おしゃれでおすすめの衣装ケース人気ランキング!【Fits(フィッツ)も】

このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服はファッションが好きな人なら特に増えてしまいがちですよね。子供の服も小さい代わりに洗い替えが必要なため枚数が増えてしまいます。タンスなどの収納場所に収まらない場合には、衣装ケースに入れて収納すると部屋が片付きます。衣装ケースはどれも一緒だと思っている人も多いようですが、サイズが豊富でさまざまなタイプがあるんです。ここではそんな衣装ケースの選び方や種類、商品のご紹介をしますのでぜひ、的確な衣装ケース選びの参考にしてみてくださいね。




衣装ケースの特徴

衣替えに季節外れの服を収納しておける

洋服は季節によって着るものが異なりますが、全ての洋服をタンスやクローゼットに入れておくとどこに何を入れたかわかりにくくなります。タンスやクローゼットには季節に合った衣類を入れ、季節外れの衣類は衣装ケースに入れて普段開け閉めしない場所に入れておけば、スペースの有効活用になります。

サイズバリエーションが豊富で場所に合わせて選べる

収納ケースにはさまざまな大きさがあります。高さ、幅、奥行きを設置場所に合わせて選ぶことで、デッドスペースを生み出すことなく収納場所を確保できます。奥行70㎝の衣装ケースなら押し入れにすっぽり入ります。クローゼットなら、奥行が45㎝から60㎝が一般的なのでそれに収まるサイズの商品を選びましょう。

衣装ケースの種類

出し入れがしやすい引き出しタイプ

衣装ケースの開閉方法は主に引き出しタイプとふたタイプの2種類があります。引き出しタイプは片手でも開けられる手軽さがポイントです。毎日何度も開け閉めをする場合に用いても、使いやすいので便利ですよ。引き出しの奥までしっかり開けられるタイプや開けすぎても引き出しが落ちないタイプなら安心です。

収納ケースの引き出しタイプは、上に積み重ねてもいちいち上の収納ケースを下ろさなくて済みます。また、そのまま中身を取り出せるので、収納ケースを設置する場所が高い場合にも便利に使えますよ。上部に隙間ができた場合には、上に荷物を置くこともできます。

ほこりから衣類をしっかり守れるふたタイプ

ふたタイプは収納ケースの上部にふたが付いており、開けると中身を取り出しやすいのが魅力です。引き出しタイプはフレームがある分、同じサイズでもふたタイプの方が容量が多くなるのでたくさんの衣類を収納したい人におすすめですよ。ふたはロックできるものが多いので開いてしまうこともありません。

一段ずつ分かれているので必要な個数だけを購入でき無駄がありません。キャスターを取り付けられるものも多く、衣替えで衣類を入れ替える時に重い衣類を手で持ち運ばなくてもキャスターで移動できるので負担が軽減されます。腰に持病がある人にも嬉しい機能ですね。

衣装ケースの選び方

置く場所でサイズを決める

クローゼット内にきちんと収まるかチェック

クローゼットのサイズは決められたサイズはなく、一軒家に比べマンションやアパートの場合クローゼットが狭い物件も多いです。クローゼット用の衣装ケースでも自宅のクローゼットに収納できるかどうかはわかりません。購入する前にクローゼットの奥行と高さをしっかり計測して選べば隙間を出さずにスペースを有効活用できますよ。

奥行のある押入れにはロングタイプがおすすめ

クローゼットに比べて押し入れは奥行があり、一般的に80㎝から85㎝ほどあります。衣装ケースの中でも奥行きが長い75㎝タイプなら押し入れの形に合わせて便利に使うことができますよ。奥行が長い衣装ケースは容量も大きく、衣類を入れると重くなるのでキャスターが付属している商品がおすすめです。重ねるならふたに溝が付いて重ねられるようになっているタイプがおすすめです。

便利な収納方法で選ぶ

用途別に分類しやすいチェスト型

下着や靴下、ハンカチなども収納できるものを探しているならチェストタイプがおすすめ。3段から5段ほどの引き出しになっており、衣類やハンカチなどを分けて収納できます。忙しい朝にも探しやすく、引き出しの中の整頓にも効果的です。天板が板でできている丈夫なものもあり、荷物をのせることもできます。

