おしゃれでおすすめのキッチンマット人気ランキング!【拭けるタイプも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

料理を作ってる最中に足腰が痛くなる。キッチン周りの床に汚れがこびりついて、なかなか落ちない。こんな悩みを抱えている方におすすめの商品がキッチンマットです。キッチンマットを敷くことで足と床の間にクッションが生まれ、足腰への負担を和らげてくれます。また、キッチンの汚れもマットに付着するので、ごしごしと床を拭かなくてもマットを洗いさえすれば、清潔に保つことができますよ。今回は、そんなメリットが目白押しのキッチンマットの選び方や、人気ブランドのおすすめアイテムをご紹介していきます。



キッチンマットの特徴

キッチン周りの汚れから床を守る

キッチン周りの汚れって落ちにくいですよね。床にその汚れがついてしまうと、落とすのも一苦労です。しかし、キッチンマットがあれば、キッチンマットを洗うだけで部屋を清潔に保つことができます。汚れがスリッパ裏に付着してしまい、気付いたら床全体が汚くなってしまった…なんてことも無くなりますよ。

足先の冷えを防ぐ

冬にフローリングの床に立って作業をしていると、足が冷え切ってしまったなんて経験をした方も多いのではないでしょうか。実は、キッチンマットを敷けばそんな悩みも解決することができます。ある企業の調査では、敷いてない場合と比べて足裏の温度が2.6度上がったという実験結果も発表されています。

キッチンマットの種類

天然繊維素材のキッチンマット(手触りが気持ち良い)

キッチンマットによく使われる天然繊維素材と言えば、ウール、そしてコットンです。ウールには、抗菌そして消臭効果があり、汚れにくいという長所があります。対してコットンは、優れた吸水性を持ち、肌触りも柔らかです。他にも、コットンと麻(リネン)をミックスした混合素材なども出回っています。

天然繊維素材は帯電が起きづらいので静電気の心配の必要がありません。冬にあのピリッと痛い静電気に悩まされている方は、こちらの素材がおすすめです。また、使えば使うほど味がでてオリジナルの風合いを楽しむことができます。長持ちするので、プレゼントとしても最適てすよ。

化学繊維素材のキッチンマット(お手頃価格のものが多い)

化学繊維素材と言えば、ナイロンやポリプロピレン、そしてポリエステルが挙げられます。汚れが落ちやすく、強度も高いので、キッチンマット初心者はこちらから始めてみるのもいいかもしれません。自宅の洗濯機で洗えるものも多いので、取り扱いも簡単ですよ。

シワがつきにくく、価格も安いとメリットばかりのようですが、天然繊維素材と比べると肌触りが少々劣ってしまいます。しかし、最近では天然繊維素材とミックスすることで柔らかな手触りを実現したものもあるようです。防臭や抗菌効果など、様々な機能が付けられたものもあるのでチェックしてみて下さい。

PVC素材のキッチンマット(汚れが落ちやすい)

PVCとはポリ塩化ビニールのことです。布の表面にポリ塩化ビニールを含んだ樹脂を塗ることによって、本革のような艶や手触りを再現しています。本革と比べて安価なので手に入りやすく、人気が高い素材です。耐久性が強いので重宝されています。

PVC素材の特徴は取扱いがしやすいというところです。汚れがついても浸透せずにはじくので、洗剤を含ませたふきんで拭けば綺麗になります。カビやダニの発生率も低いので安心ですね。しかし、長時間使用していると、表面にひびが入ったりと劣化してしまうので、気になる箇所がある場合は早めに買い替えましょう。

キッチンマットの選び方

どこまで敷くかでサイズを選ぶ

キッチンの端から端まで敷きたい場合は間口の幅に合わせる

ちゃんとサイズを測ったはずなのに、いざ置いてみるとサイズが合ってない…。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。実は、キッチンマットのサイズを図る際に、キッチンの端から端までを計ってはいけません。端から端までのサイズのキッチンマットだと、キッチンをはみ出したサイズになってしまいます。カタログに載っている間口(まぐち)の寸法を目安にしましょう。

