おしゃれでおすすめの表札人気ランキング!【戸建てやマンションに】

「家の顔」と言われて、玄関を真っ先に思い浮かべますか?しかし、実は表札こそがその家の第一印象を決めていると言っても過言ではありません。表札は家主の人柄やセンスまでも表すおしゃれなエクステリア。もちろん一目で誰が住んでいるか分かることで、災害時の安否の助けにも。隠れた名脇役として今注目を集めています。住まいによって表札の種類も変わり、戸建てにはアイアンや天然木が、マンションにはステンレス製がおすすめ。今回はそんな表札の選び方や人気商品について詳しく解説します。おしゃれで素敵な表札が欲しい方や、お家のイメージに合わせた表札を選びたい方は是非この記事を参考にしてみて下さいね。



表札の役割

誰が住んでいるか一目で分かり、コミュニティ活動が盛んに

来客に対して住んでいる人の情報を正確に伝えるのが表札の特徴です。また引っ越した先の地域コミュニティにこれから入る方にとって、まずは近所の方に名前を覚えてもらうことが大切ですよね。そのためシンプルな表札に、誰が読んでも分かりやすいようにしっかりと名前が書かれていることが大切。ステンレス製の表札はデザインはシンプルながら耐久性が高くておすすめですよ。

災害時には安否確認の手助けにも

災害の際に必須アイテムとなるのが地図。実は地図の最大手であるゼンリンの住宅地図には、各家に住んでいる人の名前が書かれています。これは実際にゼンリンのスタッフが足で歩いて表札を見ながら書き込んでいるもの。誰が住んでいるか分からず安否確認が遅れたという東日本大震災の反省をもとに、名前入りの地図を作ることにしたと言います。実は災害時のアイテムとしても役立っている表札。いつ起こるか分からない災害において正確な安否確認ができるよう、表札をつけていない方がいれば設置を検討してみてはいかがでしょうか。

おしゃれな表札の特徴

名前やデザインに応じてサイズをオーダーしている

門柱や玄関によって取り付ける表札のサイズは変わってきます。表札メーカーに依頼することで、スペースに沿った大きさの表札を作成してくれるサービスを受けることができますよ。表札メーカーであるLeonDesign(レオンデザイン)では、ステンレスやガラス製など最大8種類の素材から自分好みのデザインが選択可能。更に文字フォントも約80種類から選べるため、自分オリジナルの表札が作れます。表札に個性を持たせることができるのは嬉しいところ。

表札の取り付け方法

ドリルを使うボルト留め

壁にドリルを使って穴をあけます。ボルト経より少し大きめにあけるのがポイントです。ボルトを受ける穴が完成したら、ボンドを流し込みます。穴に注入し過ぎるとボルトを差し込んだ際に、ボンドがあふれ出てしまいますので気を付けて下さいね。同じように表札の裏面にもボンドを適量塗って取り付けます。

工具を必要としない両面テープ

戸建ての表札の取り付け方として代表的なのが両面テープ。工作が苦手な方でも簡単に取り付けができる点が大きなメリットです。工作用の両面テープは接着剤と比べると耐久性が弱いため、必ず屋外用の両面テープを使うようにしましょう。ステンレスなどのツルっとした設置場所であれば、両面テープでも十分きれいに表札を貼ることができます。

マンションユニットにはめ込むマグネット式

一方でマンションにおける表札の取り付け方のおすすめはマグネット。マンションの玄関にはユニットと呼ばれる部屋番号や表札を取り付けられるスペースがあり、そこに貼り付けます。実はこのユニットの磁力は強力で、17cm四方の大きめの表札を取り付けることができることも。注文サイズは横から差し込むタイプと上から押し込むタイプによって異なるので、ユニットの形状を確認して測って下さいね。

手軽で簡単な接着剤

家にある接着剤だけで簡単に取り付ける方法です。主にステンレス表札に用いられる取り付け方法で、表札の購入と一緒に接着剤をプレゼントしてもらえるサービスも。接着剤が無い場合は、ステンレス表札用の接着剤が販売されていますので、そちらを購入するのがおすすめ。玄関に取り付ける際は、表札の裏面に接着剤を塗って、固まるまでテープなどで固定する必要があります。壁面の埃を払ってから接着させるのが剥がれないようにするためのポイント。

