おしゃれでおすすめのウォールナットテーブル人気ランキング!【無垢材も】

テーブルの購入を考える際にはデザインも重要項目ですが、色味を先に決めてしまうという方も案外多いのではないでしょうか。なかでもウォールナットは、男女共から人気の色味です。今回の記事では、これからウォールナットテーブルの購入を検討している方のために、ウォールナットテーブルの種類や選び方、手入れの方法などをご紹介します。最後にはおすすめのウォールナットテーブルもご紹介していきますので、ぜひ購入の参考にしてください。



ウォールナット材とは?

クルミ科の広葉樹を使用した木材

テーブルなどの家具に使われているウォールナットは、クルミ科の広葉樹のことで、一般的にブラックウォールナットのことを意味します。家具や建材だけでなく、楽器などにも使用されます。世界三大銘木のひとつとして挙げられていて、根強い人気がある色です。

ウォールナットテーブルの特徴

ダークブラウン色で高級感がある

ウォールナットの最大の魅力は、高級感です。ダークブラウンのベースにブラックの木目模様が入っており、ナチュラルでありながらも品の良さを感じさせてくれます。深い色合いがインテリアとしてもメリハリをつけてくれるので、締まった印象の空間を作り上げてくれます。

耐久性が高く衝撃に強い

ウォールナットの特徴には、耐久性が高く衝撃に強いという嬉しい特徴があります。部屋の中央に置くことが多いテーブルは、ついつい物をぶつけて傷つけてしまいがちですよね。特に、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭はそういったことも多いのではないでしょうか。また、耐久性が高く衝撃に強いということは、長く愛用し続けるためには必要不可欠な項目でもあります。

ウォールナットテーブルの種類

ウォールナット突板のテーブル(低価格でメンテナンスが簡単)

ウォールナット突板とは、木を薄くスライスしたものを合板の上に貼り付けたものです。無垢のテーブルには一枚板が必要になることから、5万円以上する商品が多いのですが、突板のテーブルは1万円で購入することができるものもあります。突板の場合は、最小限の材料で済むことから低価格が実現するのです。また、無垢材に必要なメンテナンスも不要です。

ウォールナット無垢のテーブルに比べ気軽に手に入れやすい突板ですが、表面には本物のウォールナット材を使用しているので、天然の木目の風合いや手触りはしっかりと感じることができます。また、天然木の魅力のひとつでもある経年変化も楽しむことができますよ。

ウォールナット無垢のテーブル(一枚板ならではの風合い)

一方のウォールナット無垢のテーブルは、一枚板で作られています。100%天然の木材で作られたテーブルということです。天然の木目の風合いや手触りは、テーブル表面だけでなく全体から感じることができます。無垢材でしか味わうことができない特別感を存分に楽しめるのも無垢テーブルの魅力のひとつです。

ただし、無垢材にはメンテナンスが必要になります。湿気や乾燥に弱いといった弱点もあります。また、一枚板が必要となればそれだけ大きな原木が必要になりますね。必然的に価格も上がってしまいます。それでも、一枚板にしかない出せない魅力があるので、無垢材にこだわる人がいるのです。

ウォールナットテーブルの塗装の種類

ウレタン塗装(光沢があり、メンテナンス不要)

ウレタン塗装は、家具では多く使われる塗装です。ウレタンの樹脂を表面に吹き付けることで、表面をコーティングします。それによって水や汚れを吸収しづらくなり、熱にも強くなるといったメリットが生まれます。基本的にメンテナンスが不要なので、手入れの心配がありません。

ウレタン塗装には、ピカピカとした光沢を出す仕上げと、光沢を出さないマット仕上げがありますが、基本的には樹脂の膜ができるためにツルツルとした手触りになります。木本来の自然の手触りがなくなってしまうのがデメリットでもあります。

オイル塗装(木本来の質感と経年変化が楽しめる)

オイル塗装は、コーティングをするのではなく、植物性オイルを染み込ませて仕上げます。仕上がりが自然で、木そのもののあたたかみや手触り、風合いを生かすことができます。ウレタン塗装に比べて高級感もより感じやすいのがオイル塗装です。

汚れや乾燥を抑える効果もありますが、ウレタン塗装ほど完全ではなく、コップの結露による輪染みが起きやすいというデメリットがあります。また、経年変化によって色味が変わりやすく、オイルを途中で塗り直すというメンテナンスも必要になります。

