おすすめのSurfaceマウス人気比較ランキング!【ワイヤレスも】

オフィスでも自宅でも場所を選ばず、クリエイティブな作業もスムーズに行えるSurface。Surfaceはタッチパネルでの直感的な操作もできますが、Surfaceはマウスでの操作にも対応しています。普段パソコンで作業している人は使い慣れたマウスの方が操作しやすいという人も多いのではないでしょうか。トラッキング性能の高い有線マウスから、持ち運びに特化したワイヤレスマウスまで、豊富な種類のSurfaceマウスが販売されています。この記事では、おすすめのSurfaceマウスをランキング形式でご紹介します。マウスの種類や選び方なども解説しているので、自分に合ったマウスを見つけてみてくださいね。

Surfaceマウスの特徴

コンパクトで携帯性に優れている

Surfaceはタブレットとノートパソコンの中間のような存在です。軽量で持ち運びに優れていることから、Surfaceマウスとして販売されているマウスにもその特性が反映されています。カバンに入りやすいようコンパクトな形状をした製品が多い傾向にあります。

Surfaceのデザインと親和性が高い

Surfaceは、スタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションが大変おしゃれで好評を博しています。Surfaceマウスとして販売されているマウスも、Surfaceと親和性が高い洗練されたデザインの製品が多いです。Surfaceとの統一感を出しやすいため、好みのデザインを選べる自由度の高さも魅力ですね。

Surfaceマウスの種類

有線マウス

遅延を気にせず操作できる

有線マウスは、Surface本体のUSBコネクタに接続するだけですぐに使えます。形状は大きめで重量もやや重いものが多いです。その分精密なトラッキングがしやすいため、ゲームやお絵描きをする際にはその真価を発揮してくれるでしょう。モバイルマウスのような携帯性はありませんが、直接繋がっているので動作も安定するのが大きなメリットです。

有線マウスはパソコンから電源を供給するため、電池の入れ替えが不要で追加の出費もありません。また、ドライバをインストールする必要がないため、USBポートに差し込むだけですぐに使えて便利です。Surface対応の有線マウスは選択肢が少なめですが、最近では無線と有線の両方に対応したマウスも増えています。有線マウスがほしい人は、このような有線無線両用マウスを選ぶと良いでしょう。

モバイルマウス

軽量で持ち運びしやすい

モバイルマウス最大のメリットは、軽量コンパクトで外出先にも持ち運びしやすい点でしょう。USBケーブルがないため、Surfaceの周辺がすっきり整理できるのもいいですね。通信可能距離は最大10メートルもあるので、離れた距離からでも操作できるのは魅力です。

モバイルマウスの電源は電池から供給するタイプが多いですが、最近ではUSBケーブルでパソコンに接続して充電できるタイプ電池内蔵タイプも多いです。電池を入れ替えるのが面倒な人に、おすすめですね。Surfaceの機動性を活かしやすいこいとから、純正もサードパーティー製も、モバイルタイプのSurfaceマウスが多い傾向にあります。

Surfaceマウスの選び方

ワイヤレス接続方式で選ぶ

ペアリング接続に対応したBluetooth対応Surfaceマウス

Bluetooth対応Surfaceマウスは、SurfaceとマウスをBluetooth規格で接続するワイヤレスマウスです。Surfaceは全モデルBluetooth規格に対応しているので、問題なく使用できるでしょう。USBポートにレシーバーを接続する必要はありませんが、Surfaceとマウスをペアリングする作業が必要です。Bluetooth対応Surfaceマウスは壁などの障害物に強く、広範囲にわたって伝播する2.4ギガヘルツ帯の周波数を利用しています。半径10メートル以内であれば通信可能ですが、レシーバーを使うワイヤレスマウスと比較するとやや電波が不安定になる傾向があるようです。電波干渉の原因を取り除けば、レシーバータイプと同程度に安定して利用できますよ。

