おすすめのハンドミキサー人気ランキング!【パナソニックやブラウンも】

デザート作りや離乳食作りなど、時間も手間もかかってしまいますよね。家族のために美味しい料理を作ってあげたいけど、調理時間がかかりすぎるのは嫌。そんな調理の効率を格段にアップさせるのに役立つハンドミキサーを使って調理しませんか。最近ではシンプルな泡立て機能以外にも、潰すことや捏ねるなどの機能が追加された高機能ハンドミキサーも多く販売されています。今回は、そんなハンドミキサーの種類や選び方、人気商品についてブランド別に詳しく解説します。調理時間を今よりもっと短縮したい、今まで挑戦しづらかったメニューにチャレンジできる調理道具が欲しいという人は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

ハンドミキサーの特徴

泡立て機能付きなのでお菓子作りや料理の泡立てに役立つ

ハンドミキサーの基本の使い方は泡立て機能でしょう。スープ作りや、お菓子作りなどの液体を攪拌させたり、泡立てるのに使われます。また、1度に大量のものを調理するのに向いているので、手作業で調理するのに比べて格段に調理時間が短縮するメリットがあります。また、手動での泡だて器でのメレンゲ作りや生クリームの泡立ては時間がかかりますが、ハンドミキサーならほんの数分で出来上がるので疲労感も感じにくくなります。

ハンドブレンダーに比べて安価に購入できる

ハンドミキサーは基本的に量の多い液体を混ぜたり泡立てることに向いています。ですので、離乳食のストック作りや、デザート作りに向いているでしょう。価格帯は安いものでは2,000円前後からプロ用になると20,000円前後まで価格帯も様々です。一方、同じ混ぜる機能で最近話題になっているブレンダーは、基本的な機能に加えて砕く、刻んだりすりつぶしたりと機能性がハンドミキサーに比べて高くなっています。様々な機能が付いているため、有名ブランドのものでは価格も8,000円から25,000円までと価格帯がハンドミキサーより高いのが特徴。毎日の少量の調理には便利ですが、1度にたくさんの量を調理するのには向きません。

食材を柔らかくできるので赤ちゃんの離乳食づくりに最適

シンプルなハンドミキサーでは難しいですが、アタッチメントが付いた高機能なハンドミキサーなら離乳食作りにも向いています。機能性の高いハンドミキサーは混ぜるという基本的な機能に加え、細かく刻んだり、すりつぶしてペースト状にしたりと機能が追加されているからです。このような機能は、まだ飲みこんだり噛むことが上手にできないお子さんの食事作りに最適です。機能が細かく設定できるものや、スピード調節機能が充実しているものを選べば、月齢に合わせた調理方法が可能になるでしょう。

ハンドミキサーの選び方

片手で持ちやすい大きさや重さを選ぶ

片手で持ちやすい重さ1㎏以下のものを

デザート作りをする時、長い泡立ての時間で腕や肩が付かれる経験をしたことはありませんか。泡立て作業はどのレシピにも必ずあるといってもいいほどの作業工程ですし、作業時間も長いものです。そこで片手で持ちやすいハンドミキサーを選べば、腕の疲れを感じにくくなるのでおすすめです。また、選ぶ時にはただ軽量なだけでなくハイパワーのものを。軽量でもパワーがなければかえって混ぜるのに時間がかかってしまい、腕が疲れる原因になります。ですので、選ぶ際には軽量コンパクトであることと同時にハイパワーのハンドミキサーを選びましょう。

大容量の混ぜる作業には腕が疲れないスタンドボール付属も

アタッチメントとしてスタンドのボールが付いた据え置きタイプのハンドミキサーもあります。特にミキサー部分が取り外し可能のものを選べば2通りの使い方が出来て便利でしょう。スタンドボールが付いている据え置き型のハンドミキサーは、混ぜながら材料を次々入れていく作業もいちいちハンドミキサーを止める必要がありません。ハンドミキサーの振動で腕が疲れる心配もありませんので快適に調理が出来るでしょう。

