おしゃれでおすすめの昇降式テーブル・リフティングテーブル人気ランキング!

日常で使用する身近な家具のテーブル。必需品でありながら、意外と場所を必要とする家具でもあります。引っ越しの際や新しいテーブルを選ぶとき、サイズや置き場所に悩むケースも少なくありません。また、数も多く持てないでしょう。もしも、テーブルがマルチな人数に対応してスペースを取らず、色々な使い方が出来れば便利だと思いませんか。そんなユーザーに理想的なのが、昇降式テーブルです。折り畳み式を選べば収納場所を選ばず、天板が広がる製品なら1人から複数人で使用が出来ます。また、高さの調節が可能で、ソファーやベッドサイド、ダイニングテーブルと幅広い活躍が期待できる便利なテーブルなのです。今回は昇降式テーブルについて詳しく解説してきますので、参考にしながら上手にベストアイテムを選んで下さい。




昇降式テーブルのメリット

高さの調節が自由に出来るので着座と床座の両方に対応

座る場所や方法は十人十色で、椅子もあればソファーもあります。また、床や座椅子に座ることもあるでしょう。そんな時に高さ調節が出来れば非常に便利です。昇降式テーブルなら手軽に高さを調節できます。ガス圧式や電動式を選べば、女性でもワンタッチで高さを変えられるのです。また、無段階調節機能があれば、個別の身体条件に合った高さを実現することが出来ます。

無段階調節機能付きならソファーにも合わせやすい

無段階調節が出来る昇降式テーブルは、非常にソファーと相性がいいアイテムです。食事や仕事を行えるように高さを変えれば、ソファーをマルチに使用することが出来ます。ダイニングにはダイニングテーブル、リビングにはソファーと専用テーブルといった、規則性を無視して、スペースの有効利用が可能です。ロウヤやエア・リゾームインテリアのように、インテリア性の高いメーカーを選べば、ソファーと合わせてスペースをシックにまとめることも出来ます。

オフィスで立ち仕事ができるスタンディングデスクとして

立位が取れる高さのデスクタイプを選べば、オフィスでも自宅でもスタンディングデスクとして活用が可能です。特にニトリやFLEXISPOT、オフィスコムの製品は、家庭でも仕事や勉強の相棒として活用される、手軽な昇降式デスクと言えるでしょう。オフィス向けの昇降式テーブルはPCに対しての配慮が高く、昇降機能も充実しています。今日のオフィスでは、健康志向の高まりでスタンディングワークが注目されており、それにハマった機能と形を持つ昇降式テーブルも、注目のアイテムなのです。

昇降式こたつなら椅子に座りながら暖をとることも

こたつ台は通常、着座で使用することしかできません。しかし、昇降式こたつなら椅子に座って暖を取ることが出来て、ひざ痛や腰痛に悩む方のサポートになります。さらに、シーズンオフも使い勝手がよく、ダイニングテーブルとしての活用にも期待が持てます。出し入れを必要とせず、オールシーズンでの活用が可能なのです。山善などの電化製品に富んだメーカーが参入し、昇降式こたつを販売しています。

出し入れが簡単なため客間に最適

折り畳み式や天板展開が可能な昇降式テーブルは、出し入れが非常に簡単です。折り畳めば細いスペースに収納が可能で、キャスター付きなら移動も楽に行えます。また、天板を展開できるタイプを選べば、通常の小さい状態のまま持ち運びを行えます。天板を展開することで複数人に対応できるので、客間には最適なテーブルと言えるでしょう。折り畳み式の昇降式テーブルはインテリア性が高く、ロウヤやドミタリアといったデザインと機能面を両方合わせた製品がおすすめです。

昇降式テーブルのデメリット

X脚が邪魔で使い勝手が悪く感じるときがある

折り畳み式に多く採用されているX脚は、収納や高さ調整に優れた利点を持っています。反面、ダイニングテーブルとして椅子と合わせた場合は、X脚を邪魔に感じるかもしれません。X脚はソファーや着座に合わせて採用するか、ドミタリアに代表されるX脚部分の設計に拘ったメーカーから選ぶといいでしょう。

昇降式テーブルの種類

折り畳み式(軽くて収納に向いた製品が多い)

