おしゃれでおすすめのラウンジチェア人気ランキング!【デザイナーズも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルのラウンジや、旅館の窓際に設置されているラウンジチェア。一度座ると居心地が良くて、なかなか動く気にならなくなった経験があると思います。ラウンジチェアが自宅にあれば、本を読むとき、映画を見るときなど、リラックスする場面に大活躍です。リビングチェアやソファーとは一味違った空間を楽しむことができます。しかしいざ買おうと思っても、ブランドやデザインなど、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そんな方に今回は、ラウンジチェアの種類、ブランド、選び方を解説し、おすすめのラウンジチェアをご紹介していきます。大きくゆったりと座れるものから、コンパクトで場所をとらないラウンジチェア。北欧デザインからアジアンデザインと、幅広いデザインのラインナップも魅力です。ラウンジチェアの購入で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。



ラウンジチェアとは?

背もたれに傾斜をつけてリラックスできるよう作られたチェア

ラウンジチェアとは、背もたれのある一人掛けの椅子を指します。日本ではパーソナルチェアや、リクライニングチェアとも呼ばれています。ゆったりと座れるようにサイズの大きいチェアが多く、オットマンと呼ぶ足置きと組み合わせて使うこともあります。

ラウンジチェアの特徴

リラックスすることを目的に作られた様々なデザイン

ラウンジチェアはリビングチェアとは違い、リラックスすることを目的に作られた椅子です。そのため、居心地の良さを追求した様々なデザインの製品があります。皮張りの重厚なデザインから、藤(ラタン)を編んだアジアン風なもの、シンプルな北欧デザインのチェアまで様々です。

座面に傾斜をつけているので深く腰掛けられる

ラウンジチェアは長時間リラックスして座れるように、座面に傾斜をつけて腰への負担が軽減されるような構造をしています。3~5度の傾斜をつけることによって、腰だけでなく体全体に体重が分散させることができます。またリラックス用のチェアは背もたれの傾斜が115度から120度以上のものが多く、120度を超える場合はオットマンや頭もたれ用の枕が必要となります。逆に傾斜が100度以下のものは作業用の椅子がほとんどです。

ラウンジチェアの種類

イームズラウンジチェア(代表的な高品質ラウンジチェア)

ラウンジチェアとして確固たる地位を築いているのが、このイームズラウンドチェアです。「イームズ」とはこの形のラウンジチェアをデザインした夫婦の名前で、1950年代のアメリカで多くの家具のデザインに携わりました。緩やかな座面にオットマンがついた形が非常に特徴的です。1900年代のアメリカらしく、大きくて重厚なデザインをしています。

オットマンとセットになっていることから場所は取りますが、ゆったりとした座り心地は他のチェアとは一線を画しています。特にオットマンのアイデアは画期的です。長時間足を下ろしていると血流の巡りが悪くなりますが、オットマンの上に足を置くことによって、長時間座っていても足がむくみません。シックなデザインのチェアが多いので、アンティークな雰囲気のお部屋に設置すると非常に見栄えするでしょう。

ストリアドラウンジチェア(座り心地を重視した三層の張地)

ハーマンミラー社によってデザインされたストリアドラウンジチェアは、スキーブーツの構造にヒントを得て作られました。硬い素材で作られた外側の層に、天然繊維複合材の柔らかな層を内側に重ね合わせ、三層目の背もたれから座面にかけては二種類の素材を組み合わせたクッションを使用して作られています。三層もの作りによって、しっかりとした座り心地と、長時間座っていても疲れないような柔らかさを兼ね備えた座り心地となっています。

イームズラウンジチェアとは違い、オフィスチェアにもなりそうな現代的なシンプルなデザインとなっています。どこにおいても馴染むようなさわやかなデザインです。背もたれの長さ、脚部、オットマンの形は三種類の中から選ぶことができ、張地はホップサック、ノーブル、皮革、MCL皮革から選択できます。対応の広さは流石はハーマンミラーといったところでしょう。

