おすすめのカラーボックス人気ランキング!【スリムな横置きも】

子供から大人まで誰でも使っている便利なカラーボックス。シンプルなボックスの形だからこそ、組み合わせは自由自在です。引越しの際にも大型家具のように処分に困ることはなく、どんなお部屋でもアイデア次第で便利な収納家具となりますよ。ここではカラーボックスの基本的なアレンジ術をご紹介し、人気メーカーの商品比較もしていますのでご覧ください。似たような外観のカラーボックスですが、アレンジしだいで個性的な家具に変身します。おすすめの商品もランキングでご案内しているので、よい情報を見つけてくださいね。



カラーボックスとは?

空間を機能的に使った収納ツール

定められた面積内により多くの品物を収納しようとすると、空間を仕切ってスペースを作るのが一番よい方法です。住宅でいうなら二階建てですね。カラーボックスは定められた空間を四角に区切り、無駄なく隅々まで使えるようにしている便利な収納ボックスです。

カラーボックスの特徴

シンプル構造で様々な用途に使うことができる

カラーボックスは特に用途が決まっていません。シンプルな四角い構造だからこそ、様々な目的で使うことができます。本や雑貨の収納に使ったり、お部屋の間仕切りにしたり、簡易テーブルとしたり用途は限りなくありますね。シンプルだからこそ自分好みにアレンジしやすいインテリアでもあります。

縦置きと横置きどちらにも対応しているので収納の幅が広がる

カラーボックスは横に置いても縦に使ってもよいですよ。置くスペースに合わせて好きに使いましょう。縦横が決まっていないため場所が限定されず、いろいろな部屋の様々な場所に使えます。このため、一度買ったら長く使っていける収納アイテムの一つとなります。

カラーボックスを使った収納・アレンジ術

カーテンを付けておしゃれに目隠し

カラーボックス内の収納物を簡単に隠すことが可能です。また隠しながらお部屋のインテリアとして、カラーボックスの存在感を出していけますね。好きなデザインのカーテンをつけることで、目隠しとお部屋のイメージチェンジを楽しむことができるお手軽な方法です。

市販でカラーボックス用のカーテンが豊富に売られています。またお好みの生地を購入して手作りするという人も。取り付け方はマジックテープで直接貼り付けたり、突っ張り棒に通したり、カーテンワイヤーを使ったりといろいろなやり方があります。お手軽にお部屋をイメージチェンジできるため、カラーボックスをカーテンでアレンジしたい人が多くいます。

インナーボックスと組み合わせて引き出しを作る

カラーボックスの中にインナーボックスを入れることで、コンパクトな引き出しになります。収納物の目隠しになるし、見た目にもすっきりしますね。また収納物を埃から守ることもできるため、衣類の整理整頓にはおすすめの使い方です。

おしゃれなインナーボックスと組み合わせることで、カラーボックスを違った雰囲気にアレンジすることができます。カラーボックスよりも様々なデザインが売られているため、お部屋に合わせて個性的な品を選びましょう。インナーボックスは、取って付きやふた付きなど様々なタイプがあります。これによりカラーボックスを簡単にチェストとすることができますよ。

二段や三段タイプを活用して机やテレビ台をDIY

カラーボックスを組み合わせることで、大型家具をDIYすることもできます。二段や三段タイプのカラーボックスを横にして複数つなぐことで、テレビ台を簡単に作ることができますね。お部屋に合うサイズや、好みのデザインのテレビ台がない場合はカラーボックスで手作りしてしまう方が速いですよ。

カラーボックスそのものがサブテーブルにもなりますが、DIYによりメインの机を作ることも可能です。二つのカラーボックスの間に好みの天板を載せるだけで広いデスクの完成。カラーボックスの数を増やすだけで、机を広げていくことができますよ。他にもアイデア次第で様々なタイプの机を手作りすることができます。

カラーボックスの選び方

限られたスペースを活かせるタイプを選ぶ

少しのスキマに入るスリムタイプ

お部屋のスキマスペースを活かして、収納空間にしてしまいましょう。お部屋のスキマはそのままにしておくと、誇りもたまりやすくなります。スリムタイプのカラーボックスで空間を埋めて、機能的な収納を行えば一石二鳥。様々なサイズのスリムタイプが売られているため、無駄なく空いている場所を利用できますよ。二つを連結することもできるため、あらゆるスキマに対応できますよ。カラーボックスを置く場所がないという人は、スキマスペースを見つけてみましょう。

