2018おすすめのウォークマン人気ランキング!【高音質の新型モデルも】

音楽プレーヤーは今や現代人にとっては欠かせないアイテムですが、ほとんどの人はスマホを音楽プレーヤー代わりにしているのではないでしょうか。今ではその方法が主流になりつつありますが、スマホとの同時使いには悩みも付きもの。充電の減りが速くなったり容量が足りなくなったり、中にはもっと高音質で音楽を聴きたいと思っている方もいると思います。それらの悩みを解決するのが、音楽再生に特化したSONYのウォークマンです。今回は、そんなウォークマンの特徴や、最新型のおすすめ製品についてご紹介します。もっと音楽を楽しみたいと思っている方や、ウォークマン選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。



ウォークマンの特徴

高品質な音楽を手軽に楽しめる

SONY(ソニー)から発売されているウォークマンですが、最大の特徴は音質の良さにあります。音楽プレーヤーのシェアをウォークマンと二分しているiPodは、スマホ同等の機能を持っていることで人気ですが、音質についてはウォークマンに劣ります。ウォークマンはスマホのようなアプリが使えたりする機能はないものの、ハイレゾ対応だったりノイズキャンセリングが充実していたりと、音質に関してはかなりこだわって作られています。

新型ウォークマンはノイズキャンセリングがすごい

ノイズキャンセリングというのは、外部の音をシャットアウトすることが出来る機能です。この機能が充実していると、周りの音に邪魔されることなく音楽だけに集中出来るのですが、新型のウォークマンにはこの機能が標準で搭載されています。ノイズキャンセリングをつけても音質が劣化しないところや、本物の無音空間を作り出せるレベルの高さがとても評価されています。

ウォークマンの機能

Bluetooth機能(ワイヤレスイヤホンに無線で音を届ける)

ワイヤレスでも音楽が聴けるBluetoothは、今では大体の音楽プレーヤーに付いている機能です。最近ではコードレスで使い勝手が楽なワイヤレスイヤホンも主流になってきているため、なくてはならない機能になりつつありますね。運動中など、出来るだけ身軽に使いたいという時によく使われています。

とても便利なBluetooth機能ですが、無線で音を飛ばすときにデータを圧縮するので、音質がやや下がるのがデメリット。しかしSONYのウォークマンには、LDAC対応の機種もあるので安心です。LDACに対応していると、無線で飛ばした音を高音質化出来るため、Bluetoothを経由しても高音質のまま音楽を聴くことが出来るのです。

外音取り込み機能(周囲の音を適度に取り込み安全に)

こちらは無音状態をつくるノイズキャンセリング機能とは逆の機能。音質はそのままに、車の音や電車のアナウンスなどの周囲の音を拾えることで人気の機能です。この機能は、SONY製の外音取り込み対応イヤホンとセットで使う必要があります。

外音取り込み機能は、外で使うことが多い方におすすめです。全くの無音だと周囲の状況に気づけず、安全性に欠ける部分もありますが、この機能が付いていればそんな心配も軽減されます。死角からくる車や踏切の音など、危険がたくさん潜む外では外音取り込みを上手く活用したいですね。

USB-DAC機能(PC内の音楽ファイルを高音質で再生)

PCのUSBメモリにウォークマンを接続することで、PCに保存された音楽を再生出来る機能です。PCから直接音楽を再生することは出来ますが、PCは音楽再生のために作られたものではないので音質には期待できません。しかしこの機能を使えば、音楽再生に優れたウォークマンを経由させることで、高音質での音楽再生を可能にします。

最近では音源の入手方法も様々で、CDはもちろんiTunesなどでダウンロードする人も増えています。どちらにせよ、PCで音楽データを管理することが多いと思いますが、せっかく聴くなら高音質の方が良いですよね。USB-DAC機能付きのものならば、音楽データをウォークマンに移動させなくても高音質再生が可能なので、PC作業が多い方にとてもおすすめですよ。

