おすすめのスリムドレッサー人気比較ランキング!【ニトリも】

毎日のメイクやヘアセットに欠かせないドレッサー。1人暮らしや自室用など、限られた空間に置くなら、なるべくコンパクトなものが良いですよね。そこでおすすめなのが、家具の間に置けるスリムドレッサー。収納力が高いものから、コンセントや照明付きまで、利便性を考慮したものが豊富です。この記事では、おすすめのスリムドレッサーをランキング形式でご紹介します。鏡の形や高さなど選び方にもコツがあるので、解説を参考にお気に入りのスリムドレッサーを見つけてくださいね。

スリムドレッサーの特徴

家具と家具の間に置けるコンパクトな鏡付きの化粧台

ドレッサーは鏡と収納がセットになったもので、メイク時に役立ちます。通常のドレッサーは横幅が広く場所を取りがちですが、スリムドレッサーの中には横幅40センチ前後のものも。コンパクトで家具の隙間に設置できるため、1人暮らしの方にも適しています。

メイク道具をまとめて収納できる

ドレッサーは、メイク道具をひとまとめに収納できるのが魅力。通常のものより細いスリムドレッサーでも、十分な収納力があります。背の高いスプレー缶やドライヤーも収納可能。鏡の裏を棚にするなど、コンパクトでもスペースを最大限活用できるよう工夫されたものもあります。

スリムドレッサーの種類

一面鏡タイプ

コンパクトで鏡の形のバリエーションが豊か

1枚の鏡から成る一面鏡は、四角形や楕円形など形のバリエーションが豊富。長方形は形の主張が強くないため、部屋のインテリアに馴染みやすいでしょう。鏡を折り畳むとデスクとして使えるタイプにも、四角形が多く用いられています。コンパクトさを追求したい方は、四角形の一面鏡がおすすめです。

丸型の一面鏡は、デザイン性が高くインテリアのアクセントになります。丸みのあるフレームは優しい印象で、フェミニンな部屋を好む方にぴったり。角がないため見える範囲は狭くなるものの、メイクやヘアセットに使うだけなら十分でしょう。

三面鏡タイプ

横顔や後頭部などさまざまな角度からチェックできる

正面と左右3つの鏡から成る三面鏡は、横顔や後頭部などを見やすいのが特徴。首を左右に大きくひねらなくても、メイクや髪型のバランスが確認できます。一面鏡より横幅は大きくなるものの、メイクやヘアセットにこだわる方なら、細部まで見られる三面鏡がおすすめです。

場所をとりがちな三面鏡ですが、鏡の裏が収納になっているものや、左右の鏡が折り畳めるものも。鏡の裏に収納があれば、多少横幅が広くてもスペースを無駄にすることはありません。鏡が折り畳めれば、不使用時はコンパクトに収納可能。鏡に埃がつくのを防いでくれますよ。

姿見タイプ

メイクだけではなくコーディネートのバランスもチェックできる

姿見付きのスリムドレッサーは、メイクやヘアセット以外にも役立ちます。足元まで映るため、コーディネートのバランスが確認しやすいのがメリット。ドレッサーと姿見を両方置きたいものの、部屋のスペースが限られる方におすすめです。

姿見タイプには収納が姿見のサイドに付いたものと、収納棚の扉自体に姿見が付いたものがあります。サイドに収納が付いたものは幅を取るものの、メイク道具の出し入れはスムーズ。収納棚の扉に姿見が付いたものはスリムですが、毎回扉を開け閉めしてメイク道具を取り出す必要があります。部屋のスペースや使い勝手の良さを考慮して、選ぶと良いでしょう。

スリムドレッサーの選び方

ドレッサーの高さで選ぶ

ロータイプなら床に座ってリラックスしながらメイクできる

ロータイプのスリムドレッサーは、コンパクトな部屋にも置ける圧迫感の少なさが魅力。天井が低い部屋でも存在感を抑えられるほか、他の家具とのバランスも保ちやすくなります。床に座ってメイクするためリラックス感が強く、移動できるものならテレビを観ながらのメイクも可能です。ロータイプは鏡の高さと座高を考慮して選ぶのがポイント。鏡の位置が高いときには、クッションなどで高さを調整して使うようにしましょう。

ハイタイプなら綺麗な姿勢でメイクできて疲れにくい

椅子に座るハイタイプは、鏡の縦幅が長めで幅広い座高に対応。椅子に座ることで正しい姿勢が保たれやすく、長時間メイクしても疲れにくいでしょう。メイクとヘアセットに時間をかけている方は、椅子に座るハイタイプがおすすめです。高さがあるため存在感があるものの、他の家具と色を合わせれば、それほど気になりません。付属の椅子が収納になっていれば、スペースを無駄なく使えますよ。

