おしゃれでおすすめのまな板スタンド人気ランキング!【マグネットや吸盤タイプも】

キッチンはどうしても物が溢れがちですよね。まな板の置き場所に困っていませんか?家族が多いと食器なども増え、スペースを取りがちなまな板の収納に困ってはいないでしょうか。そんな方におすすめしたいのがまな板スタンドです。まな板スタンドを使用することにより、省スペースでまな板を収納することが可能。単に便利なだけでなく、包丁なども一緒に置くことができるものもありますよ。今回はそんなまな板スタンドの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。キッチンスペースを有効活用したい方は、是非この記事を参考にしてみて下さいね。




まな板スタンドの特徴

キッチンのスペースを取りがちなまな板を効率的に収納

まな板はキッチン用品の中でも一番と言っていいほどサイズが大きく、キッチンスペースを取ってしまうもの。立てかけておこうにも倒れると危なかったり、何かと収納に困りますよね。そこでまな板スタンドの出番です。まな板を立てかけておけるものや、キッチンのデッドスペースを有効活用するものなど、機能的なまな板スタンドが多く販売されています。

水受けトレイ付きのまな板スタンドも

水洗いしたまな板を立てかけておくと、水滴が垂れてしまいますよね。そんな時は受け皿が付いたまな板スタンドを使いましょう。立てかける部分の下に受け皿が付いており、キッチンが水浸しになることを防いでくれます。乾燥させてからまな板を立てかけるのは少々面倒臭いもの。水受けがあれば乾燥と収納が一緒にできて一石二鳥です。

まな板スタンドの種類

自立式タイプ(種類やデザインも豊富なまな板スタンドの定番)

まな板スタンドの定番とも言えるのが自立式です。まな板を縦に立てかけることができ、キッチンの場所を取りません。また扉の中に隠さずにまな板を出しておけるため、使いたい時にさっと取り出せることもポイント。水回りで使うものだけに、錆びにくいステンレス製がラインナップの大半を占めています。

自立式で重視したいのが安定性。重量があるまな板を立てかけておくためには、それなりの強度が必要。ぐらつかない安定したまな板スタンドを選ぶようにしましょう。また自立式のまな板スタンドは包丁も一緒に立てかけられるものや、布巾をかけておけるものも。実は機能的なキッチンアイテムであることもまな板スタンドの魅力です。

吊るすタイプ(キッチンのデッドスペースを有効活用)

収納棚が張り出しているタイプのキッチンの方におすすめ。収納棚の下というデッドスペースを有効活用できます。キッチンツールや食材で溢れがちな作業台のスペースを全く取らずにまな板が収納可能。キッチンが狭い1人暮らしの方におすすめです。

シンク回りは水が飛び散る可能性もありますが、シンクの上部に吊り下げておくタイプであればその心配もなし。まな板を横にして置いておける構造のため通気性もバッチリ。早く乾かすことができますよ。

水切りかごタイプ(キッチン周りをすっきり見せてくれる)

水切りかごに包丁スタンドが付いているものもあります。洗い物をしたあとに他のキッチン用品と一緒に入れておくことができるのは嬉しいですよね。更に通気性に優れた構造になっているため衛生的。水気の多いシンク回りでも早く乾かすことができます。

水切りポケットが付いているものも多いことが特徴。お皿やお箸など様々なキッチンツールを立てかけておくものだけに、安定性も抜群です。キッチン周りをきれいにしておくコンパクトなものが多いため、1人暮らしの方には特におすすめです。

吸盤タイプ(シンク回りで場所を取らずに使うことができる)

シンクの壁面にぴたっと取り付けることができます。水気が多い場所でも吸盤はしっかり接着できるため、シンク回りで使ってもしっかり威力を発揮。シンクの側面というデッドスペースを有効活用できますよ。

壁掛けのように利用できるため、使い終わったまな板を立てかけておくだけと収納も簡単。シンクの壁面で使うもののため、そのまま水切りもできることがポイントです。吸盤タイプであるため、接地面を傷つけない構造であることも特徴です。

マグネット式タイプ(キッチンの壁面を有効活用できる)

キッチンの壁に磁石が付くならマグネットタイプがおすすめ。フックタイプならば最大12kgのまな板を吊るすことができる強力なものもあります。キッチンの壁は意外に使われていないことが多いもの。マグネットタイプはかさばらない構造になっているため、キッチンの壁を有効に活用することができます。

磁石が付けばキッチンラックにも使用できます。扉の裏面に付けておけばデッドスペースの有効活用にも。場所を取ってしまうまな板はできれば隠しておきたいと思う方も多いですよね。マグネットタイプであれば貴重なスペースを奪わずにまな板を収納できるため、あまりキッチンが大きくない方におすすめです。