ウォークマンの選び方

メモリの容量で選ぶ

たくさん曲を入れたいなら32GB以上

32GBあると、MP3と呼ばれる一般的な音楽ファイルで約7,300曲、ハイレゾ音源のような情報量の多いのものだと約660曲の保存が可能です。音質よりも曲の収録数に重きをおく方は、MP3再生のものがおすすめですよ。それでも容量が足りなくなりそうな場合は、microSD対応のものを選べば安心です。

安く抑えたいなら8GB以下が低価格でおすすめ

ほとんどのウォークマンは、同じモデルでも何パターンかの容量違いで販売しており、容量が大きくなるにつれて値段が高くなります。8GB以下のものなら高機能モデルでも2万円台で収まるケースが多いので、安さにこだわるなら8GBや4GBのものがおすすめです。4GBでも約860曲、8GBでも約1,800曲が入りますよ。

ハイレゾ音源対応のウォークマンを選ぶ

ハイレゾ音源対応は新型の指標

ハイレゾ対応のものだと、通常のCD音源をはるかに上回る高音質の再生が可能になります。多くの音楽プレーヤーがハイレゾ非対応の中、SONYの新製品はどんどんハイレゾ対応のもので差をつけています。ハイレゾ音源は、音の厚みや繊細さ、表現力も段違い。音質にとことんこだわるならば、ハイレゾの対応可否は要チェックポイントですよ。

ハイレゾ音源ならAシリーズが最適

SONYの中でもメイン商品となりつつあるのがAシリーズのウォークマンです。CDの約6.5倍の情報量を持つハイレゾ音源に対応しつつ、更にはそれを最大限に活かすフルデジタルアンプも搭載しています。フルデジタルアンプは、どんな音量でも音質を崩さず、高音から低音まで臨場感たっぷりに伝えてくれるのが魅力ですよ。

ウォークマンのおすすめシリーズ

ウォークマンAシリーズ

見やすいモニターと高い音質

Aシリーズの新型ウォークマンはタッチパネル式なので、操作ボタンが前面に無い分大画面になっています。また、2万円台のリーズナブルな価格ながらもハイレゾ対応というのが大きな魅力。手軽に高音質の音楽を楽しむことが出来る、大人気のシリーズです。

ウォークマンSシリーズ

気軽に持ち運べるコンパクトボディ

本体の重さは約53gと超軽量。SONYの他シリーズと比べても、50gから400g程の差があります。こんなに軽量なのに充電持ちも良く、音楽再生が約52時間可能という申し分なしのスタミナです。長時間の利用が多い方や、持ち運びが楽なものを求める方に人気のシリーズです。

ウォークマンZXシリーズ

さらに高音質を追求した高級モデル

数あるウォークマンの中で、最も音質にこだわりを感じられるのがZXシリーズです。どんな音源も高音質化出来るよう、細かいパーツまでとことんこだわり抜かれた設計になっています。ウォークマンの中でも値段が高く、音質はもちろん機能性や耐久性にも優れた最高品質ともいえるシリーズです。

ウォークマンWシリーズ

ランニング中も水泳中もハンズフリーで楽しめる

見た目はワイヤレスヘッドホンのようですが、内蔵メモリ付きなので曲の保存も可能。これ1つでウォークマンの役割をしっかり果たします。防水仕様なので、ランニング中に汗をかいても水泳中でも大丈夫。内蔵メモリに曲を保存せず、ただのワイヤレスヘッドホンとしても使用可能な2wayモデルです。

おすすめ&人気のウォークマンランキング

新型でおすすめのウォークマン

ソニー(SONY) NW-A57 (39,800円)

64GBで余裕たっぷりな超最新型

発売されたばかりの最新型モデルです。ハイレゾ音源に対応しているのはもちろん、従来の約3倍もの情報量を伝えられるLDACに対応していたり、DSEE HX機能が搭載しているのも魅力的。DSEE HX機能は、CD音源やMP3といった情報量の少ない音源をハイレゾ相当にまで自動でブラッシュアップする驚きの機能です。

