おすすめのベビーチェアベルト人気比較ランキング!【キャリフリーも】

ベビーチェアがない場所でのお子さんとの食事をサポートしてくれるベビーチェアベルト。大人用のイスはもちろん大人の腰に取り付けられるタイプもあり、バタバタしがちな外食の時間を楽にしてくれます。そこで今回は、特に人気でおすすめのベビーチェアベルトランキング形式で紹介。またベビーチェアベルトは種類によってそれぞれ特徴が異なり、選び方にもポイントがありますので詳しく解説します。是非使いやすいベビーチェアベルトを見つけて、お子さんとの食事タイムを楽しんでみて下さいね。

ベビーチェアベルトの特徴

背もたれのあるイスに取り付ける事が出来て子どもが安定して座れる

ベビーチェアベルトは、大人用のイスでも背もたれがあるタイプであれば装着可能。ですので、子ども用のイスがないお店などでもベビーチェアベルトを使用すれば、お子さんが安定して座る事が出来ます。また高さのあるイスから落下したり、イスから抜け出してしまう事を防いでくれる役割も。ママやパパも落ち着いて一緒に食事を楽しめます。

コンパクトに折りたためるものが多く持ち運びにも便利

ベビーチェアベルトのメリットの一つに持ち運びに便利という点も。種類によっても大きさは異なりますがコンパクトに折りたためるものも多く、カバンに入れてもスペースを取りません。おむつや着替えなど荷物が多くなりがちなお子さんとの外出でも安心ですね。

ベビーチェアベルトの種類

ベルトタイプ

子どもを待たせずにすぐに装着が出来てコンパクトに折りたためる

ベルトタイプの一番のメリットは、子どもを待たせずにすぐに装着が出来る事。お子さんのお腹にベルトを回しイスに固定するだけなので、時間がかからずお子さんが愚図る事もありません。またコンパクトなので持ち運びがしやすいというメリットもありますよ。

ベルトタイプのベビーチェアベルトは、装着がしやすいというメリットの反面、安定感が低くお子さんが抜け出したり、落下する可能性が高いというデメリットも。特に動きが活発なお子さんは、自分でベルトを外したり、ベルトが首などに引っかかってしまう可能性もないとは言い切れません。事故防止の観点からも、使用の際にはお子さんの動きに注視しておく事が必要です。

パンツタイプ

子どもが抜けだしにくく安定感があると人気

現在販売されているベビーチェアベルトの中でも、特に数が多く人気なのがパンツタイプのベビーチェアベルトです。パンツの様に履く事でお子さんの腰回りをしっかり支えてくれるので、腰が据わったばかりの乳児のお子さんでも姿勢が崩れず安心。動きが活発なお子さんも抜け出しにくくイスから落下する危険も防げます。

デメリットはベルトタイプに比べて脱着に時間がかかる事。ただその分がっちり固定が出来るので、ママやパパも慌てずにお子さんと一緒に食事を楽しめます。大人の腰に装着出来るタイプもあり、公園などイスがない場所での食事や休憩に便利です。

サロペットタイプ

上半身をしっかり支えてくれて安定感がある

パンツタイプと同様に安定感があるのが、サロペットタイプのベビーチェアベルトです。胸より上の部分をしっかり固定してくれるので、抜け出す心配もなく動きがありません。体を伸ばしても抜ける事がなく、大きくなったお子さんも安心。

サロペットタイプのベビーチェアベルトにはハーネスとして使用出来るものも。外出先での迷子防止や車道での飛び出し防止に便利です。ただし、サロペットタイプは腰回りを固定出来ません。腰がしっかり据わってからの使用がおすすめです。

一体型タイプ

転落防止に効果的で主に自宅用におすすめ

ベビーチェアベルトの中でも特に安定感が高いのが一体型タイプ。イスにかぶせたりベルトでイスに装着する事で、お子さんの背中がしっかりと固定されるので前のめりになったり、転落防止に効果的です。座椅子など背の低いイスに装着も可能。

一体型タイプのデメリットはかさばるものが多く、持ち運びに不便な点です。ただし中には折りたたんで持ち運べる便利なタイプも。とはいえ他のタイプに比べてサイズが大きめになりますので、長期の帰省や自宅での使用におすすめです。

ベビーチェアベルトの選び方

装着のしやすさで選ぶ

装着時間を短縮したいならベルトの数が少ないタイプがおすすめ

ベルトの装着に時間がかかると愚図ってしまうお子さんも多いですよね。そこで装着時間を短縮したい方なら、ベルトの数が少ないタイプを選びましょう。特にマジックテープでイスに固定するタイプや、バックルで留めるだけなら手間もかからず取り外しも簡単。ただし、固定部分のベルトの数が少ない分どうしても安定性は低くなりますので、使用中はお子さんから目を離さないようにしましょう。