表札の種類

天然石(耐久性に優れた味わいのある表札)

表札に使われる天然石には主に大理石や御影石が使われます。天然ゆえの色合いや柄が面白く、個性的な表札を求める方に特におすすめです。研磨された盤面の光沢も美しく、表札の素材の中では最も耐久性が高いと言われる優れもの。昔から表札に使用されている方も多く、飽きの来ない素材であることも人気の理由です。

壁に埋め込む方法や釘で取り付ける方法が取られます。壁を削ることは素人だとなかなか難しいため、工務店などに頼むことになります。また気を付けたいのは取り付けの仕方。天然石は重さが約1kgと他の素材よりも重量があるため、仮に自分で取り付ける場合にはしっかりと落下防止の措置をとりましょう。

木製(天然木ならではの美しい木目が感じられる表札)

天然石同様に根強い人気を誇ります。檜や欅などの様々な材質が使われ、そのバリエーションが豊富な点も特徴です。また戸建ての種類に関係なく似合います。和風の家や洋風の建築方式であっても用途を問わない点が人気の理由。年月が経つとまた違う風合いが出てくるため、長く同じ表札を使用したい方におすすめです。また職人の手による浮き彫りも味わいがあります。おしゃれなエクステリアを検討されている方に推奨します。

取り付け方法はクギに引っ掛けるタイプが一般的。中には接着剤で設置可能な表札もあります。木材は雨や風などの自然環境に左右されやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。また他の素材と比較して耐久性の点ではどうしても劣ってしまいます。直接雨風の当たらない設置場所を選ぶようにしましょう。

アイアン風ステンレス(錆びにくくスタイリッシュな表札)

スマートでモダンな雰囲気を出せることが特徴。玄関先を一気に高級感のある雰囲気に変えてくれます。来訪者の目を引く表札を探している方におすすめの表札です。また錆びにくく強度に非常に優れている点も特徴。また加工が容易なため、他の素材との合作やくり抜き文字など様々なバリエーションが作られています。

取り付けは通常、接着剤やボルト留めで行われます。錆びは少ないですが、こまめに拭き取るなどのお手入れをすれば長く美しい表札として使えます。傷が付きやすい素材のため、お手入れには柔らかい布を使用するのがポイント。また潮風が多い地域では劣化が早まる傾向にあります。ステンレス製の表札を設置する際には居住環境を考慮に入れるようにしましょう。

焼き物(防水性に優れた機能的な表札)

独特の雰囲気が楽しめる表札で、七宝焼や備前焼などが代表的。その渋い仕上がりから根強いファンを持っています。また、実は丸文字が似合うのが焼き物の特徴。可愛らしい表札を考えている方におすすめです。焼き物の種類によって色や質感に違いがあるため、表札選ぶの楽しさがあります。

焼き物という性質上、強度は高くありません。そのため埋め込み式の取り付け方法が一般的に用いられます。防水性は高いですが、地震などで割れてしまうことも。地震が頻繁に起きる場所や通行量が比較的多い地域に住んでいる方は、転落防止策を取るなど取り付け前に十分な検討が必要です。

表札の選び方

表札を選ぶ大切なポイントは設置場所

戸建てであれば耐久性や強度に優れた表札を

戸建ての場合、門柱や玄関わきの壁に設置します。そのため耐久性や強度の高い表札を選ぶようにしましょう。おすすめは天然石やセラミック。雨風に強く、他の素材に比べて経年劣化の心配もあまりありません。またタイル製もその強度の高さと柔らかい雰囲気から戸建ての家庭で高い人気を誇っています。

マンション用には差し込みタイプのスライド式がおすすめ

マンションやアパートでは、殆どの玄関のドア脇に表札を差し込めるユニットが設置されています。その多くが横からスライドさせてはめ込むもの。そこでステンレス製の表札をまずは検討してみましょう。寸法に合わせたサイズ調整が簡単です。またメーカーによってはユニットの大きさに沿った表札のサイズに裁断してくれます。

デザインと形で選ぶ

ナチュラルテイストで可愛い北欧デザインがおすすめ

白やベージュといった淡い色やパステルカラーが特徴です。そのシンプルかつナチュラルな雰囲気で、どの壁面にも合うのが北欧デザイン表札の特徴。中には小鳥や森のイラストがあしらわれたものもあります。単調になりがちな表札に程よいアクセントを与えてくれます。