なんといっても1番新しいモデルなので、現時点でのSONYの高音質化技術が最大限に詰まった1台だと言えるでしょう。ハイレゾ対応をはじめ、タッチパネルやmicroSD対応といった様々な人のニーズに応えた商品です。SONYの最新技術を体感したいという方は、最新型モデルをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ソニー(SONY) NW-WM1Z (315,759円)

256GBの最高級モデル

究極まで高音質を追求した最上級モデルです。高音質化を実現するため、各部にSONYの高度な技術が散りばめられています。中でも特徴的なのはS-Master HXと呼ばれるフルデジタルアンプ。高音域のノイズを最大限に除去し、ハイレゾ音源ならではの繊細な音楽データを正確かつパワフルに再現します。

ウォークマンの中でも値段がダントツに高いですが、その音質はそれ相応のもの。聴きたい音に合わせて細かい調整も出来るようになっているので、音楽を専門職としている方にもおすすめ出来る商品です。更には256GBというトップクラスの大容量なので、使い勝手もバッチリです。

ソニー(SONY) NW-A56HN (36,590円)

付属ヘッドホンでさらに楽しめる高音質モデル

こちらも2018年10月6日に発売されたばかりの最新型A50シリーズ。同時発売されたA57は容量が64GBなのに対し、こちらの容量は32GBです。ハイレゾ対応やタッチパネルといった機能はA57とほぼ変わりませんが、ハイレゾ対応のヘッドホンが同梱されている点が大きな違いです。

1番嬉しいポイントは、ウォークマン専用のヘッドホンが付いてくるところ。せっかくのハイレゾ対応でも、ヘッドホンがハイレゾに対応していなければ意味がありません。まだハイレゾ対応のヘッドホンを持っていない方は、お得に高品質なものを手に入れられるチャンスですよ。

ソニー(SONY) NW-A55HN (31,190円)

限定デザインも用意された新型ウォークマン

ハイレゾ対応A50シリーズの中で最も容量が少ない16GBのタイプです。こちらも内部の機能はほとんど変わりませんが、付属品が特徴的。最近人気を集めているネックバンドタイプのワイヤレスヘッドホンが付いてきます。ネックバンドタイプは、通常のワイヤレスイヤホンよりも安定感に優れた優秀なヘッドホンですよ。

こちらのモデルは、ディズニー映画、ナイトメアービフォアクリスマスのキャラクターデザインも登場しています。通常デザインももちろんありますが、キャラクターデザインはソニーストアオリジナル商品で、期間限定販売となっています。高機能とデザイン性の両方を求める方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

ソニー(SONY) NW-ZX300G (86,270円)

本体パーツにもこだわったスマート設計

ハイレゾの真の魅力を伝えると謳う、音質特化の最新モデル。ウォークマンでは初となるマットガラスを採用し、指紋が付きにくくサラサラとした指触りになっています。また、安定性を高めたイヤホンジャックや大電力を供給できる内部のキャパシタなど、細部にまでこだわりが見受けられる商品になっています。

ZXシリーズのウォークマンは、内部パーツから細かくこだわった品質の良さが魅力です。上辺だけの高音質ではなく、SONYの技術を駆使して作りこまれた高音質を実感できるはず。少し値段は張りますが、どんな音楽プレーヤーにも負けない1台をお探しの方におすすめの商品です。

低価格タイプでおすすめのウォークマン

ソニー(SONY) NW-A47 (32,772円)

大容量64GBで機体もスタイリッシュ

こちらはハイレゾ再生に力を入れているAシリーズモデルで、2017年に発売された比較的新しいモデル。タッチパネル搭載で、余計な装飾のないシンプルでスタイリッシュなデザインが今もなお人気です。カラーは定番のブラックやゴールドといったクールな色から、レッドやブルーといった明るい色も用意されています。