レシーバーを差し込めばすぐに使える2.4ギガヘルツ方式Surfaceマウス

2.4ギガヘルツ方式Surfaceマウスは、SurfaceのUSBポートにレシーバーを差し込んで接続するワイヤレスマウスです。面倒なペアリング作業は不要で、レシーバーを差し込むだけで面倒な設定をしなくてもすぐに使えるのはいいですね。レシーバーを用いることでSurface本体とマウスとの位置が正確に把握できるため、Bluetooth方式のマウスと比較すると安定して操作できます。壁などの障害物に強く広範囲にわたって伝播する2.4ギガヘルツ帯の周波数を利用しており、半径10メートル以内であれば通信可能です。

手のフィット感で選ぶ

手にしっくりと馴染むSurfaceアークマウス

Microsoft純正のSurface用アークマウスは、手のカーブに沿ったフラットな形状のマウスです。手のフィット感を重視した革新的なデザインが特徴です。多くのマウスは握るようにして使うため知らず知らずのうちに力が入って肩のコリを招いてしまいます。しかし、アークマウスは手に添えるだけなので力を入れて操作する必要はありません。手の疲れを軽減してくれる効果もありますよ。

エルゴノミクスデザインのSurfaceマウス

エルゴノミクスとは、人間が無理なく自然な状態で使いやすいように、人間工学に基づいて設計されたデザインのことです。近年は、純正マウスだけでなくサードパーティー製のSurface向けマウスにも、エルゴノミクスを取り入れた製品が多数販売されています。手首の負担を減らし、手にフィットするよう自然に握れるので、長時間の作業にもぴったりですね。

給電方式で選ぶ

USB充電に対応したSurfaceマウス

USB充電に対応したSurfaceマウスなら、SurfaceのUSBポートとマウスをUSB接続することで給電できます。フル充電が完了するまで少々時間はかかりますが、充電しながらでも使えるマウスが多いですよ。替えの電池購入費用がかからないため、長期的な視点から見るとかなりの節約になります。電池交換の手間が不要なのもポイントが高いです。

充電池対応のSurfaceマウス

一般的なマウスは、乾電池からの給電を必要とする製品が多いです。電池残量がなくなるとその都度交換しなければならず、乾電池の購入費用もかかるのでコスパはあまりよくありません。しかし、繰り返し充電して使える充電池に対応したSurfaceマウスであれば、新たに電池を購入する必要がないのでコスパが良くなります。

Surfaceマウスのおすすめブランド・メーカー

マイクロソフト

純正ならではの優れた機能性とデザイン性

Surfaceの開発元であるマイクロソフトは、Surface専用の純正マウスを販売しています。軽量で持ち運びしやすいSurfaceマウスから、エルゴノミクスに基づいたアークマウスなどバリエーションも豊富です。価格はやや高めですが、どの製品も機能性とデザイン製に優れていてSurfaceとの相性も抜群です。サードパーティー製のマウスはSurfaceのモデルによっては利用できない場合もありますが、マイクロソフト製マウスならすべてのモデルで利用できるのも心強いですね。

logicool(ロジクール)

静音性に優れたSurface対応マウス

ロジクールは、スイスに本社を置く世界的なパソコン周辺機器メーカーです。パソコン周辺機器の中でも特にマウスには力を入れており、Surface向けのマウスも豊富です。軽量スリムなPebble(ペブル)シリーズや有線マウス並に精密なトラッキングが可能なMASTERシリーズなどは特に人気が高いです。

エレコム

格安で高機能なSurface対応マウス

エレコムは、コスパに優れたパソコン周辺機器を販売している人気メーカーです。Surface対応のマウスも多数展開しています。特に、持ち運びや静音性に優れたCAPCLIP(キャップクリップ)や6ボタンタイプのUltimate Blue 6ボタンマウスなどが定番です。

サンワサプライ

機能性に優れたマウスが豊富

パソコン周辺機器大手のサンサプライは、機能性に優れたマウスを多数展開しています。USBタイプCのマウス、ワイヤレスマウス、Bluetoothマウスなど幅広い種類のSurface対応マウスがラインナップされています。特に、Bluetoothマウスの選択肢が豊富です。

