おしゃれでおすすめの活動量計・アクティブトラッカー人気ランキング!【ガーミンも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

活動量計やアクティブトラッカーと聞くと、ただ消費カロリーを調べるものだと思っている人も多いでしょう。しかし最近では、活動量計で消費カロリーや心拍数が測れるだけでなく、睡眠の質を計ったり携帯の着信を知らせてくれるなどたくさんの機能が付いています。活動量計は生活を楽しむものとしておすすめのアイテム。今回は活動量計の種類や選び方、おすすめの人気モデルを紹介します。活動量計が欲しいけど種類が多すぎてどれが良いか迷っている方は、是非参考にしてみてくださいね。



活動量計(アクティブトラッカー)とは?

活動量計(アクティブトラッカー)は歩数計のように歩数だけを調べるものではなく、体の動きを感知しながら心拍数や消費カロリーを計算してくれるものです。数字で健康状態が分かるため、体調管理がしやすいとダイエットや健康維持の強い味方として徐々に人気を高めています。

活動量計の特徴

心拍数や血圧・運動量など体の状態をチェックできる

活動量計に基本的に付いている機能は、歩数・消費カロリー・心拍数の3種です。それに加えて商品によって睡眠記録・着信・GPSなどの機能が付いているのものあり、様々な用途に合わせて活躍してくれます。最近ではスマホと連携できるものが主流となっています。

おしゃれなスマートウォッチとして使える

活動量計は腕や足首に着けておしゃれに使うことができます。スマホを取り出すこともなくさっと腕を出して電子機器を扱う姿はかっこいいですね。タッチパネルで使えるものも多いので、時代を先取りしたような感覚でおしゃれに健康管理を楽しむことができるでしょう。

活動量計の種類

消費カロリーや心拍数を計るタイプ(シンプルで操作が簡単)

活動量計の基本的な機能が付いているタイプです。歩数だけでなくデスクワークや家事をしている間の体の揺れも感知してくれるので、日々の活動量が分かります。心拍数はLEDの光が血管を照らすことで血液の光の反射回数を測定することで、割り出されます。

日常の健康管理に使う程度で、歩数と消費カロリー・心拍数を把握すれば良いという場合は、いろいろな機能が付いていないシンプルなタイプがおすすめです。シンプルな活動量計なら、今まで活動量計を使ったことがない人や機械が苦手な人でも楽に操作ができるでしょう。

睡眠時間を計るタイプ(眠りの質を確認できる)

睡眠中にも活動量計は活躍してくれます。睡眠時間を計るのはもちろん、機種によっては何度起きたかやどのくらい深い眠りだったかを体の揺れを元に計測してくれます。さらに心拍数に基づいて睡眠の質を調べてくれるものもあり、起きている間だけでなく寝ている間の状態まで把握できるので大変便利です。

睡眠時間や睡眠の質を計ることができるタイプは、睡眠不足や不眠に悩む人におすすめ。ものによってはしっかりと眠れていないレム睡眠の時間まで管理することが可能です。普段の生活では知ることができない睡眠の状態を把握できるのは頼もしいですね。

GPS搭載タイプ(スマホに位置情報や移動距離を記録できる)

活動量計にGPS機能が付いているものもあります。GPSとは地球上のどの位置にいるのかを人工衛星の電波で計測して知ることができる機能。GPS付きの活動量計では、自分の位置を知るだけでなくジョギングコースのペースなどを地図に照らし合わせて決めることができます。

ジョギングやランニング、サイクリングなど活動量計を着けているときに大きく移動する人にはGPS機能付きがおすすめです。GPS機能が付いていることで自分の位置が正確に分かり、トレーニング中に移動した場所やペースが記録できるので後から確認できると好評です。

活動量計の選び方

使うシーンに合わせて選ぶ

ジョギングやランニングに使うならバッテリーが長持ちするモデルを

一般的なバッテリーの連続操作時間は、3日程度。途中で切れると困るジョギングやランニングをする場合は、5日以上の持ち時間あるものが理想的です。中にはバッテリーの持ち時間が長いものもあり、最長の機種はWithings Go。なんと最大8か月もの連続作業時間を誇っています。

