おしゃれでおすすめのソーラーライト人気ランキング!【屋外を明るく】

陽が落ちてからの屋外作業や移動に、不便を感じたことは無いでしょうか。また、防犯や防災の対策に意識はあっても、一歩が踏み込めないといった事はありませんか。そんな時に選ぶべきアイテムが、ソーラーライトです。近年、防災意識や防犯意識の高まりから、非常に優れた性能を持つコンパクトなソーラーライトが、手軽な価格帯で流通しています。また、趣味としてDIYやガーデニングが人気で、チャーミングで洒落た製品も揃っています。今回は多くのメリットを兼ね備えた、魅力的なソーラーライトを解説していきます。趣味や非常時の備えとして選ぶ際に、是非とも参考にして下さい。




ソーラーライトとは?

太陽光を利用して充電するエコな照明器具

ソーラーライトは太陽光を利用して、日中の間は充電用パネルで充電池に蓄電しています。また、求められる用途が多いため、非常に便利な機能が同時付属する製品が、充実したカテゴリーです。コンパクトで持ち運びに優れた性質を持ち、省エネで使える上に多機能なタイプは少なくありません。常時はさる事ながら非常時にも便利で、素早く使用できるようになっています。また、設計やデザインも各製品で秀逸と言えるでしょう。一石二鳥以上のメリットを持つ、お得なライトなのです。

ソーラーライトのメリット

電気代不要で掛かる費用はソーラーライトの購入費のみ

全てのソーラーライトに共通した最大のメリットは、気代不要で配線工事の必要も無いという事でしょう。太陽光を利用しているので電源を取る必要がありません。ソーラーライトの購入費のみで、維持費が殆ど掛からないのです。充電池の交換が可能なら数年後に交換すれば、本体を再度に買う必要もありません。一部には配線が必要な大型の充電用パネルや、USB充電機能が併用されることもあります。このような製品は、強力な光源や防災時に威力を発揮する性能を備えています。

LEDなので寿命が長く、電源も不要で持ち運びが自由

ソーラーライトは性質上、太陽光を利用して長時間の点灯を実現する必要があります。また、趣味の他に防災や防犯の面でニーズが高く、必然的に携帯や設置の利便性が追求されているのも特徴です。そのため、一例を除いてLEDと強力な充電池が採用されています。さらに、その多くが屋外での使用を想定しています。ソーラーライトは基本的に寿命が長く、防水性や防塵性に優れており、持ち運びが非常に便利なのです。

防犯効果が期待でき、非常時にも役立つ

ガーデニング用品としての利便性は高く、足元や頭上から庭先をライトアップする効果があります。そのため、淡い光で庭を彩る事に重きを置いたソーラーライトもあるのです。しかし、例え光量が弱くても目立つ場所や出入り口付近の設置によって、一定の防犯効果を得る事が出来ます。大きな災害時には停電が心配されますが、日中に蓄電できるソーラーライトは自動点灯し、足元のサポートになるでしょう。また、持ち運びに長けており、殆どは5時間以上の発光が可能です。夜間の非常時には、移動の助っ人として十分に活躍します。

ソーラーライトのデメリット

曇りの日や北向きの玄関など日陰では充電が困難

一定の光量が確保できない場合は、流石に効率がいい蓄電機能を持つソーラーライトでも、真価を発揮する事は不可能です。北向きの玄関など、日中に日当たりが悪い場所には極力設置を避けるべきでしょう。曇りの日や雨の日も心配ですが、その場合は解決策があります。通常の電池やUSBを電源として併用するソーラーライトが、一般的にも流通しているからです。日中に充電が不足しても、他から電力を補う事が可能です。中には本体から充電池を取り出し、他の電化製品の電池として使えるソーラーライトもあります。非常時には大変に便利な機能と言えるでしょう。

充電池に寿命があり交換か本体の買い替えが必要

充電池の充電回数は限られており、自動で充電しています。そのため、製品ごとに定められた一定の期間が経過すると充電池の交換、もしくは本体の買い替えが必要です。基本的に充電池が交換できる製品の方が、コストパフォーマンスが安いと言えるでしょう。しかし、使い切りを想定して、複数セット等で単価を抑えている製品もあります。ソーラーライトは、少なくとも長期間の利用が可能です。長い目で見れば、コストパフォーマンスは環境や使用状況に左右される事もあります。