折り畳み式を採用した昇降式テーブルはX脚がメジャーです。X脚は便利で、脚の範囲で無段階調節の高さ調整を行えます。製品によってはガス圧式も同時採用していることがあり、ハイブリットなタイプを選べば昇降が非常に楽です。

折り畳み式の昇降式テーブルは収納を想定しており、重量が軽いという特徴を持ちます。限界まで高さを下げれば、ベッド下のスペースや隙間を利用した収納が可能です。そのため、コンパクトに利用できるメリットがあります。ある程度の限定された空間や、一人暮らしに向いた昇降式テーブルと言えるでしょう。

ガス圧式(ワンタッチでの高さ調整が可能)

ガス圧式はメジャーな昇降システムで、多くの昇降式テーブルがガス式を採用しています。ペダルやレバー、ボタンによる操作が簡単で、サイズや脚の形に幅を持たせて選べるメリットを持ちます。ダイニングテーブルとして利用できるサイズも多く、固定用の昇降式テーブルならガス圧式はおすすめです。

ガスは軽いため、コンパクトサイズの昇降式テーブルなら重量も軽くて済みます。上に重い物を置いていなければ、昇降がワンタッチで完結する手軽さは優秀です。そのため、主婦や女性なら、ガス圧式から選ぶと便利でしょう。多人数を対象にしたり、家族で使ったりする面積がある昇降式テーブルも、ガス圧式から選ぶのはおすすめです。

電動式(物を乗せたままパワフルに高さ調節が出来る)

電動の昇降式テーブルは電源が必要不可欠です。そのため、移動や収納には向かず、据え置きする必要があります。それを現すように、オフィス向けのデスクタイプや、大型で昇降機能があるダイニングテーブルなどに採用さ入れています。天板が重くなれば昇降には力が必要ですが、電動式なら力は必要ありません。

電動式を採用した昇降式テーブルは一般的に高額な製品が多く、多彩な機能が付属しています。そのため、仕事や趣味に向いた作業環境を作るのに適しており、特にデスクタイプは個人専用を念頭に置いて選ぶのがおすすめです。重い物を乗せたままでも簡単に昇降できるので、作業の最中でも机上を片付ける必要が無く、常に作業をしやすい体勢で利用できます。

昇降式テーブルの選び方

使用人数に合わせて天板の形とサイズを選ぶ

一人暮らしには最大2人まで座れるコンパクトな角形

コンパクトな角形は収納に便利な形です。一人暮らしに向いた部屋の広さなら、使わないときは収納してスペースを取ることが出来ます。常時で出しておいても用途範囲が広いので、コンパクトな角形の昇降式テーブル1つで、ライフスタイルに対応できるでしょう。また、サイドテーブルとしても活躍できるので、スペースが広い場合はリラックススペースでの利用もできます。

直径の大きな一本脚の丸テーブルなら人数を限定せずに使える

一本足の丸テーブルなら、昇降式テーブルの脚を気にする必要はありません。椅子を並べやすく、テーブルの脚も邪魔にならないので、人数を気にしないでテーブルを囲むことが可能です。天板が大きな場合でもガス圧式や電動式を選べば、ペダルやレバーで簡単に高さを変えることが出来ます。

天板がワイドに広がる伸長式なら急な来客にも対応可能

天板がワイドに広がる伸縮式なら、普段はコンパクトな広さのまま利用できます。来客の際には天板を展開すれば、マルチな人数でも使用することが可能です。通常時は1人から2人用の天板でも、展開すれば4人から6人で使えます。また、ガス圧式やキャスター付きなら持ち運びや移動にも対応でき、スペースも問いません。

お部屋のインテリアに合わせて選ぶ

お部屋に統一感を出すには白色がおすすめ

白色のメリットはインテリアとの合わせやすさです。すでに置いてある家具との色の調和が高く、統一感が出ます。周囲と色が同化するので、テーブル独特の存在感や圧迫感が減り、スペースを広く見せることに成功した良い例です。白には光を反射する効果があり、色の効果と合わせて部屋自体の雰囲気を明るくしています。白いテーブルの使い方のお手本と言えるでしょう。

