おすすめのサムピック人気比較ランキング!【TABも】

アコースティックギターやバンジョーなどを弾く時に便利な、サムピック。低音を際立たせたい時に重宝します。ですが、素材や形など様々な種類のサムピックがあるので、どれを使ったら良いのか迷いますよね。そこで今回はサムピックの特徴と、おすすめのサムピック13品をご紹介します。音の響き方の違いなども含めてくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サムピックの特徴

親指に装着して低音域を奏でる

サムピックとはThumbPickと書き、その名の通り親指に装着して、主にギターの4弦から6弦を奏でるためのピックです。親指を伸ばして爪弾くので、アルペジオ奏法の正しい姿勢が身につきます。また、一般のフラットピックの場合は、ストロークとアルペジオの奏法を切り替えるのにコツが必要ですが、サムピックなら容易に切り替えられます。

アルペジオ奏法を行うときに低音が際立つ

音を順繰りに奏でていくアルペジオ奏法では、指だけで弾くと低音が埋もれてしまう場合も。サムピックを使えば、指で弾くよりもはっきりとした輪郭のある低音が出せます。サムピックを使って低音をしっかりさせると、音楽が引き締まるメリットがあります。

フィンガーピックとの違い

フィンガーピックは親指以外に使用する

親指以外の指にも装着できるピックもあります。フィンガーピックと言い、指にはめると爪の延長のような形状になります。それぞれの指にはめて使うので、爪がなくてもくっきりとした音が奏でられます。

サムピックの種類

プラスチック製

しなりやすくて初心者でも扱いやすく削ることも可能

指に近い感覚で使用できるので、素直な音が出しやすく、初心者でも安心して使えます。安価なので、いろいろな種類のサムピックを試してみたい方にもおすすめです。種類も豊富で、サムピックに最も使われている材質です。

プラスチック製のサムピックは、削ることで自分の感覚にぴったりのものに調節できます。荒いやすりで削ってしまうと、ピックがガタガタになり音が悪くなってしまいます。削る場合には、目の細かい爪やすりなどで丁寧に処理すると、良い音色を奏でられますよ。

金属製

力強い音が出る

金属製のものは力が弦に伝わりやすく、少し硬めの音が出ます。メタルならではのギラギラした強めのアタックで、明瞭ながらも力強いのが特徴です。すり減らないので、ひとつ持っていれば十分で長く愛用できるのもメリット。

初心者には扱いがむずかしく、うまく脱力ができないと弦が切れてしまったり、弦とピックが擦れてノイズが入ってしまったりと、聴きづらい音になってしまうことも。ですが、使いこなせれば、際立った音がクールに響きます。上級者のギタリストなら使ってみたいピックです。

べっ甲製

優美で艶やかな音が出る

他の材質に比べて格段に音が良く、のびやかで聴き心地の良い音が出せます。くっきりと音が粒立ち、高級感のある音です。耐久性は高くありませんが、まるで自分の指で爪弾いているような感覚が得られるため、根強い人気のある材質です。

本べっ甲は、タイマイという海亀の甲羅からできています。輸入するのにワシントン条約で制限がかかっているので、希少で高価。天然素材なので反りや虫食いが起こる可能性がありますが、お手入れをすれば長く愛用できます。高級でも間違いのないピックを選びたい方におすすめ。

サムピックの選び方

形状で選ぶ

オールマイティに使いたいならノーマルピックタイプ

最も一般的なサムピック。ノーマルピックタイプなら単音弾きとストロークのどちらもこなせます。広く知られている一般的なフラットピックと違い、親指が弦に触れる感覚もあるため、指弾きの延長のように使えます。角度のついているものもありますが、ギターに対する手の角度に合わせるなど、自分用に削ってカスタマイズして使う人も多いです。

