おしゃれでおすすめのアームチェア人気ランキング!【北欧風も】

近年、日本の住宅ではフローリングで過ごすことが多くなり、のんびり休息するのもソファや椅子の上という人が多くなりました。肘置きがない椅子は腕を置く場所がないので、リラックスタイムには向いていません。椅子に座ってリラックスしたい時に最適なのが、肘置き付きのアームチェアです。ここでは、アームチェアの特徴から種類、購入前にしておきたい選び方や人気の商品まで詳しくご紹介します。リビングやダイニングなどでゆったり過ごしたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。




アームチェアの特徴

肘掛けに手を置いて両腕を休めることで、全身がリラックスできる

アームチェアの最大の特徴は、肘置きが付いているということです。座った時に両サイドに肘置きがあることで、片側に体重をかけたり読書の時にテーブルがなかったりしても、適度な高さに腕を保てるので長時間の読書も疲れません。立ちあがる時にも肘置きを支えにすることで、簡単に立ち上がれるため足腰に不安がある人にもおすすめです。

背もたれを高くしたりオットマンを用いて、より快適な空間に

アームチェアは、単体でもリラックス効果があります。さらにより良い癒しの時間を作りたいなら、背もたれの高いタイプで頭までゆったり座れるものがおすすめ。また、オットマンを組み合わせて足を伸ばせるように工夫することで全身をリラックスさせられます。

アームチェアの種類

ハイバック(リビングにおすすめ)

背中を背もたれに預けてリラックスできる

アームチェアには、背もたれの高さが高いハイバックタイプと低いローバックタイプがあります。ハイバックタイプは、座った状態で背もたれにもたれると、首や頭まで背もたれがサポートしてくれます。首の力で頭を支える必要がないので、頭までゆったりリラックスできます。肩こりが気になる人、ゆったりとテレビを見たい人などにおすすめ。

ダイニングで食事をする時は、頭までのサポートは必要ありません。ハイバックタイプは、リビングや自分の部屋でくつろぎの時間を、上質なものにしたい場合に最適です。中には頭や首の部分にクッションが付いていて、サポート力を高めたものもあるのでデザイン性、機能性をチェックして、身体に合ったハイバックアームチェアを選びましょう。

ローバック(ダイニングにおすすめ)

圧迫感を感じず部屋を広く見せる

背もたれがお尻から腰まである、ローバックアームチェアも人気があります。ハイバックタイプに比べると背もたれが低いので、視界を遮りません。そのため部屋を見渡せるので、広く見せる効果もあります。ダイニングテーブルと共に使うアームチェアを探している人は、ローバックタイプのアームチェアが、すっきり見せてくれるのでおすすめです。

ダイニングテーブルと共に使うなら、座面が回転する回転式アームチェアが便利。座ったり、立ったりする際、回転式ならいちいちアームチェアを引かずに少し回転するだけで良いので、動きがスマートです。床への傷を付けにくい効果もあります。ダイニングテーブルに複数購入する場合、同色ならまとまりが出ますが、あえて異色で揃えるのもおしゃれですよ。

アームチェアの選び方

アームの高さを考えて選ぶ

アームの位置が適切でないと筋肉が緊張して疲れてしまう

アームチェアの特徴であるアームの高さですが、体形に合った高さを選ぶと、長時間本を読んだりスマホをいじっていても疲れにくくなります。しっかり座った状態でアームに肘を置いた時、腕が90度の角度になるのが最適です。角度が小さかったり、逆に大きかったりすると筋肉を使うことになり、リラックス効果は減ってしまいます。アームの高さ調整ができるアームチェアなら、購入後も適した高さに対応できるので便利です。

組み合わせるテーブルの高さも考慮して

ダイニングテーブルや、パソコンデスクなどと組み合わせて使用する場合、アームチェアのアーム部分の高さによっては、デスク下に収納できない場合があります。使用しない時に椅子が出ているのでは、場所をとって、見た目にもすっきりしません。購入前に、テーブルやデスクの高さを測っておき、アームチェアのアームがしっかり収納できるかどうかを確認しておきましょう。

