おすすめのコンプレッションバッグ人気ランキング!【モンベルやイスカも】

キャンプや登山などのアウトドアや、旅行など、荷物をなるべくコンパクトにしたい時に便利なコンプレッションバッグ。種類によって、機能性や使い勝手も異なります。アウトドアの必須アイテムであるシュラフや、テントなどの大きな収納物も簡単に圧縮できると便利ですよね。そこで今回は、コンプレッションバッグの種類別の特徴や、選ぶときのポイントをご紹介。シーン別でおすすめのコンプレッションバッグもぜひ参考にしてみてくださいね。




コンプレッションバッグとは?

かさばる荷物を圧縮できる便利アイテム

登山やキャンプ、旅行などに必要な荷物はかさばりやすく、パッキングにも時間がかかりますよね。そんな時に便利なのが、コンプレッションバッグ。かさばる荷物をコンパクトに圧縮して、簡単に収納することができます。アウトドアや旅行での移動もラクになる便利アイテムですよ。

コンプレッションバッグの特徴

キャンプや旅行の荷物を圧縮してコンパクトに収納できる

キャンプの必須アイテムであるシュラフや、防寒対策のダウンジャケットなど、かさばる荷物を小さく収納。旅行先で必要な衣類も、コンパクトにまとめることができます。大きな荷物があってもしっかり圧縮するので、ほかに必要なアイテムも収納しやすくなり、持ち運びの負担を軽減します。

登山やトレッキングに有用で疲れにくくする

登山やトレッキングでは、たくさんの荷物を抱えることはできません。テントやシュラフをしっかり圧縮してコンパクトにすることで、背負いやすくなり、安全性も向上します。また、体への負担も少なくなるので、体力を消耗しにくくします。

コンプレッションバッグの種類

キャップ型

荷物を限界まで圧縮してコンパクトに持ち運びたい人に

キャップ型は、荷物を約半分くらいまで圧縮できます。荷物を圧縮袋に収納したら、コンプレッションキャップで上下から挟み込んでベルトを締めると圧縮完了。縦横をバランス良く小さくまとめることができ、ボールのような球体に近い状態まで圧縮します。

キャップ型は小さく圧縮できる反面、荷物を入れてキャップをしてからベルトで締めるという作業に手間や時間がかかります。面倒でも、とにかく荷物を小さくしたいという人におすすめのタイプ。とてもコンパクトになるので、かさばる荷物が多い場合にも重宝します。

バッグ型

荷物を手早くまとめたい人に

短時間で素早く圧縮できるバッグ型。収納に時間や手間もかからず、登山などのアウトドアにおすすめのタイプです。ベルトと一体化している収納袋に荷物を入れて、ベルトを締めるだけなのでお手軽。ベルトの締め具合でバッグの細さを調整します。

コンパクト感はキャップ型にかないませんが、ラクに収納できるので手間をかけずにサッと荷物を圧縮したい人はバッグ型がおすすめですよ。バッグのサイズによって高さは決まっていますが、圧縮後は円柱状になって横幅をコンパクトにすることができます。

収納ケース型

スーツケース内に収まるサイズを考えている人に

旅行や出張など、スーツケースに荷物を収納する際に便利な収納ケース型。衣類などのかさばる荷物をコンパクトに圧縮して、スーツケース内の空き容量を大幅にUPできます。SやMなどサイズ展開もあり、収納したい容量に合わせて使用可能。

収納ケース型は、2層構造になっているものもあり、使用済みの衣類と分けて収納できるのでとても便利ですよ。また、片面が防水加工されているタイプなら、濡れたタオルなども収納できます。圧縮方法は、袋に衣類などを入れたら、チャックを締めるだけで圧縮完了。簡単にコンパクトにできるため、パッキングの手間もかかりません。

コンプレッションバッグの選び方

便利な機能性とサイズ感で選ぶ

かさばる化繊シュラフの収納は圧縮時のサイズをチェック

濡れに強くて保温性が高く、洗いやすい化繊シュラフ。ただ、大きくてかさばるのが難点ですよね。冬用の化繊シュラフでも軽々収納したいなら、Lサイズ、なるべくコンパクトにしたいならMサイズ(15ℓ~20ℓくらい)のコンプレッションバッグがおすすめ。圧縮時のサイズも、キャップ型の場合20㎝前後まで圧縮可能です。衣類などを一緒に収納しても30㎝前後。収納するものによって、圧縮時のサイズ感は異なるので、しっかりチェックしましょう。

