おしゃれでおすすめのピクチャーレール人気ランキング!【選び方や取り付け方法も】

ワンルームなどのマンションは収納スペースが限られますよね。収納スペースの確保に困っていませんか?そんな方におすすめしたいのが、ピクチャーレールです。ピクチャーレールを配置することにより、省スペースで洋服をかけておくことが可能。単に便利なだけではなく、インテリア性の高いモデルも数多くありますよ。写真や絵画、ポスターをかけておくのもおしゃれでおすすめです。今回はそんなピクチャーレールの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。インテリアに差をつける見せる収納にチャレンジしてみたい方は、是非この記事を参考にしてみて下さいね。



ピクチャーレールとは?

部屋にポスターや絵画を吊るすための室内ツール

ピクチャーレールは、部屋の壁や天井に設置する横長のレールのこと。レールの中に仕込まれたフックや、レールからつり下げられたフックにポスターや絵画などを掛けて使います。美術館で見たことがある方も多いのでないでしょうか?収納スペースが少ない部屋であっても、デッドスペースの壁を魅せる収納として使うことができます。DIYが好きな方のあいだでも話題になっているアイテムです。

ピクチャーレールの特徴

取付用フックの穴を開けずに壁や天井に後付けできる

賃貸住まいの方は、できるだけ壁に穴を開けたくありませんよね。ピクチャーレールがあれば、ものを掛けるたびに壁にフックやクギの穴を開ける必要がありません。家を借りたときにピクチャーレックが先付けされているところはありますが、それもまだまだ少ないのが現実。一方で後付けできるピクチャーレールは多く販売されており、組み立てが苦手な方でも簡単に取り付けることができます。ポスターや絵画を飾りたいときに、ピクチャーレールがあれば気兼ねなくインテリアにこだわることができますよ。

おしゃれな魅せる収納としての使い方も

壁にポスターや絵画を飾るだけで、部屋の印象はぐっとおしゃれになります。ピクチャーレールは、フックの位置がレールの幅のなかで自由自在に動くため、気分によって飾りを動かすことが可能。お気に入りの洋服を飾って、魅せる収納にチャレンジすることもできますよ。

ピクチャーレールの使い方・活用術

おしゃれな額縁にお気に入りの絵や写真を飾る

部屋の壁をおしゃれに彩るうえで欠かせないのが、絵や写真を飾ること。無機質な壁であっても、パッと華やかに変えてくれます。また、自分のお気に入りの絵を飾れば、部屋に個性が出てきます。絵を飾るときのポイントは、目線に合わせること。美術館では床から約150cmの位置に展示されることが多く、これは鑑賞するお客さんの平均的な目線の高さから割り出されています。インテリアとして部屋に飾る場合には、絵の中心が床から150cmを基準にすることがおすすめです。

個性的な時計が部屋のアクセントに

壁になにを飾ればよいか迷ってしまう方は、時計を飾ることから始めてみましょう。時計を飾るだけで壁にアクセントを与えることができるため、部屋の印象を引き締める効果があります。個性的な時計を選べば、それだけでおしゃれなインテリアにも。時計のデザインに合わせて、ピクチャーレールに何を飾ろうか考えるのも楽しいですよ。

何かとかさばるビニール袋やお菓子を入れておく

子供がいるご家庭では、おやつや何かのときのビニール袋など、かさばってしまうものの収納に困っているのではないでしょうか?そんな時は、ピクチャーレールにショルダーバッグを掛けてみるのがおすすめ。壁のスペースを有効活用することができるため、散らかりがちな部屋をすっきりとした印象に変えてくれますよ。

壁にテレビを飾ることで部屋のスペースを広く使うことができる

1人暮らしなど、部屋がどうしても狭くなってしまう場合には、壁を有効に使うことを考えてみましょう。たとえば、テレビ台を置くスペースがなければ、いっそのこと壁にテレビをかけてしまうのもひとつの手。テレビの重さに耐えるだけの耐荷重をもったレールを選ぶ必要はありますが、壁を使うことで、部屋のインテリアの幅を広げることができますよ。

