おしゃれでおすすめのガーデンライト人気ランキング!【埋め込み式も】

癒しを求めるDIYとして、ガーデニングは人気の高いジャンルです。美しく手入れした庭を夜にも癒しとして眺めたいとは思いませんか。また、夜間に帰宅した際に、庭先が暗いと感じたことは無いでしょうか。そんな時におすすめなのがガーデンライトです。庭を美しくライトアップでき、足元や腰回り、頭上を暖かい光で見やすくするガーデンライトは、防犯にも役立つ一石二鳥のアイテムです。今回はガーデンライトについて解りやすく掘り下げて解説していきます。選び方の参考にして下さい。




ガーデンライトの特徴

手入れに手間がかからず夜間の庭の光源として最適

ガーデンライトは雨風に曝されることを前提に作られており、防水や防塵に気を使っています。水没に関しては類ではありませんが、比較的に耐久度が高い製品が多いのが特徴です。そのため、他の家電のように手入れが少なくて済むメリットがあります。また、自動でオンとオフを行うガーデンライトも揃っており、スイッチを入れる必要もありません。庭に置いておけば光源として非常に便利です。

明るいライトやセンサー式を選べば玄関先の防犯性を高める

太陽光に近い色を出したり、センサー式で点灯したりするガーデンライトは、防犯対策としてもおすすめです。特に玄関付近や裏口、窓と言った侵入口の中心になりそうな付近で活躍します。ライトの光自体も夜間の防犯効果が高いですが、防犯意識の高さを間接的に伝える効果があり、犯罪に対して牽制に使えるアイテムと言えるでしょう。

ガーデンライトの種類

ポール(高さに存在感があり足元から腰付近の光源として最適)

ポール型のガーデンライトは、様々な高さから選ぶことが可能です。外灯のような背が高いデザインでも、4㎏を切るような重くないガーデンライトが選べます。また、腰付近から足首程度の高さも揃っており、選んで配置すれば夜間でも腰付近から足元を明るく照らせるのです。

ポール型はデザインも様々です。シンプルなデザインからアンティーク加工された凝ったデザインまで、幅広い中から選ぶことが出来ます。シャード位置が高く存在感があることを含め、装飾としても庭に取り入れやすいのが特徴です。価格帯も幅広く、複数台をまとめて揃えることも可能で、庭の統一感を計りたい場合にも利用できます。

埋め込み(光源は弱めだが設置するだけで手間が要らない)

埋め込みタイプは花壇や踏み石などの通り道といった、低い場所に対して配置されることが多いガーデンライトです。そのため、単体で独立した機能が多く、ソーラー充電や自動点灯が多い特徴もあります。配線で一括管理できる製品も存在し、ガーデンライトのメーンタイプとも捉えることが出来るでしょう。一度設置してしまえば、置きっぱなしで稼働したり、電源元のアタッチメントで調整したり出来るので、手間が必要ありません。

足元や花壇に使われるため、配線が必要な据え置きタイプや玄関先に配置するガーデンライトほど、強い光は持ち合わせていません。シンボルツリーを照らせる製品は限定的です。正し、値段もリーズナブルな物が多く、複数の埋め込み式ガーデンライトを並べれば、足元程度なら問題なく照らし出せます。また、庭の各所を理想的にライトアップ出来るでしょう。

ブラケット(防犯や頭上の明るい光源として壁に固定する)

ブラケットタイプはコンセントから電源を取るタイプと、ソーラー充電で昼間に充電するタイプがあります。頭上に設置できることも多く、強い光を放つ製品の選定可能です。明るい製品は防犯性や光源としての意味合いが強く、デザイン性に劣る一面があります。製品によってはランタン型のように、頭上にも足元にも置ける、デザイン重視のガーデンライトも選定が可能です。

ブラケットは人感センサーを備えた製品が多く、電気工事士による専門的な工事が必要なケースも少なくありません。しかし、取り付けた場合には、埋め込みやポールよりも光量に期待が持てます。夜間における庭先のライトアップや防犯には非常に有効なガーデンライトと言えるでしょう

