おすすめのイオン発生器人気ランキング!【車やトイレにも】

皆さんは普段生活をしている中で空気の汚れが気になったことはありませんか?どれだけ換気や掃除をしてもきれいな空気を保つことは難しく、できることならいつも空気の澄んだ快適な空間で過ごしたいですよね。そんな方におすすめなのがイオン発生器。マイナスイオンが空気中の菌、不純物、嫌な臭いなどを清浄して快適な空間を作り出してくれます。今回はそんなイオン発生器の種類や選び方、人気商品についてご紹介していきたいと思います。是非こちらの記事を参考にして快適な空間を作り出しましょう。




イオン発生器とは?

マイナスイオンで空気を清浄する機器

イオン発生器とは、通常であれば自然の中で発生する多量のマイナスイオンを人工的に発生させる機器です。マイナスイオンは空気を清浄する効果があり、身の回りを快適で過ごしやすい空間にしてくれる優れた機器です。

一般的な空気清浄機との違いは清浄方法

一般的な空気清浄機とイオン発生器の違いは空気を清浄する方法にあります。空気清浄機はフィルターを使用して空気中の菌や不純物をキャッチして清浄するのに対し、イオン発生器はマイナスイオンが発生することで空気中を清浄してくれます。

イオン発生器の仕組み

空気中の水分を分解してマイナスイオンを発生させる

イオン発生器は空気中の水分を電気分解し、OHラジカルなどを含んだイオンの発生によってマイナスイオンを作り出します。OHラジカルとは酸素と水素が同化した分子であり、除菌や消臭の役割を担ってくれています。空気中の菌、不純物、嫌な臭いなどを除去してくれるので、お部屋を清潔に保てますよ。

イオン発生器の寿命

イオン発生ユニットの交換目安は約2年

イオン発生器がマイナスイオンを放出し続けることには限界があり、中でもプラズマクラスターが搭載されているイオン発生器は一定の期間が経過すると機器の内部にあるイオン発生ユニットを交換しなければなりません。イオン発生ユニットの一般的な交換時期ですが、総運転時間が約19000時間を経過すると運転が停止する仕組みとなっているので、1日24時間運転した場合は約2年の経過を目安に交換しましょう。

車載用なら乗車時間を考慮するとユニットの交換は基本的に不要

車載用のイオン発生器の場合、シガーソケットから電源を取り乗車時間と連動させてイオン発生器が稼働するため、乗車時間外はイオン発生器が稼働していない状態となっています。一般的なイオン発生ユニットの交換時期目安が17500時間なので、よほど毎日長時間乗車しない限りイオン発生ユニットの寿命が尽きることはなく、交換は不要ということになります。

イオン発生器の効果

空気中の細菌やウイルスを分解することで消臭・除菌効果を齎す

イオン発生器から作り出されるマイナスイオンは菌やウイルスなどの様々な不純物を分解してくれます。空気清浄から消臭まで様々な効果が得られ、身の回りの空気がきれいになることで快適な空間で過ごすことができます。

身体にマイナスイオンを取り込むことでリラックス効果も

マイナスイオンを体内に取り入れることで副交感神経に作用して細胞を活性化してくれます。そのことによってリラックス効果、疲労回復、免疫力が向上。また、美容などの様々な効果へ繋がり、心身ともに癒しを与えてくれます。疲れやすい、疲れが取れないと感じる方は、ぜひイオン発生器を活用してみてください。

イオン発生器の種類

卓上型(デスク周りやベッドなど身の回りに手軽に置ける)

イオン発生器には様々な種類がありますが、中でも人気の高い種類が卓上型。据え置き型よりも小型であることから室内での持ち運びが容易であり、リビング、キッチン、寝室など使用したい場所へ好きな時に持ち運び気軽に使用することができます。

また、据え置き型より価格も控えめであり、手に取りやすく購入を検討しやすいというところは大きなメリットと言えます。その上しっかりとした性能の高さを兼ね備えているので、イオン発生器を購入するのが初めてという方におすすめです。

取り付け型(車内やトイレなど使用場所に応じて取り付けられる)

取り付け型は使用したい場所に合わせて取り付けることのできる種類であり、車の場合はカーエアコン取り付けタイプ、ドリンクホルダーに置くタイプ、シガーソケットに差し込むタイプなど様々。トイレの場合は天井の電気に設置するタイプやコンセントに差し込むタイプなどがあります。

