2019おすすめのゲーミングタブレット人気ランキング!【PUBG用も】

世代を問わず多くの人に親しまれるソシャゲ。最近ではPUBGやフォートナイトなどスマートフォン用であっても据え置き型ゲームと遜色ないアプリが多数登場しています。そんな中で注目を浴びているのがゲーミングタブレットです。ゲームをすることに重きをおいたこのタブレット。より快適にゲームをするためには欠かせないアイテムと言えます。市場が加熱する一方で、タブレットの種類も豊富でどれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回はゲーミングタブレットの特徴や選び方をじっくり紹介。もちろんおすすめのゲーミングタブレットもあわせて紹介していきます。ぜひこの記事を参考にあなたにぴったりなゲーミングタブレットを探してみてください。

ゲーミングタブレットとは?

ゲームプレイに特化したタブレット端末のこと

従来のタブレットは多機能をウリにしており、いわばスマートフォンの上位互換としての位置付けでした。しかしスマートフォンの用途が複雑になり、ひとりひとりの使い方に大きな幅が生まれています。こうした現状から、特にゲームをすることに特化したのがゲーミングタブレットです。小さな画面で操作することを前提とするものばかりだったスマートフォン用ゲームですが、据え置き型からの移植版など大画面であっても十分に迫力あるモノも続々と登場しています。こうした高度なゲームをより満足して体験するためのタブレット。それがゲーミングタブレットです。

ゲーミングタブレットの特徴

サクサク動く快適なゲームプレイが可能

ゲーミングタブレットはスマホに比べ処理落ちが少なく、ゲームを快適に楽しむことができます。この違いに重要なのがRAM(ラム)というスペックです。RAMとは例えるなら「作業台の広さ」を表しています。作業スペースが広ければ広いほど多くのタスクを同時にこなすことができるようになります。ゲーミングタブレットの場合は2GBあれば十分です。多くのAndroidアプリが2GBのRAMを想定して設計されているため動作で困ることはまずありません。PCゲームをプレイしたい場合はこの数字が4GBに増えます。楽しみたいゲームに合わせて検討してみてください。

スマホのゲームも遊ぶことができる

ノートPCと比較されることも多いゲーミングタブレットですが、スマホアプリも遊ぶことができます。対応するOSによってダウンロードできるアプリも変わってきますが、iOSかAndroidに対応していればスマホアプリをプレイ可能です。もしすでに遊びたいゲームが決まっているのなら、対応のOSを確認し購入しましょう。

ゲーミングタブレットのメリット

スマホより大画面でゲームが楽しめる

スマートフォンでは4.5や5.5インチが一般的なサイズですが、タブレットの場合は最低でも7インチとかなりの大画面。最低でも約1.5倍ほどの迫力でゲームを楽しむことができます。ゲーム性が高まるにつれてシステムも高度になっているスマホゲームはインターフェイスも複雑化しています。画面が大きいと誤操作も軽減されより快適にゲームプレイできるのも魅力です。

ノートパソコンより持ち運びが簡単

ノートPCの場合、1kgを切ると軽量タイプと言われます。しかしタブレットの場合は600gほどであってもヘビーウェイトタイプと分類。タブレットで軽量タイプの場合は300gを切ることも。軽く持ち運びやすいのは大きなメリットです。いつでもどこでもゲームを楽しむことができます。またノートPCのようにカバンから出し、開くという動作が省略されるため空き時間で気軽にゲームを立ち上げることができるのも嬉しいところ。

ゲーミングタブレットのデメリット

通常のタブレットに比べて高性能なために値が張る

ゲームを快適に遊ぶことを目的に設計されているのがゲーミングタブレットです。そのため一般的なタブレットよりも値段は高くなる傾向にあります。1〜2万円台で購入可能ないわゆる「エントリークラス」はゲーミングタブレットには向いていないため、3万円を超える「ミドルクラス」以上のものから選んでいくことになります。