ソーラーライトの選び方

設置場所で選ぶ

庭などの屋外設置なら防水と防塵に優れたソーラーライトを

ソーラーライトの防水性能は、総じて高いとは言えません。また、防塵性能にも違いがあります。中には屋内のみに向けて製造された製品もあり、選ぶ際には注意が必要です。庭や壁際、ガレージ下と言った屋外設置の場合は、激しい風雨に晒される事も少なくありません。そのため、一定規格を得た製品を選ぶのがおすすめです。日本ではIPXという防水性能を現す基準があり、3以上になると雨に高い耐性があります。一番はIPで、防水防塵に対して高性能です。IPも目安は3以上で、4以上ならば非常に高い耐性を持っています。耐久度は抜群と言えるでしょう。

室内設置ならインテリアや置き場所に合わせる

屋内設置ならデザイン性や重量を重視するといいでしょう。例えばウォールナット家具を使っている場合には、木製外装のランタンタイプなどがあります。また、ソーラーライトは性質上、基本的に多機能で便利なため、必要なのは場所や目的に合わせる選び方です。子供やペットが同居する場合なら、ランプの転倒やユーザー側の転倒に注意する必要があります。軽量で固定できるなら、足元に置く必要はありません。人感センサーが付いたタイプは、スイッチが届かない子供に便利です。場所や人、設置したい場所に合わせれば、高い効果を得る事が出来るでしょう。

明るさとデザインで選ぶ

lm(ルーメン)とK(ケルビン)が高い製品は光が強力

明るさの基準で重要なのが、lm(ルーメン)とK(ケルビン)です。明るさはlmが現しており、視認性が高くなるに連れて数値が大きくなります。LEDは白熱電球に置き換えて表記されることも少なくありませんが、目安としては40w相当で485mlです。60w白熱電球相当であれば810lmで、光量としては申し分ありません。Kは色を示す単位で、3000K付近の乳白色はリラックス効果があります。ガーデンライトの淡い光に使われる光色です。6000Kになると人が好む色の昼光色で、蛍光灯などは高いKを持ちます。lmとKが高いソーラーライトは強力で、高い視認性と防犯効果を兼ね備えた、高性能タイプが殆どです。

デコレーションとしても活躍するかわいいデザインも

ソーラーライトの中には、複数の光色選べる製品や、光による演出を楽しむ製品があります。また、ボトルシェードやランタン、アンティーク調のように、デザイン性に長けた製品も豊富です。かわいいデザインも数多くあり、庭のデコレーションとして使用すれば、ライトアップ以外にもドレスアップ効果が高いのです。また、レジャーに携帯可能な製品も少なくありません。外出先でも特別な空間を演出する事は、ソーラーライトを使えば意外と難しくないのです。

便利な機能で選ぶ

人感センサー付きは屋外駐輪場などで防犯対策にも

人感センサーは温度に反応します。そのため、屋外の駐車場や駐輪場所、出入り口付近に配置しておけば自動点灯するのです。普段は消灯しており点灯時間が稼げ、夜間の照明として朝まで活躍します。また、光は窃盗や不法侵入を防止するには極めて有効です。そして、防犯意識の高さを視覚的に表現する点から、犯罪に対しての牽制効果も高いと言えるでしょう。

スマホ連動やラジオ付きなら災害時に活躍

スマートフォンアプリと連動したソーラーライトは、手元での光色や点灯時間の調整に便利です。非常時には手元の操作で、足元や頭上の光源を確保する事も可能でしょう。また、スマートフォンの充電器として機能するタイプもあります。手回しタイプの充電機能やラジオの併用があれば、災害時には貴重な情報源にもなるのです。もちろん、普段でも便利に使えます。複数の機能を同時に果たす頼もしい存在で、一つ持っておいても損はありません。

ソーラーライトのおすすめブランド・メーカー

パナソニック

非常時に便利でスマートなデザインが特徴

パナソニックは大手家電メーカーらしく、様々なソーラーライトが揃っています。往々にしてスマートかつ機能的なデザインが取られており、日本の住宅事情や環境にマッチしているのです。携帯や機能面の充実も申し分なく、常時や非常時を問わない利便性は、流石と言っていいでしょう。

タカショーホーム

様々なソーラーライトが揃い充電池を交換できる

エクステリアや庭と言えば、タカショーホームを思い浮かべる事も少なくありません。日本の住宅事情やガーデンライフに精通したメーカーで、ソーラーライトも機能とデザインが両立しています。防犯や防災よりも、ライトアップやデコレーションに長けた製品が特徴です。

山善

独創性があり室内設置に向いたソーラーライトもある

家電メーカーらしく、屋内外で使用できるソーラーライトが揃っています。山善は独創的な家電でも知られており、ソーラーライトも例に漏れません。オーソドックスから変わり種まで選べるのが魅力です。価格帯も魅力の一つで、比較的に手頃な値段ながら一定水準以上の機能に期待が持てます。防犯や防災にかけては弱い一面もあります。

