おすすめのVRゴーグル人気ランキング!【使い方も】

最近よく耳にするVRですが、なかなか体験する機会はありませんよね。やってみたいとは思っていても専用施設などに行かないと体験出来なかったり、高スペックなPCがないと体験出来ないと諦めた経験はありませんか?そんな方におすすめなのがVRゴーグルです。技術の進化に伴い、お手持ちのPCやスマートフォンなどを用いて気軽に、しかも自宅に居ながらVR世界を体験することができるようになりました。今回は、そんなVRを簡易的にご自宅で体験できるVRゴーグルについてご紹介したいと思います。



VRとは?

バーチャルリアリティの略で仮想現実のこと

VRは、仮想現実(Vertual Reality)の略で、最先端の映像技術や音響などによりあたかも現実かのように錯覚させる技術のことです。最近では、スマートフォンやPCのみならずゲーム機でもVR技術が導入され、今までの3D技術の次に流行るものとして業界から大変注目されている技術です。

VRゴーグルの特徴

仮想空間への没入感がすごく最先端技術を気軽に体験できる

VRゴーグルを装着するだけで、映し出される空間にあたかも自分が居るかのように感じられます。自宅に居ながら映画のような大自然を体験できたり、ゲームのようなSF世界を体験したりと、没入感が今までのディスプレイに映されるだけの3D技術とは比べ物になりません。そんな最先端の技術を家に居ながら体験できるのが大きな特徴です。

トラッキング機能により最新鋭の映像技術を体感

トラッキング機能にも様々な種類が存在します。1つは、ヘッドトラッキングです。頭の動きを感知しますので、スマホ型VRゴーグルは主に導入されています。2つ目は、ポジショントラッキング。こちらはヘットマウントディスプレイの位置を感知する機能で、PC用などのハイエンドVRゴーグルに多く採用されています。3つ目は、アイトラッキングです。使用者の視線を感知する機能のことで、現在、最も注目されているトラッキング機能です。これらのトラッキング機能など、最新鋭の技術を体感できるのも特徴と言えます。

VRゴーグルの種類

スマホ用(手持ちのスマホで気軽にVRを体感できる)

スマホ用のVRゴーグルの魅力は、なんといっても手軽さが格段に良い点です。お手持ちのスマホを取り付けるだけでいいので、VRを簡単に体験できます。また、スマホ用のVRゴーグルはその手軽さからか、種類も豊富で選択肢が多いので、様々なデザインから選ぶことができます。

導入コストがかからないことも特徴の一つです。PCや、ゲーム機を用いるタイプですと最低でも10,000円からになりますが、こちらのスマホ用ですと500円程度から品揃えがある為、とりあえず、VRを体験してみたい方にはおすすめです。また、100g程度の軽量のものもあるので体に負担がかからないといったメリットもあります。

ハイエンドタイプ(拡張性の高いPCやゲーム機と接続できる)

ハイエンドタイプは、PCやゲーム機と接続し使用するので体験できるシチュエーションが圧倒的に他のタイプと比べ多いです。また、ソフト自体の完成度も高いものが多く、没入感も専用のアトラクションと遜色ないほどリアリティに富んでいます。

手や体の動きをトラックングできる点もおすすめです。他のタイプと比べ物を掴んで動かしたり、ポーズをとったりとヘットトラッキングでは体験出来ない要素を楽しめるのも人気の一つです。体感できる動きが多いことで、他では出来ない体験が可能で、より拡張性の高いPC,ゲーム機を活用することができます。

スタンドアロン型(外部機器を使用せずVRゴーグルのみで使える)

なんといってもスタンドアロン型のいいところは装着してすぐに使用できる操作性のシンプルさがおすすめです。他のタイプと異なりVRゴーグル以外の機器を使うことがないため本体のみの購入で、すぐにVR体験をすることができます。また、コントローラが付属しているものもあり、そちらを使用することでより高い操作性を得ることができます。