バックルで留めるタイプなら装着も取り外しも簡単で子どもも外しにくい

お子さんの抜け出しやいたずらを避けたい方なら、留める部分がバックルタイプのものがおすすめ。外す時に指の力が必要になるので、小さなお子さんでは取り外す事が出来ません。また長さの調節もしやすく、取り外しは大人の力ならワンタッチで簡単。特に5点式ベルトのタイプであれば、転落の危険も更に低くなりおすすめです。

手入れのしやすさで選ぶ

撥水加工や防水加工をしているタイプならその場でサッとふき取れる

食べこぼしや飲みこぼしの汚れが気になる方なら、撥水加工や防水加工が施されているベビーチェアベルトがおすすめです。汚れてもその場でふき取る事が出来るので、外出先でも衛生的で安心。食べこぼしてもお子さんの衣類に染み込む心配がないのも嬉しい点ですね。丸洗いもしやすく、乾きやすいのもメリットです。

洗濯機で丸洗い可能のベルトなら他の洗濯物と一緒に気軽にお手入れできる

ベビーチェアベルトを頻繁に使用する方や、手入れが楽なベビーチェアベルトが欲しい方なら洗濯機で丸洗いOKのタイプがおすすめ。いつもの洗濯と一緒に洗う事が出来れば、手入れがしやすくいつでも清潔を保てます。ただしバックルやマジックテープがある場合は、破損などの可能性もありますので必ず注意書きに沿った洗い方をするようにしましょう。

機能性で選ぶ

大人の腰に装着出来るタイプならイスがない外出先でも使用可能

パンツタイプに多く見られるのが、大人の腰に装着可能なタイプです。抱っこ紐のように腰に装着すれば、大人の腰回りにお子さんが座る事が出来ます。イスに座ると愚図ってしまうお子さんはもちろん、公園などの場所でイスがない時の食事や休憩に便利。大人も両手を空けられるので、焦ることなくお子さんと一緒に食事やおやつを楽しめます。

収納ポーチ付きならコンパクトに出来て持ち運びに便利

外出先での使用が多い方なら、持ち運びに便利な収納ポーチ付きタイプがおすすめ。ベルトに合ったサイズなので収納がしやすく、なおかつコンパクトに折りたためるので荷物が多くなりがちな子連れの外出に便利。おむつや着替えなどで荷物が多いカバンの中に入れても場所を取りません。使用後もポーチに入れておけば、カバンの中が汚れる心配がないのも嬉しいメリットですね。

子どもの迷子が心配な方ならハーネス兼用タイプもおすすめ

一人歩きが出来るようになったお子さんに心配なのが、外出先での迷子。そこで迷子防止にも効果的なのが、ハーネス兼用タイプのベビーチェアベルトです。肩と胸を固定できるサロペットタイプのベビーチェアベルトで展開しており、付属の紐をつけるだけで簡単にハーネスに早変わり。食事中はベビーチェアベルトとして、外出中は迷子防止のハーネスとして2通りの使い方が可能です。

ベビーチェアベルトのおすすめブランド・メーカー

日本エイテックス

軽量でカラーバリエーションが豊富な「キャリフリー」が人気

様々なブランドやメーカーで販売しているベビーチェアベルトの中でも、特に人気の「キャリフリー」シリーズを展開しています。パンツタイプでしっかり固定が出来て大人の腰にも装着可能。カラーバリエーションも豊富でプレゼントにもおすすめです。

リッチェル

一体型やサロペットタイプなど様々な種類を展開

リッチェルでは様々な種類のベビーチェアベルトを展開しています。持ち運びに便利なベルトタイプやパンツタイプはもちろん、迷子防止に便利なハーネスになるサロペットタイプも。また自宅用に便利な一体型もあり、用途や目的に合わせて自由に選べます。

MY LITTLE SEAT(マイリトルシート)

落下の心配がない一体型タイプで持ち運びもOK

マイリトルシートのベビーチェアベルトは、イスの背もたれに取り付けて使用出来る一体型タイプでありながら、コンパクトに折りたためて持ち運びも出来るのが特徴です。背中を固定出来るので安定性が高く、お子さんもママも安心。外出先はもちろん、ご自宅でも活躍してくれる事間違いなしです。

