おすすめのフェアウェイウッド人気比較ランキング!【初心者向けも】

ゴルフをしている人であれば、誰でもスコアアップをしたいですよね。そのためには、自分に合ったクラブを選ぶことや、正しい打ち方を知ることはとても大切です。そこで、今回はクラブの種類の1つである、フェアウェイウッドをランキング形式で紹介していきます。それから、よく混同されがちなユーティリティとの違いについても解説しますよ。今回の記事を参考にして、自分にとってベストな1本を見つけてスコアアップをして下さいね。

フェアウェイウッドとは

フェアウェイで使用する飛距離の出るウッド

まず、フェアウェイウッドとは何かについて説明していきます。フェアウェイとは、ホールのスタート地点であるティーインググラウンドと、パッティングをする場所であるパッティンググリーンの間の場所のこと。ウッドとはクラブの呼び名の1つで、飛距離を出したいときに使われます。このようなフェアウェイで使用されるウッドのため、フェアウェイウッドと呼ばれています。

クラブのボールを打つ部分であるヘッドが、1打目を打つときに使われるドライバーよりも小さいのが特徴です。芝生の上にあるボールを直接打つクラブの中では、一番飛距離が出ます。一方で、ドライバーの代わりに使われることも。例えば、短めのコースでそこまで飛距離が必要ないときには1打目で使われます。また、ドライバーを使用すると、利き手の方向にボールが曲がってしまうのを防ぎたい場面にも使われますよ。

フェアウェイウッドとユーティリティの違い

ユーティリティの方がシャフトが短い

フェアウェイウッドとユーティリティの違いは、クラブの棒の部分であるシャフトの長さです。ユーティリティの方がシャフトが短く、この違いによってユーティリティの方がボールに当てやすく、ミスショットが少なくなります。そして、風にも強いため中弾道でまっすぐ飛んでいき、ボールが地面に着いてからも遠くに転がっていきますよ。一方、フェアウェイウッドの方が高弾道で飛んでいくので遠くまで飛ばすことができます。また、ヘッドの地面と接する部分であるソールが広く作られていて芝の上を滑ってくれます。これによって、ダフリと呼ばれるボールの前の芝を打ってしまうようなミスヒットになりにくいですよ。

フェアウェイウッドの使い方

クラブの底の部分で地面を払うように打つ

クラブの底の部分のことをいわゆるソールと言いますが、そのソールを地面で滑らせるように打つようにしましょう。フェアウェイウッドは他のクラブよりもソールが大きいので、勝手に地面を滑ってくれますよ。 逆にだめな打ち方としては、ボールを打ち上げようとする打ち方です。これをしてしまうと、ボールの手前を叩いてしまういわゆるだふりの原因になってしまいます。 ボールの真横を打つようなイメージで、ボールの少し前から地面を滑らせるイメージを持つと上手くいきますよ。

ボールは左胸の前あたりに置く

どれだけスイングが良くても、ボールの位置が悪いとミスショットになる原因になります。ボールの位置は左胸の前と決めることで、ボールにしっかりと当てることができます。一方、左胸よりもさらに左にボールを置くと、ヘッドがボールの上部分に当たってしまい上手く打てません。また、左胸より右にボールを置くと、だふりの原因になります。左胸の前あたりにボールを置いても上手く打てないという場合には、足幅やボールとの距離を微調整すると打ちやすくなりますよ。

フェアウェイウッドの選び方

番手で選ぶ

初心者におすすめなのは5番ウッド

ロフト角とは、フェースの面の角度のことを言います。 このロフト角が小さいほど、ボールを遠くに飛ばしやすくなります。 しかし、ロフト角が小さいとその分だけ扱いが難しく、初心者には向いていません。 一番初心者向きなフェアウェイウッドは、5番ウッドです。 5番ウッドより番手の数字の小さい3番ウッドのようなものだと、ロフト角が小さくボールを上げづらいですよ。一方、5番ウッドより番手の数字の大きい7番ウッドのようなものだと、ロフト角が大きすぎるためボールが上がりすぎてしまいます。

慣れている人におすすめなのは3番ウッド

番手の数字の小さいもののほうが、シャフトの長さが長くなり扱いが難しいため、 3番ウッドは扱いが難しい部類に入ります。そのため、3番ウッドは上級者向けやプロ仕様のフェアウェイウッドとして知られています。扱いが難しい一方で、使いこなすことができれば飛距離を出すことができますよ。3番ウッドは、5番ウッドに慣れてきた人が使うのにおすすめです。

