ご飯冷凍容器のおすすめ人気比較ランキング!【冷凍ご飯の保存に】

炊いたご飯を清潔に保存しておきたい時に使いたいご飯冷凍容器。冷凍したご飯をレンジで温めるだけで、炊きたてのようなおいしいご飯をすぐに食べられますよ。今回は、ご飯冷凍容器のおすすめランキングを、種類や選び方とあわせて紹介していきます。家事にご飯冷凍容器を導入するか考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ご飯冷凍容器の特徴

レンジにかけるだけで冷凍ご飯が炊きたてに変身

冷凍したご飯をおいしく解凍するのは結構難しいですよね。しかしご飯冷凍容器を使えば、レンジでチンするだけで炊きたてのようなご飯が完成します。いつでも手軽にほかほかご飯が食べられますよ。

ラップを使うより清潔に保存できるので衛生的にも安心

ご飯をラップで冷凍しようとすると、隙間が空いてしまうこともありますよね。ご飯冷凍容器ならしっかり密閉できるので、ご飯が空気に触れにくいです。ご飯を清潔に保存でき、衛生面でも安心ですね。

ご飯冷凍容器の種類

丸形

お茶碗1杯分のご飯を保存できて一人暮らしの方にもぴったり

ご飯をお茶碗1杯分ずつに分けて保存できるものが多くなっています。レンジにかけて温めた後、そのままお茶碗代わりにも使えるため、いちいちご飯を移し替える必要がありません。洗う食器の数を減らせて便利ですよ。

デザインにこだわって選べば、お茶碗を買う手間も省けます。ご飯をたくさん炊いて保存しておけるので、自炊をよくする一人暮らしの方におすすめ。炊くご飯の量に合わせて、同じ容器を複数個そろえておくといいでしょう。

四角形

一度にたくさんご飯を炊いた時でも大容量保存ができる

丸型より容量が多く、たくさんのご飯を保存できるのが特徴です。1つの容器に1食分以上のご飯を入れられるので、家族で食事をする時に一気に解凍できます。家事の時短にも繋がるので、忙しい主婦の方におすすめです。

四角形のご飯冷凍容器なら、冷凍庫の中に隙間なくきれいに収納できます。ご飯だけでなくおかずの保存も可能で、マルチに使えるのもポイントです。使い勝手がよく、家族みんなで食事を楽しむご家庭にぴったりですよ。

ご飯冷凍容器の選び方

ご飯をおいしく食べるために内部構造で選ぶ

ふっくらご飯を味わいたいならザル型で炊き立てのおいしさを

タッパー部分とザル部分が二重構造になっているのが特徴です。レンジでご飯を加熱した時に、ザルの隙間から水分が下のタッパー部分に落下。スチームのような効果を果たしてくれるため、冷凍ご飯が炊きたてご飯に変身します。ふっくらとしたおいしいご飯が食べられるので、冷凍ご飯のパサパサ感が気になる方におすすめです。

温めムラが気になるなら内側まできちんと温まる凸型がおすすめ

容器の底や側面に山のような盛り上がりがあるタイプの容器です。この盛り上がりのおかげで、ご飯をムラなく内側までしっかり温められます。温め途中でわざわざ取り出して蓋を外して混ぜたり、様子を見て何度も温め直したりしなくて済むのも嬉しいですね。忙しくて食事の準備にあまり時間をかけられない方にもおすすめです。

ご飯を食べる量に合わせて容量で選ぶ

普通のお茶碗に盛るなら250ml前後が使いやすい

温めたご飯をそのまま食卓に並べたいという方は、ご飯を食べる量に合わせて容器を選びましょう。普通サイズのお茶碗を使っている方なら、250mlくらいの容量がおすすめ。ご飯をお茶碗に少しずつ取り分ける手間がかからないため、とても便利ですよ。ご飯が食べきりサイズになっており、残すリスクが少ないのも嬉しいですね。

大盛りご飯を食べたいなら350mlがぴったり

ご飯をよく食べる方や食べ盛りのお子様がいるご家庭には、350mlくらいの容量の容器がおすすめです。350mlはいわゆる大盛りサイズなので、大きめのお茶碗や丼ぶりに盛るのにちょうどよくなっています。小さい容器をいちいち温めて移し替える必要がなく、ご飯の消費量が激しいご家庭でもレンジの稼働時間を短縮できますよ。

