おすすめの水切りラック人気ランキング!シンク上に【折りたたみ式や突っ張り式も】

キッチンでの洗い物は主婦にとって毎日欠かせないお仕事ですよね。毎日の仕事だからこそもっと楽に済ませたい、そんなキッチンに欠かせないアイテムが水切りラックです。いつもシンクとセットで欠かせないものだからこそ、便利で実用性の高いものを選びたいですよね。また、見た目のデザイン性や、掃除のしやすさも主婦にとっては重要なポイントではないでしょうか。今回は、どの家庭にも必ずある水切りラックのおすすめの選び方と、人気商品について詳しく解説します。家事動線を短くして使いやすい水切りラックが欲しいという人はぜひこの記事を参考にしてくださいね。



水切りラックの特徴

洗った食器を拭かずにそのまま置けるので家事の時短になる

水切りラックとはシンクで洗った食器やコップを置いて水切り、乾燥をするためのキッチンアイテムです。洗剤で洗ってすぐの食器をタオルでいちいち拭くとすぐタオルが水分で水浸しになってしまい、何枚あっても足りません。加えてしっかり水気をふき取ることはできず、半乾きの臭いの原因になってしまいます。そこで、洗った食器をそのまま水切りラックに収納して乾燥させます。しっかり水気を切ることもできますし、洗って拭くという動作が短縮されるのも水切りラックを使うメリットといえます。

斜めトレー付きでシンクに水が流れるものが人気

水切りラックは水回りに置くものなので、湿気や乾燥も重要なポイント。いつも水が溜まってしまう水切りラックだと、雑菌やカビの繁殖の原因にもなりますし、赤カビが出来てしまうこともあります。そこでおすすめなのが、水切りラックから出る水をそのままシンクに流れる構造で設計されている、斜めの水受けトレーが付いているタイプ。このタイプは、通気性が良く水が溜まる心配がないので、いつでも清潔に保つことが出来ると人気が高くなっています。シンク脇に置くものだからこそ家事や掃除の手間を省けるのも嬉しいですよね。

水切りラックの種類

シンク上タイプ(台所が狭くても動線節約で活用できる)

最近ではキッチンが狭いタイプの場所でもコンパクトに設置できるように省スペースの水切りラックも多く販売されています。調理スペースはそのままでもデッドスペースを活用して設置できれば、キッチンに余分な収納スペースが確保できて便利ですし、狭いキッチンなら水切りラックを食器置き代わりとして収納できるので、キッチンがスッキリして使いやすくなるのも魅力的ですよ。

また、シンク内に設置するタイプの水切りラックならさらに狭いキッチンを有効活用することが出来ます。調理スペースを埋めることなく、シンクの中で食器が洗えると、水の飛び跳ねの心配もありません。更に食器に付着した水分もシンクに落ちるので、清潔に保てるのも嬉しいポイント。ただし、シンク一体型の水切りラックはシンクの長さにピッタリ合わせたラックを見つける必要があるので、購入前に事前にサイズを計測する必要があります。

突っ張り式(キッチンの高さを有効活用して使用できるタイプ)

アパートやマンションなど、収納スペースもキッチン自体も小さい場所におすすめの突っ張り式キッチンラック。シンク前の幅を縦に有効活用して使うことが出来るので、デッドスペースを使って食器を水切りしたい人には特におすすめです。大抵の突っ張り式水切りラックは2段や3段になっているタイプが多いので、省スペースでありながら容量をアップさせることもできます。その他小物収納などもついているなど、機能性の高い水切りラックが多いのも嬉しいポイントでしょう。

突っ張り棒で設置できる高さは製品によっても異なりますが、高さが70cm~110cmほど必要になります。またそれぞれ奥行きのサイズ制限も製品ごとに異なるので、サイズをよく確認して選ぶ必要があります。ご自宅のデッドスペースにピッタリ合うものが見つかれば、収納場所を大幅にアップ。更に普段よく使う食器や小物をそのまま出して置けるので、忙しい人にも重宝する水切りラックです。

折りたたみ式(使いたい時だけサッと取り出して使える)

食器はすぐに拭いてしまう人は折りたたみの水切りラックを使うことをお勧めします。普段シンク横に食器を置く必要がないので水切りラックは必要ありませんが、やはり食器を洗った後にはある程度水切りをする必要がありますので、折りたたみ式があればとても便利に使えますよ。