パワーが強く混ぜやすいものを選ぶ

回転スピード調節が付いていると便利

ハンドミキサーにはスピード調節が出来るものと出来ないものがあります。例えば、ただ単に卵を混ぜるだけならパワーがなくても問題ありませんが、生クリームやメレンゲ作りは、パワーがあって回転スピードの高いものは素早く調理が済みます。スピード調節が可能になればなるほど、様々な作業に対応しますし、料理の完成度も高くなりますので、回転スピード調節機能が付いているものを選んでください。

シンプルなタイプでも最低2段階調節できるものがおすすめ

いつも同じ料理をするのに使いたい、シンプルな混ぜる機能を使いたいだけと、ハンドミキサーを使う理由が明確に決まっているのであれば、シンプルなハンドミキサーでも問題なく使うことが出来ます。シンプルなハンドミキサーは、値段は安価ですが、基本的な調理に使うには申し分のないタイプになっています。最低でも回転調節機能が遅い、速いの2段階あるだけでも、基本的な調理作業をすべてカバーできるので問題なく使うことが出来ますよ。

ビーターの素材で選ぶ

耐久性が高くオーソドックスな金属タイプ

ビーターとは、ハンドミキサーの混ぜるためのアタッチメントのことです。一般的に見られるハンドミキサーに多いのが金属製ステンレスのものではないでしょうか。粘りの出る材料や、重くなった材料もパワフルに混ぜることが出来ますし、耐久性もあるので数多くのハンドミキサーのビーターとして使われています。ただ金属製の場合は、ボウルに当たった時の金属音が大きく、ボウルを傷つけたり、ビーター自体を傷つけてしまうことがあるので扱いには注意が必要です。

不快音がなく静音性重視ならプラスチック素材を選ぶ

金属ボウルでハンドミキサーを混ぜるときに大きな金属音が苦手と言う人も多いのではないでしょうか?そのような方には、ビーターがプラスチック製のものを選ぶと金属製のものより比較的静かに作業が出来ます。金属製特有のニオイ移りの心配もありません。滑らかの素材のクリームやスープを混ぜるのであればプラスチック製で十分使用できますが、耐久性がないので重たい材料は混ぜにくくなるのがデメリットになります。

ハンドミキサーのおすすめブランド・メーカー

パナソニック

キッチンの家電を支える国内の代表的電機メーカー

日本を代表する調理機器メーカーであるパナソニックは、シンプルで安価なオーソドックなタイプから、最新テクノロジーを駆使した高機能調理機器まで様々です。サポート機能もしっかりついていますので故障時も安心。

ブラウン

高性能ミキサーがそろうドイツ電機小物ブランド

離乳食作りに使いたいハンドミキサーやブレンダーの中で市場人気ナンバー1と言われているブランドです。ドイツの電気機器ブランドですが、特徴は何といっても豊富なアタッチメントで色々な調理が叶うということ。パワーも申し分ないので多くの離乳食作りに忙しいママに選ばれています。

クイジナート

コスパと性能を兼ねそろえたアメリカのキッチンブランド

アメリカでは料理のプロや愛好家たちに一番選ばれているブランドです。大容量の材料もハイパワーで攪拌でき、付け替えアタッチメントの多さも魅力。多様な調理を快適に行えるので、料理好きにはおすすめのブランドです。

テスコム

スタイリッシュで男性にも使いやすいデザインがそろう

正真正銘の日本製ブランドのテスコムは、ジューサーやミキサーなどキッチンで使う小型家電に特に力を入れています。テスコム製品の特徴はコンパクトに収納できる点と、パーツごとの洗いやすさ。使う人のことを考えた使いやすさと片付けやすさにこだわって作られています。

ドリテック

シンプルで軽量なコンパクトタイプを探している人におすすめのブランド

調理器具や健康器具を中心に製造販売している国内メーカーです。製品ブランド特徴は、コンパクトで軽く使いやすい操作性が自慢。基本的な機能を搭載したシンプルなデザインが豊富なので、他のメーカーの物より安価で購入できるのもポイント。

貝印

シンプルで安価なものは1,000円台から購入可能

豊富な価格帯で選び幅が広がる家電メーカです。元々カミソリや刃物を販売している国内メーカーなので、日常使いしやすい調理家電を多く販売しています。機能にこだわっているので、見た目はいたってシンプル。アタッチメントは別売りで販売されているので、自分が使いたいパーツだけ選べるのもポイントです。

