おしゃれでおすすめの電動ベッド人気ランキング!【介護用も】

このエントリーをはてなブックマークに追加

電動ベッドというとシンプルなものをイメージする人が多いでしょう。しかし最近ではニトリやフランスベッドなどからデザイン性も高いおしゃれな電動ベッドが販売され、人気を高めています。今回は、電動ベッドの選び方を紹介し、その中から介護用も含めたおしゃれで人気のあるおすすめ電動ベッドランキングを発表します。どの電動ベッドが良いか悩んでいる人は是非参考にして寝心地の良さを体感してみてくださいね。



電動ベッドの特徴

リクライニング機能付きで起き上がりの負担を軽減

電動ベッドにはリクライニング機能が付いていることが特徴です。普通のベッドだと寝ている姿勢から起き上がるときに一苦労するもの。しかし電動ベッドはリモコン1つで簡単にリクライニングが行えるものが一般的で、寝転がった姿勢から楽に起き上がれると好評です。

介護用だけでなく通常の寝室に置くベッドとしても

電動ベッドというと漠然と介護に使うものだと考えている人も多いでしょう。しかし現在では、リクライニングが効き寝心地の良い電動ベッドは一般の人も好んで選ぶアイテムとなっています。デザイン性の高いおしゃれな電動ベッドをインテリアに投入したいと考える人も増えてきています。

電動ベッドの種類

1モータータイプ(背中のリクライニング付きで起き上がりが楽)

電動ベッドには、人が寝転んでいても威力を発揮するパワフルなモーターが内臓されています。モーターが1つ内臓された1モータータイプは、背中のリクライニングのみのタイプなので、起き上がるのが楽な電動ベッドを探している人に向いています。

膝の高さは変えられなかったり細かな調整を苦手とするものの、体を起こすのがとても楽になるのが1モータータイプ。3モーター式だと10万以上するところ、1モーター式なら2万円前後で買えるという価格設定も魅力です。電動ベッドが欲しいけれど、脚のリクライニングまではいらないと考える人にぴったりです。

2モータータイプ(背中と脚のリクライニング付きで楽に座れる)

2つのモーターが内臓されているタイプは、背中と脚のリクライニングが付いています。背中のリクライニングに加えて膝の高さを変えられるので、座っている姿勢が楽になります。背中はベッドにもたれかかりながら座ったようなリラックスした姿勢がとれるので、最も人気のあるタイプです。

2モーターでは背中のリクライニングと脚のリクライニングが同時に動いてしまうものがありますが、脚の力が弱い方でも容易に使えるので人気があります。ベッドで寝ているだけではなく、ベッドの上でそのまま生活できるようなベッドを探している人におすすめです。

3モータータイプ(上下昇降機能付きで高齢者にも対応)

3モータータイプは高齢者の方でも容易に使えると人気のスタイルです。背中と脚のリクライニングに加えてベッド全体が上下に昇降するので、乗り降りがとても楽になります。介護用としても人気で、介護される側もする側も快適になるところが好評です。

足腰が弱っていてベッドへの乗り降りが困難な方や、究極に使いやすい一生ものの電動ベッドを探している人には3モータータイプがおすすめです。価格が10万以上と高めですが、3つのモーターをフル活用してこまかな動きも用意に行えるでしょう。

電動ベッドの選び方

使うシチュエーションに合わせてサイズを選ぶ

1人でリラックスしたいなら余裕のあるセミダブルがおすすめ

主流の電動ベッドのシングルサイズは幅90cm、長さ200cmなので、身長が170cm以上ある人は少し窮屈に感じるかもしれません。一方セミダブルは幅120cm、長さ200cmなので、背の高い人が寝返りをうっても全く問題ないサイズ。1人で使うとしても、余裕を持って快適な寝心地を叶えるためにはセミダブルがおすすめです。

部屋を有効活用したいなら折りたたみ式が便利

電動ベッドは場所をとることがデメリットのひとつ。しかし現在では折りたたみできる電動ベッドも続々と登場しています。折りたたみ式の電動ベッドなら、使わないときは閉じてコンパクトに収納できるだけでなく、たたんだ状態だとベッドの下の掃除が楽にできます。使わないときには部屋を有効活用してスマートに過ごしたい人には、折りたたみ式がおすすめです。