天然木とインテリアの調和でライトなアメリカンスタイルも

スペースの一角にソファーと昇降式テーブルを配置し、特別な空間を演出しています。デニムのソファーに合わせて、天然木の昇降式テーブルを狙って選ぶことで、アメリカンスタイルを実現。ラフな小物を取り入れて、さらに雰囲気を高めた例です。ハイセンスな昇降式テーブルの使い方と言えるでしょう。

昇降式テーブルのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

床や座椅子にマッチした昇降式テーブルを販売

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

LOWYA(ロウヤ)はインテリア性の高い家具や雑貨を販売しているメーカーです。製品の品質や機能面にも一目を置かれており、あれば便利な家具をラインナップしているメーカーでもあります。昇降式テーブルにおいても例に漏れず、利便性とインテリア性の両方に魅力があるのが特徴です。

エア・リゾーム

昇降式から伸長式まで機能性の高いテーブルを提供

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

エア・リゾームは、北欧家具や北欧インテリアを中心に販売しているメーカーです。モダンで木の温かみが感じられる北欧系の家具やインテリアは、日本の住宅事情にもマッチしています。もちろん昇降式テーブルにも同じことが言え、生活の癒しとしてポイントが高いメーカーです。機能面にも拘っており、通常の昇降はもちろん、天板昇降や伸長式においても使い勝手の良さは魅力と言えるでしょう。

大川家具

種類が豊富で様々なタイプから選べる

大川家具は学習机で知られている、老舗の家具メーカーです。リアル店舗と通販サイト共に評価が高く、ユーザー目線に立ったサービスを展開しています。昇降式テーブルはスタンディングタイプからリビングセットまでラインナップが豊富です。小技と技術が利いた高級家具として、昇降式テーブルを販売しています。

ニトリ

昇降式の家具はオーソドックスで使い勝手がいい

近年の日本では、最も知名度が高い家具メーカーの1社であるニトリ。当然ですが昇降式テーブルも販売しています。また、ニトリは電動式のデスクタイプを扱っている、数少ない家具メーカーです。通常は文具やオフィス製品のメーカーが、電動式のデスクタイプを扱っています。そのため、個人で購入するには敷居が高い製品ですが、ニトリならリアル店舗で直に購入することも可能です。簡単で扱いやすい機能に限定し、使い勝手がいい昇降式の家具が揃っています。

おすすめ&人気の昇降式テーブルランキング

一人暮らしにおすすめの昇降式テーブル

ロウヤ-バランスDESK (4,990円)

コンパクトに折り畳める一人用の昇降式テーブル

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

天板のサイズは小さめで奥行39.5㎝、幅が69㎝です。そのため、一人で使うのに特化した昇降式テーブルと言えるでしょう。高さは45.5㎝から72.5㎝の高さまで選べ、手動で調整を行います。しかし、全体重量は5.1㎏なので、強い力は必要ありません。

全体重量が軽いうえに、折り畳むと厚みは7.5㎝しかありません。そのため、ベッドやソファーの下に収納して、必要な時だけ使用するサイドテーブルとしておすすめです。本を置けるストッパー付属で、天板の角度を変えられるため、楽な姿勢で本を読むことも出来ます。読書好きにもおすすめしたい一品です。

エア・リゾームインテリア-昇降天板テーブル Belle(ベル) (28,000円)

仕事机に最適な収納力の高いテーブル

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

天板下が収納スペースになっている、天板昇降式のテーブルです。天板は半面が昇降式で、もう一方はスライド式になっています。天板下にある深さ13.5㎝で奥行42㎝、幅が104㎝のスペースに、よく使う道具やノートパソコンなどを入れておくことが可能です。

通常のサイズは幅120㎝で奥行が50.5㎝、高さは37㎝です。天板を開くと幅が160㎝、奥行が82㎝で高さは60㎝まで上がります。重さは27㎏あり、動かすには重たい昇降式テーブルです。そのため、スペースが取れる場所に設置する必要があるでしょう。天板の塩化ビニルや粉体塗装したスチールは手入れが簡単で、頻繁に使用しても美しさを保ちやすいです。ソファーや着座で仕事や趣味をするなら、おすすめできる昇降式テーブルです。

山善-昇降式こたつテーブル (59,900円)