L型のキッチンに綺麗に敷き詰めたいなら吸着タイプやサイズ調整可能なものを

サイズが小さいマットを繋げて使う吸着タイプなら、一般的なキッチンからL型のキッチンまでどんな環境にも対応することができます。また、最近ではカットしてサイズ調整をすることができるキッチンマットも発売されています。このようなマットは、キッチンマットにもなれば、リビング用のマットにもなるといったように使用幅が広いものがほとんどなので、重宝するでしょう。

配置する場所を考えて選ぶ

コンロの前に敷くなら拭けるタイプや滑り止めシートを

コンロの前は1番汚れが気になるところですよね。よくありがちな油汚れは、通常のキッチンマットに付着してしまったら中々落ちません。しかし、PVC素材のものであれば汚れが浸透しないので、すぐにふきんで拭き取ることができます。また、滑ってしまうと危ないキッチン周りも、滑り止め効果がついたキッチンマットであれば安心して料理を作ることが可能です。

足元にある引き出しの邪魔にならない厚みで

キッチンマットを購入する際に、サイズやデザインに注目はしても、厚さを気にする方は少ないのではないでしょうか。しかし、この選び方はとても重要です。例えば、足元に引き出しがあることを考慮せずに、厚いものや、毛足の長いものを選んでしまえば、スムーズに開閉できませんよね。購入する前には、キッチン周りの環境をしっかりとチェックしておきましょう。

キッチンマットのおすすめブランド&メーカー

IKEA(イケア)

世界各地に店舗を構えるお馴染みインテリアショップ

スウェーデン発祥のブランドです。北欧テイストのインテリアが揃っており、およそ10,000点もの品揃えがあります。IKEAのキッチンマットは3,000円以内で購入できるにもかかわらず、床暖房にも対応しているなど機能性も充実しています。

LOWYA(ロウヤ)

カントリー調から北欧スタイルまでデザインが豊富

1つあるだけで部屋の雰囲気を落ち着いた空間にしてくれるようなデザインが特徴のブランドです。ロウヤでは、ナチュラルでおしゃれなキッチンマットを購入することができます。人体に有害なホルムアルデヒドを含まないものも販売されており、安全面にも気を配っています。

ニトリ

顧客の立場に立って考えられた高品質な商品が特徴

お客の立場になって商品を作ることをコンセプトにしており、低価格で高品質な商品が数多く販売されています。品質保証も充実しており、マットレスなどは30年も保証期間がつくものもあります。ニトリのキッチンマットは洗濯機で洗えるものが多く、簡単にお手入れをすることができます。

エア・リゾーム

ほっと落ち着くデザインが多く男性にも人気

シンプルながらも温かみのあるデザインが特徴のエア・リゾーム。特に北欧テイストに力を入れています。キッチンマットからテレビ台、ソファなど数多くのインテリアを扱っています。エア・リゾームのキッチンマットはお求め安い値段にもかかわらずデザイン性が優れているので、プレゼントにも最適でしょう。

おすすめ&人気のキッチンマットランキング

北欧テイストがおしゃれなおすすめのキッチンマット

LOWYA(ロウヤ)-キッチンマット(2,990円)

通常の2倍のパイル密度で柔らかな手触りを実現

注目して頂きたいのは糸の密度です。一般のマットは1㎡あたり約800g程が使われていますが、こちらのキッチンマットは約1800g程の糸から作られています。2倍以上の糸の量が、ふわふわと柔らかい手触りを実現させています。

こちらの商品は、芸術の国として有名なベルギー出身のデザイナーがデザインしたものです。部屋に彩りを添えるようなデザインが魅力的ですね。また、人体に有害なホルムアルデヒドの数値が低いので安心して使用できます。

IKEA(イケア)-キッチンマット (2,299円)

滑り止め素材が転倒の危険性を軽減

マットの裏には滑り止め加工が施されています。意外と滑りがちなキッチンマットですが、これなら料理中も安全ですね。優れた吸水性と速乾性を兼ね揃えているので、どんな季節でも気持ちよく過ごすことができるでしょう。

