おすすめのウクレレ弦人気比較ランキング!【マーチンやオルカスも】

ウクレレを弾く時になくてはならない存在のウクレレ弦。しかし、いざ弦を選ぼうと思っても、種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのウクレレ弦をランキング形式でご紹介します。また、ウクレレ弦の選び方についても詳しく解説します。ウクレレ弦の張り替えを検討している方は参考にしてみてくださいね。

ウクレレ弦の特徴

ウクレレを弾くためになくてはならないもの

当然のことながらウクレレは弦が無くては音を奏でることができません。ウクレレを購入した時、弦が張られた状態で購入する方が大半でしょう。しかし、弦は消耗品です。毎日欠かさず弾く場合は3ヶ月。たまに弾くとしても1年おきに張り替えるのが一般的です。

弦の種類により様々な音色を楽しめる

ウクレレの機種にこだわる方は多いかと思いますが、弦選びまでこだわる方は少ないでしょう。ウクレレ弦には種類が沢山あり色々なメーカーが出しています。レベルや出したい音色により、選ぶウクレレ弦が変わってきますので、自分に合ったものを探しましょう。

ウクレレ弦の種類

ナイロン弦

押さえやすく使いやすい

初心者向けの弦です。一般的によく使用される弦でウクレレを購入した時大抵、ナイロン弦が張られています。柔らかい弦ですので、ナイロン弦は押さえやすさが魅力。柔らかく優しい音で演奏できます。初めてのウクレレ演奏にぴったりの弦と言えます。

クリアタイプと色付きのタイプの2種類から選べるナイロン弦。クリアタイプは高めの音でコロコロとした柔らかい音色が特徴です。低音でメリハリのある音を奏でるのは、ブラックタイプの弦です。少し強めの音を出したい方におすすめですよ。

フロロカーボン弦

プロも使用硬く伸びにくい

ウクレレを弾く方に最近人気の出てきたフロロカーボン弦。アーティストで使用している方も多いのです。釣り糸と同じ材質でナイロン弦に比べ、伸びにくく耐久性に優れたところが特徴です。ウクレレを弾くのに慣れてきた頃におすすめの弦ですよ。

ナイロン弦と同じく、フロロカーボン弦にはクリアなタイプと色付きタイプがあります。フロロカーボン弦はナイロン弦と比べると、少し硬め。クリアタイプはヌケがよく爽快な音色。色付きの弦は少し太めで大きな音がでやすいのです。

ナイルガット弦

強度があり温度変化に強い

ガット弦によく似た性質を持っています。ガット弦とは、動物の腸から作られた弦のこと。クラシックギターの弦は昔、本物のガット弦が使用されていました。ガット弦は成分の異なる3つのプラスチックを配合したものを使用し作られているのが特徴ですよ。

ガット弦は動物からできていますので、あまり耐久性が無く、温度変化に弱いのがデメリットでした。しかし、ガット弦は人工的に作られているため、強度があり、温度変化にも強いのです。ガット弦の柔らかい音質を表現しつつクリアで上品な音色を奏でることができますよ。

ウクレレ弦の選び方

太さで選ぶ

細い弦は押さえやすく高音

弦の太さのことをゲージといいます。ウクレレの種類により、ゲージが異なるので、どのような音を出したいのか音の好みを考えてから検討するのがおすすめ。細い弦は押さえやすく初めてウクレレを弾く方でも、高音が簡単に出せます。弾きやすい細めの弦は、初心者の方におすすめです。迷ったら、細い弦を選ぶと間違いないでしょう。

太い弦は音量が大きくダイナミックな音色

ゲージの太い弦は細い弦に比べ押さえにくく、音がぶれやすいので、ある程度ウクレレで演奏するのに慣れてきた頃におすすめ。音が大きくなり迫力が増しますよ。しかし、ウクレレにより張れる弦の太さには限度があります。自分のウクレレのブリッジより太い弦を購入するとブリッジを削らない限り張ることができません。持っているウクレレに太さは合うのか、考慮することをおすすめします。