デッドスペースを効果的に使うならコーナー用

カラーボックスを置くスペースが見当たらない場合は、コーナーを使いましょう。お部屋の角を活かした高さのある三段や四段のコーナーカラーボックスは、省スペースのお部屋を機能的に使います。普通タイプのカラーボックスと組み合わせることで、コンパクトな収納コーナーを作ることもできますよ。雑貨や花を置く、飾り棚の役割にもちょうどよいカラーボックス。見せる収納として効果を発揮します。

便利な機能で選ぶ

隠す収納なら扉付きがおすすめ

収納物を隠してお部屋をすっきり見せたいのなら、扉付きのカラーボックスがおすすめです。扉付きのカラーボックスはチェストのようにも使え、インテリアとしての存在感を出しますね。キューブタイプの扉付きカラーボックスもあり、扉付きとオープンタイプとを組み合わせることで、個性的な収納スペースを作ることもできます。急なお客様があったときも、雑な部分をかくしておけるため便利な品ですね。

本棚として使うなら可動棚があると便利

本の収納には、大きさに合わせて棚板の位置を変えられる可動棚のカラーボックスがおすすめです。文庫本や書籍、辞書や雑誌などサイズに合わせて棚を移動しましょう。可動棚タイプだとカラーボックスの空間を無駄なく使えるため、本がスキマなく収納できますよ。きっちり詰められた本棚は、それだけでお部屋がすっきり整って見えます。

カラーボックスのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

お部屋の広さに合わせて最適なものが見つかる

北海道札幌市に本社を置くインテリア小売業大手の企業。カラーボックスは安くて丈夫なものが揃い、サイズ展開も豊富です。主力のカラボは四色展開で二段から六段まで。スリムやコーナーなどバリエーションも多く、目的の形状を見つけやすくなっています。

IKEA(イケア)

スタイリッシュな見せる収納KALLAX(カラックス)シリーズ

スウェーデン発の世界的北欧家具量販店、IKEA。シンプルなブラウンやホワイトを基調に、北欧風のセンスが光るカラーボックスが揃います。特にKALLAXシリーズは背面のないオープンタイプのボックスで、お部屋のイメージを変える大型タイプもあります。

無印良品

ナチュラルな木目調ボックスでコンパクトな収納空間を

シンプルで頑丈なインテリアや雑貨が揃う無印良品。カラーボックスは明るい木目調の品が中心。他社より横幅が抑えられており、狭いお部屋の収納がしやすくなっているのが特徴です。一人暮らしの生活がしやすい、おしゃれでコンパクトな家具が見つかりますよ。

アイリスオーヤマ

アレンジしやすいカラーボックスで自分好みのインテリアを作る

宮城県仙台市に本社を置く、家庭用プラスティック用品の製造と販売を中心とする企業。カラーボックスは高さを抑えた品が中心で、マンションやアパートで使いやすいサイズとなっています。シンプルなデザインで、組み合わせにより自分だけの収納ボックスを組み立てることができます。

カラーボックスのブランド・メーカー人気商品の比較

ニトリの「カラボ三段」と無印良品の「パルプボードボックス」

占領スペースを考えた横幅で比較

ニトリの方が幅がゆったりしており、カラーボックスを単品で置くことを想定して作られています。一方無印良品は、組み合わせたり積み上げたりすることが前提の商品。幅もニトリに比べて五センチ程度狭く、カラーも木目調で統一されています。無印良品はボックスにぴったり収まるインナーボックスも合わせて売られているため、シンプルなアレンジがしやすくなっています。

一人暮らしの省スペース目的には無印良品がおすすめ

無印良品は省スペースのお部屋空間を自分でデザインしやすくなっているのが特徴です。このため一人暮らしのお部屋には、ニトリより適していますね。木目調のカラーボックスを組み合わせることで、自分だけの収納棚を作りましょう。スリムタイプのカラーボックスも二段から五段まであり、無駄なくスキマを利用できますよ。ニトリはファミリーに使いやすいサイズのボックスが多く、リビングなどで家族兼用できるものが目立ちます。