ガーデンライトの選び方

設置目的から明るさを選ぶ

庭をおしゃれにライトアップするなら淡い光のものを

玄関先やシンボルツリーには、基本的にスパイクスポットやブラケットとのような、明るく周りを照らし出すガーデンライトがおすすめです。一方で、低木や花壇のような目線より下の場所は、メーンポイントのサポートや庭の彩りを考えて、淡い光源がおすすめになります。淡い光が目線下にあるとリラックス効果が高く、DIY的にも取り入れるべき光源と言えるでしょう。

防犯が目的ならlm(ルーメン)の数値が高い人感センサー付き

lm(ルーメン)とは明るさを現す単位で、数値が大きいほど視認性が高く、明るい光になります。よく見る40w白熱電球相当の明るさは485lm、60w白熱電球相当なら810lm以上を目安に考えるといいでしょう。防犯を主目的としてガーデンライトを購入する場合は、人感センサー付きでlmの大きな製品を選ぶと効果が高いです。また、その条件を満たさなければ、防犯上では役割が低いガーデンライトと言えるのです。

屋外環境に適したものを選ぶ

水に弱いソーラータイプは防水性能が高いものを

ソーラータイプは基本的に防水加工がされています。しかし、ソーラータイプのガーデンライトが全て、完全防水という訳でもありません。アンカーやスタンドなどで入水しないようにしなければ、故障する可能性もあるでしょう。そういった場合はIP(防水防塵)やIPX(防水のみ)という規格の数字が基準になります。IPやIPXは4以上が目安で、表記がある場合は高い防水性能が備わったガーデンライトです。

雨風の影響で感電するリスクを減らすローボルトライトもおすすめ

ローボルトライトのメリットは、雨風の影響で漏電を起こしても感電しない点です。一般的な電源電圧である100/200Vを、12Vに変換して利用します。それに付随したメリットとして、低電力により電気工事士の工事は必要ありません。DIY向けの、メリットが大きな製品と言えるでしょう。しかし、光量に限界があるのは間違いありません。そのため、強い光源なら通常の100Vを利用するガーデンライトがおすすめになります。

ガーデンライトのおすすめブランド・メーカー

エアリゾーム

ソーラーや自動点灯のおしゃれなガーデンライトに特化

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!
インテリアの取り扱いに長けたエアリゾームは、ガーデンライトも販売しています。防犯性能を重視しているわけではなく、エクステリア照明のように雰囲気があるガーデンライトに特化しています。インテリア同様、おしゃれで庭との調和を考えたガーデンライトは魅力的と言えるでしょう。

パナソニック

種類が豊富で高性能なガーデンライトが揃っている

日本で知らない人はいないであろう、超有名メーカーであるパナソニック。当然ながら、ガーデンライトのラインナップも非常に多いです。価格帯は比較的に高額と言えますが、種類を問わない数と、高性能かつ機能的な製品が魅力的なのは間違いありません。

青山ガーデン

インテリアのようなガーデンライトが豊富に揃う

青山ガーデンはガーデニングを趣味にするなら、よく知る方もいるでしょう。まるでインテリアのようなガーデンライトが揃い、シンプルなデザインから凝ったデザインまで選べます。電気配線するタイプにも長けており、ローボルトライトのラインナップは見逃せません。

juicygarden(ジューシーガーデン)

デザインにこだわったガーデンライトが特徴

エクステリア照明やガーデンライトと言えば、ジューシーガーデンは外せないメーカーでしょう。玄関や庭周りの製品に長けており、ロングセラーアイテムは非常に魅力的な雰囲気を持っています。デザインや品質に注視した製品も多く、ガーデンライトも窈窕かつ凝ったデザインがあるメーカーです。

おすすめ&人気のガーデンライトランキング

おしゃれでおすすめのガーデンライト

エアリゾーム-ガラスジャーライト (1,994円)

自動点灯式の柔らかいファンタジックな光源

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ガラスジャーを使ったデザインがユニークで、最大の魅力とも言えるガーデンライトです。お気づきかもしれませんが、気に吊るしたり寝かせたりと言った、様々な設置が出来るのも魅力的と言えるでしょう。IP規格は44で、防塵にも強い国際防水規格合格の耐水性があります。