ピクチャーレールの選び方

耐荷重で選ぶ

重たい絵画を吊るす場合には耐荷重50kg以上のものを

ピクチャーレールを選ぶときに重要となるのが、耐荷重です。とくに、額縁に入った絵画など、重たいものを吊るしたいときは購入前に必ず耐荷重を確認するようにしましょう。絵画の場合には、強度の高いピクチャーレールを選ぶようにします。耐荷重50kg以上のものを選ぶと安心ですよ。

軽量のものは2点吊りでバランスをとる

フックが2個ついたピクチャーレールは、多く販売されています。シンプルで使いやすいことが特徴ですが、レールの片方にフックが寄ってしまうと、重心が傾き、場合によっては本体のレールが曲がってしまうことも。そのため、できる限りフック同士を話し、バランスよく飾るようにしましょう。

取り付ける位置で選ぶ

設置が簡単な「壁付」にするのがおすすめ

ピクチャーレールは壁と天井に設置できますが、どちらに設置するか悩んだら壁につけることをおすすめします。なぜなら、レール部分は基本的に壁に簡単に取り付けられる構造になっていることが多いためです。もちろん天井にも設置できる兼用タイプもありますが、天井につける場合には初心者だと設置が難しいことが多いですね。

天井に取り付ける場合は「天井付」対応のものを

天井に取り付けるメリットは、空間をより大きく魅せることができる点です。壁にピクチャーレールを取り付けた場合と、天井に取り付けた場合を比べると、もちろん天井に取り付けた場合のほうが床からの距離が遠くなります。視覚的に部屋を広く魅せたいという場合には、天井に設置するのがおすすめです。

吊るす場所で選ぶ

キッチンの引っ掛け収納には短いピクチャーレールを

ピクチャーレールはリビングだけでなく、キッチンでも使うことができます。たとえば、1m以下の短いキッチンレールを取り付けて、フライパンやおなべを吊り下げておくのもおすすめ。キッチンの収納棚はなにかとものが溢れてしまいがちですが、デッドスペースの壁を使うことで、狭いキッチンでも空間を有効活用することが可能です。

狭い部屋には空間を有効利用できるアクリル棚板の利用がおすすめ

趣味で集めたコレクションやお気に入りの小物を、どうやって収納するか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方には、ピクチャ―レールに使用できるアクリル棚板がおすすめ。小物トレイとして使うことができ、壁を機能的に使うことが可能。狭い部屋でも、アクリル棚板があればスペースを効果的に使えますよ。

ピクチャーレールのおすすめブランド・メーカー

トーソー

住空間を機能的に使用することを提案するインテリアメーカー

カーテンレールなどのハウス用品を幅広く扱うインテリアメーカー。ブラインドや間仕切り、オーニングといった空間を有効的に利用する商品を展開しています。トーソーのピクチャーレールは、ほかのメーカーに比べてラインナップが豊富な点が特徴。また耐荷重が30kgのものなど、強度の高い商品を多く取り扱っています。

タキヤ

高いデザイン性が特徴の美術館備品専門メーカー

美術館で使われる備品などを専門に扱う珍しいメーカー。タキヤのピクチャーレールは「コレダ―ライン」と呼ばれ、数多くの美術館で使用されるトップブランドです。またデザイン性の高い商品を次々に生み出し、これまで何度も「グッドデザイン賞」を受賞しています。

福井金属工芸

機能性とデザイン性に優れたピクチャーレールを次々生み出す

ピクチャーレールを中心に、ワイヤーやフック、額金具の製造、販売を行っています。ピクチャーレール専門メーカーとして培われた機能性の高い商品は人気を集めており、販売されている種類も豊富です。また単調なホワイトだけでなく、カラーバリエーションが豊かなピクチャーレールを取り揃え、デザイン性の高さも人気の理由です。