おすすめ&人気のSurfaceマウスランキング

外出先への持ち運びにおすすめのSurfaceマウス

ロジクール-Pebble M350 (2,336円)

ポケットにも収納できる軽量コンパクトなSurfaceマウス

軽量コンパクトなワイヤレスタイプのSurface対応マウス。接続方式は、Bluetoothとレシーバーの両方に対応しています。形状は流行のフラットタイプを採用。無理なく自然に手にフィットします。

本製品のサイズは小型マウスに分類されます。高さは2.65センチと大変薄いため、カバンはもちろん洋服のポケットにも楽々入るほどです。また、重量も100グラムなのでどこにでも持ち運びできるのは魅力ですね。

マイクロソフト-Surfaceモバイルマウス KGY-00007 (3,740円)

Surfaceマウスの中でもトップクラスの軽さ

Surface純正のBluetoothマウス。純正マウスにしか搭載されていないクイックペアリング機能に対応しています。電源ボタンを長押しすることで簡単にペアリングできるので、一般的なBluetoothマウスのようなわずらわしいペアリング設定をしなくても良いのは嬉しいですね。

本製品のサイズは小型に分類されます。重量は電池込みでもわずか78グラム。これは、全Surfaceマウスの中でもトップクラスの軽さです。軽いマウスは機動性にも直結するため、素早い操作が要求されるゲームミングマウスとしての活用もおすすめです。

VicTsing(ヴィクシン)-ワイヤレスマウス PC288AB (999円)

左利きの人もスムーズに使える軽量薄型Surfaceマウス

レシーバー方式のSurfaceマウス。本製品は、左右対称のデザインで設計されているため、左利きの人もスムーズに操作できます。Surfaceに対応した左利きマウスは選択肢が少数なので、左利きの人は候補に加えてみてはいかがでしょうか。

本製品のサイズは小型に分類され、厚みも4.1センチと薄型。カバンのポケットにも楽々収納できます。単三電池1本で動作可能なので、本体重量80グラムに加えても約100グラム程度と軽量です。軽くて持ち運びしやすいため、Surfaceの軽量性を活かしてどこでも作業できるのは魅力です。

精密なトラッキングが魅力のSurfaceマウス

ロジクール-MX Master 3 (13,500円)

高精細なトラッキングを可能にしたクリエイター向けSurfaceマウス

ロジクールのハイエンドモデルマウス MASTERシリーズの最新モデル。接続方式は、Bluetoothとレシーバーの両方に対応しています。最大3台までのデバイスとペアリング可能、ボタンを切り替えればシームレスにデバイス間を操作できます。レシーバーを差し替える必要がないのは便利ですね。

本製品は従来よりも5倍の4,000DPIのセンサー解像度を搭載しています。そのおかげで、ワイヤレスマウスでありながら有線マウス以上の精密なトラッキング操作を可能にしました。お絵描きやゲームで思い通りの操作を叶えてくれるでしょう。

mini2X-2021最新型Bluetoothワイヤレスマウス (1,480円)

コスパに優れたSurface対応のゲーミングマウス

ゲーミング関連機器メーカーのmini2Xから販売されている、2021年度最新版ワイヤレスマウス。接続方式は、Bluetoothとレシーバーの両方に対応しています。マウスサイズは大型に分類されますが、高さは3.3センチの薄型。手の平を乗せるだけで操作できるよう滑らな孤の形状をしています。

DPIは800DPI、1200DPI、1,600DPIの3段階が用意されており、本体のスイッチで切り替え可能です。作業に合わせてお好みの速度を調整するとよいでしょう。1,000円代という低価格路線ですが、ゲーミングマウスらしく正確なトラッキングと素早い反応性を兼ね備えています。ゲーミングマウスではありますが、普段使いにももちろんおすすめです。

ikanzi(イカンジ)-ワイヤレスマウス (1,190円)