パソコンで使用できる高度な機能が使えない場合がある

PCと違い、タブレットの場合は入力操作を指で行います。より感覚的な操作が可能なため使いやすくはありますが、その分複雑な操作には適していません。特に顕著なのがファイル編集や動画編集です。「Word」「Excel」や各種動画編集ソフトの場合、使うことができない機能が多数存在。背景の色や文字数に制限がかけられていることがあります。もしゲーミングタブレットでゲームだけでなく、他の作業も行おうと考えている場合は注意が必要です。

ゲーミングタブレットの種類

Android搭載のゲーミングタブレット(詳細な設定変更がウリ)

Google発のOSを搭載したゲーミングタブレットです。設定を詳細に変更できることが魅力の一つ。タブレットだけでなくスマホでも普及しており、各メーカーが対応の商品を展開しています。多くの商品に対応することは長所ですが、OSのアップデートによってこうした付属商品、アプリが使えなくなってしまうことがあるので注意です。自分でアップデートすれば問題ないのですが難易度は高いため、ある程度のPC知識が必要です。

Steamに対応しているため、Steamのゲームを楽しむことができます。もしSteamで遊ぶことを目的にしている場合には特におすすめの商品です。また多くのメーカーからAndroidOSを搭載したタブレットが販売されているため、数多くの選択肢から選びたいという方にもおすすめ。

Windows搭載のゲーミングタブレット(PCゲームに対応)

Microsoftが提供するOSを搭載したゲーミングタブレットです。PCでお馴染みのOSなため、PCゲームを楽しむことができます。据え置きゲームに近い感覚のPCゲームですが、タブレットの場合は出先でも気軽にプレイすることができるようになるのは大きな魅力。

WindowsOSのアップデートは幅広く対応するように設計されています。そのため機種が古くなったとしても新機能が使えないといった事態になることは少ないです。PCゲームをしたい方だけでなく、同じ機種を長く使用したいという方にもおすすめです。

iOS搭載のゲーミングタブレット(パソコン初心者でも簡単操作)

Apple社が提供するOSを搭載したゲーミンタブレットです。感覚的な操作方法がウリであるため、機械音痴という方でも手軽に操作可能です。代わりに細かい設定変更はできないため不満を感じる方もいるかもしれません。アップデートは自動で行われますが、かなり古い機種であってもフォローしてくれるため「アップデートができず買い替え」と言ったことが少ないのも魅力です。

「app store」はアプリの審査が厳しいことでも知られています。そのためアップデートがAndoroidと比べると遅れることがあり、新アイテムが実装されるのをしばらく待たなければいけないことも。ラウンチの早さよりもバグもなくしっかりとしたアプリゲームであることを重視する方にはおすすめなOSです。また2018年5月25日にはエンターテイメントプラットフォームSteam(スチーム)のIOS版の発表が見送られており、Steamが使用できない状況です。そのためSteamを使用したいという場合は今後の動向を見守る必要があります。

ゲーミングタブレットの選び方

画面サイズを重視して選ぶ

いつでもどこでもゲームがしたいという方は7インチがおすすめ

タブレットとしては小さめと言える7インチですが、今までスマホしか使ってこなかった場合はその大きさに驚くはずです。このサイズは片手で掴むことができるため、持ち運びが非常に便利。そのためタブレットを通勤通学などでスマホのように使いたいという方にはおすすめのサイズです。また基本的に縦にして使うサイズ感なため、使用するゲームが縦向き設定な方にもおすすめ。

大画面でじっくりプレイしたい場合は10インチ

大迫力と言っていいほどの大きさである10インチ。タブレットの場合は画面と顔が近い傾向にあります。そのためこのサイズ感の場合はゲーム画面が視界全体に広がります。自宅でじっくりとゲームを楽しみたいという方におすすめしたいサイズ感です。また基本的に横向きで使用することに適しているため、アプリのゲーム画面がワイドという方も検討してみてください。

メモリ容量をチェック

Androidアプリのゲームをする場合は最低でも2GBは必要

RAM(ラム)という呼ばれ方をすることもあるこのスペック。Androidのゲーミングタブレットを使用する場合の目安は2GBです。多くのアプリが2GBを基準に動作するように設計されているため、この数値以下の場合は快適なゲームプレイが難しくなってきます。またiOSを使う場合にはこの項目を意識する必要はありません。apple社からメモリ容量のスペックが公表されておらず、憶測でしか語れないためです。しかしおおよそ4GB以上のメモリ容量があるとされているためAndroid版と比べて不利になるということはまずないでしょう

