おすすめのストール人気ランキング!コーデも【カシミヤやウールなど】

マフラーほど小さくもなくショールほど大きくもない程よい広さのストール。最近は男性も首周りのおしゃれに取り入れるユニセックスなアイテムですね。普段の洋服にプラスするだけで新しい装いになる便利なアレンジ小物。しかし今ひとつ使い方が分からないという人もいると思います。ここでは基本的なストールの使い方から、結婚式などのお呼ばれや男性の使い方もご紹介しています。これまでマフラー使いが中心という人は参考になるのでご覧ください。新しい洋服を購入するよりリーズナブルにイメージチェンジできますよ。




ストールの特徴

季節に合った生地を選ぶことができる

100%天然素材や化繊との混紡など季節に合った素材を選ぶことにより、肌触りがよくなります。夏は吸湿性のあるコットンや麻、冬は保温性があるウールやカシミヤなどを選ぶことで衣類と同じく体温コントロールすることが可能。化繊100%のものは発色が良いためおしゃれ用に使うと着こなしの幅が広がります。

マフラーとしてもショールとしても使える

首周りに巻いたり肩掛けやひざ掛けにも使える、マフラーとショールの中間的な大きさです。ショールは正方形でマフラーとストールは長方形。特徴は生地が薄手なことです。様々にアレンジしやすく、使い方次第でボレロやベスト、カーディガンにもなる便利なおしゃれアイテムです。

ストールの使い方・巻き方

大判ストールは羽織るのがおすすめ

身体をすっぽり包める大判ストール。主に肩から掛けたり、ひざに掛けて下半身を暖めます。布を大きく広げ、広い範囲で身体を覆う使い方が中心。ウールやカシミヤなど保温性の高い素材を選ぶと簡単に羽織ることのできる便利なウォームアイテムになります。

寒い季節の女性の羽織りものとしておすすめです。大判サイズの大きさを活かして、上着やカーディガンの代わりに使うことが可能。屋外ではコートの上から羽織ると上品でエレガントな着こなしに。身体に巻いて使うより羽織る織物として活躍する全身のおしゃれアイテムです。

かわいいチェック柄は首に巻いてマフラーとして

首周りのポイントカラーになるチェック柄。いろいろなカラーのラインが組み合わさるため、制服やスーツなど全身が落ち着いた色合いの服装にもワンポイントとなりおしゃれです。マフラーとの違いは薄く長いのでボリュームの出るアレンジができること。

どんな巻き方でも空気を含んだボリューム感や凝った結び目が出来上がり、服装のおまけ的なマフラーと比べてしっかりとした存在感が出ます。首周りはお顔と一セット。寝不足で顔色がすぐれないときなどは、明るい色のチェック柄で元気に見せましょう。

結婚式にはシフォン素材で結ぶスタイルも

結婚式などのお呼ばれにはシフォン素材のストールでエアリーな羽織り物を作ってしまいましょう。基本の使い方は肩からかけてカーディガンを袖を通さずに羽織るようにする使い方。あとは前で結んだり、ブローチやコサージュで留めたりすると変化がでます。また後ろで結ぶバックノットや、首周りにアシンメトリーに巻いて留めるなどドレスによって様々なアレンジが可能。

シフォン素材は薄くて軽く透け感があるため、結婚式のドレスに華やかさをプラスしたいときなどにおすすめです。また肩の出るドレスは必要に応じてストールを羽織ったり外したりすることができるためストールは便利なパーティーアイテムの一つ。一枚のドレスで昼と夜のイメージを変えたいときなどにも重宝しますよ。

メンズはシンプルにコートやスーツの上から垂らすだけ

メンズにも定番のアイテムとなっているストールですが、女性のようにふっくら感を出すのではなく直線的なアレンジがおすすめです。また無理に取り入れると不自然に巻かれている感じになるため、防寒を中心とし必要に応じて使用しましょう。

長さは180センチが一般的でどんな結び方にも対応できます。首からシンプルに垂らすだけの垂らし巻きは縦のラインが強調され高身長に見える使い方。ジャケットの内側に収めれば目立たず、さりげないアクセントにもなるためおすすめです。

ストールの選び方

ストールの素材で選ぶ

オールシーズン使えるシルク

吸湿性、保湿性、吸水性、放湿性のバランスがよい素材です。ウールやカシミヤに比べて優雅で品のよい光沢があり、きれいなドレープも出やすいため女性らしい着こなしをプラスできるポイントアイテムになります。汗をかく夏場もさらっとした使い心地で冷房対策にもなる品。冬場は保温性に優れ、繊維の中の気泡が断熱効果を持つため着た瞬間温もりを感じます。

