おしゃれでおすすめのクローゼット人気ランキング!【収納術も】

片付いた綺麗な部屋で生活することはやはり気分がいいですよね。ですが、年々増える物に収納スペースが追い付かなくなっているというご家庭も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、今ある収納にプラスしてクローゼットを部屋に取り入れてみるということです。小さなラックなどを購入することで一時的に解決することもありますが、今後物が増えることも視野に入れれば、ゆとりのあるクローゼットがおすすめです。




クローゼットの特徴

足りていなかった収納がまとまって部屋がすっきりとする

収納場所が足りていないと、片付けようにも片付かないのが悩みですよね。部屋のなかに物が多いと、どうしてもごちゃごちゃとした印象の部屋になってしまいます。当たり前ですが、おしゃれな部屋の共通点は物が散乱していないということです。物が多くても、見せないようにすることで部屋がすっきりとまとまりますし、ラックなどを使ってあえて見せるように収納するおしゃれテクもあります。

整理整頓できて使いたい物がすぐに取り出せる

収納場所が足りていないことで発生する問題は、部屋が散らかるということだけではありません。整理整頓ができていないと、欲しい時に欲しい物が見つからないという問題もでてきます。奥にしまい込みすぎて取り出すのが面倒になってしまうという経験もありませんか?収納スペースに余裕があるクローゼットは、そのような状態に陥らないための便利なアイテムです。

クローゼットの種類

衣類をたくさん吊すならハンガーラックタイプ

ハンガーラックタイプは衣類の収納にぴったりです。特に、シワになりやすい洋服やワンピースなどの長い衣類を吊るすのに便利です。ずらっと並んだ衣類の中からその日着る洋服を選ぶのも、ハンガーラックタイプならではの楽しみのひとつです。

また、ハンガーラックタイプは衣類を取り出しやすいというメリットもあります。パッと見で手持ちの服を確認できますし、あらかじめ色やタイプ別に収納しておくことで、忙しい朝でも迷うことなくその日着ていく洋服を選ぶことができます。持っている洋服の数が多いという方はこちらのタイプをチェックしてみてください。

人目につく場所に置くならワードロープタイプ

部屋の構成上人目に付く場所にしか置けないということもありますよね。見せる収納に自信がないという方には、ワードロープタイプがおすすめです。人目に付く場所でも中身が丸見えになることはありませんし、おしゃれなデザインのものも多いのでインテリアとしても活躍してくれます。

また、高さのあるワードロープタイプであれば目隠しや間仕切りの代わりとして使用することもできます。たとえば、リビングとダイニングの間や、寝室との境に置くことで空間を分けることができます。他にも、壁に取り付けができるタイプや可動式のものなど、ワードロープタイプのなかでも幅広く種類があるのが特徴です。

クローゼットの収納アイデア

チェストや収納ケースを使った衣類の収納術

クローゼット内の収納にはチェストや収納ケースを上手に活用することをおすすめします。プチプラ収納術として、100均のボックスやケースを利用した収納も話題ですね。ごちゃごちゃとしがちな靴下や下着類は、100均の仕切りがあるプラスチックケースに入れてしまえば綺麗に整頓できます。最近ではおしゃれなペーパーボックスが各100均メーカーから販売されているので、小物などを入れることで収納だけではなく見た目もおしゃれにしてくれますよ。また、空いているスペースにはチェストを置くことで、クローゼット内のスペースを有効に活用することができます。チェストを置く場合には、しっかりとサイズを測ってから購入するようにしてくださいね。

布団圧縮袋を使った布団の収納術

クローゼットに布団を収納する際に便利なのが、布団圧縮袋です。季節ごとに使用する布団や来客用の布団などがクローゼット内でかさばっていませんか?布団圧縮袋を利用することで、布団を薄くコンパクトにまとめることができます。また、布団圧縮袋を利用することで、空いたスペースに縦に収納することも可能なんですよ。他にも抗菌効果やダニ防止効果のある布団圧縮袋もあるので、クローゼットにそのまま収納するよりも衛生的という嬉しい面もあります。

DIYのウォークインクローゼットを使った小物の収納術

憧れのウォークインクローゼットもDIYなら少ない予算で手に入れることができます。なかでも、簡単におしゃれなウォークインクローゼットを作るのであれば、ディアウォールを使ったDIYがおすすめです。ディアウォールは壁に穴を開ける必要もなく、好きな場所に柱を作ることができます。その柱に棚やハンガーラックを取り付けることで簡単に収納スペースが完成してしまいますよ。自分の好きなようにレイアウトができるので、手持ちの衣類や小物に合わせて制作できるのも嬉しいですよね。鞄や帽子、靴などの小物類は既存のクローゼットでは収納スペースが少ないのが悩みですが、そのような悩みもDIYであれば解決してくれます。