PCゲームをしたい方は4GB以上のゲーミングタブレットを

ゲーミングタブレットでPCゲームをしたいと考えている場合、4GBが基準になります。WindowsのOSを搭載しているタブレットのスペックは大体のものが4GB。ネットゲームを楽しみたいという場合はスペックをみて余裕を持つのがおすすめです。4GBたっぷり使うゲームの場合、予算が許すのであれば8GBのものを購入するのも良いでしょう。

ストレージ容量で選ぶ

多くのゲームをプレイしたいという方は最低でも32GB以上のものを

ROM(ロム)と呼ばれることもあるストレージ容量。このスペックは保存しておけるデータ量を表しています。多ければ多いほど大量の画像、動画や文書をタブレットに保存しておくことができます。ゲーミングタブレットの場合は持ち歩けるゲーム本数に直結します。3Dグラフィクスを使ったゲームの場合は1GBを超えるものも多いため、最低でも32GBのものをおすすめします。幅広いジャンルのゲームを持ち運びたい方は特にこだわるべきスペックと言えます。

プレイするゲームが限られているという方は16GB程で十分

すでにはまっているゲームがあり、他に手を出す予定がないという場合は16GBほどがおすすめです。他のスペックを重視し一つのゲームの快適さを高めてみましょう。またまだわからないという方の場合はmicroSDカード対応のゲーミングタブレットも検討してみてください。ストレージ容量を気軽に増やすことができるため、臨機応変に対応可能です。

CPUの性能で選ぶ

一度に処理できる作業の数を表すコア数を確認

「クアッドコア」「ヘキサコア」などで表記されるコア数。タブレットのマルチタスクに影響する要素です。人間で言うと「コア」とは頭脳のことを指し、「クアッド」や「ヘキサ」などは数字を表します。つまり「ヘキサコア」の場合は6つの頭脳で作業を進めることができるというわけです。配信やゲームプレイの録画を行いたい場合、このスペックは重要。一度に多くのタスクをこなすには欠かせません。ゲームだけでなく、他のアプリも並行して使っていく予定がある方は最低でもクアッドコア以上という目安でゲーミングタブレットを検討してみましょう。

クロック周波数が大きいほど処理性能が高い

「GHz」という単位で表されるのが「クロック周波数」です。クロック周波数とは一つのコアの頭の良さを測る単位。この数値が大きければ大きいほど人間で言えば頭が良いということになります。このスペックが高いPCは一つのタスクに特化するというよりかは、複雑な処理を行わなければいけない場合に力を発揮します。最近はやりの「PUBG」や「荒野行動」における一つのフィールドで何人ものプレイヤーが入り乱れる状況でこのスペックは力を発揮します。より複雑なゲームアプリやリアルタイムの対戦ゲームをメインで行う場合には要チェックな項目。

ゲーミングタブレットのおすすめブランド・メーカー

Acer(エイサー)

ゲーミング特化の商品展開がウリの異色メーカー

台湾に本拠を置くAcer。タブレットのみならずデスクトップPC、ノートPC、モニターなどでもゲーミング特化の商品展開をしています。タブレットの場合はカメラ性能などゲームに関係のない機能のスペックは削るなど硬派な作り。他のタスクを一切行わず、ゲーム専用機が欲しいという方には特に推したいメーカーと言えるでしょう。

Huawei(ファーウェイ)

中華ゲーミングタブレットのトップ

中国系メーカーであるHuawei。ここから出されているタブレットはいわゆる中華タブレットです。中華タブレットには安かろう悪かろうという印象の方も多くいるかと思いますが、ことHuaweiに関してはその認識は変わりつつあります。値段の安いエントリー型タブレットだけでなく、ハイスペックなタブレットも多数展開。スペックが求められるゲーミングタブレットとしても問題なく使える製品が多くラウンチされています。中華タブレットのメリットである低価格ももちろん実現しているため、スペックだけでなく値段も加味したいという方には特におすすめなメーカーです。

