気持ちいいおすすめの腰枕人気ランキング!【猫背や反り腰に】

寝ることで疲れた体を休めることができますが、寝具が体に合わないと、起きた時にすっきりしない、体が痛いといった悪影響を及ぼすことも。腰が痛くなるという人は、腰とマットレスの隙間を埋める腰枕が効果的。腰とマットレスの間にタオルを挟んで応急処置をする人もいますが、寝ている間に形が崩れてしまいがち。朝まで効果を継続できないと、困っている人にもおすすめです。ここでは腰枕の効果や選び方、おすすめの商品などをご紹介します。




腰枕とは?

腰痛対策になる腰に当てる枕

朝起きた時に、腰が痛くて辛いという人もいますよね。これは姿勢の悪さや、寝具が体に合っていないなどの理由で引き起こされていることが原因かもしれません。そんな時、自然な寝姿勢を保つために腰枕を利用すると、腰痛を軽減させる効果も得られます。

腰枕の効果

腰とマットレスの間の隙間を埋めて身体への負担を軽減する

腰枕は名前の通り、腰用の枕です。背骨はまっすぐではなく、S字にカーブしています。そのため仰向けに寝た時に、腰部分は浮く状態となります。寝ているときに腰が浮いていると、背中に緊張状態が続き腰痛の原因にもなります。腰痛がひどくて眠れない時には、腰枕を当てて隙間を埋めると、身体の負担を軽減でき安眠にもつながります。

寝返りを打っても体圧分散性の高い理想の寝姿勢をキープできる

腰枕は、寝返りを打っても効果が発揮できるよう横幅が長い物や、ベルトのように体に巻き付けて使用するタイプなど、形状が工夫されています。寝返りは、良い睡眠を得るためにも必要です。仰向けでも横向きでも体圧分散されるので、体の痛みが辛い人にもおすすめです。

腰枕の種類

敷くタイプ(寝返りしてもフィット)

腰枕にはタイプがいくつかあり、好みによって選ぶと快適な睡眠を得ることができます。マットレスや布団の上に敷いて使うタイプは、種類も豊富なスタンダードタイプ。厚さや固さを自分の体形や姿勢に合わせて、最適なものを選びやすいタイプです。

マットレスにただ置くだけなので、寝る前の準備も簡単で無理なく毎日使い続けられます。腰だけでなく足に挟んだり、膝裏に置いたりと、体形に合わせて移動させて使うことも可能。横に長いロングタイプなら左右に寝返りしても腰の浮きがなく、寝返りを無理なくおこなえます。

巻くタイプ(動いてもずれない)

腰枕にはコルセットのように、腰にマジックテープで巻き付けるタイプもあります。パジャマの上から巻き付けるので手軽。マジックテープなので夏の薄いパジャマでも、厚手の冬のパジャマでも、最適なサイズに調節できます。コンパクトさを活かして旅行や出張にも手軽に持っていくことができますよ。

寝相が悪い人でもマジックテープを外さない限りずれないので、朝までしっかり腰をサポートします。パッドを取りはずせるものなら厚みを変えられるので、体形や姿勢に合わせて使えます。洗えるタイプならいつでも清潔に保つことがき、気持ちよく使えますね。

椅子用(オフィスなどでも使える)

寝る時だけでなく、座る時にも腰をサポートできる腰枕があります。座った時に背もたれと背中の間に空間があると、自然に猫背になりがちです。猫背になると肩こりや腰痛になる可能性も高くなるので、デスクワークの人は腰を包む腰枕を使用するのがおすすめ。姿勢を整え、体の負担も少なくできます。

椅子用の腰枕には、腰だけでなく背中全体をサポートできるものも販売しています。木の背もたれでも、背中をサポートする椅子用の腰枕を使用することで、背中全体が体にフィット。長時間座っていても疲れにくく、リラックス姿勢を持続できます。

腰枕の選び方

マットレスの種類で選ぶ

沈み過ぎるなら身体をしっかり支える高反発の腰枕

マットレスはさまざまな硬さがありますよね。柔らか過ぎるマットレスを使っていると安定感がなく、腰やお尻が沈み過ぎてしまいます。不自然な寝姿勢を続けると、腰痛や肩こりの原因にも。お尻や腰が沈んでしまう場合には、高反発などの硬めの腰枕を取り入れるのがおすすめ。姿勢が安定し寝返りがうちやすくなり、寝苦しさからも解放されます。

腰が浮くなら身体のラインにフィットする低反発の腰枕がおすすめ

マットレスが硬過ぎて、寝た時に腰との空間ができてしまう場合は、血行が悪くなったり、体が痛くなったりと不調の原因にもなってしまいます。寝ている間に十分に体を休めたいなら、低反発などの柔らかい腰枕を選ぶといいでしょう。腰とマットレスの隙間にフィットして、しっかり埋めてくれるので体の負担を軽減してくれます。