冬場にはこたつとして活躍

一見して昇降式テーブルには見えない、インテリアとしても優れた製品と言えます。冬場はこたつとして活用できますが、シーズンオフの見た目はテーブルそのものです。高さは55.5㎝から76.5㎝まで、付属のハンドルを回して調整します。普段はハンドルを外せて、ヒーター部分も隠れて気になりません。コードも天板下に収納できるため、室内の雰囲気を損なうことはありません。

一本脚で奥行80㎝、幅が120㎝と広いので、4人から6人まで椅子でこたつを楽しむことが出来ます。着座で使うよりもソファーや椅子に向いており、ハンドルで楽々と高さ調整が可能です。また、こたつの調整もダイヤル式で簡単なため、シルバーやシニア世代がいる家庭には、是非ともおすすめしたい昇降式テーブルです。

ニトリ-昇降デスク (29,900円)

勉強や仕事に向いた昇降式の簡易机

奥行66㎝で幅120㎝のデスクタイプです。重さは29.8㎏で、しっかりした安定感があります。高さを73㎝から120㎝の間で無段階調節し、スタンディングデスクとしても活用することが可能です。調節方法はレバーが採用されており、回すことで簡単に天板を理想位置に調整できます。

オフィス向けの昇降式デスクやスタンディングデスクは、多機能で価格もそれなりです。しかし、ニトリの昇降デスクはシンプルで余計な機能は付属していません。そのため、個人で使用する仕事や勉強用の机としては最適です。自宅用のスタンディングデスクとして、おすすめできる製品です。

折りたたみ式でおすすめの昇降式テーブル

エア・リゾームインテリア-昇降式テーブル (41,349円)

伸長式天板で6人までのマルチな人数に対応

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

折り畳みのガス圧式で、天板を広げることが出来ます。普段は奥行72㎝、幅120㎝の長方形の天板です。高さは38㎝から78㎝の間で、X脚を使って無段階調節が出来ます。天板の展開後は直径120㎝の丸テーブルになり、4人から6人での使用が可能です。

重さは30㎏ありますが、キャスター付きで持ち運びは簡単です。ガス圧式で高さ調節も簡単なので、ソファーテーブル以外にも着座や椅子に合わせてマルチ使い方が出来ます。色に白色があるため、インテリアとマッチさせやすいのもポイントと言えるでしょう。どんな場面でも汎用的に対応してくれるので、総合力重視なら期待が持てる昇降式テーブルです。

ララスタイル-マルチスタイルテーブル (12,990円)

机上を広く使えて収納には場所を取らない

ガス圧式のX脚を採用した、シンプルでスタイリッシュな昇降式テーブルです。X脚を折り畳むと、最小高は12㎝になり、非常に薄くなります。重量は21㎏ですがキャスター付きで移動には困りません。そのため、隙間を利用した収納に向いており、普段は収納しておくことも出来ます。

奥行69㎝で幅120㎝、高さは12㎝から72㎝まで無段階調節が可能です。そのため、着座からソファーに強い昇降式テーブルです。天板がナチュラルな天然木で、フローリングと相性がいい一面も持ちます。収納や移動、高さ調整の容易さも加味して、狭いスペースの活用に向いた、折り畳み採用の昇降式テーブルと言えるでしょう。

ランダー-リフティングテーブル (14,800円)

シンプルに使いやすさを重視している

一般的な昇降式テーブルのサイズより、一回りコンパクトな特性を持ちます。サイズは幅が90㎝で奥行が60㎝です。そのため、使用するなら1人か、もしくは2人でギリギリになります。そのため、重量は非常に軽い11㎏で、折り畳めば高さは11㎝しかありません。

使いやすさを重視しており、組み立てが必要ない完成品で届きます。また、ガス圧のX脚を採用しており、天板下のグリップを握るだけの無段階調節も非常に簡単です。天板は女性に人気が高い天然木のナチュラル系で、キャスターも付いています。そのため、一人暮らしの女性に対して、非常におすすめできる昇降式テーブルです。

ドミタリア-リフトアップ イタリア製昇降エクステンションテーブル (102,651円)

インテリア性と機能性の両立が素晴らしい

ドミタリアの昇降式テーブルで、ガス圧式のX脚を採用しています。また、伸長式の天板も兼ねており、天板のサイズは2倍になります。通常時は幅110㎝で奥行70㎝の1人から2人用ですが、伸長時は幅140㎝で奥行は110㎝と4人用サイズです。