アーム部分以外の使い勝手も考えて選ぶ

高級感だけでなくメンテナンスもしやすいレザーの張地

アームチェアは、フレームと座面から構成されています。座面は肌に直接部分なので素材にもこだわりたいパーツです。座面がレザー製のアームチェアは、見た目に高級感があります。破損した時には表面のレザーだけを張り替えれば、全てを買い替えずに済むため、長い間使いたい人にもおすすめです。PUレザー製のものはレザー製に比べ低価格で、水に強いため子どものいる家庭に適しています。

座面がクッション性の高いファブリック素材なら座り心地が良い

ファブリック製のアームチェアは、優しい風合いで、身体に馴染みやすい素材です。無地のシンプルなものからデザイン性の高いものまで、部屋の雰囲気や好みで多くの商品から選ぶことができます。ファブリック製は、汚れると染み込んでしまうものもありますが、カバーを付けることで、飲み物や食べ物をこぼしても、きれいなまま使い続けることができます。

背もたれがナイロンやメッシュ素材ならアウトドア用に最適

座面や背もたれがメッシュやナイロン製のものは、軽くて丈夫です。また、水に濡れてもすぐ乾くため、バーベキューやキャンプ、運動会などアウトドアに活躍します。フレームはスチール製で、折りたためるものなら総重量も軽量になり、持ち運びもコンパクトで便利です。アーム部分にドリンクホルダーがあるなど、立たずに快適に過ごせる工夫が多くされています。

アームチェアのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

オンラインショップで手軽にチョイス

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

流行りのテイストを取り入れた家具や雑貨など、4500点以上のアイテムを扱うオンラインショップです。豊富なアイテムから自分好みの家具を選べるので、おしゃれで住み心地の良い部屋を手軽な価格で実現できます。手頃な価格も魅力的です。

Armonia(アルモニア)

こだわりの家具を自社で造るブランド

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

イタリアンモダンスタイルの家具を多数取り揃えているブランド。すべてを自社工場で生産されており、洗練されたデザインと高品質が特徴です。通信販売で手軽に購入できるほか、実際に商品を見て、触れることのできるショールームもあり、納得の上で購入できます。

unico(ウニコ)

温もりのあるナチュラルさとセンスの良い家具

スタイルに囚われないおしゃれなデザインの家具、インテリアを扱うブランドです。unicoはイタリア語で「たったひとつの」「ユニークな」などの意味を持ちます。その名の通り個性的で、居心地の良い空間を作り出すアイテムが豊富です。全国的に実店舗も展開しています。

エアリゾーム

北欧のおしゃれ家具が豊富

一人暮らしからファミリーまでさまざまな世帯に適したインテリアや家具を扱っています。中でもおしゃれで人気の北欧家具も多く扱っており、オンラインショップで自宅にいながら、大型家具などを購入できるのがメリット。お店になかなか買いに行けない忙しい人や、運ぶのが困難な人にもおすすめのショップです。

おすすめ&人気のアームチェアランキング

ハイバックでおすすめのアームチェア

折りたたみリクライニングチェア(14,990円)

可動式クッションで頭や腰を優しくサポート

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

こちらのアームチェアは、リクライニングに対応しているため、適した角度に5段階で調整できます。テレビを見る時、昼寝をする時など用途に合わせた角度にできるため、いつでもリラックスできます。ヘッドレストにはふわふわのヘッドレストが付いているため、頭まで快適です。

背もたれを手前に倒すことで折りたため、持ち運びにも便利な形になります。座面の高さは、24㎝から33㎝まで3㎝間隔で調整できます。6角レンチで作業ができるので、慣れていない初心者でも簡単です。座面は弾力の高いウレタンが約10㎝。底付き感がなく安定の座り心地です。

リコメン堂インテリア館-リラックスアームチェア(4,570円)

転倒防止パーツで立ち上がり時の安定感が高い

こちらのアームチェアは、背もたれの長さが70㎝のハイバックタイプです。大人が座った状態でも頭までしっかりサポートしてくれます。頭の部分には、クッションが付いているため、頭や首の安定感を高めます。

フレームは木製。適度な弾力で体重をかけた時に沈み込み硬すぎずに体にフィットします。曲木を利用しているため、角が湾曲した優しいデザイン。手に馴染みやすいほか、シンプルなのですっきり見せてくれます。