使用する目的に合わせたマットレスの硬さで選ぶ

立ち上がりやすさ重視なら適度に硬いマットレスが最適

電動ベッド選びには、マットレスの硬さを確認することが大切です。ふわふわしたマットレスは魅力的ですが、極端に柔らかいマットレスを選んでしまうと立ち上がりが困難になってしまいます。立ち上がるのに苦労したくない場合は、適度に硬いマットレスを選びましょう。適度な硬さがあるマットレスだと横を向いたり寝返りなどの動きも楽になります。

柔らかめが好みならふんわり沈みこむ低反発タイプがおすすめ

ある程度体力があり、動作に不便を感じない人はふわふわのマットレスを選ぶのもおすすめです。ふんわりと柔らかい低反発のマットレスを選ぶと、究極の寝心地の良さを体感できるでしょう。クッション性のあるマットレスでも電動ベッドのリクライニングを活用して背中や脚を上下に調整することで、体が沈み込んでしまうことを防げます。

電動ベッドのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

シンプルでおしゃれな電動ベッドが揃う

ニトリの電動ベッドは、3万円代から15万円代まで幅広い取り揃えがあります。どれもブラウンやホワイトを基調としたインテリアになじみやすいものばかり。おしゃれな電動ベッドを数多く取り揃えています。特に折りたたみ式で3万円代で購入できる「セレサ」が人気です。

パラマウント

用途に合わせた高品質な電動ベッドが選べる

パラマウントは使う用途やシチュエーションに合わせて自分でカスタマイズできる電動ベッドが人気です。モーター数だけでなくフレームのスタイルやボードのカラーまで選べるので、インテリアデザイナー気分でベッドを購入することができます。

フランスベッド

高い安全性の高級電動ベッドを提供

フランスベッドは、長寿の国の知恵を生かした高品質な電動ベッドを数多く取り揃えています。デザイン性も機能性も高い電動ベッドは幅広い世代から人気。人に害を与えるといわれるホルムアルデヒドを低減させた電動ベッドが特に人気を集めています。

ネルコ(neruco)

モダンでスタイリッシュな電動ベッドが揃う

ネルコの電動ベッドは四角いボードが特徴のスタイリッシュなデザインが特徴。女性でも力を入れずに操作できるものが多く、使いやすさにこだわって作られています。力を入れずに折りたためたりキャスター付きだったりと、腰痛に悩む方や足腰の弱った方でも快適に使える工夫がされています。

おすすめ&人気の電動ベッドランキング

セミダブルでおすすめの電動ベッド

GKA-ライフ(29,808円)

広々としたリラックス空間に

セミダブルでリーズナブルな電動ベッドを探している人におすすめのアイテムです。背中部分と脚部分が連動して動くタイプですが、膝で体を支える格好になるので体がずり落ちてしまう心配がありません。幅が120cmあるのでゆったりと快適に寝ることができます。

体を起こして寝転がるにもフラットにして昼寝をするのにも最適な電動ベッド。スプリング式なので折りたたみも楽にできます。使いたいときにだけさっと取り出して寝転ぶことができる電動ベッドは、リラックスタイムにぴったりですね。

フランスベッド-プレオックス(203,000円)

寝返りを楽にするマットレスが快適

フランスベッドのプレオックスは、沈み込みの少ないスプリングを使用しているため、寝返りが楽に行え体の負担を軽減してくれます。マットレスに内臓された高密度連続スプリングが体全体を程よく包み込んでくれるので、最高の寝心地が叶えられます。

ベッドは2モーター式で、背中と脚のリクライニングが付いて楽な姿勢が保てます。通気性の良さにまでこだわった快適なマットレスで、長い間快適に過ごせると好評。長時間ベッドの上で過ごしても不快感がありません。

Walts-電動ベッド(38,800円)

高反発マットレスで楽な姿勢をキープ

ワルツは新開発の高密度高反発ウレタンフォームを採用した電動ベッドです。高反発ウレタンフォームは、体の一箇所に圧力が集中するのでなく、圧力が分散される仕組みになっているので、快適な眠りを妨ることはありません。