姿勢のタイプで選ぶ

反り腰の人は腰のくぼんでいる場所にセットして浮いた腰をサポート

生活習慣などで、姿勢が乱れてしまう人は多くいます。壁にかかとと背中をつけて立った時、壁と腰の間の隙間が大きく、お腹が出ている姿勢の場合は反り腰です。反り腰の人は、仰向けで寝ると腰が浮いてしまうので、寝ている間も背中に余計な力が入ってリラックスできません。寝た時に背骨が、自然なS字カーブを描くことができる腰枕を選びましょう。

猫背の人にはどの寝姿勢も楽な腰枕で腰をリラックス

猫背は背中が丸まり、肩も前に出るので腰痛や肩こりの起こりやすい姿勢です。スマホを操作したり、机と椅子の高さが合っていなかったりするとなりやすいので、日頃から姿勢を正すように気を付けたいですね。猫背は寝ているときも、丸まって寝る方が楽なのですが、体に負担が掛からない仰向けで寝られるように、自分の体形に合った厚さの腰枕を利用することが大切。自然と体への負担の少ない寝姿勢が手に入るよう工夫しましょう。

季節に合わせて選ぶ

腰の寒さが気になるなら毛布素材など発熱効果のある腰枕がおすすめ

腰枕は形状だけでなく、素材にもこだわるとより快適に使えます。冬の時期や、肌寒い時期は、布団に入ってからも腰周りの冷えが気になって眠れないという人もいますよね。そんな人には、腰枕の表生地が、毛布素材でできている腰枕がおすすめ。体から放出した熱を利用して温めてくれますよ。肌触りが良いので、思わず触りたくなってしまいます。

夏場の蒸れが気になるなら通気性の良いメッシュ素材が最適

夏は、汗ばんで蒸れることで不快指数がアップ。サラサラの肌触りが好まれます。メッシュ素材の腰枕なら通気性がいいので、汗をため込まず外に発散してくれますよ。洗えるものなら汗をかいたあとも清潔に保て、臭いや汚れをため込まずに使えます。表生地だけ洗えるのか、中材まで洗えるのか、購入前に確認しておくと、洗濯の失敗をせずに長期間使えますよ。

使うシチュエーションに合わせて選ぶ

妊婦さんには中材がパイプやビーズなどの高さ調節が可能なタイプがおすすめ

妊娠中は、お腹がどんどん大きくなるので腰にも負担がかかります。お腹の大きさが変化すると、姿勢も変わり、大きくなるほど腰を反る姿勢になりがちです。妊婦さんの腰痛対策にも腰枕は有効です。体形が変わるたびに中身を取り出して高さを調節できる腰枕なら、体形の変化にも柔軟に対応でき、いつでも楽な姿勢をとることができますよ。

夜行バスや機内での旅の移動には持ち運びが簡単なトラベル用の腰枕

長距離の乗り物移動では、座る姿勢で長時間過ごさなければいけませんよね。悪い姿勢で長時間いると、腰に負担がかかります。また、同じ姿勢により血行が悪くなるのも腰の痛みの原因となります。コンパクトサイズの腰枕なら、カバンに入れて持ち運べます。腰と椅子の背もたれの間に入れて使用することで、姿勢が無理なく正され痛みを軽減する効果を実感できますよ。

腰枕のおすすめブランド・メーカー

西川リビング

老舗の寝具専門店

創業400年以上を誇る日本の寝具専門店。季節に合わせた素材の寝具や、キャラクターとのコラボアイテムなど大人から子供まで、1年中快適に使える寝具を数多く商品化しています。地球環境の問題にも取り組み、人と地球に優しい商品を作るため商品開発に取り組んでいます。

王様シリーズ

極上の感触の枕を開発

秋田県の工場で製造される、新感覚の枕や腰掛けなどを販売しています。極症ビーズとポリエステル綿を絶妙な比率で配合し、弾力性と柔軟性の高い商品が特徴。サポートしたい場所に合わせられる、多彩なラインナップが魅力です。

ボディドクター

独自の寝心地を追求

日本で初めて天然発泡ゴムのマットレスを紹介したメーカー。使用しているラテックス素材は、最高品質のヘビアブラジリエンスの樹液の不純物を取り除いた100%天然物。人体の皮膚硬度に近い状態に発砲しているため人体との相性が良く、安眠をもたらせます。