7色の光に癒やされるSurface対応マウス

ワイヤレスイヤホンをはじめとした各種周辺機器を販売している、ikanziの2021年度最新版ワイヤレスマウス。接続方式は、USBポートまたはTypeCポートに接続可能なレシーバータイプです。側面には七色のLライトが埋め込まれていて、電源を入れるとライトが点灯します。時間の経過と共に色がゆっくり変化していきます。うっかり電源オフにするのを忘れても、ライトの点灯で判別が付くのでわかりやすいですね。

DPIは800DPI、1200DPI、1,600DPIの3段階が用意されており、シーンに合わせたトラッキングに切り替え可能です。マウスカーソルの速度を制御し、思い通りの操作を叶えてくれるでしょう。本製品はフル充電後約15時間連続稼働できるので、長時間の精密なトラッキングにも充分耐えられます。

静音性に優れたおすすめのSurfaceマウス

BLENCK-ワイヤレスマウスSB-A100 (1,470円)

図書館よりも静かなクリック音

Bluetoothとレシーバーの両方に対応したワイヤレスマウス。本体は標準サイズですが、厚みがわずか2.1センチとかなりの薄型なため見た目はフラットです。レシーバーは本体に収納できるので、持ち運びにも便利ですね。

本製品は静音性に定評があります。一般的にマウスのクリック音は58デシベルとされていますが、本製品はその半分以下の22デシベルしかありません。静かな図書館でも30デシベル騒音がするため、本製品がいかに優れた静音性であるかおわかりになるでしょう。

Ginova(ジノバ)-ワイヤレスマウスX20 (1,780円)

従来よりも9割の騒音を削減

高コスパなゲーミングマウスを世に送り出しているGinovaのワイヤレスマウス。接続方式はレシーバータイプです。本製品は充電池が内蔵されており、たったの1時間でフル充電できるのは素晴らしいですね。フル充電後は90日間の連続稼働が可能です。充電しながらでも操作できるため、有線マウスとしても使用できます。

本製品は、従来のモデルより約9割も騒音を削減することに成功しています。左右のクリックボタンを押しても、カチカチと響かないよう設計されています。静かな図書館やカフェでもクリック音が響かないので、外出先でも安心して作業できるのはよいですね。

HOKONUl-BluetoothマウスQ9 (1,513円)

一般的なマウスと同等のクリック感なのに超静音

Bluetooth方式とレシーバー方式の両方に対応したおしゃれなワイヤレスマウス。本体には充電池が内蔵されており、4.5時間でフル充電が完了します。やや長く感じられるかもしれません。しかし、フル充電後はなんと360日間の連続稼働できるので大変バッテリー持ちが良いです。

静音性を売りにしているマウスはクリックボタンの押下感が少ないため、実際にクリックしたかどうかがわかりにくいのが難点でした。しかし、本製品は一般的なマウスの押下感を損なわず、静かな場所で操作しても響かない静音性を兼ね備えています。カチカチと音が響かないため、図書館などの静かな場所や家族が寝静まった深夜の作業にも安心して使用できるのは嬉しいですね。

手の疲れを軽減してくれるおすすめのSurfaceマウス

マイクロソフト-Surfaceアークマウス (7,611円)

長時間の作業も苦にならないハイエンドな純正マウス

Bluetoothとレシーバーの両方の接続方式に対応したマイクロソフト純正のSurface専用マウス。本製品はスナップ式になっており、中央部で折り畳みできます。スナップ操作でアーチに曲げると電源がオンになり、フラットにすると電源がオフになるという少し変わった電源操作を採用しています。一般的なマウスと比べると使い方が独特ですが、スイッチ操作は不要なので慣れると素早くスタンバイできて便利です。

への字に見える独特の形状が目を惹きますが、これは手の平のぴったりと沿うよう綿密に計算してのもの。手に吸い付くように馴染むため、余計な力を加えずともマウスの精密な操作を可能にします。長時間の作業も苦になりません。タッチ操作やクイックペアリングにも対応しているなど機能性も充分なので、Surfaceユーザ-ならぜひ持っておきたい逸品です。

Delitoo-ワイヤレスマウスS9 (1,580円)