ウォールナット無垢テーブルのお手入れ方法

オイル塗装の天板は水拭きではなく乾拭きで

オイル塗装の天板を水拭きするのは避けてください。オイル塗装は水に弱いので、せっかく天板に染み込んだオイルまで拭き取って薄くしてしまいます。オイルが薄くなると、その場所から水が浸透しやすくなり染みになりやすくなるので、乾拭きをするようにしてください。あまりにも食べかすが酷い時などには、ハンディの掃除機などで吸ってしまうのもひとつの手です。

シミや傷がついてしまった場合は研磨する

無垢材は汚れや傷がつきやすい素材ですが、修復することも可能です。修復の方法としては、汚れや傷がついてしまった箇所を研磨します。汚れであれば研磨することでほとんどが落ちると思います。そうしましたら仕上げにオイルを塗ってあげてください。傷が深い場合には、研磨して傷が浅くなった時点で水分を含ませた布を当ててしばらく放置します。これは、無垢材が水分を含むと膨らむ現象を利用しています。傷が目立たなくなったら、オイルを塗って仕上げます。ホームセンターや家具屋では、メンテナンスに必要な グッズをセット販売しているお店もあるので、案外手軽に修復ができますよ。

ウォールナットテーブルの選び方

生産国で選ぶ

技術力のある日本の工房で作られた国産がおすすめ

日本の工房は技術力が高いのは言うまでもありません。技術力の差は、ウォールナットテーブルの耐久性にも関わってきます。長く愛用することを考えているのであれば、高品質な国産がおすすめです。また、国内の工房で生産されていることから、細かなオーダーに対応している商品もあり、フルオーダーが可能になるのも国産です。

原木は基本的に海外から輸入される

製造が日本であっても、原木は基本的に海外からの輸入に頼っていることがほとんどです。アメリカやカナダなどの北米が中心です。家具ひとつを作るほどの大きさの原木が必要になることを考えれば、海外からの輸入の方が供給量が安定するからです。海外からは、伐採しただけで他は一切手を加えられていない丸太の状態で運ばれてきます。

インテリアを考えて選ぶ

ダイニングではテーブルとチェアをウォールナット調で合わせる

テーブルとチェアをウォールナット調で揃えることで、統一感がでて部屋全体がまとまりすっきりとします。逆に色味がバラバラだとちぐはぐな印象を受けてしまいます。手持ちのチェアと合わせてテーブルを購入予定であれば、近い色を選ぶのをおすすめします。もしアクセントを加えたければ、チェアの座面にカラーを持ってくるといいですよ。

リビングに置くならソファに合わせたローテーブルを

リビングに置く予定であれば、ソファの高さにあったローテーブルがおすすめです。ソファでくつろぐことを前提に考えるならばローテーブルの高さは35cm~40cmの間を目安にするといいです。この高さであれば、ソファに寝転がった状態でもテーブル上の物を取りやすいです。ソファを対面で置く場合などは、寝転がるというよりもきちんと座る機会が多いと思うので、高さのあるローテーブルをおすすめします。

北欧インテリアにするならグレーの家具と組み合わせるのがおしゃれ

ウォールナットとグレーの相性はとても良く、北欧スタイルのインテリアではよくこの組み合わせが使用されます。落ち着いた大人な雰囲気の中に、温かみのある空間が演出できます。たとえば、グレーのソファとウォールナットのローテーブルの組み合わせや、グレーのラグとウォールナットのダイニングテーブルの組み合わせがおすすめです。

ウォールナットテーブルのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

トレンドに敏感なインテリアショップ

トレンドを抑えた商品を探している方におすすめのインテリアショップです。北欧スタイルからモダンスタイル、ヴィンテージスタイルなど取り扱っている商品のスタイルの幅が広く、リーズナブルな価格が魅力です。

ニトリ

欲しい物が求めている価格できっと見つかる

ニトリのウォールナットテーブルの種類はとても多く、探し求めているタイプの商品がきっと見つかるでしょう。また、テーブルとチェアがセットになった商品も多く、価格も手頃で購入しやすいのも嬉しいポイントです。

IKEA(イケア)

北欧スタイルなら断然おすすめ

北欧スタイルのウォールナットテーブルを探しているのであれば、北欧生まれの家具屋であるIKEAがおすすめです。おしゃれでリーズナブルな商品が揃っています。合わせるインテリアも一緒に選べば、北欧テイストでまとめた部屋作りが簡単にできますよ。