ソーラー充電と自動点灯が付いたタイプです。幅5.5㎝で奥行き13.5㎝、高さは13.5㎝と小型になっており、持ち運びは手軽になっています。また、複数台を同時購入できる価格帯で光色も豊富にあり、非常にDIY向けのアイテムです。洋風の庭におすすめで、おしゃれな雰囲気が出ます。

青山ガーデン-モザイクランタンライト (3,200円)

ソーラー式で足元でも吊るしても美しく使える

ステンドグラスの温かみを生かした、レトロ調のガーデンライトです。一見してソーラー充電には見えませんが、実は機能が付いています。組み立て式のスタンドが付属しており、足元に置く場合でも本体が地面に触れることがありません。

本体は580gと非常に軽く、スタンドから外して吊るす方法も選べます。サイズは幅13㎝奥行13㎝、高さは21.5㎝と、比較的に存在感がある本体です。優しい光と合わせて、テラス付近の足元におすすめできるガーデンライトです。

ジューシーガーデン-スマート&グリーン (25,660円)

スマホで操作できる160,000色の彩りが美しい

全ての辺が35㎝に統一された正六面体のガーデンライトです。内部はLEDですが、外側のポリエチレンカバーで淡い光を演出しています。付属の充電器による6時間充電が必要で、稼働時間はおよそ8時間です。水深1mまでの防水機能があり、屋外に置くことが出来ます。

このスマート&グリーンの魅力は、なんと言ってもスマートフォンによる色のコントロールです。アプリのカラーサークルと連動しており、160,000色の中からワンタッチで自由に色を選ぶことが出来ます。屋外では足元の光源におすすめですが、屋内の粋な照明としてもおすすめで、一石二鳥のガーデンライトです。

風山-ガーデンライト行燈型 (21,900円)

手作りとステンドグラスの温かみは魅力的

電源はコンセントの100Vから取り、40wの白熱電球が付いています。LEDとの交換が可能で、光量を上げることが簡単です。防雨タイプですが、地面と接することになります。雨風が強い場合は室内での管理が理想的です。

風山のガーデンライトは手作りで、全てが他にない一点もののアイテムです。行燈型の格子模様は調和性が高く、和と洋を選ばず庭とマッチします。サイズは幅13㎝で奥行が13㎝、高さが23㎝と控えめですが、存在感があり主役にも適したガーデンライトです。一点ものという点も含めて、上品かつ高級なアイテムと言えるでしょう。

アイランドスタイル-ガーデンライトLTP-01 (18,900円)

テラスやベランダに置けて花台にも利用できる

ガーデンライトLTP-01はバリのガーデンライトで、自然豊かな観光地の出身らしく自然との調和を大切にしています。強い光源と相性が良い性格を持ち、庭の各所に並べて置くと魅力が増します。また、上部が花台として利用可能なので、庭の装飾効果が高いガーデンライトでもあります。緑が豊富な洋式や、モダン建築の庭にもおすすめです。

ライムストーンという、サンゴや貝から出来た石を使用したハンドメイドです。乳白色の光源が暖かく、足元の光源としては理想的でしょう。しかし、重量は25㎏と相当に重いです。サイズも幅と奥行が30㎝、高さは50㎝で大型と言えます。また、電気配線が必要なことから、設置は配線の施工業者に頼むのが理想です。

埋め込み式でおすすめのガーデンライト

ブリッジカントリー-ソーラーガーデンライト (598円)

格安の埋め込み式ガーデンライト

サイズは非常にコンパクトで、幅6.8㎝の奥行6.8㎝、高さはLEDが5㎝で電球色は5.5㎝になっています。小さいながらもデザインが秀逸です。見た目は清涼感がある氷のように美しく、コンクリ打ちなどの本格的な埋め込みにも対応しています。

機能も充実しており、ソーラー充電と自動点灯が付いた防水構造です。IP68で規格に適合しており、あらゆる角度からの水の侵入に強く、防塵性能も抜群に高くなっています。それでいて値段は598円と、ガーデンライトライトの中でも抜群に安いのです。複数台をまとめて使用するのがおすすめで、足元に配置して光源にするといいでしょう。