まな板スタンドの選び方

水回りでも衛生的で丈夫な素材で選ぶ

錆びにくいステンレス素材がおすすめ

まな板スタンドは濡れた状態のまな板を立てかけておくもののため、水けに強い素材が求められます。ステンレス素材は錆びにとても強いことが特徴。料理を頻繁にする方であれば、まな板はその都度必ず使うと言っても過言ではありません。ステンレス素材であればきれいな状態で長く使い続けることができますよ。

水はけ抜群の珪藻土タイプ

キッチン小物の中でもその表面積の広いまな板は、乾かすのも一苦労ですよね。また水受けが付いていないまな板スタンドだと、水浸しになる可能性も拭い切れません。そこで使用を考えたいのが珪藻土のまな板スタンドです。水はけが非常に良い素材のため、効率的に水分を吸収。まな板を常に清潔な状態を保てるのでおすすめですよ。

キッチンスペースや収納力を考えてサイズを選ぶ

場所を取らないスリム型がおすすめ

キッチン周りをスッキリさせたい方は、スリムタイプのまな板スタンドを使いましょう。まな板以外を一緒に収納するには幅が狭いですが、およそ2.3cm以下のまな板1枚は楽々と立てかけておくことができます。またシンプルな構造のためまな板スタンド自体を洗う時も簡単。何かと雑然としがちなシンク回りをきれいに保つことができますよ。

3枚差しなら業務用としても

業務用としてお考えの方は、まな板を複数立てかけられるスタンドがおすすめ。業務用では3枚差しが一般的ですが、中には4枚同時に立てられるまな板スタンドもあります。もちろん2枚差しのスタンドも。扱う食材によって使用するまな板を変える方は、是非一度検討してみましょう。

まな板スタンドのおすすめブランド・メーカー

KEYUCA(ケユカ)

シンプルで飽きのこないデザインが人気

関東を中心に50店舗以上を展開するインテリアの総合ショップ。シンプルさとナチュラルさを追求したそのデザインは飽きがこないと評判です。ケユカが手掛けるまな板スタンドも、そのシンプルさが最大の魅力。デザインのみならず、丈夫なステンレスを使った構造は非常に頑丈な作りになっています。

無印良品

隠れたこだわりが嬉しいインテリア業界のトップメーカー

言わずと知れたインテリア業界のトップメーカー。一見シンプルに見えるインテリアが多いですが、実は使い手の気持ちに立ったこだわりが一杯です。例えばまな板スタンドは底を浮かした構造をしたものが販売されていますが、これは水がたまりにくいようにするため。機能性にも優れた様々なグッズがそのラインナップに並んでいます。

山崎実業

創業60周年を迎えたメーカーでスタイリッシュなデザインが豊富

創業60年を超える歴史あるインテリア雑貨の専門メーカー。老舗ながら変化を恐れない商品開発力が人気の秘密です。towerというブランド名は特に有名ですね。スタイリッシュなデザインと便利さでコアなファンを獲得しています。towerブランドだけで家中の家具を統一できるだけの商品ラインナップを誇っています。

レック

機能性と耐久性に優れたオリジナル商品を次々と生み出す

使い勝手に優れたインテリア小物を中心に扱う家庭用品メーカー。家庭用だけでなく、業務用品の数が多いことでも知られています。その特徴は機能性と耐久性。次々と生み出される商品には、あると嬉しい機能が満載。まな板スタンドはステンレス素材のものが多く、耐サビ性も抜群です。

おすすめ&人気のまな板スタンドランキング

スリムでおすすめのまな板スタンド

tawor(タワー)-カッティングボード&ナイフスタンド(1,728円)

スリムタイプながら包丁を3枚差し込むことができる

シンプルでモダンなデザインで、どんなキッチンにも似合います。メッキ加工が施されているため光沢があり、インテリアとしても映えますよ。まな板は厚み1.4cmまでのものであれば2枚差し込めます。奥行きは12cmとコンパクトな作りのため、キッチン小物が多いご家庭におすすめです。

包丁も差し込むことが可能。刃渡り約20cmまでであれば3本差し込めますよ。刃先もしっかりガードされています。またシンプルな構造ながら本体重量は550g。まな板2枚と包丁3本を収納してもぐらつかい安定さは嬉しいポイントです。

tosca(トスカ)-包丁&まな板スタンド(2,700円)

