2019おすすめの冷風扇人気ランキング!【加湿機能付きも】

クーラーの冷たすぎる風が苦手な方におすすめの冷風扇。電気代もクーラーに比べて安く、お財布にも体にも優しい冷房機器です。自然な涼風を体感できるので、小さなお子様やお年寄りでも安心して使用できます。もちろんペットにもおすすめ。また、クーラーをつけることができない部屋にも一台あると重宝しますよ。今回は、冷風扇のメリット・デメリットを踏まえて、おすすめの冷風扇をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。




冷風扇の仕組み

気化熱を利用して涼風を送る冷房機器

冷風扇は、水が蒸発する際にできる気化熱を利用して、涼しい風を送り出す冷房機器。タンクに水や氷、保冷剤を入れて、冷たい風を作ります。エアコンや冷風機より冷えすぎず、扇風機より心地よい風を体感できます。エアコンは苦手という人にもおすすめ。

冷風機と異なりタンクに水を入れて使う

冷風機は、吸い込んだ空気を冷却して冷たい風を送り出す冷房装置です。一方、冷風扇はタンクに入れた水の力を使って空気を冷やす機器。冷風機と冷風扇は、涼風を作り出す仕組みが違います。冷風扇の冷却効果は、冷風機より低くなりますが、ひんやりとした優しい風で、熱中症対策にも十分効果を発揮できます。

冷風扇のメリット

冷えすぎないから体に優しい

冷風扇は、冷風機と扇風機の間くらいの効果で、心地よい自然な風を送ります。クーラーのように底冷えすることなく、小さなお子様やお年寄りにも優しいのがポイント。急激な温度変化は体調を崩しやすいですよね。冷風扇なら、心地よい涼風を体感できて体に優しいので熱中症対策にも効果的。

エアコンに比べて電気代が安い

一般的な冷風扇は、消費電力が50W前後のものが多く、エアコンに比べて電気代1/10以下と安いのがメリット。1時間の使用で約1~2円程度なので、扇風機とほぼ変わらない電気代です。冷房は欠かせない夏場でも、電気代を気にすることなく使えるのは嬉しいですよね。

氷水を利用するから乾燥しない

冷風扇は、水が蒸発してできる気化熱を利用して冷風を送るため、加湿効果を期待できます。エアコンは乾燥しがちですが、冷風扇なら喉や鼻の乾燥が心配な就寝時に使用しても安心。肌の乾燥も防げるので、女性には嬉しいポイントの一つです。

冷風扇のデメリット

部屋全体の室温を下げる効果はない

エアコンのように室内全体の温度を下げる効果はありません。また、冷風扇から離れたところでは、冷たい風を感じることができないのが難点。そのため、室内の空気全体を冷やしたい方には物足りなさがあります。就寝時やエアコンだと冷えすぎる場合に使用すると、体調管理もできておすすめですよ。

湿度が高くなりやすい

冷風扇は加湿効果があるので、空気の乾燥防止に役立ちますが、湿度が高くなってしまうデメリットも。もともと湿気の多い日では、窓を閉め切っていると室内が蒸し暑くなる可能性があります。真夏で暑い日や湿度の高い日は、窓を開けて使用環境を整えることで快適に過ごせますよ。

冷風扇の選び方

より涼しいタイプを選ぶ

保冷剤を設置できると冷房の効果が上がる

冷風扇は、タンクに水を入れて涼風を作りますが、保冷剤も入れることでより冷たい風を感じることができるようになります。冷水のみよりも、保冷剤も使った方が冷房効果はグンっとUP。そのため、猛暑日にも活躍する保冷剤を設置できるタイプを選ぶのがおすすめ。また、追加購入の手間を省けるように保冷剤がセットになっているかも確認しましょう。

冷たい風を感じられる最大風速の値が大きいものを

夏場の暑さにも負けない冷房効果を得るためには、風速値の大きいものを選ぶことが重要です。風速切り替えで強モードにした時、最大風速値は4m/s前後のものがベスト。本体からどのくらい離れているかで風速値も変わるので、記載されている距離と風速値はしっかりチェックしてくださいね。また、本体の大きさと風速値は比例する傾向にあります。風量重視で選ぶなら、大きくても置き場所に困らないよう考慮しながら選ぶようにしましょう。

うるさくない静音性の高いモデルを選ぶ

騒音値(dB)の低い静音設計のものを

冷風扇は、ある程度の駆動音があります。ただ、種類によっては静音設計を施したタイプもあるため、駆動音が気になる寝室やオフィスなどで使用する場合は、静音性の高いモデルを選ぶのがおすすめ。騒音値は、ささやき声レベルの35dB前後なら、ほとんど気になることなく使用できます。大きくても、静かな住宅地レベルの40~45dBくらいまでなら駆動音は気にならないでしょう。

