おしゃれでおすすめのワークチェア人気ランキング!【クエトやコルテスも】

フリーランスの方は自宅で仕事することが多いですよね。普通のダイニングチェアでも仕事は出来ますが、やはり長時間の作業を続けると腰痛や疲れを感じやすいのではないでしょうか?オフィスワークの人も、毎日のパソコン作業や帳簿管理など一定の姿勢で作業を行う人にはワークチェアがおすすめです。ワークチェアはデスクワークを長時間行う人向けに設計されているものですので、疲れや体の痛みを起こさないような姿勢を保つことが出来ます。この記事では、おすすめのワークチェアの選び方、各ブランドが販売している商品特徴をリーズナブルな価格のものからデザイン性、機能性の高いものまで解説。デスクワークを自宅で行う人、会社のワークチェアを買い替えたいと思っておられる方はぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。



ワークチェアの特徴

長時間座っても疲れない設計で腰痛や肩こりを軽減する

長時間机と椅子に座って仕事をする人にとって、疲れにくいワークチェアを選ぶのは重要なのではないでしょうか?特に腰痛や肩こりは、頭痛の原因にもなりひどくなると仕事の効率にも影響が出てきてしまいます。そこでおすすめなのが、腰痛持ちの人のために特別に設計されたワークチェア。人間の体の造りに合わせた椅子の形で、特に腰部分のカーブや耐圧分散サポートのついた特別設計なのがポイントです。これらは、通常のワークチェアよりも腰へのサポートに特に力を入れて設計されています。長時間同じ姿勢で作業しても疲れにくくなっている腰痛サポート付きワークチェアは、腰痛持ちの人に特におすすめです。

前傾姿勢か後傾姿勢かによってタイプが分かれる

あなたが長時間行う仕事の作業は前傾姿勢で行うものですか、それとも後傾姿勢で行うものですか。ノートや帳簿、小説や漫画を書くなど机に水平に置いたものを対象として作業する場合は、前傾姿勢が適しています。一方、パソコンを使った作業は後傾姿勢が適しているでしょう。このように、それぞれのワークスタイルによって快適に過ごせるワークチェアは違うので注意してください。ご自身にとって、前傾姿勢用ワークチェアか後傾姿勢用ワークチェアどちらがいいのか理解しておくだけで、ワークチェア選びはかなり絞り込むことが出来るでしょう。

ワークチェアの種類

ハイバックタイプ(座り心地が良く安心感がある)

ハイバック式のワークチェアは、安価で一般的なワークチェアよりも背もたれが高いことがポイント。450㎝程の背もたれの高さが一般的ですが、ハイバック式は700㎝程の高さがあります。背中を幅広くカバーする高さなので、背面に体を委ねても安定感とカバー感を感じられるので座り心地は抜群です。

座り心地が良く、ゆったり座ることが出来るので仕事中も休憩時もリラックスできるのがハイバック式のワークチェアの特徴。作業中に感じる、少し座ったまま休みたい時にも休憩しやすい設計です。また、肩甲骨から肩まで支えがあるので肩こりを誘発させにくいのもハイバック式のメリットと言えるでしょう。

ローバックタイプ(価格が安く大量に揃えたい時におすすめ)

背面高さが45㎝前後のハイバックよりも背部分が低いものです。学校のパソコン用ワークチェアなどはこちらのタイプが多く使われています。このタイプのメリットは、背面が低いので1つの部屋に多くのワークチェアを置いた時でも圧迫感がないのと、作業者や同業者の視線を遮らない点でしょう。

また、ハイバックに比べて背面が低いことで価格も安価で抑えられます。これは機能性が低いということではなく、あくまでデザインの問題なので基本的な性能はハイバック式と変わりはあまりありません。デザイン上安価で手に入るので、大量購入にはよく選ばれています。

ワークチェアの選び方

座面や背もたれの素材で選ぶ

価格がリーズナブルで一般的なファブリック布地

ファブリックとはわかりやすく言うと布生地の素材のワークチェアのことです。ワークチェアの中では一番オーソドックスな素材ですので、価格も大体安いものでは2000円前後から5000円ほどでリーズナブルに販売されています。ですから、会社や学校など大量購入する際に多く選ばれているタイプの素材でしょう。また、カラーバリエーションも豊富で、布によって風合いや手触りにもバリエーションがあるのも特徴的。リーズナブルさと、バリエーションの豊かさはファブリックチェアを選ぶ時のメリットになっています。