シャフトで選ぶ

飛距離を伸ばしたいなら柔らかいものを

シャフトの硬さの表し方にフレックスというものがあります。フレックスは、スイングの速さで分けられています。例えば、平均的なフレックスの硬さである、Rのスイングの速さは約40メートル毎秒、プロクラスのXは46から50メートル毎秒になっていますよ。スイングのやり方は正しいはずなのに飛距離が伸びない場合は、シャフトの硬さが合っていない可能性があります。そのような場合は、一度柔らかめのシャフトを試してみると飛距離が伸びる可能性がありますよ。

振りやすいものがいいならドライバーより10グラムほど重いものを

シャフトの重さも、フェアウェイウッドを選ぶ際の重要な要素の1つです。基準としては、ドライバーの重量よりもだいたい10グラムほど重いものを選ぶと良いですよ。シャフトの長さはフェアウェイウッドの方が長いので、このようにすることでバランスが取れます。もしも、ドライバーとフェアウェイウッドの重さが違うと、振ったときの感覚が変わってしまいミスが増えてしまいます。できるだけクラブの感覚を合わせるためにも、重さには気をつけましょう。

素材で選ぶ

ヘッドスピードが速めの人ならスチール素材のものを

スチール素材のものは重いのが特徴です。この重さのため、ヘッドスピードが速くない人には使いこなせません。しかし、ヘッドスピードが速い人が使うと、ぶれずにボールを打つことができ飛距離を出すことができます。また、余計なスピンを抑えてくれるため、弾道が高く上がりすぎてしまうことも防いでくれますよ。スチールは金属のため、錆びないようにしっかりと手入れをしながら使用してくださいね。

ヘッドスピードが遅めの人ならカーボン素材のものを

カーボン素材は、錆びにくいので手入れも楽ですが、金額が高めであることが多いです。しかし、カーボン素材は軽くしなり、ヘッドスピードが遅くてもボールを上げやすく、ある程度飛距離を出すことができます。また、打ったときの衝撃をスチールよりも和らげてくれるので、初心者や女性、体が本調子でない人におすすめですよ。

ヘッドのサイズで選ぶ

ミスショットを減らしたいならヘッドが大きいものを

ヘッドが大きければ、スイートポイントと呼ばれているヘッドの芯の部分が広がります。ボールをスイートポイントに当てることでまっすぐ打つことができるので、ヘッドが大きければミスショットを防げる確率が高くなりますよ。また、ヘッドが大きいとスイングするときに安心感も与えてくれますし、ヘッドのぶれも抑えてくれます。初心者のうちはミスショットが多いので、モチベーションの維持のためにもヘッドの大きいものを使うのがおすすめです。

ボールを高く上げられるならヘッドが小さいものを

ヘッドが小さいものの特徴としては、ボールのコントロールがしやすい操作性の良さが挙げられます。右や左に打ち分けたい人に合っていると言えますね。ただ一方で、ヘッドが小さいとボールを上げることが難しいという特徴があります。さらに、ヘッドが大きいものよりスイートエリアも小さくなっていますよ。これらのことを踏まえると、 ヘッドの小さいものは、ヘッドの芯に当ててボールを自力で上げることができる上級者に向いています。

フェアウェイウッドのおすすめブランド・メーカー

DUNLOP(ダンロップ)

特徴的なブランドを複数展開している

DUNLOPは、ゼクシオとスリクソン、クリーブランドという3つのブランドを展開しており、それぞれが違う特徴を持っています。ゼクシオは、中高年をターゲットに作られたものが多く、打ちやすく飛距離が出しやすいことをテーマにしていますよ。スリクソンは、中級者やプロ向けのブランド。クリーブランドは、距離の短いところで使用するウェッジに定評があります。

KATANA GOLF(カタナゴルフ)

飛距離にこだわっている

飛距離を出せるよう、さまざまな工夫を行っているメーカー。例えば、ボールを打つ面であるフェースの反発を、英国ゴルフ協会の定めたルール上最大限まで高めたものや、中にはそれ以上に高反発にしたりしています。また、クラブのデザインも他のメーカーに比べて独特なものになっています。

Callaway Golf(キャロウェイゴルフ)

独自の技術を採用したものが豊富

海外のメーカーですが、日本人の体型などに合わせた日本人専用のクラブも作っています。たくさんのプロ選手とも契約もしており、初心者からプロまで幅広い層が使用しています。AIやスーパーコンピューターを取り入れるなどしており、独自の技術もたくさん使っていますよ。