青山ガーデン-ローボルトライト (4,580円)

小さめで上品なデザインが魅力

別売りの配線コントローラーが必要ですが、ローボルトライトで光源を細かく調整できるのが魅力です。自動点灯機能が付いており、逐一でスイッチを入れる必要はありません。コード全長が3mなので、複数を持つ場合や配置場所が遠い場合は、延長用のコードも用意するといいでしょう。工具なしの作業で配線と増設は簡単です。

サイズは幅12.9㎝で奥行11.2㎝と少し小さいですが、高さが45.2㎝あります。内、アンカーは17.9㎝あり、しっかりと地面に突き刺し固定するといいでしょう。足元を照らすには十分の高さと、電力による安定した光量が期待できます。重量が690gと庭の各所に配置でき、消費電力は0.5wなので複数台でも使用可能です。和洋を問わず日本の家屋にマッチするので、足元を明るくしたい場所を選んで配置するのがおすすめです。

パナソニック地中埋め込み型LEDアプローチスタンド (8,980円)

白熱電球40形1灯の明るさがあり足元を照らすのに威力を発揮

幅と奥行きが10㎝で、高さが29.9㎝のガーデンライトで、電源電圧は100Vを使用します。自動点灯機能を内蔵しており、オンとオフの手間は要りません。そのため、光源としての利用価値が高く、防犯性に優れています。また、光源から遠く足元が暗い庭にもおすすめです。

色温度が2700K(ケルビン)あり乳白色の優しい色合いです。また、Ra(演色性)は色の再現度が高い80あります。50.2lmと光量は少なく見えますが、足元をハッキリと照らしだすガーデンライトと言えるでしょう。デザインはシンプルで、日本の住宅事情に詳しいパナソニックならでは。統一感が高く庭との調和が計りやすいガーデンライトです。

Vance Japan-ガーデンライト (1,404円)

太陽光に近い6000ケルビンを出せるのが特徴

重さが120gと非常に軽く、ランプ部は直径11.5㎝のコンパクトサイズです。IP44の規格適合製品で、雨と防塵の性能にも長けています。高さはランプ部が10㎝でアンカーが27.5㎝あり、高さの自由度が高いく自分で微調整できるのは魅力的です。

最大の特徴として、パワフルな光源を選べることが挙げられます。昼光色に当たる6000Kを選べば太陽光に近く、1,300円という軽めのコストパフォーマンスの割に、防犯性能がグンとアップします。乳白色の3000Kも選べ、庭のライトアップにも一役を買うことができるのです。防犯に注視する場所とライトアップメーンの場所で使い分け、複数台を設置すれば統一感を計れます。デザインのシンプルさも含め、各様式の庭で非常に使いやすいガーデンライトと言えるでしょう。

ガレッジコレクションポール型ガーデンライト (8,980円)

埋め込み式アンカーが長く高さが合っても安定する

埋め込み式とポール型を併用したガーデンライトです。重さが450gで持ち運びも楽な点はポイントでしょう。サイズは直径8㎝で地上部は40㎝です。アンカーは16㎝あるので、細くて少し高めですが安定した固定が出来ます。

外材はステンレスで高級感があり、一見して配線が必要なタイプに見えます。しかし、ソーラー充電と自動点灯を採用しています。単結晶パネルで耐久性と発電効率にも対策しており、手間が掛からないガーデンライトです。足元よりも少し高めで、ライトアップに高さが必要な植物や花壇がある場合には、非常におすすめできる製品です。

ソーラーでおすすめのガーデンライト

エアリゾーム-LEDソーラーガーデンライト (13,254円)

女性にも持ち運びしやすい大型の外灯タイプ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ヨーロピアンな雰囲気を持つ、幅24㎝で奥行22㎝、高さが183㎝の大型ガーデンライトです。ソーラー充電と自動点灯を採用しており、全体重量は3.3㎏と軽く仕上がっています。女性も持ち運びが簡単で、狙った場所に設置できるでしょう。LEDライトを19個配置することで、頭上から足元まで照らす光量を確保しています。