カリモク

国内最大の家具メーカーだから品質と商品数はお墨付き

老舗の家具メーカーであるカリモクは、家具の製造から卸までを行っています。なかでも木製家具が主力で、木製家具のほとんどは家具職人さんの手によって手作りされています。品質の高い商品を取り揃えており、海外からも支持をされています。

おすすめ&人気のウォールナットテーブルランキング

手入れが簡単でおすすめのウォールナットテーブル

エア・リゾーム-ダイニングテーブル(15,980円)

飽きのこないシンプルデザイン

天板には人気の高級木材である北米産アメリカンウォールナットを突板として利用しています。突板はサイド部分にまで贅沢に使用されているので、どこから見ても満足のいく仕上がりです。また、素材本来の木目や自然の質感を残すために、塗装はラッカーによるオープン仕上げとなっています。

高級木材の風合いはそのまま、低価格でダイニング用のウォールナットテーブルを手に入れたいと考えている方におすすめの品です。120cm幅の長方形タイプなので、二人以上でのファミリー利用に最適です。

LOWYA-Table&Chair Dining Set(9,990円)

スタイリッシュで落ち着きのある雰囲気

木目の美しいウォールナットの天板とブラックのスチールの組み合わせが、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気のあるダイニングテーブルです。スチール部分は錆に強いマットな質感の粉体塗装仕上げになっています。

シックな色合いが、日中だけではなく夜にもお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。スチール部分がブラックのため、部屋全体をキュッと引き締めた印象にしてくれます。落ち着きのある佇まいは、男性にも人気です。

LOWYA-ローテーブル(29,990円)

考え抜かれた高さのくつろぎ和モダンスタイル

高さ25cmと、床に限りなく近い設計をされているローテーブルです。これによって、床に座った状態でリラックスできるようになっています。突板に使用されているのは、アメリカ広葉樹協定が定めた最高ランクと認められたアメリカンウォールナットです。

畳などの和室にも合うようなモダンなデザインのローテーブルをお探しの方におすすめです。凛とした高級感を感じる佇まいは、日本人ならではの匠の技によって生み出されています。落ち着いた和の空間が演出できますよ。

モダンデコ-センターテーブル(9,980円)

安定感のある脚の作りがモダン的なアイテム

上品な木目とツヤのある天板に、台形の形が特徴的な脚がシンプルながらも存在感を発揮している逸品です。高さ35cm、幅100cmの天板下はゆとりがあるので、ゆったりと自由な格好でくつろぐことができます。

合わせやすいテイストのなかでも、特徴のあるタイプを探している方におすすめです。また、脚部分を折りたたんで収納することができるので、使用しない時にはコンパクトに収納したいと考えている方に最適です。

INTERIOR NET C-5-Marond oval(10,584円)

丸いフォルムが可愛らしいデザイン

丸くコロコロとした可愛らしい形に特徴がある北欧テイストのローテーブルです。綺麗な円形ではなく、ナチュラルな円形が個性を出しています。脚は折りたたみが可能で、幅75cm奥行65cmのコンパクトな作りです。

柔らかい印象のあるローテーブルを求めている方におすすめです。コンパクトサイズなので、ソファのコーナーテーブルとしての使用や、ちゃぶ台としての使用など、ちょっとした場面で活躍してくれそうです。

STYLE INTERIOR-ガス圧昇降式テーブル(19,990円)

機能性とデザイン両方を兼ね揃えたアイテム

ライフスタイルに合わせて高さを変えることができる便利な昇降式テーブルです。高さは10cmから71.5cmまで自由に調節が可能です。また、キャスターがついているので移動も楽にすることができます。

ローテーブルとして、パソコン作業用のデスクとして、ダイニングテーブルとしてマルチに活躍してくれます。折りたたみ収納もできるので、来客用のセカンドテーブルとしてもおすすめです。また、これだけの機能が揃っていながら、デザイン性も抜群です。

e-goods-センターテーブルfurura(11,340円)

絶妙な高さでソファでも快適に食事ができる

天板高さが55cmという珍しいテーブルです。この高さは、ソファに座った状態で食事やデスク作業がしやすいように設計されています。リビングに設置しても圧迫感を感じることがない直線的なデザインです。

ダイニングテーブルとリビングテーブルの両方を置くのは間取り的に難しいという方に、ソファダイニングとしての使用方法をおすすめします。カフェのように、ソファに座りながら食事やテレビを楽しむことができます。