暑い時期に最適な麻やコットン

どちらも大変吸湿性に優れ春~秋に活躍する素材です。夏におすすめなのはシャリ感のある麻。肌にべとつかず清涼感がありひんやりとした肌触りです。首周りに巻くと汗を吸収し、UVカットにもなるため一石二鳥。コットンは吸湿性に加えて保温性もある素材です。柔らかい肌触りで下着やTシャツでもおなじみですね。春や秋に活躍する素材で、他の素材に比べて重さがあるためタイトな巻き方がしやすくなります。

冬におすすめのウールやカシミヤ

カシミヤは繊維が細く手触りも滑らか。防風性も高くウールより滑らかな光沢があるのが特徴です。対してウールは繊維が荒く、一頭の羊から三キロ~四キロと大量に取れるためカシミヤよりリーズナブル。どちらも保温性が高く、特に冬に頼りになる実用性と見た目の暖かさのある素材です

使う目的で選ぶ

寒い季節に活躍する保温性の高いタイプ

冬は気温に合わせて使用することで装いに暖かさをプラスします。首周りに巻くことで、衣類のみでは難しい細かい体温コントロールをすることが可能。屋内でも学校やオフィスなど自分だけの都合で暖房温度を上げ下げできない場所では大変便利。膝にかけるだけで下半身が暖まるので、厚着ができない際に活用するアイテムです。

紫外線の強い初夏から活躍するUV加工タイプ

帽子では防ぎきれない日差しをカットし、肌に直接紫外線が当たるのを防ぎます。首周りの開いた夏用の衣類に合わせて巻くことで、重ね着することなくピンポイントでUVカットが可能。吸湿性の高い麻やコットンを選べば汗も吸い取ってくれるため、体温調節もしてくれます。肌露出の多い夏場こそどんどん使いたいアイテムですね。

プレゼントに喜ばれるものを選ぶ

メンズには比較的落ち着いた色のストールを

洋服の一部として利用されることも多いストールです。40代前後の男性には、シックな色合いのストールが多いアルマーニがおすすめ。ロゴマークの入ったアイテムを選んでコートの上から羽織れば、コーデのアクセントとしておしゃれ度が増します。反対に20代くらいの若い男性には、相手の好みの色や色調をプレゼントしてもよいでしょう。ETRO(エトロ)のストールはペイズリー柄がとてもおしゃれ。派手過ぎない落ち着いたデザインなので、メンズファッションに程よく馴染みます。好みが分からなければ暗すぎない落ち着いた色や、スーツ、制服に合わせやすい色を選ぶと活用しやすいアイテムになります。

大人の女性にはアクセントになるストールクリップを併せて

ストールクリップはストールがズレ落ちるのを防ぐだけでなく、おしゃれなワンポイントとしてコーデに取り入れることができます。20代後半から30代前半の方にはファータイプのもこもこアイテムがおすすめ。チェック柄などの柄物に合わせるよりは、シンプルなストールに組み込むことで可愛さが強調されます。一方40代前後の女性の方の傾向として、着こなしで顔周りを明るくする工夫をする人が多くなります。ストールは首の皺を隠すためにも利用しやすいアイテム。落ちてこないようにストールクリップを活用しましょう。明るい色で薄手の首に巻きやすい品と、アクセサリー代わりになるジュエリー系のクリップとを併せて贈るのがおすすめです。

ストールのおすすめブランド・メーカー

ジョンストンズ(JOHNSTONS)

高品質な素材で製品加工までを自社工場で行う

1797年に設立されたスコットランドの生地メーカー。カシミヤやラムズウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地を中心に手がけるのが特徴。糸から製品加工まで自社工場で行うイギリスでも珍しい一貫生産工場をもつメーカーです。ストールの他コートやニットウェアなど衣類のラインナップも豊富。

アソース メレ(ASAUCE MELER)

大人の女性の品格を出す上質素材

東京に本社を置く株式会社アイネックスが展開するカシミヤストールのブランド、アソースメレ。素材の持つ特色を活かした製品作りをしているため、材質のポイントを押えた良品であるのが特徴。大人の女性のワードローブに合わせやすい上質でシンプルな品が目立ちます。

アヴォカ(AVOCA)

アヴォカカラーが冬の装いに明るさをプラス

アイルランドで290年の長い歴史のある家族経営の毛織物工場です。「アヴォカカラ―」と呼ばれる柔らかな風合いと鮮やかな色合いが特徴。ストールやショールの他、洋服や雑貨、インテリアなどアイデアに富む商品が多くあり世界中にたくさんのファンを持つブランドです。

ユニクロ(UNIQLO)

