おしゃれでおすすめのパソコンチェア人気ランキング!疲れない!【腰痛にも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスや自宅でのデスクワークにパソコンは欠かせません。そのパソコンワーク独特の姿勢や疲労に対応するシートがパソコンチェア。その機能次第で仕事のパフォーマンスも左右される重要な存在です。しかし形状や素材、機能のバラエティに富み、価格もリーズナブルゾーンから高級品クラスまで幅広いので、選び方に迷うことも多いでしょう。ここではパソコンチェアの特徴や選び方を解説し、その特徴ごとにおすすめのチェアをご紹介します。



パソコンチェアの特徴

長時間のデスクワークに最適な機能を搭載

パソコンチェアは、長時間机に向かうデスクワークのために機能特化した、オフィスや書斎用の椅子です。現代のワークシーンにはパソコンが欠かせないもの。しかしパソコンワークには、ずっと同じ姿勢での作業や前傾姿勢が付きものです。パソコンチェアはその問題に対処できる椅子です。

疲れにくい姿勢をサポートし腰痛や肩こりを軽減

パソコンワーク時の疲れは、長時間の着座による体の疲れと作業時の姿勢による首や肩、腰の疲れ、眼精疲労などがあります。腰痛や肩こりに悩む人も多いのではないでしょうか。パソコンチェアは、背中のカーブにフィットする背面形状や腰あて、高いクッション性やリクライニングなど、優れた機能で疲れにくい姿勢をサポート。腰痛や肩こりも軽減してくれるのです。

パソコンチェアの種類

通気性とフィット感に優れるメッシュ生地のパソコンチェア

メッシュ素材の最大の特徴は、通気性に優れているところです。長時間座っていてもムレにくく、汗や湿気によるべたつきを抑えることができます。背もたれにメッシュ素材を使用したパソコンチェアが多く、快適に仕事をすることができます。

背もたれのメッシュはフィット感が良く、適度なホールド力もあるので座り心地としても快適です。パソコンチェアに向いた素材と言えるでしょう。ただあまりに安価なものには耐久性やフィット性に疑問の付くものも。激安品を避け、可能なら使用感を試してみてから購入しましょう。

リーズナブルで購入しやすいファブリック素材のパソコンチェア

ファブリックとは布のこと。オフィスチェアでは最もよく使われる素材で、種類やメーカー、バラエティも豊富。一番のメリットは安価なところです。最も安い価格帯だと3,000円台から、10,000円程度でハイバックのしっかりしたチェアを購入することもできます。特にオフィスで一括導入するなど、大量に購入する時にはおすすめです。

座り心地としては適度に硬く体を支えてくれ、疲れにくい椅子と言えるでしょう。ただし使われている布によっては感触が異なり、汚れや水分の弾き具合が違うことも。汚れた際や飲み物などをこぼした時に掃除しにくい素材ではあるので、汚れの目立たない色や撥水しやすい布を検討しましょう。

重厚な高級感が魅力のレザーのパソコンチェア

レザー素材の魅力は、その高級感や重厚感と耐久性の高さです。社長室や重役室、会議室などでよく使われる「エグゼクティブチェア」ではよくレザーが使われます。本革の素材なら、時間経過による色合いや質感の変化を楽しむこともできますよ。

耐久性を重視するなら、本革よりリーズナブルな合成皮革でも変わりません。一般的なオフィスチェアで使われるPUレザーやPVCレザーも、摩擦や汚れに強いという特徴があります。手入れも簡単です。湿度や温度で触り心地が変化するので、あまりにも低価格なものは避けましょう。

パソコンチェアの選び方

疲れにくい形状で選ぶ

正しい姿勢を取りやすいのがハイバックの肘掛けつき

背もたれが高く背中全体をサポートしてくれる形が「ハイバック」。だいたい肩甲骨より上までをカバーしてくれるものを指します。体重を預けることができ、背もたれが正しい姿勢を支えてくれるので、疲れにくさを重視する人におすすめです。肘掛けつきならさらに、書類仕事やキーボード入力の多い人の腕の疲れも軽減させてくれます。

軽快でオフィスが広く見え価格も安いローバック

背もたれが肩甲骨くらいまでの高さの低目のタイプが「ローバック」。ファブリック素材のチェアと同様、一般的なオフィスチェアでよく採用される形です。価格が安く大量購入しやすいため、オフィスでの一括導入におすすめ。またハイバックだと座面から70cmの高さに及ぶものやヘッドレスト付きなどかなり存在感が出ますが、ローバックならその約半分の40cm前後。見た目の圧迫感が少ないため、オフィスに並んでいても広く見えるという利点もあります。