ARMONIA-Emeryローテーブル(44,990円)

シンプルで美しいデティールが高級感を感じさせる逸品

モダンでどこかレトロさも感じさせるフォルムは、アート性が高いながらもどんな部屋にも調和するシンプルさを兼ね揃えています。0.5mmの厚手の突板を使用しているので高級感が感じられるほか、耐久性の高い作りになっています。また、耐荷重は300kgと世界最高クラスの品質です。

無垢材さながらの豊かな質感はそのままで、美しさや耐久性、品質にこだわりを持ちたいという方におすすめです。高級ホテルのロビーのテーブルにも引けを取らない見た目は、リビングにラグジュアリー感をプラスしてくれます。

無垢材でおすすめのウォールナットテーブル

かぐらし-CIEL dining table(51,600円)

抑えられた艶感が素材の良さを引きたてる

天然木のウォールナット無垢材を天板に等間隔で張り合わせることで、木目に不規則性が生まれ様々な表情を持たせてくれます。天板の塗装に使用されているウレタン樹脂塗装は、素材を最大限に生かしたナチュラルな質感を楽しむことができ、傷や汚れにも強い仕上がりとなっています。

あえて残された節や色の濃淡の違いを楽しむのも、このテーブルの魅力のひとつです。素材感を充分に感じられるので、カフェ風の落ち着いたダイニングにぴったりです。シンプルで長く使用しても飽きのこないデザインです。

TOROFU-丸形ダイニングテーブル(47,400円)

レトロさを漂わせた丸形のテーブルが懐かしさを感じさせる

最近では珍しくなった丸形のテーブルです。テーブルの中央に脚があることで、椅子を置いた時に邪魔にならないような設計になっています。また、椅子と椅子の間に柱ができないことで、ゆったりと座ることができます。

レトロな喫茶店に置いてありそうな雰囲気が好きな方におすすめしたい逸品です。丸い形のテーブルは家族全員の顔を見ることができるので、家族団欒にもぴったりです。角がないことで、柔らかな印象が持てます。

大川家具三昧-WOODEN DINING TABLE(64,070円)

ちゃぶ台と呼ぶには美しすぎる和のテーブル

天然のウォールナット無垢材を貼り合わせて作られた上質な天板は、あえてうねりのある造形に仕上げられています。塗装には、素材を生かしたオイル塗装が使用され、厚さ32mmと丈夫な作りなので、耐久性にも優れています。

ウォールナットの重厚感とバーチ無垢材を黒く塗装した脚が、スマートな印象を与えてくれます。和のテイストでありながら、スタイリッシュさも感じることができる逸品です。和室や和テイストのリビングにおすすめです。

interior street company-SEVEN TABLE(62,800円)

すっきりとした印象を持った無垢のダイニングテーブル

本来テーブルの脚と脚を連結するために必要な、天板の下にある幕板と呼ばれる重要な部分を取り除くことを可能にしたテーブルです。幕板がなくなることで、天板下がすっきりとし、ひじ掛け付きの椅子を置くことができるようになるといったメリットがあります。

ここまですっきりとした見た目の無垢材のテーブルはなかなか存在しません。日本の高い技術力があってこそです。塗装にはウレタン塗装を使用しているので、水にも強くメンテナンスが楽です。無垢材の贅沢さと気軽さの両方を求めている方におすすめです。

SQUARE-無垢一枚板ウォールナット(129,600円)

自然そのままを存分に感じられる一枚板

脚をオーダーして、自分だけのオリジナルのテーブルを作ることができます。天然木の良さである、節やワレ、模様や色合いを存分に生かしてあります。仕上げの塗装にも、より自然味を残すオイル仕上げを使用しています。

あたかも自然の中に居るかのような錯覚まで感じさせてくれるこちらのテーブルは、アウトドア好きの方やヴィンテージ物が好きな方に満足していただける逸品です。人とはかぶらない無垢のウォールナットテーブルを探している方にもおすすめです。

まとめ

置きたい場所のイメージに合った商品選びがおすすめ

無垢のウォールナットテーブルはもちろんのこと、突板のウォールナットテーブルも素敵な物がたくさんあります。また、どちらの方が優れているということはなく、双方に良い点と悪い点があります。それよりも、部屋の置きたい場所のイメージとぴったり合うデザインや風合いのテーブルを探し購入することをおすすめします。ぜひ、お気に入りのウォールナットテーブルを見つけてください。