TailorMade Golf(テーラーメイドゴルフ)

初心者から上級者までさまざまな人に合わせたものを製造

幅広い種類のクラブを製造しており、初心者から上級者までさまざまな人のニーズに合うようになっています。ヘッドの芯に当たらなくても飛距離が出やすくなる技術や、ヘッドを白い色にすることで太陽光で見えづらくなるのを防いでいるものなどがあります。このように、プレイヤーのことを考えた技術や工夫が盛り込まれたものが多いですよ。

おすすめ&人気のフェアウェイウッドランキング

リーズナブルでおすすめのフェアウェイウッド

KATANA GOLF- VOLTIO NINJA β FW (12,800円)

フジクラシャフトのシャフトを使用

シャフトは、有名メーカーのフジクラシャフトの、Speeder EVOLUSIONのNINJA PLUSオリジナル仕様のものが標準で付いてきますよ。英国ゴルフ協会が定めたSLEルールに適合しています。そのため、公式競技でも使用できますよ。

ソールの後ろのほうは、衝撃を増幅するプログレ溝状構造になっており、そこに大きなウエイトがあることで、低く深い重心になっています。そのため、弾道の高いボールを打つことができますよ。フェースも幅の狭いシャローフェースになっており、ボールが上げやすいです。シャフトの性能も飛距離もこだわりたい人におすすめですよ。

Callaway-ROGUE STAR フェアウェイウッド (15,900円)

素材や技術にこだわっている

こちらは左利き用のタイプになります。ヘッドの上部分にあたるクラウンには、スチールよりも軽く強度も高いトライアクシャルカーボンを使用しています。その結果、ヘッドを軽くすることに成功していていますよ。また、ボーイング社と協力し、スイングしたときのヘッドの空気抵抗も減らしています。

JAILBREAKテクノロジーと呼ばれるものが使われていることで、ボールを打った際のソールやクラウンのたわみも抑えてくれます。フェースには、カーペンター455スチールというとても薄い素材が使われていて、飛距離を出す効果を生み出していますよ。いろいろな技術が詰め込まれた1本を探している人におすすめです。

Cobra Golf-KING SPEEDZONE フェアウェイウッド (19,899円)

ヘッドを滑らせやすいように作られている

クラウン部分にカーボンファイバーの素材を使っています。そのため、軽量化や低重心、深重心にすることができていますよ。ソール部分には、バフラーレールと呼ばれているものがあり、これによって地面をスムーズに滑らせることが可能です。

コンピュータ制御によって製造するCNCミルド加工によって、こちらのモデルのフェースは作られています。その結果、ボールのスピードを上げることができていますよ。 ソールには滑りを良くするために突起のようなレールが付けられています。このレールの中を空洞にすることで、より一層ボールを速く打てたり、高弾道で打てるようになっていますよ。ヘッドの滑りやすさや軽さを求めている人におすすめです。

ONOFF-AKA FAIRWAY ARMS (17,800円)

ミスショットを防いでくれる

クラウン部分とソール部分にパワートレンチという溝が作られています。この溝がたわんだ後に復元することで、ボールの初速が上がって飛距離を出すことを可能にしています。さらに、ヘッドの芯を外してしまったショットでも、ミスになってしまうことを防ぐ効果もありますよ。

フェース部分は、強度の高い素材であるハンマレージングで作ってあり、中心はH字型に補強されています。その結果、反発力が高まり安定感をもたらしてくれます。フェースの表面もミーリング加工で平らにされていて、ボールのスピン量が安定するよう工夫されていますよ。打ちやすさにこだわったものを探している人におすすめです。

BRIDGESTONE-TOUR B XD-F フェアウェイウッド TOUR AD TX2-6 カーボンシャフト (15,700円)

ドライバーのようなボールの飛びを実現

ドライバーで用いている技術をフェアウェイウッドにも応用しています。クラウンにはカーボンが使われており、そのカーボンには金属弦が一体化。これによって、軽量化と初速の速さを手に入れています。ヘッドのねじれも抑えているので、ボールもまっすぐ飛ばしてくれますよ。

フェースにはミーリングが施されていて、スピン性能をアップさせています。ミーリングの間隔もフェースの上部分と下部分で変えており、フェースのどこにボールが当たってもスピン量が適正になるように工夫されています。ドライバーのようにしっかりとボールが飛んでくれるものを探している人におすすめ。

