2018おすすめのポケットWiFi人気ランキング!価格比較【無制限も】

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット社会の現代では、wifiは日常生活において必要不可欠な存在になってきています。ほとんどの家庭でもwifi環境を整えていると思いますし、最近ではカフェやデパートなど、多くの場所でフリーwifiが設置されていますよね。ただ、完全なる野外や、フリーwifiがない所もまだまだあります。そんな中でもwifiが必要になるという方は、持ち運び式のポケットwifiがおすすめです。今回は、ポケットwifiのメリットや種類を、各製品と比較しながらご紹介していきます。ネットをたくさん使う方や、ポケットwifi選びに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。



ポケットWiFiとは?

持ち運びが出来るインターネット(モバイルルーター)

ポケットwifiとは、無線のインターネットを拾って別のデバイスに電波を届ける機械のことです。通常wifiは屋内のインターネット回線を介して設置したり、もしくはコンセントに繋いで電波を受信することでwifiを飛ばします。しかしポケットwifiは、手のひらサイズで完全コードレスのルーター。手軽にwifiが手に入るとても便利なアイテムです。

ポケットWiFiを利用するメリット

持ち運びが出来るのでどこでもwifiが使える

屋内の固定型wifiとは違い持ち運び可能なので、充電さえしておけばどんな場所でもwifiが飛ばせます。家にwifi環境がない場合や屋外での利用、車移動や電車内でも重宝しますよ。トンネルの中など電波が届かないところだと使えませんが、電波が拾えるような場所であれば問題なく使えます。

wifiはどんなデバイスにも使える

スマホはもちろんのこと、PCやゲーム機など様々なインターネット機器に対応出来るのがwifiです。例えば携帯会社で契約したモバイルデータ通信は、契約したスマホでしか受信できません。また、有線でのインターネット通信では、LANケーブルが繋がるPCでしか使えませんよね。そんな中wifiは、どんなデバイスにも無線でインターネット環境を作れるのです。

フリーwifiよりも通信速度が速い

お店などに設置してあるフリーwifiはとても便利ですが、多数の人が同時に使うため通信速度が遅めです。それに比べてポケットwifiは、自分専用wifiなのでインターネットを独り占めすることが出来ます。サクサク快適に通信が出来るので、ストレスフリーで作業も捗りますね。

サブのインターネット回線として使える

サブの回線があることで、メイン回線に不具合があった時でもインターネットが使えるというメリットがあります。よくあるのが、スマホの契約通信料を上回った時に発生する速度制限。他にも、自宅のルーターが故障してしまったりすることも考えられます。こういったネットが使えないトラブルが起きても、ポケットwifiがあれば安心です。

ポケットWiFiの種類

ソフトバンク,ワイモバイル系(ポケットwifiの先駆け)

ポケットwifiが初めて発売されたのは、イーモバイルという会社からでした。現在イーモバイルはワイモバイルに名称が代わり、今ではソフトバンクと統合しています。1番最初に売り出したというだけあって、最も多くのポケットwifiが販売されており、新モデルになるたびに機能が充実していますよ。昔から継続して使っている人は機種変更という形で同社のものを契約することが多いので、今もなお人気があります。

ソフトバンク、ワイモバイルショップで契約するので、同キャリアのスマホを持っている方はお得です。スマホとセットの契約で、基本料金から最大毎月1,080円の割引がありますよ。スマホの契約プランによっても割引率は違うので、ソフトバンク系で契約をしている方はショップで相談してみるのがおすすめです。

ドコモ系(対応エリアが広い)

ポケットwifiにも電波の問題がありますが、その電波を拾えるエリアが非常に広いのがドコモです。電波が広ければそれだけ色々な場所で使えますし、常に安定した使い心地を実感できます。どんな場所に持って行っても安心して使えるエリアの広さが人気の理由です。