NVIDIA(エヌヴィディア)

ゲーミングに特化したラインナップがウリ

アメリカの半導体メーカーであるNVIDIA。GPUの牽引役としても知られています。ゲーミングタブレットではゲーム体験に特化したラインナップが魅力です。大迫力の映像とサウンドだけでなく、コントローラーなどの周辺機器も充実。スマホの延長線上というより、持ち運び可能な据え置き機と位置付けています。ハイクオリティなゲーム体験を重視する方にはおすすめなメーカーです。

Microsoft(マイクロソフト)

ハイスペックで確かな品質

ビルゲイツとともに世界に名を馳せるMicrosoft社。タブレットのコンセプトは持ち運び可能なPCです。ビジネスで使用可能なスペックを持ち合わせているため、「SURFACE Pro」はタブレットながら破格のハイスペックを実現しています。対応OSがWindowsのタブレットを探している場合はおすすめなメーカーです。

おすすめ&人気のゲーミングタブレットランキング

Androidでおすすめのゲーミングタブレット

HUAWEI (ファーウェイ)-MediaPad(メディアパッド) (30,877円)

低価格ながらも納得の逸品

30,000円を切る安さですが、決して低スペックというわけではありません。メモリ容量は3BG、ストレージ容量もMicroSDカードを使用できるためお好みで128GBまで底上げ可能です。ゲームプレイをスマホからタブレットに移行したいという方はとりあえずお試しで購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

クロック周波数については1.4Ghzと不安が残るのも事実。リアルタイム対戦など高処理が必要となるゲームは向きませんが、従来のスマートフォンゲームでは申し分ない活躍をしてくれます。ソシャゲやレトロゲームの復刻版など、比較的スペックを必要としないゲームを考えている方にはおすすめな一台です。

Lenovo (レノボ)YOGA (ヨガ) (80,826円)

ゲーミングタブレットとしては破格の映像とサウンドを実現

防水防塵耐性を備え、スタンド、チルド、ホールド、ハングといった使用場面に合わせたスタンドを使用できます。どこに持っていくにも安心便利という持ち運び特化のゲーミングタブレットと言えるでしょう。メモリは2GBありアプリの起動に不具合はまずないスペックと言えるでしょう。

プロジェクター機能が搭載されているため、40〜50インチほどの大画面でゲームを楽しむこともできます。機動性だけでなく自宅でのゲーム体験にもこだわりたいという方には特におすすめな一台です。また映像視聴やプレゼンなど応用がききやすいのがプレジェクター機能の嬉しいところ。ゲーミングタブレットとしてみても優秀ですが、他の用途でも使用する方はぜひ検討してみてください。

Lenovo(レノボ)- TAB4 (タブフォー) (19,800円)

コストパフォーマンス重視

ゲーミングタブレットとしては比較的に低価格。30,000円をきるのは嬉しいところ。メモリ容量は2GBありオクタコアを内臓しています。ゲームアプリで処理落ちなど気になる不具合はほぼないスペックと言えます。

低価格がウリの今商品。予算を抑えたいという方におすすめです。ゲーミングタブレットで言う所のエントリーモデルと言えるでしょう。スマホを卒業してタブレットを使ってみたいという方が試しに購入するのにうってつけな一台です。

Acer(エイサー)-Predator(プレデター) (36,630円)

軽量で持ち運びに嬉しいゲーミングタブレット

いかにもと言ったところの外観が特徴的なゲーミングタブレットです。攻殻のようなフォルムへのファンも多く、タブレット界隈で見ても異色な立ち位置。重量が350gとゲーミングタブレットの中では比較的に軽いのが特徴。画面サイズが8センチなため出先でもかさ張ると感じることは少ないはずです。

出先でもゲームを楽しみたいという方におすすめな一台です。また軽く持ち運びに適しているため寝ながらでも手が疲れることなく使用できるのも嬉しいところ。画面が8インチなためコンパクトながら迫力ある映像も楽しむことができます。