サイバラウンジチェア(シンプルかつ美しいフォルム)

アメリカの世界的なインテリアメーカーであるハーマンミラーが、初めて日本人デザイナーと協力して製造したチェアです。この椅子の特徴は、当たり前の形なのに美しいということです。デザイナーの深澤直人さんが提言する「スーパーノーマル」という思想を体現した椅子です

シンプルなデザインでありながら、体にフィットするフォルムは長時間リラックスして座ることができます。オットマンもついたラウンジチェアですが、イームズラウンジチェアのように巨大ではありません。しかし、洗練されたデザインはどんなお部屋にも合うことでしょう。

ラウンジチェアの選び方

正規品かリプロダクト品かで選ぶ

品質の良さにこだわるなら正規品

正規品とは、正規のライセンスを所有したメーカーが製作した製品のことを指します。高価な素材を使用し、熟練した技術で作られる正規品は、完璧な品質と万全のアフターケアが保証されますが、その分価格は高くなります。材質と品質、数十年保証されるアフターケアを求めるのであれば、正規品の商品がいいでしょう。

価格が安いリプロダクト品

リプロダクトとは、デザインのライセンスが切れた製品を、ライセンスを所有する以外のメーカーが製作した製品のことです。レプリカやジェネリックとも言われています。リプロダクト品は正規品と同じデザインの製品ですが、低コストのために素材や人件費を抑える傾向があります。そのため品質や保証などは正規品に劣る製品が多いです。参考までにイームズラウンジチェアの正規品とリプロダクト品の価格を比較すると、正規品が695,520円、リプロダクト品が69,980円となっています。リーズナブルな価格で正規品に近い商品を求めるなら、リプロダクト品がいいでしょう。

お部屋のデザインに合わせて選ぶ

肘掛けや脚の部分が木製の北欧デザインがおしゃれ

お部屋を北欧風なナチュラルデザインに揃えたいのなら、木製フレームのラウンジチェアがおすすめです。木製のラウンジチェアは革製のような重厚感がないので、モダンな現代風のお部屋にも合うデザインです。冬が長い北欧では室内にいる時間が多いので、室内でも温もりを感じるようなインテリアづくりをしてきました。そうした背景から出来上がったのが、木を多く使用した暖かなデザインの北欧家具です。

アジアン風ならラタン素材やウォーターヒヤシンスが最適

バリ島の伝統家具のデザインで作られるアジアンラウンジチェアは、独特な雰囲気で知られています。主に籐(ラタン)やウォーターヒヤシンスという植物を使用して作られています。細くした素材を編んで作るアジアンチェアは職人が手作りする製品がほとんどで、優しくナチュラルな雰囲気があります。革製や布製のチェアと比べると通気性に優れ、長時間座っても蒸れにくいという特徴があります。また適度に弾力のある素材なので、座り心地も抜群です。植物で作られた自然な風合いのアジアンチェアは、お部屋に置いておくだけで南国にいる気分を味わえるでしょう。

お部屋のスペースを考えて選ぶ

スペースが限られている場合はオットマンとの組み合わせは避ける

ラウンジチェアは座り心地のいい椅子ですが、その分大きくて場所も取ります。お部屋の間取りから、大きなイームズラウンジチェアを置けないということもあるでしょう。一人暮らしの1DKのお部屋に置くと、それだけで圧迫感がでてしまいます。狭い空間にイームズラウンジチェアを置くのはおすすめしません。もし置きたいのであれば、コンパクトなラウンジチェアを選択するのがいいでしょう。オットマンのないデザインのものであれば省スペースで配置できます。

スペースに余裕がある場合は思い切って高機能なものを

1LDK以上の間取りの家であれば、思い切って大きいサイズのラウンジチェアを置くのも面白いでしょう。ワンランク上のインテリアに変わりますよ。オットマンのついたデザインのラウンジチェアは、椅子に体全体を預けることができます。リクライニング機能の付いたものを選べば、気に入った位置に背もたれを調整することができて非常に便利です。椅子の横にサイドテーブルを置いて、飲み物を飲みながらゆっくり読書、なんてことも素敵ですね。