クローゼットの選び方

収納できる奥行きを考えて選ぶ

衣類の収納がメインなら有効で60cm

衣類の収納がメインの場合の奥行きは60cmあると収納スペースにゆとりが生まれます。衣類用のハンガーは、キッズ用であれば30cmほどですが、大人用は40cmから50cmほどあります。そこに衣類をかけると想定した場合に、薄手の物であればそこまで変わりませんが、厚手のコートなどをかけるとさらに幅が必要になります。ゆとりのないスペースに衣類を収納しておくと衣類を傷める原因にもなるので、奥行にはある程度ゆとりを持たせましょう。

布団収納をするなら奥行70cm以上の布団タンスタイプがおすすめ

収納スペースに布団を収納したい場合は、奥行70cm以上は必要と考えてください。一般的な布団の長さはだいたい200cmあります。それを三つ折りにすると66.7cmになります。これはあくまでも一般的な布団サイズの話なので、ご家庭で使用している布団がロングタイプの場合などにはもっと奥行が必要になるということです。

設置するスペースに合わせて扉のタイプを選ぶ

観音開きの場合は広いお部屋に最適

観音開きのクローゼットは、全開すると中に入っているもの全てを一望することができるので、必要な物を見つけやすく物の出し入れがしやすいといったメリットがあります。ただし、扉を開く際に周辺の家具などが邪魔になって開けることができないということがないように、クローゼット周辺にはある程度広いスペースが必要になります。

狭い空間には扉なしのタイプを

狭く限られたスペースにクローゼットを置くのであれば、いっそのこと扉なしのオープンタイプがおすすめです。扉がないことで空間を広く有効に使うことができますし、湿気がこもらないといったメリットもあります。オープンな分収納方法には若干気を遣いますが、あえて見せる収納をすることでお店のディスプレイのようなおしゃれな空間を作ることもできます。

見た目や埃が気になるならカーテン付きもおすすめ

それでもやはり中身が見えてしまうのは気になるという方には、カーテンタイプはいかがでしょうか。扉用のスペースも必要ありませんし、サッと簡単に開け閉めすることができます。また、開けっ放しでは気になるクローゼット内への埃の侵入を防ぐこともできます。カーテンは自分の好きなデザインに付け替えることもできるので、部屋に合わせたコーディネートも可能ですよ。

クローゼットのおすすめブランド・メーカー

エアリゾーム

おしゃれなデザインが目を引くブランド

エアリゾームは、北欧家具や北欧インテリアを中心として扱っているショップです。おしゃれでホットなアイテムが揃っていて、部屋全体のコーディネートやインテリアの参考にもなりますよ。新商品も続々と入荷されるので、チェックしておくことをおすすめします。

LOWYA(ロウヤ)

低価格で欲しい物が見つけるブランド

家具とインテリアショップのLOWYA(ロウヤ)も、トレンドを押さえた商品がデザイン豊富に揃っています。また、高品質でありながらも低価格ということもロウヤの魅力のひとつです。手の届く価格で欲しいデザインが見つかるはずですよ。

ニトリ

安定の品質が嬉しい定番ブランド

認知度が高く老若男女問わず支持されているブランドがニトリです。商品数と品質の安定感が愛されている理由のひとつですね。家具やインテリアの購入を検討している際には、一度参考までに覗いてみるといいですよ。

IKEA(イケア)

圧倒的な品揃えが圧巻の北欧ブランド

北欧ブランドのIKEA(イケア)もファンの多いブランドですね。手に取りやすい価格と豊富な品揃えが多くの人を惹きつけています。スウェーデン発祥の家具店ということもあり、日本離れしたデザインも魅力です。

おすすめ&人気のクローゼットランキング

おしゃれでおすすめのクローゼット

LOWYA(ロウヤ)-ハンガーラッククローゼット(14,990円)

ウォークインクローゼットにも最適な可動式ラック

床から天井まで壁一面を余すことなく活用できる突っ張り式のハンガーラックです。ポールの長さを自由に変えることができる3点可動式なので、部屋の広さや収納する物の量に合わせて自在に調節が可能です。

壁一面が収納スペースに様変わりするので、とにかく大容量です。収納できていない衣類で溢れかえっている方は必見ですよ。衣類や小物だけではなく、季節家電の収納までできる余裕があります。部屋全体をウォークインクローゼットにしたいと考えている方にもおすすめです。