また、お客さんが多いときやホームパーティなどでいつもよりも食器が多くなった時などにも、サブの水切りラックとして家庭に1つ置いておくのもおすすめです。使わない時は省スペースで収納できますし、使う際にはサッと取り出せるので台所のスペースが限られている人にも重宝して使うことができる便利アイテムでしょう。

キッチンラックの選び方

キッチンのスペースに合わせて選ぶ

スリムな伸縮式ならキッチンのサイズに合わせて設置できる

ご自宅のキッチンの大きさはどのくらいですか。キッチンに十分な作業スペースがあれば、水切りラックの大きさに関係なく設置できますが、限られたスペースに置く場合には調理スペースを邪魔せずに設置できる省スペース型を選ぶようにしましょう。もし、調理スペースが狭く水切りラックをシンク横に置くと調理スペースが確保できないという場合には、伸縮可能な突っ張り式水切りラックや、スリムタイプの水切りラックを選んでください。そうすれば作業スペースを邪魔せず使うことが出来ます。

省スペースでそのまま容量アップできる2段式もおすすめ

家族が多かったり、使う食器が多い場合には水切りラック1つでは足りないという家庭も多いことと思います。そこでおすすめなのが2段式になった水切りラックです。2段式は省スペースで幅は水切りラック1つ分でありながら、そのまま容量をアップすることが出来る点がポイント。細かなカトラリーやコップが1か所にまとめて置くことが出来るので、食器棚を使わずラックから直接使いたいと言う人も収納量の多い2段式は便利に使えるでしょう。

水はけに注意して選ぶ

水受け皿がスライドできれば湿気で汚れにくい

水はけの良さは水回りのキッチンアイテムとしてとても重要なポイントです。水受け皿が固定されているものだと、水はけがしにくく湿気が溜まりやすくなってしまいます。そこで水受けトレーが簡単に取り出し可能なものを選ぶことによって、通気性が良くなり、食器も乾きやすくなります。スライド式は衛生面でも重宝し、滑りやカビなども繁殖しなくなりますよ。

シンクに直接流れる斜めトレー付きが便利

シンクに直接流れ込むタイプのものは水受けトレーよりもさらに手入れが不要で便利に使えます。水受けトレーに傾斜が付いているのでわざわざ取り出さなくても水を切ってくれます。この形状によってトレーを出す手間も省けますし、水気が勝手に流れるので、いつでも清潔に保つことが可能。家事の負担を減らしてくれるポイントと言えるでしょう。

お手入れのしやすい素材を選ぶ

ぬめりやカビが発生しにくくお手入れが楽なステンレス

ステンレス素材の水切りラックはさびにくく、水切れが良いのが特徴になっています。ですので、多くの人が買換えの基準にする赤カビの発生や、ぬめりが起こりにくい点もメリットといえるでしょう。他の素材の水切りラックよりもシャープで高級感のある印象ですし、モダンなカラーのキッチンには特に合うのでおすすめ。

デザインが豊富でお手入れも簡単なプラスチック製

プラスチック製はカラーバリエーションが豊富なので、キッチンのカラーに合わせて選ぶことが出来ます。モダンでシックなキッチンにはブラック、ポップで可愛らしい印象のキッチンならレッドなど、様々な選び方ができるのが嬉しいポイント。また、プラスチック製は落としても割れる心配がありません。加えて丸洗いできるのも、お手入れがしやすくて便利な点です。

水切りラックのおすすめブランド・メーカー

ラバーゼ(la base)

料理研究家考案だからこそ使いやすさ重視のデザインが豊富

料理研究家の有本葉子さんのキッチンブランドです。各家庭に対応できるようにサイズや形の違った水切りラックと、トレーをバリエーション豊かなサイズ展開から選ぶことが出来ます。いたってシンプルな作りのものですが、一般的な水切りラックと違ってワイヤーに凹凸がなくそれぞれ自由に食器が置けるデザイン。汚れも水垢も付きにくい素材とデザインでとても使いやすい水切りラックとなっています。

KEYUCA(ケユカ)

高級感あるリッチなデザインが多いインテリアから雑貨まで揃うブランド

家の中に必要なものすべてが揃うオンラインインテリアショップ「ケユカ」の中でも特に人気が高いのは水切りラック。日々の家事をよりスムーズに行うための機能性に加え、キッチンに美しい選択という名のもとに見た目が美しい水切りラックが揃います。どの水切りラックも丈夫で上質な18-8ステンレスを使用し、劣化しにくくも見た目が美しいデザインが魅力的です。