ラウンジチェアのおすすめブランド・メーカー

HermanMiller(ハーマンミラー)

世界的なモダンデザイン家具メーカー

ハーマンミラーは1923年に創業されました。1950年代には、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージネルソン、イサムノグチといった当時を代表するデザイナーたちと提携して、世界的なモダンデザイン家具メーカーとなりました。主にモダンデザインの家具を手掛けるメーカーで、企業や家庭を問わず、様々な場所で使用されています。

IKEA(イケア)

リーズナブルでおしゃれなメーカー

IKEA(イケア)とは、スウェーデン発祥の世界最大の家具量販店です。北欧らしくシンプルな洗練されたデザインのメーカーです。大量生産されているため価格が安く、かつクオリティ―が高いのも大きな特徴でしょう。

artek(アルテック)

フィンランドを代表する北欧家具メーカー

北欧デザイン家具の本場、フィンランドを代表するメーカーです。北欧らしく木材を使ったナチュラルデザインが特徴です。アアルトレッグと呼ばれる木材を曲げる加工によって、余計な金具を用いることなく柔らかな曲線を描いた家具が作られています。

グレイスノート

アジアン家具を手広く販売するメーカー

グレイスノートはインドネシアを拠点とするアジアン家具メーカーです。熟達した職人によって一つ一つ丁寧に作られる家具は、大量生産品とは違う柔らかな雰囲気があります。近年は日本向けのデザインに力を入れているので、使い心地も抜群です。

おすすめ&人気のラウンジチェアランキング

デザイナーズ家具でおすすめのラウンジチェア

イームズ-ラウンジチェアー(69,980円)

イームズラウンジチェアのリーズナブルなリプロダクト品

ハーマンミラー社のイームズラウンジチェアのリプロダクト品です。正規品の10分の1の価格ですが、材質とデザインは正規品と近い製品となっています。1950年代にデザインされたチェアですが、現代でも新鮮に美しく映る形です。

傾斜した座面は背骨にかかる負担を分散させ、柔らかなクッションが腰回りをしっかりサポートする座り心地です。長時間座っていても疲れないので、読書や映画鑑賞などを快適な姿勢で楽しむことができます。

アルネ・ヤコブセン-エッグチェア オットマン付き(152,064円)

独特な卵型のラウンジチェア

1950年代にアルネ・ヤコブセンがロイヤルホテルのロビーのためにデザインしたエッグチェアのリプロダクト品です。卵のように美しい曲線を描いたデザインは、体をすっぽりと包み込むような安心感のある座り心地です。

内側に弾力のあるウレタンインナーシェル、外側の張地にはカシミア混合ウールを使用しているため、弾力のある柔らかな座り心地です。オットマンと合わせて座れば、長時間快適に座ることができます。

エーロ・サーリネン-ウームチェア オットマン付(157,680円)

胎内回帰を思わせるほどの座り心地のラウンジチェア

1947年にデザインされたウームチェアは、まるで母親のお腹にいるような安心感のある座り心地から、ウーム(子宮)チェアと名づけられました。FRPで貝殻のように作られた椅子の形に細く浮き出すステンレスの足は、現代から見ても斬新なデザインです。

FRP一体成型のシェルにカシミア混合ウールの張地を被せ、ウレタンフォームのクッションを置いたデザインをしています。体をしっかりと支えるシェルに、柔らかに沈み込むクッションの組み合わせはウームチェアの名に恥じない座り心地です。

ポール・M・ヴォルザー -コロナチェア&オットマン(168,912円)

いくつものクッションが重なる独特のデザインのラウンジチェア

デンマークのエリックヨーゲンセンから1962年に発売されて以来、コロナチェアはいくつもの賞を受賞してきました。いくつも重なっているクッションが日食を連写した姿とよく似ているため、コロナ(太陽)名づけられました。