定番の正方形表札も根強い人気を誇る

正方形はシルエット的に整った印象を与えます。近代的なモダンスタイルの建物に特に良く似合うのが特徴。一方で、真面目な雰囲気にもなりがち。あえて文字を斜めに置いてみるなど、変化を持たせたスタイルが最近の定番です。

表札のおすすめブランド・メーカー

福彫

確かな技術力が評判の表札メーカーのパイオニア

洗練された技と最先端の技術が合わさった独創性溢れる表札を作っています。新しい素材や個性的なデザインを日々生み出す研究開発力は他社にない強み。豊富な素材や色、そしてデザインを有する表札のトップメーカーです。表札選びに迷ったらまずは検討してみることをおすすめします。

七宝

1人1人の要望を丁寧に聞きながら制作する完全オーダーメードの表札

ジュエリーでお馴染みの七宝が鍛金技術を存分に生かして作っています。職人手作りの七宝焼きから作られた表札は世界に1つだけのもの。七宝焼とは金や銀といった金属にガラス質の素材を焼き付けて作られる伝統工芸。表札以外にも高級外車のエンブレムや日光東照宮の金具にも使われています。多くの制作実績を見ながら色や文字の入れ方などを考えることができるのも嬉しいポイントです。

AKIグラス(アキグラス)

完全自社制作でこだわりが詰まった表札をお届け

シンプルかつおしゃれ度が高い表札として人気です。ガラス製の表札は透け感がとてもきれい。新築のプレゼントとして買う方も。また表札は買い変える機会が多くないものだけに、取り付け方など疑問が出てきますよね。その点AKIグラスの担当者の方は密なやり取りをしてくれるとネットでも評判です。

美濃クラフト

遊び心とセンス溢れる表札専門メーカー

バラエティ豊かなデザインを揃える表札の専門メーカーです。「文字もデザインのうち」という考えのもと、常に新しいフォントの開発を進めています。自社にフォント制作のプロも在籍している点も特徴。1mm以下の微調整を行うその繊細なタッチで描かれ文字は美しいの一言。こだわりの高い表札を作りたいと考える方には特におすすめです。

おすすめ&人気の表札ランキング

シンプルでおすすめの表札

AKIグラス(アキグラス)-ガラス表札(13,824円)

氷のような高透度ガラスを用いたスタイリッシュな表札

厚み12mmの極厚の高透度ガラスを用いており、シンプルでスタイリッシュな表札として人気です。高透度ガラスとは水族館や美術館の展示ケースで使われるガラスのこと。ガラスを通して透かしても対象物を本来の色に近い状態で見せることができる点が特徴です。

独自のガラス加工技術とガラス職人が1つ1つ手作りで作り上げる表札は、まさにおしゃれなエクステリア。透度が濃いフロスト加工と透明度を存分に生かしたクリアタイプの2つから選べるところも評価のポイントです。シルバーやゴールドといった文字色も選べます。シンプルさの中にも個性を発揮したい方に特におすすめの表札です。

アルテスターステンレスフレーム(3,780円)

技ありの2層板表札で貼り付け方法も簡単

厚さ3mmの黒アクリル板の上にステンレスフレームを飾った2層板のおしゃれな表札です。横幅は他の表札と比べて少し大きめの180mmで、表札に存在感を求める方におすすめ。また彫刻文字のため色落ちすることがないのもポイントです。

プレートカラーは15種類以上から選べます。文字のフォントにいたっては18種類から選択可能。自分オリジナルの表札が作れます。両面テープを使っているため、手先に自信がない方でも取り付けが簡単。手軽にかつ手頃に表札を替えたいという方にはぴったりです。

インフレームーステンレス表札(1,600円)

細部までこだわり抜かれたリーズナブルな表札

他の表札が10,000円以上するものも多い中、1,600円~と手頃な価格が人気の秘密。しかしその値段からは想像ができないほど金属感のあるステンレスを使用。髪の毛のように細かいラインが直線的に描かれるヘアライン加工が施されています。細部のデザインまでこだわりが詰まった表札です。