無印良品

シンプルなデザインと使いやすさが魅力

調理グッズや機能性収納グッズなど、家の中で必要なものがあればとりあえず無印でチェックをというくらい品ぞろえ豊富で人気が高い国内メーカーです。飽きることのないデザインと機能性で多くの主婦に支持されていますよね。そんな無印の水切りラックはオールステンレス製で水切りの良さや汚れを溜まりにくくする機能が付いています。シンク内で使用できるタイプのものや容量抜群な大きめサイズなど各家庭に合わせて選ぶことが可能。

ベルメゾン

家の中の物なら何でもそろうバリエーション豊かな品揃え

豊富な品ぞろえとバリエーションタイプにより選ぶ幅が広がる人気オンラインブランドのベルメゾン。突っ張り棒タイプからシンク横におけるスリムタイプ、大型タイプまで欲しいと思っていたデザインが必ず見つかります。選び方もタイプで選んだあと、置きたい場所に合わせてサイズやカラーを選ぶことが出来るのも便利。

おすすめ&人気の水切りラックランキング

シンク上におすすめの水切りラック

栗原はるみ-スライド水切りカゴ (12,960円)

水切りラックの幅を洗い物に合わせて伸縮できる

料理家の栗原はるみさんが使う人のことを考えて作り上げた水切りラックです。通常は幅20cm、奥行き60cmのコンパクトなスリムサイズで使いますが、食器をたくさん使った時や大人数でパーティーした時、大きなサイズの鍋やボールを並べて乾燥させるときにはかごをスライドさせて収納量を倍にすることが出来ます。

ただ、水受けトレーはコンパクトサイズに適して作られていますので、大きくして使う際には布巾を下に敷くか、シンクサイドに渡して使うようにしましょう。別売りの小物パーツと組み合わせれば自分が使いやすいオリジナル水切りラックが完成します。購入する際はサイズを広げた時にシンクに渡せるように足の置き場所が適応サイズ内かどうか確認してから購入してください。

tower-珪藻土 ドライングプレート 用 水切りバスケット(7,452円)

バスケットと珪藻土のいいとこどりのスタイリッシュデザイン水切りラック

ここ最近流行りの珪藻土を水受けトレーとして使うユニークな発想の水切りラックです。吸収性と速乾性抜群のドライングプレートなので、水を溜めることなく素早く気化してくれるので、排水や水垢などのヌメりの心配もありません。

シンプルでスッキリしたデザインなのに、収納力は抜群。お皿も縦置きで整頓しながら水切りできるので水キレもよいうえに見た目もスッキリして見えます。また、珪藻土プレートは浮かせて置けるのでいつでも風通しがよく清潔に保てます。

KEYUCA(ケユカ) -ネオナビオ ドレーナー ベーシックセット(7,646円)

基本3点セットの水切りラックで曲線美が美しい 

基本の水切りラック、水切りトレー、カトラリーボケットの3点セットで販売されていますが、必要に応じてドレーナーオプションを加えて自分好みの水切りラックを組み合わせることが出来ます。幅60cmのシンクならシンクに渡して設置もできるのでキッチンの有効活用にも活躍。

ラック端部分の曲線美が美しくデザイン性に富んでいますが、実はデザイン性だけにこだわったのではなく、大皿を立てかけるときにお皿の縁に合わせた曲線になっているので角にぶつけることなく設置できるんです。デザイン性と実用性を兼ねそろえた主婦に嬉しいちょっとした工夫が施されているのが嬉しいポイントですね。

YAMAZAKI-アクア 水切りバスケット(2,300円)

シンクに直接排水出来る手間いらずのカラーバスケット

底部分についている水はけ排水の位置は左右、縦に調節可能なので設置場所に関係なくシンクに排水が届くように設置できるのは嬉しいデザイン。大きなバスケットの中には菜箸やカトラリーを仕分けして分別設置できる仕切りが付いていますし、水が流れるスリットは排水の他にお皿を整頓して立てることが出来ます。

水止栓をすれば水を貯めて布巾の除菌や、食器のつけ置き、野菜の水洗い桶としても利用できるので様々な使い方が出来る大型バスケットです。カラーもホワイトとレッド、グリーンの3種類から選ぶことができるのでご自宅のキッチンのテイストに合わせてカラーを選べるのも嬉しいポイントです。