頻繁に使いたい場合はお手入れのしやすさで選ぶ

こびりついた米粒が気になるなら縁や底がまっすぐなものを

米粒が乾燥して容器にこびりついてしまうと、簡単に落ちなくて大変ですよね。そんな頑固な米粒の汚れが気になる方には、容器の縁や底がまっすぐになっているものがおすすめです。容器に凹凸がなければ、米粒がくっついてしまってもささっと洗いやすいですよ。洗った後の乾燥もスピーディーなので、家事の時短にも繋がります。

食洗器や乾燥機を持っているなら対応しているかをチェック

自宅に食洗器や食器乾燥機があるなら、ご飯冷凍容器がそれらに対応しているかどうかを確認してから選ぶのがおすすめ。容器の使用頻度が高い場合、毎日のお手入れを短縮するためにも特に注目したいポイントです。洗浄や乾燥の妨げにならないような構造のものを選ぶようにすれば、汚れが落ち切らずに困ることもありませんよ。

ご飯冷凍容器のおすすめブランド・メーカー

クレハ

凸型構造で冷凍ご飯をムラなく温めておいしく仕上げる

小さめの130mlから大盛りの375mlまでの3種類を展開しています。容器の底が凸型構造になっており、レンジの加熱ムラを防げるのが特徴。重ねて省スペース収納ができ、たくさん容器を使う方にもおすすめです。

SKATER(スケーター)

外へ熱を伝えにくい二重構造でご飯の粗熱を取らずに冷凍できる

本体とスリット付きのザルが二重構造になっている容器が有名です。様々なデザインを扱っており、容器をお茶碗として使っても違和感がありません。丸形も四角形もあり、色んな容器を比較したい方におすすめです。

MARNA(マーナ)

シンプルなデザインで重ねてコンパクトに収納できる

シンプルな見た目のご飯冷凍容器で、キッチン周りにこだわりのあるおしゃれな方にもおすすめです。中にはザルが付いており、炊きたてのようなご飯を味わえます。食洗器と乾燥機に対応しているのも嬉しいですね。

Nitto(ニトムズ )

蓋の両面使用が可能でランチパックとしても使える

1食分ずつご飯が冷凍できる容器を展開しています。蓋の両面が使用可能で、ご飯やおかずなど、入れるものに合わせて使い分けが可能。ランチパックとしても有能で、マルチに使える容器をお求めの方にもおすすめです。

おすすめ&人気のご飯冷凍容器ランキング

丸形でおすすめのご飯冷凍容器

クレハ-キチントさん ごはん冷凍保存容器 一膳 (398円)

底の凸型構造で冷凍ご飯をムラなくおいしく温める

容量250mlのご飯冷凍容器が5個セットになっています。お茶碗1杯分のご飯の保存が可能で、レンジで温めた後そのまま盛って食べられますよ。蒸気弁を開ければ蓋をしたまま加熱でき、蓋を開ける手間がかかりません。

ドーナツのような凸型構造が特徴で、ご飯の加熱ムラを防いでおいしく仕上げます。5個セットになっているため、一人暮らしで複数使いしたい方にもおすすめです。使わない時は重ねられるので、コンパクトに収納できます。

EBiSU-絶品ごはん保存 (252円)

粗熱を取らずに炊きたてご飯のおいしさを冷凍しておける

二重構造で外気へ熱を伝えにくいため、炊きたてのご飯をそのまま冷凍保存できます。粗熱が取れるのを待つ時間のない忙しい方におすすめ。内容器と外容器の間を蒸気が通り、炊きたてご飯の味をレンジ1つで再現できます。

容器の底に凸型構造を採用しています。加熱部位を増やして熱伝導率を高めることで、ご飯をムラなく均一に温められますよ。蓋の裏には突起が付いており、集まった水分をご飯に落としてふっくらさせる効果を持っています。

クレハ-キチントさん ごはん冷凍保存容器 小盛 (416円)

130mlの超少量容器でお子様やシニア世代の方でもしっかり食べきれる

130mlの少量のご飯冷凍容器が5個入っています。小さめのお茶碗にぴったりの容量で、小さなお子様やシニア世代の方でも食べきりやすいのが特徴。ヘルシー志向の方やダイエット中の方にもおすすめです。