折りたたみが簡単にできたりキャスター付きで移動が楽だったりうれしい工夫がたくさんされているのも魅力。厚みのあるマットレスなのに折りたたむと4分の1の大きさになるので、使わないときはコンパクトに収納できます。

テンピュール-ゼロジー® ライフスタイル(205,200円)

モノトーンでスタイリッシュな電動ベッド

信頼のOKIN社のモーターを使い、様々な機能が付いている電動ベッドです。特に肩と脚部分が振動するバイブレーション機能はマッサージベッドのように使える逸脱な機能です。肩こりなどの体の凝りを解消できそうです。

ゼロジー® ライフスタイルを見て最初に目に付くのがスタイリッシュな見た目。2モーター式ですが、高いデザイン性と機能性を合わせ持つ満足度の高い電動ベッドです。究極の電動ベッドを探している人におすすめです。

リコメン堂-高反発 スプリングマット仕様 電動 リクライニングベッド (39,800円)

セミダブルでゆったりとくつろげる電動ベッド

脚部分と背中部分のリクライニングが電動して動くタイプの電動ベッドです。上がると下がるのシンプルな操作なので、電動ベッド初心者や高齢者でも簡単に使いこなすことができます。折りたたみができてコンパクトに収納できるところも魅力です。

折りたたむとコンパクトになるのに、セミダブルサイズで幅が127cmあるので、寝返りしてもベッドから落ちる心配はありません。ゆったりと余裕のあるサイズの電動ベッドでリラックスしたいけど、常に置いておくのは嫌な人におすすめです。

低価格でおすすめの電動ベッド

ニトリ-背と脚が独立可動する電動ベッド(53,784円)

シンプルだけど寝心地の良い電動ベッド

マットレスにはプロファイルウレタンを使用したふんわりと通気性の良い素材を使っています。サラサラとしたシーツと通気性の良いマットレスで、長時間快適に過ごすことができます。2モーター式ですが電動ベッドに十分な機能が揃っています。

起き上がりが大変なために電動ベッドの購入を考えている人もいるでしょう。ニトリの電動ベッドは、頭と上半身を2段階で起こすリクライニングを採用しているため、普通のリクライニングよりも楽に起き上がることができます。

ニトリ-セレサ(39,900円)

リーズナブルなのに高級感のある人気商品

深みのあるブラウンのシーツとフレームがどんなインテリアにもフィットするニトリで人気の電動ベッドです。両サイドにグリップが付いているので、起き上がり時に使用することができます。寝返りで落ちてしまう心配も減りますね。

普通のセミダブルは幅が120cmですが、セレサは幅が114cmとセミダブルサイズに迫る大きさ。ゆったりとくつろげるサイズ感に人気が集まっています。少し硬めのマットレスで、体の弱った方でも立ち上がりなどの動きが楽になります。

タンスのゲン-レマン(21,800円)

スムーズな無段階リクライニングが人気

レマンの特徴は、リクライニングが無段階なところです。背中部分と脚部分がスーッとスムーズに動き、好きな位置でストップすることで角度を調整できます。背中部分と脚部分が一緒に動くものの、好きな姿勢で止められるので人気があります。

使わないときは折りたたんでしまっておけるので、部屋を電動ベッドが圧迫することなく広く使えます。折りたたみ式で手頃な電動ベッドは、来客用としても重宝するでしょう。なめらかなリクライニングを体験したい人におすすめです。

アイリスオーヤマ-電動リクライニング折りたたみベッド (26,800円)

完成品が到着するので手間いらず

ハイセンスなジャガード素材がお部屋を明るく彩ります。ボンネルコイルを352個ふんだんに使用したマットレスは、体を跳ね返すようにしっかりと支えてくれます。適度な硬さのマットレスは、寝心地の良さが抜群です。

折りたたんでしまえば部屋の掃除も楽に行えるところも魅力。使っていないときに折りたたんでささっとベッドの下を掃除できます。電動ベッドはリクライニング時の音が気になるものもありますが、アイリスオーヤマの電動ベッドは静かなのもうれしいポイントです。

ネルコ-Rosetta(46,800円)