通信時の安定感を求める方におすすめです。ドコモの回線は、比較的田舎の方や山の中も網羅していると評判です。もちろん日本中どこでも繋がるという訳ではありませんが、電波を拾える所が多いのは大きなメリット。通信が途中で途切れたりすることも少なく済みそうですね。

au,WiMAX系(トップクラスの最大通信速度)

WiMAXというのは商品名で、auショップで契約することが出来ますがauの回線は使っていません。UQコミュニケーションズというauの関連会社が提供しているもので、そちらの独自回線が使われています。auの独自回線を使ったポケットwifiもありますが、どちらも通信速度が速いと人気ですよ。

WiMAXは、wifiの使用量が無制限というのが大きな強みです。ドコモやソフトバンク系のポケットwifiは、契約時に決められた通信料を超えてしまうと、スマホ同様通信制限がかかります。WiMAXの場合はそんな心配もしなくて良いので、とにかく通信料が多いという方におすすめですよ。

ポケットWiFiの選び方

繋がりやすい通信速度で選ぶ

動画をみるためには1.5Mbps程必要

Mbpsとは回線速度の単位のことで、数値が大きいほど通信速度が速くなります。YouTubeやインスタグラムのストーリーなど、動画を見る機会は多いと思いますが、動画はずば抜けて通信データが重いです。そんな動画を快適に見るなら、最低でも1.5Mbpsは必要。ただ、あくまでもこの数値は標準画質で見る場合なので、超高画質で見るなら3.5Mbpsはあった方が良いですよ。

最高速度はWiMAXとauポケットWiFiの758Mbps

各社様々な強みを持ってポケットwifiを売り出していますが、速度が数値的に見て最も高いのはauとWiMAXでした。他社製品の最高速度が100Mbpsから600Mbpsなのに対して、758Mbpsという圧倒的な数値。しかし、これはあくまでも数値的な話で、最高速度が出るかどうかは、電波の入り具合などによって左右されます。一概に最高速度の数値だけで選ばず、対応エリアなどと合わせて参考までに留めておくのが良いでしょう。

対応エリアを考慮して選ぶ

対応エリアが最も広いのはドコモのポケットWiFi

ドコモのポケットwifiは、繁華街をはじめ遊園地などの人が集まるところはほとんど網羅しています。また、山道や海上にもエリアを拡大していますので、自衛隊などの専門職の方にもおすすめ出来ます。ドコモの公式サイトには、住所を入力するとエリアの対応可否を調べてくれるサービスもあります。ぜひ活用してみて下さいね。

エリア内でも電波が届かないケースも

電波は野外の基地局から発されており、エリア内だとしてもトンネル内や地下室などの閉ざされた場所では電波は届きません。防音仕様のスタジオや地下室での作業が多い方は、圏外になってしまう可能性が高いので注意が必要です。購入前に、電波が入らなかった時のことも考えておく必要がありますね。

通信容量の制限を考えて選ぶ

通信容量の1番多いプランがあるのはネクストモバイル

通信量が契約プランによって決められるポケットwifiの中では、レンタルwifiを除くとネクストモバイルのひと月50GBのプランが最高でした。ソフトバンクやドコモは、安定した電波の代わりにひと月7GBまでという制限があります。ネクストモバイルは3日間で使える最大通信量も設定していないので、通信量の多さに関してはトップのプランです。

通信容量を無制限にしているところも

WiMAXとfujiWiFiに関しては、ひと月に使える通信量に制限はありません。オンリーモバイルもひと月当たりは無制限に設定してありますが、3日で使える最大通信料が2GBまでという制限が設けられています。WiMAXとfujiWiFiは3日で10GB使うと通信制限がかかりますが、それを考慮しても通信量の多さはトップと言えます。通信量が多い分、対応エリアが狭かったり通信速度が遅かったりもしますので注意が必要ですよ。