取り付け型のメリットは、トイレのように狭い場所、車のように置くところが限られている場所などにきちんと対応したイオン発生器を取り付けることができるところです。いずれも小型であるため場所を取ることなく、1度取り付けておけば取り外す必要はありません。

ポータブル型(持ち運び可能でどこでも使える)

ポータブル型は自分の身の回りだけにピンポイントでマイナスイオンを浴びることができる種類です。どのイオン発生器の種類よりも小型であり、持ち運び、持ち歩きが容易であること、首からかけておけば移動しながらでもマイナスイオンを浴びることが可能です。

ポータブル型は価格がとても安く購入しやすいことが最大のメリットです。他の種類では性能の良いものを選ぼうと思うと価格も高くなってしまいますが、ポータブル型はある程度の価格で性能の良いものを購入することができます。使用しながら持ち歩きたい、手軽に使用したいという方にはこちらの種類がおすすめです。

イオン発生器の選び方

マイナスイオンの発生量と届く範囲で選ぶ

吹出し口から出るイオンの個数をチェック

イオン発生器の選び方ですが、必ず重視したいのがマイナスイオンの発生量と届く範囲です。まずマイナスイオンの発生量の確認方法ですが、機器の吹き出し口から出るイオンが1cm3または1ccあたり何個出ているのかを確かめる必要があります。主に製品仕様の項目に記されており、一般的なイオン発生器の場合は数万〜数百万/cm3となっています。

適用空間も確認して出来るだけ広範囲に飛ばすのが理想

マイナスイオンが届く範囲ですが、適応面積が何畳かによって届く範囲を知ることができます。発生量と同じく製品仕様の項目に適応面積の記載があります。適応面積はおよその目安の数値であり、大まかな範囲しか知ることができないので、cm2と表示されている表記を調べることでマイナスイオンが届く範囲を詳細に知ることができます。

性能を考えて選ぶ

リラックス効果を得るために静音性に優れたものを

イオン発生器は空気を清浄してくれるだけでなくリラックス効果も兼ね備えています。しかし稼働音が大きくてはリラックスできるものもできませんよね。静音性の確認は、音や振動などの強さを表す時に使われる単位であるデシベル(db)に注目しましょう。日常生活で静かだとされている音は45db以下とされています。事前にしっかりと下調べを行なうなどして、できるだけ静音性に優れたイオン発生器を選ぶことで、心からリラックスすることができますよ。

オゾン発生量などの安全性も

イオン発生器として一般的なのが高圧コロナ放電方式によるマイナスイオンの発生であり、放電によって微量のオゾンが発生します。オゾンには酸化作用があり除菌や脱臭の効果があるのですが、機器によっては時間の経過とともに多くのオゾンが放出されて人体に影響を及ぼす可能性もゼロとは言い切れません。安全性も考慮して濃度の基準値である0.1ppm以下のイオン発生器を選びましょう。

電源の取得方法で選ぶ

充電タイプなら持ち運びが簡単

イオン発生器を選択するポイントとして、用途によって電源の取得方法を考慮すると良いでしょう。卓上型などの小型のイオン発生器の場合、コンセントから電源を取得するタイプでは持ち運びも不便。充電タイプであれば好きな時に好きな場所に落ち運ぶことが容易となるので、持ち運びの多い機器は充電タイプをおすすめします。

コンセントに差し込むタイプなら充電を気にせず長時間使える

持ち運ぶ頻度の低い方や据え置き型などの場合はコンセントに差し込んで電源を供給するタイプが良いでしょう。充電が切れる心配がなく長時間安心して使用することが可能で、1度コンセントを差し込んでおけば良いので手間を感じることもありません。何度も充電する手間や充電切れの心配が煩わしい方にはコンセントタイプがおすすめです。

USBやシガーソケット、天井に設置できるタイプも

近年では様々な機器の発達からUSBを使用する電源の供給方法が多くなっており、どのような場所でも簡単便利に電源を取ることができます。また、車載用ではシガーソケットから電源を取るタイプ、トイレなど置き場に困る場所では天井に設置できるタイプなど幅広い電源供給方法があり、使用する場所によって最適なものを選ぶことができます。