緩やかなカーブを描いたフレームは体にフィットするように設計されています。無造作に設置されたように見えるクッションですが、体に合わせて湾曲しているのでしっかりと体を支えてくれます。快適な座り心地に、美しいフォルムを楽しむことのできるラウンジチェアです。

イングマール・レリング-シエスタクラシック ハイバック(298,000円)

ホワイトハウスでも16脚使用される北欧家具の傑作

ノルウェー出身の家具デザインナーの巨匠、イングマール・レリングが1965年にデザインしたチェアで、世界各国の美術館に納入されるほど美しい外観を持ちます。こちらの製品は日本人向けに工夫して作られています。

フレームは堅牢な形成合板で作られているので、女性でも運べるほど軽量な作りです。張地には滑らかな牛革、クッション材にはポリエステルファイバーを使用しているので、柔らかく滑らかな座り心地です。

リーズナブルな値段でおすすめのラウンジチェア

Gravina-くつろぎのリクライニングアームチェア (17,064円)

折り畳める本格的なパーソナルチェア

オットマンの付いたラウンジチェアは巨大なものが多いですが、こちらの製品は折り畳んで使わないときには収納できます。楽天のチェアランキングで常に上位に位置しており、商品レビューも70件以上投稿されている製品です。

ウレタンフォームに合成皮革の張地を被せた座面は、柔らかで快適な座り心地です。6段階のリクライニングが可能で、座面下に収納しているオットマンを使用すれば長時間座っていても疲労が溜まりにくいです。

LOWYA-リクライニングチェアー オットマン付き(16,990円)

リーズナブルな価格で快適な座り心地のラウンジチェア

座面にたっぷり詰め込んだウレタンフォームによって、ソファーのような柔らかな座り心地です。130度まで無段階リクライニングが可能で、読書や映画鑑賞、音楽鑑賞など様々な場面で最適な角度での使用ができます。

オットマンがついているので、長時間座っていても体への負担が小さいラウンジチェアです。脚には艶のある木製フレームを使用しており、高級感ある雰囲気が漂います。張地の合成皮革のカラーは、ブラウンやブラックなど、人気のノーマルカラー三種から選択できます。

ユーフォー-ウォーターヒヤシンス・ラウンジチェア(14,640円)

小さくてかわいらしいアジアンデザインのラウンジチェア

インドネシアの職人が手作業で作り上げた、ウォーターヒヤシンス製のラウンジチェアです。ユーフォ―のようなデザインの座面は、かわいらしい見た目と安定感をもたらします。見た目は小さいですが、インパクトは大きいデザインのチェアです。

天然素材のウォーターヒヤシンスを編んで作られているので、革製の張地にはない通気性と弾力があります。蒸れにくい素材なので、製造されたインドネシアのような暑い日に使用すると快適な座り心地でしょう。

VELLE-リクライニングチェアー オットマン付き(6,990円)

1万円以下の価格で本格的なラウンジチェア

楽天ランキングでも常に上位に位置し、50件以上の高評価レビューが投稿されている製品です。1万円以下というリーズナブルな価格でも、オットマンが付属し必要な機能は揃っているラウンジチェアです。

140度まで無段階のリクライニングが可能で、お好きな角度でリラックスすることができます。クッション材にはウレタンがたっぷりと使用され、しっかりとした座り心地で体を支えます。張地は合成皮革で作られ、三種類の色から選べます。

ニトリ-パーソナルチェア (6,990円)

安定した品質で知られるニトリ製のラウンジチェア

日本で有数の家具メーカー、ニトリのパーソナルチェアです。木製フレームで作られた、柔らかな雰囲気のラウンジチェアです。別売りでオットマンも販売しているので、合わせて使えば長時間快適に座れます。