ヘッドの調整機能付きでおすすめのフェアウェイウッド

Titleist-TSi3 FAIRWAY METALS (37,125円)

ヘッドの重さが調節可能

SureFit CGトラックと呼ばれる調節機能が搭載されています。これは、ヘッドの重さを変えるための場所が3箇所用意されているというものです。ヘッドの重心を変えることができるので、ボールの弾道も調整できますよ。フェースにも工夫がされており、短く浅い溝が掘られています。これによって、ボールに当てたときのフェースのたわみを理想的なものにしてくれるので、反発力を上げてくれますよ。

シャフトはオリジナルが2種類と、プレミアムが1種類用意されていますよ。オリジナルは、軽量でありながらしなやかさとしっかり感があるタイプと、ヘッドの挙動を抑えて飛距離の出せるタイプが揃っています。ヘッドのデザインも安定感と高い初速を実現できるものになっています。上級者の人で、ヘッドの重さを自分に合わせたものにしたい人におすすめです。

PXG -0341X GEN2 フェアウェイウッド×フジクラシャフト MCF (75,900円)

ロフト角やヘッドの細かい調整が可能

ロフト角が、プラスマイナス1.5度の範囲で調節できるので、好みの弾道で打つことができますよ。ヘッドには8つの重りを付けることができる箇所があります。重りは、高密度タングステンと低密度チタン2種類あり、自分のスイングに合わせて自由にカスタマイズできますよ。

ヘッドの中には、ハニカム構造によって軽量化したTPEインサートが搭載されています。そのため、打った時の感触の良さや心地良い音を楽しめますよ。ヘッドの素材もカーボンでできており、約14グラムも軽くすることに成功しています。これは、速くて正確な打球を打てるようになることや、ヘッドの低重心化につながっていますよ。シャフトは、フジクラシャフトのMCFです。ヘッドの性能にこだわっている人におすすめ。

TailorMade Golf-SIM2 フェアウェイウッド (42,800円)

低重心で飛距離を出しやすい

ロフト角とライ角が、プラスマイナス2度の範囲内で調節可能です。また、地面との接地面積を最小限に抑えてくれることで、摩擦が減り振り抜きやすくなっていますよ。重さ80グラムのソールウエイトが低い位置に設置され、ヘッドも小型化していることで、飛距離を出すことができます。

フェースには、強さと柔軟さを兼ね備えた素材であるZATECチタンを採用。さらに、フェースにねじる加工を施したツイストフェースによって、まっすぐ飛ぶようにしており、ミスをしてもカバーしてくれる性能になっています。シャフトは、三菱ケミカルと一緒に開発したものが付いていますよ。低重心のフェアウェイウッドを探している人におすすめです。

PING-G425 MAX フェアウェイウッド (37,840円)

ぶれずに打てるので飛距離につながる

ロフト角はプラスマイナス1.5度の範囲で調整可能です。それから、ライ角はスタンダードとフラット2つから選んで調整可能。自分の好みや状況に合わせて、臨機応変に変えることができます。専用アプリを入れればラウンド中のショットを自動で記録してくれる、ARCCOSセンサーが標準のグリップに付いています。

ソールの後ろには重りが搭載されており、ヘッドのぶれを抑えてくれます。とても薄く強度の高い特徴を持つ、マレーシングC300を素材に使用したフェースになっています。そのため、フェースのたわみが大きくなり、ボールの初速と飛距離を出すことができますよ。ぶれずに打ちたい人におすすめです。

Progress-BB4 フェアウェイウッド フジクラ プラチナ スピーダー (118,800円)

素材の厚みを部分的に変えている

ヘッドは、ブレージング加工と呼ばれる、金属の強度を損なわない方法で溶接しています。また、比重の軽いチタン系の素材と、比重の重いマレージング系の素材を上手く組み合わせて作られています。これらによって、低重心でボールの引っ掛かりも良く、ミスショットをしにくくなっていますよ。

クラウンは、フェース寄りの部分が0.1ミリ薄く作られています。フェースも、外側から中心にかけて厚みが大きくなっています。そのため、ボールにしっかりと力を伝えることができ、ボールの初速を出せますよ。さらに、ロフト角やライ角、フェース角も調整可能なので、最大限の力を発揮できますよ。ミスをせずに打ちたい人におすすめです。

女性向けでおすすめのフェアウェイウッド

DUNLOP-ゼクシオ11 レディース ブルー (39,600円)