リーズナブルに全身コーディネートできるのが魅力

日本発の世界的なカジュアル衣料のブランド。ストールは化繊からカシミヤまで揃い、高くても5,000円程度とリーズナブルにおしゃれを楽しむことができます。無地やシンプルな格子柄が中心で手持ちのワードローブに合わせやすいのが特徴。

おすすめ&人気のストールランキング

カシミヤでおすすめのストール

ジョンストンズ-大判ストール(27,788円)

良質素材を活かした大判ストールは大きく広げて

ジョンストンズ一番人気の大判ストールです。サイズは縦190センチ横72センチ。上質なカシミヤを用いた高品質なストールなので、素材感を活かした使い方がおすすめです。大きく広げて肩や首から掛けるだけで存在感のある着こなしが可能。

アレンジ方法はあまり細かい結び目を作らず、素材やチェックのカラフルさを活かすことをおすすめします。首に一周させるエディター巻きや、背に羽織ってブローチなどで留めるポンチョ風など。シンプルな無地の洋服のアクセントになりやすく、全体のコーディネートをまとめ上げます。

Cashmere Style-カシミヤ大判ストール(13,980円)

高品質カシミヤは無地で素材感を楽しむ

最高級のホワイトカシミヤ100%を使用したボリュームたっぷりの厚手大判ストールです。巻きやすさに気配りした厚さなのでアレンジもしやすくなっていますよ。滑らかな肌触りと光沢を持つ繊維の女王カシミヤ。無地は結び目を工夫して立体感のある形状を作りましょう。

ミラノ巻きなどのフロントノットタイプがおすすめのアレンジ方法です。無地は結び目の技が目に付きやすい生地。着こなしのポイントになるよう前に結びましょう。抗菌・消臭機能もあるため汗をかいても臭いが出ず安心に使える品です。

BY∴ -リバーシブルチェックストール(21,600円)

カシミヤ100%のリバーシブルストール

表裏使える便利なリバーシブルです。裏は表のチェック柄と同系色の無地になっており、服装によって使い分けられる2wayストール。おしゃれしながら上質なカシミヤ100%の滑らかさと、心地いい肌触りを楽しめます。

日々のワードローブが様々ある人へおすすめの品です。リバーシブルは裏表二通りの使い方もできるし、ねじって裏表の色を見せることにより色に立体感を出すこともできるアイテム。その日の服装によっていろいろなアレンジを楽しみましょう。

ウールでおすすめのストール

アヴォカ-ウールストール(12,960円)

マットで鮮やかなアヴォカカラーをおしゃれのポイントに

アヴォカカラーといわれる独特の色使いが特徴の上質なウールストール。カシミヤとの違いは、光沢が少なくマットな質感。艶を抑えたない光過ぎないストールがお好みの人はウールがおすすめ。耐久性のあるドニゴールツイード糸製のファブリックで保温性が抜群です。

暗めのコートの上から羽織っても明るいアクセントになります。コンパクトに首に巻いても、大きく広げて羽織っても存在感のあるカラー。アイルランド発の歴史あるブランドアヴォカの毛織物は英国王室でも愛用されていたそうです。

IKUE-ラムウール100%ストール(6,000円)

大判厚手ラムストールで極上の肌触り

鮮やかなカラー展開が魅力の大判厚手ストールでアレンジの幅が広がります。上品だけど存在感のある無地カラー。ラムウールは生後半年以内の子羊の毛のこと。通常のウールより繊細でしなやかですが、カシミヤと比べると艶が少なくマットな魅力が特徴。水に強いなど扱いが楽でリーズナブルなところが利点です。

艶が少ないので普段使いにどんどん使いたい大判ストールです。長さが200センチもあり肩から羽織ると太ももまで届くため、軽い上着にもなる衣類のような大きさ。天然の抗菌作用で汗をかいても清潔に使用できます。

シトラス- 無地ポンポン付 ストール(10,584円)

かわいいポンポン付きの大判ストール

四辺に付いた可愛いタッセルのポンポンがアクセント。透けるほど薄い生地でハンドメイドされているレアな品です。ウールとシルクの混紡なので高級感ある光沢としなやかな肌触りがあります。少しハリのある手触りでアレンジしやすいのが特徴。

首周辺におすすめのストール。薄いため厚手にはない細かいアレンジができ、空気感を演出することが可能。シトラスはインドで設立され世界中で人気のあるブランドです。薄手の個性的なストールはスカーフのようにも使えるマルチ使いの可能な品。新しいおしゃれの発見もありそうですね。

ジョンストンズ-ラムズウール大判ストール(19,440円)