頑丈な積層合板で作られた木製フレームは適度なしなりを持ち、緩やかな美しい曲線の外観です。張地には布地を張り、適度に柔らかさを持つ座り心地です。張地の柔らかな布地製で、色は三種から選べます。

北欧風でおすすめのラウンジチェア

cafare-リラックスチェア スリム(5,000円)

北欧風の木製フレームチェア

北欧風らしく木製フレームでできたラウンジチェアで、楽天で50件以上のレビューのある大人気商品です。座面のサイズが幅52センチ×奥行き49センチと大きく作られているので、男女問わず快適に座れます。

座面の角度が奥にかけて傾斜を作られているので、深く腰掛けることができます。背中に合わせて緩やかに曲がる背面はしっかりと背中を支え、快適な座り心地を生み出します。首元にはネッククッションが設置されているので、読書や映画鑑賞などにも最適です。

ポポル-イージーチェア(48,600円)

日本製の堅牢な作りのラウンジチェア

60年以上の歴史を持つ光製作所から作られるチェアは、構造、外観ともに最高品質の仕上がりです。光製作所は業務向けの製品をメインに製造されているメーカーなので、製品には厳しい検査がなされています。この検査を通過した堅牢な作りのチェアです。

滑らかな木製フレームは、シンプルながら優しい北欧デザインをしています。角度の付いた背もたれと柔らかなクッションの相性は抜群です。独立したヘッド部分のクッションは厚めに作られており、首が疲れにくくなっています。クッションのカラーはブラウンとグレーから選べます。

E-comfort-Contour Chair(72,819円)

かわいらしい形のクッションを持つラウンジチェア

オーストラリア人のデザイナー、グラント・フェザーストーンが1951年にデザインしたコンターチェアのリプロダクト品です。肘掛けが飛び出したようなかわいらしいデザインで、体が包まれるような座り心地です。

外観はシンプルながら座面と背面は体に沿うように曲がっており、柔らかなクッションとともに体をしっかりとホールドしてくれます。別売りのオットマンと合わせて使えば、より長時間リラックスして座ることが可能です。

冨士ファニチア-Ahti/アハティ(133,920円)

日本製でありながら北欧らしい曲線美を描いたラウンジチェア

日本の高級家具メーカー、富士フォニチア製のチェアです。受注生産される家具は大量生産の製品とは違い、細部に至るまで完璧に作られています。こちらのラウンジチェアは北欧デザインがベースで、フィンランドの深海の女神「アハティ」という名前がつけられました。

職人の手によって作られるフレームは、自生した木のような優しい外観です。椅子の幅は64センチと大きく作られているので、ゆったりとリラックスして座ることができます。フレームカラー、張地の材質・カラーは受注生産品なので、お好きなものを選ぶことができます。

PRC-パーソナルチェア(79,800円)

本革製の高級感溢れるラウンジチェア

オットマンのついたのラウンジチェアです。セミアニリンレザー加工された本革の張地は滑らかな肌触りで柔らかく、表面にウレタン加工を施すことによって耐久性が増しています。張地の色は人気のブラウンを含む4種類から選ぶことができます。

無段階に調整できるリクライニング機能に加えて360度の回転が可能です。サイドテーブルも付属しているので、リラックスした姿勢でドリンクを飲むこともできます。オットマンには収納機能があり、小物の収納ができます。快適な座り心地に加えて、便利な機能が多数あるラウンジチェアです。

まとめ

長時間座りたいのならオットマン付きがおすすめ

ラウンジチェアでこだわりたいのは、リラックスして長時間座れることです。長時間椅子に座って足を下ろしていると、血液が足まで循環しづらくなるため、むくみやすくなります。オットマンを使用すれば、長く椅子に座っていても体への負担が小さくなります。椅子に座って読書や映画鑑賞をする方には、オットマン付きのラウンジチェアをおすすめします。今回はラウンジチェアについて、様々なブランドやデザインの製品を紹介しました。購入する際の参考にして、ぜひお気に入りの製品を見つけてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加