。フリーウェイトトレーニングでしっかりと基礎となる筋肉をつけてダンベルで負荷をかけていく。基本的なトレーニングができるベンチです。

アイロテック-チャレンジセット(26,352円)

折りたたみでコンパクトに収納できるのも魅力

こちらは上級者向けのトレーニングベンチセットです。セット内容にはベンチプレスバーベルセットとダンベルが付属されています。2.5kgプレートが4枚、1.25kgプレートが4枚、10kgのバーベルシャフトが1本、そして2.5kgのダンベルシャフトが2本です。

使わない時は折りたたんでコンパクトに収納できるのもポイントです。ベンチプレスセットやフラットベンチを出しておくと結構場所を取るので折りたたみ機能は嬉しいですね。まずはこちらのセットで体を作っていき、トレーニングレベルに合わせてプレートやトレーニングラックをグレードアップしていくと良いでしょう。

ワイルドフィット-トレーニングジムセット(52,000円)

自宅を専用のジムに変身させていつでもトレーニングを

白を基調としたデザインがおしゃれなトレーニングジムセットです。フラットベンチにベンチプレスセット、セーフティスタンドとバーベル・ダンベルが付属で付いてきます。セーフティスタンドはあるととても便利です。安全にトレーニングする上で欠かせないアイテムとなっています。

バーベル・ダンベルセットは合計100kgあります。1人でベンチプレスをしていて、万が一上げきれなかった場合に役に立つでしょう。セーフティスタンドの高さも自由に調整できるので無理なく筋トレすることが可能です。筋トレを始めると自宅をトレーニングジムにしたい願望は出てきます。その第一歩としておすすめできるベンチセットです。

まとめ

さまざまな用途で使えるトレーニングベンチがおすすめ

今回は筋トレにおすすめのトレーニングベンチを大まかに初心者向けと上級者向けと分けて紹介しました。筋トレはレベルアップしていきます。そのため購入するならさまざまなトレーニングができるトレーニングベンチがおすすめです。自宅にトレーニングルームを一部屋まるまる確保できないという人は収納性に優れたもの選ぶといいでしょう。トレーニングへの本気度ややりたいトレーニング法など自分に合ったベンチを探すようにしてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加