北欧風のデザイン性に優れたまな板スタンド

北欧風のおしゃれなまな板スタンドです。純白のスチールにウッドのナチュラルさが合わさり、デザイン性に優れています。包丁も入る仕様になっており、刃渡り20cm、厚み3mmまでのものを収納可能。刃先部分はスチールが厚めになっているため、安全性もばっちりです。

まな板は厚み2.5cmまでのものが立てかけられます。包丁部分とは異なり、まな板部分のスチールは細めの構造。風通しを重視していることで、乾かすスピードを速めています。ウッドが映えるおしゃれなデザインのため、キッチンを華やかにしたい方にはうってつけの製品です。

山崎実業ーPlate まな板スタンド プレート ホワイト(1,296円)

狭いキッチンでも邪魔にならないコンパクトサイズ

ホワイトで統一されたシンプルなまな板スタンド。まな板は2枚収納可能で、それぞれ2.5cm、1.5cmのものが立てかけられます。また奥行きは12cmとスリムな作りに。狭いキッチンでも邪魔にならないコンパクトさです。

余計な機能がないスタンドのため、お手入れも簡単。また土台が広く作られているため、下からまな板をしっかり支えてくれます。更に土台には4つのクッションも付いているため、床を傷つける心配もなし。シンプルなまな板スタンドを探している方はまずはこちらを検討してみることをおすすめします。

carre(カレ)ーカッティングボードスタンド(1,404円)

独特の形が特徴の重量感があるまな板スタンド

一見まな板スタンドに見えない独特の形状が特徴。おしゃれなキッチンインテリアとしても最適です。厚さは4cmまでのまな板が収納可能。厚い木製のまな板を使用しているご家庭でも使うことができますよ。

奥行7cm、幅10cmと非常にコンパクト。そのためキッチンの場所を取らずに置いておくことができます。ポリストーン素材で、重量は630gとどっしりとした重さがあり、まな板1枚程度ではびくともしません。また陶器より割れにくい素材である点もポイントです。まな板スタンドとしてだけでなく、調理中の鍋蓋等を置くこともできますよ。

かわいいデザインでおすすめのまな板スタンド

Abeille(アベイユ)ーまな板スタンド ネコ ブラック(1,262円)

流線型のネコのシルエットがかわいいまな板スタンド

四角い直線で形作られたまな板スタンドが多い中、こちらはネコのシルエットが可愛いまな板スタンドです。ゆるやかな曲線で描かれたネコは、使っていないときはインテリアに。雑然としがちなキッチン回りを可愛く演出してくれます。

幅は13cmと、キッチンに置いても邪魔にならない大きさ。まな板は約3.5cmまでは収納可能です。本体の足部分には滑り止めキャップが付いており、安定性もしっかり。キズ防止にもなります。ネコ好きな方はきっと癒されるデザインであり、非常におすすめです。

山崎実業ーまな板&包丁スタンド キリエ(1,836円)

切り絵模様が美しい機能性溢れるまな板スタンド

繊細な切り絵模様が可愛らしいまな板スタンド。キッチンを華やかに彩ってくれます。本体はスチール製で作られており、重さは520gと見た目とは異なり意外にしっかり。そのため可愛らしいまな板スタンドをお探しの方だけでなく、安定感のあるものをお探しの方にもおすすめです。

まな板は厚み1.4cmと2.4cmまでの各1枚が収納可能。包丁も収納できるポケットが付いており、実用性に優れています。包丁は刃渡り20cmのものが入り、フルーツナイフを含めると最大で4本も収納可能。デザイン性と機能性の両面に特化したまな板スタンドになっています。

ヨシカワー包丁・まな板・キッチンバサミスタンド 桜(2,640円)

水受け付きの可愛らしいデザイン

冷たい印象になりがちなステンレスに、可愛い桜の模様が温かみを与えているまな板スタンド。まな板は厚み3.5cmまでのものに対応しています。縦向きに入れるまな板スタンドが多い中、こちらは横向きに入れておけるタイプ。そのため倒れる心配が少なく安心です。

水受けも付いている点も嬉しいところ。お手入れを簡単にしたい方におすすめです。また、包丁やキッチンバサミも収納できる多機能性も人気の秘密。刃先はしっかり覆われているため安全にもしっかり配慮されていますよ。4本の足には滑り止めも付いているなど、細かい気遣いが嬉しいまな板スタンドです。

PELEG DESIGN(ペレグデザイン)-ボードブラザーズカッティングボードスタンド(1,598円)

人形がまな板を持ち上げる面白いキッチンアイテム

人形がまな板を受け止めるという面白い発想のまな板スタンド。キュートな見た目が特徴です。カラーバリエーションはレッド、グリーン、ホワイトの3色。料理好きなお友達へのプレゼントにもおすすめですよ。