床暖房が搭載された床の上でも問題なく敷いて頂けます。しかし、アイロンやドライクリーニングは使用できませんのでご注意下さい。手洗いとはなりますがご自宅での洗濯も可能です。乾燥機を使用する際は、60℃以下の低温で行なってください。

生活Stiye(せいかつスタイル)-インテリアロングマット (3,500円)

ずっと触れていたくなる柔らかな手触り

凝ったデザインがかわいいい北欧風のキッチンマットです。カラフルで立体的な装飾は見ているだけで楽しくなりますよね。子ども部屋にもぴったりです。滑り止め加工がされているので、どこに置いても活躍してくれるでしょう。

この商品の魅力は綿100%で作られているというところです。赤ちゃんの洋服やパジャマなどに使われる綿は、ちくちくせず柔らかな肌触りが特徴です。吸水性にも優れているので夏場も快適に過ごすことができます。

織人しきもの屋工房-キッチンマット (6,292円)

他とは違うおしゃれなスタイルが目を惹く

横幅が10cmずつのサイズ刻みになっているので、自身のキッチン環境に合ったキッチンマットを見つけられそうですね。日本で染められ、織られたMADE IN JAPANです。滑り止め加工や、撥水加工もされています。

デザイン豊かなこちらの商品は、珍しいピーナッツ型や丸みを帯びたゆりかご型、そして長方形のノーマル型の3種類のスタイルが用意されています。洗濯ネットに入れれば洗濯が可能なところも嬉しいですよね。

Neore(ネオレ)-キッチンマット (4,200円)

床暖房やホットカーペットでも使用できる万能アイテム

キッチンをパッと明るくしてくれるような北欧テイストのデザインがとても素敵ですよね。床暖房やホットカーペットの上でも使用できるので、寒い冬にも大活躍します。裏地は繊維を織らずに作られており、床を傷つける心配がありません。

洗濯機での丸洗いが可能ですが、ドラム式では洗えないこともあるようなのでご注意下さい。カラーバリエーションが豊富なこちらの商品の人気色はグレーです。スタイリッシュなカラーと、どこか温かみを感じるデザインが素敵ですよね。

洗えるタイプでおすすめのキッチンマット

ルーブルダール-のぞき見動物ロングマット (3,980円)

ちらっと見つめる動物たちがとてもキュート

思わず、かわいい!と声に出してしまいそうなこちらのキッチンマット。ひょっこりと顔を出した動物の姿が目を引きます。約50×120cmというスリムサイズは、キッチンマットとしてだけではなく、リビングやベッド下などに置いてもいいかもしれませんね。

裏面は滑り止め加工が付いているので、子ども部屋に置いても安心です。約1cmのパイル糸によって、厚すぎずふかふかとした触り心地を実現しました。自宅用にはもちろん、プレゼント用としても活躍するでしょう。

布団と寝具専門店 COLORS-キッチンマット (1,950円)

防菌防臭そして防ダニ加工がされた安心の商品

とても細い糸で作られたフランネル生地によって、なめらかな手触りを実現しました。短い毛足はゴミが絡みづらいので掃除も楽です。キッチンマット表面には滑り止め加工、裏面には不織布が使われており、床の傷つきを防ぎます。

こちらのキッチンマットは低ホルムアルデヒド(ホルマリン)基準をクリアした商品です。また、抗菌や防臭効果、そしてダニの繁殖を妨げる加工がされています。このように身体に配慮された商品なので、アレルギーがある方にも安心です。

エア・リゾーム-キッチンラグ (2,650円)

人気のボーダー柄で部屋の雰囲気が明るくなる

これ1つでキッチンの雰囲気を変えてくれそうなデザインです。ボーダー柄はどんな部屋にも合わせやすいので、いろんなデザインがありすぎて何を選べばいいのか分からないなんて方におすすめです。サイズは45×18cmと45×240cmの2種類です。

約1.5㎝と短い毛足は、さらさらなさわり心地で夏にも快適に使えるでしょう。また、足元に引き出しがあるキッチンがある方にもいいかもしれませんね。ホットカーペットと床暖房のどちらにも対応しています。

FREE LIFE(フリーライフ)-洗えるマイクロファイバーマット (1,650円)