ムサシ

防犯や防災に向けた機能が便利

ムサシは防犯や防災に特化したと言っていいメーカーです。インテリアやエクステリア照明には不向きですが、光量と設置機能の良さは秀逸と言っていいでしょう。あらゆる高さや方向で、ユーザーを照らす性能は魅力です。また、デザインは利便性重視です。両方の面から見ても特に防犯面においては、非常に優れていると言わざるを得ません。

おすすめ&人気のソーラーライトランキング

明るいおすすめのソーラーライト

アイリスオーヤマ-ソーラー式センサーライト (5,981円)

防犯性が高い強力なLEDで人感センサー付き

高光度のLEDを2灯装備したセンサーライトで、比較的に消費電力は高めになっています。そのため、大型の充電用パネルとの接続が必要になり、コードの配線が必要です。しかしながら400lmの明るい昼白色は魅力的と言えます。また、人感センサー機能があり、パネルは発電ロスが少ないシリコン単結晶です。夕方から朝までの光源として、しっかり機能します。

IP44の規格適合製品で、高い防雨の耐性を持ちます。サイズは幅20.3㎝で奥行11.3㎝、高さは12.5㎝と小型で、重さは327gです。女性でも高い場所まで持ち運べ、設置することが出来ます。検知距離は8mでセンサー角度は最大130度です。そのため、ガレージ付近や玄関など、正面から出入りがある場所の設置に向いています。400lmの明るさと色よって、防犯対策としても効果を発揮するでしょう。

ムサシ-フリーアーム式LEDセンサーライト (7,980円)

グッドデザイン賞を獲得した800lmの超強力ソーラーライト

60w白熱電球に近い、ソーラーライトの中でも超強力と言える明るさを持ちます。これだけの明るさがあれば、間違いなく防犯に高い威力を発揮するでしょう。同社のフリーアーム式センサーライトシリーズはグッドデザイン賞2017を獲得しており、機能的な設計にも高いメリットがあります。本体を手軽に設置して角度を変えることで、通常では設置効果が薄い狭い通路などでも活躍するのです。

幅15.2㎝で奥行が16.5㎝、高さ15.3㎝と比較的に小型で、重さは220gです。持ち運びや設置には便利と言えるでしょう。IP44を持っており、屋外がメーンの設置場所となります。また、本体の向きに合わせて人感センサーの方向が変わる仕組みです。勝手口のような通路が狭い出入口付近にも強く、光量と共に高い防犯効果も望めます。

Mpow-102LEDソーラーライト (6,200円)

外灯にも負けない102個高輝度LEDの明るさは驚異

横幅がワイドで30㎝あり、充電用パネルも広く確保されています。その割には薄く、奥行は4.5㎝で高さも10.5㎝になっています。本体の下半分に102個のLEDを不断に使用することで、524lmの昼白色を実現しています。また、可動式アームなどが無くても、ワイドな幅が照射角度を保っており、270度まで照らせます。

明るさの他にも魅力があり、3モードの中から設定を選べます。微弱点灯とセンサーモードの他に、常時点灯モードを選ぶことが可能なのです。この機能は比較的に珍しく、常に点灯した状態を維持できます。ガレージ前や庭先での夜間作業に有利で、作業が終わればセンサーモードで電力消費を抑えることが可能なのです。比較的に開けた場所でも明るさを保てるので、モードを変える際に取りやすい高さへの配置もおすすめです。

フラネ-Landport (3,672円)

コンパクトで折り畳めるが60lmの昼光色を再現

折り畳み式の珍しいソーラーライトで、通常の薄い状態なら厚さは1.5㎝になります。しかも重量は75gしかありません。上下に引っ張ることで元の形に戻り、全ての辺が11㎝の正六面体になります。ソーラーライトの中でも、極めてコンパクトで持ち運びに優れていると言えるでしょう。

この体躯でありながら乳白色の光だけではなく、90lmある昼白色も選べます。防災意識の高まった今日においてLandportの特性は、ニーズに必中したと言って過言ではありません。非常時もさることながら、アウトドア用品としても優秀なので、レジャーにおすすめのソーラーライトでもあります。

ライコム-LEDランタン (3,456円)

10段階照明度調節が出来る200lmの明るいLEDが特徴

ライコムのLEDランタンは、厚さが1㎝しかない薄型のソーラーライトです。外寸も縦横12㎝、重さは150gと非常にコンパクト。しかし、機能は充実しており、常時にも災害時にも頼りになるスペックを持ちます。USBの急速充電を併用しており、2時間程度の充電でも長時間の運用が可能になっています。