ラーソン・ジュール・ニッポン

ヨーロッパNo.1ブランド「クリックレール」シリーズを手掛ける

世界最大規模の額縁商社です。ハイセンスなフォトフレームや額縁を展開し、世界中に熱心なファンがいます。落ち着いた風合いをもった商品群は、どんな部屋にも似合うと評判です。ラーソン・ジュールのピクチャーレールである「クリック。レール」シリーズは、ヨーロッパNo.1の知名度を誇り、設置が簡単で仕上がりが綺麗なことから高い人気を誇っています。

おすすめ&人気のピクチャーレールランキング

耐荷重でおすすめのピクチャーレール

ラーソン・ジュール・ニッポンークリックレール・プロ(3,575円)

耐荷重50kgの耐久性抜群ピクチャーレール

1mあたり耐荷重50kgと、非常に耐久性に優れたピクチャーレール。重たい絵画でも楽々飾っておくことができます。ピクチャーレールは、重さに耐えかねて落下してしまうことが恐いだけに、まだ何を飾るか決めていない場合は念のため耐荷重に優れたピクチャーレールを買うのがおすすめです。

レール部分とコード先端部の金具が完全に見えないようになっているプロ仕様。また、壁だけでなく、天井にも取り付けやすい構造になっていることがポイント。部屋のデザインを思うがままに変えることができます。白マット調のシンプルな見た目で、どんな部屋にも似合いますよ。

福井金属工芸ーピクチャーレールD型≪重量用≫(2,520円)

手軽さと耐荷重が人気の秘密

耐荷重50kg、1mのピクチャーレール。壁面専用です。額吊レールを使用することにより壁面を傷つけることなく、手軽に左右自由な位置に絵や写真などを吊りさげることができます。また、自在を使用することにより上下にも自由に位置を変えることができますよ。頻繁にコーディネートを変えたい方におすすめです。

拡張高く、風合いのあるデザインで、部屋の印象をワンランクアップさせてくれます。コンクリート以外であれば、素人でも設置が簡単。女性でも苦労することなく取り付けられるのは嬉しいポイントです。耐荷重が50kgもあるので、万が一落下する危険性もないため、子供がいるご家庭にもおすすめですよ。

窓際貴族ーピクチャーレールセット ルーミー20(6,480円)

設置が非常に簡単で女性におすすめ

耐荷重30kgで、重い絵や額、荷物などを掛けるのに適しています。長さは20cm~3mまでカットすることが可能。レール幅も20mmと細身ですので、スッキリとしたデザインのピクチャーレールです。マットな印象なデザインで、ホワイト、シルバーの2種類から選べます。

女性でも取り付けが簡単なように設計されている点が特徴。まずは付属の下地チェッカーで下地を確認し、電動ドライバーがあればすぐに取り付け完了。手動ドライバーでも設置は簡単です。手先の器用さに自信がない方に特におすすめです。壁と天井の両方に設置できることもポイントです。

荒川技研工業ーピクチャーレール(3,032円)

店舗やギャラリーでも使用されている幅広用途のピクチャーレール

耐荷重30kgのホワイトカラーのピクチャーレール。住宅だけでなく、店舗やオフィス、ギャラリーや公共施設など幅広く使われている商品です。自由に長さをカットでき、最大3mまで購入可能。耐荷重も十分で、使用用途を選ばずに使えるのは嬉しいポイントです。

天井と壁面の両方に設置可能。ディスプレイレールとしてもつかえます。また、ビス穴が開いていることもポイントのひとつ。取り付けの手間が省けるため、手先に自信がない方でも簡単に取り付けができます。特別な工具を買う必要がないため、お財布にも優しいピクチャーレールです。

トーソーーピクチャーレール(9,882円)

シックな見た目で和室にも映える

耐荷重15kgの正面後付け用ピクチャーレール。取付ビスや吊元が見えないすっきりとしたデザインです。絵画や時計に加え、洋服やカバン等の日用品を気軽に掛けることができます。カラーは3種類で、お部屋の雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

壁面取り付けのみ可能です。シックな見た目で、リビングだけでなく、和室に設置しても違和感がありません。また、付属の詳細な取り扱い書のおかげで、設置の苦労が少なくて済むのも嬉しいところ。良いとこ取りのスタンダードなピクチャーレールのため、何を買おうか迷ったときは検討してみることをおすすめします。