アイリスオーヤマ-ウッドアームチェア(7,480円)

慣れない人でも組み立てが簡単

こちらのアームチェアは、座面の高さ42.5㎝のほど良い高さ。立ち上がりやすいため、高齢者や妊婦さんにもおすすめ。リクライニング機能があり、ヘッド部分は14段階、腰部分は7段階のリクライニングが可能。個々の好みの角度に調整できます。

座面には、厚さ約14㎝のウレタンが使われており、ふわふわの座り心地を体験できます。長時間座っても、お尻が痛くなりにくく快適です。脚が4本でしっかり支えられているので、安定感が高く座りやすいのがメリットです。

ビカーサ-イージーチェアHIP(51,840円)

木製フレームとファブリックが優しい雰囲気

北欧家具の中でも20世紀の初めに生まれた装飾様式である、スカンジナビア・モダンをコンセプトにしたアームチェアです。自然の風合いを大切にした、シンプルで洗練されたデザインが人気です。曲線が多いので温かみを感じさせ、部屋によくなじみます。

座面と背もたれに使われているファブリックは、ツイード調のおしゃれな素材。飽きのこないデザインと座り心地の良さが特徴で、長く愛用できます。ヘッドレストが半月型で、個性的でありながら、頭を広範囲にサポートする機能性も備わっています。

イケア-PELLO(6,280円)

北欧ならではの機能性とデザイン性の高いアイテム

バーチ材の突板をフレームに使用したこちらのアームチェアは、全体的にナチュラルで清潔感のある風合い。北欧家具に合わせやすいアームチェアです。背もたれ上部は、少し高さがあり、チェアの幅もゆったりしているので、楽な姿勢でリラックスタイムを過ごしたい時におすすめ。

脚は、4本でしっかり支えているのではなく、コの字型。座った時の重さで沈み込み底付き感がありません。デザイン性も高く、部屋にあるだけでその空間を居心地の良いものにしてくれます。足腰が弱い高齢者も座りやすい高さで、アームを使って立ち上がれるのでおすすめです。

ダイニングにおすすめのアームチェア

ウニコ-RICK(26,784円)

落ち着いたカフェ風リビングに最適

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

コロンとしたかわいらしさと、PUレザーのシックな雰囲気をバランスよく兼ね揃えたこちらのアームチェア。ダイニングテーブルと高さがあまり変わらないため、複数設置しても圧迫感を感じさせません。リプロダクト家具なので、高いデザイン性ながらリーズナブルな価格が魅力的です。

PUレザー製の座面と、先端ほど細くなる円柱の脚が異素材でマッチしています。クッション性が高く、子どもがいる家庭でも、ぶつけてけがをする心配がありません。食べこぼしても染み込むことなく、拭き取るだけで綺麗になるので安心です。

アルモニア-Ostra(44,990円)

曲線が優雅な空間を演出

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

背もたれからアームにかけて、緩やかな曲線が使われたこちらのアームチェアは、座った時に、上半身を優しく包み込むデザインとなっています。そのため、長時間座っていても疲れないため、ダイニングに長くいることが多い人に特におすすめです。

脚部分が黒で、上部は落ち着いた色のファブリック素材。できるだけシンプルにし、部屋にある家具との調和を考えられています。高さ79㎝と控えめの高さなので、圧迫感が少なくダイニングでの使用が適しています。

ニトリ-アームチェア(19,332円)

前後の脚の形の違いがおしゃれ

体を包み込むような安心感を得られるこちらのアームチェア。座面は四角で、背もたれやアーム部分も床に対して垂直に伸びているため、品の高い雰囲気。同じアームチェアを隣に並べると面をくっつけられ、ソファのような使い方もできます。

座面や背もたれ、アーム部分には、ファブリック調のPVC素材が使われており、飲み物や食べ物をこぼしても拭き取ればきれいにできるので、ダイニングチェアとして便利な素材です。安定感も高いので、子どもや高齢者が座るのにもおすすめです。

アモーレ-クリヴィア(13,800円)

ニュアンスカラーと個性的なデザインがおしゃれ

背もたれと座面、アームが一体化ながらも腰の部分がくり抜かれたような特徴的なアームチェアです。ダイニングチェアをおしゃれで、個性的なものにしたい人に適しています。長く座っても蒸れにくいと言ったメリットにもつながります。