厳選されたメリノウールの大判ストール

ジョンストンズの高級ラムズウールを使用した大判ストール。ラムズウールは生後6ヶ月未満の子羊の毛でメリノウールの中でも更に厳選されたソフトなウール。ウールのチクチク感も軽減され、直接肌に触れても心地よいのが使いやすいですね。

光沢が少ないため普段使いのタータンチェックとしておすすめです。吸湿性と放湿性のあるウールは汗をかいてもさらっとした肌触りがあるのが魅力。冬の防寒用として首周りに巻いたりコートの上から羽織って暖かさをプラスしたりできます。暗めの色が多い冬のコートに鮮やかなポイントカラーとなるでしょう。

結婚式におすすめのストール

コーラン-パーティーストール(5,900円)

レースとシフォンを合わせた上品なパーティーストール

レースを使ったエレガンスなパーティーストール。内側には上品な透け感のあるシフォン素材が重ねてあります。肩から掛けたときにずり落ちないようにアームホールが付いているのがポイント。ラメが入っておらず落ち着いた色なので幅広い年代の人におすすめです。

結婚式やパーティーのドレスアップスタイルに最適。着丈43センチとどんなドレスにも合わせやすいサイズです。レース素材は春秋の普段使いにもおすすめの素材。日常に合わせやすいデザインで、パンツに合わせることによりカジュアルエレガンススタイルが作れるでしょう。

赤色でおすすめのストール

インスタイルジャパン-シルク100%大判ストール(2,500円)

真紅のバラをイメージする華やかなシルクストール

薄手のシルクストールは一年中活躍するおしゃれアイテム。スカーフのように首周りに巻きやすいのが特徴です。落ち着いた雰囲気のダークレッドはコーディネートに自然に入り込みしっかりと存在感を出します。普段使いにもパーティーにも使いやすくワンポイントにしやすい品。

大人の女性のワードローブに加えたい品です。暗めの服装が多い人にも自然に合うダークカラー。薄いけれどしっかり保温と保湿をするシルク素材は一年中使えます。夏の紫外線カットにも最適。通気性があるため洗濯してもすぐ乾き清潔に使えます。

アールズガウン-パシュミナ 大判 ストール(2,480円)

洗えるパシュミナストールで清潔さをキープ

カシミヤを繊細に織り上げた上品な生地パシュミナ。薄くて軽いのにしっかり暖かく、広げて羽織ると夏の冷房対策やUV対策にもなるため暑い時期にも活躍する素材。もちろん冬場はカシミヤの保温効果で首周りをほかほかにしてくれます。

自分でパシュミナストールを洗いたい人におすすめです。洗濯機より浸けおき洗いがおすすめ。できるだけ摩擦のない洗い方を選びましょう。厚手のストールにはない空気感のあるしっとりとした落ち感ときれいなドレープが魅力。さらに光過ぎない適度な光沢感で上品な着こなしが楽しめます。

メンズにおすすめのストール

ポロ ラルフローレン-ストール (5,780円)

シンプルカラーでお腹まで届く暖かい丈

ベーシックなカラー展開に大きなビッグポニーのワンポイント刺繍が特徴です。素材はウールとナイロンの混紡で暖かさと丈夫さが合わさるストール。幅30センチ長さ180センチと首周りに巻きやすいサイズです。制服やスーツの首から垂らし、内側に折り込むと温かいですよ。

日々のワードローブにプラスして使いやすい品。落ち着いた色調はどんな服装にも合わせやすいですね。マフラーの幅と同じサイズで丈が長くなっただけなので、ストール初心者にも扱いやすい商品です。お腹が冷えやすいという人にもおすすめですよ。

MORE Style-グレンチェックストール(1,296円)

アクリル素材のリーズナブルなグレンチェック

アクリル素材なので暑すぎないストールです。軽くて薄い化繊は首に巻いても重たくならないのがポイント。春から秋にかけておしゃれのポイントにしたり、風除けにしたりするのにちょうど良い素材です。落ち着いたグレンチェックでカジュアルになり過ぎず、春秋のジャケットにも合わせやすい品です。

10代~20代の普段使いにおすすめのストールです。アクリルは保温性は少ないですが水を弾くため汚れにくい素材。肌寒いと感じた日は服装にプラスしてどんどん使いましょう。丸洗いできるのも気遣わず使いやすいですね。

まとめ

サイズは大きく薄手の生地がアレンジしやすい

ストールは首周りにアレンジして巻く使い方が中心という人が多いのではないでしょうか。扱いやすい品を選ぶポイントは薄い生地を選ぶこと。大判でも折りたためば適した大きさになるため、迷ったら大きいサイズを選ぶとよいでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加