IKEAの「KALLAX」とアイリスオーヤマの「QRボックス」

お部屋のインテリアを左右するメイン家具としての用途で比較

どちらも見せる収納としてインテリアの要素が強いカラーボックスです。アイリスオーヤマのQRボックスは二色のキューブボックスを、自由に組み立てていくのが特徴。対してIKEAのKALLAXは、完成された大型家具の一つとなっています。どちらも中身をディスプレイのように魅せて、写真たてや花を飾ることができ、収納しながら周囲とコーディネートすることができますよ。

場の雰囲気を変えるインテリアとして使うならIKEAがおすすめ

使用目的によって、いろいろな組み合わせができるアイリスオーヤマのQRボックス。一個から使うことができ、サイドテーブルにもできますね。しかしお部屋のメインのインテリアとして配置するにはインパクトに欠けます。その点IKEAのKALLAXは、どっしりと構えた大型のフォルムで迫力があります。お部屋のインテリアのイメージが決まっていたり、間仕切りなどの用途が定まっている場合はIKEAの商品がおすすめです。

おすすめ&人気のカラーボックスランキング

収納でおすすめのカラーボックス

ニトリ-カラボ(1,990円)

リーズナブルでレイアウト自由な2wayタイプ

ニトリの定番カラボシリーズ。縦置きも横置きもできる2wayタイプでお部屋によって好きなレイアウトを楽しめます。可動棚板は3.2㎝間隔で位置を変えられ、棚板1枚あたり約10kgと丈夫ですよ。

コンパクトな大きさのカラーボックスで、洗面所や脱衣所、子供部屋の収納に向いています。ほかにも省スペースのキッチンや玄関周りの収納にもよいですね。3カラー20サイズ展開で、部屋の大きさやインテリアに合う品を選べます。

不二貿易-カラーボックス三段(1,750円)

明るいカラーの定番三段タイプ

シンプルな明るい木目調の三段カラーボックスです。縦置きも横置きもできて、組み合わせも自由。棚板一枚あたりの耐荷重は10キロと高く、縦置きでも安定して物が置けます。

明るいカラーのボックスは子供部屋の収納に最適です。縦置きで複数組み合わせてもよいし、横置きで上に積み上げてもよいですね。可動棚ではないので、棚板がしっかり安定していますよ。

ノージィ- カラーボックス 3段(3,690円)

ミックスレイアウトでも段差が出ないフラットデザイン

一見普通のカラーボックスですが、縦横複数組み合わせても段差が出ないフラットな設計になっています。二個セットでの販売となっており、自由に組み合わせて使用することが前提の収納ボックスです。

高級感のあるリアルな木目調で、ヴィンテージ感溢れるカラーボックスです。可動棚を調整すればA4ファイルも収納可能と機能的な作り。カラーボックスにありがちなチープさがなく、よいインテリアにもなります。

無印良品-キャスター付きカラーボックス(5,890円)

移動に便利なキャスター付きボックス

無印良品のパルプボードボックスです。キャスターが付いているのが最大の特徴。部屋から部屋へ移動しやすく、模様替えもしやすい家具です。サイドに取っ手が付いているのも使いやすく、持ち手になったり雑貨やカバンをぶら下げられたりできますよ。

クローゼットや押入れの収納に最適です。キャスター付きで重たい収納ボックスを引っ張り出す必要がなく、掃除もしやすいですね。一度購入したら、壊れるまで使える便利なカラーボックスです。

ニトリ-カラーボックスコーナー(1,190円)

見逃していたコーナーを使った機能的な収納

収納スペースの内には入らない、空間のコーナーを利用したアイデアカラーボックス。コーナーだけではなく、横置きにすると本棚にもなります。可動棚付きで自由に棚板位置を変えられるのも使いやすいですよ。

狭いお部屋の収納力をアップします。角型のカラーボックスのようにたっぷりの収納力はありませんが、失くしやすい小物を置いておいたり、雑貨を飾ったりするちょっとした棚になりますよ。

スリムでおすすめのカラーボックス

アイリスオーヤマ-カラーボックススキマ収納(2,180円)

狭いスペースを有効活用できるスキマ収納

上下左右に連結可能なスリムタイプです。取り付けは付属のボルトを付けるだけで簡単に終了。便利な可動棚で、自由に増やせる追加棚もありますよ。幅は15㎝からと、狭い家具のスキマも有効に利用できます。

