おすすめのボクシングバンテージ人気比較ランキング!【巻き方も】

趣味やエクササイズとして、ボクシングを行う人が増えてきました。そんな、ボクシングをする時に欠かせないボクシングバンテージ。デザインやカラーなど種類が豊富なため、何を基準に選べばいいのかよく分かりませんよね。そこで今回は、おすすめのボクシングバンテージをランキング形式で紹介します。ボクシングバンテージは、巻き方にもポイントがあるので詳しく解説します。最適のボクシングバンテージを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

ボクシングバンテージを巻く意味

拳と手首をしっかり固定してパンチの衝撃から守ってくれる

ボクシングバンテージを巻くことで、拳や手首を保護してくれます。そのため怪我のリスクを軽減。安心してボクシングができます。試合時だけでなく、練習時でも、ミットやサンドバックなどで怪我をするリスクがありますので、着用するのが一般的です。

手首が固定されて力が逃げないためパンチ力の向上にも

力強いパンチを打つためにも、ボクシングバンテージは必要です。拳を保護し、手首をしっかりと固定することで、パンチのパワーを拳にダイレクトに伝えてくれます。練習のミット打ちやサンドバック打ちでも、力のこもったパンチが打てるようになりますよ。

ボクシングバンテージの種類

伸縮型

ひとりでも巻きやすく練習用として使用するなら伸縮型

最も一般的で使いやすいのが、伸縮型のボクシングバンテージです。ご家庭にある伸縮タイプの包帯と同様に、伸び縮みするから一人でも巻きやすく、拳や手首にフィットしてくれます。手首の動きも違和感が少なくほどけにくいので、練習用のボクシングバンテージとしておすすめです。

伸縮型のほとんどが、マジックテープで固定するタイプです。そのため、ボクシングバンテージの巻き方に慣れていない初心者も、一人で簡単に巻くことができます。ボクシングをはじめる際の、最初のボクシングバンテージとして最適です。

非伸縮型

しっかりと拳や手首を固定させたいなら非伸縮型

非伸縮型のボクシングバンテージは、しっかり拳と手首を固定できます。本格的にボクシングをする人やパンチ力のある人におすすめです。怪我のリスクの軽減や強いパンチを打てるようにするため、プロの試合では非伸縮タイプが義務付けられています。

非伸縮タイプのボクシングバンテージは、伸び縮みしないので慣れていないと巻きにくく、フィットさせるためには時間もかかります。経験も必要になるため、伸縮タイプでボクシングバンテージの巻き方に慣れてから、非伸縮タイプに変えることをおすすめします。

ボクシングバンテージの選び方

素材で選ぶ

フィット感を求めるなら肌触りが良く拳にフィットするレーヨン製

肌触りで選ぶならレーヨン製のものがおすすめです。手の感覚が大事なボクシングでは、着用感は重要です。薄めの生地ですが、伸縮するので非常に巻きやすく、初めてのボクシングバンテージの素材としてもおすすめです。レーヨンは、汗の吸い取りもよく、消臭効果もあるためボクシングバンテージに最適。洗濯後はよれやすいので、巻き直しておくと使用時は使いやすいですよ。

吸水性がよく丈夫なコットン製なら耐久性も高い

レーヨンよりも厚めの生地なので、クッション性もよくしっかりと固定できます。伸縮型、非伸縮型の両タイプあり、最も汎用性の高い生地です。汗の吸い取りが良い反面、臭いもつきやすいですが、使用後に洗濯すれば問題ありません。生地も強く、耐久性を考えるならコットン製がおすすめです。伸縮型、非伸縮型の多くのがコットン製ですので、素材に悩むならコットン製を選べば間違いありません。

長さで選ぶ

手首や拳をしっかり保護するなら4m以上の長さが必要

ボクシングバンテージは、長いと巻くのに時間がかかってしまいます。しかしながら、ミット打ちやサンドバックを本格的にやるのであれば、4m以上の長さは必要です。パンチの衝撃で怪我をすることも考えられますので、拳や手首をしっかりと保護することをおすすめします。また、試合用では9mの長さのボクシングバンテージが一般的ですよ。