接着剤と両面テープだけで貼り付けができるのも嬉しいところ。またそのシンプルなデザインから、マンションやアパート、戸建てを問わず設置できるのも選ばれているポイントです。一方でシンプルさゆえに物足りないという方は、オプションで表札を立体的に見せるスペーサー(税込300円)を使うのも手。表札に陰影が入り、ぐっと大人っぽい印象になりますよ。

メロディーデザインー浮き彫り表札(9,999円)

耐久性抜群の浮き彫りタイル表札

凸文字の浮き彫りが特徴的です。吸水率0.1%と水を吸わない国産磁器タイルを使用。寒冷地でも割れる心配はありません。また汚れにくいセラミック加工も施してくれるなど至れり尽くせり。風水的に良いとされる白を基調としたシンプルなスタイルが人気です。

屋外で約20年の耐久実績もあるなど、長く表札を使いたい方に選ばれています。また設置後の番地追加や2世帯住宅用への名前変更なども1,000円(税込)から可能。デザイン性も高く、飽きの来ないものをお探しの方はまず手に取ってほしい表札です。

戸建てにおすすめの表札

メロディーデザインーステンレスレーザー表札(9,999円)

高級ステンレス使用の手作り表札

文字部分には厨房設備に使われるサビに強い高級ステンレスを使用。名前だけを取り出したその斬新なスタイルで高い人気を集めています。また高級自動車用の塗料を使用。屋外でも約10年は使えるなど耐久性にも配慮されています。

カフェのような見た目の外観にしたい、と思ったことはありませんか?ステンレスレーザー表札を設置すれば、ぐっとおしゃれ度が増すことは間違いなし。アルファベット表記のスタイリッシュな表札で、ご近所さんに一歩差をつけてしまいましょう。

サインデポーパステルカラー+タイル表札(10,260円)

ぬくもり溢れるタイル表札

タイルのぬくもりとカジュアルなデザインが落ち着いた印象を与えます。タイルの色はホワイト、ピンク、ライトグリーン、ライトサンド、ブラックの5色。どの色もシックな表情を見せてくれます。派手さよりもぬくもりのある表札を探している方に特におすすめの表札です。

マンションと違い戸建てはその家ごとに外壁の構造が異なります。そのため規定サイズの表札がうまく合わないことが多いもの。一方このタイル表札は税込1,680円と有料にはなるものの、1mm単位でサイズカットを行ってくれます。新築のプレゼントとしても人気を集める表札です。

アイディアメーカーーアイアン風ステンレス表札(12,800円)

耐久性抜群の力強い表札

屋外で使用する表札の一番の天敵は雨。しかしこちらの表札は、同じく雨が天敵である看板を専門に製造している工場で作られており、撥水性も抜群。レーザー加工で精密に行われた複雑なデザインも高い人気を誇っています。

サビにくく強度の高いステンレスを使用しているため耐久性も問題ありません。看板製造で培われた味わいのある塗装も特徴。他の表札にはないカラーバリエーションも嬉しいところです。フォントはゴシックをベースにした力強いものがメイン。インパクトのあるデザインを求める方におすすめしたい表札です。

表札の匠ーシンプルタイプ表札 いぶし(8,640円)

金属をいぶしたような渋みが特徴の磁器質タイル表札

趣のあるいぶし風のセラミックタイルを使用しています。戸建ての表札でよく聞く悩みが寒さで割れる心配。また猛暑の夏日も耐えられるか、という点も悩みの種です。しかしこちらのタイルは「磁器質」でできています。そのため凍害を始めとした自然条件に強いことが最大の特徴。表札として申し分のない強度を備えています。

文字は彫刻され、刻印部分にも塗装がしっかりされています。タイルは安心の国産。また自分で取り付けをするのは少し苦手な方も安心。オリジナルの取り付け説明書は、細かく段階を区切った写真と解説でその分かりやすさが評判。重要なことが漏らさず掲載されています。渋いデザインながらどこか新しさを感じるデザインも魅力の1つ。今の玄関先に物足りなさを感じている方は一度設置を検討されてみてはいかがでしょうか?

carocarow(カロカロウ)-デザイン表札(16,200円)