優れた耐食性で錆に強く、シャードには強度が高いポリカーボネート採用しています。耐久度は抜群と言えるでしょう。3色のカラーバリエーションを持ち、グリーンとアイボリー、ブラックから選べます。アイボリーとグリーンにはアンティーク加工が施されており、本格的な英国風の庭にも違和感なく取り入れることが可能です。

エアリゾーム-充電式ハンギングライト Forest(フォレスト) (2,700円)

庭との調和性が高く木漏れ日のような光が特徴的

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

フックで吊るすガーデンライトで、葉をモチーフに取り入れた珍しいデザインです。機能面が充実しており、自動点灯にソーラー充電を採用しています。また、IP44の規格適合製品で防水性と防塵性も十分と言えるでしょう。

サイズは幅と奥行きが18㎝で、高さが44㎝あります。比較的に大きなガーデンライトと言えますが、重量は200gと軽いです。そのため、庭の木にも簡単に吊るすことが出来ます。光源としては淡く木漏れ日の様に優しいです。自然との調和性が高く、緑が多い庭や木がメーンとなる庭にもおすすめです。

Modanic-96個LED付きソーラーライト (3,902円)

TP65防水仕様と硬質プラスチックで耐久性が高い

ライト本体は直径9.5㎝と小型ですが、96個のLEDライトを搭載した明るさは、防犯面でも魅力的です。LEDの光のムラを利用することで、揺らめく火ように光ります。アンカーの長さは21㎝あり比較的に高さ調整は自由です。ソーラー充電と自動点灯を内蔵しており、設置のみの手間で済みます。

あらゆる方向からの水に強いIP65の規格適合製品で、防塵性能も5と高い数字です。悪天候にも強く、ソーラーライトの中では非常に高い耐久度を誇ります。アジアンテイストでリゾート風の雰囲気を取り入れた庭に合い、複数台を設置して雰囲気を出すのがおすすめです。

ブリッジカントリー-LEDソーラーライト (2,980円)

電源と配線が不要でメインツリーのライトアップも可能

本格的なスポットライトですが、自動点灯とソーラー充電を採用しています。配線の必要はありません。大きめのソーラーパネルがあり、日当たりを考えた配置が必要になります。日当たりを確保できれば効率のいい充電が可能で、平均点灯時間は18時間に達します。通常のソーラー充電は6から8時間の平均点灯時間です。相当に省エネのガーデンライトと言えるでしょう。朝までしっかりと庭をライトアップしてくれます。

IP65の規格適合品で、地面付近に設置しても問題ない防水性と防塵性があります。角度調整が5段階あり3方向から光を当てることが可能です。そのため、低木からシンボルツリーまでライトアップすることが可能です。面積が広い庭におすすめで、複数台を設置して光源を確保するといいでしょう。

パインバリュー-鉢植え式ガーデンソーラーライト (15,201円)

3灯式でソーラー式を覆す明るさ

プランターとしての機能も持ち合わせる、外灯の様なガーデンライトです。高さが184㎝あり、頭上から庭を照らす光源として活躍します。幅53㎝で奥行は49㎝あり、大型で重そうに見えますが、重量は3.5㎏です。女性でも持ち運びが出来ます。デザイン的には堂々とした存在感があるので、庭のメーンどころや玄関先に配置するのがおすすめです。また、プランターも兼ねているので、花壇の近くにも違和感なく設置することが出来ます。

1灯では普通のライトですが、3灯でLEDライトを計18個搭載しています。また、裏側のスイッチで強弱を設定することが可能です。ソーラー充電採用のランプよりも相当に明るく、頭上から付近の足元までを照らす光源として、光量は十分と言えるでしょう。背が高いガーデンライトですが、予定位置に設置後にプランターとして植物を配置してやれば、重みで安定感が出ます。ソーラー充電を採用しているので、土を入れる前にスイッチの確認をして下さい。

まとめ

使用する目的に光源の強さを合わせて選ぶのがおすすめ

ガーデンライトを選ぶ際は使用する目的を定め、高さや機能、光源の強さを絞って選びましょう。防犯なら光源が強く人感センサー付きの製品、足元や庭のライトアップなら埋め込みし式の淡い光源というように、明確な指標があれば好みのデザインから選ぶことも容易です。