音で選ぶ

一般的には高音のHIGH-G

一般的なウクレレの音といえばHIGH-Gです。ウクレレの4弦は、高いGの音をソの音に合わせるようになっており、ウクレレのコロコロとした独特な音色が生まれます。独特なウクレレのサウンドが映えるのはストローク弾き。ウクレレを購入すると通常、HIGH-Gの弦が張られていることが多いのです。したがって、初めて弦を張り替える時にはおすすめですよ。

ソロや曲によってはLOW-G

ウクレレの弦にはLOW-Gという種類の弦もあります。曲やスタイルによっては低音の方が映える場合もありますよね。そんな時に、4弦を低いGに合わせたLOW-Gのものがおすすめ。ウクレレの楽譜を見るとLOW-Gチューニングと記載されている譜面を見たことがありませんか。特にソロでウクレレを弾く場合は音域が広がり曲のレパートリーが増えます。一般的なウクレレはHIGH-G用に作られていて、LOW-Gだと太さが合わないこともあります。もしLOW-G専用の弦を選ぶ時には、太さがあるかしっかりと確認しましょう。

ウクレレ弦のおすすめブランド・メーカー

Martin(マーチン)

アコースティック楽器のトップブランド

アコースティック楽器のトップを誇るマーチン。ウクレレ弦では初心者からプロまで幅広い層に対応した弦を取り揃えています。また新素材を採用した弦など、今まで使用したことのない弦にチャレンジできるのも魅力。自分好みの音が見つかりますよ。

ORCAS(オルカス )

日本初ウクレレアクセサリーブランド

オルカスは日本で初めてのウクレレ用アクセサリーブランドです。価格や品質、さらには使いやすさを追求したラインナップが魅力のひとつ。国内だけではなく海外からも支持を集めています。フロロカーボン弦のブラックタイプを中心に揃えています。

Worth Strings(ワースストリングス)

ウクレレ専門メーカー

ワースストリングスはフロロカーボン弦作りに歴史あるブランド。ブラウンカラーとクリアカラーが豊富に揃っています。弾く時に、演奏しやすいタッチを追求し、製造されている弦には魅力がありますよ。ウクレレ本体の良さを引き出しサウンドを奏でる弦作りには、信頼のおけるメーカーです。

KIWAYA(キワヤ)

ハワイの代表ブランド

ウクレレ専門店。ハワイの代表的なブランドです。ウクレレ弦のパッケージのハイビスカスが目を惹くデザイン。通常だとプロ向けのフロロカーボン弦も弾きやすさにこだわり、初心者でも押さえやすい柔らかさを実現しているところが魅力です。

おすすめ&人気のウクレレ弦ランキング

初心者におすすめのウクレレ弦

キワヤ-オリジナルフロロカーボン弦 (356円)

初めてのフロロカーボン弦におすすめ

最初は押さえやすいナイロン弦を使う方が多いでしょう。しかし、ウクレレを弾くのに徐々に慣れてくると別の種類の弦にも挑戦したくなるのではないでしょうか。そんな時、弾きやすいキワヤのフロロカーボン弦がおすすめです。

一般的にフロロカーボン弦は押さえにくく、中上級者向けの印象ですね。しかし、初心者にも違和感なく使用できる柔らかな手触りの弦であることも特徴。誰もが弾きやすいよう設計された弦です。またLow-Gの弦ですので、演奏できる音楽の幅も広がりますよ。

GHS-ブラックナイロン弦(550円)

ハワイアンの定番ブラックナイロン弦

GHSの弦は独自の製造過程を用い、それぞれの弦の素材にこだわりがあります。そして、高いレベルの弦を生み出していますよ。品質を長持ちさせることはもちろん、弾き手と聴き手両方にとってよい音を追求し、日々研究を重ねて作り出された弦です。

ハワイアンの定番ブラックナイロン弦は音の雰囲気が特徴的。ハワイアンらしいコロコロと硬めの音質でひとつひとつの音がはっきりとしています。ナイロンなので押さえやすく、ハワイアン好きな方の幅広い支持を受けています。

ダダリオ-ソプラノ用クリアナイロン弦(770円)

温かみのあるサウンドを奏でる

弦を張り替える時、初期と同じクリアナイロン弦を張りたいと感じる方も多いでしょう。そんなクリアな高音をお好みの方にはダダリオがおすすめ。独自の技術で選別された高音弦は温かみのある音を楽しめますよ。