最大のメリットである10段階照明度調節機能は、200lmから20lmまでをワンタッチで操作することが出来ます。最小の20lmなら、連続点灯時間は最長で35時間に達し、非常時でも光源として強力な味方になるでしょう。一方で自動点灯や人感センサーは無く、簡易的な防水構造しかありません。普段は移動の際や屋内で使用するのがおすすめです。

かわいいおすすめのソーラーライト

山善-モザイクガーデンライト (2,390円)

屋外にも置けるが屋内の日当たりがいい場所でも活躍

ポットタイプに当たるLEDのソーラーライトで、屋内外に設置することが可能です。サイズは小型の直径11.5㎝、高さ10㎝ですが、自動点灯機能は装備されています。シェードは本物のガラスなので、本格的なステンドグラス風の演出を味わうことが可能です。

扱いは非常にシンプルで、上部の充電用パネルの下にスイッチが付いているだけです。難しい操作は全く必要ありません。また、600g程度の軽さです。女性でも扱いに苦労する事は無いでしょう。晴れた日は外で充電して夜間のライトアップに。雨の日には屋内の雰囲気づくりに活用するのがおすすめです。

タカショーホーム-ソーラーガラスライト (1,280円)

屋内外で活躍するボトルのソーラーライト

ボトルの高さを2パターンから選べ、11㎝と15.5㎝があります。双方とも幅と奥行は変わらず、11㎝です。ニッケル水素充電池採用なので、電池交換で長期間の運用が可能になっています。LEDの強弱と点滅でロウソクのような光を体感できるのが魅力です。

シンプルな構造で、スイッチのオンオフを行う必要があります。屋外にも設置は出来ますが、利便性を考えるならば、屋内でインテリアとしての使用がおすすめです。北欧風の家具と相性が高くリラックス効果が高いので、癒し空間の照明として活用するといいでしょう。

タカショーホーム-mimico(ミミコ) (22,275円)

庭緑と組み合わせて活躍するが提灯としても機能する

やや大型のミミコは、幅と奥行きが18.5㎝で高さは23.5㎝の、提灯型を採用しています。重量に関しては700gと、持ち運びに不便な重さではありません。日中は大型の充電用パネルに接続しておく必要がありますが、長い点灯時間を誇ります。強でも10時間の点灯時間を実現しているのは、ポイントが高い性能です。

防雨性能があるため、外での運用にも適しています。また、中央のスペースに植物を配置できるデザインになっており、庭緑と組み合わせてライトアップを楽しむのがおすすめです。充電用パネルから外して取っ手を持つと、提灯としても活躍します。陽が落ちた後の移動用照明として使用する事も可能です。

アンティナギフトスタジオ-スウェーランタン (32,400円)

世界初の全方位受光可能で屋内に向けて特化している

ソーラーライトの中でも一風変わった充電方法を採用しているのが、このスフェラーランタンです。砂時計のような形と使用方法で、充電する際にはパネル側を上に向けます。使用する際はランプ側にひっくり返すと、優しい乳白色の光が灯ります。充電用パネルは全方位から光を取り込む仕組みで、効率がいい蓄電性能も魅力です。

取っ手の部分はウレタン塗装の天然ウォールナットで、今日の国内建築様式と調和が高い製品です。また、家具との調和性も抜群と言えるでしょう。雨に対しての耐性はありません。デザインからも見て取れるように、インテリアとしての価値が高いソーラーライトです。乳白色の優しい光は、屋内でのリラクゼーションにおすすめできます。

やるCAN-LED防水ソーラーランタン (3,213円)

珍しいビーチボール型で軽量コンパクトなソーラーライト

2㎝の厚さまで折り畳むことが可能で、重量は99gしかありません。ビーチボールと同じで、口から空気を吹き込み膨らませます。外寸は最大で直径20㎝の球状になり、35lmのを持った、意外と大きな昼光色の光源になるソーラーライトです。

IPX6の規格適合品で、あらゆる方向からの水に強い性能です。軽いので風に弱く、普段の屋外設置には向いていません。しかし、天候が安定している場合や屋内なら、十分に光源として活躍します。そのため、レジャー用品や非常時の備えとして活用するのがおすすめです。

防犯でおすすめのソーラーライト

パナソニック-ライト・電池常備キット (6,680円)

スマートで常時から災害時まで持ち運びに優れている

サイズはコンパクトで、幅が15.2㎝で奥行は10.4㎝、高さは2.4㎝になっています。重さも電池2本を含んで216gと軽量です。しかし、高効率の充電用パネルの裏側にあるLEDで、20lx(20ルクス)の明るさを実現しています。20lxは外灯の下よりも少し暗くなりますが、手元の明るさとしては申し分ありません。