事前に掛かる費用を計算して選ぶ

初期費用が安く済むのはWiMAX

ネクストモバイルとWiMAX、それからYahoo wifiの3つは初回のみかかる契約手数料が0円ですが、それとは別に初月の通信料がかかってきます。その中で最も最初の通信料が安いのがWiMAXの1,970円でした。auの独自回線を使ったwifiや、ドコモやソフトバンクといった携帯会社は、契約手数料だけでも2,000から3,000円かかってきます。初期費用に関してはWiMAXが圧倒的に安いですね。

月額料金でみるとWiMAXとfuji wifiがお得

毎月の使用料はWiMAXが1,970円、fuji wifiが2,300です。ランニングコストのみで見るとWiMAXの方が安いですが、fuji wifiには契約期間が決められていない分解約金がかからないところがポイント。WiMAXは2年契約なので、それ以上使う場合にはお得ですが、2年未満の使用であればfuji wifiの方がトータル的に見てお得ですよ。

解約の縛り(契約期間)で選ぶ

オンリーモバイルとfuji wifiは最低契約年数なし

通常ポケットwifiには2年から3年の契約期間が設定されますが、オンリーモバイルとfuji wifiにはそういった縛りがありません。空港で借りれるレンタルwifiなども契約期間の設定はありませんが、レンタルwifiは数日から数週間の利用者向けの金額設定です。数か月以上2年未満の使用期間の方には、オンリーモバイルかfuji wifiがおすすめです。

途中で解約すると違約金が発生する

最低契約期間が定められているものについては、契約更新月以外での解約の場合に解約金が発生するので要注意です。Yahoo wifiのみ3年契約で解約金10,800円、携帯会社は2年契約で9,500円がかかります。ネクストモバイルとWiMAXは2年契約で、ひと月の最大通信量が多い分19,000円と高めの金額設定になっています。

大手キャリア系のポケットwifiはお得なのか?

通信制限と解約縛りが厳しい

ドコモやau、ソフトバンクやワイモバイルのyahoo wifiといったメジャーなキャリアは、対応エリアの広さが強みです。使い勝手は非常に良いですが、全員が快適に使用出来るよう通信制限があるのがデメリット。携帯電話と合わせた長期顧客獲得のためにも、契約期間が決まっているのも特徴的です。安定した使用感と引き換えに、様々な制限が設けられていますね。

1年以下で容量をたくさん使いたいなら他社がおすすめ

大手キャリア以外のメリットは、使用者数が少ない分、容量制限が緩いところにあります。また、契約期間を設けていないというのも大きな魅力。大手キャリアのポケットwifiに比べて速度や安定感で劣る部分はありますが、使用量や契約期間の制限がないので自由な使い方が可能になります。

WiMAXのポケットWiFiはお得なのか?

月額費用は安いけれど解約手数料がかかる

WiMAXの月額料金は1,970円と業界トップの安さ。他社製品に比べて300円から7,000円ほど安いので、ランニングコストを大きく抑えることが出来ます。ただ、月額料金を安くしている分、解約金は他社よりも9,000円程高めの設定です。2年ごとの契約更新月以外での解約には、解約金が19,000円かかってしまいます。

月容量無制限!ただ3日当たり10GBの制限あり

WiMAXはひと月の通信量に制限がないので、容量を心配することなく好きなだけwifiを使うことが可能です。ただ、3日で使える最大容量が10GBと決まっているため、通信量を一気に使うと次の日になるまで通信制限がかかります。短期間に集中して使うことが多いという方は、3日の制限量にも注意ですね。

動画や映画をたくさん見るなら他社がおすすめ

映画などの動画関連の通信には通信量をかなり使います。具体的には、高画質での動画1時間当たりおよそ2GBの通信量、最高画質で見た場合にはおよそ6GBを消費してしまいます。映画ですと1本が大体2時間程なので、最高画質だとあっという間に10GB制限を超えてしまいますよね。使い道によっては、料金が多少高くても3日制限のないものを選んだ方が便利です。

会社別おすすめポケットWiFi比較ランキング

容量無制限・3日当たり通信制限なしのおすすめポケットWiFi

iVideo(アイビデオ)(月額4,000円~)