また、ケーブル等の接続もないため、VR体験中にケガをする等の心配もなくなります。身軽に体験できるのも人気の一つです。動画配信サイトにも対応しているタイプが多くあるため、簡易的なホームシアターとして導入する方法も。VR業界ではまだまだスタンドアロン型は少ないですが、今後の主流になっていくと噂されています。

VRゴーグルの選び方

スマホ用で選ぶ

長く装着していても疲れない300g前後の軽量タイプがおすすめ

映画鑑賞など長い時間、VRゴーグルを装着していると疲れてしまいますよね。そんな方におすすめなのは、300g前後の軽量タイプ。軽量タイプですと安価なもので没入感が劣ると思われがちですが、120°の視野角を持つものもありますので劣ることはありません。また、首や目への負担を減らすためのクッションが装着されているものもありますので、長編映画を見る場合は軽量タイプを選びましょう。

リアル感を出すために視野角は120度以上を目安に

映像に、よりリアル感を求める方におすすめなのは、視野角120度以上のものです。人間の視野角は片目60度の両目で120度といわれています。その為、視野角120度以上のものを選ぶことで、現実で活用している視野角と同じ感覚でVR世界を体感できます。まるで映画館に行ったような臨場感で映画やゲームを大迫力で体験することができますよ。

iPhoneだとリモコン機能が制限されるので価格を重視

VRゴーグルにも少し面倒な部分があります。それは映画等を視聴する際、一時停止や早送りなどの操作をする際にその都度、VRゴーグルからスマホを取り出して操作が必要なことです。その手間を解決してくれるのがリモコンなんですが、もしあなたがお使いのスマホがiphoneの場合、対応していないタイプのものもあります。ですのでリモコンの有無に拘らず、安価なものを選ぶようにしましょう。

ワイヤレスイヤホンを持っていない場合はヘッドフォン内蔵がおすすめ

スマホのイヤホンジャックに挿して、耳に装着するのもいいですが、コードが邪魔になったりゴーグルとの隙間が空いたりとせっかくの臨場感を損なってしまうかもしれません。そこで、ワイヤレスイヤホンをお持ちでない方は、VRゴーグル自体にヘッドフォンが内蔵されているタイプを選ぶことをおすすめ。一体型なので、迫力をそのままに音響を伝えてくれます。

PC用で選ぶ

スペックならHTC Vive

スマホ用VRではなく、本格的で高品質なVRゴーグルとしておすすめなのはHTC Viveです。こちらは、世界最大のPCゲームプラットフォームの「steam」を運営するValve社と携帯電話でお馴染みのHTC社の共同開発で生産販売されているVRゴーグルです。ポジショントラッキングによる手や頭の感知と2160×1200もある高解像度により、一層リアルなVR世界を体感できます。

コスパならOculus Rift(オキュラスリフト)

他のメーカーでは約70,000円ほど導入コストのかかるハイエンドタイプのVRゴーグルですが、Oculus Riftはその中でもコスパに優れたVRゴーグルです。価格を5万円以下にまで下げていますが、純正ヘッドフォンがついてくることや、解像度も2160×1200とかなり高いことなど、品質に関しても文句なしの1台です。ただ、Oculus Riftはメガネをつけたままでの装着はかなり厳しいです。

解像度の高さならWindows Mixed Reality

Windows Mixed Realityは、あのマイクロソフトがWindows10で提供する、VRコンテンツに特化したシステムのことです。VRゴーグルは、富士通やHP、ASUSなど各社から販売されはじめていますがスペックは特に変わりありません。このWindows Mixed Realityの特徴は、2880×1440と解像度が格段にいいことです。価格に関しても、各メーカーで1,2万の開きはありますが、約5万円程度で導入できる点も大きなメリットです。

VRゴーグルのおすすめブランド・メーカー

Oculus(オキュラス)