気軽に楽しむエクササイズ目的なら3mの長さでも

筋トレやダイエットなどが目的で、エクササイズ中心のボクシングであれば3m未満でも問題ありません。しっかりと固定はできませんが、拳や手首を動かしやすいメリットもあります。本格的にボクシングをやる予定がないのであれば、3mのボクシングバンテージでも十分です。長ければ、それだけ巻くのに時間がかかってしまうので、子供や女性などにおすすめですよ。

装着方法で選ぶ

ボクシングを本格的にやるなら包帯型

一般的に、ボクシングバンテージと言えば包帯型です。グローブ型と悩んでいるのであれば、包帯型をおすすめします。巻くのに時間はかかりますが、しっかりと拳と手首を固定して保護できますよ。強く正確なパンチを打つこともできます。巻き方の強弱でフィット感も加減できますし、本格的なボクシングにもエクササイズ目的にも、どちらにも使うことができます。

巻くのに慣れていない初心者ならグローブ型も

ボクシングバンテージを巻くのが面倒で、着用したくないということであれば、グローブ型のボクシングバンテージをおすすめします。とにかく素早く着用できるので、バンテージを巻く時間を無駄にしません。グローブのように指を通して、手首をベルトで固定するだけ。固定力は包帯型に及ばないものの、手軽さが魅力です。初心者の方が最初に着用するのにおすすめです。

ボクシングバンテージのおすすめブランド・メーカー

THREE ARMS(スリーアームズ)

おしゃれに決めたい人のためのアメリカ発のブランド

ボクシングの本場、アメリカ発のブランドです。ボクシングバンテージでありながら、おしゃれなデザインとカラーが個性的。全品カラー付きのため、汚れが目立ちにくく古臭さを感じさせません。日本ではプロボクサーも使用しているので、安心して使用できるブランドです。

Winning(ウイニング)

国産老舗メーカーは着用感の良さで人気

ボクシング専門メーカーになってから約70年の歴史と信頼により、迷ったらウイニングを選ぶ人も多いです。素材として、取り扱いの少ないレーヨン製の伸縮型バンテージも取り扱っています。非伸縮型の試合用ボクシングバンテージや、グローブ型の簡易バンテージなど、あらゆるバンテージの取り扱いがあります。

adidas(アディダス)

初心者用や子供用のボクシングバンテージ

使いやすさを考えた、子供や初心者用のボクシングバンテージをメインに取り扱っています。伸縮性も抜群なので、初心者や子供がボクシングバンテージを巻くのも簡単です。マジックテープ式だから、緩みにくく普段の練習用に最適。

ワールドチャンプ

非伸縮型は長さが3.5mなので巻きやすい

伸縮型、非伸縮型ともに3.5mと短めの長さで、ボクシングバンテージの巻き方をマスターしていない人におすすめです。特に非伸縮型は、短めのサイズが少ないので、最初の非伸縮型のボクシングバンテージとしてもおすすめです。

おすすめ&人気のボクシングバンテージランキング

伸縮型でおすすめのボクシングバンテージ

THREE ARMS-ボクシング バンテージ (1,705円)

カラーも豊富な18色展開で女性や子供にもおすすめ

練習用ボクシングバンテージとして、柔らかくて伸縮性があるためフィット感もよく巻きやすいです。カラーバリエーションやデザインも豊富。女性や子供などにもおすすめです。4.5mの長さがあるので、男性でも安心して使うことができます。

親指にフィンガーループがついており、最後はマジックテープで止めるだけで巻くことができます。そのため、まだ巻くのに慣れていない初心者でも巻きやすいですよ。初めてのボクシングバンテージとしてもおすすめです。

WINDY-ハンドラップ ペア (1,650円)

幅が狭いので指の間もしっかり巻ける

一般的なボクシングバンテージよりも、幅が4.5cmと狭め。そのため、指の間も違和感なくしっかりと巻くことができます。今までボクシングバンテージを巻いたら拳を握りにくかった人でも、しっかり握れるのがポイントです。

コットン性の伸縮素材のため、伸縮性がありながら耐久性もあります。練習用のボクシングバンテージとして最適。WINDYは、タイのキックボクシングブランドであるため、格闘技系の方におすすめです。カラーバリエーションも豊富ですよ。