ASUS(エースース) – ZenPad(ゼンパッド) (44,953円)

軽くて薄い手軽なゲーミングタブレット

一回の充電での稼働時間が16時間と電池持ちが良いのが特徴です。また映像美にも優れ、2048×1536ドットの高解像度を実現。タブレット端末としては破格の数字です。PCスペックに付いてもヘキサコア対応の4GBと良好。ゲームプレイで不満を感じることはまずないと言えるでしょう。

Ghzが1.8であるため、クロック周波数には多少不安は残るかもしれません。フォートナイトなど複数同時対戦型のゲームではラグを感じる可能性があります。そのため従来ソシャゲやリアルタイムでのラグを気にする必要のないゲームをプレイする方には特におすすめな一台です。

Amazon-Fire(ファイア)HD10 (15,980円)

一万円代で購入可能という破格の安さがウリ

破格の安さのAndroid対応ゲーミングタブレットです。安い価格とは裏腹にメモリは2GB、ストレージ容量は32GBと64GBから選択可能と低スペックというわけではありません。スペックを必要とする最新アプリには不安が残りますがほとんどのゲームでは不満なく機能します。

ソシャゲを中心にプレイするという方に特におすすめ。10インチと大画面なためスマホとは違うゲーム体験をすることができます。価格もお手頃なため、気軽にゲーミングタブレットの魅力を味わうのにうってつけです。押し間違えもなく、インターフェイスに不満を感じることはなくなるはずです。

Windowsでおすすめのゲーミングタブレット

富士通-arrows tab (120,000円)

出先でも安心できるタフなゲーミングタブレット

メモリ容量は4GB、ストレージ容量は256GBと高スペックなゲーミングタブレットです。周辺機器も充実しており、コンパクトなタブレットとしてだけでなく、ノートPCとしての使用も可能です。ゲーミングタブレットとしては用途に合わせて使い分けできるのが嬉しいところ。

防水防塵耐性が付いているため、アウトドアはもちろん、キッチンなど日常生活でも心配せずどこでも使うことができます。場所を問わず隙間時間でゲームを楽しみたい方には特におすすめな一台と言えるでしょう。

NEC(ネック)- LAVIE (レヴィエ) (95,760円)

画面が綺麗で魅力的

クアッドコア搭載のゲーミングタブレットです。RAM容量は4GBとゲームプレイに問題のないスペックを備えています。ストレージは64GBと少し物足りない印象もありますが、MicroSDに対応しているため後から増やすことが可能です。

鮮明な画面表示がウリなこのタブレット。1920×1200ドットでさらにIPS方式を採用しています。そのため角度によって色味がばらつくことがありません。ゲームを綺麗な画面でプレイしたい方には特におすすめなゲーミングタブレットです。

Microsoft (マイクロソフト)- Surface Pro(サーフェスプロ) (135,800円)

Microsoft社が提供するハイエンドモデル

Microsoft製のハイエンドモデルタブレットです。Corei5プロセッサを搭載しておりストレージは128GB、RAMは8GBとスペックは申し分ありません。PCゲームであっても快適なプレイが可能。マルチタスクにも向いており、他のアプリを起動させながらゲームを楽しむのも充分なスペックです。

重量は770gで画面インチは12.3と大型サイズ。そのため他のタブレットと比べると少々かさ張るかもしれません。そのためノートPCよりもさらに手軽に起動できるゲームデバイスを探している方におすすめです。

Lenovo (レノボ)- ideaPad(アイディアパッド) (26,880円)

低価格で高スペックのいいとこ取り

重量がある分、高スペックを実現したゲーミングタブレットです。581gとタブレットの中ではヘビーウェイトに近い重さ。しかしキーボード付きであり、ノートPCとして考えると重さはそこまで気にならないのではないでしょうか。また最新版ではなく、いわゆる型落ちと呼ばれるタイプですが、高性能として定評のあったAtomプロセッサを搭載。値段にしては十分な性能と言えます。