ほつれにくい加工で長時間の使用も安心

きめ細やかなマイクロファイバーによって作られた生地は、優れた保温性と速乾性を兼ね備えています。水に濡れてもすぐに乾くので、冬の洗濯も問題ありません。ポリエステル100%なのでしわが付きにくい点も魅力です。

裏面には不織布が使われています。クッションのように床を傷つけないので賃貸の方にも安心ですよね。また、ゴム製の滑り止め加工がされているので、滑って転倒してしまうかもしれないというような心配も必要ありません。ほつれにくいヘム加工で長時間の使用もばっちりです。

ホームでショップ-優踏生 洗いやすいキッチンマット (3,880円)

たためるのでネットに入れて洗濯しやすい

キッチンマットを洗濯機に入れる際、かさばって洗濯ネットに入らないなんて頭を抱えたことはありませんか?こちらの商品はそんなみなさんのお悩みを解決してくれます。軽くて柔らかく、薄手のつくりになっているので何回でも折りたたむことができるのです。

また、この商品の魅力はかさばらないということだけではありません。歪み防止のメッシュ生地が織り込まれているので、何度洗濯をしても形が崩れないまま使用することができます。毛羽立ちが少ないマットなので、お手軽に掃除をすることが可能です。

240cm以上の幅広でおすすめのキッチンマット

グランデリビング‐高密度フランネルマイクロファイバー キッチンマット (1,990円)

思わず素足で立ちたくなるようなさわり心地

頭髪の1/100以下の細い繊維を高密度に織り込んだフランネル生地です。高級感のあるしっとりとした肌触りは、素足で作業したいと思わせてくれます。耐熱加工がされていますが蒸れないように出来ているので、毎日気持ちよく過ごせます。

皮膚炎やガンを引き起こす可能性があるとされているホルムアルデヒド含有量を検査したところ、0.00という安全な数値が検出されました。また変質の原因となる接着剤を使用していないなど、長期間使うことができる工夫がされています。

暮らし健康ネット館-キッチンマット (1,830円)

驚きの薄さ0.7㎝でキッチンでのストレスを感じさせない

キッチンマットでは珍しく0.7cmの厚さです。これならキッチン下の引き出しを自由自在に開閉することもできますね。システムキッチンにも安心です。ナイロン素材が使われているので、汚れが落ちやすく、毛羽が立ちにくいです。

裏面には滑り止め加工としてゴム素材が使われています。また、洗濯機で丸洗いができるのでいつも清潔に保つことができますね。洗濯機で洗う際には必ずネットを使用し、液温は30度以下に設定してください。

ラグ&カーペット専門店 ラグリー-キッチンマット (17,200円)

天然ウール素材でふかふかとした踏みごこち

耐熱加工がされているため、ホットカーペットや床暖房の上にも敷くことが可能です。シンプルでナチュラルなデザインは、どこかほっとするような雰囲気を作り出してくれます。耐久性もばっちりなので長持ちするでしょう。

インド製の天然ウールを100%使用しています。ウールはブラシをかけたりと丁寧にケアすると、艶がでできます。天然ならではの質感をぜひ味わってみてください。また、厚さが約15㎜もあるので、ふかふかとした踏み心地が楽しめますよ。

ISHIBASHI(イシバシ)-キッチンマット「スーミー」 (4,200円)

大人がときめく北欧テイストのキッチンマット

手書きで描いたような花柄がとてもかわいいキッチンマットです。毛足の長さが9mmと長いことからふかふかとした肌触りを実現し、いつまでも触っていたいような感覚に陥ります。縦幅が50cmと長いので、遠くに撥ねガチな油汚れもキャッチします。

滑り止め加工がされているので掃除も簡単にできますね。子どもや高齢の方にも安全な設計です。洗濯機で洗うことができるところも嬉しいですよね。乾燥させる際は、乾燥機は使用せず陰干しをしてくださいね。

billion(ビリオン)-洗えるフィラメントキッチンマット (1,850円)