普段使いにおすすめの使い勝手が良い電動ベッド

背中のリクライニングのみですが、手の届くヘッドボードにコンセントが付いている使い勝手の良い電動ベッドです。また、ヘッドボードには小物を置くスペースもあるので、ベッドから起き上がらずにそのまま生活することができます。

折りたたみはできないものの、ヘッドボードの横に本が収納できる棚が付いていたり引き出し収納が付けられたりと収納スペースがたっぷりの電動ベッドなので、スペースが狭くなる心配はありません。使い勝手の良い電動ベッドを探している人におすすめです。

介護用でおすすめの電動ベッド

パラマウントベッド-クオラ(175,700円)

木製ボードが高級感のある装い

介護用には3モーター式で高さが調整できる電動ベッドがおすすめです。寝ている人が立ち上がるときにはベッドを下げ、寝ている人を介護するときにはベッドを上げるという使い方ができます。クオラは、床からの高さは25~60cmと立ち上がりやすさにこだわっています。

クオラは、手元のリモコンに加えボードでリクライニングの状態を確認できるところが特徴。ボードの液晶スクリーンで、現在のリクライニングの角度と体勢が確認できます。好みの高さを知っておくことで介護が楽になるでしょう。

ROOM CREATE-プロケアエクシード(215,794円)

温もりのある木製フレームでリラックス

座った姿勢から寝る姿勢になるときに腹部が圧迫されていると感じることがあるでしょう。プロケアエクシードは腹部の圧迫を防ぐためにリクライニングが倒れると同時に背中方向に約7cmスライドする仕組みを採用しました。これにより腹筋を使わずに寝た体制になることが可能になりました。

マットレスは硬めから柔らかめまでの3種類から選ぶことができます。柔らかめと硬めをリバーシブルで買えられる普通タイプなら、どちらか好みの硬さが見つかるでしょう。体を傷めずに満足のいく動作できる電動ベッドを探している人におすすめです。

フランスベッド-レステックス(250,640円)

幅広設計でゆったりとしたスペースを確保

一般的な介護ベッドはシングルサイズなので、幅が90cmのものが多いのですが、フランスベッドのレステックスは幅が110.5㎝あるので、寝転んで本を読んでいてもゆったりとくつろぐことができます。両サイドに手すりが付けられるので落ちる心配もありません。

自然な姿勢で起き上がると、立ち上がるのはベッドの中心になるはずです。そこでセンターにはサイドフレームが一切付いていないセンターノンサイドフレームを採用。立ち上がるときにフレームが邪魔になって転んで怪我をしてしまうことがありません。

ライフ-LIA(110,160円)

キャスター付きで寝たままでも移動できる

福祉用具の安全性が確認されたTAIS認定の電動ベッドです。業者が搬入・取り付けまで行ってくれるので、購入者は買うだけで電動ベッドを使うことができます。設置の手間がいらないので、介護する側も高齢な場合にも安心して使うことができます。

電動ベッドは、背中部分と脚部分のリクライニングが連動してしまうのが悩み。しかしLIAは、それぞれ独立して角度を変えられるので、上半身と下半身の体制が思いのままに変えられます。自分好みの楽な姿勢をキープしながら快適に過ごすことができますね。

きのくにや商店-ラクティー(179,280円)

厚みのあるマットレスで安定感抜群

温もりのある木製ボードは、光の当たる角度によって様々な表情を見せてくれます。フローリングのモダンな洋室にも畳のあるクラシックな和室にもぴったりとマッチする美しい介護ベッドは、3モーターで無段階のリクライニングが可能です。

厳しい基準をクリアしたドイツのリモス社製のモーターは、一度使ってみるとその良さが分かるでしょう。モーター音がとても静かで、リクライニングの動作がとてもスムーズなので不快な操作音に邪魔されることなく快適に使用することができます。

まとめ

リクライニングがスムーズな電動ベッドがおすすめ

今回は、リクライニング機能が充実した電動ベッドを紹介しました。マットレスの種類だけでもたくさんあって、なかなか選ぶのが難しいものですね。電動ベッドに欠かせないリクライニングは、スムーズでちょうどいい位置に調整できるものがおすすめです。せっかく電動ベッドを購入するなら、好きな体勢で思い切り快適に寝転びたいですよね。気になるアイテムがあったら、チェックしてみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加