おすすめ&人気のハンドミキサーランキング

基本的な泡立て機能でコスパが高い低価格ハンドミキサー

貝印‐ハンドミキサーセット(2,980円)

これが届けばお菓子作りすぐ始められるお買い得キット

これはまるでお菓子作りの福袋。今から調理に役立つハンドミキサーが欲しいという新婚さんや、1人暮らしを始める人にピッタリのキットです。この値段のハンドミキサーだけでも安いのに、それに付属するお菓子作りの充実キットが付属されていますので、材料を揃えれば届いたその日からデザート作りが可能です。

5段階調節が付いたハンドミキサーは安心の貝印製。ビーターをつけたまま縦置きすることも可能なので、ちょっと手を放したい時や次の工程に移る間も作業台を汚さず置くことが出来て便利です。シンプルなデザインですが、使い勝手の良いハンドミキサーで調理の幅は広がります。

ドレテック‐シンプルハンドミキサー(1,790円)

コンパクトに収納できるハンドミキサー

本体とビーター、ケースのセットで使わないときはケースにまとめて収納可能。ビーターの構造も細いワイヤーになっていますので空気を含みやすく、きめ細かい泡立ち仕上げが可能です。ドレテックならではの軽量さも自慢。本体重量は収納ケースを入れても約740gと1㎏未満なので、軽量で作業ストレスを感じません。

カラーもシンプルな全体ホワイトと、ケースとミキサー本体のアクセントカラーが効いたピンク色の2色。お好みに合わせて選ぶことが出来ます。5段階スピード調節機能にコード長さも1.7mと基本的な機能をしっかり備えているのに価格は2000円以内なのもとても嬉しいポイントです。

パール金属‐電動ハンドミキサー(1,274円)

プラスチック製ビーターでボウルを傷つけない

この値段なのに、まったく問題ない使い心地、期待以上の製品と口コミ評価でも驚きの声がたくさん寄せられています。安心の国内メーカーなので基本的な機能はしっかりついているのに1,500円以内なのはお財布にもとても優しくて嬉しいですね。

プラスチック製のビーターはボウルに当たるときの不快音を軽減しますし、ボウルを傷める心配もありません。ビーターの先はオープン式になっているのもお手入れが簡単に出来る仕組みになっています。120Wとパワフルに素早く調理した後、ワンタッチで手を汚さずにビーターを取り外せる使いやすさも魅力的です。

テスコム‐ハンドミキサー(2,478円)

収納時には清潔に調理器具を保てる工夫あり

日本製とは思えない上品でスタイリッシュなハンドミキサー。メッキ仕上げなので飛び散った食材の汚れも簡単に拭き取れます。ビーターは従来の中心にあった棒を取り除きワイヤー形状に改良。ステンレス製でさらに洗いやすくなりました。食洗器対応なのも嬉しいポイントです。

また、清潔にハンドミキサーを収納できるポイントなのが、コードは外巻きに収納可能だということ。ビーターとコードが触れないので清潔に保てます。5段階スピード調節付きなので高速で素早く泡立てながら仕上げは低速できめ細やかに、レシピに合わせて調節可能です。

パール金属 ミラクルスハンドミキサー

本体にビーターもコードも収納可能な一体型ハンドミキサー

初めてのハンドミキサーや、あまりハンドミキサーを使う機会がないけど家に1つ用意しておきたいという人におすすめです。単機能でシンプルな作りですが、パワーは120Wと混ぜるのには全く問題のないハイパワーミキサー。ソース作りや料理の下ごしらえに十分活用できます。

また、この商品のポイントは収納機能。ハンドル部分にビーターがすっぽり収まって固定できるデザインなので、コンパクトに収納が可能です。電源コードは本体に巻き付けるだけ。本体自体も840gと軽量で作業しやすく、コンパクトに収納できる使い勝手の良いデザインです。

離乳食作りにも役立てる汎用性の高いハンドミキサー

パナソニック‐ハンドミキサー(4,190円)

静音性がありバターなどの硬いものも優しく攪拌可能

3段階で低速、中速と高速を切り替えできるシンプルタイプのハンドミキサー。シンプルですが製品ブランドはパナソニックなので品質は安心ではないでしょうか。冷蔵庫から出したての比較的混ぜるのが難しいバターも低速でしっかり滑らかに出来ます。