ドミタリアはX脚に注目して欲しいメーカーで、デザインが工夫されています。椅子を使い4人でテーブルを囲んでも、邪魔にならない造りになっています。重量は43㎏で、どっしりとした安定感です。キャスターがあるので、移動面の心配は要りません。色は3種類でウェンジとナチュラル、白から選べます。インテリアにも合わせやすいので、メーンのテーブルとして広い空間での活用に向いた製品です。

電動でおすすめの昇降式テーブル

サンワサプライ-電動上下昇降デスク (205,632円)

オフィス向けの機能が充実した人気の昇降式テーブル

サンワサプライはパソコン製品全般を手掛けるメーカーで、電動の昇降式テーブルを販売しています。特性としてはPCの作業に向いたデスクタイプで、63㎝から128㎝まで自由な高さ調節が可能です。そのため、程よい高さのスタンディングデスクとしても活用できます。

幅90㎝で奥行80㎝と意外にコンパクトです。コードも3.2mあり、置き場所は問いません。高さ調整はボタンを押すだけで、障害物を検知する挟み込み防止機能が働いています。操作が簡単で、なおかつ安全に運用できるため、女性の多いオフィスでも安心して使用できるでしょう。また、背の高い男性でも比較的に立位で使いやすい高さです。

ニトリ-電動昇降デスク (59,900円)

PVCシートで傷に強く手入れが簡単

余計な機能は無く、シンプルに電動の昇降機能が目立つデスクタイプです。PCでの作業環境に向いており、電動採用のデスクタイプとしては、個人でも使いやすいコストパフォーマンスと言えるでしょう。天板はPVC素材で傷や水に強く手入れが簡単です。

サイズは幅120㎝で奥行60㎝と、コーナースペースや壁際の設置に向いています。また、高さの調整はボタン操作で行い、73㎝から122㎝の無段階調節が可能です。個人で購入する場合は仕事や勉強、趣味に向けてがベストで、相棒として活躍する製品です。

FLEXISPOT-スタンディングデスク (71,064円)

女性でも簡単に組み立て出来る多機能な昇降式テーブル

FLEXISPOTは電動式デスクやスタンディングデスクなど、デスク製品に特化したメーカーです。近年は日本でも人気が高まり、FLEXISPOTの電動昇降式デスクはオフィスでも個人でも、広く普及し始めています。サイズは幅140㎝、奥行70㎝で、少し広めのデスクとしても優秀です。

女性にも組み立てやすい特徴があり、脚をネジ4本で取り付ければ完成します。また、最小高が63㎝と低いタイプです。机の目安では4号で、適合身長の目安は145㎝から158㎝になります。そのため、身長が低い女性でも座位と立位の両方で使用できるでしょう。また、子供の勉強机としてもおすすめで、低学年からでも身長に合わせて使用することが出来ます。

オフィスコム-業務用電動デスクパブロ (48,492円)

リーズナブルな電動式で多機能が売り

国内のオフィス用品メーカー、オフィスコムの電動昇降式デスクです。オフィス向けの便利機能が満載ですが、値段はリーズナブルに収まっています。そのため、個人での使用にもおすすめできます。サイズは幅100㎝で奥行70㎝と、デスクワークにピッタリです。

機能面では障害物検知機能をはじめ、メモリー機能が付いています。メモリー機能は高さ調節に便利で、68㎝から120㎝まで4つの設定がワンタッチで切り替え可能です。また、数字で高さを視覚化することも出来ます。高さを保存すること出来るので、家族同士やオフィスでのシェアが簡単であり、ユーザー側からコストパフォーマンスを上げることも可能です。

まとめ

使用する高さと範囲に合わせた昇降式テーブルがおすすめ

昇降式テーブルは自身や家族の座り方と、使用するスペース、移動の範囲に合わせて選ぶのが効果的です。さらにライフスタイルやインテリアに合わせて、色やサイズを選んでやれば、効率よく運用することが出来ます。セカンドテーブルとしても優秀で、収納に便利な昇降式テーブルを選べば、来客の際は強い味方になるでしょう。