リクライニングの機能で選ぶ

腰痛対策にもなるフリーリクライニング構造

リクライニングとは背もたれの角度を調節できる機能のこと。数段階に分けて調節できるタイプ、段階に縛られず好みの角度で固定できるタイプがあります。腰痛持ちの人には、背中や腰を支える角度は特に大切。フリーで調整できるタイプがおすすめです。フリーリクライニングはベッドのように倒すこともできるので、休憩時に腰を伸ばすこともできますよ。

座ったまま仮眠が取れる座面調整も可能なシンクロロッキング

チェアの座面や背面が固定されず、ゆらゆらと揺れる機能をロッキング機能と言います。背もたれと座面の動き方でいくつかの種類に分かれますが、おすすめは背もたれと座面が独立して稼働するシンクロロッキング。それぞれが快適な角度に調整できますし、可動域も深いので体を休めるのに適しています。休憩をゆっくり取れない時、座ったままでも体を受け止めてくれるシンクロロッキングは便利です。

パソコンチェアのおすすめブランド・メーカー

アーロンチェア

人間工学による独自設計のオフィスチェアの雄

アーロンチェアは、アメリカ・ハーマンミラー社が製造するオフィスチェアの代表格です。人間工学に基づく設計で体をサポートし、自分の体に合う位置に細かく調整することが可能。そのため座り心地が抜群に良く、腰痛などを抱えた人から絶賛を集めています。高価なチェアですが、それだけの価値ある逸品。

エルゴヒューマン

アーロンチェアと並ぶ高機能チェアの双峰

アーロンチェアと並べて評価されることの多いもう一方のブランドが、エルゴヒューマンです。エルゴヒューマンの最大の特徴は、腰部分のフィット感とサポートに重点を置いたデザイン「独立式ランバーサポート」。不安定な姿勢からの疲れや腰痛を予防し、長時間のデスクワークに従事する多くの人々に愛されています。

岡村製作所

日本人の体にフィットする国産の高品質オフィスチェア

日本のオフィス家具メーカーである岡村製作所。店舗用の陳列棚など業務用什器も生産していますが、上記の有名海外メーカーにも劣らない優れた品質の椅子で有名です。日本企業が日本向けに生産しているので、日本人の体にぴったりフィット。特にバロンとコンテッサの2つのシリーズが人気です。

DXRACER(デラックスレーサー)

パソコンチェアの世界にも進出したゲーム用チェア

DXRACERは実は、e-sportsと呼ばれるオンラインゲームのプロゲーマーたちの間で愛用されている、ゲーミングチェアのパイオニア企業です。レーシングシートから発展したゲーム用の椅子は長時間パソコンに向かっても疲れない高機能を持ち、オフィスチェアの世界でも高い人気を博しているのです。人間工学に基づき正しい姿勢をサポートしてくれる、優れた快適性を持つチェアです。

おすすめ&人気のパソコンチェアランキング

低価格でおすすめのパソコンチェア

家具のニシムラ-メッシュバックチェア(7,780円)

スタイリッシュ性と機能性を備えたリーズナブルチェア

8,000円未満のリーズナブルな価格ながら、オフィスにしっくりとなじむ大人のスタイリッシュさと座りやすい機能性を兼ね備えたパソコンチェアです。座面幅も奥行きもゆったりめで、たっぷりと体を預けることができます。

背もたれはメッシュ製で、通気性とフィット性のよい素材。ガスシリンダーによる座面の昇降機能で、女性の標準サイズから背の高い男性まで対応します。ロッキング機能や肘掛けも付属、体の疲労も軽減してくれる構造です。

家具のニシムラ-スタディーチェア肘付(7,560円)

気軽に使えるコンパクトタイプのオフィスチェア

シンプルな構造とローバックの背もたれ、気軽に立ち座りでき移動も簡単な、使い勝手のよいオフィスチェアです。じっくりと腰を落ち着けてのデスクワークより、きびきびと立ち働き出入りも多いオフィスにおすすめしたい椅子。

7,000円台半ばの非常にリーズナブルな価格とコンパクトなサイズは、大量に一括で購入するのに最適。ガスシリンダーで座面高を調節でき、女性にぴったりの39.5cmから始められます。簡易な椅子かと思いきや、腕をサポートしてくれる肘掛けが付いているところも嬉しいですね。

家具のニシムラ-ミドルバックチェア スナイパー(8,300円)

オフィスにもおすすめしたいミドルバックのゆったりチェア

ローバックとハイバックの中間の高さ、ミドルバックの背もたれを備えたゆったりサイズのパソコンチェアです。構造は非常にシンプル、サイズの割に圧迫感がないので、個人での使用のみならずオフィスでの採用にもおすすめ。

背もたれには通気性のよいメッシュ素材を使用し、高級感を備え手触りもよいPUレザーをプラス。見た目にもスタイリッシュです。ロッキング機能を備え、座りやすく疲れにくい構造。座面は昇降しますが一番低い位置で44cmなので、大柄な人に向くサイズでしょう。