テンピュール

唯一のNASA公認マットレス・ピローブランド

NASA(米国航空宇宙局)が開発した素材テンピュールは、最高の睡眠のためのマットレスとピローのブランドです。素材の特許技術を知るのは少数の科学者だけで、生産施設も特定の生産施設だけというこだわり。多くの研究開発投資をおこない、日々研究開発を実施しています。

おすすめ&人気の腰枕ランキング

猫背や反り腰におすすめの腰枕

王様シリーズ-王様の腰枕(3,780円)

姿勢に応じて優しくフィット

楕円形のこちらの腰枕は、伸縮性のあるカバーの中に、マイクロビーズと綿を混合させた流動性の高い素材を採用。腰を乗せるとふんわりフィット。寝返りをうった時も腰の形状に合わせて柔軟に動くので、常に腰を包み込みながらサポートします。起きる時に腰が重いと感じる人におすすめです。

シンプルに見えて、腰に快適な枕としてのこだわりが満載です。中央部は硬めにすることで腰をしっかり支えます。サイド部分は体を横にしたときに、中の素材が体に合わせて動きやすい形状になっています。上下は斜めに仕切りを付けることで、中の素材がほど良く動くように設計されています。

オーシン-ファインエアー(4,480円)

中材の組み合わせで高さ調整可能

メッシュ素材のカバーで、中の素材にはマットレスにも使われているエアーラッセルを使用しています。高反発性と通気性が高く、クッション性にも優れているので底つき感がないのが特徴。10年間使って毎日20回寝返りをうっても、厚さが変わらない耐久性の高さで長い期間愛用できます。

固めのマットレスで使用すれば腰とマットレスの隙間を埋めてくれ、柔らかいマットレスで使えば沈んだ腰を持ち上げてくれます。体に合わないマットレスで悩んでいる人にもおすすめ。正常な背骨のS字カーブを促し、腰に負担の少ない姿勢を自然に作り出してくれますよ。

西川リビング-スキマクラ(2,149円)

ストレッチカバーが心地良い

寝具メーカーの西川リビングと、オーダーメイド枕のじぶんまくらが共同開発したこちらの腰枕は、山型のウレタン素材を中材に使用。もっちりとした感触で腰にフィット。隙間を埋めることで体の一部にかかりやすい体圧を分散させ、無理なくリラックスできます。寝具が合わずに安眠できないという人にもおすすめ。

幅が約70㎝とロングタイプ。仰向けで寝る時はもちろん、寝返りをどちらにうっても腰の隙間を埋めてくれます。タグには上下を間違えないように肩側、足側と書いてあるので間違える心配がありません。睡眠に関しての知識豊富な日本のメーカーが発売しているので、安心感も高い商品です。

テンピュール-ベッドバックサポーター(11,340円)

世界60か国で愛用される素材を使用

NASAが開発した低反発素材のテンピュールを使った腰枕です。腰から背中にかけてなだらかな傾斜により、仰向けで寝た時の隙間を埋めて腰痛を緩和することが期待できます。新しくベッドを変えたら腰が痛くなったという時にも、応急処置として利用すればすぐに効果を得られるかもしれません。

幅が69㎝とゆとりがあるので、体格の良い人にもおすすめ。テンピュールの箱入りなので、腰痛で悩む人や妊婦さんなどにプレゼントとして送るのもおすすめ。グレーの色合いが、高級感のある落ち着いたカラー。汚れが目立たないのも嬉しいですね。

眠り製作所-ここにも枕(1,944円)

中材の出し入れで厚さ調節可能

通気性の良い多機能腰枕をお探しならこちらがおすすめ。表地に通気性の良い立体メッシュを採用。クッション性の良さも加わり底つき感なく、心地良さを感じられます。中材には、ナチュラルパイプを使用。こちらも通気性の良さは抜群。蒸れる暑い季節にも最適です。

4本の紐がついており、椅子の背もたれに固定すれば、ずれずに安定します。縦長になるようにカーシートの背もたれに使用することも可能。また、寝る時には縦、横どちら向きでも体形に合わせて使用できます。丸めればひざ下に入れて足を高くできるので、疲れた足にも効果的です。

旅行におすすめの腰枕

サカイ-ブレスエアー(1,499円)

丁寧に手作業で縫製

こちらの腰枕は、長さ約50㎝、幅約12㎝とスリムサイズ。旅行用のボストンバックにも入ります。旅行中の普段と違う寝具でも、次の日体の痛みを感じずに快適な睡眠を期待できます。表生地には軽量のシルティナを採用。さらっとした肌触りで綿ほこりが立ちにくいので、寝具にぴったりです。

中材には、三次元スプリング構造のパラレーヴが使われています。適度なクッション性がありながら、高弾発性を保つので体圧分散性にも優れています。汚れた時には丸洗いも可能。乾きやすい生地なので、天気が良ければその日のうちに乾き、お手入れも簡単です。