風量が切り替えられるタイプは「強モード」の駆動音もしっかりチェック

ほとんどの冷風扇は、風量調節機能が付いています。弱・中・強モードの3段階が一般的で、騒音値も異なります。強モードでは風量も大きくなるため、駆動音が気になってしまうことも。静音性をチェックするときは、強モードでの騒音値も忘れずに確認しましょう。駆動音の感じ方は人それぞれですが、50dB以下なら家庭用クーラーの室外機と同じくらいなので、一つの目安としてチェックしてみてくださいね。

本体やタンクの大きさで選ぶ

収納時のスペースを考慮した大きさで

風量パワーに優れた冷風扇は、本体も大きい傾向にあります。そのため、機能性だけを重視してしまうと、冷風扇を使用しない時期に収納する際、スペースが必要に。コンパクトタイプは収納しやすいですが、自宅の収納スペースをしっかりチェックしてから商品を選ぶようにすると安心です。コンパクトでなくても、幅をとらない縦長デザインでスタイリッシュなものもあるので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

長時間使用するならタンク容量2~5ℓがおすすめ

冷風扇は、タンクに入れた水を利用して使用する機器です。そのため、タンクの容量が大きければ大きいほど、長時間連続して運転することが可能になります。タンクの中が水不足になるたび、給水するのは少し手間がかかりますよね。給水の手間を省きたい場合は、タンク容量が2~5ℓのものがおすすめ。風量調節の使い方にもよりますが、5ℓのタンクであれば、約8時間程度は連続運転ができます。

便利な機能性で選ぶ

軽々と移動できるキャスター付きが便利

コンパクトタイプでは1kg以下のものが多いですが、一般的な大きさの冷風扇の場合、5~7kgくらいの重量があります。また、冷風扇はスポット的に冷風を体感できるため、移動させることが多い可能性も。そのため、手軽に好きな場所へ移動できるように、キャスターが付いていると便利ですよ。さらに、キャスターにロックが付いていると安心。

タイマーや首振り機能付きは効率よく使える

夏場の寝苦しい就寝時に冷風扇を使いたい場合、朝まで付けっぱなしでは体調が心配ですよね。でも、タイマー機能があれば、涼風を感じながら安心して心地よく寝入ることができます。電気代の節約にもつながって一石二鳥。また、冷風扇はスポット的に涼風を送り出すので、首振り機能があれば一箇所に留まらず、ある程度の範囲へ心地よい風を送ることができます。効率よく冷風扇の効果を得るために、タイマー機能と首振り機能があると便利ですよ。

冬場も使いたいなら温風機能があるものを

夏場に便利な冷風扇ですが、温風機能もついたものならオールシーズン使えてさらに便利。温風モードにプラスして加湿機能もあれば、寒い冬の乾燥した空気で体調を崩すことも軽減できます。オールシーズン使用できると、冷風扇を収納しなくてもいいので、収納スペースを確保する手間も省けますよね。冷風だけでなく、温かい風も欲しい場合は、温風機能付きのものがおすすめですよ。

加湿機能付きは風邪予防にも効果的

冷たい空気も温かい空気でも室内は乾燥します。そのため、加湿機能が付いている冷風扇はとても便利。空気の乾燥は、喉や鼻などを乾燥させ不調の原因になりやすいので、ある程度の湿度を保つことが大切です。特に、就寝時には加湿機能があると安心。また、温風機能付きの冷風扇の場合は、加湿もできるタイプが多いのが特徴。ウイルス対策だけでなく、室内の湿度が上げることで体感温度もUPさせる効果も期待できます。

冷風扇のおすすめブランド・メーカー

テクノス

消臭や除菌ができるテクノイオンと使いやすさが人気

株式会社千住の自社ブランド「テクノス」。暖房や冷房機器を中心に家電開発を進め、多数販売しています。消臭や除菌など、室内の空気を清浄するテクノイオンを搭載し、湿気の多い季節でも、カビの増殖を抑制することができるモデルが人気です。

山善

家庭用機器の取り扱いが豊富な信頼あるブランド

家庭機器を多く販売している山善。ユーザーニーズをヒントにした低価格家電が人気です。スタイリッシュなデザインが特徴なので、インテリアにも馴染みやすく、機能はシンプルに抑えて誰でも簡単に使えるモデルを展開しています。