収納力で選ぶ

ミラー裏収納付きならスペースを無駄なく使える

三面鏡タイプなど、大きな鏡が付いたドレッサーに多いミラー裏収納。裏が棚状になっており、香水やマニキュアなどの小物を入れられます。1つ1つの棚はあまり大きくないものの、棚が可動式であれば少し高さのあるヘアオイルなどのボトルも収納可能。デッドスペースになりがちなミラー裏を有効に活用できます。棚の開閉の手間がかかるので、使用頻度が低いものの収納に向いていますよ。

鏡が折り畳めるものなら不使用時にデスクとして使える

鏡が折り畳めるスリムドレッサーは、不使用時にパソコンデスクやサイドテーブルとしても活用できます。通常のドレッサーをデスクとして使うことも可能ですが、鏡に自分の姿が映っていると気が散ってしまいますよね。鏡が折り畳めれば自分の姿で気が散る心配もなく、余計なスペースも取りません。狭い部屋に住んでいるものの、ドレッサーもデスクも欲しい方にぴったり。

機能性の高さで選ぶ

コンセント付きならすぐにドライヤーやヘアアイロンが使える

ドレッサーでヘアセットまで行うなら、コンセント付きがおすすめです。延長コードを引っ張る手間なくドライヤーが使えて、ドレッサーまわりがコードでごちゃつく心配はありません。部屋をすっきり見せたい方や、生活感をあまり出したくない方にぴったり。コンセントは1口から2口タイプが主流です。ヘアセットの際、ヘアアイロンやコテなどを同時に使う場合は、コンセントが2口あると便利でしょう。

照明付きならメイクの濃淡やムラが分かりやすい

室内では、光の当たり方次第で顔の陰影やトーンの見え方が大きく変化します。そのためドレッサーを置く場所によって、メイクが濃すぎたり、ムラになったりする可能性も。照明付きのスリムドレッサーなら、いつも明るい状態でメイクできます。チークの濃淡やファンデーションのムラが分かりやすく、メイクの失敗を未然に防ぐことが可能。程良い濃淡が把握しにくいメイク初心者の方などにもおすすめです。

キャスター付きならさまざまな場所に持ち運んでメイクできる

1人暮らしや自室にドレッサーを置くなら、キャスター付きがおすすめです。ドレッサーはスリムタイプでもやや重量があり、1人で移動させるのは困難でしょう。キャスター付きであれば、軽く押すだけで移動できるので1人でも楽々。模様替えや掃除で少し場所を移したい場合も便利です。安全性を高めるために、移動時以外はキャスターにストッパーをかけておきましょう。

スリムドレッサーのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

家具やインテリア雑貨のインターネット販売を行うブランド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

福岡県福岡市に本社を構えるロウヤ。インターネット上で販売する家具はどれもシンプルかつモダンで、スリムドレッサーも洗練されています。170センチ近い姿見が付いたスリムドレッサーは、足先までチェックできてお洒落を楽しみたい方にぴったり。

ぼん家具

シンプルで利便性の高いインテリアを扱う会社

和歌山県海南市に本社を持つぼん家具。無駄を省いた利便性の高いインテリア家具が多く揃っており、コンセント付きのスリムドレッサーもあります。姿見の角度が調整できるドレッサーなら、幅広い背の高さに対応可能です。

コスパクリエーション

寝具や収納家具などを取り扱う会社

東京都杉並区に本社を置くコスパクリエーション。機能的な寝具や収納家具が豊富で、1台で2役使えるスリムドレッサーが人気です。姿見付きの扉を開けると、ドレッサーが収納されています。椅子も収納になっているため、スペースを無駄にしません。

エアリゾーム

デスクやソファなど幅広いインテリア家具を扱うブランド

大阪府大阪市に本社があるエアリゾーム。さまざまな系統のインテリア家具を扱っており、木目が美しいシックなスリムドレッサーは高い支持を得ています。姿見と収納がセットになった仕様で、扉は左右で付け替え可能。さまざまな場所に設置できます。

おすすめ&人気のスリムドレッサーランキング

一面鏡タイプでおすすめのスリムドレッサー

LOWYA(ロウヤ)-コンパクトドレッサー (14,990円)

横向きのティッシュ箱2箱のスペースがあれば置けるコンパクトさ
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

このスリムドレッサーは高さが141センチあるものの、フレームが全体的に細く、圧迫感が最小限に抑えられています。横幅も横43.5センチと非常にコンパクト。一般的なティッシュ箱は1箱の横幅が22センチ程度なので、2箱並べられるスペースがあれば、このドレッサーを設置できますよ。