ララフェスタ-巻く腰まくら(4,104円)

優しい素材で安定のサポート力

腰に巻くタイプのこちらの腰枕は、肌に触れてもチクチクしないフィットテープで固定します。肌に優しいコットン素材なので、パジャマの上からはもちろん、直巻きしても大丈夫です。仰向けから横向きに寝返りをうってもずれることなく、ウレタンフォームが隙間を埋めてくれます。

男女兼用のロングタイプなので、ウェストのサイズが異なる人でも最適な状態で巻けます。冬はじんわり温かく、夏はさらさらの付け心地で、季節関係なく1年中快適に使えます。持ち運ぶ時には、丸めてコンパクトにまとめられるので邪魔になりません。

まくらのキタムラ-ジムナストミニ(2,700円)

アイデア次第でどこでも快適に

自然な寝返りを助ける枕、ジムナストプラスシリーズの腰枕です。長さ33㎝、幅14㎝とアイマスクより少し大きいサイズなので、バックにも難なく入ります。表生地には立体メッシュ構造を使用。通気性が良く蒸れにくい素材で、腰枕以外でもデスクワークの手首置きや、首のサポートに重宝します。

中材には、低反発のような使い心地のエラストマーパイプを搭載しています。低反発素材と異なるのは丸洗いできること。表生地と分ければ手洗いができるので、肌に触れるものをいつでも清潔に保ちたい人にもおすすめ。

椅子用でおすすめの腰枕

Fam Style-エアークッション(2,480円)

空気の力で腰をサポート

こちらの腰枕は、体形や椅子に合わせてエアーポンプで空気を自分で注入して使うアイテム。空気を入れていない時には折りたたんで持ち運ぶことも可能。ポンプはホースでつながっているので、背中に装着しながら空気の微調節が簡単にできます。椅子の背もたれが、自分の体形に合っていないと悩んでいる人にもおすすめ。

ポンプには空気を入れるだけでなく、空気を抜くエアリリースバブルも付いているので空気を入れすぎても簡単に調節できます。クッションの背面には椅子に固定するベルトが付いています。長さ調節も可能なので、さまざまなタイプの椅子に対応しています。

ボディドクター-バックアップ(4,212円)

自然の力による抗菌性を備える

ボディドクターで使われている素材は、天然のラテックスフォーム。こちらの腰枕にも使われています。均等な比率で沈む正反発性を持ち、座った時の重心の偏りなく理想の体圧分散効果を発揮します。デスクワークや長時間のドライブにもおすすめ。

ボディドクターの100%ラテックス素材は、厳選されたゴム樹液を使い、厳しい品質管理の元丁寧に作られています。防腐剤で人体への影響も心配されるホルムアルデヒドの使用を規制しているので安心。天然素材のため、廃棄しても土に還る地球にも優しいアイテムです。

昭和西川-美睡眠(1,609円)

コロンとした形状に癒し効果も

サイドの部分が高くなっている独特の形状のこちらの腰枕は、座った状態で腰と背もたれに挟むと、隙間がなくなり腰の緊張感をほぐしてくれます。サイドが高いことで、包まれる安心感と安定感も実感できますよ。自然と背筋も伸び、腰痛緩和にも役立ちます。

表生地は思わず触りたくなるようなふわっと柔らかい生地を採用。体に優しくフィットし、リラックスできます。口コミも高評価で、柔らか過ぎず硬すぎずのほど良さが人気のようです。オフィスや、自宅でのリラックスタイムにとリピーターも多い商品です。

IKSTAR-ランバーサポート(4,666円)

自然と正しい姿勢に

腰から背中にかけてサポートするこちらの商品は、独自の立体構造を搭載。椅子の背もたれに置くことで、自然な背骨のS字カーブをキープできます。背中には、7つの指圧突起が付いており、もたれながら心地良く刺激するので、固まりがちな背中をストレッチしてくれます。

カバーはメッシュ素材でできており、通気性抜群。取り外せばカバーのみ洗濯可能なので、衛生的に使えます。椅子に取り付ける長さ調節可能なバンドが付いているので、立ち上がった時にずれず、位置を直す煩わしさもありません。腰や背中が痛いと感じている人、座り姿勢の悪さが気になる人などにおすすめです。

まとめ

無理のない寝姿勢になれる腰枕がおすすめ

腰枕は種類があり、背骨が正しいS字カーブになる商品を使うことで効果を発揮できます。口コミも大事ですが、一番重要なのは自分の姿勢や体形に合っているかということ。ぜひ自分の姿勢に適した腰枕を選び、腰痛で悩むことない寝姿勢を手に入れましょう。