スリーアップ

デスクトップ型や広い範囲に送風可能なものが人気

無駄のないシンプルなデザインの小型冷風扇や、縦長でおしゃれな雰囲気を演出する冷風扇が人気のスリーアップ。冷たい空気を必要としない時には、タワーファンとしても使えるモデルは、室温の変化にも対応しやすく体調管理にも重宝します。

シロカ

スペックやデザインへのこだわりが高評価

1年中使える温冷風扇が人気のシロカ。オールシーズン置いていても邪魔にならないコンパクトさも嬉しいポイントです。温風モードでは、加湿機能も使えるので空気が乾燥しやすい冬場も快適に過せるモデルは重宝します。

おすすめ&人気の冷風扇ランキング

小型・コンパクトでおすすめの冷風扇

ゼンケン-スリム温冷風扇ヒート&クール(18,000円)

コンパクトでも一台4役が嬉しい年中使える冷風扇

オールシーズン使える便利でコンパクトな冷風扇。小さすぎないのでパワーも十分あり、乾燥しがちな冬は加湿しながら暖房機として使用できます。送風・ひんやり涼風・温風・うるおい加湿暖房の4役をこなしてくれる優れものです。

風向部分は、上下左右に自動で動くルーバー機能付きなので、室内全体に効率よく風を送ってくれますよ。また、転倒時に自動で電源OFFになる安全装置や、低騒音など機能性も抜群。シンプルで洗練されたデザインも魅力的です。

ルームメイト-スリムタワー冷風扇(11,412円)

心地よい風で運動後や風呂上がりに最適

スリムな縦長デザインの冷風扇。着脱式のタンクなので、手軽に水の交換ができて便利ですよ。最大風速は約5m/sで、冷たい風を必要としない時は、タワーファンとしても使用でき、羽根は本体に内蔵されているのでお子様がいても安全です。

離れた場所からでも操作できるリモコンは、本体にも収納可能。機能も充実していて、連続運転やおやすみ運転、リズム運転などモードの種類を選択できます。また、30分から7時間半まで30分刻みで設定可能なオフタイマー付きなので、切り忘れ防止にも便利で安心。

ミヨシ-USB冷風扇(4,980円)

ナノフィルター搭載で冷却効果の高い小型タイプ

デスクで使えるスタイリッシュなデザインが人気の小型冷風扇。USBだけでなく、モバイルバッテリーでも給電可能なので、デスクでの使用のほか、電源供給が困難なアウトドアでも重宝しますよ。小型でも冷却効果が高いのもポイントです。

専用ナノフィルターを搭載し、吸水性に優れたフィルターを層状に重ねて、冷却効果を高めています。また、騒音値は45~55dBで、静音重視や涼風重視など、シチュエーションなどに合わせて3段階の風量調節が可能。上下の風向きや角度調整もできるので便利です。

スリーアップ-デスクトップ冷風扇(3,290円)

オフィスにも馴染むスタイリッシュなデザインが人気

無駄のないシンプルなデザインが魅力的のミニ冷風扇。大きさは、約20㎝四方と非常にコンパクトで、デスクに置いても邪魔になりにくく、持ち運びにも便利です。子供部屋に置いて、お子様の熱中症対策にも最適。

風量は2段階切り替え可能で、コンパクトながらも心地よい涼風を届けます。首振り機能はありませんが、風向きを手動で上下に調整可能。ひんやりとした優しい風なので、集中したいデスクワークや勉強時におすすめですよ。

涼しくておすすめの冷風扇

スリーアップ-スリムタワー冷風扇(26,784円)

風量パワーとひんやり感じる涼風モードが人気

水タンク容量5Lで、タワーファンとしても使える一台二役の冷風扇。1回の給水で長時間連続運転が可能です。デジタルパネルには温度表示があるので、いつでも室内を快適な温度に調整できて便利。離れた場所からでも操作できるリモコンも付いています。

水タンクは抗菌カートリッジ付きで、タンク内を清潔に保つことができます。他にも、1~9時間まで設定可能なオフタイマー機能や、左右90°まで自動で動く首振り機能もあって便利。縦長デザインなので、省スペースで設置可能ですよ。

テクノス-テクノイオン搭載リモコン冷風扇(10,584円)

テクノイオンで毎日クリーンな空気を体感

森林にいるような心地よい空気を感じられる冷風機。テクノイオンを搭載しているので、消臭・除菌以外にもホコリやチリ、花粉も除去します。また、ホルムアルデヒドも軽減し、いつでもクリーンな室内を保てますよ。