スリムタイプでおすすめの水切りラック

hanauta(ハナウタ)-ディッシュドレイナー(15,120円)

まるでキッチンアクセサリ―のようなデザイン性が魅力

毎日の定番の物をすっきり収納できるスリムタイプの水切りラックです。細かな点ですが、お皿を洗う時に洗い終えた食器を効率よくどのように並べるかを考えながら食器を洗っていませんか?この水切りラックはたてよこウェーブデザインで縦にも横にもお皿が立つので考えなくてもよい食器洗いが実現します。

また、カトラリーラックは底部分が取り外して丸洗い可能なのも嬉しい。手を突っ込んで底まで洗う必要がありません。一つ一つ丁寧に職人が造り上げるので加工時に生じた突起や曲線もすべて丸く整えています。そのおかげでお手入れしやすく見た目が細部まで美しい水きりラックなのでキッチンを美しく飾ってくれるでしょう。

RACK TOWN-シンク上 水切りラック(7,680円)

シンクの上を無駄なく使えるスリムタイプ

白くてスマートなデザインがおしゃれ、重いものを乗せても割と頑丈なのが良い、との口コミ評価も上場のこちらの水切りラックは、限りあるキッチンスペースの空間を有効利用して無駄なく使えるラックです。シンク上に設置できるのですぐ手が届く範囲に食器をしまうことができます。

60.5cmから105cmと横に伸縮して設置できるので、ご自宅のシンクに合わせてピッタリのサイズに設置できるのも嬉しい。付属品のまな板ホルダーや包丁立てを組み合わせればキッチンの食器や調理器具の仕分けも片付けもストレスフリーで済ませられます。この横長デザインなら、食器が埋もれて取り出しにくいこともありません。

SARASA-ディッシュラック 基本セット(7,031円)

洗ったらすぐ置けて水切りできるのが嬉しいシンク内設置タイプ

サイドのフック部分は伸縮するので幅380cmから590cmまでのシンクではシンク内での設置が可能です。設置する際にはシリコンの滑り止めがキッチンを傷つけずに設置可能でお鍋など重たいものを入れても傷つけない耐荷重があります。

調理中は食器を片付けて置けば野菜ホルダーとして使いたい野菜をひとまとめに入れて置くことができますし、食事後は洗ったものをそのまま入れて水切りできるなど用途を変えて使用できるのも嬉しいポイント。18-8ステンレスを使っているので耐久性が高いのと全パーツ解体可能なので必要なならば全部まとめて漂白できるのも主婦には嬉しいポイントになっています。

二段でおすすめの水切りラック

川口工器-シンク に 渡せる 水切りラック 2段(11,910円)

スタイリッシュな2段造りでたっぷり大容量な水切りラック

シンクサイドがなくても大丈夫なシンクを渡して設置できる水切りラックです。シンクを渡して設置すればシンク横のデッドスペースに置けて調理スペースを邪魔することなく使用できるのも便利。フライパンや大きなお皿も倒れず収納できる仕切りが2個付きです。

水切りラックをいちいち取り出す手間は不要な水切りトレーは、水滴を中央に集めてシンクに向かって傾斜しているので水を集めて流れる仕組み。高機能なのに収納力はたっぷり。なんと総耐荷重は30㎏とたっぷり食器や調理器具を水切りすることが出来ます。

パール金属-水切りかご(2,646円)

低価格で容量いっぱいの水きりラックが欲しいならこれ!

大容量に水切りできるラックが欲しいけど予算はそんなにかけたくないという人におすすめのこちらの水切りラックは、下段には高さがあるので高さがあるグラスも問題なく水切りできます。ラックのバック部分は大きめの仕切りワイヤーになっているのでお皿もしっかりハマることが出来て2段部分でも安定してお皿を立てかけられるので安心。

キッチンがあまり広くなく必要なものは1か所にまとめたいという人には特におすすめ。カトラリーやまな板も収納できるスペースが両サイドにあるので、よく使う食器もカトラリーも調理道具もひとまとめに整理整頓できます。

ディノス-オールステンレス水切りカゴ 2段タイプ(15,012円)