防水加工なら天候を気にせず濡れたテントも収納可能

コンプレッションバッグに防水機能があると、天候に左右されず荷物が濡れる心配もありませんよね。特に、登山やトレッキングなどのアウトドアは、雨天時の対策も必須。防水加工されているコンプレッションバッグは、荷物を雨から守るだけでなく、使用済の濡れてしまったテントを収納する際も、外に水が浸みてくるのを防いでくれます。

用途に合わせて選ぶ

登山やキャンプ用には軽量で丈夫なものがベスト

アウトドアでは、体への負担を軽減するために軽量タイプがおすすめ。シュラフやその他の荷物を入れるとある程度の重量になるため、バッグ自体の重さをなるべく軽くすることが大切です。例えば、Mサイズのコンプレッションバッグなら、65g前後のものが最適。ただ、軽量だけにこだわると強度が心配なので、シルナイロンなど丈夫な素材であるか確認しましょう。

旅行用では布団や衣類の圧縮袋としても

旅行は、泊数分の着替えや天候に対応できるものなど、荷物が多くなりがち。そんな時にもコンプレッションバッグは役立ちます。衣類はもちろんのこと、布団の圧縮袋としても重宝しますよ。Lサイズ(30ℓ前後)なら、2~3泊くらいの衣類やその他の荷物もラクに収納可能。冬用の服でもしっかり圧縮できるので、かさばらず荷物の整理もしやすくなります。

コンプレッションバッグのおすすめブランド・メーカー

Coleman(コールマン)

高品質なアウトドア用品が揃う信頼あるブランド

キャンプなどのアウトドア用品で知名度の高いコールマン。品質も良く、信頼度も高いブランドです。強度のあるコンプレッションバッグなので、荷物をしっかり圧縮しても破けにくく安心。手の届きやすい価格でコスパ良しの製品が揃っっています。

mont-bell(モンベル)

ビギナーにも手が届きやすい価格でアフターケアも充実

登山仲間で設立したモンベルのコンプレッションバッグは、軽量で迅速に収納できるのが魅力。独自の構造により、力を入れずにサッと圧縮でき、圧縮後もスマートな形状を保てるだけでなく、見た目も美しいのがモンベルの特徴です。

ISUKA(イスカ)

心あるモノづくりをモットーに高耐久と高品質を実現

最高の素材と縫製技術にこだわり、高い耐久性を期待できるISUKA。安全にアウトドアを楽しめるモノづくりを守り続けています。アウトドアで活動する人がより快適に過ごせることを最大の目標とした製品は、高い信頼性を得ています。

oxtos(オクトス)

機能性抜群の登山用品ブランドでコスパも最高

軽量で圧縮率も高く、機能性抜群でありながらも低価格を実現した登山用品ブランドoxtos。厳しい自然環境にも対応できるモノづくりをコンセプトに、シンプルな構造でも高耐久の製品が魅力です。充実したアウトドアライフのためのアイテムが揃います。

おすすめ&人気のコンプレッションバッグランキング

キャンプにおすすめのコンプレッションバッグ

AEGISMAX-コンプレッションバッグ(2,415円)

大幅に圧縮して軽量コンパクトな撥水力抜群のバッグ

撥水加工された20デニールシリコンコーデュラのナイロンで、超軽量を実現。3本のベルトストラップでしっかり圧縮できます。圧縮後は、半分以下まで容量をコンパクトにできるので、荷物の多いキャンプにおすすめ。

低価格のわりに品質には定評があり、サイズ違いで持っていても重宝しますよ。ただ、高い強度を求めるより、とにかく軽量であることを優先したい人におすすめの製品です。サイズ感は、一般的なものより若干大きめなので、しっかりチェックしておきましょう。

OUTAD-圧縮バッグウルトラライトコンプレッションバッグ(1,570円)

防水性に優れシュラフや衣類をしっかり圧縮できる

巾着で開口部を締めるタイプの使いやすいコンプレッションバッグです。コンプレッションストラップが4本ついているので、圧縮率も抜群。縫製もしっかりしていて、つなぎ目が壊れにくいようにデザインされています。

高い防水性と、高容量が魅力のOUTAD。手の届きやすい価格で、機能性も十分ですが、長く愛用するには底部分を補強しながら使用するのがおすすめです。コスパがいいので、コンプレッションバッグの買い足しとしても選びやすい製品ですよ。