ストローク重視ならPOPピックタイプ

フラットピックのような、ティアドロップ型やトライアングル型のサムピック。面が広く、親指が弦に触れることがないので弦の感覚は掴めませんが、フラットピックのように使え、音を重ねて出すようなストロークに適しています。ストロークとアルペジオの切り替えもスムーズです。指から外れないフラットピックとして使いたいなら、POPピックタイプがおすすめ。

単音弾き重視ならスピードピックタイプ

ノーマルタイプと比べても先端が細いので、速弾きするのに適しています。弦に触れる面が少ないので、ストローク弾きには適していませんが、ジャズを奏でるのにぴったりです。また、ノーマルタイプを削って先を細くして使う人は、一度スピードタイプを試してみるのもおすすめですよ。心もとないと思われがちですが、意外と弾きやすいと評判です。

硬さで選ぶ

しっかりした低音を響かせたいなら硬いものを

硬めのピックは、音が際立つ傾向にあります。パンチのある音を出したい場合には、同じ厚さでも硬さのあるものを選ぶと良いでしょう。また、硬いピックを使っていると、ギターの上達が早くなると言われています。個人の技術が素直に音に現れるので、硬いピックで良い音を出せれば、柔らかいピックでも自在に使いこなせるでしょう。

音の強弱を抑えたいなら柔らかいものを

柔らかいものほど、指で直接弾くような感覚に近くなります。良くしなるのでアタック感もきれいで柔らかく、太く安定した音が出せるのが特徴です。どっしりとして輪郭も力強い音を出しやすく、ハードロックのように曲を重く仕上げたいときにもおすすめです。弾きやすく奏者を選ばないので、初心者だけでなく上級者にも愛用されています。

厚さで選ぶ

コード弾きするなら1mm以下の薄めのものを

コード弾きは、低音の響きの良さと、和音のバランスが取れているものの方が耳に心地よいです。厚さが薄いものは、音の線が細くきらびやかな音質になるので、かき鳴らしてもうるささを感じません。このため、ストロークのようにジャンジャンと同時に複数の弦を鳴らす場合には、ピックは薄めのものを使う方が、華やかに聞こえるのでおすすめです。

単音弾きするなら1.5mm以上の厚めのものを

一音一音を丁寧に聞かせたい場合には、しっかりと弦に力が伝わり、弾く力が強い厚手のものがおすすめ。ほとんどしならないため、低音が際立ち、重厚なサウンドになります。アルペジオを多用するなら、厚めのタイプを選ぶと良いでしょう。レスポンスも良いので、ソロを力強く弾きたかったり、速弾きしたりする場合にもおすすめです。

サムピックのおすすめブランド・メーカー

YAMAHA

日本が誇る楽器メーカー

YAMAHAは世界的に有名な、日本有数の楽器メーカー。間違いのない精度の高い製品で、安定した品質には定評があります。ピアノの生産量は世界首位で、ピアノの他にも100種類以上の楽器を製造しています。

JIM DUNLOP

アメリカ有数の音楽アクセサリーメーカー

ギターやベースのアクセサリーを扱っているメーカー。品質の高さに定評があり、愛用者も多いです。特にエレキギターの音色に変化をつける、クライベイビーというワウペダルは有名で、人気が高いです。

TAB

1991年に設立された日本のアコギ商品メーカー

ギタリスト打田十紀夫のプロデュースで設立されたピックメーカー。ユニークな商品が多いですが、プロのギタリストが監修しているので使い勝手が良く、根強い人気があります。特にTABSpecialというサムピックが有名です。

Fred Kelly

サムピックにこだわったピックメーカー

ギターやバンジョー用に特化したピックメーカー。特にサムピックが有名で、中でもスピードピックは、初心者から上級者まで幅広い層の支持を集めています。ラインナップも豊富で、用途に合わせたサムピックが選べます。

おすすめ&人気のサムピックランキング

プラスチック製でおすすめのサムピック

TAB-TAB Special II(520円)