ハグパパ

ダイヤルを回すだけで簡単にベルトの調節が可能

ベルトの長さの調節がダイヤル1つで簡単に出来るのが特徴のハグパパのベビーチェアベルト。時間をかけずにサッと装着が出来て慌てずに済みます。パンツタイプなので安定感があり、大人の腰に装着もOK。首が据わる3か月頃からの使用も出来、長く便利に使えるベビーチェアベルトです。

おすすめ&人気のベビーチェアベルトランキング

ベルトタイプでおすすめのベビーチェアベルト

リッチェル-スヌーピー チェアベルトR(1,430円)

サッと装着出来て持ち運びに便利

バックルで簡単に装着が出来るのが特徴です。コンパクトに折りたためてポーチ型に出来るので、カバンの中が汚れる事もなく持ち運びにも便利。携帯に便利なコンパクトサイズのベビーチェアベルトです。

表地は水を弾きやすい生地を使用しており、汚れのふき取りも簡単。裏地は柔らかいメッシュ生地でお腹に当たる部分も柔らかく通気性に優れています。シンプルでコンパクトなベビーチェアベルトが欲しい方におすすめ。

長沢幸-便利ベルト(1,078円)

レトロなデザインが目を引くシンプルなベビーチェアベルト

レトロなデザインが可愛い、形も使い方も至ってシンプルなベビーチェアベルト。使い方はイスの背もたれに巻き付けバックルを止めるだけでとても簡単。普通のイスがベビーチェアに簡単に早変わりしてくれます。

カラーはグリーンチェックとイエロー、ブルーボーダーの3つから選択可能です。長さの調節も簡単で、携帯にも便利なコンパクトサイズで持ち運びに便利。お手頃価格で購入出来る、レトロチックなベビーチェアベルトです。

パンツタイプやサロペットタイプでおすすめのベビーチェアベルト

日本エイテックス-キャリフリー チェアベルト(1,768円)

カラーバリエーションが豊富で使い勝手も抜群

ベビーチェアベルトの中でも特に人気の日本エイテックスのキャリフリー。装着方法もわずか2ステップと簡単ながら、お子さんをしっかり固定してくれます。軽くてコンパクトに折りたためるので、持ち運びにももってこいです。

大人用のイスはもちろん、ベルトのないベビーチェアや大人の腰への装着もOK。イスがない場所でもお子さんと一緒に食事が出来ます。使い勝手が良くカラーバリエーションも豊富なので、友人や知人へのプレゼントにもおすすめです。

フィセル-チェアベルト(4,180円)

サロペットとパンツの良いとこどりで安定感もばっちり

腰だけではなく肩にもベルトが付いており、腰回りだけではなく肩回りもしっかり固定。肩ベルトのおかげで、前かがみになったり抜け出す心配もなく安心して食事を楽しめます。パンツタイプとサロペットタイプを合わせた安定感の高いベビーチェアベルトです。

カラーはピスタチオやネイビー、ピンクとベアマスクの4色から選択可能。PVC加工を施しているので、軽い汚れはサッとふき取るだけで簡単に取れます。デザインも可愛いので自宅用はもちろん、プレゼントにもおすすめ。

リッチェル-スヌーピー2WAYチェアベルト(2,420円)

迷子防止のハーネスとしても使用OK

ベルトタイプでも紹介したリッチェルのサロペットバージョンです。バックルを留めるだけで簡単に装着が可能。肩と胸の部分を固定してくれるので、イスからの落下防止に効果的です。サッとふき取るだけで汚れが取れるのも嬉しいメリットですね。

チェアベルトとしてはもちろん、迷子防止に便利なハーネスとしての使用も可能。取り付け方も簡単なので食事中はベルトとして、外出中はハーネスとして2通りの使い方が出来ます。コンパクトにポーチ型に折りたためるので持ち運びにも便利です。

ハグパパ-ベビーチェアブースター(6,480円)

ダイヤル1つでベルトの調整が出来る

イスはもちろん、大人の腰に装着も可能のハグパパのベビーチェアベルト。公園や、背もたれのないお店でもママやパパの腰に座らせる事が出来ます。左右はもちろん前後上下の動きも抑えてくれ、より安心安全に座れる肩ベルト付き。

このベビーチェアベルトの一番の特徴が、ダイヤル1つで簡単にベルトの長さの調整が出来る事。中央にあるダイヤルを回すだけでお子さんに合ったベルトになります。首の据わる3か月頃から大人の腰に装着で使用が出来、更に歩けるようになったら迷子防止のハーネスとしても使用可能。長く便利に使用出来るコスパの高いベビーチェアベルトです。