エクスペド-ウォータープルーフコンプレッションバッグ(3,780円)

超軽量でコンパクトに収納できる避けにくい生地が魅力

登山装備を意味するエクスペド。アウトドア愛好家のためにデザインされた製品で、防水性重視の人におすすめのコンプレッションバッグです。リップストップナイロン生地により、避けにくく優秀な超軽量アイテム。

圧縮時に使用するストラップベルトは、一般的なものより細く、圧縮率は高くありません。荷物をある程度コンパクトにまとめることができ、中身を絶対に濡らしたくないという人におすすめの製品です。天候に左右されやすいアウトドアで重宝すること間違いなし。

ISUKA-ウルトラライトコンプレッションバッグLL(4,104円)

丈夫な素材でダウンジャケットや衣類も大幅圧縮できる

劣化しやすい底部分や、フタには210デニールナイロンの丈夫な素材を使用し、長く愛用できるコンプレッションバッグ。重量は180gで軽量とは言えませんが、かさばる衣類やシュラフを大幅圧縮して、よりコンパクトに仕上げます。

強度や圧縮率が最強で、最高クラスのコンプレッションバッグと言っても過言ではありません。サイズ展開やカラーも豊富なので、お子様も一緒に家族でアウトドアを楽しむ際や、荷物を種類別で収納する際にも便利ですよ。

オスプレー-ストレートジャケットコンプレッションサック(3,780円)

開口が広く効率的にパッキングできる形状が魅力

大きなシュラフなどを、よりスムーズに収納できる開口部が広いタイプのコンプレッションバッグ。シュラフや衣類を詰める作業も、ストレスなく効率的に行うことができます。長方形なので、隙間を作らずにパッキングしやすいのもメリットのひとつ。

女性でも使いやすく、荷物を詰めたらストラップを締めて圧縮すれば完了。収納のしやすさはピカイチです。持ち手がついていて、バッグのように持ち運ぶことができますよ。ジッパー部分を除き、耐水性もあるのでキャンプでも安心して使用可能。

SealLine-ブロッカーライト コンプレッションシンチサック(4,500円)

4本のベルトでしっかり圧縮できる軽量タイプ

十字になっている4本のウェビングテープが強力圧縮を実現。バッグ型で荷物の出し入れもスムーズです。高周波で2種類の生地を溶着する高周波溶着シームという防水処理方法により、長期間防水性能を維持します。

防水性抜群なので、濡らしたくないシュラフや衣類も安心して収納できますよね。また、空気を押し出すバルブは、一方向にしか流れない仕組みになっていて、空気の押し出しが速いのでより短時間で圧縮が完了します。

登山におすすめのコンプレッションバッグ

oxtos-コンプレッションバッグ10L(1,600円)

横方向に圧縮できるパッキングのしやすさが魅力

縫い目が防水テープで加工されている防水性抜群のコンプレッションバッグ。突然の雨からも中身をしっかり守るので、安心してアウトドアを楽しむことができます。また、濡れてしまったテントを収納しても、外に水が漏れないのも人気の秘訣。

容量は10Lで、羽毛量が450gくらいのシュラフを収納するのに丁度いい大きさです。また、横に細長く圧縮するため、ツーリング時にサドルバッグの上に乗せることも可能。出し入れのしやすさにも定評があるのでおすすめですよ。

ISUKA-ウルトラライトコンプレッションバッグS(2,808円)

底とフタに丈夫な素材を使用した高耐久バッグ

登山に必要な装備をコンパクトに収納できるSサイズのコンプレッションバッグです。登山は、バランスや安全性も大切なポイントになりますよね。収納したものを大幅に圧縮できるので、体への負担も少なくなり、より快適な登山を楽しめます。

装備圧縮が驚くほど簡単に完了するのも登山には嬉しいポイント。荷物を適当に詰め込み、ストラップを引っ張るだけで比較的きれいな形状を保てます。ベルトが4本なので、圧縮率も高く、かなり小さくすることができますよ。

アウトドアリサーチ-ウルトラライトZコンプレッションサック(3,844円)

テントやシュラフもらくらく収納できる

夏用のダウンシュラフや予備の衣類の収納に丁度いい10Lのコンプレッションバッグ。湿気から守ってくれるシルナイロン素材で、小物の収納に便利なポケットがエンドキャップ部分についています。このポケットは、バッグ本体の収納にも役立ちますよ。