指のサイズに合わせてベルト調節できる

指の太さに合わせてベルト調節できるのは、サムピックの中でも珍しいタイプ。ギタリストがあったらいいなと開発したものなので、使い勝手の良さが違います。どのサムピックが自分に合うかわからない場合に、まずは試して欲しい一品。

硬さはTHINとMEDIUMとHARDの3タイプあり、用途に合わせて選べます。しなりがよくて使いやすく、愛用者の多いサムピックです。カラーも豊富で、演奏の雰囲気やギターの色に合わせて使えます。

Fred Kelly-Delrin Speed Picks(165円)

ソロプレイに最適

FredKellyの代名詞ともいえるサムピックです。ジャズや、ソロプレイなどの単音弾きに適しているスピードピックタイプで、しなりも良く、弾きやすさが抜群です。速弾きができる中級者以上に特におすすめ。

先端が細いのでストロークには向きませんが、音の立ち上がりが速いので、速弾きにぴったりです。材質はデルリン製で滑らかな弾き心地で使いやすいです。指にフィットするので、手にかかる負担が少ないのも特徴。

YAMAHAThumb Pick(300円)

オールマイティに使える

丁寧なつくりで、値段の割に高品質のサムピックです。個体差が少なく、安定した品質を求めている方におすすめです。また、使っているうちに先が削れても、引っ掛かりが少ないので長く使えます。サムピック初心者でも安心ですよ。

プラスチック製ならではのシンプルな音色で、奏者を選びません。ストロークにもアルペジオにも使えるため、ひとつ持っていると便利な一品です。フィット感があり、汗ですべってしまうという心配もありません。

Jim Dunlop-White Plastic Thumbpicks(165円)

初心者におすすめなオーソドックスなサムピック

最も定番のサムピック。サムピック初心者が購入に迷ったら、まずはこのサムピックから試してみるのが良いでしょう。スタンダードで入手もしやすく、値段もリーズナブルなので、気軽に試せるのもおすすめポイント。  

厚さはミディアムで、扱いやすいです。また、少し硬めな弾き心地で、しなり具合や音色も標準の性能なので、他のサムピックを購入する時の基準としても役立ちます。素直で安定した音を出したい人にも最適です。

Black Mountain Picks-Black Mountain Thumb Pick(770円)

フラットピックのように使える

ティアドロップ型のPOPピック。スプリングを使用しているので、通常のサムピックより柔軟性があり、フラットピックのような使い心地になっています。快適さと安定感のバランスが良く、弾きやすさが特徴です。

アルペジオとストロークを織り交ぜる演奏がスムーズにできます。表現の幅が広がるので、オリジナリティのある演奏をしたい人におすすめの一品。ナイロン製なので柔らかく、しっかりとした太い音を奏でられます。

KIKUTANI-POP PICK サムピック6枚(660円)

セルロイド製ですっきりした音色

硬くて薄い、少しめずらしいタイプのサムピック。しなり方が程よく、すっきりとした音色を奏でられます。薄いので、ハサミで切ったりやすりで削ったりと、自分好みに加工がしやすいのも特徴のひとつです。

アップストロークもしやすく、コード弾きをしてもストレスがありません。角度がついていないので、フラットピックに持ち替えてもほとんど違和感なく使えます。音の粒立ちが強いので、単音もくっきりと聞こえます。

augusta-山崎まさよし オリジナルピック(248円)

指で弾く感覚に近い角度のついたサムピック

絶妙な角度が弾きやすい、POPピック。シンガーソングライターの山崎まさよし氏が考案したサムピックで、長時間使用していても疲れません。アコースティックギタリストのために考えられた、サムピックです。

フラットピックとしてもサムピックとしても使えます。アルペジオとストロークの切り替えもスムーズにでき、曲を選ばずに弾けます。角度があるので、ギターに対して、深い手の角度で弾く人におすすめです。

TAB-フラットピック nine9(550円)

演奏中に飛ばないフラットピック

TABSpecialの性能を生かした、フラットピックのように使えるサムピック。ベルトで親指の形にフィットさせられるので、汗ですべることがなく、演奏中に親指から離れません。安心して演奏に集中できます。