腱鞘炎防止効果も期待できる滑り止めデザイン

レシーバー接続タイプのSurface対応マウス。滑らかで美しい形状は、エルゴノミクスに基づいた滑り止めデザインを採用しています。手に吸い付くようにフィットするため、腱鞘炎防止効果も期待できますね。

ホイール、本体側面、ロゴ部分にはライトが埋め込まれています。ライトはオンとオフを切り替えできます。時間の経過と共に7色に変化し、目を楽しませてくれますよ。本体には充電池が内蔵されており、フル充電すればライトオフの状態で1ヶ月以上、ライトオンの状態で15日以上連続稼働可能です。

ロジクール-ERGO M575 (4,990円)

手指の動きを少なくするトラックボール搭載

ロジクール定番のトラックボールマウス。接続方式はBluetoothとレシーバーの両方に対応しています。大ヒットした前モデルのフォルムを踏襲しつつも、ホイールに傾斜角度を付けて刷新。どんな大きさの手にも自然にフィットしてくれます。

大型マウスに分類される本製品には、左側に大きなトラックボールを搭載。マウス本体を動かさなくても親指でトラックボールを操作すればスムーズにカーソル移動できるため、手への負担が少なくなります。トラックボールは取り外し可能なので、クリーニングして清潔に保てるのもポイントが高いです。

ボタン割り当てできるおすすめのSurfaceマウス

サンワサプライ-400MA097 (1,380円)

使いやすさを追求した5ボタン搭載の高コスパマウス

左利きにも操作しやすい左右対称デザインのSurface対応マウス。表面にはラバーコーティングがされているので、汗や指紋汚れに強く、常にサラッとした感触で快適に操作できます。底面には新たにテフロンソールを採用し、従来以上に滑りやすくなりました。また、思った場所へスムーズに停止できるのも魅力ですね。

本体各所には5つのボタンを搭載。専用ソフトを使えば、ホイールボタンと戻るボタンと進むボタンに別の機能を割り当ててカスタマイズすることも可能です。割り当て可能な操作は29種類用意されているので、頻繁に行う操作を割り当てれば、作業効率が大幅にアップしますよ。

エレコム-BT21BB (2,700円)

コンパクトボディに機能を凝縮したSurface対応マウス

省電力性に優れたSurface対応のBluetoothマウス。背面には従来よりもトラッキング能力が高いUltimate Blue光学式センサーを搭載。これまでは読み取りが難しかったガラスやカーペットなどの上でも、正確にトラッキングして思い通りの動作を叶えてくれます。

本体各所にはホイールボタンを含む6つのボタンを搭載。専用ソフトを使えば、各ボタンやジェスチャーへ好きな機能を割り当てて作業を効率化できます。設定した割り当て機能はプロファイルごとに保存できるので、作業ごとに切り替えできて便利ですよ。

ロジクール-M705M (3,755円)

最長3年間の長寿命バッテリー搭載

レシーバータイプのSurface対応ワイヤレスマウス。一度電池をセットすれば、最長3年間も電池交換が不要になる高い省エネ性を備えています。電池交換がわずらわしい人にもおすすめです。

本製品はマウスのボタンやホイールに操作を割り当てしてカスタマイズできる専用ソフト「Logicool Options」に対応しています。本体各所にはホイールボタンを含む7つのボタンを搭載しており、このうち5つのボタンやジェスチャーにさまざまな操作を割り当て可能。設定した操作はクラウドに保存されます。パソコンを乗り換えても同じマウス設定を呼び出しできるので長く使えますよ。

まとめ

薄型のレシーバーワイヤレスマウスがおすすめ

今回は、おすすめのSurfaceマウスをランキング形式で紹介しました。軽量でタッチ操作に特化したSurfaceは、自宅でも外出先でも快適に操作できるノートパソコンです。このようなSurfaceの携帯性を最大限活かすためにも、カバンの中に入れても膨らみにくい薄型のワイヤレスマウスが最適です。なお、公共のスポットは電波が干渉しやすいため、通信方式は安定して通信できるレシーバータイプが最適でしょう。ご利用の機種に対応したSurfaceマウスを見つけて、快適な作業環境を実現してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*