雨の日のトレーニングや水泳には防水性能もチェック

防水機能の付いている活動量計なら水に濡れても安心です。防水規格はIPX7のように表示され、数字が高いほど防水性能が高くなります。IPX7以上の防水規格の付いた活動量計なら、水に濡れても中まで侵入する怖れがないので安心です。防水タイプを選ぶと水泳やマリンスポーツでも安心して使えるでしょう。

身に着けやすい位置で選ぶ

常用したいならポピュラーなリストバンドタイプ

活動量計を選ぶときは、まずはどこに身に着けるのかをイメージしましょう。毎日どこに行くときにでも持ち歩きたいなら最も一般的なリストバンドタイプが良いでしょう。水に強い防水タイプを選ぶと、シャワーをするときにも外す必要がありません。

ランニングやサイクリングには足首につけるアンクレットがおすすめ

活動量計はリストバンドタイプが主流ですが、足首につけるタイプも人気があります。ランニングやサイクリングなどの足を動かすスポーツには、アンクレットタイプで正確に動きを計測することができます。普段時計を着けていて、さらに活動量計を着けたくない人にも良いですね。

活動量計のおすすめブランド・メーカー

GARMIN(ガーミン)

スポーティーでスタイリッシュな活動量計が揃う

おしゃれな活動量計と聞いて一番に思い浮かぶのがガーミンのアイテム。ガーミンの活動量計は正確なGPS機能に定評があるのですが、やはり見た目が良いというのが大きな魅力の1つでしょう。スポーティーなコーディネートの主役となるようなモダンな活動量計を取り揃えています。

Fitbit(フィットビット)

機能性の高さを誇るコンパクトタイプを提供

機能にこだわった活動量計作りに励むメーカーです。心拍数を計ることができる活動量計は、アプリと連動して睡眠の質をチェックするのに便利。多機能なのにコンパクトな作りなので、腕に圧迫感を感じることなく使えます。

SONY(ソニー)

幅広い世代から人気の信頼の機能性を誇るメーカー

ソニーは電気機器の有名メーカーらしく充電式の活動量計を取り揃えています。充電するのにケーブルをつなぐ必要はなく、USBで直接パソコンから充電できるので便利です。心拍数を計れるものもあるので、睡眠の状態をチェックしながら日々の健康管理ができます。

InBody(インボディ)

体重計のような機能を持つ活動量計を作るメーカー

歩行数や睡眠時間の他、筋肉量や脂肪量などの体組成まで測れる活動量計を提供しています。まるで体重計に乗っているかのように自分の体の状態が一目で分かるので、ダイエットのモチベーションをアップさせてくれるでしょう。

おすすめ&人気の活動量計ランキング

心拍数の測定でおすすめの活動量計

GARMIN(ガーミン)-Vivofit3(8,982円)

総合的に評価の高い人気モデル

デザイン性にも機能性にも優れた人気の活動量計です。心拍数を計れるだけでなく、週間運動量を1週間の間にランニングのようなある程度激しい運動をどれだけしたかを数字で表す機能が好評です。運動のモチベーションが上がる機能ですね。

Vivofit3はガーミンコネクトというサイトやアプリと連動させて使うことができます。毎日の運動が面倒だと感じる人でも、ついつい運動したくなるような活動量計です。楽しみながらおしゃれに健康管理ができそうですね。

itDEAL-スマートウォッチ(3,996円) 

血圧測定や着信通知など便利な機能が充実

シンプルな活動量計と違い、血圧を計れたりメールやラインの着信を知らせてくれたりと便利な機能が揃っています。これさえあれば、スマホを持たずにウォーキングやジョギングなどが楽しめると人気があります。

その他、長い間座り続けているとアラートが鳴る機能も好評。普段は座っている時間がどのくらいなのか気が付かないものですが、アラート機能によって座り時間が長すぎることを把握することができます。長時間座り仕事をしている人に休憩すべき時間を知らせてくれるので、デスクワークの人にもおすすめです。

Xiaomi(シャオミ)-Mi band 2(3,980円)

体組成計付き体重計代わりにもおすすめ

高精度のLEDを使用したクリアなディスプレイが人気のモデルです。LED表示は腕を上げると表示され、タッチパネル式でおしゃれに使いこなすことができます。専用日本語アプリがあったりIP67の防水規格を通っていたりと文句なしの活動量計といえるでしょう。