最近発売されたA50シリーズの前作になりますが、こちらの方が少し落ち着いたカラーリングです。ハイレゾ対応やフルデジタルアンプといった機能はもちろん備わっていますが、価格が最新型より1万円近く安くなっています。音質の良いAシリーズを安く手に入れたいという方におすすめですよ。

ソニー(SONY) NW-S313 (11,300円)

お手頃価格で手軽に音楽を楽しむ

本体重量は約53gとトップクラスの計量モデルです。本体を最大限まで軽量化しているため、ハイレゾやタッチパネルは非対応となっています。カラーは無難なブラックと、可愛らしいライトピンクと爽やかなブルーの3色展開。ディスプレイのカラーテーマを5色から選ぶことができ、自分の好みに合わせたカラーリングが楽しめます。

なんといっても本体の軽さと値段の安さが魅力。クリアフェーズ機能やDSEE HX機能といった音質向上機能が省かれているため、音質に関しては他のウォークマンに比べると劣ります。しかし、その分軽くて安いというのは大きなメリットですよね。気軽にウォークマンライフを始めてみたい方にぴったりですよ。

ソニー(SONY) NW-A45 (26,092円)

16GBで比較的気軽なハイレゾ対応モデル

こちらもA50シリーズの前作モデル。ハイレゾ対応でノイズキャンセリング機能搭載、臨場感のある音を伝えるデジタルアンプも内蔵されており、どんな音源でも高音質で楽しめます。内蔵メモリは16GBと小さめですが、microSD対応なので安心です。

高品質なハイレゾ再生といったAシリーズの持ち味はしっかり有りつつ、約2万円という低価格。こんなに低価格に出来るのは、容量が小さいことと付属のヘッドホンなどもないことが理由に挙げられます。いきなり高価なものを買うのに抵抗があるという方は、前年度モデルをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ソニー(SONY) NW-S315K (17,249円)

スピーカー付属で更に音楽を楽しめる

同シリーズと同じ約53gのウォークマンに、スピーカーもセットになったお得なモデル。本体だけでなくスピーカーも軽量で、スピーカーを合わせても約214gという驚きの軽さです。内部メモリは、Sシリーズの中では最も大きい16GBとなっています。

このスピーカーは充電器の代わりにもなる優れもの。付属しているACアダプタをスピーカーに繋いでおけば、スタンド式の充電器としても使えます。ウォークマンの小さい接続部分にケーブルを差すのを面倒だと感じている方も多いと思うので、そういった方にすごくおすすめの商品です。

ソニー(SONY) NW-S313K (12,800円)

スピーカーとヘッドホンが付いた3点セット

こちらも軽量で価格の安いSシリーズです。こちらは本体容量が4GBとかなり小さめなので、価格もぐっと安くなっています。ハイレゾには対応していないものの、ノイズキャンセリング機能で外部の音もしっかり遮断。セットで付いてくる高品質ヘッドホンで高音質を味わえます。

ウォークマン本体だけではなく、ヘッドホンとスピーカーもセットになって12,800円という低価格。これだけで外出時の利用はもちろん、お家での音楽鑑賞も出来るようになる嬉しいセットです。お手頃価格なので、音楽好きのお子様へのプレゼントにも良いですね。

Bluetooth対応でおすすめのウォークマン

ソニー(SONY) NW-A55WI (43,070円)

ワイヤレスヘッドホン同梱の最新型

単品での販売もしているワイヤレスヘッドホン、WI-H700が同梱販売されているモデルです。ウォークマンには、ハイレゾ音源以外の圧縮音源も情報を補填し高音質にするDSEE HX機能を搭載。その高音質を、密閉型のヘッドホンがしっかり耳に届けてくれます。