ワイエムワールド-ハンガーラック(10,980円)

カラー豊富で選べるハンガーラック

サイド部分が木目調のおしゃれな作りになったクローゼットです。横幅は最大で200cmまで伸縮が可能になっています。天板の厚みを薄くすることで側板の負担を軽減させて、より多くの衣類をかけられるように設計されています。

側板のカラーは5色から選ぶことができます。高級感溢れるダークブラウンからヴィンテージ感のあるオーク、清潔感に溢れるホワイトまで選択肢が幅広いのは嬉しいですよね。なかでもオークは本物に近いリアルな木目とダメージ加工が人気です。

JAJAN-壁面クローゼット(24,840円)

まるでリフォームのような仕上がりになるセミオーダータイプ

天井高さに合わせて5cm単位でオーダーできるのが魅力のセミオーダータイプの壁面クローゼットです。また、従来の壁面収納システムユニットと組み合わせることで、好みの壁面収納を造り出すことができます。

リフォームを検討したけれど、けっこうな金額で断念したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらのアイテムは、あたかもリフォームしたかのような壁面収納がDIY感覚で気軽に手に入ります。自宅の壁とぴったりと合ったクローゼットが欲しい方は必見です。

starday-組み立て式クローゼット(5,480円)

モノトーンな部屋との相性が抜群

自由に組み立てることができる組み立て式のプラスチック収納棚です。組み立てが自由なので、部屋のスペースや用途によって使いやすいラックを作成できます。ハンガーパイプがついているので衣類の収納はもちろん、小物類の収納にもとても便利です。

扉パーツは取り付けが自在で、まさに自分だけのオリジナルラックが作成できます。シックな柄とモノトーンカラーでプラスチックとは思えない落ち着きのある印象なので、部屋のインテリアとしても満足のいくアイテムです。

ワイエムワールド-スチールハンガーラックGabe(ゲイブ)(17,800円)

見せる収納でおしゃれに収納

木とスチールの組み合わせが美しいハンガーラックです。幅119cmと小ぶりですが、ポール2本、棚板4枚と収納力も抜群です。また、ポールと棚板はレイアウトが変えられるので、用途によってデザインできます。

棚板はオークとブラウンカラーの2色から選ぶことができ、ブラックスチールとの異素材の組み合わせによって生まれるモダンさやヴィンテージ感は、男女問わず好評です。キャスターつきで移動が楽なので、気軽に模様替えができます。

Interior Office One-突っ張り式ラガーハンガー(20,990円)

まるでアパレルショップに自宅が変身

突っ張り式ラダーハンガーで、棚板のセッティング場所が10cm間隔で移動可能になっています。国産の高品質でしっかりとした頑丈な設計になっているので、強度面も安心です。複数アイテムを組み合わせることによって、大容量のクローゼットにすることも可能ですよ。

衣類だけではなく鞄や帽子などの小物にも適した収納になっています。外出から帰ってきて使用していた鞄をそのままラックに収納なんてことも可能です。ショップのディスプレイ感覚でおしゃれに収納できるので、毎日の面倒な片付けも楽しくなってしまうようなアイテムですよ。

ワードロープタイプでおすすめのクローゼット

エアリゾーム-ルーバークローゼット(57,934円)

木目調のモダンさがおしゃれなワードロープ

高さの異なる3本のパイプハンガーがついていて、シャツからワンピースまで様々な長さの洋服に対応しています。1本あたりの耐荷重は約30着分のシャツがかけられるほど。折れ戸なので、扉の開閉にスペースを取りません。

全面木目のモダンなデザインで、洋の雰囲気にも和の雰囲気にも合います。取っ手部分はアンティーク加工が施されており、細部にまでこだわりが持たれたクローゼットです。ルーバー扉で通気性がよく、見た目的にも涼しげな雰囲気です。

InteriorBazaar-ワードロープクローゼット(49,900円)

まるで造り付けのようなクローゼット

高さ200cmと天井に近い部分まで有効利用できるクローゼットです。引き戸タイプで取っ手部分にも凹凸がないので、扉の開閉スペースを確保する必要がありません。ベッド脇などのギリギリの場所でも使うことができますよ。

天井近くまで高く伸びる姿は、まるで造り付けクローゼットのようです。あたかも元からそこにあったかのように部屋に馴染んでくれますよ。部屋のデッドスペースを有効に活用しつつも、中身が見えない安心感が欲しい方におすすめです。

good furniture-ワードロープ(20,880円)