楽器用弦のみを製造しているダダリオ。誰もが信頼のおける品質を提供しています。厳選された柔らかくよい音を奏でやすいクリアな弦は、指に馴染みやすく、初めて弦を交換する初心者の方でも安心して選ぶことができるものですよ。

アーニーボール-クリアナイロン弦 (880円

弦を張りやすい構造

アニーボールのナイロン弦は、弦の張りやすさでおすすめ。弦の一端に輪の形のリングをつけています。そのため、ウクレレのブリッジの穴に差し、その上からブリッジピンを押し込むだけで簡単に弦を張り替えることができます。

100パーセントナイロンの単一繊維で作られています。アニーボールのウクレレ弦は伝統的な弦で押さえやすく、スムーズに指を次の音へ運ぶことができます。クリアで抜けのある音質をお好みの方におすすめですよ。

キワヤ-アランフェス弦セットレインボー(2,156円)

カラフルで楽しく演奏できる弦

オールサイズ対応のナイロンウクレレ弦。初心者でどの弦が自分のウクレレに合うのかどうか分からない時でも迷わず選べる安心感があります。柔らかく押さえやすいので弦は交換時期でもまだウクレレに慣れていない人におすすめですよ。

レインボーセットという名の通り、紫とオレンジ、緑と赤の4色の弦が入っています。初心者のうちでまだ1弦から4弦を迷ってしまうかもしれません。色で分けておくと分かりやすく、コード運びもスムーズに行うことができますよ。

中級者や上級者におすすめのウクレレ弦

ワースストリングス-クリアフロロカーボン弦(1,320円)

音の安定性が優れている

釣り糸を使用し作られており、伸びにくく引っ張りに強いのが特徴のひとつです。屋外で使われることも多いウクレレ。ワースストロングスのフロロカーボン弦は耐候性に優れており、温度や湿度の変化に強いですよ。

クリアフロロカーボン弦なので音抜けがよいところも魅力。一般で使われている弦より、少し太めなので、音のボリュームがあり弾きごたえのある弦です。強く張りのある高音を奏でます。バランスのよい音で演奏したい方におすすめです。

オルカス-コンサートサイズ兼用フロロカーボン弦(480円)

違和感のないサウンドを楽しめる

オルカスのフロロカーボン弦は耐久性や安定性に優れた素材でてきています。温度や湿度の影響を受けにくいので野外のパフォーマンスに向いているのも魅力。今までの練習を生かし外でライブを開催するのにもおすすめですよ。

独自のヒート処理を加えているのが特徴です。従来のフロロカーボン弦と比較すると、よりナチュラルなサウンドを奏でられるのが特徴のひとつ。安定感とパワーは従来のよさを生かしたまま楽器本来の音を引き出せるよう設計されています。

DR-ソプラノコンサートサイズ用カラーウクレレ弦(980円)

カラーの弦でステージでの注目度抜群

ウクレレをおしゃれにカスタマイズ。マルチカラーのナイロンウクレレ弦です。色は赤と緑と青そして黄色の全4色。コンサートを開催する時にステージ映えすること間違いなし。いつもと違う気分で演奏できるのも魅力ですね。

高度に研磨された滑らかな表面が特徴のナイロン弦なので、押さえやすく指運びをスムーズに行うことができます。音量にばらつきが出にくいので弾きやすいのが特徴。明るくクリアなサウンドを楽しめますよ。

アクイーラ-コンサートサイズ用ウクレレ弦 (1,078円)

コンサートサイズ用ナイルガット弦

イタリアのブランドアクイーラのウクレレ弦。今は少なくなってきたガット弦生産の伝統を復活。長年ナイルガット弦を生産しています。ガットの特性を研究し尽くした安心できるブランドのコンサートウクレレ用の弦です。

低く迫力のあるサウンドを楽しめるLOW-G仕様。独自の合成素材により、クラシックギターのようなガット弦特有の伸びのある音質を再現しました。ガット弦に比べ寿命は長く、気温差による音への影響もありません。

オルカス-レッドフロロカーボン弦(770円)

今のウクレレをカスタマイズして気分転換できる

オルカスのフロロカーボン弦のメリットはそのまま、弦の色だけ見栄えのする赤にしたウクレレ弦。色味は赤とピンクの中間ぐらいなので、そこまで主張が強くなく、ウクレレ本体の色と馴染みやすいのです。ちょっと気分転換したいときにおすすめです。