各社のポケットwifiをレンタルしている会社

iVideoでは、ソフトバンクやauなどから販売しているポケットwifiのレンタルサービスを行っています。使う端末が大手キャリアのものなので、当然使用する電波もそのキャリアのもの。安定感もあり、使用感もバッチリです。端末は別会社のものでも契約するのはiVideoなので、通信量無制限での契約が可能で3日制限もありません。

iVideoでは使う期間をあらかじめ申告し、その期間分の料金を前払いするシステムになっています。その他にも日額500円という細かい料金プランもあるので、使いたい分だけ契約する賢いやり方を選択出来ます。前払いだと解約料金も発生しないため、使用期間がハッキリしている方におすすめです。

ネクストモバイル(月額2,760円~)

3日の通信制限がなく快適な使い心地

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使っているため、比較的通信エリアが広いです。ひと月の通信量は20GBと30GB、最大が50GBと3パターンから選べます。ソフトバンク製品は7GBの制限があるので、同じ回線でもかなり多くの通信量を使うことが出来ますよ。

ネクストモバイルの最大の特徴は、3日で使える通信量に制限がないことです。ひと月無制限の他社製品に比べれば、当然全体として使える量は少ないですが、短期間でまとめて使うことが多い人にはぴったり。制限なく集中して使えるのはかなり嬉しいポイントですよね。

安い長期レンタルでおすすめのポケットWiFi

WiMAX(ワイマックス)(月額1,970円~)

ランニングコストの安さがトップ

WiMAXの最大の魅力は価格の安さです。月額2,000以下という圧倒的なランニングコストの安さに加え、初回の契約手数料も0円という低価格ぶり。インターネット回線はauの関連会社なので、auのスマホを使っている方にはセットの契約でキャッシュバックもありますよ。

とにかくランニングコストを抑えたいという方におすすめです。WiMAXでは通信量無制限と7GBまでの2種類プランを用意しており、最初の3か月はどちらも1,970円。無制限だと4か月目からは3,495円になりますが、価格を抑えたい場合は7GBプランにすると2,860円です。3,000円を切るのは業界内でも少ないですよ。

Yahoo! Wi-Fi(月額2,480円~)

正方形の可愛らしいフォルムが人気

通常ひと月5GBで3,696円のところが、Yahooプレミアム会員だと毎月2,480円で使用可能です。こちらはシンプルで持ち運びやすい正方形のデザインが魅力的。カラーはピンクと水色のパステルカラーに、シンプルなホワイトの3色が用意されています。

カバンに入れておいても違和感のない可愛らしいデザインなので、女性に特に人気です。形も縦横71mmというコンパクトタイプなので、手が小さい女性でも片手で操作出来るというのもポイント。おしゃれさと手軽さを求める女性におすすめの製品です。

おすすめ機種とプラン数で人気のポケットWiFi

NOZOMI WiFi(のぞみWiFi)(月額2,980円~)

WEBで申し込むwifiレンタルサービス

こちらは、ソフトバンク回線を使ったポケットwifiのレンタルサービス。プランによっては通信制限はありませんが、3日で10GBの制限があります。プランは5つ用意されており、1週間レンタルと2週間レンタル、無制限プランは通信制限なし。その他、100GBプランと200GBプランがあります。

NOZOMI WiFiは、店頭に出向かなくてもWEB上でレンタルが出来るのが魅力的。1、2週間プランは往復発送量が1,000円かかりますが、それでもWEBで完結出来るというのは楽で良いですよね。忙しくて中々ショップに行けないという方は、NOZOMI WiFiのレンタルサービスをチェックしてみてはいかがでしょうか。

FUJI Wifi(月額2,300円~)

プランが豊富なレンタルwifi

fuji wifiはソフトバンク回線とWiMAXの回線を使ったプランを用意しています。プランは10GB使い放題から200GB使い放題まであり、使用量に合わせて好きなプランを選ぶことが出来ます。200GBでも足りない方には無制限のプランも用意されていますよ。