水タンクは3.8Lで抗菌加工を施し、取り外しも可能。氷や保冷剤を入れてさらに冷却効果をUPさせることができます。電気代は1時間約0.9円と省エネも人気の秘訣。首振り機能やおやすみ風、自然風など機能も十分です。

シロカ-加湿つき温冷風扇(15,800円)

温風モード付きで暖房機としても使えて便利

夏は涼しい風を送り、寒い季節は加湿しながら暖房機としても使用できる2wayタイプの冷風扇です。冬は空気が乾燥するので、加湿は必須。年中安心して使えるのは嬉しいですよね。温風と冷風の切り替えもワンスイッチでできるので簡単。

ひんやりと冷たい風邪を送る冷風モードだけでなく、送風モードもあります。小さなお子様やお年寄りの体にも優しい自然な涼しさを実現。水タンクは5.5Lの容量があるので、補給の手間を省いて長時間使用できます。

山善-水タンク着脱式冷風扇(18,500円)

スタイリッシュなデザインと充実の機能が人気

クーラーのように底冷えしない自然な涼風が人気の冷風扇です。ランダムに風速を変化できるリズム風モード付き。左右ルーバーはリモコン操作が可能で、上下は手動で調整できます。

フィルターは取り外し可能なので、お掃除も簡単ですよ。本体はタッチスイッチだから触れるだけで操作可能。また、水不足になったらお知らせしてくれる警告ランプや、前回の運転終了時の状態を記憶して開始してくれるメモリー付きで使い勝手のいい機能が充実しています。

静音でおすすめの冷風扇

ドウシシャ-デスク冷風扇風機(2,864円)

熱がこもりやすいキッチンでの使用にも最適

わずか13㎝四方のコンパクトさが可愛い冷風扇。小型でも風量はパワフルで、暑い夏は冷風扇として、乾燥しやすい冬は加湿器として使用できる優れものです。また、DCモーターなので稼働音も気にならず、快適に使用できます。

水の投入口が小さいので注ぎにくい難点もありますが、抗菌パック付きなのでいつも清潔を保てます。使用したい場所にコンセントがない場合は、パソコンやモバイルバッテリーのUSB端子を利用できるので便利ですよ。

おおたけ-プラズマイオン冷風扇(12,990円)

静音性に優れたDCモーター搭載で機能も充実

いつでも清潔な風を送ることができるプラズマイオンを搭載した冷風扇です。空気清浄だけでなく、除菌や除臭などにも期待できます。クーラーよりも穏やかな冷風なので、就寝前などでも安心して使用できますよ。

高性能DCモーター搭載で、コスパよし。DCモーターはACモーターに比べて省エネであり、さらに静音性にも優れています。風力の細かな調節も可能なので、性能で選ぶなら断然DCモーターがおすすめですよ。自動首振り機能や、自動OFFタイマーなど機能性も充実しています。

ビアンコ-リモコン式冷風扇(12,800円)

マイナスイオン搭載のしっかり冷却できる省エネタイプ

風量は5段階あり、優しい風で過ごしたい就寝時には風量1にすることで静音になるように設計された冷風扇です。1か月の電気代は、1日8時間の使用で291.6円と省エネ。電気代が気になる夏の冷房も、気にせず使えるのは嬉しいポイントですよね。

マイナスイオン搭載なので、室内環境をきれいに保ってくれます。水タンクに氷を入れることで、冷風温度がさらに−4℃になるため、クーラーは苦手だけど、扇風機では物足りないという方におすすめ。おやすみモードやタイマーなど機能も充実していますよ。

ICEマックス-卓上冷風扇(3,000円)

ミストで潤いと涼風を体感できる超静音な冷風扇

軽々と持ち運びができるコンパクトサイズ。オフィスデスクや、お子様の勉強机にも最適です。超静音設計で、騒音レベルが強モードの場合でも35dBしかないのも嬉しいポイント。音が気にならないので、就寝時にもおすすめですよ。

智能感応機能付きで、タンクが水切れになった時に冷風モードから扇風機へ自動で切り替わり安全に使用できます。水タンクは420mlまで入り、最長6時間連続運転が可能。手軽に給水できる引き出し式で、掃除も簡単にできるので衛生的です。

まとめ

涼しくて長時間連続運転できる大容量タンクの冷風扇がおすすめ

便利な機能つきの冷風扇も魅力的ですが、とにかく冷風を体感したい方は、大容量タンクの冷風扇がおすすめ。冷風扇のタイプによっては、水タンクが取り外しできないものもありますが、大容量のタンクなら、一度の給水で長時間の運転が可能になるので苦になりにくいですよ。