おしゃれでおすすめのピクチャーレール

ラーソン・ジュール・ニッポンークリックレール(4,615円)

シンプルイズベストを体現するピクチャーレール

スタイリッシュなデザインで、ヨーロッパを中心に人気沸騰中のピクチャーレール。光沢のある見た目が、高級感を漂わせています。また、レールランナーがなく、ワイヤー上部の金属パーツが見えないすっきりとしたでつくりに。寂しい壁面をクールな印象に変えてくれます。

長さは2mで、耐荷重は15kg。壁から10mmの超薄型設計で、額縁が壁面にぴったりくっつきます。またレールの取り付けも簡単で、ストレスなく設置ができることもポイントです。見た目はシンプルですが、国際安全基準に沿った耐久性を合わせ持っているので、長く使い続けられるピクチャーレールといえます。

山伸ーピクチャーレール カラースリムライン 1m(1,188円)

壁をぱっと明るく変えてくれるピクチャーレール

赤、黄色、青の3種類のレールが目を引く、楽しいデザインのピクチャーレール。それぞれ長さが1mなので、3カラーを買って、つなげてみるのもおしゃれです。また子供部屋のランドセル掛けや手提げ掛けとして使うのもおすすめですよ。かわいいデザインが、部屋をぱっと明るくしてくれます。

壁と天井両方に設置ができ、壁は耐荷重が15kg、天井が10kgです。ただし、天井はコンクリート面のみ可能なので注意しましょう。レール部分だけでなく、フックは7種類ものカラーから選べます。取付も簡単で、気持ちが躍るピクチャーラックです。落ち着いた印象の壁を、ちょっと明るく変えたい、というときにぴったりです。

窓際貴族ーピクチャーレール デコレール(3,456円)

木目調の高級感溢れるピクチャーレール

壁をオシャレな収納スペースに変身させてくれるピクチャーレール。レール全面はオシャレな木目調3色とベーシックなホワイトの1色から選べ、壁紙やお部屋のテイストに合わせて選べます。レールの上部が少しくぼんでいるので、ハンガーもサッとかけやすく、上着やコート、マフラーやバックはもちろん、壁デコレーションアイテムとしてお気に入りのCDやレコードを飾ったりもできる優れたピクチャーレールです。

長さは1m~2mの中からお好きな長さにカット可能。耐荷重は10kgです。キッチンやエントランス、また子供部屋や書斎と、場所を選ばずにおされなインテリアとして使えるピクチャーレールです。取付も簡単で、女性1人でもさくさく設置できます。

トーソーーピクチャーレール(3,423円)

優しい色合いで壁を温かい印象に変えてくれる

コンパクトな形状で、どんなお部屋でもコーディネートしやすいピクチャーレール。レール上部には洋服などのハンガーもかけられます。カラーは3種類あり、ウォームホワイト、ライトウッド、ミディアムウッドと、どれも優しい色合いで、冷たい印象になりがちな壁面を温かい印象に変えてくれます。

耐荷重は10kgで、壁と天井両方につけることが可能。値段に幅はでますが、サイズを1cm単位でカスタムオーダーできるのは嬉しいポイント。取り付けたい場所にピッタリな長さにカットできるため、長さが足りなくなったり、逆に短くて困ることがありませんよ。

福井金属工芸ーレールサン・アンティークBセット(16,520円)

職人手作りの格調高いピクチャーレール

職人の手作業で手掛けられた木製ハンドメイドカバーで風合いのある格調高いピクチャーレールです。レールカバーは高級感ある3種類から選ぶことができます。ピクチャーレールには珍しいダークレッドがある点が特徴。部屋のアクセントとしておすすめです。

長さは1mで、1点掛けの場合は耐荷重5kg、2点掛けの場合は10kgです。ワイヤーがブラックな点も、高級感をより演出してくれます。来客用の部屋や客間など、絵画や小物を飾って壁をおしゃれに彩りたい場合に非常に重宝するピクチャーレールです。