契約期間の設定がなく、解約金がかからないので好きな期間だけ好きな容量を選んで使えます。プランは全部で8パターン用意されているので、自分のニーズに合わせて無駄のない契約が可能ですね。他社のレンタルwifiには自分に合ったプランがないという方は、プラン数の多いfuji wifiをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク(月額5,071円~)

多彩な機能で他社製品に差をつける

ソフトバンクのポケットwifiはラインナップが豊富です。最新型のものは、Massive MIMOという高速通信に対応。これは、大量のアンテナからビーム状に電波を飛ばし、ひとりひとりに電波が割り当てられる技術です。そうすることで、人が密集する繁華街などでもスムーズな通信状態が保たれるようになります。

ソフトバンクの製品には、便利な機能もたくさん搭載しています。省電力設定が付いているものならば、使用中の電力を抑えて最大8.5時間の連続使用を可能に。モバイルバッテリーとして使える1台2役の製品もあったりと、好きな機能が付いた製品を選ぶことが出来ますよ。

電波の繋がりやすいおすすめのポケットWiFi

ONLY Mobile(オンリーモバイル)(月額3,900円~)

全国どこでも繋がりやすい

オンリーモバイルは2年契約で月額3,900円となっており、ひと月の通信量は無制限、3日で2GBの制限付きで利用出来ます。ドコモの電波を使っているので、対応エリアは全国をカバーしています。最大通信速度は最大150Mbpsで、ドコモ独自のポケットwifiの375Mbpsに比べると劣りますが、繋がりやすさはトップクラスですよ。

通信速度よりも対応エリアの広さを重視したい方にぴったりです。特に、出張や営業で全国を飛び回る方におすすめ。対応エリアが狭いものだと、自宅では使えても出張先で使えないということが多発する可能性があります。通信速度が早いものでも繋がらなければ意味がないので、対応エリアが広いというのは大きなメリットです。

ドコモ(月額4,300円~)

対応エリアの広さナンバーワン

ドコモのポケットwifiは、同じドコモのスマホとセット契約することでお得になるプランを多数用意しています。家族全員でスマホの通信量をシェアするお得なプランに、ポケットwifiを追加することも可能。シェアプランに加入した場合は、毎月基本料の1,200円だけで済むので、ドコモのスマホを使っている方はお得に使えます。

ドコモのポケットwifiの最大の魅力は、なんといっても対応エリアの広さ。全国を網羅しているだけでなく、通常電波が届かない山道や海上にまでエリアを伸ばしています。そういった電波が入りにくい場所で利用する場合には、ドコモのポケットwifiなら快適に使える可能性が高いですよ。

通信速度でおすすめのポケットWiFi

au(月額4,380円~)

高速通信でストレスフリーな使用感

auのポケットwifiの最大速度は758Mbpsと業界トップクラスのスピード。ソフトバンクやワイモバイルの612Mbpsに大幅に差をつけていますね。別売りのクレードルを利用すると、LANケーブル付きのホームルーターとしても使うことも出来る便利な1面も持っています。

auのポケットwifiは持ち運びのルーターだけでなく、ホームルーターとしての使い方も出来るのが特徴的。クレードルにポケットwifiを設置すると更にハイパフォーマンスになるので、LANケーブルを繋げばPCだってスムーズに使えます。お家にwifiがない方にもおすすめですよ。

まとめ

長期利用も可能な無制限のWiMAXがおすすめ

今回は、いつでも手軽にwifi環境を作ることが出来るポケットwifiについてご紹介しました。各社様々な強みを持って売り出していますが、その中でもWiMAXは通信無制限に加えて初期費用や使用量の安さなど、多くの面で優れていました。wifiを使う場所や使用期間は人によって様々です。昨今ではポケットwifiを取り扱うメーカーも多く、自分のニーズに合ったものを選びやすくなっています。気になる製品があった方は、ぜひチェックしてみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加