イオン発生器のおすすめブランド・メーカー

パナソニック

独自の「ナノイー」技術で空気環境を改善

パナソニックは自社製品で発生させている抗菌、抗ウイルス機能を持つナノイーが有名です。除菌、脱臭、うるおい機能を兼ね備えており、イオン発生器だけでなくドライヤーや美顔器でも使用されているナノイーはパナソニックにしかない優れた機能です。

SHARP(シャープ)

「プラズマクラスター」技術により寿命の長いイオンを効率的に放出

シャープはプラズマ放電によってマイナスイオンを発生させるプラズマクラスターが有名です。イオン発生器だけでなく様々な製品のプラズマクラスター搭載機器が人気上位を独占しているシャープならではの機能です。

富士通ゼネラル

ペットを飼っているご家庭におすすめ

富士通ゼネラルは高速メガフィルターという強力で素早い脱臭機能が有名です。特にペットを飼っている方や臭いの気になる場所などに富士通ゼネラルのイオン発生器を設置しておくと臭いの気にならない居心地の良い空間にしてくれます。

GSD(オーリラ)

マイナスイオンをより遠くへ飛ばすファン

オーリラは独自の機能である送風ファン機能でマイナスイオンをより遠くまで飛ばしてマイナスイオンの効果を高めてくれます。また節電能力も優れており、長時間でも安心してオーリラのイオン発生器を使用することができます。

おすすめ&人気のイオン発生器ランキング

長寿命でおすすめのイオン発生器

Panasonic-ナノイー加湿発生機(26,250円)

ナノイーと加湿機能でうるおいのある清潔な空間を

パナソニックのナノイー加湿発生器はパナソニック独自の機能であるナノイーと加湿機能でうるおう清潔な空間を作り出してくれます。加湿機能をオフにすることでナノイー単独でも使用可能であり、お好みの使い方をすることができます。

1台2役の回転ルーバーがスポット使いはもちろん6畳の部屋全体にマイナスイオンが行き渡るような使用も可能にしてくれます。また静音性にすぐれておりコンパクトでどの場所においてもすっきりと馴染むところもこちらの商品の魅力です。

G&K-空気魔法瓶(9,331円)

豊富な機能で美容やインテリアとしても優秀なイオン発生器

G&Kの空気魔法瓶は何と言ってもダイヤモンドを思わせる輝かしいデザインが印象的。部屋に置いておくだけで華やかな空間にしてくれます。もちろんデザインだけでなく1500万個/cm3というイオン発生量の多さもポイントです。

静音性の優れた超音波加湿方式で寝室などでも就寝を妨げられることなくたっぷりとお肌にうるおいを与えてくれます。1つの機能ボタンで簡単に加湿、マイナスイオン、マイナスイオン加湿機能の切り替えが可能となっています。内蔵LEDライトで3色のイルミネーションも楽しめます。

Panasonic-ナノイー発生機(16,053円)

スリムなボディで玄関などの限られた場所にもスッキリ設置

スリムでどこに置いてもすっきりスタイリッシュに魅せてくれる、パナソニック独自のナノイー発生器。短時間で除菌や消臭を行い、12時間自動切タイマーで消し忘れの心配なく安心して使用することができます。

大開口ルーパーでその空間に全体的にマイナスイオンが行き渡ります。コンセントで電力を供給することはもちろん、コードレスでも使用可能となっているので電源のない場所でも使用できる優れものです。

小型でおすすめのイオン発生器

トラストレックス-IONION MX(14,000円) 

特許技術イオンパワーメタルで不純物を寄せ付けない

イオニオンMXは携帯型でありながらイオン発生量が69万個/cm3と多くのマイナスイオンが放出され、有害なオゾンが発生することもなく、PM2.5も除去率99.9%の実績。お子様からご年配の方まで幅広い世代で安心して使用することができます。

商品表面の金属チップにある特許技術イオンパワーメタルがマイナスイオンの増殖とイオンを体に帯電させ、装着時にイオンバリアで包み込んでマイナスイオンの効果を高めてくれます。電池交換不要、20gと軽量でストラップ付属と持ち歩きに嬉しい商品です。

jiang plus-イオン発生器 air-p(4,490円)