重厚感がありエグゼクティブチェアとして人気なレザー

社長室や会議室にあるような重厚感のある素材のレザーもおうちでのワーキング作業に向いています。エグゼクティブチェアと言われるように高級感がありますが、機能性も申し分ありません。本革は耐久性が高く、時間がたてばたつほど風合いや本革の色合いに変化が表れて重厚感がさらに増していきます。長く使い続けられるワークチェアと言えるでしょう。本革は、価格も3万円以上から20万円超えのものまで値段も高級。合成皮革なら本革のような重厚感がありますが、お手入れは簡単で値段も本革より安価に購入できます。合成皮革でも座り心地も椅子に包まれるように座れるので疲れが軽減されます。

蒸れ防止にはメッシュ素材がおすすめ

メッシュ素材は近年、スタイリッシュなデザイン製と高機能な製品が魅力的と多くの職場や個人用として選ばれています。値段も2万円から3万円が相場で手に入ります。メッシュ製はサラサラした素材なので、通気性に優れており長時間作業でも蒸れにくいのが特徴。暑い日などは、ファブリックやレザー製で感じやすいベタツキ感や、汗の不快感を感じにくいでしょう。メッシュの程よい弾力は体に自然とフィットしやすいですが、体重が重い人は姿勢を維持するのに必要以上の筋力を使用するので逆に疲れることも。また、耐久性も他の素材と比べて低いのも考慮に入れる必要があります。

疲れにくい機能性で選ぶ

可動式アームレストなら肘をデスクの高さに合わせることができる

ひじ掛けは別名アームレストと呼ばれ、腕や肘を添えることでリラックス効果を期待できます。会社でのデスクワーク時や、フリーランスの自宅での作業の中で意外と立ったり座ったりの作業が多い人はアームレスト付きのものを選びましょう。固定式のアームチェアよりも高さ可動式のアームチェアを選べばご自身の肘の高さに合わせて調節出来て便利です。パソコン作業が多い人は、テーブルの天板と同じ高さにアームチェアを合わせることで、キーボード操作やマウスを動かすことが楽に出来ます。腕や肘を浮かせて作業せずに済むのは、肩こりや背中の疲れを軽減させる効果があるでしょう。

長時間作業には足を伸ばせるフットレストがおすすめ

長時間ワークチェアを行う人にとっての体の悩みで多いのが足のむくみや冷えではないでしょうか?長時間足を下げているので、血流が下部にたまってむくみの原因に。そんな悩みを抱えている人は、フットレスト付きのものを選べば脚部を少し上げてリラックス効果を実感できますし、血流が停滞せず流れるのでむくみや足の疲れの軽減につながります。作業効率を上げたい方よりも、チェアにリラックス機能を求めている方におすすめですね。

ロッキングの種類で選ぶ

背もたれが後方に倒れるオーソドックスな背ロッキング

背もたれが後方へ30度から170度程まで倒れるロッキング機能です。低価格ながらロッキング機能のついた製品はこの背ロッキング機能になっています。背面の裏側には調節ネジが付いており、背もたれの堅さを調節することで好みの背もたれの高さになります。デスクチェアに座ったまま手足を伸ばしたり、リラックスしたいならぜひ取り入れたい機能でしょう。作業メインの方ならオーソドックスな背ロッキングで充分満足できます。

背面と座面が独立して動くシンクロロッキングも

機能性が背ロッキングや、ワークチェア全体のロッキングと比べ高いので、高価で機能的なワークチェアに使われている種類です。背もたれと座面がそれぞれ独立して、ご自身の骨格や姿勢に一番ピッタリの高さに調節可能。ロッキング機能の中でも最も快適なワークスタイルを維持してくれるのがシンクロロッキング機能と言えます。自然な体の動きに合わせて背もたれと座面が2対1の割合で同調しながら稼働しますので、体に負担をかけずにリラックス効果を感じられますよ。

ワークチェアのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

おしゃれで機能的な家具が手軽な価格で購入できる通販サイト

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

デザインから生産、発送まで自社工場一貫で行っていますので、高機能のワークチェアも他のブランドより断然安く購入出来ます。おしゃれで機能的なワークチェアが60種類以上から選べて便利。重厚感のあるエグゼクティブ仕様のものから、北欧風で見た目も可愛らしいデザイン性の高いワークチェアまでバリエーションも豊かです。ほとんどすべての商品が送料無料なのも自宅やオフィスに届けてほしい人には嬉しいポイント。

KOKUYO(コクヨ)

オフィス用品と言えば国内代表ブランドKOKUYOが定番

オフィスや学校で使うほぼすべての用具がコクヨで揃います。オフィス用具代表メーカーならではの、使いやすさや機能性を極めた製品造りが特徴です。ワークチェアも学校で使われる安価でオーソドックスの製品から、身体への負担を減らして仕事の効率化に貢献するワークチェアも販売されています。