SANWA SUPPLY-メッシュチェア(8,208円)

リーズナブルながら疲労を抑える機能性の高さが魅力のチェア

見た目にも軽快でスタイリッシュなデザイン、さらにリーズナブルと心の惹かれる椅子ですが、一番のおすすめポイントは機能性の高さです。背もたれと座面のロッキング機能を備え、ロッキングの固さも調節可能。腰の疲れを低減するランバーサポート機能までプラスされています。

そのうえ、腕の負担を軽くしてくれる肘掛けも付属。背面は通気性のよいメッシュ素材で、座面にもクッション性の高いメッシュファブリックを採用しています。ガス圧リフトにより、レバー一本の操作で座面の高さ調節が可能。リーズナブルな椅子でも疲れにくい機能性を求める人におすすめです。

ヤマソロ-オフィスチェアmini(13,716円)

高級感ある外見と価格のバランスがよいエグゼクティブチェア

エグゼクティブで高級感あるデザインとリーズナブルな価格を両立させたい人におすすめのチェアがこちら。合成皮革のしっとりとした艶と光沢が美しいレザーチェアです。レザーチェアとしては嬉しい価格のアンダー15,000円。

レザーチェアは大柄になりがちですが、こちらのチェアは背もたれを低くコンパクトサイズに仕上げた製品。部屋になじみやすく、圧迫感がありません。それでもウレタンフォームのふっくらとしたクッション性や肘掛けなど、座り心地は抜群です。

高級でおすすめのパソコンチェア

ハーマンミラー-アーロンチェア リマスタード Bサイズ(199,800円)

オフィスチェアの最高峰アーロンチェアを手に入れやすい価格で

オフィスチェアの代名詞、高機能と品質の高さで多くの人に愛されているアーロンチェア。こちらはそのアーロンチェアの、購入しやすいリーズナブルモデルです。高級なパソコンチェアを手に入れたい人に、是非おすすめ。

アーロンチェアの最大の特徴は、座る人の姿勢や体圧の分散を考えた健康的な構造です。8ゾーンに分けたサスペンションが、体の部位に応じて異なる圧力でサポート。背もたれは仙骨と腰部を支え、姿勢を正しく保ちます。また多様な調整機能により、座る人の体によりフィットさせるきめ細かさも備えています。

ハーマンミラー-セイルチェア(88,560円)

独創的なデザインと構造を持つオフィスチェアの洗練モデル

「帆」という意味の「セイル」の名の通り、Y字型の支柱から帆を広げたようなユニークな形状を持つ独特のデザイン。こちらもアーロンチェアと同じ、ハーマンミラー社の販売する高機能高品質のオフィスチェアです。

使用するパーツや素材を極力抑えたデザインは、洗練された高い技術の証です。吊り橋の工学原理を応用し、人間工学を基に最大159kgまでの体重サポートを可能にしました。仙骨をサポートして腰を少し前傾させ、背骨を正しい位置に保ちます。姿勢を支えてくれる快適な椅子です。

SANWA SUPPLY-レザーチェア SNC-L7K(41,922円)

本革張りの高級感溢れるレザーチェア

高級オフィスチェアの代名詞ともいえるのが本革張りのレザーチェア。こちらのチェアは、しっとりと柔らかい質感を持つ黒の本革に輝きあるメタルレッグフレームを合わせた、正統派の高級感を持つチェアです。クッション性も抜群。

硬さ調節のできるロッキング機能を備え、体をもたせかけてもゆったりできる構造。背もたれにはヘッドレストも装備され、首の負担を軽減してくれます。腕を支える肘掛けも付属。見た目も座り心地も高級な、どなたにもおすすめできるタイプです。

SANWA SUPPLY-OAチェア SNC-L8(44,750円)

高級本革張りと体をサポートする高機能を兼備

高級な本革を使用し、使えば使うほどしっとりとなじんでくる抜群の肌触りを叶えました。脚部はアルミダイキャストを採用、頑丈で外観もスタイリッシュです。背面と座面のシンクロロッキング機能付きで、座り心地も抜群。高級パソコンチェアを末永く愛用したい人におすすめです。

背もたれはハイバックで背中をすっぽりと包んでくれます。さらに腰の負担を和らげるランバーサポート機能付きで、腰の位置に合わせた上下調節も可能。肘掛けも上下に可動するので、好みの高さに位置を合わせることができます。疲労軽減もしっかり行ってくれるチェアです。

ヤマソロ-ランバーサポート・リクライニングオフィスチェアCuracion(39,960円)

おしゃれな外見とくつろげる機能のリラックスチェア

手入れのしやすさと高級な外見を兼ね備えた合成皮革製のレザーチェア。ぴんと張った艶と光沢のある革表面と厚みあるふっくらとしたクッション感が、おしゃれな印象です。カジュアルさと高級感のバランスがよく、個人の書斎にもおすすめの椅子です。