体重やBMIなど、体組成計の機能が一通り備わっているため、ダイエット目的で使いたい人におすすめです。体重計と違い、ランニングなど外での活動も記録してくれるので運動不足の解消にも役立つでしょう。

Lifesense-Band 2S(7,970円)

防水機能付きのシンプルで高精度な活動量計

リストバンド式の活動量計はファッショナブルなシーンにもぴったり。無料のアプリではグラフで健康管理ができるのが魅力です。直接USBコンセントに差し込み、1時間で充電できるところも人気の秘密です。

IP67の防水規格があり、埃や水に浸水しても壊れる心配はありません。24時間体調管理やトレーニングの記録を取りたい人におすすめ。体調や運動の記録を毎日スマホで確認するのが楽しみになるでしょう。

POLAR(ポラール)-LOOP 2(11,468円)

北欧の風を感じるスタイリッシュモデル

毎日身に着ける活動量計は、機能も大事ですが見た目も大事です。LOOP 2は白を基調とした北欧風のおしゃれなデザイン。シルバーのアクセントがあるファッショナブルなデザインの活動量計は、美意識の高い女性でもアクティブシーンをスタイリッシュに演出することができるでしょう。

LOOP 2の魅力はもちろんデザインの美しさだけではありません。歩数や消費カロリーの他、睡眠の状態を計れたりメール着信を知らせてくれる機能も付いています。モダンなスタイルで日々の健康管理に気をつけたい女性にぴったりのモデルといえるでしょう。

GPS機能付きでおすすめの活動量計

Fitbit(フィットビット)-Charge 2(20,930円)

タッチパネルの大画面ディスプレイが見やすい

画質がとても綺麗なOLEDディスプレイ搭載モデル。色ムラのない美しいディスプレイにトレーニングのモチベーションが上がると好評です。薄暗いときのトレーニングでも数字がパッと綺麗に映し出されるので快適に使えるでしょう。

Charge 2にはカーディオフィットネスレベルが付いていることが特徴。心拍数と自分で打ち込んだデータから、運動中に体に取り込める最大酸素量が分かります。最大酸素量が高いほど運動しても疲れにくいということ。どれだけ自分が運動できるのか知りたい人におすすめです。

Garmin(ガーミン)-Vivoactive(31,703円)

ランニングに最適なアクティブモデル

一般的な活動量計よりも幅の広い2.07×2.86cmの大型ディスプレイなので、GPSで地図を表示することもできます。カーナビのような使用感が可能になります。バッテリーの持ち時間がGPSを使わない場合は8時間と長いところも魅力です。

アプリが活動量計に内臓されているタイプなので、スマホと連動する必要はありません。GPS機能がコースやペースなどを記録してくれるので、ランニングだけでなくサイクリングやスイミングなど移動範囲が広いスポーツをする人の心強い味方となるでしょう。

Garmin(ガーミン)-Vivosmart(19,796円)

GPS機能付きでアクティブなシーンにも対応

ガーミンのVivosmartは日々の健康管理に役立つモデルですが、GPS機能が付いていてアクティブなシーンもトラッキングできることが特徴です。目標運動量を設定することもできるので、運動をしながら行う毎日の健康管理に役立つでしょう。

日々の健康管理だけではものたりない人におすすめなのがvivosmart。一定時間揺れを感じないと、振動と共にアラートが表示されます。時間やカレンダーの表示もできるので、スマホや時計代わりに使いたい人におすすめです。

Garmin(ガーミン)-ForeAthlete(24,800円)

バッテリーの持ち時間の長さが魅力の活動量計

バッテリーがGPSを使っている場合は最大13時間、GPSを使っていない場合はなんと9日間も長持ちする活動量計は、旅行に持っていくにも便利。長時間のトレッキングなどでも途中で電源が切れて使えなくなってしまう心配がありません。

腕にぴったりフィットして着けていても全く違和感がないForeAthleteは、心拍数を計れるうえにGPS機能付きなので、ランニングのコースやペースを記録するのに最適。日々の活動をモニタリングしながらもランニングなどのトレーニングを継続して行いたい人に向いています。

iPhone対応などスマホと連動できるおすすめの活動量計

Garmin(ガーミン)-Vivofit4(12,800円)