岡村製作所

人気が衰えない機能と品質が魅力の日本を代表するワークチェアメーカー

ローコストとハイクオリティをミックスさせたシンプルなワークチェアから、近未来的なデザインを融合させた機能性ワークチェアまで仕様は様々。カラー展開も豊富なのでお気に入りが必ず見つかります。特に10万円を超えるアーロンは、座る一人一人の体型や姿勢に合わせて細かく調整が可能なので、長時間使用しても全く疲れを感じさせません。

DOSHISHA(ドウシシャ)

ビジネスマンをサポートする座りやすく使いやすいをモットーにした製品が人気

ファッションアイテムや収納、インテリア商品まで数多くの分野を手掛ける国内メーカ。全身を包み込むホールド感と肉厚クッションが特徴のハイバックチェアーや、蒸れや圧迫感を抑えたメッシュチェアーなど、買い手がこれが欲しいと感じさせる魅力的な商品づくりとデザインが印象的です。

ニトリ

値段以上の製品がタイプ別で揃う、まずは考慮に入れたいおすすめブランド

リーズナブルなものは2000円台から手に入るワークチェアも、機能性は申し分ありません。特にニトリ販売のクエトやコルテスはスタイリッシュで耐圧分散に優れたエラストマーメッシュを使用し、一般家庭でも快適な座り心地を提供できるワークチェアになっています。コルテスは1万円前後、クエトは2万円ほどで店頭または通販で購入可能です。そのほかも、タイプ別に座り心地が快適なワークチェアが見つかります。

おすすめ&人気のワークチェアランキング

PC作業に適したおすすめのワークチェア

LOWYA-パソコンワークチェア(18,990円)

欲しい機能を全部入りした1度座ればくせになるワークチェア

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

長時間のパソコン作業やデスクワークは快適に座り続けられるかがとっても重要。機能が欲しければコストがかかる、安価で済ませれば機能は不十分。作り手の葛藤がありました。今までコストの関係で実現できなかった欲しい機能の全部入りが出来るのは自社ラインで開発、生産が出来るLOWYAだからこそ。

沈み込むような滑らかなロッキング機能は疲れた体を優しく支えます。また、究極の座り心地を考慮した高品質ピュアウレタンでへたりにくく心地よいクッションを実現しました。ヘッドレストに寄り掛かると体に合わせて角度調節を可能、まるでオーダーメイドのようなフィット感を感じられます。

Bauhutte‐ゲーミングチェア(27,720円)

日本人プロゲーマー向けに開発されたタイプはPC作業にも抜群

長時間のパソコン作業は少しかがみ向きに作業すると、首周りの疲れや肩こりに影響が出てしまいます。同じ悩みは、長い時間液晶画面の前に座ったままのプロゲーマーも共通。日本人プロゲーマー向けに開発されたゲーミングチェアはPC作業用としても大活躍すること間違いないでしょう。首裏のスペースにフィットする形状のヘッドレストは、首に沿った寝姿勢でそのままPC画面を見ることが出来ます。

42パターンのポジション調節可能のアームレストは、前後左右、高さをそれぞれの位置で取り付けることが出来ます。また、アーム取り付け位置は左右に入れ替えることで、前寄りか後ろ寄りの2か所で取り付けが可能。それぞれの好姿勢に合わせて微調節可能なのも、長時間PC作業者に向いているでしょう。

MYHOME‐ハイバックオフィスチェア(4,980円)

安いのに欲しい機能はしっかり装備の高コスパワークチェア

長時間のパソコンワークなら背もたれが高めのハイバック式が断然おすすめ。73㎝のハイバックは首までゆったりリラックスさせてくれます。また、背面は立体S字構造になっているので背中の凹凸にぴったりフィット。理想の姿勢を保って背中をぴったり支えます。

座面は8㎝の低反発クッションがお尻をやさしくホールド。パソコン作業の後傾姿勢を助けるように、座面前部にウレタンを増量して奥に向かってなだらかな斜面になっています。この高低差のある座面が、長時間のパソコン作業も美しい姿勢を保って疲れにくくしてくれる安定感を提供。

北欧風でおしゃれなおすすめのワークチェア

LOWYA-オフィスデザインチェア(9,990円)

家の中がパっと明るくなるおしゃれな北欧風ワークチェア

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

身体をソフトに包み込む全面クッションは座面幅44㎝と広々取っています。見た目は圧迫感のないスタイリッシュなデザインですが、一体化したアーム付きなのでリラックスして座って作業できます。身長やデスクに合わせた座面高さ調節も可能。