シンプルな作りだからこそ収納力は低いですが、引き出し付きで付属の椅子の下も小さな収納スペースになっています。部屋が狭くてもドレッサーを置きたい方や、あまりメイク道具を持たない方には最適な大きさです。鏡には飛沫防止フィルムが付いており、万が一割れても飛び散りにくい仕様なのも安心ですよ。

コスパクリエーション-ドレッサー (30,049円)

椅子に座るタイプのドレッサーと姿見がセットになった2Way仕様

扉部分に姿見、扉を開けると中に椅子とメイクスペースが収納されたスリムドレッサー。コンパクトながらドレッサーと姿見を併せ持つため、お洒落を楽しみたいものの部屋のスペースが限られる方に最適です。存在感がある分、普通の姿見よりも安定感があるため、地震などの際も倒れにくいのた魅力。

ドレッサーまわりはメイク道具でごちゃつきがちですが、扉を閉めれば生活感を隠せるので、片付けが苦手な方にもおすすめ。付属の椅子とドレッサー上部が収納になっており、メイク道具が多い方でも安心して使えます。姿見付きの扉は左右で付け替えできるので、設置場所を選びません。

DENZO(デンゾー)-ドレッサー (24,990円)

鏡部分が折り畳めてテーブルとしても使える

ドレッサーとしてもサイドテーブルとしても使える、コンパクトなスリムドレッサー。開閉式の前板を開けばメイク時に必要な作業スペースが確保できます。鏡を畳めばサイドテーブルにもなるため、メイク時以外は使わないからもったいないという悩みを解消しました。

デスク下にはスライド式の2口コンセントを完備。シンプルな作りでも、使い勝手の良さにはこだわっています。美しい木目と丸みのあるデザインは温かみがあり、ナチュラル派のインテリアにもよく馴染みますよ。

ココテリア-木製ドレッサーnico(ニコ) (13,980円)

2Wayで使える引き出しが付いたコンパクトなドレッサー

無駄を極力省いたモダンなデザインが特徴で、お洒落な家具が欲しい方におすすめです。1人暮らしでも設置しやすいサイズ感で、脚部分が大きく開いているため掃除も楽々。コンパクトながら収納スペースは広く、リップやチークなどの小物なら楽々収納できますよ。

サイドの引き出しは2Way仕様で、天板を開けて物を取ることも可能。天板上が塞がっている際は引き出し、奥のメイク道具を取る際は天板を開けるなど、使い分けられます。椅子がセットになっているため、ドレッサーの雰囲気や高さに合う椅子を探す手間も掛かりません。

ココテリア-ミニドレッサーKaren(カレン) (12,980円)

ソファなどで使えるキャスター付きのスリムドレッサー

このスリムドレッサーは、キャスター付きで女性でも楽に動かせます。お手持ちのソファやクッションに座ってメイクできるなど使う場所を選ばず、リラックスしながらメイク可能。高さは63.5センチと抑えられており、不使用時はサイドテーブルにもなりますよ。

コンパクトでも8つの収納スペースを備えるなど、収納力は抜群。高さがある化粧水ボトルも、置き場所に困ることはありません。浅めに作られた引き出しは、マスカラやリップのほか、アクセサリーを入れて置くことも可能です。

三面鏡タイプでおすすめのスリムドレッサー

ニトリ-三面鏡ドレッサー (30,454円)

引き出せる鏡付きで目元のメイクがしやすい

デスク部分に大小異なる4つの引き出しが付いたスリムドレッサー。見た目以上に収納力があり、メイク道具の大きさに合わせて棚を使い分ければ、小物がごちゃつく心配がありません。三面鏡は場所を取りがちですが、左右の鏡は折り畳めるため大きく場所を取ることはありませんよ。

正面の大きな鏡の下には、引き出せるコンパクトな鏡が付いています。微調整が必要なアイメイクも、これがあれば細部まで見やすいでしょう。その他にも鏡前面のスペースに棚をつけたり、ティッシュ箱置きが設置されていたりと、利便性にこだわった設計になっています。

収納宅配館-三面鏡ドレッサーデスク (13,800円)

鏡の裏が収納になった大容量なドレッサー

このスリムドレッサーの天板は広々設計で、ヘアアイロンなどの美容家電を置いても余裕があります。2口コンセント付きなら、ドライヤーやヘアアイロンの併用なども可能。時間がない朝でも余裕を持って身支度できますよ。

鏡の裏は9つの収納スペースになっており、収納したいものに合わせて2.5センチ間隔で棚の高さを調整できます。デスク部分にも複数収納がついているので、メイク道具をドレッサー周囲に一式をまとめておくことも可能。なお、椅子は付属していないため、高さの合うものを用意してくださいね。

アクティブラボ-小物収納庫付き三面鏡 (12,977円)