腰部分に6段階調節のランバーサポートを内蔵し、仕事中の体をしっかり支えてくれます。それだけでなく、休憩時にはゆったりとくつろぐことのできる仕組みを装備。背もたれは170度までの無段階リクライニング、座面下に収納式のフットレスト配置と、体を十分に伸ばすことができます

腰痛対策におすすめのパソコンチェア

デュオレスト-DR-7501SP(39,800円)

上下左右に分かれた背面が背中と腰にジャストフィット

本格的なシューキーパーのように、いくつかのパーツに分かれた背もたれが特徴的なチェア。これら上下左右に分かれた背面は、裏のツマミで簡単に位置を調節することができます。強弱や位置を調整できるロッキング機能も備え、背中や腰にジャストフィットします。

ヘッドレストとアームレストも付属。どちらも高さを上下に調節することができ、仕事中の後頭部の動きや肘の位置をしっかりとサポートしてくれます。ガス圧昇降シリンダーで、座面の高さも体の負担を抑える位置に簡単に調節可能。高いフィット性で体を支える、腰痛に悩む人へおすすめの椅子です。

SANWA SUPPLY-OAチェア SNC-NET4BKN2(20,253円)

低反発ウレタンで体の重みをじっくり支えてくれる

座面に低反発ウレタン素材を使用。座る人の体重に合わせてゆっくりと沈み、体の形に沿うため、座り心地が抜群です。腰椎を支え腰への負担を軽くしてくれるランバーサポートもプラス。腰の高さに合わせて高さ調節もできるきめ細やかさです。特に腰が気になる人に。

肘掛けは上下可動式、机の面と同じ高さにすることで腕の疲れを軽減します。ガス圧高さ調節リフトにより、座面の高さもレバー一本で調節可能。腕の高さや膝の角度も姿勢のキープには重要です。スタイリッシュでオフィスにしっくりくる外見も魅力的。

ヤマソロ-レーシングチェアMonza(32,292円)

レーシングカーのシートを細部まで再現した高機能チェア

スポーツモデルの車などで採用されるバケットシートの形状を再現。背中をすっぽりと包み込み体をしっかりホールドしてくれるので、長時間座っても疲れません。可動式のランバーサポートはちょうどよい位置に上下移動でき、腰の負担を軽減してくれます。

無段階のリクライニングで最大135度まで寝かせることができ、休憩にもぴったりです。オットマンはスライドレールで引き出せるので、足を伸ばして寝ることも可能。ロッキング機能も備え、ゆりかごのような大きなロッキングもさせることができます。アームレストは高さを3段階に調整でき、ウレタン樹脂のパッド表面も気持ちよくフィットします。腰だけでなく、機能を欲張りたい人におすすめ。

ヘッド付きメッシュパソコンチェア Uriel(13,000円)

至福の座り心地を味わえる天使の座面

何と言っても気持ちいいのは、5cmの厚みで贅沢に施した低反発ウレタンの座面です。じっくりと沈み込み、体にフィットするクッション性と座り心地が実現しました。ハイバックの背もたれは背骨に合わせたS字カーブを描き、腰をサポートしてくれるランバークッションも備えています。

動くヘッドレストで自分に合ったポジションに調節でき、首を預けられるので首や肩周りが楽ちん。アームレストは肩への負担を除き、肩こりも解消してくれます。腰・肩・首すべてに悩みを抱える人におすすめ。この高機能で15,000円未満の価格も嬉しいです。

ヤマソロ-オフィスチェアReverie(15,552円)

肉厚で立体的な3次元シートが背中と腰をすっぽりホールド

ハイバックの背もたれで、背中に沿う立体構造と肉厚なクッションが座る人の背中をすっぽりと包み込んでくれる、ホールド力の高いオフィスチェアです。なだらかで自然なカーブは膝から背中までをサポートし、腰を中心に全体を支えてくれます。包まれる安定感を好む人におすすめ。

体を包み込むフィット性の高い造りですが、メッシュ素材を採用し、長時間座っても蒸れにくい工夫がしてあります。蜂の巣状のメッシュをポイント使いし、カラーの異なる生地を組み合わせたツートーンカラーデザイン。見た目にもおしゃれで素敵です。

まとめ

腰痛対策のパソコンチェアがおすすめ

腰痛対策に適したパソコンチェアは、負担を軽減したり姿勢をサポートしたりする機能に優れています。腰だけではなく頭から膝まで、肩こりや疲労もカバーしてくれるものが多いです。リーズナブルなものから高級かつハイスペックなものまでバラエティに富んでいるので、予算と効果で自分にぴったりくるものを選んでみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加