手のひらにすっぽり収まるサイズで、場所を全く取りません。最大で厚みが1.3cmまでのまな板1枚が収納可能です。ポリプロピレンという頑丈な素材が使われているため、気になる耐久性もしっかりしています。1個だけ使うとまな板が斜めになり、おしゃれさを演出できるためおすすめです。

珪藻土でおすすめのまな板スタンド

soil(ソイル)-カッティングボードスタンド(6,264円)

機能性抜群の自然素材で作られたまな板スタンド

まな板は水回りの近くに置いておくものだけに菌の繁殖などは気にななるところ。その点、珪藻土は菌の繁殖やカビの発生を事前に防いでくれるため衛生的。また自立的に吸湿を行う素材のため吸湿性にも優れており、消臭性にも富んでいる機能性抜群の素材です。

厚み2cmまでのまな板を1本収納可能。幅、奥行き、高さが全て9cmとコンパクトな立方体をしています。優しい色合いも天然素材だからこそ。お値段は通常のまな板スタンドの2倍以上してしまいますが、デザイン性のみならず機能も抜群のため、一度検討してみることを強くおすすめします。

吸盤タイプでおすすめのまな板スタンド

山崎実業ー吸盤まな板スタンド ホワイト(1,296円)

簡単にぴたっと張り付く手軽さが人気

シンクの内側壁面というデッドスペースを有効活用できます。撥水機能を備えた吸盤は水切れもよく、簡単にぴたっと張り付きます。奥行きは12cmとスリムなため、シンクに洗い物があっても場所を取りません。1人暮らしなどキッチンスペースが狭い方に特におすすめです。

まな板は2枚差すことができます。耐重量は3kgのため重いまな板2枚だと厳しいですが、1枚はプラスチックの軽いまな板であれば2枚でも大丈夫です。またこちらの商品は自立式でも使用可能。接地面を傷つけない構造になっているなど、シンプルながら考えられた作りになっています。

貝印ーまな板スタンド壁面タイプ(1,121円)

通気性に優れた丈夫なまな板スタンド

大きな吸盤が付いており、壁面への接着性は抜群です。一般のまな板スタンドは2cmから2.5cmのまな板が立てられますが、こちらは3c,mのまな板も差せます。そのため木製の分厚いまな板も差し込み可能。4本の足だけでなく吸盤も付いているため、安定性も申し分ありません。

壁に貼ることが可能で下からの空気にも触れるため、通気性にも優れています。また足には滑り止めのゴムも。キッチンが狭い方や壁がタイル素材などで吸盤を貼り付けられる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

マグネット式でおすすめのまな板スタンド

タカラスタンダードーまな板立て システムマグネット収納(1,674円)

楽々取り付けることができる省スペースまな板スタンド

シンク回りはどうしても湿気がたまってしまうため、その近くにまな板を置くことを好ましく思わない方もいるかと思います。その点こちらのまな板スタンドは磁石で付けるタイプのため、例えば冷蔵庫などにもまな板をかけておくことも可能。最大荷重は1.5kgのため、市販のまな板をしっかり支えてくれますよ。

磁石で付けるだけのため、取り外しも簡単。いつでも好きな場所に貼り付けることができます。また奥行きは75mmと通常のまな板スタンドと比べて非常に浅いことも特徴。そのため狭いキッチンでも場所を取りません。収納スペースがなかなか確保できない方におすすめです。

タカラスタンダードーマグネット収納 かくせるラック(3,348円)

キッチンラックの裏に隠す収納ができる

金属がベースの素材で作られたマグネットのため、かなり接着性は高くなっています。一度付けると離すことがなかなか難しいくらい強力なマグネットのため、重たいまな板を立てかけてもびくともしません。安定性に優れたまな板ラックをお探しの方に特におすすめです。

キッチンラックの扉の裏にすっぽり収まるサイズのため、収納も簡単。キッチン回りをスッキリさせておきたい方向けに、隠す収納として作られています。本体の真ん中には横にバーもついているなど、まな板の転倒防止策もしっかり。見た目のシンプルさからは想像のできない強力さが魅力的なまな板ラックです。

まとめ

他のキッチン用品を一緒に収納できるまな板スタンドがおすすめ

まな板スタンドを購入する上でこだわりたい一番のポイントは機能性。機能性に優れているということは収納力が高いということであり、キッチン用品の収納に大いに役立ちます。特に包丁やキッチンばさみも一緒に収納できる製品に関しては、単にまな板だけを収納するよりもコストパフォーマンスに優れています。今回はまな板スタンドについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんもお気に入りのまな板スタンドを見つけて下さいね。