更にケース内で区分けできる便利な仕切りも

衣装ケースは大きいほど中の衣類がごちゃごちゃとしてしまいがちです。プラスチック製だと滑るので衣類を畳んでも形が崩れやすいんですね。そんな時に便利なのが仕切りです。不織布でできているものなら滑り防止にもなるので畳んだ衣類も崩れにくく、整理がしやすいですよ。大まかに分けられるものから細かく分けられるものまで種類も豊富ですよ。

ケースの素材で選ぶ

耐久性が高く中身が見えやすいプラスチック製

衣装ケースでは一般的で、種類も多いのがプラスチック製です。透明のものならフタや引き出しを開けなくても中に入っているものが確認でき、衣類が多い家族にもおすすめ。中身が入っていない状態なら片手で持つことができるほど軽量。その上丈夫なので、重ねて使って空間を有効活用できます。

軽くて湿気対策にもなる布製

プラスチック製に比べて種類は少ないですが布製の衣類ケースも便利です。不織布でできており、通気性が良いのでじめじめした梅雨でも保管しやすく、カビの予防にもなります。柔らかい素材なので使用しない時には畳んで省スペースに保管できるのも嬉しいですね。サイズはさまざまあり、プラスチックの衣類ケースでは置けないちょっとしたスペースも埋められます。

衣装ケースのおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

プラスチックケースのパイオニア

プラスチック製品から始まり、今では家電、日用品、ペット用品など生活にあると便利な商品を製造、販売しているメーカーです。衣装ケースも豊富に販売しており、金属製レースが使われてスムーズな開閉ができるものや天板がついているものなど独自の商品を生み出し続けています。

ニトリ

豊富なサイズやカラーから選べる

全国に店舗展開しており、通信販売でも購入ができます。店舗では直接見て、触れてから購入ができるので、素材感などを大事にしたい人にもおすすめです。衣装ケースはプラスチック製のほか、布製もあります。ウェブサイトではベッド下用、クローゼット用、押し入れ用などと分けられているので購入時わかりやすいですね。

無印良品

世界に認められた日本クオリティ

シンプルながらもセンスの良い商品を販売している無印良品。衣装ケースはプラスチック製で、外枠も全て同じ素材とカラーなので統一感があります。仕切りケースやキャスター連結パーツなどバラで購入できるので必要なものを必要なだけ購入でき、無駄がありません。

天馬

使いやすい便利なプラスチック製品メーカー

プラスチック製品を製造販売しているメーカーです。中でも収納商品の人気ブランドであるFits(フィッツ)は天馬の代表する人気商品でもあります。サイズバリエーションが豊富で、組み合わせ次第で自分に適した収納を作り出せます。

おすすめ&人気の衣装ケースランキング

積み重ねも出来る引き出しタイプでおすすめの衣装ケース

生活雑貨-クローゼットケース12個セット(11,800円)

安心の日本製

奥行47㎝の引き出しタイプの収納ケース12個セットです。一般的なクローゼットの中に収納できるサイズです。引き出しは透明、半透明、ブラウン、ピンクから選べるので中身を簡単に確認したい場合は透明、デザイン性で選ぶならブラウンやピンクがおすすめ。

3段にすると4列できる大容量。積み重ねた時には背面をジョイントで連結するとずれにくくなるため安全に使えます。環境に合わせた高さに組み合わせて使えるので、引っ越しや模様替えをした時にも組み合わせを変えて最適な形にできますよ。

エア・リゾーム-stora(2,979円)

ケースごとに持ち運べるから衣替えの負担が少ない

押し入れに最適な奥行74㎝の衣装ケースです。シリーズの中でも大容量のLサイズ。シャツ16枚とセーター12枚を収納できます。冬物の厚手の衣類をまとめて収納したい場合におすすめです。上に積み重ねて使うこともできますよ。

高さは30㎝。押し入れ以外にもベッド下などにできやすいデッドスペースに高さが合えば使うことも可能。引き出しは半透明になっているので手前に入れた衣類はパッと確認できます。汚れた時にはさっと拭くだけできれいになるので掃除も手軽です。

ニトリ-押し入れ収納ケース引き出し2列(2,490円)

幅74㎝のワイドサイズ

こちらの衣類ケースは1段2列になっています。奥行70㎝、高さ21.5㎝なので押し入れやベッド下の隙間に用いられます。諦めがちなちょっとしたスペースでもこの衣類ケースを使えば有効活用できますね。引き出しは抜け落ちないようにストッパーが付いているなど、使いやすさにもこだわっています。