ウイニング-練習用バンテージ VL-B (1,350円)

レーヨン製の伸縮織りだからフィット感抜群

レーヨン素材のため、拳や手首に巻き付くフィット感が特徴のボクシングバンテージです。薄手の生地なので、拳を握り込むこともでき、素手に近い感じでしっかりとパンチを打ち込むことができます。厚手のバンテージに違和感を覚える人におすすめです。

伸縮性の包帯のような生地のため、初めて巻く人でもしっかりと巻きやすいです。拳だけでなく手首にもにフィットしてくれます。レーヨン製なので、洗った後はしわになりやすいですが、乾かした後にすぐに巻き上げておくことで、巻きやすくなりますよ。

adidas-バンテージ 左右セット (1,520円)

緩みにくい伸縮性で毎日の練習におすすめ

アディダスのボクシングバンテージは、初心者やライトユーザーの使いやすさを考え、柔らかくフィット感があります。拳や手首を包み込んでくれるので、ハードな動きをしても緩みにくいのがポイント。練習用としても最適です。

伸縮タイプで、止め方はマジックテープ式。ボクシングバンテージを巻くことに慣れていなくても簡単に巻くことができます。練習用として使用するために、少し短めの3.5mの長さで、女性や子供など手の小さな人やライトユーザーにおすすめです。

ワールドチャンプ-バンテージ WCAH1 (380円)

柔らかく使いやすい入門用のボクシングバンテージ

エンドマジックテープ式のボクシングバンテージなので、拳や手首に巻いた後に止めやすいです。緩みにくいのでハードな練習にも適していますよ。薄手で伸縮性のある生地なので、自分でフィット感を確認しながら強く巻くことができます。

長さ3.5mのボクシングバンテージで、入門用としては十分な長さです。エクササイズ目的であればこの長さがおすすめですよ。今までグローブや軍手を代用してきた人が、初めて使用するボクシングバンテージとしておすすめです。

非伸縮型でおすすめのボクシングバンテージ

ウイニング-練習用バンデージ VL-C (1,350円)

しっかり固定したい本格派のためのボクシングバンテージ

ガッチリ拳と手首を固定したいのであればウイニングの非伸縮型がおすすめです。伸縮型と比べて、生地も固く巻きにくいですが、使い込んでいくと馴染んできますよ。強いパンチを打ちたい本格派の方におすすめです。

フィンガーループがついているのが特徴。このループのおかげで、非伸縮タイプですが、一人でもボクシングバンテージを巻きやすいですよ。伸縮型では物足りなくなった方や、拳や手首をしっかりと保護して本気でボクシングに取り組みたい方におすすめです。

ISAMI-試合用バンテージ (506円)

ボクシングや格闘技のプロの試合用バンテージ

プロの試合を想定した、包帯ガーゼタイプのボクシングバンテージです。長さが9mで、練習用のバンテージと比べて2倍以上の長さがあります。そのため、巻くのに時間はかかりますが、拳と手首の固定力は抜群ですよ。

包帯ガーゼタイプは、ご家庭にある伸縮しない包帯と同じコットン素材です。そのため吸水性もよく、汗をかくとさらに締まってくれますよ。試合用となっていますが、強いパンチを打ちたいなら練習用としてもおすすめです。

ワールドチャンプ-バンテージ WCAH35 (1,000円)

非伸縮型バンテージを使いたい女性におすすめ

非伸縮型のボクシングバンテージとしては、短めの3.5m。短めの長さなので女性用や初心者用としておすすめです。伸縮型と比べると強く巻きにくいですが、マジックテープ固定式なので、女性や初心者でも強く巻くことができます。

カラーバンテージで迷彩柄のため、汚れも気にならず長い間使うことができます。おしゃれなのもポイントですね。伸縮型では固定力が物足りず、拳と手首をもっと固定したいという人は、3.5mの非伸縮型のボクシングバンテージを試してみてください。

MARTIAL WORLD-試合用バンテージ BT3 (1,000円)