同じ形状で、豊富なカラーから選べ、さらにファブリックとPUレザー製からも選べるので、部屋の雰囲気や好みに合わせて取り入れられます。温もりや優しい雰囲気ならファブリック製、シックで落ち着いた雰囲気ならPUレザーがおすすめです。

Sandy style-スワンチェア(41,796円)

縫製の位置を考え抜かれたデザインチェア

背もたれとアームの形状が独特で、白鳥のようなリプロダクトアームチェア。バックやサイドから見ても、縫い目のない美しいフォルムが、オリジナルと変わらずこだわっている部分です。8色の優しいカラーから好みのものを選べます。

脚は、中心に1本で、回転式。テーブルやデスクと使う場合でも、回転させれば簡単に立ち上がれるので便利。体をすっぽり包むような形状で、座り心地が良いのが特徴。さらに部屋にあるだけでインテリアとしての役割も担っています。

北欧風でおすすめのアームチェア

エアリゾーム-ハイバックチェア(20,829円)

ソファのような居心地の良いゆったり仕様

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

座面高45㎝と、ちょうど良い座面高のこちらのアームチェアは、しっかり足をつけてくつろげる絶妙な高さ。約45㎝の奥行と、約43㎝の幅を持つ座面で男性でもゆったり座れます。アームは座面から上に向かって広がっているため、開放感があり、読書でもアームが邪魔になりません。

深く腰を掛けると、背もたれが自然なリラックス姿勢がキープできる傾斜となっているため、長時間座っていても疲れず、居心地の良さを実感できます。座面には、ウレタンクッションが使われています。お尻の痛みを感じにくく、快適な座り心地です。

KaguShoei-ヘルトニエミ(17,650円)

部屋に柔軟に対応できるアームチェア

装飾の少ないシンプルなこちらのアームチェアは、フレームに天然木を使用。座面や背もたれには、人気のアースカラーを使用し、どんな部屋にもなじみやすいのが特徴です。居心地の良い部屋を作りたい時におすすめのアームチェアです。

座面は110度の角度。くつろぎやすい角度にすることで、座った直後から誰もがリラックスできるように工夫されています。ファブリック素材には、混色の糸が使われ、立体感と肌触りの良さを引き出しています。長く使っても飽きない配色です。

YOUYOUwithCASA-北欧アームチェア(20,577円)

天然無垢材ならではのぬくもりを感じられるハンギングチェア

背もたれフレームの延長上に、アームが付いた個性的なデザインのこちらのアームチェアは、リプロダクトチェアです。高いデザイン性のチェアをリーズナブルな価格で購入できます。天然の木目を感じられ、複数揃えてもひとつとして同じ模様がないので、個々の個性を感じられます。

座面は、PUレザー製。上質な質感と、汚れた時に拭くだけの簡単なお手入れが便利です。掃除の際は、ダイニングテーブルやデスクにアームを掛けると、脚が宙に浮くため簡単に掃除機やモップをかけられます。生活にあると便利な機能が搭載され、主婦や一人暮らしにおすすめです。

UNIROYAL-アームチェア(19,801円)

細いスチール脚が丈夫でおしゃれ

スチールのアームと、木製の背もたれが学校の椅子を思い出す懐かしい雰囲気アームチェアです。フレームが黒で、背もたれとアーム部分に使われた木材は、ダークブラウンなため、男前なインテリアとも相性抜群なセンスの良さが印象的です。

座面は、ウレタンフォームが使われているため、座り心地が良いのがメリットです。パソコンデスクで使って長時間作業をしても疲れにくくはかどりそう。アームの高さは、64㎝なので、それ以上の高さのデスクと使えば、収納時にはすっきり。

まとめ

アームの使いやすいアームチェアがおすすめ

食事の時や、休憩をする時にアームチェアは活躍します。アームの部分が自分の背丈に合っていれば、座り心地がより良くなります。また、テーブルと合わせる際は、それぞれの高さを確認し、組み合わせの相性の良いものを選ぶとストレスなく毎日を送れます。ぜひ、体形や暮らしに合わせてアームチェアを選んでくださいね。