弦を張り替え演奏する際、テンションが変わってしまうのが気になるのではないでしょうか。オルカスの弦は従来のフロロカーボン弦より張りがソフト。初回のナイロン弦からの張り替えでもあまり違和感じることなく弾けます。

テナーウクレレにおすすめのウクレレ弦

マーチン-フロロカーボン弦テナー(2,508円)

テナータイプに使用できる高品質なウクレレ弦

通常のフロロカーボン弦に比べると細めで押さえやすいのが特徴。1弦から4弦まで均一な音が出るところも嬉しいポイントですね。伸びのある強めの音を出すことができるので広いホールの演奏でも難なくこなすことができますよ。

弦を変えるとチューニングが必要になります。テナーウクレレに慣れていない方は最初、大変かもしれません。慣れてしまえば正確な音に近づけていく過程も楽しめますよ。弾けば弾くほど音に味が出てくる弦です。

ダダリオ-テナーウクレレ弦セット(1,320円)

温かさの中にパンチのあるサウンドを楽しめる

ダダリオとアクイラ社の共同開発により作り上げられたテナーウクレレ用の弦です。これまでのウクレレでは表現できなかった、パンチのあるサウンドと正確なピッチ。そしてプレイヤビリティ抜群のウクレレ弦を実現しました。

温かみのある音質が特徴。さらにナイロン弦でありながら、パンチのある音を出せます。また、テナーウクレレの長所を生かしたサウンドを楽しむことができます。テナーウクレレが初めての方にもおすすめできるウクレレ弦ですよ。

コオラウ-マハナシリーズテナー用ウクレレ弦 (1,134円)

ハワイブランドのウクレレ弦

ハワイ語で温かさを意味するマハナ。その名の通り温かみのあるばらつきのないトーンとサウンドが魅力のテナーウクレレ弦です。ハワイのブランドだけあり、ハワイアンミュージックによく合う柔らかな音質です。抜け間のある温かな音質がお好みの方におすすめですよ。

高品質のクリアナイロン弦です。こだわり抜いた品質はコンピューター制御のレザーカットマシンで直径やテンションが均一になるように品質管理されています。少し乳白色な弦の色も特徴的。柔らかく押さえやすいので、テナーウクレレをこれから始めようという初心者の方にもおすすめのものです。

アクイーラ-ウクレレ弦テナー8弦用 (2,200円)

テナー8弦ウクレレ専用の弦

テナーウクレレの8弦タイプをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。豊富なラインナップのアクイーラなら8弦対応のウクレレ弦があります。ナイルガット弦は少し硬めなので、初心者の方には少し押さえにくい場合もあるかもしれません。しかし、ガットに近い本格的サウンドを楽しみたい方にはおすすめです。

耐久性や温度への変化に対応しづらいガット弦の短所をカバーし作られたアクイーラのナイルガット弦。独自の手法でクラシックギターのような音の余韻を楽しむことができます。音質の安定性も良く、雑味のない澄んだ響きのあるサウンドです。

オルカス-ウクレレ弦テナー用(944円)

テナー特有の重量感のあるサウンドを奏でる

安定の品質で安心して使用できるオルカスのフロロカーボン弦。張りがあり明るくキレのよい音質が特徴です。テナーウクレレ用のため、少し弦は太めですが、テンションはそれほど高くないので、ウクレレの演奏に慣れている方であれば違和感なく楽しめる弦でしょう。

耐久性や温度や湿度に左右されにくくどんなシーンにも対応する優れた品質。長時間使用したり屋外で使用したりしても安定したサウンドをキープします。テナー独特の重量感と伸びのある音質を楽しみながら演奏することができますよ。

まとめ

初心者には押さえやすいウクレレ弦がおすすめ

ウクレレ弦には様々な種類があり、レベルや出したい音によって使い分けることができます。初心者のうちは、コードがしっかり押さえことのできる柔らかい弦がおすすめです。自分のウクレレに合う太さかどうか考慮し、検討することをおすすめします。今回はおすすめのウクレレ弦をランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の理想に合ったウクレレ弦を手に入れ、演奏を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*