他にはないおしゃれな色合いの4種類のカラー展開。ソファーのようなファブリック生地は年中サラッと爽やかで、長時間ワークにピッタリです。座面は360度スムース回転が可能ですので、くるっと回って近くにあるものを簡単に変えられるのもポイント。作業範囲広がり効率がグンっとアップします。

GEKIKAGU-キャスター付きファブリックオフィスチェア(6,980円)

暮らしに彩を添える北欧風ワークチェア

どんなシーンにも合わせやすいシンプルで可愛らしいデザインがポイント。余計なデザインを取り払ったデザインなので、どんなデザインや間取りのオフィスや仕事部屋にも合わせやすいでしょう。全6色の豊富なカラーバリエーションでお気に入りのカラーが見つかります。

高さを調節できる昇降機能や、柔らかい座り心地のウレタン座面は基本的機能もしっかり果たしています。背面部や足部分キャスターはホワイト調なのも、カラーが綺麗なウレタンクッションとよくなじんで、おしゃれ度を演出してくれます。圧迫感を感じやすいアームレストを取り払ってスタイリッシュな印象と開放的な空間を演出してくれるでしょう。

KAGULA‐モザイク柄ワークチェア(11,990円)

おしゃれで可愛いハンガー付きワークチェア

シンプルな形のワークチェアもモザイク柄ならとってもおしゃれ。3色の色違いの布地がモザイクのように貼り付けられているので、個性的な雰囲気を演出してくれます。シンプルな部屋にこのワークチェアを置くだけで部屋を一気におしゃれに引き立ててくれますよ。

背面にはハンガーラックが付いているのも今までにない個性的なデザイン。オフィスでちょっと上着やカーディガンをかけておきたい時もシワになりません。お家でのワークチェアとして使用するなら、バックにひざ掛けを掛けておくのもいいかも。

低コスパで手に入るおすすめのワークチェア

オフィス文具堂-オフィスワークチェア(3,100円)

最強コスパの軽量フルメッシュワークチェアー

競技用ユニフォームやシューズにも採用されるメッシュ素材は蒸れにくい通気性が特徴。暑く蒸し暑い日でも、全面メッシュなので不快感を感じず作業が可能です。背面は縦52㎝、座面は幅42㎝とゆったり座れるサイズなので、男性でも座り心地は良いでしょう。椅子高さも43㎝から55㎝まで最大12㎝昇降可能なので、自分に合った姿勢が選べます。

腰サポート付きなので綺麗な姿勢で長時間作業をサポート。腰に負担が少なく済むのも嬉しいポイントです。女性が自分で組み立てられるほどの軽さと使いやすさも選ばれている理由。カラーも豊富な10種類から選ぶことが出来るのでお部屋やオフィスの雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいですね。

GEKIKAGU-メッシュチェア(3,990円)

通気性抜群の腰サポート付きメッシュワークチェア

どんなお部屋やオフィスのデザインに合わせやすいシンプルデザイン。背もたれは2層メッシュになっていますので通気性だけでなく耐久性も高くなっています。座面は幅42㎝、奥行き42.5㎝とゆったり座れるサイズ感。メッシュ性にとしては高めの約100㎏の耐荷重があるので、どんな体型の人も安心して座れます。

また、座面はお尻が自然に中央部分に沈むような設計。これは、フィット感を高めるだけでなく正しい姿勢を長時間キープできるよう支えるので、疲れにくくしてくれます。背もたれ部分は、背中の曲線に合わせて緩やかなラインデザインと腰クッションなので、理想の姿勢を保ちながら体を優しく支えてくれて疲れにくい。

腰痛持ちでも座りやすいおすすめのワークチェア

MYHOME-オフィスチェア メッシュ(9,980円)

人間工学を研究し尽くした先端技術を基にしたワークチェア

見た瞬間にこれは良さそうと納得するデザイン性が自慢。体を丸ごと受け止める78㎝の背もたれは背中から腰、頭にいたるまで徹底的に支えサポートしてくれます。また、最大のチェックポイントは腰痛軽減ランバーサポートの存在。腰椎を支えて、作業中も優しくフィットし腰の負担を軽減します。

可動角35度のロッキング機能付きなので、大腿部を圧迫しないリラックス性の高い座り心地が実現します。快適な角度を見つけたらロッキング角度固定機能で固定することも出来ます。また、アームレストが邪魔でワークチェアがデスクに入らないという不満もこのワークチェアなら一気に解決。跳ね上げ式アームチェアで押し上げてデスク内にすっきり収納できます。