狭い場所でもたっぷり置ける洗い物の量に合わせて伸縮可能

17cm幅に置くことのできる水切りラックは狭い場所にも置けて便利。従来商品よりも改良を重ねてスライド部分の間隔を狭くして小皿や豆皿も落ちにくいようになっています。大きめの鍋や大皿も出し入れしやすいように手前側を低くして奥を深く改良するなど取り出しやすさもアップ。

緩やかなV状のグラスホルダーは深めのガラスコップもしっかり水切りできますし、3本使えばまな板を立てかけることも可能。S字フックもついているのでピーラーや茶こしなど吊るして乾燥できます。狭い空間を有効活用できるように、伸長部分をシンクに渡して、直接シンク上で水切りが出来るような設計も使い手のことを考えた優しい気遣いにあふれています。

折りたたみ式でおすすめの水切りラック

山崎実業-折り畳み水切りラック(2,600円)

使いたいときだけサッと出し入れできる

シンクの奥行54cm以下に対応する折り畳み式水切りラックです。広げた時にはシンプルかつスタイリッシュなデザインですし、使わない時にはくるっと巻いてどこでも収納可能なのでとても便利。使いたい時にサッと取り出せシンクスペースを有効活用できるのが嬉しいですね。

キャップとワイヤーが取り外すことが出来るので、狭いシンクでも水道蛇口を避けて設置すればシンク内にすっぽり収まることが出来ます。ちょうどいい空き幅なので小皿を立てて乾かしたり布巾をかけて乾かすことも可能ですので、シンク部分も水切りスペースにするという驚きの使い方が可能です。

IKEA-KVOT水切りかご(1,290円)

シンプルでどんなキッチンにもかっこよく決まる折りたたみ式ラック

キッチンの作業スペースが限られていたり、シンク上にスペースがない人などは折りたたみ式が欠かせません。北欧ならではの洗練されたスタイリッシュなデザインはさすがIKEA。どんなテイストのキッチンにも馴染み安いX型のデザインでキッチンにおしゃれに設置できます。

空いたスペースを活用したい、お客さんが増えた時にサッと取り出したいという主婦の方や、キッチンの作業スペースはないけど食器をいちいち拭き上げずに立てて水切りしたいという独身暮らしの人どんなタイプの人にも用途に合わせて使っていただけます。サブ用として購入しやすい値段設定も嬉しいポイント。

突っ張り式でおすすめの水切りラック

RACK TOWN-流れる 突っ張り 水切りラック (9,980円)

優しい曲線のデザインが空間を柔らかくしてくれるデザイン性

設置する場所の高さが左右違ってもそれぞれの高さに合わせて設置できるのが、収納スペースの限られたキッチンでも大活躍。70cmから110cmの高さに対応します。本体に加え、付属オプションを付け加えればさらに大容量に使えます。水切りラックも2段たっぷりついていますし、付属のボールチェーンが水切りトレーに溜まった水をチェーンをつたって流れ落ちる仕組みなので清潔に保てます。

また、ポール部分もキッチンの壁と上までの空間を利用できるので調味料ボックスや小物などを置けるのも便利です。使われている素材は錆に強い丈夫なステンレス製なので、水撥ねやキッチンで起こる汚れも簡単に拭き取れます。

YWH-頑丈突っ張り水切りラック(23,990円)

生活感が出るキッチンでも美しく佇むデザイン性と機能性にこだわった水切りラック

水切りラックにも機能性に加えてデザイン性を、キッチンのインテリアにもこだわりたいという方に特におすすめの突っ張り式キッチンラックはまるで備え付けのラックのような美しいたたずまいが自慢です。水切りワイヤーは頑丈ながら重厚感が出るように3㎜の太めデザインで美しいフォルムを演出します。

奥行きがあるので26cmの大皿も余裕で置くことが出来る大型サイズでありながら、バスケットの手前の高さを低めに設定しているので置いたものの出し入れがしやすいのも使い手のことを考えた設計だからこそ。たっぷり入るのに圧迫感がないデザイン性が特徴です。

まとめ

スペースに合わせたものや家事を楽にするタイプがおすすめ

水切りラックにはデザイン性を重視するだけでなく、使い手のことを考えた機能的で使いやすい水切りラックが充実しています。キッチンにピッタリ合う水切りラック選びにはデザイン選びだけでなくサイズ選びもとても重要。置きたい場所を計測してピッタリの物を設置するとキッチンがもっと使いやすくスッキリします。今回は、水切りラックについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも長く使えてキッチンにマッチした水切りラックを選んでくださいね。