ハイエンドタイプ、スタンドアロン型のコスパに優れた商品を数多く提供

先ほど、ご紹介したOculus Riftや、Oculus GOといったVRヘッドマウントディスプレイを提供している会社です。2014年にFB(フェイスブック)に20憶ドルで買収されたことでもニュースになったOculus社ですが、時代の先駆けであったVR技術にいち早く取り組み、開発にかかった会社です。

サンワサプライ

日本メーカーでお値打ちなVRゴーグルを販売

日本ではお馴染み、パソコン周辺機器の製造、販売で知られるサンワサプライ社。シンプルかつ高性能な商品の多いサンワサプライ社でVRゴーグルも販売しています。3D VRゴーグルなど3000円前後の低価格帯で主に販売しており、品質も価格以上のものを提供してくれます。

T-PRO(ティープロ)

安心の国内メーカーでアフターサービスが充実

国内メーカーでスマートウォッチやVRゴーグルの製造、販売を行っているT-PRO(ティープロ)。シンプルでコスパに優れた商品が多いことでも有名ですが、安価なスマホ用VRゴーグルにもメーカー1年保証が付くのも嬉しいところです。3000円ほどのスマホ用VRゴーグルのラインナップがあるのも特徴です。

HOMIDO(ホミド)

フランス生まれのVRゴーグルを国内で唯一販売

フランス発のスマホ用VRゴーグルの販売で知られるHOMIDO。視野角の広さがスマホ用VRゴーグルでは広い110度となっており、臨場感のある映像を低価格で提供しているメーカーです。公式サイトで無料のVR動画を公開しているなど、コンテンツも充実しています。

おすすめ&人気のVRゴーグルランキング

スマホ用でおすすめのVRゴーグル

T-PRO-VRゴーグルVer.2 (4,480円)

ブルーレンズ搭載で目にやさしい

ブルー被膜レンズを採用し、細部まで鮮明に且つ目にやさしい設計となっており、長時間の映画視聴でも目に負担をかけません。ヘッドフォン一体型なので、音響の臨場感もより一層リアリティのあるものへと変わっています。

搭載できる画面サイズも4.7インチから6.0インチまでと標準的なスマートフォンのサイズに対応しています。視点の調整も、焦点距離と瞳孔間隔距離の2か所で調節できるので、あなたの顔、目に設定を合わせることで、高いフィット感を得られます。

Canbor-VRゴーグル(4,950円)

amazon販売実績No.1を獲得

こちらもスマホのサイズが、4インチから6.3インチのものに対応しており、汎用性が利くVRゴーグルとなっています。Bluetoothのリモコンを用いることで、映画鑑賞中にスマホの操作が可能です。より高い操作性を得ることができます。

こちらもブルーレンズ搭載で、視野角が120度と、とても広いのでまるで映画館にいるような臨場感を体感できます。メガネをイメージしたデザインは、他のVRゴーグルにはないクールな印象を与え、幅広い年代の方に好評です。

エレコム-P-VRGSB01WH(5,280円)

頭にかぶせるだけで装着可能

ヘットバンドが付属しているため、装着が簡単です。最初に自分の頭にフィットさせてしまえば、次回の使用からは頭からすっぽり被るだけで装着可能です。ヘッドバンドなので髪型の崩れを気にすることなく、気軽にVRを体験することが出来ますよ。

4.0インチ~6.5インチまでのスマホに対応し、メガネを装着したままでの使用も可能なのです。光学レンズの搭載で目への負担も考慮されている点は、大きな特徴といえます。圧迫感の少ない装着性から長時間の使用も負担が少なく使用できます。

smaly-ヘッドホン付きVRゴーグル(3,280円)

楽天VRゴーグルランキング1位を獲得

Bluetoothリモコンや、コントローラを接続し、VR対応ゲームも体験することができる1台です。こちらも、ヘッドフォン一体型なので映像と音響の一体感を高いリアリティで体感することができます。デザインは、ありきたりですが性能面では文句なしです。