底の部分にはゴムが付いているので滑りにくくなっています。引き出しは半透明、フレームは白と清潔感があるスタンダードタイプ。和室にも洋室にも馴染みやすい清潔感のあるシンプルなデザインなので多くの人に使いやすい商品です。

リブウェル-収納ケース(2,290円)

好みの色を組み合わせてセンスよく

中身が見えないホワイト、ナチュラルブラック、ブラウンの3色から選べます。シンプルながらもスタイリッシュな落ち着いたデザイン。奥行が45㎝なのでクローゼットにも収納できますが、リビングや寝室などに見えるように設置しても使えますよ。

幅のサイズは3種類。一番広い51㎝の上に、小さい17㎝と中の34㎝を並べて設置すると幅がぴったり合うのでうまく組み合わせてつなげると用途が広がります。組み合わせる時には付属の滑り止めを用いることでしっかり連結でき、ぐらつきを防ぎます。

アイリスオーヤマ-浅型押し入れ収納ケース(2,019円)

奥行を有効活用

奥行74㎝の長い収納ケースです。押し入れの収納に最適。たくさん入れた衣類が重くてもスムーズに開閉ができる金属製のレールを採用しています。力を入れなくても引き出しを簡単に開けて中身を取り出すことができます。

ケースの上下には凹凸があり、同シリーズの商品を重ねられます。引き出しは中身が確認できる半透明タイプです。大家族の衣類を分類するのにもおすすめ。シンプルなので脱衣所のタオル収納としても使いやすいですよ。

ふたタイプでおすすめの衣装ケース

アイリスオーヤマ-コロ付き収納ボックス4個セット(2,980円)

ふたの溝に合わせて重ねて収納も可能

高さ31㎝、奥行74㎝、幅40㎝のこちらのふたタイプの衣類ケースは4個セットなのでたくさんの衣類を収納したい人だけでなく、おもちゃ、書類など他のアイテムにも使えますよ。中身が見えるので何をしまったかをふたを開けなくても確認できるのも嬉しいポイントです。

キャスターが付いているので手で持ち運ぶには重くても転がしていけば簡単に移動が可能です。ふたには両端にバックルが付いているので誤って開いてしまうこともありません。部屋の片づけに重宝しそうなアイテムです。

ベリベリモッコ-KAKUSU(1,800円)

不透明で生活感が見えない

押し入れやクローゼットの中でも中身を見せたくないという人におすすめなのがこちらの衣装ケース。ホワイトとブラックから選べ、表面にはシボ加工がされているので高級感がありますよ。中身が見えないのですっきり収納ができます。

内寸の高さが25.1㎝あるのでバスタオルなら12枚、セーターなら8枚を収納できます。ふたには溝が付いており、重ねてもずれにくく、安定感があります。バックルでふたを固定できるのでふたが開いてしまうこともありません。

天馬-Fits収納スリムボックス2個セット(3,980円)

隙間なく重ねて安定感抜群

高さ最小12㎝の薄型衣装ケースです。ふたの向きを変えると溝のかみ合わせの関係で高さを12㎝の他に14㎝にもなるので環境に合わせて使い分けられますよ。奥行は74㎝とロングタイプ。押し入れやベッド下にちょうど良いサイズです。

ふたはホワイト、ボックスは中身が透けて見えるので確認が簡単にできます。Fitsシリーズで積み重ねて使うこともできるので、隙間が出来て有効に使いたい場合におすすめのアイテムです。埃を気にせずにデッドスペースを使えます。

チェスト型でおすすめの衣装ケース

天馬-Fitsプラス(15,800円)

床を傷つけにくい脚付き

奥行き41㎝の5段衣装ケースです。クローゼットに入れて使うこともできますが、おしゃれなデザインなので部屋に見えるように置いて使いたい人におすすめです。引き出しはサイドローラー加工がされているのでスムーズな開け閉めができます。

サイドと背面が隙間のない壁設計となっているので中にほこりが入りにくく、衛生的にも安心です。引き出しそれぞれにロック機能が搭載されているので不意な引き出しの飛び出しを防ぐこともできます。赤ちゃんや子供のいる家庭にもおすすめですよ。