おしゃれなだけではない安心の日本品質

パイプハンガーが2本と5段の移動棚がついたワードロープです。扉は必要な場所のみ開閉可能な4枚扉になっています。細分化された収納スペースになっているので、仕分けをしながら収納することができますよ。

カラーバリエーションは6色にもなります。どのカラーも上品でインテリアの邪魔をしません。特にブラウンの木目は人気のウォールナット調で、高級感もあります。上段にはよく使用するシーズン物の衣類を収納して、下段にはハンガーにかけられない洋服や小物類を収納するのがおすすめです。

ニトリ-クローネシリーズワードロープ(9,990円)

使いやすいから重宝するシンプルデザイン

ニトリのシンプルなデザインが美しいワードロープです。木目の入ったホワイトカラーは部屋に清潔感を与えてくれます。観音扉タイプの上段にはパイプハンガーがあり、下段には2つの引き出しがついています。

上段には掛けて収納したい洋服を、下段には畳んで収納したい洋服とのどちらにも対応してくれます。なにより嬉しいのは、お手頃価格ということです。これだけの品質の商品が1万円前後で手に入れられるのは、やはりニトリさんだからこそですね。

ディノス家具-タワーチェストクローゼット(48,492円)

清潔感を感じることができる光沢感

大量収納できるタワーチェストとハンガーラックがひとつになった便利なアイテムです。引き出しの数は全部で8個もあり、すべてが入れ替え可能になっています。スペースを取らない引き戸タイプで取り出しの邪魔になりません。

引き戸は左右どちらに閉めておくかで見た目の印象が変わってきます。また、引き出しの上段と下段を入れ替えるだけで簡単に衣替えができてしまうので、季節ごとの面倒な作業が省けます。光沢仕様で高級感がある作りなので場所を選ばない点もいいですね。

Broom-ワードロープ(21,990円)

フレンチカントリー風がおしゃれ上級者を演出

取っ手や脚部にまでこだわったフレンチカントリー調の可愛らしいワードロープです。上段はコートも収納できる高さがあるパイプハンガーで、下段は深さ24cmもある引き出しになっています。中央にミラーがついているので、洋服のコーディネートもその場で完結できます。

衣類を取り出すのが楽しみになってしまうような可愛らしいデザインは、女性にとってはまさに理想。木目の天板には普段使用しない物をディスプレイ感覚で収納することもできます。白を基調とした部屋にとてもよく合いますよ。

奥行きの広いおすすめのクローゼット

good furniture-布団タンス(25,900円)

布団だけではなく家電の収納にも最適

幅85cm、奥行73cmの2段タイプの大型クローゼットです。奥行があるので布団はもちろん、年々増える季節家電や、たまにしか使用しないキャリーバックなどもなんなく収納できます。突っ張り棒などを組み合わせることで衣類の収納もできますよ。

扉は上下で分かれているので、必要な場所のみ開けることができます。曲線的で握りやすい取っ手や、どんなテイストにも合わせやすいカラー展開など使いやすさにこだわりが持たれている商品です。布団収納のイメージは和のイメージが強くなりがちですが、ホワイトカラーであれば洋のテイストの部屋にも馴染んでくれますよ。

ふりすたファクトリー-布団ワードロープ(22,300円)

すっきりとした見た目で和洋どちらのテイストにも合う

幅86cm、奥行73cmの大容量タイプです。上段、下段ともに取り外しが可能なパイプハンガーがついています。パイプハンガーの耐荷重は15kg、棚板の耐荷重は30kgとどちらもかなりの重量に耐えることができます。抗菌シートが採用されているので、布団を収納しても安心です。

無駄のないシンプルなデザインで、どんなお部屋にもよく合います。脚部は取り外しが可能で、置く場所や部屋の雰囲気に合わせてお好みで調節可能です。カラーは3色展開していますが、なかでも木目調のダークブラウンは上品で落ち着いた雰囲気が老若男女問わず愛されているカラーです。

まとめ

無駄なくスペースが活用できる伸縮可能なタイプがおすすめ

いかがでしたか?今回はクローゼットの種類や選び方、収納術を紹介させていただきました。クローゼットがひとつ増えるだけで、収納スペースが一気に拡大しそうではないですか?どんなクローゼットを選ぶかということは置く場所やスペースによっても変わってきますが、なかでも伸縮可能なタイプのクローゼットは今ある空間を有効活用できるうえに、引っ越しや環境の変化にも対応できるので長く愛用できそうですね。今回紹介したクローゼット以外にも様々なタイプのクローゼットがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。