安定したスイングがしやすく飛距離を出しやすい

WEIGHT PLUSテクノロジーと呼ばれる独自の技術を採用しています。グリップの先を重くする一方で、シャフトの重さを減らしています。それによって、てこの原理が働き、振りかぶったときの負担が少なくなり、スイングのぶれが減少し安定したスイングができますよ。 デザインに関しても、シャフトには幾何学模様が入っていたり、ヘッドにはピンクの差し色がありとてもおしゃれです。

フェースの中央部分は男性用よりも0.1ミリ薄くしてあり、女性が使ったときにも飛距離を出せるよう工夫されています。また、スターフレーム構造という星形のようなフレームによってヘッド内部の強度を上げており、軽量化に成功しています。この軽量化によって他のところに重量を配分することができており、ヘッドの芯の面積が大きく広がっていて飛距離が出しやすいですよ。おしゃれさと性能の両方を求める女性におすすめです。

TailorMade Golf-SIM2 MAX-D ウィメンズ (35,200円)

飛距離を出すための工夫がされている

Vスチールソールと呼ばれるものを使っており、地面との接地面積が少なくすることができているため、振りやすい仕様になっています。それから、重心が低く深くなっていることも特徴の1つ。これによって、弾道が高く低スピンで打つことができ、ボールを上げやすくなっています。そのため、飛距離を伸ばすことができます。

航空機にも使われているほどの強度の高い素材である、C300マレージング鋼を使用しています。そして、テーラーメイドゴルフの独自技術のツイストフェースも使われています。これらによって、ボールをまっすぐ打つことを可能にしていますよ。飛距離を出したい女性におすすめです。

Callaway Golf-MAVRIK MAX LITE フェアウェイウッド (26,400円)

AIを活用して作られている

こちらはフェースを作る際に、AIを活用して何度も機械学習を行いながら作っています。それにより、耐久性が高く、ボールの初速を上げるエリアが広がったフェースを搭載できています。特に他のフェアウェイウッドよりも、フェースの下部分で初速を上げるエリアが広がっていますよ。

トライアクシャル・カーボンクラウンと呼ばれる軽い素材を使っていたり、JAILBREAKテクノロジーと呼ばれる反発力を高める技術を採用しています。これらによって振りやすくなり、ヘッドの芯にも当てやすくなっていますよ。ヘッド自体の厚みもあり、安心して打つことができるのも魅力。ボールの初速を上げたいが、安定したショットも打ちたい女性におすすめです。

プロギア-NEW SUPER egg フェアウェイウッド (30,250円)

高反発でボールが上がりやすい

U CUPフェースという技術を採用したモデルになります。 この技術によって、フェースを大きくたわませることができ、ボールの変形を抑えることができます。その結果、初速が向上してより遠くへと飛ばすことができますよ。

このウッドは、正面から見た場合にヘッドの厚みが少ないという特徴の、シャローフェースのヘッドであり、そのサイズも大きいです。これにより、重心が深くなりロフト角も大きくなるので、ボールを上げやすくなります。そして、アマチュアゴルファーがフェースでボールを打つときに使う部分を改良して、初速が出るようにしていますよ。高反発のものでボールを上げたいものを探している女性におすすめです。

PING-GLe2 ULT240 J フェアウェイウッド  (32,560円)

左利きにも対応していてロフト角の調整が可能

プラスマイナス1.5度の範囲内でロフト角の調整が可能なタイプになっています。そのため、自分好みのボールの弾道に調整することができますよ。右利き用と左利き用の両方用意されているので、誰でも使えます。色がピンクなところも可愛いですね。

反発力が高い特徴を持つマレージングを使用したフェースになっています。また、フェース自体も薄く、ヘッドも軽い設計になっています。これらのおかげで、ボールを簡単に上げられますし、飛距離にも期待できますよ。左利きでも使えて、ロフト角の調整ができるフェアウェイウッドを探している女性におすすめ。

まとめ

能力に合ったフェアウェイウッドがおすすめ

ゴルフの上達やスコアアップを目指すのであれば、能力に合ったフェアウェイウッドがおすすめですよ。自分の能力に合ったフェアウェイウッドを使うからこそ、ゴルフを楽しめますし上達しますよ。今回は、おすすめのフェアウェイウッドをランキングの形で紹介しました。ぜひ自分に合ったフェアウェイウッドと一緒に、ゴルフを楽しんで下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*