試合用としてしっかり拳と手首を固定してくれるバンテージ

固い拳としっかり固定した手首を作るためのボクシングバンテージです。長さも9mと長く、一人ではキツく巻きにくいことも。しかし、プロの試合では非伸縮タイプが義務付けられているため、プロボクサーやプロ志願の本格的ボクサーにおすすめです。

試合用のボクシングバンテージの巻き方は、拳に厚みを持たせるために長さが必要です。このバンテージは、9mあるので十分な厚みを作ることができます。拳の衝撃、手首の固定によって力強いパンチを安心して打つことができますよ。

グローブ型でおすすめのボクシングバンテージ

RDX-ボクシング 瞬間 バンテージ (1,990円)

ミットやサンドバックを叩くのに最適なグローブ

グローブタイプの簡易バンテージです。バンテージを巻くのが苦手な方やライトユーザーが、最初のバンテージとして使用するのにおすすめです。なんといっても10秒あれば着用できて練習が開始できてしまう手軽さは魅力です。

拳部分には、衝撃吸収のためにジェルパッドを装備しています。安心してミット打ちやサンドバック打ち、スパーリングができますよ。手首は、70cmの伸縮性のバンテージリスト付きなので、しっかりと固定してくれます。

ウイニング-カンタンバンデージ KVL-RS (3,980円)

手の甲まで巻けるので拳や手首をしっかり保護してくれる

グローブ型では不安という人も、170cmのバンテージで手の甲まで巻き付けるので、安心して使うことができます。包帯タイプのバンテージでは、巻くのにも時間がかかりますよね。時間のかからないグローブ型でも、軽い打撃系の練習なら十分です。

拳の部分には厚さ8mmのクッションがついており、サンドバックを叩いても痛くありません。手洗いであれば丸洗いもOKなので、いつでも清潔に保つことができますよ。伸縮性もあり、手首にはバンテージも付いているのでしっかりと自分の手にフィットしてくれます。

THREE ARMS-ボクシング 簡単 バンテージ (2,508円)

ボクササイズやフィットネスに最適のクイックバンテージ

ハードな練習には向きませんが、ボクササイズやフィットネスなどのライトユーザーに最適なボクシングバンテージです。ボクササイズなどの練習におすすめですよ。手首にバンテージがあるのでしっかりと固定でき、手によく馴染んでくれます。

カーボンファイバー繊維を使用しているので、衝撃に強く耐久性もあります。バンテージを巻くのが面倒で、ボクシングジムに通うのが億劫になる人も多くいます。グローブ型であれば時短もできて、そんな悩みからも解放されます。

ISAMI-クッション付きインナーバンド l-308 (880円)

約12mmのクッションで拳を保護

グローブの下に着用するインナーグローブです。グローブの下は軍手を着用している初心者も多いですが、それでは怪我のリスクも高くなります。クッション付きのインナーグローブなら、すぐに着用できて衝撃も吸収してくれるのでおすすめですよ。

厚さ12mmのクッションが、パンチを打った際の衝撃を和らげてくれます。手首のバンテージがついていないため、強い打撃練習には向きませんが、フィットネス目的のボクシングであれば十分。シンプルな作りになっていますので、洗濯も簡単です。

VENUM-コンタクト ジェル グローブラップ (3,080円)

手のひらのサイズに合わせてサイズ調整可能

グローブ型のボクシングバンテージですが、しっかりホールドしてくれます。その秘密は手首のバンテージです。長さが225cmあり、大人なら約10回巻き付けることができますよ。そのため、包帯型のバンテージなみの固定力を可能にしました。

拳部分には低反発ジェルが入っています。ミット打ちやサンドバック打ちなどの打撃練習をしても拳をしっかり守ってくれます。グローブ型なので初心者におすすめですが、上級者の練習用としても使用されていますよ。

まとめ

巻きやすくて汎用性のある伸縮型ボクシングバンテージがおすすめ

ボクシングの目的に関係なく、オールマイティに使える伸縮型のボクシングバンテージをおすすめします。一人でも巻きやすく、固定力も十分あるので、バランスが取れています。ラインナップも豊富なので、男性だけでなく、女性や子供も安心して選ぶことができます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*