硬さはTHINとMEDIUMとHARDの3タイプ。形状もトライアングル、ティアドロップ、タテ型の3タイプあるため、合計9種類の中から自分や楽器にあったサムピックを選べます。全てのギタリストにおすすめできるサムピックです。

テリーゴールド-サムピック(110円)

初心者から熟練者まで使えるサムピック

扱いやすいとの評判で、愛用者の多いサムピック。歴史のあるメーカーのもので、間違いのない一品です。先端が細めで指で弾く感覚に近いサムピックで、フィット感が強いのも特徴です。とても柔らかなサウンドを奏でますよ。

種類は4つ。形状はノーマルタイプと先が細いスピードタイプがあり、プレイスタイルにも合わせて選べます。ノーマルタイプは薄さが1.0mmと1.5mmの2種類あり、ナチュラルなサウンドが欲しいなら1.0mmのものを、通常のアタック感が欲しいなら1.5mmのものを選べます。

金属製でおすすめのサムピック

Jim Dunlopメタル・サムピック(220円)

自分の指の形に合わせられる

これぞメタルと思わずうなってしまうような、高品質のサムピック。アタックが強く倍音も豊かなので、クールな演奏を好む方におすすめです。低音が深く、響きが良いのも特徴。ひとつは持っておきたいサムピックです。

プラスチック製と違い、自分の指の太さや形に合わせて素手で曲げられます。金属製で削れることがないので、長く愛用できるのも嬉しいポイント。エッジに返しがあるため、引っ掛かりがなく弾けるのもおすすめです。

Propik-Metal Thumb Picks(1,320円)

グリップ力があり指が疲れない

熟練者からの支持を集めるメタルピック。全てアメリカでひとつひとつ手作りされています。音が出やすく、軽めに弾いてもキレが良いのが特徴のひとつ。金属ですが、ナチュラルな感覚で音を響かせられます。

長時間つけていても痛くならない、良く考えられた構造。オールニッケルで軽いつけ心地です。グリップ力があり、激しい演奏でも飛んでしまう心配がありません。力を入れても痛くならず、長いライブにも耐えられます。

べっ甲製でおすすめのサムピック

HOSCO本鼈甲ギターピック サムギターピック ラージ(4,785円)

指になじんで長く使える

丸みのある音で、指の爪で弾く感覚に近いのが特徴です。弦とサムピックとの摩擦音も少なく、プラスチック製と比べても抜群の弾き心地です。低音の質感が良く、他の指で弾いている高音域の音色を邪魔しません。

天然素材で色や柄に個体差があるので、世界で唯一の個性あるサムピックになります。マイルドでありながら、芯のあるきれいな音色です。レスポンスも良いので、一度手にしたらやみつきになるサムピックです。

名城商会本鼈甲ピック サムピックM(1,760円)

厚さ1.2mmで本べっ甲の音色を存分にいかせる

少し厚さが薄めのサムピック。明瞭で、べっ甲ならではの優美な音色が響きます。ひとつひとつ職人の手で作られた逸品ぞろいで、品質も安定しています。見た目にも美しい、ギタリストなら一度は使ってみたい憧れの品ですね。

高品質で安定した厚さの本べっ甲のサムピックは希少。手に入れるのは日に日に難しくなっています。在庫に限りがあるので、早めの入手がおすすめ。天然素材なので、入手後はお手入れが大事になりますが、その価値が十分にあるサムピックです。

まとめ

プレイスタイルにあったサムピックがおすすめ

サムピックには、主にノーマルピックとPOPピックとスピードピックの3種類があります。幅広く使いたいならノーマルピックを、飛ばないフラットピックとして使いたいならPOPピックを、速弾きをしたいならスピードピックがおすすめです。演奏したい曲やプレイスタイルに合わせたサムピックを使って、オリジナリティ溢れる素敵な音楽を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*