大きく重いため他のタブレットと比べると持ち運びには向いていないと言えます。しかしそこに目をつむればハイスペックなタブレットが破格の安さで手に入ります。家でじっくりとゲームをプレイしたいという方には特におすすめです。

NVIDIA (エヌヴィディア)-SHIELD Tablet (シールドタブレット) (124,800円)

ゲーミングタブレットとしては破格の映像とサウンドを実現

ゲームに特化したNVIDIAから販売されるゲーミングタブレットです。1920×1200ドットの高解像な画面とデュアルフロント直面のサウンドスピーカーを搭載しています。前面にスピーカーがあるため音響は迫力重視。またコントローラーなど付属品も充実しているためゲームプレイにはうってつけの一台と言えるでしょう。

「twitch」との連動機能が備わっており、プレイ動画を生配信することができます。処理落ちすることなくゲームの同時配信を行うにはかなりのスペックがあっても不安の残るものです。しかしこのタブレット単体で生配信を行うことができるのは嬉しいところ。ゲームプレイのみならず、配信にも興味があるという方にはおすすめできる一台です。

CHUWI(チューウィ)-Hi10 PRO (22,500円)

デュアルOSに対応のゲーミングタブレット

AndroidOSとWindowsのOSに対応したことが大きな特徴であるゲーミングタブレット。Windowsを起動することを想定しているため、スペックは高め。4GBのRAM容量と64GBのストレージを備えています。ストレージに関してはSDカード対応なためさらに増やすことも可能です。

デュアルOSに対応しているため、スマホゲームもPCゲームも楽しむことができます。スマホゲームを大画面でもでき、PCゲームを持ち運ぶことができるというゲーミングタブレットのメリットを一度に味わえるお得な使用。スマホでもPCでもすでにゲームをプレイしているという方には特におすすめです。

PUBGにおすすめのゲーミングタブレット

Apple(アップル)- iPad Pro(アイパッドプロ)  (126,980円)

極限フレームでドン勝ち一直線

Apple社から販売されているiPad ProがPUBGにはおすすめです。画面サイズの大きさは索敵のしやすさに影響。打ち勝てるかどうかに直結します。PUBG系統のゲームをする場合は7インチでは少し心もとないです。理想は10インチ以上。今商品は10.5インチと画面サイズも良好な仕上がり。スペックも申し分なくサクサクとプレイすることが可能です。

PUBG系統のゲームをプレイする場合、iPad Proは理想的な機体であると言われています。ただゴールドランクからさらに上を目指すなど、上級者からより強くなる最後の仕上げとも言える些細な点です。今以上に成績を安定させたいという猛者の方はぜひ検討して見てください。

Huawei(ファーウェイ)-MediaPad Pro(メディアパッド プロ) (51,340円)

Huawei発の高性能なハイエンドモデル

Huaweiが提供するゲーミングタブレットのハイエンドモデルです。4GBのメモリ容量とオクタコアを搭載。高スペックなタブレットです。スピーカーが従来型が2個だったのに比べ今商品は4つ搭載しています。そのため出先よりも自宅で大音量のプレイをする際に力を発揮するでしょう。

PUBGをプレイする場合には最高画質でのプレイは難しいですが、通常のHD版でプレイする場合は処理落ちなく比較的快適にプレイできます。そのため、PUBGなどの複数同時対戦ゲームを行う際にそこまで画質を気にしないという方にはおすすめのPUBG用ゲーミングタブレットです。

まとめ

まずは7インチのゲーミングタブレットがおすすめ

ゲーミングタブレットの選ぶ方とおすすめを紹介しました。タブレットだけでなくゲーミングタブレットも多くのメーカーによって商品展開なされており、市場が加熱している様子が伺えたのではないでしょうか。しかし一方で多くのスペック項目から商品をピックアップするのに困惑する方も多いのでは?まずは画面サイズ7インチのものをおすすめします。ゲーミングタブレットとしての魅力はやはり持ち運びが容易でいつでもどこでもゲームが楽しめる点にあります。出先だけでなく、家の中でもリビング自室と場所を選ばずゲームに没頭することができます。そのためお試しとしては片手でも持ち運び可能な7インチで検討してみてください。