静音性が高いのに、素早くメレンゲや生クリームが出来あがると口コミ評価の高いハンドミキサーです。コードは1.9mと長くしなやかなので絡まりにくく、収納時にも簡単にケースに収納することが出来ます。安心メーカーを選びたいという方は、パナソニックなら間違いありません。

ブラウン‐マルチクイックハンドブレンダー(13,270円)

混ぜる機能の泡立てアタッチメントは飛び散りを防いで作業しやすい

液体の食材をかき混ぜたり泡立てる時によくやってしまうのが、飛び散りではないでしょうか。ブラウンの泡立て機能は、ベル型のシャフトの特許技術を搭載することで飛び散りを防止してくれます。キッチンや衣服を汚す心配がないのも作業が快適に出来る嬉しいポイントですね。

ハンドブレンダーのモーターは業界最大の500W。パワフルモーターなので、食材を素早く攪拌しながら攪拌範囲も広げます。また、それぞれ付属のアタッチメントは、しっかり食材を巻き込む構造なので均一にペーストやクリームが仕上がります。

貝印‐ターボ ボウル付きハンドミキサー(4,500円)

スタンドボール付きでハンズフリーで使用可能

ビーターはねじりデザインになっているので、ボールで混ぜる際も空気を取り込みながら混ぜることが出来、完成までがあっという間に叶います。回転速度調整も10段階と多いので、作業種類に合わせて調整可能です。

また、こちらのハンドミキサーの最大のポイントは置いても使える2WEY機能が搭載されている点。専用スタンドとボウルを使えばハンズフリーで材料を次々入れながら作業が可能です。泡立てをしながら他の作業が出来るのも効率をアップさせ、調理の時短に貢献します。

ブルーノ‐マルチスティックハンドミキサー(6,480円)

パステルカラーが可愛いキッチン家電もおしゃれにこだわりたい人におすすめ

潰す、混ぜる、刻むに泡立てる機能が1つになった多機能ハンドミキサーです。アタッチメントを変えるだけで様々な機能を利用できるので、作業が片手で簡単調理が叶います。食事の下ごしらえから、離乳食、ソース作りやスープ作りまで毎日の料理を支えてくれるでしょう。

このハンドミキサーを最大限に活用できるおすすめレシピが掲載された専用レシピリーフ付きなので、新しいレシピを開拓できるかも。本体重量は約570gなので、女性の手にも馴染みやすい。今までの定格可動時間を1分から3分にパワーアップさせたので、料理のバリエーションがアップします。

貝印‐Kai house スタンドオートミキサー(37,800円)

お菓子作りのタイミングを逃さないスタンド式ミキサー

スタンド式なので、混ぜる、空気を含ませる、練る作業が別の仕事と同時進行しながら行うことが出来ます。混ぜながら材料を入れるタイミングを図る必要がないので調理中の気持ちにも余裕が生まれることでしょう。泡だて用アタッチメントのウィスクは、幅を広くしボールトの隙間を埋めることで、より早くムラなく材料を混ぜ合わせることが出来るようになりました。

ボウルの形状は逆三角形のようになっているので、量が少ないものでも底にたまらず混ぜ合わせることが可能に。また、付属のアタッチメントすべてがボウルの金具に当たって不快音がしない絶妙な設計になっています。普段のレシピが確実にグレードアップすることに驚かれるでしょう。

見ためもおしゃれで機能的なプロ用ハンドミキサー

キッチンエイド‐ハンドミキサー9段階スピード

9段階の細かい速度調節でパワフル仕様のハンドミキサー

今までのハンドミキサーの概念を覆すパワーと機能が魅力的のハンドミキサー。憧れのキッチンブランドキッチンエイドは多くの人はスタンド型ミキサーをイメージする人も多いのではないでしょうか。こちらは、コンパクトなハンディタイプのハンドミキサーですが、パワーは格別。ケーキやクッキー作りはもちろん、パン生地だって捏ね上げることが出来るんです。

パン生地2斤分もたった約5分で捏ね上げるハイパワーには驚き。同じ量を手で捏ねようとすると軽く25分から30分はかかってしまいます。冷蔵庫から出したての硬いバターもそのまま粉と一緒に滑らかなクリーム状に仕上げることが出来る高機能。プロの料理愛好家やお菓子作り従事者も愛用する信頼のハンドミキサーでしょう。