非常時の備えとして活躍するソーラーライトで、便利な機能が搭載されています。まずはUSB端子付きで、蓄えた電力は他の電子機器に利用可能です。充電池は単3系2本のパナソニックエボルタなので、こちらも別の機器に流用が可能になっています。電池は8本セットになっているので、日頃から充電しつつ、本体は陽が落ちてからの移動などで利用するといいでしょう。

ムサシ-どこでもセンサーライトソーラー (10,290円)

巻き付けアームで設置場所の自由度が圧倒的

付属の巻き付けアームは秀逸で、取り付けや取り外しに優れた性能を持ちます。アームを外せば台座のマグネットを利用して、壁や金属に取り付けることも可能です。また、重量は250gと軽く、サイズも小型で幅8.2㎝の奥行が9㎝、高さは13㎝しかありません。さらに、ライトとパネルは独立して330度回転します。あらゆる場所に設置できる可能性を持つ、優れたデザインと言えるでしょう。

サイズは小さくても侮るなかれ。なんと110lmの明るさを持ちます。人感センサーも搭載しており、IP43の規格適合品です。屋外用防犯アイテムとしても活躍するソーラーライトです。正し、人感センサーは感知範囲が4mと、手の届く範囲が圏内になります。防犯対策で活用する際は、固定することをおすすめします。

ムサシ-RITEXソーラーライト (8,180円)

480lmの強い光で頭上の照明として活躍する

視覚的に目立つ大きさとデザインで、サイズは幅18.5㎝で奥行15.5㎝、高さは13.5㎝です。赤色LEDが常時点灯しており、夜間は特に通常のセンサーライトよりも目立ちます。クランプで挟むことで設置が完了するため、しっかり固定できると共に簡単です。また、コンクリの壁にもビスで固定することが出来ます。重さは230gしかないので、女性でも手軽に運用可能です。

明るさも防犯用として十分で、480lmと屋内照明並みに強力です。赤色LEDは人感センサー作動時に点滅スピードが速くなるため、犯罪に対しての牽制効果も高いと言えるでしょう。防雨設計であり、設置場所は軒下などに拘る必要がありません。ガレージや倉庫前の設置におすすめで、強い光源として利用すれば、自身の役にも立ちます。

山善-トレードワンガーデンライト12台セット (8,690円)

人感センサーで強弱を自動調整し防犯力が高い

1台当たりの金額は725円程度と、非常にコストパフォーマンスがいいソーラーライトです。サイズは小型の幅8.6㎝で奥行4.2㎝、高さは11.6㎝になっています。設置場所は壁が理想で、IPX3の防水機能を備えているので屋外でも設置が可能です。

モーションセンサー内蔵で、陽が落ちてからは常時で弱点灯し、近づくと自動で強点灯に変わります。小型ですが1台で60lmの明るさがあり、数が集まると相当な範囲を光でカバーすることが可能です。重量は140gと軽く、昼光色の高輝度ライトが明るいため、頭上より上でも光源としても活躍します。狭い場所でも高さを選ばず設置可能で、通路などでは大型のセンサーライトよりも使い勝手は勝るでしょう。

大進-センサーライト (5,990円)

検知範囲360度の人感センサーで防犯力に長けている

人感センサーに自動点灯機能が搭載された、オーソドックスなセンサーライトです。明るさもLED2灯式で130mlと中程度。サイズも一般的で、幅9㎝で奥行13㎝、高さ19.5㎝です。重さは330gなので、持ち運びや設置は女性でも苦労しません。超強力な光を持つソーラーライトに明るさは敵いませんが、人を照らし出すには十分です。

通常のセンサーライトは主に、前方の扇形に感知範囲が絞られます。しかし、この製品は特徴の人感センサーが非常に優秀で、感知範囲は360度です。また、点灯時間は5秒から最大30秒まで設定しておけます。広い感知範囲と長い点灯時間は防犯において、かなりのメリットと言えるでしょう。点灯時間の調整は簡単なダイヤル式であり、この製品自体が扱いやすいので、女性でも安心して運用することが出来ます。

まとめ

目的と場所に合わせた機能とデザインで選ぶ

ソーラーライトは基本的に多機能で、非常に便利な光源です。防犯目的として設置する場合なら、人感センサー付きの明るいタイプを選べば、普段の光源としても便利です。また、防災目的でコンパクトなデザインを選べば、レジャー用品や屋内の光源として使えます。目的と場所に合わせて機能とデザインを上手に選べば、複数の役割が期待できるのです。