ゲキカグ-整頓チェスト(13,500円)

横揺れ防止のジョイント付き

木製の引き出し衣装ケースです。側面に取っ手が付いており、キャスターも付いているので移動が簡単にできます。幅が73.1㎝で、取っ手を含めると76.4㎝なので押し入れに縦に入れることができます。引き出しには取っ手が出ていないのですっきり収納できますよ。

見た目にもセンスのよいチェストなので部屋に出していても違和感なくおしゃれに使えます。2段タイプと3段タイプがあり、夏物は3段、冬ものなら2段がおすすめ。掃除の時にも簡単に動かせるので隅々まで簡単にきれいにできますね。

リブウェル-5段収納ケース(6,990円)

衣類を細かく分類

奥行45㎝の5段衣装ケースです。クローゼットにも入れて使うこともできます。中が透けないプラスチック製です。51㎝の幅でTシャツを畳んで2列に収納できます。引き出しは落ちないようにロックが掛かりますが、外したいときは上に持ち上げると簡単に外せる使いやすい構造になっています。

衣替えで引き出しを外して衣類を入れ替えたり、上の段と下の段を使いやすいように入れ替えることもできます。色違いで購入して、1段ごとに色を変えて使うと、シンプルからおしゃれなチェストに早変わり。好みで使い分けられます。

RISU-コットンキャンディリリー(2,980円)

フレンチカントリー調のおしゃれな衣装ケース

ミルキーな色合いの引き出しは2段目が空色でアクセントになっています。子供部屋にぴったりの優しい色合いが特徴です。半透明ながらも中身が見えない絶妙な色の濃さなので、部屋に置いても中身が見えて恥ずかしい思いをしません。

幅54㎝とワイドサイズなので、シャツやセーターを畳んだ状態で横に2枚並べて収納ができます。天板には時計や写真立てなど、ちょっとしたものを置けるのでベッドの横に置いてサイドテーブル代わりにも使えますよ。

リコメン堂生活感-ラグス12個セット(8,980円)

複数使いで統一感

引き出しは、清潔感のある白と、重厚感のあるブラウンの2種類から選べます。引き出しの中身は見えないので衣類だけでなく小物類、書類などさまざまな物をすっきり収納できます。12個セットですが組み立て式なので受取り時はコンパクトです。

1個ずつ独立しているので重ねて使っても、バラバラで使うこともできます。届いてからの配置を考える楽しさもありますね。飽きたら配置を変えれば雰囲気を変えることも。奥行47㎝なのでクローゼットや押し入れでも使えますね。

布製でおすすめの衣装ケース

リビングノート-すきま収納袋衣類用5枚セット(3,380円)

必要な時だけ広げて使える

不織布でできており、ファスナーで上部全面を開けることができまるので取り出しやすくなっています。プラスチック製に比べて通気性が良く、衣類をこもる湿気から守ります。カラーボックスなどの隙間に乗せられるのでスペースを有効活用できます。

柔らかい素材ですが、4箇所に芯が入っているので形は保てます。使用しない時には折り畳むことができるので隙間に畳んで片付けることもできるので狭い収納場所にもおすすめです。色が収納袋では珍しい白色なので清潔感があり幅広い人に使いやすいカラーです。

ララフェスタ-炭入り消臭衣類収納ケース3個セット(3,078円)

気になるにおいを収納しながら脱臭

5層の布で加工された収納袋です。層の中には炭加工シートも入っており、それにより加齢臭や汗のにおいなどを脱臭してくれる効果も。衣類や寝具などを保管するのにおすすめです。側面の1面は透明の窓になっており、中身が確認できるようになっています。

側面の透明窓部分と上部はファスナーで開閉ができるようになっています。中には仕切りが中心にあるので、中身を整理して収納できます。使わない時には折り畳んで薄くコンパクトにできるので場所を取りません。

まとめ

重ねられる衣装ケースがおすすめ

衣装ケースはタンス、クローゼットを有効活用できる便利なアイテムです。重ねて使えるものなら衣装ケースの上の空きがちな空間も使うことができ、多くの衣類を整理整頓することができますよ。ここでは衣装ケースを詳しくご紹介しました。ごちゃごちゃしがちなクローゼットを適したサイズの衣装ケースを用いてスマートに収納しましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加