石膏ボード用でおすすめのピクチャーレール

福井金属工芸ー石膏ボード用レールサンBWセット(6,880円)

石膏ボードに特化した取り付け簡単なピクチャーレール

全面ホワイトのシンプルなピクチャーレール。見えるところは全てホワイトで統一されているため、お部屋のイメージを壊しません。石膏クギが付属されているため、石膏ボードの壁に簡単に取り付け可能です。石膏ボード用の針も呼びが入っているため、壁が固くて失敗した場合も安心です。

1点掛けの場合の耐荷重は5kg、2点掛けの場合は10kg。2mのピクチャーレールです。取り外し後のクギ穴が小さくて目立たない点も意外なポイント。賃貸でお部屋を借りている場合は、引き渡し時の壁の傷は小さく済ませたいものですよね。クギ穴が小さいため、補修費用を多く取られないというメリットがあります。

タキヤーピクチャーレールセット石膏ボード用(2,073円)

コンパクトで取り付けが非常に簡単

木目調の4種類から選ぶことができるピクチャーレール。落ち着いた印象のデザインで、飾るものを引き立たせてくれます。また、石膏クギ付属で石膏ボードに簡単に取り付け可能。石膏ボード専用のため、取り付けが苦手な方でも非常に簡単に設置ができます。

長さは1mで、耐荷重は1点掛けの場合5kg、2点掛けの場合は10kgです。コンパクトなつくりのため、リビングだけでなく、キッチンや洗面所など、狭い空間にもちょうど良いサイズで使うことが可能。家中の壁を有効活用することができるピクチャーレールです。

Refo Lifeーピクチャーレール/MONO-LINEプラス(5,184円)

石膏ボードとの相性抜群のピクチャーレール

下地がないとき、ビス穴を残せないときにも対応できる石膏クギが付属のセットです。一人暮らしなど、賃貸の部屋で非常に役に立ってくれます。写真やポストカードを並べて、おしゃれに飾ったりしまったりできるピクチャーレールです。

アルミ製なので、金ノコなどで簡単にカット可能。お好みの長さに調整できます。石膏ボードとの相性が抜群のピクチャーレールで、石膏ボードへの取り付けは非常に簡単です。面倒な手間をかけずに、サッと設置したいときにぴつたりのピクチャーレールです。

ピクチャーレールの取り付け方

下地が木材の場合

木ネジを使ってしっかり取り付ける

下地が木材のときは、必ず木ネジを使うようにして下さい。一般的なクギだと、木目にひびが入り、ピクチャーレールが落下する危険性もあります。また、木ネジのなかでも心材まで届く長いタイプのものがおすすめ。木材の壁は見た目以上に繊細なつくりになっているため、慎重に取り付けるようにしましょう。

下地が石膏ボードの場合

一般的な家庭の壁は石膏ボードが主流

一般的な家庭の壁は石膏ボードが中心です。そのため市販のピクチャーレールには、石膏ボード専用のものも販売されています。取付場所が決まったら、キリで穴を開けます。そしてレールを壁に当て、ネジをドライバーで差し込みます。レールにフックを取り付け、両サイドにストッパーを取り付ければ完成です。

下地がコンクリの場合

専用工具が必要になる

下地がコンクリの場合には、素人だと少々設置が難しくなります。コンクリに穴を開けるための専用工具が必要となるからです。ただ、コンクリは強度が高いので、ピクチャーレールを取り付けると衝撃に非常に強く、長く使い続けられることは魅力。自力では難しい場合には、専門の業者があるので頼んでみましょう。

まとめ

耐荷重にすぐれたピクチャーレールがおすすめ

ピクチャーレールを購入する上でこだわりたい一番のポイントは耐荷重。耐荷重に優れているということは耐久性が高いということであり、万が一の落下を防ぐことができ安心です。特に耐荷重50kg以上のピクチャーレールを設置していれば、部屋の模様替えで絵画を飾りたくなったときなどでも、気兼ねなくしようすることが可能です。今回はピクチャーレールについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも部屋の印象をパッと明るくするピクチャーレールを見つけて下さいね。