現在、楽天経由で購入すると、Bluetoothリモコンが付属されます。3Dゲームや映画鑑賞などにもストレスなく操作することができます。こちらも4.0インチ~6.0インチまでのスマホに対応しておりとても汎用性が高いのも特徴です。

SPDDM-VRゴーグル VRヘッドセット(4,186円)

非球面レンズで陰影をくっきり映し出す

非球面ブルーライトカット光学レンズの搭載により、眩しい光などの演出による目への負担を軽減し、視力を守ります。また、特殊レンズによる映像のずれやぼやけなどもありません。スマートフォンの映像をより鮮明に、目への負担を減らしながら映し出してくれます。

対応するスマホサイズは、4.7インチから6.2インチとこちらも汎用性が高いです。革張りのクッションは、通気性があるため長時間装着しても蒸れる心配はありません。また、ヘッドフォン内蔵で一体感のある音響もすぐに体感できます。

PCやゲームにおすすめのVRゴーグル

HTC-VIVE(69,390円)

拡張性が期待されている機種

HTC社のVIVEは、なんといってもゲームプラットフォームの「steam」に対応しています。拡張性が非常に高い点が評価されています。VR対応のゲームも最近では増えてきているため、ぜひ高いリアリティでVRを体験したい方には、おすすめです。

価格は約7万円とハイエンドタイプでは標準的な値段ですが、この拡張性能の高さから購入する価値はあると思います。また、個人ではあまり関係ありませんが、商用利用も許可されている点も特徴の1つといえるでしょう。

Oculus-Rift(79,980円)

直観的な操作性が特徴

Oculus社のRiftは、なんといってもこの特徴的なコントローラが特徴です。握りこんだ時の直観的な操作性能は他のメーカーにはない操作性を体感させてくれます。VRでの操作感に違和感のある方は一度、Riftを使用してみてください。

440gと軽量で、適応性の高いVRゴーグルは、他のメーカーと比べ200gも軽いです。その為、頭への負担が少なく装着していることを忘れてしまうほどです。解像度はVIVEと一緒ですが、特殊レンズにより、画質もきれいで鮮明に見ることができますよ。

富士通-FMVHDS1(41,400円)

Windows Mixed Realityに対応した富士通製のVRゴーグル

特徴は、なんといっても解像度の高さです。2880×1440という高解像度は他のメーカーでは見たことのない数字となっています。また、トラッキングに関してもVRゴーグルに内蔵された加速度センサー、ジャイロセンサーにより迅速に反応してくれます。

付属のコントローラを使用することで、3Dゲーム、映画鑑賞など多方面に対し、高い操作性をもたらしてくれます。VRゴーグルの重量も415gと軽量で、長時間の使用でも負担がかからないような設計となっているのもありがたいです。

Acer-AH101(39,150円)

Acerが誇るWindows Mixed Realityに対応したVRゴーグル

Windows Mixed Realityを搭載したVRゴーグルのメリットは、導入がとても簡単です。お使いのPCにWindows10のVRソフトをインストールし、VRゴーグルとPCを接続するだけで設定自体は完了するので、VR初心者の方にもおすすめ。

Acer製のVRゴーグルは、440gとこちらも軽量で、動きやすい設計となっています。また、バイザー部分が上面に開くので仮想空間と現実空間を一瞬にして行き来することが可能。わざわざVRゴーグルを取り外さなくてもいいので休憩などが気軽に取れます。

SONY-PlayStationVR(37,778円)

お馴染みのPS4対応VRゴーグル

プレイステーションで有名なSONYが発売するVRゴーグル。PlayStationVRですがこちらのメリットはPS4との相性が非常に良いことです。最近では、PS4でもVR対応ソフトがリリースされるなど今後に期待されるVR機器です。