ディスプレイが格段に見やすくなったガーミンの最新モデル

人気商品Vivofit 3の後継モデルです。Vivofit 3との違いはディスプレイが大きく一瞬で目に入り安くなったこと。低反射スクリーンを採用しているので、日中の明るい日差しの中でもまぶしくて見にくいということはありません。

価格はVivofit 3と比べると3千円ほどアップしているものの、ディスプレイが大きく見やすくなっているので、使ってみる価値はあるでしょう。日中に屋外でトレーニングすることが多い人におすすめです。

Sony(ソニー)-SmartBand 2(6,999円)

スマホとの連携で効果を発揮するモデル

SmartBand 2はスマホとの連動がマスト。スマホを活用しながらスタイリッシュに活動を記録する現代の生活スタイルにぴったりのモデルといえるでしょう。白のコンパクトなリストバンドタイプは、都会的な印象で見た目もバッチリです。

起きている間だけでなく寝ている間にも活動を記録してくれるところが特徴。深い眠りと浅い眠りに分けて表示してくれるので、起きたときにチェックするのが楽しみになるでしょう。また、ストレス度もグラフで表示してくれるので自分の状態を診断してくれるような楽しみがあります。

NTTドコモ-ムーブバンド3(11,793円)

アクセサリー感覚で装着できるハイセンスモデル

以前のモデルではディスプレイはなくスマホで確認する必要があったのですが、ムーブバンド3はディスプレイ付きに改善されています。また、食事をいつしたのか記録してくれる機能もあるので、生活習慣の改善に役立ちます。

規則正しい生活習慣に必要な睡眠時間や食事時間を記録してくれるムーブバンド3。心拍数の測定はできないものの、スタイリッシュなデザインで日常の活動をモニタリングするには十分満足できるでしょう。トレーニングというよりも日々の健康管理をしたい人におすすめです。

T-PRO-T-Fit Plus(5,980円)

23種のスポーツモード搭載で快適な運動を

T-PROのスマートウォッチT-Fit Plusには、23種のスポーツモードが搭載されています。23種のスポーツの中から好きなスポーツが選べ、そのスポーツに最適な運動プランを提案してくれます。身に着けるだけでスポーツのモチベーションをアップしてくれることでしょう。

スポーツをする人に向けて作られているので、IP67の防水機能が付いているのもうれしいポイント。汗をかいても気にせずにつけていることができます。スポーツをしながら毎日の健康管理もしたい人におすすめです。

Xiaomi(シャオミ)-Amazfit Bip(11,800円)

連続使用時間の長さが魅力の活動量計

連続使用可能時間が45日間と、充電を忘れてしまうくらいに長持ちする活動量計です。32gと軽量なので、長時間腕に着けていても手首が痛くなることはありません。心拍数の変化により今行っている運動が有酸素運動かどうかを教えてくれるのもうれしい機能です。

さっと手を上に上げるだけで映し出されるディスプレイは、見た目にもかっこいいと好評。屋外でも反射して見えないという心配なく快適に使えます。GPS機能付きなので屋外で長くスポーツしたい人に最適です。

足首タイプでおすすめの活動量計

MISFIT(ミスフィット)- RAY(8,640円)

足首に装着可能なアンクレットタイプ

RAYは足首にも着けることができるタイプの活動量計です。細くスタイリッシュなシルエットは女性でも男性でも美しいアクティブシーンを演出。重量は8gと着けていることを忘れているくらい軽く、着けていて全く違和感を感じません。

これほどコンパクトな設計なのに、日々の活動に加え、睡眠の質もトラッキングしてくれます。ディスプレイがないのでスマホで確認しなくてはならにのが残念ですが、活動量計の新しいスタイルに挑戦してみたい人におすすめです。足首に着けることで、新たなライフスタイルを発見できるかもしれません。

まとめ

GPS機能付きのおしゃれな活動量計がおすすめ

活動量計にはいろいろな機能が付いていることが分かりました。あらゆる機能が付いているので選ぶのが大変ですね。日々の活動を記録するには、運動中にも心拍数が測れてGPS機能でコースやペース配分が確認できるものがおすすめ。毎日のトレーニングに気合いが入るでしょう。そして何より毎日着けるものなので、気に入ったデザインを選ぶことも大切です。気に入ったデザインのものの中から機能の充実した活動量計を探し、日々の健康管理を楽しみましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加