凸型構造を採用しており、ご飯をムラなく均一に温められます。蒸気弁を開けておけば、蓋をしたままでもレンジでの加熱が可能です。同型の容器を重ねておけるので、使っていない時でもスペースを取りませんよ。

ASVEL-早ワザレンジ名人 (1,080円)

ご飯の冷凍保存だけでなく多くの食材のストックもできる

食材を入れた後、エア弁を開ければ蓋をしたままでもレンジにかけられる保存容器です。冷凍保存からレンジでの加熱まで、これ1つでこなせます。ご飯の冷凍保存はもちろん、作り置きのおかずなども保存可能です。

使用場面を選ばず使いやすいですが、容器が4つ付いているので足りなくなる心配が少ないです。容量は270mlで、お茶碗1杯強のご飯を入れておけます。ご飯だけでなく、おかずも冷凍しておきたい方におすすめです。

クレハ-キチントさん ごはん冷凍保存容器 大盛 (415円)

大盛りご飯でも凸型構造でムラなく温めておいしく食べられる

大容量の375mlで、容器1個で240gから300gほどのご飯を入れておけます。大盛りのご飯をしっかり食べたい方におすすめのサイズ感です。成長期のお子様がいるご家庭や男性の一人暮らしにもぴったりですよ。

クレハのご飯冷凍容器にお馴染みである、容器の底の凸型構造を採用しています。大盛りのご飯でも、ムラなく均等に温められますよ。使用しない時は重ねて収納できるため、キッチン周りがかさばらないのもポイントです。

四角形でおすすめのご飯冷凍容器

Nitto-ごはん冷凍パック M (291円)

蓋を使い分けてご飯もおかずもコンパクトに収納できる

容量200gの容器が4枚入っており、それぞれ1食分のご飯を冷凍保存できます。蓋を裏表の両方が使えるのが特徴です。ご飯を入れる時は凹んだ方を使えば密閉容器に、凸出した方を使えばランチパックとしても使えます。

積み重ねて収納できるため、冷凍庫や冷蔵庫のデッドスペースを生み出しません。使わない時も重ねてしまっておけるため、コンパクトに収納できますよ。マルチに使える便利な容器をお探しの方にもおすすめです。

Ziploc-ジップロック コンテナー ごはん保存容器 一膳用 (347円)

容器側面の溝でスチームがご飯全体に満遍なく行き渡りふっくら仕上がる

容器の側面に溝が入っているのが特徴です。レンジで加熱する際に水蒸気が溝を通過するため、ご飯全体がムラなく温まります。スチームの効果でご飯への水分も行き渡り、ふっくらおいしいご飯が食べられますよ。

底のエンボス加工で下に水滴が溜まり、ご飯に水が直接触れません。そのため、ザルなしでもご飯がべたつかずに仕上がります。1食分のご飯が入るのに薄型で収納スペースを取らず、冷蔵庫が小さい方にもおすすめです。

ASVEL-レンジ名人 (1,080円)

510mlの大容量でご飯もおかずもたっぷり保存できる

レンジ加熱と冷凍保存に対応している長方形の容器です。ご飯を炊きすぎた時でも、容器は4つもあるうえに容量が510mlもあるので、しっかり保存しておけます。ご飯を食べることが多いご家庭におすすめの容器です。

ご飯だけでなく、作り置きのおかずなどを入れてストックしておけます。同じ容器を重ねて収納でき、デッドスペースが生まれません。また、持ち手が付いているので、熱々の食材を入れても安心して持ち運べます。

Nitto-ごはん冷凍パック L (305円)

ご飯300gを保存可能でたくさん食べる方でも安心して使える

300gのご飯を保存できるご飯冷凍容器です。お茶碗大盛り1杯分の量になっており、育ち盛りのお子様がいるご家庭やご飯をよく食べる方におすすめ。蓋が凹んでいるので容器を重ねて収納でき、スペースを取りません。

ご飯だけでなく、おかずなどの保存やランチパックにも使えます。また、蓋の両面使用ができるのもポイント。ご飯やおかずを入れて重ねて収納したい時は凹面、ランチパックに使いたい時は凸面を使うといいですよ。

イモタニ-便利な一人分冷凍パック6P (462円)