横幅を抑えたスリムデザインのドレッサー

横幅を取りがちな三面鏡タイプですが、横幅が60.5センチと抑えられていて、狭いスペースでも置けるようになっています。鏡の裏は可動棚になっており、マニキュアなどの小物からヘアオイルなどのボトルまで幅広い高さのものに対応。鏡を閉じれば表からは見えないため、ごちゃつきを隠せてすっきりした印象に。

セットの椅子にも収納スペースが設けられており、見た目以上に収納力があります。なお、椅子は収納力だけではなく座面クッションにもこだわっており、長時間のメイクでもお尻が痛くなりにくい仕様。2口コンセント付きなので、美容家電の併用も問題ありません。

姿見タイプでおすすめのスリムドレッサー

LOWYA(ロウヤ)-姿見ドレッサー (17,990円)

可動棚と引き出しを組み合わせた使い勝手の良い収納スペースが魅力
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

横幅29.5センチと超コンパクト設計のスリムドレッサー。ドレッサー自体にコンセントは付いていないものの、延長コードなどが通せるコード穴を完備。上段コード穴を使えば扉を閉めた状態でもコードを圧迫することなく、鏡を見ながらヘアセット可能です。

高さ181センチと存在感はありますが、前面が鏡なので圧迫感を少し抑えられます。これだけスリムであれば、家具と家具の間に収納可能で、扉は左右どちらにも付けられるため置き場所を選びません。上の3段は5段階で調整できる可動棚、下の3段は高さが異なる引き出しになっています。

ぼん家具-姿見付きドレッサー (9,980円)

角度調整可能な姿見ならさまざまな身長に対応可能

鏡自体は107センチとそれほど高さはないものの、角度が変えられて幅広い身長の方に対応します。姿見の前部分はオープンスペースになっており、小物を置くことが可能。落下防止ストッパー付きなので、転がりやすい小物の収納も安心です。

姿見の横は小物置きや引き出しが付いた棚になっています。棚は2段階で調整でき、高さのあるボトルも収納可能。一番上の小物置き部分には1口コンセントが付いているため、ヘアアイロンなどを即使用できますよ。12.7キロと重量がありますが、キャスター付きなので移動時も安心です。

エアリゾーム-姿見ドレッサー (13,800円)

本物のような木目模様仕上げのスタイリッシュなスリムドレッサー

姿見付きの扉を開けると5段の可動棚があり、足元部分も扉を開けると収納スペースになっています。扉は左右で付け替え可能。高さのある家具は倒れる心配がありますが、付属の固定パーツを使えば、壁に固定できて安全性が高まりますよ。

木目模様が施されており、他の木製家具との相性は抜群。扉の前面や側面は、耐水性や耐摩耗性に優れたメラミン仕上げで、長く使っても劣化しにくい仕様です。床を傷つけないように脚底にフェルトが付いているなど、細部に至るまで配慮されています。

ぼん家具-姿見ドレッサー (21,980円)

鏡の裏も収納になった2Wayで使えるドレッサー

姿見が付いた扉を開けると、中にドレッサーと椅子が収納されています。扉を閉めれば生活感が出にくく、メイク道具を出しっぱなしにしていても問題ありません。扉を閉めるだけで急な来客にもすぐに対応できるので、片付けが苦手な方にぴったり。

ドレッサー部分の鏡は開閉式で裏側に収納棚が設置されるなど、少しのスペースも無駄にしません。セットの椅子も大容量の収納スペースになっています。扉を閉めれば中の物に埃が溜まる心配もなく、簡単な拭き掃除のみで清潔を保てるのも魅力です。

未来商会-ドレッサー (41,010円)

開閉式の天板が付いた高い収納力を誇る姿見付きドレッサー

鏡の上部が丸みを帯びていることで、柔らかな印象を与えるスリムドレッサー。鏡の裏と下部分は広々とした収納棚になっており、化粧品のストックを保管できるゆとりがあります。椅子に座ると下の棚は開けにくいので、使用頻度が低いものを収納すると快適に使えますよ。

ヘアセットなどに便利な1口コンセント付きで、延長コードを引っ張ることなくドライヤーなどが使うことが可能。サイドの棚は細かく区切られており、小物を分けて収納できます。天板は開閉式なので、メイクの際は作業スペースとしても使えますよ。

まとめ

収納力高めで利便性の高いスリムドレッサーがおすすめ

さまざまな形状のスリムドレッサーがありますが、外せないポイントを明確にすれば自ずとお気に入りのドレッサーに出会えます。姿見とドレッサーがセットになっていれば、スペースを有効に使うことが可能。1人暮らしや自室など、置き場所が限られる方に最適です。ドライヤーなどを単体で使用するなら、コンセントは1口で十分ですが、ヘアアイロンなどと併用する場合は、2口あると便利でしょう。椅子に座るタイプであれば、椅子が付属するかどうかを確認することも大切です。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*