イオンが帯電して有害物質を寄せ付けない小型イオン発生器

イオンを最大で225万個/cm3放出し、イオンが帯電してくれることによって空気中の花粉、アレルギー物質、PM2.5などの様々な有害物質を顔周辺から遠ざけてくれます。軽量でストラップ付きと携帯性の優れた機器です。

イオンをファンで放出するタイプではないので稼働音が気にならず静音性に優れています。マイクロUSBで電源を供給することで充電が可能となっており、赤い点灯でわかりやすく充電中の表示をしてくれます。

快適くらし館-携帯miniイオン発生器 iFresh(1,980円)

小型で軽量ながらイオンのマスクで多くの不純物をガード

超小型かつ軽量でありながら30〜40cmの範囲で5万個/cm3のマイナスイオンが発生量し、ホコリ、ウイルス、細菌、花粉、副流煙などの様々な不純物から、まるでマスクのように顔周辺を守ってくれるイオン発生器です。

パソコンなどからUSBで繋いで4時間のフル充電をしておけば、連続5時間の空気清浄が可能となっており、外出時など気軽に使用することができます。マイナスイオンのみでその他の気体は発生しないので人体への影響もなく安心して使用することができます。

車におすすめのイオン発生器

SHARP-プラズマクラスターイオン発生機(5,880円)

スリムで車載にぴったりの強力なイオン発生器

イオン濃度が約3倍のターボ運転を搭載、さらに左右のダブル吸い込みでの機能により、通常より2倍の消臭スピードで車内に染み付いたタバコ、カビ、食べ物などの様々な臭いを素早くすっきり消臭してくれます。

花粉キャッチフィルター搭載で花粉や細かなホコリを80%捕集し、吹き出しの角度を変える可変ルーバーが未使用時のホコリの侵入を防ぎます。他にも優れた静音性やお肌にツヤを与えるプラズマクラスターなど、小型ながら多くの機能を搭載。

SHARP-車載用プラズマクラスターイオン発生機(12,744円)

取り付けやすく賢いイオン発生器

車内のカーエアコンに取り付け簡単なクリップタイプのアタッチメントを採用しており、エアコンの気流に乗せて車内全体にマイナスイオンを放出して消臭してくれます。2ポートUSBアダプターを同梱しており車内で充電しながら機器の利用が可能です。

車のエンジンのON/OFFに連動するエンジン連動機能を搭載しているため、機器の方でON/OFFの操作を行う必要がありません。また、プラズマクラスターによる肌へのうるおい効果など、乾燥の気になる車内では嬉しい機能が搭載されています。

トイレにおすすめのイオン発生器

SHARP-イオン発生機(9,380円)

トイレに漂う菌や臭いをプラズマクラスターで清潔空間に

電球をソケットに取り付けるのと同じ要領で簡単に取り付けることが可能となっており、プラズマクラスターの空気清浄効果でトイレ内のニオイ原因菌を除菌し、付着カビ臭を消臭して清潔な空間にしてくれます。

人感センサーが搭載されているので人の動きを検知してプラズマクラスターとLEDライトの運転切り替えを自動で行い、消灯前に少し暗くなって知らせてくれる消灯お知らせ機能で明かりの消し忘れもなく安心です。

TEKNOS-スーパーテクノイオンコンセント(2,138円)

狭い空間に特化したコンセントタイプのイオン発生器

テクノイオンはイオン発生量300万個/cm3で空気中の煙、チリ、ホコリ、花粉などの有害物質を除去してクリーンな空間にしてくれます。体に有害となるオゾンの発生はなく、安心して使用することがきます。

コンセントタイプのためトイレなどの狭い場所の使用に特化しています。また180度回転するのでコンセントの収納が容易であり、ホルムアルデヒドも軽減してくれるおすすめのイオン発生器となっています。

まとめ

使い勝手の良い卓上型がおすすめ

イオン発生器を購入する際には機器の種類、イオンの発生量、寿命、性能、電源取得方法など様々なことを踏まえて考慮しましょう。最も大事なのは自分の使用用途に適した機器を選択すること。迷った際には使い勝手の良い卓上型がおすすめです。多くの種類の中から必ず自分の求めているイオン発生器を見つけることができるでしょう。