クイジナート-スマートハンドミキサー(8,200円)

3種類のアタッチメントが付いて泡立てから捏ね作業までこれ1つで叶う

連続使用時間は30分のハイパワーなハンドミキサーです。回転数は毎分最大1,350回と強力なパワーを発揮。3種のアタッチメントはそれぞれ混ぜる、泡立てる、捏ねるの3種類ですので、お菓子作りからパン作りまで様々な作業工程をサポートしてくれます。

他の商品とは比べ物にならないほどのパワフルな働きなので、プロ顔負けに仕上がりが叶うのも魅力的。付属のバルーンウィスクを使えば普通の泡立てよりもさらにきめ細やかな仕上がりになるので、テクニックの必要なシフォンやマカロンもお手の物になりますよ。

クイジナート‐スマートステックハンドブレンダー(16,200円)

プロも認める高性能ハンドミキサー機能で料理の質がパワーアップできる

こちらのセットはブレンダーのセットですが、もちろん泡立て機能もプロ仕様になっています。専用アタッチメントで取り付けることのできるハンドミキサーは、場所やスペースを気にしないでサッと使える使いやすさが特徴的です。

泡だて器で出来る調理のほかに、様々な機能をプラスしたハンドミキサーが欲しいという人には特におすすめです。家庭のレシピ工程をほとんどカバーできるアタッチメントが本体の他に7種類ついているので省スペースでありながらの多機能性が嬉しい仕様になっています。専用レシピ本が付いているので料理の幅が広がりそう。

ハミルトンビーチ‐ハンド&スタンドミキサー(12,960円)

さすがアメリカ仕様な大容量でハイパワーの2WEYミキサー

口コミでもさすがアメリカ仕様、サイズもパワーも大迫力とのコメントが多いミキサーです。ハンドミキサーですが、スタンドにも取り付けられるのでそれぞれの料理に合わせて使い分けられます。アタッチメントもビター、ウィスク、ドゥフックと2種類の泡だて器に、捏ね用のアタッチメントもついているのもポイント。

スタンドボウルは約3.8リットルと大容量なので、業務用としてはもちろん、大家族分や料理教室でのハンドミキサーとしても活用できるでしょう。ハミルトンビーチはアメリカのキッチンブランドの中でも、高品質な機能性と、長持ちで丈夫な作りとの信頼性の高いメーカーです。安心して使うことが出来るでしょう。

キッチンエイド‐スタンドミキサー

誰もが憧れるキッチンエイドの多機能ミキサー

アメリカではキッチンの必需品として絶大な人気を誇るキッチンエイド。最近は日本でもこの高機能さとインスタ映えするおしゃれな見た目から購入者も増え、誰もが憧れる高級キッチン調理器として人気が高くなってきました。どんな作業も可能にする10段階スピード調節は料理の幅を広げてくれるでしょう。

4.5Lの大容量ステンレスボールなら6ダースのクッキー、3斤分の食パンもアッという間に捏ねや攪拌もお手のもの。ボウルは食洗機にも使用可能ですのでお手入れも簡単です。また、ビックなボウルに起こりがちなムラもキッチンエイドなら問題なし。ボウル周囲に59か所の接点で回転させるシステム内蔵なので徹底的に全体をムラなくカバーします。値段は高価ですが必ず満足させる製品でしょう。

まとめ

サイズ感が手にフィットしやすく使いやすいものがおすすめ

ハンドミキサーは安価なものでも一つあるだけで料理の幅が広がり、調理時間が短縮できる便利な道具です。高機能アタッチメントやハイパワー製品は、お菓子作りやパン作りを定期的に行う人におすすめでしょう。ご自身に合ったものを選ぶ際にはどのくらいの頻度でハンドミキサーを使いたいのか、サイズ感や収納方法などを考慮して選ぶようにしてくださいね。値段が高価で高機能のものはまさに一生使い続けられるハンドミキサーといえます。今回は、ハンドミキサーについて人気ブランドを例に挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんもご自身にピッタリなハンドミキサーを見つけてくださいね。