ピープル-べべポケットプラス(3,470円)

5通りの使い方が出来る機能性の高さが魅力

べべポケットプラスの特徴は、何と言っても5通りの使い方が出来る事。チェアベルトとしてはもちろん、大人の腰に装着してひざ抱っこをしたり、サイドにつけての抱っこなども可能。更に対面抱っこや前向き抱っこも出来、チェアベルトとしてだけではなく抱っこ紐としても便利に使えます。

首の据わる3か月頃から3歳頃まで使用可能です。持ち運びに便利なゴムベルトやお子さんが落とさず遊べるおもちゃホルダーなどあったら嬉しい機能も充実。様々な使い方が出来てコスパの高いチェアベルトが欲しい方におすすめです。

ラッキー工業-バディバディ よちよちチェアベルト(1,500円)

凡よう性が高いデザインで長く使える

イスの幅が15cmから60cmまで対応しており、ほとんどのイスに装着が可能です。裏は蒸れにくい3Dメッシュ生地を使用。密着しても蒸れにくく通気性は抜群。表地は撥水性の高い素材のため、ふき取るだけで汚れが取れます。

腰回りのパーツはマジックテープで取り外す事が出来、ハーネスとしても使用可能。よちよち歩きのお子さんのサポートや、迷子防止に便利です。使用対象年齢も6か月から5歳頃までと長く使えるのも嬉しい点ですね。

日本エイテックス-キャリフリー チェアベルト ポケット(3,520円)

急な立ち上がりにも安心のセーフティベルト付き

人気のキャリフリーのコンパクトサイズのベビーチェアベルトです。セーフティベルト付きなので、お子さんが急に立ち上がっても落下する事なく安心。ママやパパの腰に装着すれば、背もたれのないイスやベンチでもお子さんを座らせることが出来ます。

カラーはブラックやネイビーなどのスタンダードカラーの他、デニムブラックスターやレオパレードグレーなどバリエーションも豊富です。コンパクトに折りたたむ事が出来て持ち運びにも便利。荷物が多くなりがちな子連れの外出にぴったりです

一体型タイプでおすすめのベビーチェアベルト

マイリトルシート-布製ベビーチェア(3,500円)

小さく折りたためるので持ち運びもOK

一体型タイプのベビーチェアベルトには珍しいコンパクトに折りたためる布製のタイプです。腰回りだけはなく肩もしっかりホールドしてくれるので、前かがみになっても体がずれにくく安心。洗濯機で丸洗いOKなのも嬉しいですね。

カラーはビギーボタンやココスノーなどの9色から選択可能です。おしゃれで可愛いデザインばかりなので、友人や知人へのプレゼントにしても。持ち運びが出来る一体型のベビーチェアベルトを探している方におすすめです。

リッチェル-ごきげんお食事クッションR(5,500円)

成長に合わせてベルトの有無や高さの調節が可能

年齢に合わせて使い方を変える事が出来るリッチェルのお食事クッション。5点式ベルトから3点式ベルト、更にベルトなしまで3段階にベルトを変えられます。また座面も4段階に合わせて調節可能。お座りが出来るようになる乳児期から幼児期まで長く使えます。

張り材は合成皮革を使用しており、汚れたらさっと拭くだけでお手入れ簡単。大人用のイスがメインのベビーチェアとして十分使用出来るので、別途ベビーチェアを購入する必要もありません。ベビーチェアを購入する予定がない方にもおすすめのベビーチェアベルトです。

コジット-ホールドベルト付お食事クッション エレファント(3,278円)

お座りが出来る乳児期から幼児期まで長く使えて便利

象の柄がキュートで可愛いデザインの一体型のベビーチェアベルトです。ホールドベルトと固定ベルトの2つのベルトで安定感もばっちり。別途ベビーチェアを購入せずとも、メインのベビーチェアとして活躍してくれる事間違いなしです。

座面は3段階に調節が可能なので、お子さんの成長に合わせて高さを変えられます。またホールド部分は座面に収納しての使用もOK。お子さんが大きくなったらお食事クッションとして活躍してくれます。

まとめ

手入れがしやすく使いやすいベビーチェアベルトがおすすめ

お子さんとの食事をより楽しくしてくれるベビーチェアベルトを選ぶ際には、用途や目的に合わせたもので手入れのしやすいものを選ぶのがポイント。今回は、ベビーチェアベルトについて紹介しました。是非使いやすいベビーチェアベルトを見つけて、お子さんとの食事タイムを楽しんでみて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*