エルゴヒューマンフィット‐ヘッドレスト付き高機能ワークチェア(75,384円)

すべての人に最高の座り心地を提供する最強万能チェア

今までのワークチェアの常識を変える最高の座り心地。もうそれはまるでソファーのよう。快適な座り心地で仕事を快適にしてほしいとの願いから、エルゴヒューマン独自のリクライニングシステムを搭載しています。1つのレバーで座面昇降、座面スライド、リクライニングロッキングの3つの調節が可能です。

前傾姿勢の際に腿や腰に負担がかからないよう、前傾チルト機能を採用。前傾姿勢での作業時に調節ねじを使うことで座面前部を下げることが出来ます。そうすることで自然に体が前のめりになり、読書や漫画、小説書きなどを体の負担をかけずに行うことが出来ます。今までのどのワークチェアよりも快適で疲れないとの口コミ多数の高機能ワークチェアです。

DUOREST-DRシリーズオフィスチェア(39800円)

疲労から完全に開放されるまるでオーダーメイドのような座り心地

開発者自身が腰痛持ちの人だったことから、医療機関での治療補助チェアとして開発されたDUOREST理論に基づくワークチェア。自在に動いて腰を両側から包み込む2つの背もたれが特徴的です。この背もたれが腰への負担を約30㎏軽減することが可能で腰への疲労から解放してくれます。

実に、10万回もに及ぶ駆動テストを実施しているので耐久性も申し分ありません。耐圧を均等に分布し、筋疲労テストもクリアした臨床結果は信頼性の高いワークチェアの証拠。身体の負担を軽減しながら長時間の仕事を集中させてくれる最高のワークチェアといえるでしょう。

リクライニングタイプのおすすめのワークチェア

オフィス文具堂-リクライニングチェア(14,800円)

最大160度のリクライニング機能で眠れるほどの心地良さ

長時間のワークストレスは足への負担も多く、いざ立ち上がった時に足元がふらつく原因に。座面下に格納したフットレスは、身体をぐっと伸ばして贅沢なくつろぎを実現してくれます。フットレストも大きめで、曲線型のデザインは足をきちんと真ん中において横からの滑り落ちを防いでくれます。

リクライニング時にはアームレストも背もたれの角度に合わせて調節可能ですので、体全体をしっかりホールドして最高のリラックスチェアに早変わりしてくれます。座面も10㎝超えのボリュームクッションなので、まるで座椅子に座って作業をしているような快適性を与えてくれるワークチェアでしょう。

MYHOME-30度ロッキングオフィスチェア(7,980円)

世界中で愛されているワークチェアがパワーアップ

高級車でも使われている手触りが良く滑らかな素材のPUメッシュソフトレザーを採用し、心地よい柔らかさでお尻をやさしく支えてくれます。座面中央を少しへこませ、周りを盛り上げることでお尻が最適の位置を保ってくれます。

レバーを外側に引くとロッキング機能がオン。体重をかければ、可動角約30度のロッキング機能が使用出来ます。長い時間のワークストレスを軽減し、疲れた時には少しロッキングを倒して休息を取ることが出来るでしょう。

HINCES-リクライニング レザー ハイバッグ(18,800円)

最大リクライニング170度でとことんくつろぎ倒す

背もたれ高さは首まで支える74㎝のハイバックタイプ。格納式フットレストもついているので、身長が高い男性も足を延ばしてゆっくり休息出来ます。また、このワークチェアの最大のポイントはまるで小型ベットのような最大170度の無段階リクライニング。この角度までくればもうフラットベットのように眠ることが出来ます。

ちょっと休憩したい、仮眠をとりたい時に足を伸ばしてゆったり横になれるのも魅力的です。休む時はしっかり休み、良質な休息で仕事能率をアップできるおすすめのリクライニングワークチェア。贅沢な座り心地は一度体験すると、あなたを虜にします。

まとめ

長時間座るワークチェアは疲れにくいタイプがおすすめ

ワークチェアを選ぶうえで重要なのは、疲れにくくしてくれる機能性。リクライニング機能やロッキング機能、アームレストの高さ調節機能など、作業中の体が疲れない体制作りが重要なポイントです。自分の体形やワークスタイルに合ったワークチェアを見つければ、それはあなたにとって一生ものの相棒になることでしょう。今回は、ワークチェアについて人気のブランドや商品、おすすめの選び方を解説しました。ぜひこの記事を参考にして、作業効率や集中力をアップさせるワークチェアを選んでくださいね。