デザイン性の高い唯一無二の表札

せっかくマイホームを建てたのに、表札がご近所さんと同じようなものだとちょっと残念。そんな時はカロカロウのデザイン表札を検討してみることをおすすめします。最大の特徴はそのデザイン。ご近所さんとかぶらないだけでなく、シンプルなデザインだからこそどんなご家庭の玄関にも似合います。

趣のあるタイル製であることもポイント。タイルは他の素材に比べて重量があるのが難点。しかし専門のプロによるアドバイスなど、タイルを知り尽くしたメーカーだからこその手厚いサポートが充実しています。タイル表札が気になっていた方に是非おすすめしたい商品です。

マンションにおすすめの表札

AKIグラス(アキグラス)ーステンレスレーザーカット表札(18,360円)

デザイン性の高さが特徴のマンション特化表札

真正面から見ると、6mm角のステンレスバーの上に立体の文字が乗っているかのようなデザイン。表札を通り越し、まるでオブジェのようなデザインは美しいの一言です。また横幅は120mmとコンパクト。マンションの新聞受けがあまり大きくない場合でも設置が可能です。

裏面はフラットになっています。そのためマンションの既存のスライド部分やマグネット、両面テープも使用可能。ボルトや金具も全て錆びにくいステンレス素材が使われ、耐久性もばっちりです。また完成までにどのような表札が届くのか不安なところ。その点こちらの表札では、3案まで無料でデザインを送ってくれます。こだわり抜いたオリジナルな表札を作りたい方におすすめです。

表札Only One(オンリーワン)-ステンレス表札シルバー(7,560円)

18色から色入れが選べる可愛らしいステンレス表札

シンプルなシルバーのステンレス表札で、どのマンションでも似合います。また葉っぱのデザインが可愛らしく、玄関先のちょっとしたアクセントに。素材は防サビや強度に優れたステンレスを使用。高温焼付塗装をすることで色落ちも防いでいます。

表面にはウエットエッチングを使用。ウェットエッチングとは特殊な薬液を使って文字やデザインを彫り込む独特な技法で、耐久性や耐光性も高めてくれます。表札に彫り込むデザインに、18色から色入れを行えるのも嬉しいところ。ステンレスはスタイリッシュさが全面に出てしまうため、男性向けのイメージが強い傾向に。しかし可愛らしいデザインとポップな色付けがされるため、女性の一人暮らしにもおすすめな表札です。

アイディアメーカーーネームプレート(1,800円)

全49種類のデザインから自分だけの表札作りが可能

職人が1つ1つカッティングする文字入れが特徴。看板にも使用される上質なアクリルを素材に用いています。色はブラック・ホワイト・チョコレートの3色から選べます。またデザインは49種類もあり、自分だけの表札が作れると評判です。

表札に通常使用されるカッティングシートだと、長く使うほどキズがつくことが懸念されます。一方でこちらの表札では表面のシートに屋外の看板や壁紙に使用される高品質シートを使用。キズだけではなく、汚れもつきにくい素材が使われています。両面テープか強力接着剤で取り付けができ、女性でも簡単。バリエーション豊かなデザインからオリジナリティあふれる表札を作りたい方に特におすすめです。

AKIグラス(アキグラス)ーマンション表札(19,753円)

極厚ガラスで作られるシックなハンドメイド表札

重厚的なデザインが、無機質になりがちなマンションの玄関先を豪華に彩ってくれます。クリアな質感が特徴の極厚ガラスを使用。ハンドメイドで1つ1つ丁寧に作られています。アーティスティックな中にもどこか温もりを感じさせるデザインです。

表札は頻繁に変えるものではありません。だからこそ表札作りに失敗したくありませんよね。その点こちらはサポートが充実しており、疑問や特注の相談にも即座に対応してくれます。デザインも3案までは無料。初めての表札作りで不安な方には特におすすめです。

まとめ

取り付けが簡単な表札がおすすめ

表札を購入するうえで一番こだわりたい一番のポイントは取り付けのしやすさ。取り付けがしやすいと何度も表札を替えることができるため、おしゃれなエクステリアとして表札を楽しむことができます。また壁に穴を開ける表札は失敗が許されず、デザインに飽きてしまってもなかなか替えることができません。その点接着剤や両面テープであれば手軽に表札のセッティングが可能。表札が、気軽に替えられるおしゃれなアイテムになります。今回は表札について、人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも自分オリジナルの表札を見つけて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加