全世界で現状一番売れている機種でもあり、その数は300万台にも及ぶそうです。また、動作スペースの確保ができれば、カメラによる位置トラッキングが可能なので、自由に動き回ることができより高い没入感をえることもできます。

メガネ対応でおすすめのVRゴーグル

T-PRO-TVR50 (3,980円)

ステレオイヤホンによる立体音響

楽天の売上デイリーランキング1位を獲得したT-PROのTVR50ですが、ヘッドフォン内蔵型なので立体的な音響を体験できます。また、メガネを装着したまま着用できる点や、VRゴーグルを着用したままスマホ操作できる点なども、他にはない嬉しい機能となっています。

装着範囲は縦、6cm、横、13cmとなっておりフレームの大きなタイプのメガネでもすっぽり装着が可能となっています。近視、乱視の方でもVRコンテンツを楽しめる点はおすすめです。導入もスマホをセットするだけなので簡単ですよ。

VR BOX-3Dメガネ(1,080円)

導入コストの最もかからないVRゴーグル

1000円台で導入できるVRゴーグルとして、高い性能を持っています。瞳孔間隔距離と焦点距離の調整ができるためあなたに合った設定が可能です。また、標準的なスマホサイズの4インチから6インチまでのディスプレイ搭載スマホを装着できるので汎用性が高いです。

装着範囲は縦、4.5cm、横、12.5cmとなっており標準的なフレームタイプのメガネの方は装着が可能となっています。装着範囲は少し狭いと感じるかもしれませんがメガネフレームがオーバル型やスクエア型であれば装着できますので、心配は無用です。

HOMIDO-HOMIDO V2(9,720円)

ワンランク上の超汎用型

フランス生まれのVRゴーグルで、iphone Xs MAXに対応している点が特徴です。iphone特有のLightning接続にも対応しており、ほぼすべてのスマートフォンに対応が可能で、尚且つ専用のレンズを搭載することで視野角は103度と標準的なサイズですが、臨場感を味わえます。

こちらも標準的なフレームタイプのメガネの方は装着が可能となっています。装着を検討しなければならないメガネのフレームタイプは、ボストン型、ウェリントン型、ラウンド型の方です。メガネのサイズを確認してから購入を検討ください。

HOMIDO-HOMIDO PRIME(11,800円)

ランキング上位を獲得し、雑誌にも取り上げられるほどの売れ筋

楽天VRゴーグルランキングで1位を獲得したHOMIDO-HOMIDO PRIME。MacFanという雑誌に取り上げられるなど注目度の高いゴーグルです。ゴーグルをつけたまま側面のボタンを押すことでスマホ本体をタップできる機能があります。その為、リモコンがなくてもスマホを取り外すことなく操作が可能です。

こちらもレンズ前にスペースが設けられ、標準的なフレームタイプのメガネの方は装着が可能となっています。大きいフレームタイプの方は、メガネのサイズを確認してから購入しましょう。付属のハードケースが有るので持ち運びが便利な点も一押しです。

サンワダイレクト-3D VRゴーグル(2,580円)

焦点距離と瞳孔間距離を調節できるダイヤル付き

サンワサプライの直営店サンワダイレクトから販売されている3DVRゴーグル。こちらの特徴は、クッションの取り外しが可能で、汚れや汗などを定期的にメンテナンスすることが可能な点。長時間使うものですのでこういった機能は重宝します。

装着範囲は縦、5.0cm、横、12.5cmとなっておりオーバル型やスクエア型のフレームタイプのメガネの方は装着が可能となっています。重量も408gと軽量なので、メガネと併用しても負担にならず長時間楽しむことができますよ。

まとめ

長い時間装着していても疲れない軽量のものがおすすめ

VRゴーグルが軽いことで、首や体全体への負担を減らすことができるので軽いものが一押しです。VR技術は今後の発展が期待される技術の一つでもあります。まだ体験したことのない方は、ぜひこの機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。