遊び毛が出にくくお手入れが楽々

遊び毛が出にくいフィラメント糸を使用しています。その糸から作られたキッチンマットは光沢感があり、なめらかなさわり心地が特徴です。毛の長さが15㎜と長毛なので、寒い冬に大活躍しそうです。縦幅が60㎝というところも嬉しいですね。

抗菌防臭効果や防ダニ効果があるこのキッチンマットは、アレルギーがある方にこそ使用してほしい商品です。洗濯機で丸洗いができるので、お手入れも簡単です。裏面には床を傷つけない加工や、ゴムによる滑り止め加工がされています。

拭けるタイプでおすすめのキッチンマット

アサヒ軽金属-ドクターマット (10,692円)

足腰の負担が軽減される高機能なキッチンマット

産業医が人の身体を想って考えた新しいキッチンマットです。ゆっくりと足が沈む作りになっていることで体圧が分散され、足腰への負担が軽減されます。また、衝撃力を約85%抑えるので立ち作業も苦になりません。

60kgの重圧を連続してかける実験を行ったところ、8万回まで耐えることができたようです。いつも使用しても様々な効果が持続するとは驚きですね。表面には撥水加工がされており、ジュースをこぼしてもさっと拭くことができます。

マックスシェアー-キッチンマット (3,132円)

楽天ランキングで1位を獲得した今話題の商品

2018年6月に楽天のキッチンマットランキングで1位を獲得した人気商品です。PVC素材から作られているこのマットは、水や汚れを弾くのでふきんで拭くだけで清潔に保つことができます。耐熱性にも優れており、床暖房の上でも使用可能です。

実はこの商品はカットすることができます。キッチンマットはもちろん、ダイニングテーブルの上に敷いて傷防止のためのマットとしても使用することが出できます。表面のエンボス加工によって、つやのあるさらさらした感触が楽しめます。

アーリエ-拭けるキッチンマット (3,348円)

かわいらしい柄が特徴の撥水性キッチンマット

塩化ビニール製のこちらのキッチンマットは、撥水性となっており汚れても安心です。また、厚さ約5mmのクッション素材は、足、腰の負担を減らしてくれます。長時間立ち作業をすることが多いキッチンにぴったりですね。

従来のキッチンマットとは違い、毛羽立ちやほこりがたつことがありません。アレルギーを持っている方にはぴったりの商品です。また、お手入れも掃除機をかけるだけでいいので、1人暮らしのかたにもおすすめです。

壁際貴族-キッチンマット (3,974円)

防炎加工がされているのでキッチンにもぴったり

日本製のこちらの商品は撥水効果の他にも様々な機能があります。キッチンマットの角を丸みが帯びたデザインにし、テープを縫うことでマットがめくれて躓かないように工夫されています。また、防カビ、抗菌加工もされているので安心ですね。

キッチンマットには珍しい防炎加工が施されています。1番火事が起こりやすいキッチンだからこそ、もしものために備えておくことが堅実かもしれません。サイズは10cm単位で注文することができます。床暖房との併用はできませんので、ご注意ください。

らぐー-キッチンマット (3,980円)

液体をはじくフランネル生地が魅力

ふわふわとした生地にもかかわらず液体をはじくとは驚きですよね。高密度なフランネル生地はさわり心地が抜群です。また、低反発ウレタンを使用しているので、立ち作業時に優しくフィットします。足、腰への負担も減らしてくれますよ。

刺激が強いホルムアルデヒドがほぼ含まれていないので、敏感肌の方や子どもにも安心です。裏面にはゴムによる滑り止め加工がされており、床を傷つけずに安全に過ごすことができます。ホットカーペットや床暖房に対応しているので、いつでも快適に過ごせるでしょう。

まとめ

天然繊維素材から作られた自宅で洗えるキッチンマットがおすすめ

今回は、置くだけで足腰の負担を和らげながらキッチンを華やかにしてくれるキッチンマットをご紹介しました。様々な種類がありますが、個人的には天然繊維素材から作られたものがおすすめです。やはり、化学繊維のものと比べると質感や手触りが全く異なりますし、長持ちもします。また、自宅で洗えるタイプのものであればお手入れも簡単なのでぜひ検討してみてくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加