土砂降りにも強い優れた防水性があり、軽量で丈夫なので登山などのアウトドアライフも快適。4本のストラップがしっかり荷物をホールドし、強力圧縮します。荷物の容量が多い場合でも、サイズ展開が豊富なので収納物に合わせて選ぶのも良し。

グラナイトギア-eVentシルコンプレッサー(4,428円)

パッキングしやすい楕円形で軽量防水の優秀サック

防水性透湿素材であるイーベントを採用した防水性の高いコンプレッションバッグ。雨などの水気から中身を守る防水機能だけでなく、サックの中の湿気を外へ逃がす透湿機能を兼ね揃えているので、荷物を清潔に保つことができます。

ツルツルとした滑りのよい素材で、収納もスムーズ。また、楕円形のボトムは荷物を詰め込みやすく、ストラップを引っ張るだけで圧縮が完了します。圧縮後は、ボールのようにコロンと小さくなり、荷物をとてもコンパクトにまとめることができますよ。優れた機能性と耐久性に加え、軽量である事も人気の理由。

SEA TO SUMMIT-ウルトラSIL eVENTコンプレッションドライサック(4,104円)

高透湿防水素材Eventを採用した安心の防水サック

縫い目からの水の侵入を防ぐフルシーム加工を施した防水サック。さらに、ダブルステッチ補強で、長く愛用できる丈夫さも魅力です。底面に、高透湿防水素材のイーベントを採用することで、優れた防水性だけでなく、排気バルブがなくても簡単に圧縮可能なサックを実現。

イーベントと、軽量で撥水機能のあるウルトラシルナイロンで作られたサックは、シュラフやテントなど絶対に濡らしたくない荷物の収納に最適です。強度も強いので、荷物を詰め込んでも裂けにくく、安心して使うことができますよ。

ポールワーズ-コンプレッションバッグ10L(2,160円)

優れた撥水効果と洗濯にも強い耐久性が魅力

高い耐久性を誇るポールワーズのコンプレッションバッグは、手の届きやすい価格でありながらも、高性能が自慢の製品。洗濯をすると衰えがちな撥水効果も、ポールワーズなら心配無用。耐洗濯性と撥水効果を維持できます。

汚れても気にせず洗えて、常に清潔を保てるのは嬉しいポイントですよね。また、摩耗に強いコーデュラナイロン素材を使用することで、高い耐久性を保ち、軽量化も実現。バッグに荷物を収納したら、ベルトを均等に締めると約半分以下まで圧縮が可能です。

旅行にもおすすめのコンプレッションバッグ

TASKIN-コンパックデュプレックスパッキングキューブ2個セット(5,800円)

かさばる衣類も5秒で高速パッキングできる優れもの

荷物の多い旅行でも、時短でサッとパッキングが完了するパッキングケース。衣類などを入れたら、チャックを閉めるだけで約90㎜のファスナー間の距離を、50㎜まで縮めることができ、40%のスペースを圧縮します。

圧縮が5秒で完了する高速パッキングシステムを実現したケースの両面は、メッシュと防水加工に分かれていて衛生面も充実。また、破れにくいリップストップナイロンと、高い耐久性のあるバリスティックナイロンで品質にも自信ありのパッキングケースです。

ACTEON-パッキングキューブ大小セット(5,980円)

2層構造だから汚れた衣類の分別にも便利

2サイズがセットになったパッキングキューブ。約55%のスペースを圧縮できるので、スーツケースの中をすっきり整理することができます。冬用のかさばる衣類でも、ファスナーを閉めるだけで手軽に圧縮完了。

素材は、頑丈なリップストップナイロン。シリコンコーティングされていて破れにくく、YKK製の圧縮ジッパーを採用しているので耐久性も抜群。表裏のスペースを賢く活用すれば、汚れた衣類との仕分けに役立ちます。

まとめ

防水加工でバッグ型のコンプレッションバッグがおすすめ

荷物をしっかり圧縮してコンパクトにまとめてくれるコンプレッションバッグは、どんなシーンでも活躍できる防水加工されたものがおすすめです。さらに、収納に手間のかからないバッグ型なら、時短で圧縮が完了するので、整理整頓に時間をかけたくないアウトドアに最適ですよ。