ウォークマンの品質はさることながら、同梱のヘッドホンも人気のモデルです。ヘッドホンにもDSEE HX機能が搭載されているので、iPhoneなどの別の媒体と接続して使ってもハイレゾ相当の高音質を実感することが出来ますよ。ウォークマンとセットで使うのも良いですが、ハイレゾ未対応の媒体とも使う機会があるという方にはとてもお得なセットです。

ソニー(SONY) NW-A55 (23,630円)

どんな音源でも高音質に変換

Bluetoothを経由しても高音質を維持する、LDACの対応機種です。LDACでは、音源データを出来るだけ変換せずに、高音質ながらも無加工の音源に近い形を保つネイティブ再生を可能にしています。Bluetoothでイヤホンに音を届けるだけでなく、スマホなど別の媒体から音を受け取るBluetoothレシーブ機能も搭載しています。

こちらのモデルでは、スマホ内の音楽などもウォークマンにBluetoothで転送することが出来るので、スマホと一緒に使うことが多い方におすすめです。一度ウォークマンを経由させ、LDACなどの様々な音響処理技術を通すことによって、別の媒体からの音楽も高音質で楽しむことが出来ますよ。

ソニー(SONY) NW-WS623 (14,240円)

ヘッドホンとしても使える4GBモデル

とっても軽い32gの本体ですが、内蔵メモリとBluetoothも備えた充実の機能性です。こういった形の軽量ヘッドホンは他にもありますが、大体は別で音楽内蔵のデバイスを持たなければいけないもの。こちらは1台に音楽も内蔵出来て、別でヘッドホンを用意する必要もない画期的なウォークマンです。

内蔵メモリに保管した音楽以外にも、スマホとBluetooth接続して他の音楽を聴くことも可能です。ただのワイヤレスヘッドホンとしての顔も持っているので、ラジオやYouTubeなどを聴くことももちろん可能です。普段使いがしやすいウォークマンをお探しの方におすすめですよ。

ソニー(SONY) NW-WS625 (20,390円)

大容量のヘッドホン型ウォークマン

こちらもヘッドホン型ウォークマンのWシリーズ。更に多くの楽曲保存を可能にする16GBモデルです。本体にはマイクも搭載されており、スマホと接続すればハンズフリーでの着信と通話も可能になっています。水泳時にも使える強力な防水機能も付いていますよ。

ワイヤレスというだけで十分身軽なようにも感じますが、必要なアイテムが一つしかないので更に身軽。とにかく使用感が楽なWシリーズは、スポーツ時の使用に最適です。16GBあれば3,300曲ほど収録可能になるので、毎日運動する人でも飽きにくいですね。

ソニー(SONY) NW-WS413 (10,411円)

軽量で快適な装着感が魅力

形状は安定した装着感が手に入るネックバンド式になっており、頭の後ろにバンドを通すようにして使います。バンドの長さが調整できるようになっているので、自分にフィットするよう細かく調整することも可能。また、耳にかかる部分のつなぎ目をなくすことで更に快適な装着感を実現しています。

長時間付けても疲れにくく充電持ちも良いので、マラソンなどの長時間にわたる運動時にぴったりです。充電をし忘れてしまっても、3分の充電で約1時間使用可能なスピード充電も魅力的。使いたい時にサッと使えるので、軽いトレーニング時にも重宝します。

まとめ

多機能を複数搭載したウォークマンがおすすめ

今回は、高音質で音楽を楽しめるウォークマンについてご紹介しました。音楽を聴くツールはたくさんありますが、その中でもトップクラスをの音質を誇るのがSONYのウォークマンです。ウォークマンにはニーズに合わせた様々な機能がありますが、その中でもハイレゾ対応やノイズキャンセリング機能といった、他製品と差をつけるSONYの技術が多く見られました。iPodに音楽プレーヤーのシェアを奪われつつあったウォークマンですが、最近ではその音質の素晴らしさが再注目され、また人気度が上がってきています。気になる製品があった方は、ぜひチェックしてみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加