普通盛りのご飯が入る容器が6つ付いていてコストパフォーマンスが良い

約200gのご飯を入れられるご飯冷凍容器です。底にたくさんの突起が付いており、米粒や食材がくっつきにくくなっています。6つ入ってワンコインで購入できるため、コストを抑えたい方におすすめです。

ご飯はもちろん、余ったおかずや冷凍フルーツの作成にも使えます。蓋の両面使用が可能で、凹み側はご飯に、凸側はお惣菜などに使うのにぴったり。薄くて軽いので冷蔵庫や冷凍庫のスペースを取らないのも魅力です。

ザル型でおすすめのご飯冷凍容器

MARNA-極 冷凍ごはん容器 (2,156円)

底のすのこパーツで余計な水分をカットしべたつきを防ぐ

ホワイトカラーのご飯冷凍容器が4つ入ったセットになっています。容量は180gで、お茶碗1杯分にぴったり収まるサイズ感です。薄くて丸みのある可愛らしいデザインで、そのままお弁当のご飯にも持っていけます。

容器の底にすのこ型のパーツが付いており、蒸気がご飯をふっくら仕上げます。さらに、水分が底に溜まらないので、ご飯がべちゃっとしません。使いやすくておしゃれなご飯冷凍容器をお探しの方におすすめです。

SKATER-ザル付き ご飯冷凍保存容器 260ml (330円)

ご飯の保存はもちろんシュウマイなどの蒸し料理もおいしくできる

中にグリーンのザルが付いているタイプのご飯冷凍容器です。容量は260mlで、ご飯1食分くらいの量を保存しておけます。中のザルが水分を蒸気に変化させてくれるので、ふっくらとした温かいご飯を楽しめますよ。

ご飯を冷凍する時だけでなく、シュウマイなどの蒸し料理を作るのにも使えます。ご飯の保存はもちろん、蒸し料理も試してみたい方におすすめです。四角形なので冷凍庫でも無駄なスペースを取らずに収納できます。

ナカヤ化学-ふっくらパックA 10個セット (1,078円)

1個約100円でコストパフォーマンス抜群のご飯冷凍容器

1個約100円のご飯冷凍容器が10個セットになっています。ザルと本体の二重構造になっており、ご飯から出た水分を容器全体に行き渡らせてくれます。低コストなのにおいしいご飯に仕上げてくれますよ。

容量は340mlとやや多めで、ご飯の消費量が多いご家庭でも安心して使えます。薄型なので冷凍と解凍にかかる時間が短いのも魅力。低コストで手に入りやすく、初めてご飯冷凍容器の購入を考えている方におすすめです。

SKATER-薄肉ごはん冷凍保存容器M ベーシック RGO2  (528円)

炊きたてご飯の水分を温めながら戻してふっくら食感を再現してくれる

炊きたてのご飯をすぐに冷凍できるタイプのご飯冷凍保存容器です。本体とザルの二重構造になっており、レンジでチンする際にご飯全体に水分を行き渡らせます。冷凍ご飯はパサパサというイメージが覆りますよ。

二重構造なので熱を外に伝えにくく、冷凍庫に入れる前に粗熱を取る必要がありません。容量は380mlなので、大盛りのご飯を召し上がる方にぴったり。冷凍と加熱の時間が節約できるため、忙しい方にもおすすめです。

森井-竹炭入りごはん用スチーマー保存容器 (520円)

竹炭を使用した容器でレンジの熱伝導率を上昇させてしっかり温める

本体に竹炭を配合しているご飯冷凍容器です。竹炭のパワーでレンジの熱の伝導率が上昇し、ご飯全体をムラなく温められます。蓋に付いた水滴が垂れにくいのも魅力で、ご飯に水がかかってべたつくことがありません。

ザルタイプの受け皿は取り外して洗えるので衛生的です。温める際はお湯を回しかけてからレンジに入れると、蒸気でふっくらとしたご飯ができますよ。ザルと凸型の両方の効果を持った容器が欲しい方におすすめです。

まとめ

食生活に合ったご飯冷凍容器がおすすめ

ご飯冷凍容器を選ぶ時は、自分の食生活に合わせるのがおすすめです。一人暮らしならご飯を1食分で保存できる丸形、家族で使うなら大容量の四角形を中心に見てみるといいですよ。ご飯冷凍容器を使って、おいしいご飯を手軽に召し上がってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*