省スペースの家具のスキマを使って、無駄なく収納したい人へおすすめです。すべての家具はサイズをきっちり測って購入するわけではないので、どうしてもスキマが生まれてしまいます。これをうまく利用して便利な収納棚を作りましょう。

無印良品-カラーボックススリム(4,490円)

縦でも横でも使える細長いスリムタイプ

幅25㎝のスリムタイプカラーボックスです。家具の合間を利用したスキマ収納が可能。パルプを原料にした軽くて丈夫なボードは移動も楽。滑らかな質感やナチュラルな風合いが無印良品らしい、おしゃれなボックスです。

明るいナチュラルな雰囲気のお部屋に合うカラーです。スリムタイプは空間を圧迫することなく、狭いスキマを利用したアイデア収納家具。できるだけ収納家具自体を置きたくないという人に最適なタイプです。

横置きでおすすめのカラーボックス

アイリスオーヤマ-横置き用 カラーボックス (1,680円)

横置きボックスに引き出しをプラス

横置き用のカラーボックスに便利な引き出しが付いています。カラーボックスだけなら収納ツールの感が強いですが、引き出しが付くだけでインテリアの役目も果たす家具となりますね。

リビングや子供部屋に最適です。横置きのカラーボックスは、高さで空間を圧迫しないため部屋が広く感じますね。低ホルムアルデヒド素材を使用している安全な引出しで、安心して長期に使っていける家具となります。

アイリスオーヤマ-QRボックス(1,779円)

連結自由の角が丸いキューブボックス

背面のないキューブボックスを自由に連結して、好きな形の家具を組み立てられます。空間を遮断せず、窓際においても採光をさえぎることはありません。角が丸いデザインで、子供がぶつかってもケガをしにくいですね。

置く場所を選ばずに使用できるQRボックス。アレンジ自由で書棚、電話、タブレット台など、自分好みに仕上げられます。引越しの際にも分解して持って行き、新しいお部屋で自由に組みかえられるフレキシブルなキューブボックスです。

扉付きでおすすめのカラーボックス

エア・リゾーム-カラーボックス キューブ(1,080円)

カラフルなカラーで組み合わせ自由自在

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

3タイプ6カラーの多彩な組み立てバリエーションがあるキューブボックスです。オープンタイプと扉付き、棚付きを組み合わせることで、個性的な自分だけの収納コーナーが完成。ポップで明るいカラーもあり、シンプルな北欧風から明るいデコラティブなお部屋まで、コーディネートの幅が広いのも魅力です。

引越しが多い人に最適なカラーボックスです。お部屋の広さやレイアウトによって、自由自在に組み替えられるのが大きな利点。豊富なカラー展開で、様々なインテリアとコーディネートしていけるのが魅力です。

イケア-カラーボックスカラックス(43,832円)

シンプルで機能的な北欧シェルフユニット

イケアのカラックスシリーズ、シェルフユニット。様々な大きさがありますが、こちらは幅も高さも147cmと大型家具になります。キューブボックスの扉は前面も背面も同じなので、360度どこから見ても同じ美しさです。

部屋の中央に置く間仕切り的な使い方が向いています。空間を閉ざすことがないため、部屋が狭く感じませんよ。おしゃれな北欧デザインで、お部屋の雰囲気をランクアップさせましょう。専用のインサートを使えば、収納物に応じてカスタマイズできる自由度の高さも魅力です。

デコレ-カラーボックス(7,980円)

扉が外せる縦長カラーボックス

カラーボックスでも扉があると落ち着いた雰囲気のインテリアになります。扉は取り外し可能で、中の置物を見せたいときのオープンラックにもなりますね。可動棚方式でA4ファイルや雑誌、アルバムやDVDまで様々な収納ができます。

高さのあるカラーボックスは広めのお部屋に向いています。シンプルな北欧風や、シックモダンな大人のインテリアなど、様々な部屋に馴染む美しい木目が魅力。二個以上を合わせて使えば、大型収納家具にもなります。

まとめ

ボックスを自由に組み立てられるキューブタイプがおすすめ

大型家具と違って、カラーボックスは簡単に配置を変えやすい収納インテリアです。お部屋の模様替えをする際に、レイアウトを変えやすい縦横兼用のタイプが使いやすいですよ。特にキューブタイプは、積み木のように様々な形を作りやすいのでおすすめの品です。